おばみつ 本誌。 鬼滅の刃のおばみつの公式のファンブックの内容を紹介!伊黒小芭内は一目惚れで甘露寺が好き?|ワンピースネタバレ漫画考察

おばみつ「本誌おばみつ 」

おばみつ 本誌

100• 101• 102• 103• 104• 105• 106• 107• 108• 109• 110• 111• 112• 113• 114• 115• 116• 117• 118• 119• 120• 121• 122• 123• 124• 125• 126• 127• 128• 129• 130• 131• 132• 133• 134• 135• 136• 137• 138• 139• 140• 141• 142• 143• 144• 145• 146• 147• 148• 149• 150• 151• 152• 153• 154• 155• 156• 157• 158• 159• 160• 161•

次の

鬼滅の刃 おばみつ告白も甘露寺蜜璃、伊黒小芭内の死亡・戦死が確定【画バレ・ネタバレ・画像あり】

おばみつ 本誌

鬼滅の刃で伊黒小芭内は甘露寺蜜璃を好きなのかなという場面は多々ありました。 また本誌鬼滅の刃第188話にて伊黒の衝撃的な過去も判明しました。 伊黒の家系は鬼と協力して人を殺し金品を奪うことで生活していたんですね。 伊黒は自分自身の血を汚いと考えています。 誰かかのために戦うことが自分の価値である、 甘露寺に気持ちを伝えるなら生まれ変わってからとまで言っています。 伊黒の甘露寺への強い思いがわかりますよね。 公式のファンブックで伊黒の一目惚れで甘露寺を好きになったということがわかりました。 今回は「鬼滅の刃のおばみつの公式のファンブックの内容を紹介!伊黒小芭内は一目惚れで甘露寺が好き?」と題しお届けします。 いくつか挙げてみます。 まずは伊黒が甘露寺に縞々の長い靴下をプレゼントしたシーン。 気恥ずかしさを隠すように目線を合わせない伊黒がかわいいです笑 さらに上弦の鬼との戦い後の柱合会議で甘露寺の怪我を気遣うシーン。 上弦の肆 半天狗との戦いで甘露寺は大怪我を負っています。 これには甘露寺もときめいていますね。 (甘露寺の場合、日常茶飯事ですが) また甘露寺といえば怪力、大食いで有名です。 鬼滅の刃の第124話の表紙では甘露寺に天丼やいろいろなものを食べさせています。 幸せそうに食べる甘露寺の隣でその姿を見つめる伊黒をみると恋する乙女?のようです。 一方よく見ると伊黒の蛇(鏑丸)は目を真ん丸にして驚いています。 笑 そして柱稽古では炭治郎に対して嫉妬をむき出しにしていましたね。 伊黒が炭治郎に嫉妬 甘露寺は炭治郎に対しても好意的で仲良くなっています。 それを聞いた伊黒は嫉妬心をむき出しにしていますね。 伊黒は鬼である禰豆子を連れた炭治郎が鬼殺隊に入るのを良く思っていません。 甘露寺のこともあり、さらに炭治郎にさらに嫌ってしまったようです。 無限城編で雑魚鬼に襲われるシーンでも甘露寺を守っています。 甘露寺に近づくことも許さないみたいですね。 これには甘露寺も黄色い悲鳴を上げています。 決定的なのは伊黒の過去の回想後のシーン。 伊黒は自身の忌まわしい過去により、無惨を倒して自分も死のうとしています。 生まれ変わって、今度は必ず君に好きだと伝えると言っているように伊黒は甘露寺のことを本当に好きなんですね。 鬼滅の刃の 甘露寺蜜璃は伊黒小芭内のことをどう思っている? 甘露寺は伊黒をどう思っているのでしょうか。 普段からいろんなことにときめいている甘露寺なのでわかりにくいですね。 甘露寺が伊黒を好きだという直接的なシーンはいまのところありません。 しかし、文通を交わしていることや二人で食事に行くシーンがあることからも鬼殺隊という仲間以上の気持ちがありそうな気がします。 実はファンブックにその詳細が掲載されていました! 伊黒小芭内の一目ぼれがファンブックに! 伊黒が甘露寺に好意を持っていることはところどころに出てきていますので、わかるかと思います。 では伊黒はいつから甘露寺のことが気になっていたのでしょうか? 鬼滅の刃の公式ファンブックによると、伊黒が甘露寺を見た瞬間、可愛すぎて度肝を抜かれた!と一目惚れしたそうです。 あのネチネチした伊黒からは想像もつかないですね。 余談ですが鏑丸(伊黒の連れている蛇)も驚いて伊黒を噛んでしまったそうです。 鏑丸も伊黒の意外性に驚いてしまったのでしょうか。 笑 伊黒と甘露寺のカプ名は? おばみつ大好きな人〜! — 🌸時透 さく🌸 iHTy4fTTpfpH5cf そこで伊黒と甘露寺はネット上ではどのように呼ばれているのか紹介していきます。 カップリングとも呼ばれていて、二人の頭2文字を取って読んでいるようです。 伊黒と甘露寺の名前が小芭内と蜜璃ということで「おばみつ」というようです。 伊黒と甘露寺はファンのなかでも「おばみつ」と普通に使われていますね。 上でも述べましたが二人はお互いに仲間以上の気持ちがありそうですが・・・。 伊黒の気持ちが甘露寺にも伝わっているといいですね。 多分みんな今のうちに知った方がいいよ。。。。 そして本誌に追いついて() — ヒノキ🌳 mtxxllxx おばみつにはまってしまった。 なるほど、こうやってみんなはまってくんだな。 そりゃーONE PIECE超えるわな。 — 森脇早絵🐧 smoriwak おばみつはよ結ばれて欲しい。 二次創作読みすぎて、本誌でくっついてるものやとばかり思ってたらくっついてないん!?!?ってなって、一瞬焦った😅wwww 皆生きてて欲しい。 かまぼこ隊も柱の誰も死んで欲しくない。 あそう言えば愈史郎は生きてるん??炭治郎も状況的に瀕死じょうたいだよ😭😭 — ほっちゃん nqdk27 本誌で鬼を倒せたら、おばみつのイチャイチャが見れると思って勝手に期待してる — yume yumedotcom.

次の

鬼滅の刃 おばみつ告白も甘露寺蜜璃、伊黒小芭内の死亡・戦死が確定【画バレ・ネタバレ・画像あり】

おばみつ 本誌

来世で甘露寺とめぐり逢うことを願う 無惨を倒して(いいことをして)自分も死に、汚れた血と身体がきれいになった来世では、甘露寺に好きだと伝えたいと強く願う伊黒。 最後のコマでは、満開の桜のような笑みを浮かべる甘露寺。 そして、そこへ向かう伊黒、という幸せな光景が描かれていました。 めぐり逢えた場所、そこに咲く花 場所は不明だが来世の可能性が高い 伊黒と甘露寺がめぐり逢えた場所は不明ですが、2人の来世である可能性が高いです。 伊黒は自分自身の血が汚く、誰かと幸せになる資格はないと考えています。 自分が幸せになるのは、甘露寺に想いを伝えられるのは、来世でしかありえないと確信しているのです。 伊黒が来たことで満開となる桜と笑顔 188話の最後のシーンは、実は123話の扉絵と非常に似通っています。 123話は昔お見合いした相手を待つ甘露寺で、桜はまだつぼみで表情も真顔。 しかし188話の最後のコマでは、満開の桜が舞い散る中で、満面の笑みを浮かべています。 これは、自分を隠さずにいられる、伊黒とめぐり逢えたからこそ出てきた幸せな表情なのではないでしょうか。 咲く花は「桜」と「アヤメ化の何か」 桃色の花はおそらく桜で、紫色の地面に生える花はアヤメ科の「アヤメ、花菖蒲、カキツバタ」だと推測できます。 それぞれの花言葉をまとめると、 桜 ・精神美 ・優美な女性 ・純潔 アヤメ ・希望 ・信頼 花菖蒲 ・嬉しい知らせ ・あなたを信じます カキツバタ ・幸せは必ずくる ・幸せはあなたのもの 桜のような笑みを浮かべて、伊黒を待つ甘露寺。 そこには甘露寺のように満開の桜と、「希望」「あなたを信じます」「幸せは必ず来る」という花言葉を象徴するように、アヤメ科の花々が咲き乱れています。 来世では、鬼のいない平和な世の中で、2人が幸せに過ごしていることを切に願いたいですね……。 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。 「鬼滅の刃」の概要 時は大正。 竈門炭治郎は、家族とともに山でつつましくも幸せな日々をおくっていた。 ある日、町で炭を売りに出かけた炭治郎が山に戻ると、家族は鬼に襲われ血だまりの中で絶命していた。 唯一、一命をとりとめていた妹・ 禰豆子を救うべく、降りしきる雪の中背中に背負い必死に雪山を下りる炭治郎。 その途中、 禰豆子は突然唸り声を上げ、炭治郎に襲いかかる。 鬼と人との切ない物語__。

次の