マグマ チェンバー。 【グラブル】六竜討伐戦「朱」ウィルナスをフルオート討伐(片面カグヤ編成)。攻撃に関してはほとんど素で受けていくので、ブラッククレバス辺りは10万越えのダメージ。単体攻撃が多いので奥義で幻影が付与できるブルースフィアを装備して挑戦。ただ最終的にバトルメンバーは3人に…..

CiNii Articles

マグマ チェンバー

6周年で新しく実装された「六竜討伐戦」、今回は火属性【六竜討伐戦「朱」】のウィルナスを水属性ヴァルナ編成で攻略してきたのでまとめていきます。 六竜討伐戦「朱」はリンドブルムHLと共に同時に実装された「ドラゴニックウェポン」、その火属性武器「ドラゴニックハープ」の強化に必要なトレジャー 「イグナイトラブル」 を入手することができるクエストです。 「イグナイトラブル」は六竜討伐戦でもなくてもトレジャー交換でも入手出来ますが、要求される素材が、 「祖なる欠片」が100個 「火晶のエレメント」が100個 でかなーり重い感じになるので、六竜討伐戦の方で集めていきたいところですね。 このクエストもリンドブルムHL同様にバトルシステムVer2に対応したクエストです。 〇バトルシステムVer2 ・敵が特殊行動をする前にHPゲージの下に行動表示がされる。 ・キャラ毎にガード機能があり、ガードすることでダメージを軽減できる。 ただし行動するターンは攻撃とアビリティ使用が不可 ・チェインバーストは専用のゲージがMAXになった時のみ発動。 ということで挑戦した感じですが、 ウィルナスの攻撃は単調なものが多いですが、とにかく火力が高い。 特にマグマチェンバーはHPをキャラ毎の最大値70%分の無属性ダメージしてくる。 リンドブルムHLをソロするより、こちらの方が難易度が難しい印象でした。 編成はヴァルナでジョブはセージにしました。 リリィとエウロペによる回復とカトルによる弱体で長期戦を凌いでいきます。 キャラはリンドブルムHLのソロ討伐と一緒です。 武器に関してはブルースフィアやミョルグレス等を装備しています。 ・40%で形態変化をして弱体効果がリセットされるので事前にアビリティの調整が必要 ・マグマチェンバーさえどうにかすれば、基本は楽。 それでは本題です。 ・弱体効果はミゼラブルミストを設定しています。 ・他はベールによるマウントとキュアーフェンによるクリアを設定してます。 ウィルナスの特殊行動は弱体効果を2個付与してくるので、マウントによる無効化やリリィの春風効果にクリアを合わせて対処していきます。 ・ウィルナスのマグマチェンバーを解除するには40回ダメージを与える必要があるので、四天の嘆きによるカルネージ連打で数を簡単に稼ぐことが出来ます。 ・水属攻撃UPの性能を上昇させてくれるのでリリィと相性が良い。 氷晶結界の春風で、特殊行動をする度にホワイトヒールが発動してHPと弱体回復してくれます。 ・パーティの種族数に応じて強くなるので火力もあり、敵に累積攻防DOWNも出来て高難度や長期戦ではいつも活躍。 敵は火属性なのでアーカルム石を投入してあります。 奥義の幻影と再生でHPの維持をしていきます。 なので暗闇や幻影でダメージ自体を受けないようにしたいです。 ただし奥義ゲージ-200%は防げませんが。 ダメージを受けると数万ダメージですが幻影で回避しています。 春風のホワイトヒールでは1つしかクリア出来ないのでキュアーフェン等を合わせていきます。 ただ暗闇もあるし、ブルースフィアの幻影もあるので当たらないことが多い。 他にも火晶のエレメントが確定で入手出来るので良い感じ。 特殊行動を抑えるためにスロウ、そしてグラビティ(前半のみ)による遅延等も重要。 ただ熱線やブラッククレバスのような特殊にはガードを使う。 画像引用元:グランブルーファンタジー.

次の

CiNii Articles

マグマ チェンバー

うつぎれい 疑問符雑記 公開状 『 アゾレス海台はアトランティスの痕跡か? 』 これは筆者 うつぎれい の疑問に思う事を公開で世に問うページです 疑問符 2013. 記 やはり北大西洋中央海嶺上に位置するアゾレス諸島こそが沈んだアトランティスの名残りである そう信じるに足るドンピシャリの位置での新たな海底異常地形の発見と、南極海の孤島ブーベ島西方 200 k m の海底に眠る、これまで全く知られていなかった謎の水没文明痕跡発見の顛末。 北大西洋のほぼ真ん中にあるアゾレス諸島は、起源を同じくする一続きの島々として唯一、大西洋中央海嶺の両側に位置している。 つまりアゾレス諸島とは海嶺に分断された島々なのである。 そしてその大きな島とは、言うまでもなくあのアトランティス島である。 プラトンがクリティアスとティマイオスで触れた伝説の島 「 アトランティス 」 である。 それこそがアゾレス諸島らしいのだ。 [ 筆者は但し、2013 年にアゾレス諸島のサン・ミゲル島とテルシラ島の間の海の底 水深 100 m で見つかった、を根拠としてそう主張してるのでは全くない。 アゾレス諸島は主に9島から成る諸島で、サンミゲル島など東側7島と、西端の2島 フローリース島・コルヴォ島 との間に、地球の巨大な亀裂・造山帯である 「 大西洋中央海嶺 」 が走ってる。 これはいったい何だろう? 一体何が大西洋中央海嶺に覆い被さって、絶えず隆起したり陥没したりする険しい亀裂造山帯を判別し難くしているのだろう? まさにベルギーワッフル状の縦横碁盤目みたいな 「 整然とした隆起線 」 に見える地形は、一体何なのだろう? しかし、ともあれそれが人工物である … という事だけは、恐らく紛れもない。 自然の海底地形としては、こんなものは世界中の海底の何処でも、見たことがないからである。 円形の自然地形というのは実に良く有るのだが、整然とした四角い構造というのは、一般に自然物ではなく人工的な構造物であると考えて良い。 そして整然とした碁盤目構造というのは極めて異常な地形なのだ。 [ 例えば同じように縦線がキレイに並んでるかのように見える海底地形でも、実際にクローズアップにして見ると、全く整然とではない … と判るのが普通のことなのである。 但し注意しなければいけないのだが、上記の場所に並んでる南北方向の 「 整然とした隆起線 」 構造は紛れないものの、そこに横線らしき構造もが有るように感じさせてるのは、もしかすると、比較的詳細な東西方向のソナー探査に於ける間欠的抜け落ち部分が、 それ以前の精度の低い海底地形探査結果をそのまま反映させておくしかない為に 幾分ボヤけて白く見えている … というだけの事であるかも知れない。 ] このベルギーワッフル状の地形の範囲は、大雑把に南北 60 k m 程の円形 … と見做せる。 プラトンの著作に基づく伝説の島アトランティスのサイズは、だが、その 10 倍以上もあるから、むしろアゾレス諸島の全体を囲い込むように南北に伸びた、うっすらとした楕円形の海底地形の全体の方が、恐らく 「 海没したアトランティス島全体の痕跡 」 なのではないだろうか? それは、南側一帯に拡がる広い平地を逆 U 字型に取り囲んでいるアトランティスの山々…という説明とも良く一致しているように思われるからだ。

次の

【グラブル】火六竜「ウィルナス」攻略/編成例まとめ|六竜討伐戦「朱」【グランブルーファンタジー】

マグマ チェンバー

Magma reservoir models beneath ocean ridges are reviewed with reference to the spreading rates and the mode of fractional crystallization. Basalts extruded at fastspreading ridges underwent various degrees of low pressure fractionation causing conspicious chemical zonation in the chambers. On the other hand, small and transient magma chambers may be present beneath slow-spreading ridges. Comparatively less-evolved basalts, where petrological characteristics are governed mostly by the deep-seated processes such as degree of partial melting and polybaric fractionation, could appear at slow-spreading ridges because of absence of a large crustal magma chamber. Since sheeted dikes in ophiolites intruded vertically and the foliation of mantle tectonites were approximately horizontal in original, the configuration of the magma chamber interlayered between the tectonites and sheeted dike complex, if it existed, can be infered from the structure of a cumulate-gabbro sequence. The appearance of a thick plutonic sequence in the ophiolite where the crystallization order is olivine-plagioclase-clinopyroxene-orthopyroxene suggests that it was generated at a fast-spreading ridge. On the other hand, the appearance of abundant whelritic cumulates crystallized at mantle deths and suffered high temperature deformation suggests that the ophiolite was generated at a slow-spreding ridge. Spreading rates of ancient ocean ridges at which the ophiolites were generated may be roughly estimated from the considerations on geochemical variation of the basaltic rocks. The occurrence of evolved basalts interpreted by extensive low pressure fractional crystallization suggests fast spreading rates, whereas the appearance of less evolved basalts showing complicated geochemical features such as different incompatible element ratios and crossing REE pattern suggests rather slow spreading rates. The studies on ophiolites would bring significant informations not only on the dynamic process beneath present-day ocean ridges but also on the tectonic framework and the evolution of ancient spreading center.

次の