ペット ショップ 売れ残り 猫 里親。 アゴネコ専門店(アゴはネコ公式のサイト)通常の子猫販売・里親ネコ・保護猫譲渡

ペットショップで買わないで、って言うけれど 里親になる条件が厳しい理由

ペット ショップ 売れ残り 猫 里親

売れ残りの犬はどうなる?里親は? ペットショップで最も犬が「売れる」のは、生後2か月前後。 この時期を過ぎると徐々に人気がなくなり、生後半年を過ぎると、 ほぼ買い手が付かなくなるのだそうです。 大抵、生後半年以降の子は値引きされ、日を追うごとにどんどん値下がりしていきます。 人気犬種でも、 大きくなっただけで2~3万円という破格に。 「値段が安い=飼うハードルが下がる」という人間の心理があるため、この時点で買い手が決まる可能性も、そこそこ高いようです。 それでも、買い手が見つからなかったら… 売れ残りになった犬達には、 こんな道が残されています。 里親を探す、店で飼う 売れ残りになってしまった犬にとって、これが一番幸せな選択だと思います。 値段を付けて売れないので、 無償で「引き取ってくれる人」を探します。 ショップで募集したり、スタッフやスタッフの知人などにも聞いていくようです。 どうしても里親が見つからない場合、 ショップで飼うという選択も。 看板犬にもなるし、ドッグフードやトリミングは店側で何とでもなるので、維持費が抑えられるのだとか。 色々と調べてみましたが、売れ残りの犬が出ても 「どうにかして里親を探す」「店で飼う」というところで食い止めている、良識あるペットショップもあると知って、少し安堵しました。 残念ながら、数はかなり少ないとは思いますが… ペットショップで売れ残った犬の行く末 悪徳ブリーダーの犠牲に 同じブリーダーでも、いわゆる「悪徳」とされる所へ引き取られる場合があります。 劣悪な環境で最低限の水と餌だけを与え、メス犬は発情期の度に子犬を生まされ、オス犬は使えなくなるまで繁殖させ続けます。 薄利多売主義のブリーダーのもと、 パピーミル(子犬を生み出す工場)の犠牲となってしまうわけなんです。 そんな環境に放り込まれた犬達は、ぼろぼろになり、短い寿命を終えることになります。 動物実験業者へ 法律上、ペットショップなどの動物取扱業者が、行政へ動物を持ち込むことは違法ではありません。 というよりも、 日本には動物実験に関する規制がないのが実情です…。 動物実験を行っている施設が、 どこから実験用の動物を仕入れているのか、何頭所有しているのか、どこも把握していないんです。 それを考えると、売れ残りで行き場を失くした犬達を、動物実験に流用しようと思う業者がいても、おかしくはありませんよね。 保健所で殺処分 数年前、ブリーダーが売れ残りペットを保健所に持ち込み、処分していることが明るみに出ました。 これがきっかけかは不明ですが、2013年に動物愛護法が改正。 終生飼養の義務が明確になり、保健所へペットを持ち込む際のルールが厳しくなりました。 (個人名や持ち込み理由の明確化など) とはいえ、売れ残りの犬達を小分けにして、個人名で保健所へ持ち込めば、深く追求はされません。 規制の抜け道を使って、 今でも売れ残りのペットが殺処分され続けているのは事実です。 悪質業者によって処分 以前のように簡単に保健所へ持ち込めなくなったため、 処分を請け負う悪質業者も後を絶ちません。 山中に犬を繋いだまま放置したり、生きたままビニール袋に犬を入れ、冷蔵庫に入れて死なせるなど…これを専門にしている闇業者までいるのだとか。 想像するだけでも吐き気がするし、憤りを感じるひどい話ばかりです。 売れ残り犬の里親になった僕 うちの愛犬のエドモンは、ミニチュアダックスフンドの男の子。 何となく立ち寄ったペットショップで、他の子犬たちよりずっと大きくなり、 破格の値段を付けられていた彼を見たのが最初でした。 [今では僕の人生に欠かせないパートナー] 終始オドオドしていて、人目を避けるように端っこでうずくまっていて。 お前、そんなので新しい家族が見つかるのか…?と不安になったのを覚えてます。 何日経ってもその姿が忘れられず、相変わらず彼はショップで人目を避けるようにうずくまる日々。 元々犬を飼おうと思っていたこともあって、意を決して彼を引き取ることにしました。 エドモンと名付けた愛犬は、今でもビビりで臆病な子ですが(恐らくこれは元々の性格)、 僕の人生になくてはならない大切な存在です。 もしあの時、僕が彼の家族にならなかったら?引き取り手がどこにも見つからなかったら?…そう思うと、胸が苦しくなります。 ペット後進国はいつまで続く? 動物愛護法などの改正は少しずつ進んでいますが、他の先進国に比べて、圧倒的に 「ペット後進国」なままの日本。 人間のせいで「売れ残り」のレッテルを貼られてしまう子が消え、すべての犬や猫たちが幸せに暮らせるような、そんな国になるまであと何年、何十年かかるのでしょうか。 前向きな捉え方をしてみると、ここ最近になって、メディアでも犬や猫の保護活動についてクローズアップされるようになってきました。 ゴールデンタイムの人気番組でも、保護犬に関するコーナーが始まったりするなど…少しずつですが、時代の流れを感じるところでもあります。 これを機に、日本のペットビジネスを改めて見直すきっかけになってもらいたいなあ、と願ってやみませんね。 スポンサードリンク こんな記事も読まれています 犬と暮らしていると、動物虐待のニュースには耳を防ぎたくなる。 憤りを感じる飼い主さんがほとんどだと思うし、もちろん、私もその中の一人だ。 『うちの愛犬は、大切に大切に可愛がっているから大丈夫』 『嫌がることは絶対にさせな・・・ 犬の声帯にメスを入れる「声帯除去手術」。 賛否両論あるこの行為ですが、そもそも声帯手術は、具体的にどんな処置なのでしょうか。 手術によって、愛犬にどんな影響があり、現実問題として手術費用はいくらくらいかかるのかなど。 受け・・・ いつも僕たちのそばに居て、心を癒してくれるペット達。 でも、いつか彼らは僕たちよりも先に命を終え、旅立つ日が必ずやってきます。 その時には、言葉では言い表せないほどの悲しい別れに、心が引き裂かれるような思いを経験するはず。 ・・・ 作者不詳のまま、世界に広く伝わっている「犬の十戒」という散文詩を知っていますか? 新しい家族として、ペットとして、人間と共に暮らすことになった、犬からの主人へのメッセージ。 それが「10つのお願い」として、犬の立場から私達・・・.

次の

ペットショップ以外で猫を飼う方法を知りたい!猫の里親になるには?

ペット ショップ 売れ残り 猫 里親

ペットショップに行けば、 可愛い子猫や子犬たちが ガラスケースの中で 無邪気に遊んでいますよね。 そんな光景を見たときには、 これから、ステキな家族と出会い 温かい家庭で過ごせるような 楽しいことばかりが待ち受けている・・・ と思うものですよね。 一説によれば、保健所へ連れられて 殺処分という末路を辿ると ずーっと前に聞いたことがあります。 単なる都市伝説であれば良いのですが、 真実だとしたらあまりに酷いことです。 そこで、 今回は調べあげたことを濁すことなく 現実を伝えていきたいと思います。 ペットショップで売れ残りの猫はどうなるの? それでは、さっそく本題である 売れ残りの猫ちゃんのその後について 集めた情報をいくつか お話していきましょう。 猫が成長してしまい、 他の子猫よりも 大きくなると やはり買い手がつきにくくなる 傾向にあります。 このように、売れ残り状態に なってしまった場合は どのような対応をしているのでしょうか。 良心的なペットショップでの対応 まず、一般的なペットショップでは• 大幅に 値引きをして販売• 知人や店員が引き取る• 譲渡会で里親を探す などです。 売れ残りのペットたちには、 どうにかしてでも 幸せになって欲しいと言う想いもあり、 このような対応をとるのが 一般的でしょう。 値下げは、原価を割ることもあり もちろん経営としてはマイナスになります。 しかし、それでも損失は減らせますし、 そこでペットを購入してもらうことで 今後のペット用品のリピート率は 増えると考えての策略なのです。 値下げをしてでも販売する方が お店の利益にはなるということですね。 また、ペットショップも商売とは言え、 そこで勤務しいる人たちは もちろん動物好きの人が多いでしょう。 お世話をしているうちに 愛着が湧いて・・・ なんてこともよく聞きますよ。 どんなに待っても、 その子に 良い出会いがなかった場合は、 店員や知人などが 引き取ることもあるそうです。 店員や知人も数は限られてしまい、 売れ残りがある度に 引き取ることは出来ません。 それでも、 生き物を取り扱っている以上、 里親探しまでをやり遂げることは 当然と言えば当然のことかもしれません。 残念ながら、 ペットショップの裏事情については 私もよく分かりません。 しかし、 良心的なペットショップであれば 売れ残った子たちはどうなるの? などの質問を投げかけた時に、 躊躇うことなく 気持ちの良い返答を してくれるのではないでしょうか。 次の項目で説明することですが、 悪質ブリーダーや パピーミルとも 繋がっている可能性もあるので、 そんな悪循環へと加担しないためにも 良質なペットショップを選びましょう。 きちんと ペットの仕入れルートなども 説明してくれるのであれば安心ですね。 そして、店員の対応が親切であるほど 動物への愛情を感じられます。 悪質なペットショップでの対応 動物愛護意識が高まる中、 2013年に動物保護法の一部が 改正されていました。 2013年って、割りと最近なんですね。 それまではどうだったんだ・・・ とか思ってしまいますが、 いずれにせよ、その法律に乗っ取れば 安易に保健所に連れて行くことは 出来なくなったのでしょう。 しかし、その背景には 大量の動物遺棄事件などの問題にも 繋がっているのかもしれません。 そもそも、売れ残ったから保健所・・・ なんて考えてを持ってしまうなんて、 人間の心ではありません。 想像しただけでも怒り狂いそうですが、 ちょっと冷静になって、 これまでに起こっていたかもしれない 悪質なペットショップのパターンも お伝えしていきます。 保健所に引き取ってもらう• 悪質なブリーダーやパピーミルに 引き取ってもらう• 実験動物として、大学や獣医などに 引き取ってもらう などです。 保健所へは、出所を隠して 個人名で持ち込むこともあるそうです。 もちろん、1週間で引き取り手が 現れなければ 殺処分が待っています。 また、メスの場合には 繁殖用としてブリーダーなどに 返還することもあるそうです。 そして、問題なのは パピーミルや悪質ブリーダーと 繋がりを持っている場合に、 そこへ譲渡してしまうことでしょうか。 パピーミルとは パピーミルとは、子犬工場の意味を持ち 金儲けだけを考える人間が 最低限のコストで、 大量に子猫や子犬を 繁殖させる 悪徳な繁殖業者のことです。 まるで、繁殖マシーンのように 扱われるのです・・・ 現在でも、 日本に2~3割ほどの 割合で存在すると言われています。 この写真のように、 とても清潔とは言えない 窮屈な環境で 生涯を 過ごさなくてはならないのが、 パピーミルの恐ろしさです。 また、 実験動物として業者や大学などに 引き渡す場合もあったそうです。 近年では、動物に代わるものを 実験に取り入れようと 働きかけているところが多くなりましたが、 今までに私たち人間の医療の進歩には、 実験動物という犠牲があったことは 否定出来ません。 しかし、そんな実験動物として 扱われるのを知っていて、 その場所に追いやるのは やはり考えものです。 酷いところでは、 ペットショップ自らの手で 殺してしまうことも・・・ このようなやり方は、 一昔前(2000年頃まで)では よくとり行われていたことかもしれません。 おそらく、 現在では 規制も厳しくなり ほとんど減ってきていると思いますよ。 お客様のニーズによっては 3回のワクチンが終わっていて あまり手のかからなくなる、 ちょっと大きくなった猫の方が 向いている場合もあるんだそうです。 そのため、 売れ残ること自体 ほとんどないのかもしれません。 とは言え、ペットショップの裏には こんなにも深い闇があったのが驚きです。 それにしても、嘘のような情報も多くて どこまでが真実なのかは ハッキリ言って分かりません。 ペットショップに悪いイメージが ついてしまうくらい、 変な噂が飛び交っていますから。 一番良いのは、 直接ペットショップに 聞いてみることでしょうか。 やましいことがなければ、 包み隠さず教えてくれるでしょう。 なぜなら、 先進国では ペットをガラスケースに入れて 販売すること自体が、 ストレスを与える 虐待だと考えられています。 そのため、生体を販売するような ペットショップはほとんどありません。 海外では、 ブリーダーや 保護施設などから、 パートナーを探すことが 一般的のようですね。 やはり、小さい状態から育てたい と思う人も多く、 赤ちゃんらしさがあるこの時期は とっても可愛いですよね。 生後3、4ヶ月であれば コンスタントに飼い手はつくので あまり売れ残ることもないと思います。 しかし、 生後6ヶ月を過ぎ、 ちょっと大きくなった子猫では あまり売れなくなってしまうそうです。 確かに、生後6ヶ月となると すでに 物心はつき恐怖心なども芽生える ちょっと難しい時期でもあります。 もちろん、性格上問題もなく お利口さんな子もいます。 そこで、大幅な値下げをすれば 目に留まる人も多くなり、 縁があれば飼い手もつくでしょう。 十分、信頼関係は築ける月齢ですよ。 販売をするのに何歳までが目安かは 定かではありませんが、 最終的には ワクチン代くらいに 安売りをしているところもあるそうです。 また、病気が発覚した場合には、 残酷にも殺処分をしていた 時代もあったと言うのも目にしました。 現在ではどのような 対応をされているのか分かりません。 持病を告知の上で値下げ販売をするのか、 里親を探すのか・・・ これは想像ですが; しかし、ペットショップにいる時よりも 飼い主の元へ行ってから 病気が発覚するケースが多いように思います。 よく、そのようなトラブルもあると聞きます。 やはり、 母猫の 健康状態や過ごす 環境は 子猫の健康にも影響していくのです。 子猫をペットショップで購入する場合は、 母猫の状態や環境も 確認しておくと良さそうですね。 売れ残り猫の里親になる方法は? ペットショップで売れ残ってしまった場合、 ボランティア団体などど連携して 譲渡会に出すこともあります。 または、そのまま ペットショップ内で 里親を募集するケースも あるかもしれません。 譲渡会に出向くことで、 様々な事情を抱える猫ちゃんが たくさんいることを知ると思います。 そして中には、 ペットショップでの売れ残りとして 出ていることもあるでしょう。 里親になると言うことは、 そのような猫ちゃんを 救済することにも繋がるのです。 ペットショップでたまに見かけますが、 大きく成長すると、ガラスケースから 別のゲージなどに移動していたりします。 周りの子がどんどん居なくなってしまうのに、 自分だけはいつまでもここにいる・・・ そんな状況に、 猫ちゃんながら 何かしら察知しているに違いありません。 そんな光景を目にしたときには、 気になって仕方なく、結局買い取った という飼い主さんも多いようですね。 ペットショップにいるだけ、 命は救われるのかもしれませんが やはり 可哀想な状況にいるのは確かです。 ペットショップの裏事情が 少し分かったところで、 もし子猫を迎え入れたい場合は 譲渡会なども視野に入れてみるのも 1つの手かもしれません! 団体にもよりますが、譲渡会では 保健所のように、 引き渡しの条件は そこまで厳しくありません。 保健所の場合、手離されたペットたちが 二度と不幸な目に遇わせないよう、 かなり厳しい審査の元、 譲渡を決めることもあるのです。 そのため、 保健所から引き取ろうと思ったのに それが叶わず、諦めてペットショップで 購入すると言うケースもあるそうです。 なので、その前に 譲渡会へ行ってみることを おすすめします! もしかしたら、 ステキな出会いがあるかもしれません^^ 重い話しも重なりましたが、 最後に、元売れ残り猫ちゃんが 幸せになったお話しを 動画でご覧下さい^^ 愛猫の健康、心配ですよね? 実際に保険会社が調査した結果、 ペットが5歳になるまで手術費用を請求する 確率が80%というデータが出ています。 ・保険料が高くつきそう ・使わないともったいない ・どの保険が愛猫に合うのかわからない などの悩みありますよね? そんなあなたには、 ペット保険の資料一括請求がおすすめです。 ・かんたん入力で保険会社の違いが明確。 ・愛猫の健康状態に合ったプランが探せる。 ・複数の保険会社間のサービスを比較できる など、ネットで申し込むだけで、 愛猫にピッタリな保険がわかります。

次の

ペットショップで売れ残りの猫はどうなるのかを専門家に聞いた

ペット ショップ 売れ残り 猫 里親

竹堂さんは「『きなこ』は今年の3月に、千葉市の動物保護指導センターからここに連れて来ました。 とてもおとなしく、よい子です。 きなこの隣にいるミニチュアダックスの『ぴょんぴょん』(15歳)は、ペットショップ時代からいた(看板犬だった)子です」と説明した。 アニマルライフでは市などで保護された犬に加え、ペットショップ時代に販売していた犬の新たな家族も探している。 業態を転換したきっかけは何だったのか。 「転機は経営が変わってペット事業を見直したことです。 ペットの生体を売ることにスタッフ自身が疑問を持ち、世の流れ的にも生体販売をすることが合わなくなってきた。 その中での決断でした」 アニマルライフには「ぴょんぴょん」のように、ある程度の年齢に達した純血種の犬も複数いる。 主に、ペットショップ時代に売れ残ってしまった子だ。 「他のペットショップさんはわかりませんが、うちでは売れ残った犬や猫たちはお店でずっと面倒を見続けています。 これまでに里親さんにお引取りいただいたり、スタッフが引き取ったりしたケースもありますが、まだ残っている子たちもいます。 過去にはショップでブリード 繁殖 を行っていた時代もありました。 私達はそうした責任も踏まえて、その子たちの幸せなくして、保護譲渡活動は行えないと思っています」 そのために、保護犬と純血犬とが同じように並んでいるのだ。 ぴょんぴょんとチーフの田中さん 15年間、ペットのジャングルでスタッフとして働いてきた笹谷佐知子さんはいう。 「お子さんが小さいから子犬や子猫と一緒に成長させたいという考えの方もいる。 押し付けるわけでなく、成犬を引き取るという選択肢もある、ということをお知らせしたいですね」 アニマルライフでは、希望者はいつでも飼い主を募集している犬や猫に会うことができるほか、月に1度、大規模な譲渡会を開いている。 譲渡する犬は、インストラクターが問題行動などを起こさないようにトレーニングする。 譲渡前には、どんな風に迎え入れてくれるのか、家庭訪問にもいく。 譲渡の際は、避妊・去勢手術、ワクチン接種、検査などにかかった費用として、引き取り手から一律35,000円をもらう。 昨年7月からの約1年で、ペットショップ時代からいた犬猫を含め、犬26匹と、猫6匹に新たな家族が見つかった。 生体販売をしていないことを知らずに、今まで通り「純血の子犬を飼いたい」と訪れる人もいる。 だが、説明すると、店で飼育していた成犬や、保護犬を引き取るケースもあるという。 千葉県市川市にも、ペットショップから業態を変えた「アニマルライフ南行徳店」がある。 こちらはまだガラスのショーウィンドーのままだが、いずれ改装して、ペットショップのイメージを一新したいという。 ペットの複合施設に変わったアニマルライフだが、経営は楽ではない。 竹堂さんは「全体の収益は動物病院やトリミングサロンなどに頼っていますが、全体でも赤字です」と話す。 「私は業態が変わった後、途中から社長に就きました。 ペット業界を知らずに飛び込みましたが、えっと思うくらい事業の運営は厳しい。 それでも引き受けたのは、譲渡という形がこれからの時代に必要だと思ったから。 飼育放棄や殺処分などの現実を知り、助けたい、命に関わる仕事につきたいという思いが高まりました。 スタッフの実直さを目の当たりにしたことも後押しになっています」 竹堂さんは、続ける。 「千葉動物保護指導センターには、『きなこ』のように飼い主さんに見捨てられた子、前の飼い主さんが首輪をきつくしめたまま成長して首輪の跡が残る猫、捨てられ畑でさまよっていた子など、人の都合でつらい思いをした子が多くいる、その子たちを幸せにするお手伝いができればと思っています」.

次の