園田 先生。 園田小波 死去がヤバい!りぼんで「チョコミミ」、死因は?

園田’s LIFE

園田 先生

園田小波 死去 出典headlines. yahoo. jp 園田小波 死去のニュースは、次のように報道されています。 漫画家の園田小波さんが8月4日に乳がんのため死去したことが分かった。 兵庫県出身、42歳だった。 2003年から「チョコミミ」を連載をしていた「りぼん」(集英社)の公式サイトで発表されたもの。 また、園田さんの公式ツイッターでも「りぼん公式ホームページにて発表がありました通り、8月4日園田小波が永眠したことをお伝えします。 りぼんで『チョコミミ』を15年に渡り連載させて頂きました。 完結させることが出来なかったのは残念ですが、皆様これまで『チョコミミ』及び園田小波を応援して頂きありがとうございました」と報告している。 園田さんは1995年に「ハイテンション・アワー」でデビュー。 2003年から連載の「チョコミミ」は、07年にテレビ東京系で寺本來可、増山加弥乃らが出演しドラマ化された。 出典headlines. yahoo. jp 園田小波 りぼん公式サイトで訃報 リボン公式サイトでは園田小波先生の死去を掲載してます。 引用ribon. shueisha. 園田先生がりぼんで『チョコミミ』の連載を開始されたのは、平成16年4月号のことです。 友情に恋におしゃれに、女の子の好きなものを詰め込んだ唯一無二のギャグ&ショートとして一躍人気になった『チョコミミ』は、その後、TVドラマにもなり、約15年ものあいだ、たくさんの人に愛されるロングヒット作品となりました。 しっかり者のチョコとマイペースなミミと、その愛すべき仲間たちは、これからもずっとずっと私たちに笑いと幸せを届け続けてくれることでしょう。 『チョコミミ』は永遠にりぼんの宝物です。 最後までりぼん読者のために描き続けてくださったことに、感謝と尊敬の念を抱きつつ、これからも私たちは、先生が築いたかけがえのない世界を大切に守っていきます。 園田先生、本当にありがとうございました。 心よりお悔やみを申し上げるとともに、ご冥福をお祈りいたします。 令和元年8月19日 りぼん編集部一同 出典headlines. yahoo. jp 園田小波 死去にSNSでは? あまりに突然のことに、事実を受け入れられないでいます。 次回のチョコミミの単行本が読めるのも、これから私の出演作を沢山観てもらえるのも、当たり前のことだと思っていました。 つい先日リアルミミと呼んでくれたのに、25歳おめでとうと送ってくださったのに、またお会いしたかったのに 嫌です。 園田小波先生は同じりぼんのギャグ作家として かわいい絵柄とキレッキレのギャグで本当に尊敬する 作家さんでした。 ご冥福をお祈りします… — 森ゆきえ@漫画家 medakanoyukie チョコミミの作者さんがお亡くなりになったそうですね… 小学生の時にハマって中学生になった今ほとんどの漫画は売りましたがチョコミミだけは残してました。 アンドリューとチョコちゃんのいちゃいちゃが大好きでした笑 ご冥福をお祈りします。 — し O8cBpul6txpsNTo 【独白】『チョコミミ』作者、園田小波さん、乳がんで逝去。 昨年平成30年はさくらももこさんが亡くなりましたが、彼女も乳がんでした。 小学生の時からずっと読み続けてたチョコミミ…1巻から初版で買っていました…6巻と8巻の表紙がお気に入りです。 ご冥福をお祈りします。 ペットたちもお父さんお母さんも先生も先輩も、みんな大好きでした。 今でもずっとチョコミミだけは買い続けてたのに😿😿悲しいです — あゆ UpUTlbVZ8gQ274t チョコミミの作者・園田小波先生が永眠したの?えあまりにも急で声が出ないし小中学生の時、りぼんを読んでいたからりぼんの漫画の中で他にもあるんですけどチョコミミが好きだったからショックすぎて声が出ない。 ご冥福をお祈りします。

次の

園田先生

園田 先生

経歴 [ ] 戦後の日本の音楽界を演奏者・教育者としてリードしたの。 レパートリーと録音・演奏回数ともに余人の及ばない域に達しており、没年の翌年にも演奏会のスケジュールが入っていた。 早年期 [ ] 、生まれ。 園田の幼少期に急逝した父・清秀は、フランスでに学んだピアニストであった。 その方針により音楽のを受ける。 、父が他界。 からユダヤ系ロシア人ピアニストの個人指導を受ける。 千駄木 を経て、軍事教練の無かった旧制豊山中学 4年修了後、最年少で に入学する。 戦時中は軍に聴力測定のため極秘で研究を要請された。 、東京音楽学校を卒業後、ソリストとして活動を開始する。 作品の連続演奏会や、のやも手掛け、のの日本初演は修士演奏で行った。 パリへ [ ] にフランスへ渡り、に出場するも落選した。 その後での紹介によりに入門する。 同門の、とも親交を結ぶ。 またパリでは指揮のおよびの演奏に接して深い感銘を受ける。 、帰国、パリ時代の留学生仲間である春子夫人と結婚する。 ベルリンへ [ ] 、客演指揮者として来日したとの協奏曲を共演する。 カラヤンの熱心な説得により、、カラヤンの推薦状を携えてに留学した。 フルトヴェングラーの元秘書の知遇と助言を得て、に入門する。 、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と共演し、・デビューを果たす。 これより 各地で演奏活動を行い、でもデビューを果たす。 海外ツアーでは「園田高弘は日本の」と渾名され、本人もこの形容に戸惑っていたことが著書から確認できる。 教育 [ ] に帰国、日本での演奏活動と京都市立芸術大学の教育活動を本格化させる。 、目前のベートーヴェン生誕200周年を記念して、ベートーヴェンのピアノ全作品の連続演奏会を企画・実行する。 ベートーヴェン全作品の連続演奏は、日本の洋楽演奏史において前代未聞の記念碑ともなった。 、音楽界への長年の貢献につき、受賞。 、を全曲録音、同年の受賞。 、受賞、より、会員。 その後もベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集はLPの全曲、ライブの全曲、CDの全曲による3度の録音のほか、バッハや、の作品のみによる連続演奏会を実現させた。 また、「」同人として、日本戦後の新音楽、たとえば、、らのピアノ曲を積極的に演奏してきた。 には、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団20世紀音楽演奏会において、「ピアノ協奏曲第1番」の世界初演も実現させた。 晩年には昭和音楽大学の教授として後進の指導にあたった。 晩年 [ ] 、にあたっての特別編成番組で日付の変わる直前 、園田の演奏したのがにて放送されている。 1990年代は諸々の国際ピアノコンクールの審査員の常連になっていた。 秋、解離性により急逝した。 数年前から発作で倒れることがしばしばあったが、死につながる発作とは本人は認識しておらず、翌年のスケジュールまで調整中であった。 レパートリー [ ] 時代 [ ] 園田高弘のレパートリーは、古今の曲から同時代の実験的なレパートリーまで、また・や音楽のほかにもや、、までと、時代的にも地域的にも楽曲のバラエティの広さを誇っていた。 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、らの作品のほか、のの日本初演やのピアノ協奏曲第2番の世界初演にも挑戦した。 また、ソリストとしての協奏曲や独奏作品の演奏ばかりでなく、室内楽ピアニストとしても晩年まで熱心に活動を続けてきた。 これほどのレパートリーを誇る日本人ピアニストは、園田と同世代ばかりか後輩ピアニストの中にもほとんど見当たらない。 園田も「キャリアのためには、自分の趣味なんてかまってもらえず、オーダーにはなんでも答えなければならなかった」ドイツ時代にはとラヴェルのピアノ協奏曲を演奏しており、ある時にはやをたのまれる、と言った具合 である。 帰国直後はの世界初録音をに吹き込むなど、後輩作曲家の面倒すら見た。 最後に初演した曲がの「69」であった。 ただ、レパートリーが非常に広大でも専門筋や聴衆の見解は賛否が分かれており、「ソビエト現代作品の弾き手として日本でデビューし、ドイツ時代にはラフマニノフの協奏曲が弾ける日本のピアニストとして看板を背負い、日本時代には念願のベートーヴェンのソナタ全曲を吹き込ん」だことから、ユーモアやウィットにとんだ表現というのは、彼にとっては難しかったようである。 没後に生前最後のレコーディング シューベルトのピアノ曲集 が発売された。 様式 [ ] 園田は、を通じての孫弟子にあたるが、超絶技巧と強烈な個性を売り物にする、19世紀の伝統をそれほど汲んではいない。 確かに『ドン・ファン幻想曲』のようなものは手掛けたが、リストの編曲作品などのヴィルトゥオーゾ作品を得意としたやのようなタイプとは異なっていた。 現代音楽、とりわけを得意としていたことからも分かるように、情意を濃厚に表出するよりも、楽譜を知的に把握し、作品を分析的に再構成するタイプの演奏家であった。 だからといって決してテクニックをおろそかにせず、正確な演奏技巧と軽いタッチによって、リズムのドライブ感を堪能させる演奏を行なった。 このためもあり、園田の演奏・解釈は、硬いを求める近代以降のいわゆる「新音楽 Neue Musik 」と相性がよく、現代音楽にとって不可欠の伝え上手なピアニストであった。 1970年代までは音色よりも機能性を重視した奏法で、NHK交響楽団とのライブ演奏のビデオ映像でも「鍵盤に圧力をかけて弾く」古い奏法を確認できる。 この頃まではレパートリーは幅広く何でもこなしていたが、国際審査員活動の経験が増えるようになってから「音色を良く聴く」奏法へと変え、レパートリーもベートーヴェンを中心に絞り込んだ。 ショパンはあまり得意ではなさそうであったが、75歳記念コンサートの映像でも最新のショパン研究結果であった「拍節を越える」を導入したり、晩年まで奏法の改革には意欲的であった。 このように、解釈に学究的な姿勢を示しているのも園田の特徴と言ってよい。 70歳を過ぎてもベートーヴェンのピアノ協奏曲の2番 を選ぶなど、通俗名曲がはびこる日本の音楽界へ警鐘を鳴らしていた。 録音 [ ] レパートリーが多すぎる為、メジャーレーベルでは次第に対応できなくなり、Evica and Accustikaを設立して自身と後進の演奏のCD化に、死の直前まで熱意を傾けた。 原則的には自身の新録音および自分で執筆したライナーが付される。 使用ピアノもを使うことが圧倒的に多かった。 出版 [ ] ほどの数にはならなかったが、園田もバッハとベートーヴェンの校訂を伴った「園田版」をから刊行した。 「原典版信仰は薦められない」・「ベートーヴェンのメトロノーム記号も今のピアノに合わない」・「ここはこうやると簡単」など、個人的な意見がみられる。 現在プロピアニストが監修し付録にCDを添える商法はシャーマー社 ほかで盛んにおこなわれており、先見の明のある行動であった。 園田とピアノコンクール [ ] 園田高弘賞ピアノコンクール [ ] から父親の郷里で園田高弘賞ピアノコンクールを主宰した。 バッハやウィーン古典派などのレパートリーに加えて、リストやラフマニノフなどのヴィルトゥオーソ作品、シェーンベルクやスクリャービン、などのモダンな作品、くわえてやのほか、、、、ら を含んだの4種類の演奏・解釈が課題として審査される。 課題曲の広さとバラエティは、まさに園田の名にふさわしく、日本では珍しく個性的なコンクールとなっていた。 ここまでの力量を要求するコンクールは、クライバーン国際やシドニー国際には及ばないにせよヴィオッティ国際音楽コンクールピアノ部門2019 かカーサグランデ国際ピアノコンクール2019 と同等の難易度であった。 テープ審査は全テープを園田自らがチェックするという、大変親切な選考方法でもあった。 ピアノコンクールの要綱も 、課題を毎回変えていた。 大分市の文化振興政策の改訂とともに、このコンクールはに幕を下ろした。 国際ピアノコンクール [ ] 多くの国際コンクールで審査を務めた園田も、多くの日本人ピアニストと同じく、審査には主観が混じっていたようで、点を低くつけたやが国際的なスターになったことを考えると、日本人ピアニストのために「点を盛った」と思われかねない採点があったことは事実である。 ただし、彼が非常に高くコンクールで評価した海外のピアニストにとがおり、ノゼのことはホームページで絶賛していた。 ノゼはその後カーネギーホール・デビューを果たしている。 エピソード [ ]• 中年期までは狐狸庵先生()と瓜二つの容貌で、遠藤は酒場などで「園田高弘よステキ」などと、間違われて いるらしい囁きが耳に入るたびに、ピアノを弾く真似などをしてなりすましたという。 園田本人は楽壇デビューが意に反し遅れてしまったので、国際ピアニストの低年齢化には賛成していた。 「新作初演作品ではない現代曲を必修にされると、日本勢はひとたまりもなくなる」とよく口にしており、そのためか日本の各種国際ピアノコンクールにおいては現代曲は必修ではない。 不幸にも2018年のジュネーブ国際音楽コンクールピアノ部門でその予想は的中してしまった。 脚注 [ ]• www. music. 2018年11月18日閲覧。 2005年1月27日には指揮でのを演奏する予定だったが、急逝によりが代演している。 ondine-i. net. 2018年11月18日閲覧。 現・楽理科• の『絶対音感』にはこのエピソードが書かれている。 、、、、、、、など• 『朝日新聞』1971年4月10日(発行)朝刊、23頁。 当時の新聞記事では23時45分から55分まで• www. youtube. com. 2018年11月18日閲覧。 naxos. 2018年11月22日閲覧。 naxos. 2018年11月22日閲覧。 www. halleonard. com. 2018年11月18日閲覧。 www. music. 2018年11月18日閲覧。 www. concorsoviotti. 2019年10月16日閲覧。 www. concorsocasagrande. org. 2019年10月16日閲覧。 www. music. 2018年11月18日閲覧。 books. google. Google ブックス. 2020年2月7日閲覧。 著書 [ ]• ピアニストその人生 2005年• (演奏録音あり)• 1943:• 1948:• 1951:• 1953:• 1954:• 1955:• 1956: ・• 1957:• 1958: ・ ・• 1959: ・• 1960: ・・• 1961: ・・・• 1962: ・・• 1963: ・• 1964:• 1965: ・• 1966: ・• 1967: ・• 1968:• 1969:• 1970:• 1971:• 1972:• 1973:• 1974:• 1975:• 1976:• 1977:• 1978:• 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1984:• 1985:• 1986:• 1987:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1997:• 2000:• 2001:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2011:• 2013:• 2016:• 2017:• 2018:• 2020:• 1942:• 1943:• 1950:• 1951: ・• 1952: ・• 1953:• 1954:• 1956:• 1957: ・• 1958:• 1959: ・・• 1960: ・• 1961: ・• 1962:• 1963: ・• 1964: ・• 1965:• 1966: ・• 1967:• 1968: ・• 1969: ・• 1970: ・• 1971:• 1972:• 1973:• 1976:• 1977:• 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1984:• 1985:• 1986:• 1988:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000:• 2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2012:• 2013:• 2015:• 2017:• 2018:• 1943:• 1950:• 1952:• 1953:• 1954:• 1955:• 1957:• 1958:• 1961:• 1963: ・• 1966: ・• 1968:• 1970:• 1971:• 1972:• 1973:• 1974:• 1975:• 1977:• 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1985:• 1986:• 1987:• 1988:• 1990:• 1991:• 1992:• 1994:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2012:• 2016:• 2019:• 1943:• 1950:• 1951:• 1952:• 1953:• 1954: ・• 1955: ・• 1956: ・・• 1957:• 1958:• 1959: ・• 1960: ・• 1961: ・• 1962: ・• 1963: ・・• 1964:• 1965:• 1966:• 1967:• 1968: ・• 1969:• 1970:• 1971:• 1973:• 1980:• 1981:• 1982:• 1983:• 1984:• 1985:• 1986:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000:• 2001:• 2003:• 2004:• 2006:• 2007:• 2010:• 2012:• 2013:• 2016:• 2018:• 2019:• 1951:• 1953:• 1955:• 1957:• 1960: ・• 1961: ・• 1962:• 1963:• 1964:• 1965:• 1966:• 1967:• 1968:• 1969:• 1970:• 1971: ・• 1972:• 1973:• 1976:• 1977:• 1978:• 1981:• 1983:• 1984:• 1985:• 1986:• 1987:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000:• 2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012:• 2017:• 2018:• 2019:• 1950:• 1952:• 1953:• 1957:• 1959:• 1961:• 1962:• 1965:• 1966:• 1967:• 1968:• 1971:• 1974:• 1975:• 1980:• 1981:• 1982:• 1984:• 1985:• 1987:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1995:• 1996:• 1999:• 2000:• 2001:• 2003:• 2004:• 2006:• 2008:• 2010:• 2011:• 2013:• 2015:• 2020:• 1950:• 1951:• 1952:• 1955:• 1956:• 1957:• 1959:• 1960:• 1961:• 1963:• 1966: ・• 1967:• 1968:• 1969:• 1972: ・• 1973:• 1975:• 1976: ・• 1977: ・• 1979: ・・• 1980:• 1981:• 1982: ・・• 1984:• 1986:• 1987: ・• 1988:• 1989:• 1993: ・• 1994:• 1995:• 1998: ・• 1999:• 2000: ・・• 2001:• 2003:• 2004: ・• 2006:• 2007:• 2009:• 2011:• 2016:• 2017:• 2019:• 1948:• 1953: ・• 1955:• 1956:• 1957:• 1959:• 1961:• 1962:• 1968:• 1971:• 1972:• 1974:• 1980:• 1983:• 1987:• 1990:• 1991: ・• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1999:• 2000:• 2002:• 2002:• 2003: ・• 2004: ・・• 2007:• 2009: ・• 2010: ・• 2011:• 2012: ・• 2013:• 2014:• 2015: ・• 2017:• 2020:.

次の

園田高弘

園田 先生

ウィキに生年月日が出ていたので、算命学で星を出してみました。 日干支は壬辰。 冷静で、頭の回転が速い…と言うのが特徴です。 以前、東大合格率が一番高い、と聞いたことのある干支です。 やっぱり、頭も良かったんですね〜〜 陽占人体図の横線に車騎星と牽牛星…つまり、攻撃本能の陰陽が揃って出ていたんです。 走るの、好きだったのね・・・って、なんだかウル…ってきちゃいました。 これも以前、知り合いの馬主さんから伺ったのですが、血統の良い馬の中にも、走るのが嫌いなお馬さんもいるのだそうです。 そういうときは、ちょっと算命学で星を調べてみたらいいのに・・・って、ディープインパクトの星を見て改めて思いました。 だって、そんな安い買い物ではないですものね。 ディープインパクトの星に戻りますが、あんなに活躍したお馬さんなのに融合条件なんて一つもないのです。 常に慎重に、緊張感を持って全力で走ったのでしょう。 一つ、言えることは「何かの犠牲」で運を上げたということ。 やっと、自由になれたのかもしれません。 お疲れさまでした。 そして素晴らしい走りをありがとう。 合掌 こんにちは。 このところ、雨や曇りの日が多くて、なんだかスッキリしませんね。 ちょっと青空が恋しくなってきました。 ところでお知らせです。 千祥院のホームページ、本日よりリニューアルいたしました。 携帯からもとても見やすくなっています。 どうぞ覗いてみてください。 それで、ブログもその中で書いていくことになりました。 1〜2日中には、そちらに移行できると思います。 じゅげむブログさんには、2006年から長きに渡りお世話になりました。 園田のブログを見てくださっている皆様、引き続き覗いていただけますと嬉しいですし、とても励みになります。 今後共、千祥院と園田のブログをどうぞよろしくお願いいたします。 それでは又! 千祥院 園田恵子 『芸能界では、歌手で俳優の星野源(38)が2度の手術を経験している。 12年12月に発症し、活動休止。 翌年2月に仕事復帰したが、同年6月の定期検査で「手術箇所が万全ではない状態」と診断され、再び活動休止となった。 同年9月に、再手術が成功し退院。 現在は歌手、俳優をはじめ、文筆業などとマルチな才能を発揮して活躍している。 あ〜〜〜、そんな事があったっけ……って思って、まだ38歳なのに2度の手術を経験されている星野源さんのことが気になって、算命学で星を出させていただきました。 丙 己 庚 寅午 丑 申 卯 晩冬の丙(お日さま)で、どんな人にも好かれます。 天将星がありますが、「害」で、その強さはありません。 2012〜13年は金水がとても強くなって、御本人はとても負担でした。 そしたら…………2020〜21年も同じような状況になります。 無理はなさらず、気を付けていていただきたいですね。 「嘉納治五郎さんが、田畑のことを『彼は口がいだてんだな』というせりふがあって。 若い頃は特に、『口がいだてん』に見えるように、考えるより先に口が動いている感じに見えればいいな、と思っています。 田畑さんが、何を言っているかわからないくらい早口で、せっかちで歩くのも早くて、誰も読み取れないくらい字も汚かったというのは史実らしいんです。 うそだろう?と思うようなこともほぼ史実で、アドリブではない、というのだけは言っておきたいです」 田畑政治さんという方は、本当に、まくし立てるように話し、口で人を負かしてしまうような方だったらしいのです。 それで、『そんな宿命だったの?』って思って、算命学で調べてみたんです。 田畑政治さんは、宿命に律音を持つ方。 お父様が早くに亡くなられたので、そのお父様の分も生きなくては(運勢を生かさなければ)なりませんでした。 そんな裏付けがあってのご活躍でした。 22歳からの大運で、宿命は火性一気となっています。 火性は伝達。 それも「干合虚気」で、そうなっているのですから調子が良いのです。 そして一気格の強さで巻き込まれていく…………なかなか太刀打ちできる方はいらっしゃらなかったでしょう。 それで、高橋是清(当時の大蔵大臣)からオリンピック出場のための助成金を取り付けることに成功したのですね。 やはり、そういう宿命をなさっていました。 算命学通りの方でした。 関東地方に住む女性は昨年、息子の家庭内暴力をきっかけに、都内の業者と契約を結び、三カ月分の入寮費など四百五十万円を支払った。 「子どもを何とかしたいという一心で、貯金を全部はたいてもいいと思った」。 この業者は民放のテレビ番組でも紹介されたことがあり、安心感があったという。 だが事前に説明されたような支援は全くなかった。 神奈川県内の施設から入所者計七人で脱走した三十代男性は、自宅に数人の男性スタッフがいきなり現れ、着の身着のままで連れ出された。 後になって、親が契約していたことを知った。 「施設ではメールも使えず、手紙も検閲されて、外部に助けを求めることはできなかった」と話した。 『人』は『物』ではないし、お金儲けのために考えた『マニュアル』通りに行くわけがありません。 ご家族の方のご苦労は痛いほどわかりますが、お金で解決するならばと他人に委ねることは、本当にその子のためを思っているでしょうか。 そんなに簡単なことではありません。 人、一人の『命』、人、一人の『心』がかかっています。 多分、熊澤親子の事件が引き金になっているとは思いますが、苦しいのはよくわかりますが、時間を掛けることを否定せずに解決の糸口を見つける努力をなさっていただきたいと思います。 便乗する悪質業者はもっての外です。 公的に関わる方々の中には、日々お勉強をしながら一生懸命向き合って下さる保健士さんなどが多く見受けられます。 それでも難しい問題なのです。 ましてやそれを事業として始めるに当たり、そんなに急に経験豊富で有能なスタッフが集まるはずはないのです。 どうか、慎重になさってください。 そして苦しいでしょうが、諦めずに向き合っていただきたいと、切に願います。 お子さんの、心の声を聞いていただきたいと、切に願います。 ここのところ、またまた色々と考えさせられることが起きています。 もう、いらしたときから不機嫌な方が鑑定にお見えになりました。 社内の、特定の方に大変腹を立てていらしたのですが…………園田にとっても珍しく、納得のいく鑑定とはなりませんでした。 改めて思いました。 ある特定の方に腹を立てているときに、その相手にそれをぶつけたとしても決して良い結果にはならないので、その立っているお腹をまずは収める…というか冷静になることが大切です。 それを収める方法………もちろん人に聞いてもらうということで解消できるという方もいらっしゃるでしょうが、やはりそこは『自分の心』に委ねるしかないのでしょう。 最善の策を取ったと信じたなら、自分の心を収めていく……やはり、心の次元を高めるって自分自身のために、とても大切なんだと思います。 大三合会局とは、最たる『異次元融合』です。 だから普段お見えにならないような方も引き寄せてしまいました。 そういうわけで、身弱にとっては『最たる異次元融合』が負担となることもあるのでした。 これも、お勉強です。 会社を通さない闇営業で依頼され、金銭をもらっていたため。 とりあえず、宮迫博之さんと田村亮さんの、5年前の運勢がどんな状況だったのか、算命学で見てみました。 宮迫博之さんは、ご自身がそれまでのような勢いが感じられず、存在感や人気を高めることにちょっと焦りを感じていた頃でした。 田村亮さんは、(接運での)厳しい2年の天中殺を終えたばかりで、仕事に力みを持って挑み、やはり、もっともっとと、普段以上の行動力となってしまっていたようでした。 お二人とも、負けず嫌いでがんばりやさんです。 だけど、ちょっとした心のすきが『後悔先に立たず』となってしまいました。 お二人の共通点は、主星が司禄星であること。 真面目にコツコツ、努力を続けたことでここまでいらしたことを忘れてはいけないとの、神様からのお知らせだったのかもしれません。 『ついに「NBA八村」が誕生した。 20日(日本時間21日)、NBAドラフトがニューヨーク・ブルックリンのバークレイズ・センターで行われ、八村塁(21=ゴンザガ大)が1巡目9位でウィザーズから指名を受けた。 ところで、八村塁さんの運勢はどうなっているのでしょう。 算命学で見てみました。 現在、納音の大運に入って3年目。 『手の届かなそうなところに手が届く』……そんな言葉を思い出しました。 『これまでの人生とこれからの人生が、大きく違ったものになる』…………とも。 お見かけした表情通りの、『大きな太陽』の方です。 現在21歳。 しば〜〜〜らく、活躍が楽しみですね! 先日、例の前川喜平さんのコラムでこの映画のことを知りました。 現政権に真っ向挑戦する内容………国家戦略特区で首相の友人の企業が運営する国立民営大学を新設しようとする動き。 家計学園問題によくにた設定となっているとのこと。 「様々な陰謀を操っているのは、内閣情報調査室、内調だ。 内調の一員でありながら事件を追う女性記者に協力する若手官僚は松坂桃李が演じる。 よくぞこの役を引き受けたものだと感服する。 」 と、書かれていたのを見て、「ん?、もしかしたら『天剋地沖』を宿命に持っていらっしゃるのでは?……」なんて思ったものですから、すぐに算命学で松坂桃李さんの宿命を調べてみました。 こういうお役を頂いたらここぞと言わんばかりにエネルギーが燃焼していくのです。 劇中座談会には前川喜平さんも少しだけ出ていらっしゃるとのこと。 禁止薬物を含んだエサを摂取した可能性があるからだという。 こんなこと、初めてなんだそうです。 どうしてこんな事が起きたのか………って、算命学的にはどこを見たらいいのか考えて…… JRAの設立日を見てみることにしました! なるほど、今年は有り難いものが干合で変化して、更に有り難いものがまた干合されて、財の星、人気の星が大きく傷んでしまっています。 わざわざその星が現れて「傷む」というのはダメージが大きいのです。 この度のJEAの損害額はどれほどになるのでしょう………… もちろん、5月の干支も影響しているに違いありません。 このところ、変な事件が多いですが、やはり干支が語ってくれているように思います。 過去にもこのような組み合わせがあったはずなのに、そのときはどうだったんだろう…って、思ってしまいます。 『日本ハムのドラフト1位・吉田輝星が12日の広島戦で5回1失点に抑え、デビュー戦をプロ初勝利で飾った。 一気に崩れてもおかしくない場面。 本人いわく、「ストレートで押して、打たれたらしようがない。 という気持ちだった」。 その言葉通り、5番・西川を3球三振。 オール直球勝負だった。 6番・磯村もこの日最速の147キロ直球で追い込み、最後はカーブで緩急を使って三ゴロに仕留めた。 追い詰められても威風堂々としていた。 さすがです〜〜! もう一度、算命学で彼の宿命を見てみました。 日干「乙」で、しっかり根を張っている草木です。 今年は人気運が大きくなっていますが、それを受け止められる強さが彼に備わっています。 もともと、役目意識が強く、臨機応変に対応できる知恵の器がしっかりしています。 そして意志の強さも備わって、経験からの忍耐力も生きてます。 栗山監督とも、語らずとも相通づる点が存在する関係です。 同じ時期に運勢を上げやすい…………今は運勢上、栗山監督に引っ張ってもらっているようなところがあります。 どんな力も味方にして、活躍していただきたいですね。 まだまだ園田にとってはわからないことだらけのお能の舞台ですが、ある決まりごとの中での所作や発声などの一つ一つに感動を覚えました。 こういう空間、何故か心が落ち着いてきて好きなんだと思います。 お香の香り漂う能楽堂の清々しさにも感心しました。 お二人の宿命は、以前ブログにも挙げさせていただいたと思いますが、日干「甲午」の律音同士の関係です。 算命学で見れば厳しい関係には違いありませんが、一つの伝統を守るためにご自身を磨く姿は、それを超えることもあるのではないかと思ったりもするのです。 タイムリーにお声を欠けていただいた方にも、ご一緒してくださった方にも感謝です。 ありがとうございました。 『「おせいさん」の愛称で親しまれ、女性を中心に幅広い人気を誇った作家、田辺聖子さんが亡くなった。 60年以上にわたる作家生活に終止符を打った。 文学界の後進にも深く愛されたうえ、宝塚歌劇や人形を愛する「永遠の少女」でもあった。 宝塚歌劇や人形を愛する…………この方の星にある十二大従星は、天南星、天恍星、天貴星…………若い星ばかりです。 ですから、何歳になられても気持ちは若い方だったのでしょう。 そして十大主星は、鳳閣星、龍高星、玉堂星のみ。 鳳閣星は長編小説に向く、伝達本能の陽で火性。 龍高星・玉堂星は習得本能で水性。 水火の激突で感性も鋭く、『若い心』で小説が書けて、まさに天職でした。 なので、西に大きくまとまってあの世に逝かれました。 今年は天中殺でなくなっている方が多いように思います。 この方もそうでした。 もう、ご自分のことだけ考えてあちらにいらしたということです。 きっと幸せな人生でいらっしゃいましたね。 ご冥福をお祈りします。 1 recent comment.

次の