自転車 空気 入れ フランス 式。 ロードバイクの空気の入れ方+おすすめポンプ11選|現役自転車メカニックに聞く!

自転車の空気の入れ方はバルブに合わせて!英式・仏式それぞれ解説!|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

自転車 空気 入れ フランス 式

メンテナンスの基本は空気入れから始まる 自転車は空気が命。 自転車は基本的に空気がなければ走ることができません。 空気入れはメンテナンスの基本中の基本となります。 空気をしっかり管理することでパンクのリスクを相当減らすことができます。 私は乗るたびに空気の管理を行っています。 そのおかげで前回パンクしたのがいつだったか思い出せないくらいパンクしていません。 空気口(バルブ)は主に3種類 日本の生活の中から生まれたママチャリは独自の発展をしてきました。 まさに日本人の体形やスタイルに合った自転車です。 一方で欧米からやってきたスポーツ自転車は様々な点でママチャリと異なります。 それは空気を入れる空気口の形も違いがあり、世界中の自転車には主に3つの空気口(以下バルブ)が存在します。 仏式バルブ(フレンチバルブ、プレスタバルブとも言います) 米式バルブ(シュレーダーバルブとも言います) 英式バルブ(ウッズバルブ、ダンロップバルブとも言います) 仏式バルブはロードバイクをはじめとしたスポーツ自転車に一番多く採用されているバルブです。 入れ方がわからなくて困ってしまうのはおそらくこの形状ではないでしょうか。 米式バルブは、仏式バルブに比べて太い形状でMTBやBMXなど太めのタイヤに採用されるバルブです。 自動車やオートバイと同じ形状で、例えばガソリンスタンドでも空気の補充ができます。 英式バルブはママチャリに採用される、おなじみのバルブです。 では、入れ方がわからない、難しいと言われる仏式バルブの空気の入れ方を手順を追って詳しく説明していきます。 仏式バルブの空気の入れ方 1.仏式バルブ対応の空気入れを用意する まずは、仏式バルブに対応するポンプを準備します。 2.タイヤを押してみて空気の具合をチェック まず空気を入れる前に、タイヤ全体をチェックします。 最初にタイヤの空気がどれくらい残っているかタイヤを押してチェックしましょう。 また、異物が刺さっていたり、摩耗によってタイヤが割れていないどうかチェックも必要です。 3.先端のキャップを外す 仏式バルブの先端にはキャップが付いています。 これを左に回して外します。 すると、仏式バルブの形状が表れます。 このキャップは黒い場合が多いですが、透明のものやカラフルなものもショップで売っていたり、アクセントとして楽しめるアイテムでもあります。 4.バルブの先端を最後まで緩める キャップを外したら、バルブの先端を指でつまみ、左に回し緩めていきます。 緩み切った時点で止まる仕組みです。 バルブの先端を緩めなければ、空気入れを差し込んでも空気はいっこうに入ってきません。 5.バルブの先端を2,3回軽く押して空気を抜く バルブの先端を最後まで緩めたら、指の腹でバルブの先端を軽く2,3回押します。 そうすると「プシュッ、プシュッ」と微量の空気が抜けていくのがわかります。 こうすることで空気入れを挿入した時にバルブ内で空気が詰まって入れづらくなるのを防ぐ効果があります。 6.空気入れの口金を差し込む 空気入れの口金をバルブに対して垂直に差し込みます。 その際奥までしっかり差し込んでください。 差し込みが甘いと空気がしっかり入らず、「シューシュー」と脇から抜けていってしまいます。 空気がうまく入れられないほとんどの人はここでつまずいているのです。 7.口金を固定するためレバーを上げる 空気入れを奥まで差し込んだら、バルブからポンプが外れないようにレバーを上げてロックを掛けます。 ポンプメーカーによっては最初にレバーが上がった状態で、固定するときにレバーを倒すものもあります。 8.適正空気圧までポンピングする 空気入れを固定したら、空気を入れていきます。 ロードバイク、クロスバイク、MTBそれぞれタイヤのサイズや太さが異なりますので、空気を入れる量も変わってきます。 たとえばこの写真のようにタイヤのサイドに空気をどれくらい入れたら良いか表示されています(適正空気圧)。 画像にはbarとpsiの2種類の気圧単位で表示されています。 psiはポンド・スクエア・インチの略。 意味は1平方インチあたりに何ポンドの圧力がかかるかを表わします。 主にロードバイクをはじめ高圧を保つタイヤに使用される単位です。 barはMTBなどの太いタイヤを中心に利用される単位です。 自動車やオートバイにも利用される単位です。 空気入れの気圧計をチェックしながら、表示されている適正空気圧まで入れていけば簡単です。 仏式バルブを使用している自転車をお持ちであれば、 空気圧計が付属したポンプを強くおすすめします。 特に細いタイヤは、空気の量が適正よりも少ないとパンクしたりトラブルを起こしやすいからです。 9.固定を解除し、真上の方向に抜く 適正空気圧まで空気を入れたら、レバーを戻し、口金を真上の方向に向かって抜きます。 【注意するポイント】 このように真上の方向ではなく、斜めに抜いてしまうと、バルブの先端を曲げてしまったり、せっかく入れた空気が抜けてしまうことがあるので注意しましょう。 特にロードバイクのように高い気圧を入れるタイヤは一気に空気が抜けていますので、要注意です。 10.バルブの先端を締める(右回し) ここからは、空気を入れる前と逆の手順を踏んでいきます。 右に回してバルブの先端を締め込みます。 強く締める必要はありません、7,8割の力で良いでしょう。 11.先端のキャップを締める バルブ先端にキャップを取り付けます。 12.空気入れ完了 これらの手順を守れば、しっかりと空気を入れることができると思います。 もし万が一空気が入らないのであれば、以下のような原因が考えられるので、参考にしてみてください。 空気入れの口金のサイズが合わない A. お使いの空気入れが仏式バルブに対応していない可能性があります。 空気を入れようとしても固くてハンドルが下まで降りない A. 仏式バルブの先端を緩めましたか?もし緩んでいるのであれば、先端を2,3回押しましたか?先端を押すことで、仏式バルブ内の空気のつまりを解消し、空気がうまく入っていきます。 空気を入れると半分くらい横から漏れてる気がする A. 口金を奥までしっかりと入れましたか?差し込みが甘いと横から空気が漏れていってしまいます。 しっかり差し込んだらレバーを90度に起こすのも忘れずに。 米式バルブを使用しています。 空気入れの手順は仏式とどう違うのですか? A. まず米式バルブに空気を入れるには、米式対応の空気入れが必要です。 最近の空気入れは仏式米式両対応のものが多いので、購入の際は表記を確認してください。 入れ方は仏式バルブのような先端を緩める形状ではありません。 先端のキャップを外したら、ポンプの口を奥までしっかり差して、レバーで固定します。 適正まで入れ終わったら、レバーを解除し、真上に抜きます。 この手順は仏式と同様です。 ではここからは、初めて空気入れを買う方や買い替えを考えている方におすすめのアイテムをご紹介しましょう。 おすすめのポンプ 主に自宅やレース会場、トランポ先の駐車場など、出発前に使用することの多いフロアポンプは、エアボリューム管理の正確さや、口金の精度、ゲージの見やすさなどで選ぶとよいでしょう。 プロ PRO フロアポンプ ツール・ド・フランスや世界の有名なレースに参戦しているプロロードレースチームの要望を取り入れ開発されたシマノPROの空気入れです。 ハンドルのグリップ性が高く、握りやすい構造です。 ロードバイクなどの細いタイヤに空気を入れる場合、最後の方になると空気圧の反発力で押しにくくなってしまうのですが、ジョーブロースポーツ3は比較的楽にサクサクと入れられます。 ユーザーに優しい点として、長期間使用し、部品が消耗しても修理部品がほとんど手に入るので、新しいポンプを買いなおす必要がありません。 ジョーブロースポーツ3の空気圧計は空気圧の単位であるbarとpsiの両方で利用できます。 適正空気圧の目盛りにあらかじめメーター上にある黄色の印を置いておけば、迷うことなく空気を入れることができるでしょう。 番外編:携帯用ポンプ 携帯用ポンプは主に走行中にパンクした時の使用が目的です。 軽量化のためミニサイズで機能を最低限に絞っているものも多く、空気の充填に時間がかかったり、空気圧の管理が難しいといったデメリットがあります。 だけど、お家用と携帯用、両方買うほど予算がないよ~!というアナタにはこんなモデルをお勧めします。 TOPEAK トピーク ターボ モーフ G ターボモーフGは携帯用としてはやや大きな部類(全長35㎝)ですが、フロアポンプ同様に空気圧計が付属し、地面に立ててしっかりポンピングすることができるので、携帯用の中では非常に使いやすいモデルです。 ただし小さなボディに機能を凝縮させた分、フロアポンプよりも割高です。

次の

仏式バルブにアダプターを用いて空気を入れる|クロスバイク選び方道場

自転車 空気 入れ フランス 式

フレンチバルブ(仏式バルブ)って何? 多くのクロス・ロードによく使われているのが、写真の『仏式バルブ』。 特徴としては、バルブが細長く華奢ですが、高い空気圧にも耐えられる構造です。 このバルブに使用でき高圧に耐えられる専用の空気入れが必要です。 シティサイクル(ママチャリ)専用の洗濯バサミに似た形状をした空気入れは、その部分がアダプターとして着脱できるタイプでないとまず互換性はありません。 フレンチバルブの空気の入れ方 1. バルブ先端を緩める まずバルブ先端にあるボルトを左(反時計回し)に回して緩める。 これで栓が解放され空気が入ります。 この作業を忘れるとどんなに頑張って空気を入れようとしてもはいりません。 指で緩めることができます。 先端を一瞬押して空気を軽くぬく 場合によって、栓がバルブの中でくっついていて空気が入りずらい時があります。 なので、ポンプをさす前に頭の部分を上から一瞬押して下さい。 押すことでブシュと空気が抜けますが、これでOK。 空気入れをしっかりと装着 続いて、ポンプをバルブに挿します。 この時、バルブの軸に対してまっすぐに奥までしっかり挿しましょう。 差し込みが浅いと空気が漏れやすくなります。 軸に対して曲がってしまうとバルブ先端の細い部分が曲がってしまったり、折れてしまったりすることがあります。 しっかりポンプを奥までまっすぐ挿して下さい。 空気入れのレバーを持ち上げる ポンプをしっかりさしたら、ポンプのレバーを上げて下さい。 やや硬いのでレバーを持ち上げる際にバルブ先端を曲げないように注意してください。 レバーが完全に上がると、ポンプの口とバルブがしっかり固定され空気が入れらるようになります。 しっかり固定されていると、ポンプの空気圧計が、今の空気圧を示してくれます。 ハンドルをフルストロークして空気を入れる フロアポンプも携帯ポンプも一緒ですが、空気入れのハンドル部分を必ず一番引っ張り出した状態から一番押し込んだ状態まで毎回毎回しっかりと フルストロークさせることが大切です。 ガシガシ急いで入れたくなりますがスピードよりも、確実にストロークさせることを優先しましょう。 特にロードバイクのような高圧になると、しっかりと体重をかけて押し込まないとストロークが完了できず空気が入っていきません。 メモ 高圧の入れやすさは空気入れの価格によっても正直随分と違います。 適正空気圧をまもる 大事なのが適正空気圧: ここで大事なのが、適正空気圧です。 適正空気圧で管理してあげないと、パンクに繋がってしまいます。 タイヤによって硬さが全然違うので手で押した感じで、空気が入っている・入っていないと判断しない方がいいでしょう。 クロスバイク・ロードバイクは高圧なので、手で押して入っているとも持っていても、意外と入っていないことのほうが多いです。 写真はロード(2011年モデル TREK 2. 1)のタイヤです。 タイヤ側面には必ず適正空気圧が書かれているので確認してください。 このロードバイクタイヤの場合90~125PSI(6. 2〜8. 6BAR)が適正空気圧。 タイヤによっては最大空気圧が書かれているものもあります。 空気圧も最大まで入れても構いませんが、路面のデコボコを拾って乗り心地が悪かったりするのでちょっと低めの空気圧がおすすめです。 空気入れは目盛りが必須です。 今回は7. PSIとBARは単位の違いだけなので、お使いのポンプで見やすい方で大丈夫。 ちなみに、 原理としてはゴム風船と同じなので、乗っても乗らなくても放っておくだけで空気は抜けていきます。 ロードバイクの場合は3〜7日に一回は空気を入れる必要があります。 マメに入れましょう。 両手を使って口金を抜く 空気を入れたら後はレバーを降りポンプを抜くだけ。 固定レバーを解除するのを忘れるとバルブの先端が折れます。 注意点として、ポンプを真っ直ぐ抜いて下さい。 真っ直ぐ抜くには、写真のように片手でポンプの口を真っ直ぐに保持し、反対側の手の親指で押し出すようにはずすと簡単です。 抜く時、ぐりぐりこじったり・斜めに抜いてしまうとバルブ先端が曲がったり折れたりしてしまいチューブを交換しなければならないなんてことにも。。。 また、内圧が高いので力いっぱい口金を引っ張り抜いて、スポークに手をぶつけてケガするかもしれないので気を付けて下さい。 そういう意味でも、もう片方の手を添えて、まっすぐを維持しつつ引っ張る力だけでなく押し出す力も加えることが大切です。 バルブ先端を締める ポンプを抜いたら、バルブ先端のボルトを締めます。 指で締め付けられる強さ、指でまた緩められる強さで問題ありません。 写真のようにバルブの付け根にあるナットが緩んでいることがあるので、その場合は軽く締めて下さい。 ナットが緩んでいると走行中にカタカタと異音が発生します。 あくまでもホイールに触れるくらい軽くで!! 後はバルブキャップをして終わりです。 空気入れを選ぶ時に気にしておきたいこと 空気入れなんかなんでも同じでしょ!?と思っている方も多いかもしれませんが、それが違うんです意外と。 空気入れの良し悪し(入れやすさ)は、ストローク時の全体的な剛性、力を入れやすい長さ、力を入れやすいハンドルはば、目盛りの数字の読みやすさなどで決まります。 中でも、何から何までプラスチックでできていて空気を入れている時にフニャフニャカクカクとヨレたりズレたりしてしまうモノは正直入れにくいです。 金属ボディ、金属ベース、金属ハンドル、自転車同様に室内に入れておく場合はデザインにもこだわるのもいいかもしれません。 ロードバイクの場合なら高圧時の入れやすさ、マウンテンバイクなら一度に入るボリュームの多さ、も気にしておきたいところです。 こちらで使用している空気入れは個人的にお気に入りの超入れやすくて超カッコイイ空気入れです。 どんな空気入れなのか、下記記事で詳しくご紹介していますので、あわせてご覧ください。 最後に 先程も述べましたが、 しっかり空気圧の管理をしないとロードバイクは特にリム打ちパンクをしやすくなります。 空気圧が高すぎるとグリップが弱まり乗り心地が悪くなります。 空気圧が低すぎるとタイヤがつぶれ摩擦抵抗が増加。 ペダリングも重くなり快適ではありません。 なので、しっかり空気圧は適正の範囲内で管理しましょう。 ロードバイクは3〜7日に一回、クロスバイクは7〜14日程度に一回は必ず空気を入れましょう!! 空気入れはかなり頻繁に使用する道具なので必ずご自宅に常備しておきましょう。 よろしければもご覧ください。 空気の入れ方の他にも、自転車を購入したばかりの初心者の皆様に是非目を通しておいていただきたいこちらの記事も合わせてご紹介します。

次の

空気入れのおすすめ人気ランキング20選

自転車 空気 入れ フランス 式

2017年11月28日 [大阪本町] スタッフブログ こんにちは、トレックストア大阪です! ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクなど スポーツバイクのことなら何でもおまかせください! スポーツバイクを始めたばかりの人で「少しわかりにくくて困るな〜」と言うコトの一つが、「タイヤへの空気の入れ方」ではないでしょうか? 大半のスポーツバイクの空気の入れ方は日本で一般的なシティサイクルと違うので、納車時には空気の入れ方を説明させていただくことがほとんどですが、納車後に初めて空気を入れる機会が2週間後だったりすると忘れてしまっても仕方ないですよね。 そこで今回は、スポーツバイクの空気の入れ方を説明します!! 動画と写真でわかりやすく紹介中! スポーツバイクの空気の入れ方〜その1〜フレンチバルブの空気の入れ方 こちらがフレンチバルブ。 スポーツバイクのタイヤ・チューブのバルブ(空気の入れ口)の大多数を占めるのがこのフレンチバルブです。 フレンチバルブ、フランス式バルブ、仏式バルブと言ったりします。 英語表記だと PRESTA VALVE(プレスタ・バルブ)となります。 写真は黒い樹脂製のキャップが付いていますが、このキャップを外すと・・・ キャップが外れていますが、この状態でも空気は抜けません。 空気を入れることもできません。 (厳密に言うと、じわじわと空気は抜けて行くので数週間後には乗車できない空気圧まで空気が抜けてしまいます。 お話をシンプルにさせていただくため、抜けないとさせていただきます) 先端部を指でつまんで、反時計回りに回して緩めてあげると空気を入れたり抜いたりできる状態にできます。 先端部をいっぱいに緩めた状態。 空気を入れたり抜いたりするためには、この状態まで先端を緩めてください。 ここでポンプの登場です。 お勧めのフロアポンプは「BONTRAGER RECHARGER」(ボントレガー・リチャージャー)。 空気圧をチェックできるエアゲージ(空気圧計)付きです。 BONTRAGER フロアポンプに採用されているオートセレクト・ポンプヘッドは、分解・部品の組み替えなど無しでフレンチバルブ(PRESTA)とアメリカンバルブ(SCHRADER)の双方に対応できます。 このポンプの場合はレバーを上げた状態が空気を入れられるロック状態です。 さて、先ほどフレンチバルブの先端をつまんで回して緩めてあるので、空気を入れられる状態にあるのですが、ポンプヘッドをつなぐ前にちょっとしたコツがあります。 バルブが内部で固着してる場合があるので、バルブ先端を押して少し空気を抜き、バルブをほぐしておくと空気が入れやすくなります。 バルブの先端部が細くて曲がりやすいので、まっすぐにポンプヘッドをバルブに差し込みます。 その際、片手を使ってバルブ付近でタイヤを抑えてあげると差し込みやすいです。 今回使用しているポンプ「BONTRAGER RECHARGER」なら、ポンプヘッドのレバーをあげるとロックできます。 ポンプによってロックの仕方が異なりますので、お手持ちのポンプの使い方をご確認ください。 ポンプヘッドをロックすれば、ポンピングで空気を入れることができます。 ポンピングはポンプのバーの上下動で空気を入れる操作です。 ポンプのバーは下まで押し切ってください。 細いタイヤのロードバイクやクロスバイクでは、高い空気圧まで空気を押し込むので慣れないうちは固くてなかなか押し切れないかもしれませんが、ポンプのバーに体重をかけてしっかり下まで押し切ってください。 ポンプ付属のエアゲージ(空気圧計)を見ながら、空気圧をタイヤの指定空気圧(タイヤ側面に小さく記載されています)の範囲内でお好みの空気圧まで空気を入れます。 ロードバイクなら一般的に 7bar(100psi)、当店で人気のクロスバイク「FX 3」の標準タイヤなら 6bar(85psi)程度がお勧めです。 タイヤの空気圧は0. 5barくらいでも高めにしたり低めにしたりしてみれば、かなり乗り心地が変わってくるので、色々と試してお好みの空気圧を探ってください。 目標の空気圧まで空気が入ったら、ポンプヘッドのロックを解除します。 今回使用している「BONTRAGER RECHARGER」なら、レバーを倒してロックを解除します。 ポンプによってロックやロック解除の仕方は異なるので、お手持ちのポンプの使い方をご確認ください。 ロックを解除したら、バルブからポンプヘッドを外します。 外すのは少し硬いのですが、フレンチバルブの先端部が細くて曲がりやすいので、できる限りまっすぐに外してください。 ポンプヘッドを外したら、バルブの先端を時計回りに回してバルブを閉じてください。 これで空気入れは終了です。 空気を入れ終わったら、根元にナットが付いている場合は、根元のナットが締まっているかチェックして、緩んでいたら時計回りに回して軽く締めます。 最後に、外してあったバルブ用のキャップを取り付けます。 樹脂製のキャップはきつく取り付けると割れてしまうので、軽く時計回りに回して取り付けるだけで構いません。 (キャップは先端部の細い部分の保護のために取り付けますが、取り付けなくても使用上は問題ありません。 ) フレンチバルブの空気の入れ方は、慣れないうちは少し難しいかもしれませんが、空気圧の管理はスポーツバイクのお手入れの中では基礎中の基礎となるので、なるべくマスターしていただき、習慣づけるようにしてください。 空気圧の管理は、週1回程度が望ましく、少なくとも2週間に1度くらいはチェックしてください。 スポーツバイクの空気の入れ方〜その2〜アメリカンバルブの空気の入れ方 こちらがアメリカンバルブ。 TREK の自転車で言えば、クロスバイクの「FX 2」「FX 1」「DS 2」「ZEKTOR 2」など、MTBなら「MARLIN」シリーズ、キッズ用のバイクなどに採用されています。 自動車やオートバイなどと共通のバルブの形状になります。 アメリカンバルブ、アメリカ式バルブ、米式バルブなどと呼びます。 英語表記では SCHRADER VALVE(シュレーダーバルブ)です。 キャップを外して、バルブ内部の棒が押されるとバルブが開き、空気を入れたり抜いたりできます。 最後にお薦めの空気圧ですが、TREK の2018年モデルの標準タイヤなら、「FX 1」「FX 2」「ZEKTOR 2」なら6bar(85psi)程度、「DS 2」なら4bar(60psi)程度、「MARLIN」シリーズなら3bar(40psi)程度です。 タイヤの空気圧は0. 5barくらいでも高めにしたり低めにしたりしてみれば、かなり乗り心地が変わってくるので、色々と試してお好みの空気圧を探っていただくのも良いですよ! 空気圧の管理はスポーツバイクのお手入れの中では基礎中の基礎となるので、なるべくマスターしていただき、習慣づけるようにしてください。 空気圧の管理は、週1回程度が望ましく、少なくとも2週間に1度くらいはチェックしてください。 使いやすい BONTRAGER(ボントレガー)フロアポンプのラインナップ 日常的な空気圧管理にはエアゲージ(空気圧計)付きのフロアポンプを使用することをお勧めします。 携帯用の小型ポンプは空気が入れにくく、あくまでサイクリング中に使用するものだと考えてください。 また、「RECHARGER」のみシティサイクルのイギリス式バルブに対応できるアダプターやボールやゴムボートなどに対応できるアダプターが付属します。 フロアポンプは頻繁に使うものなので、少しでも楽に空気を入れられると良いですよね。 ご自身でチューブレスタイヤを装着される方むけのフロアポンプです。 BONTRAGER のポンプについて詳しくは トレックストア大阪ではバイクやアクセサリーなどの商品情報はもちろん、イベントのご案内やストア近郊のローカル情報など、幅広い情報提供の場としてFacebookを活用しています。 〒550-0012 大阪府大阪市西区立売堀 2-1-9 日建ビル1階 TEL/06-6536-7678 営業時間/10:00~19:00 定休日/木曜日(祝日の場合:前日水曜日) <大阪市営地下鉄> 長堀鶴見緑地線 「西大橋」 1番出口 四つ橋線 「本町」 23番出口 千日前線・中央線 「阿波座」 2番出口 が最寄りとなっております。

次の