ハーディ ガーディ。 Early Music Instrument Kit

●ハーディガーディを作ろう(キット編 UGEARS社製)CRANE Home Page クレーンホームページ

ハーディ ガーディ

鍵盤でを押さえることによって音の高さを変えて演奏します。 押し上げることにより弦に触れ、指を離すと自重でもとに戻ります。 ダイアトニックの楽器もありますが、はクロマティック鍵盤で音域は2オクターブ前後です。 最近のものにはもっと音域が拡大しているものもあるかもしれません。 私は1オクターブ半くらいしか使っていません。 半音刻みの鍵盤が2段をなして付いています。 調弦によって音名は変わりますが、開放弦をソとすると、下の段がソラシドレミファソ…という音階になり(いわゆる白鍵の役割)、上の段がそれ以外の音(黒鍵に相当)となります。 ここの図がわかりやすい。 キーボックスを後ろ(鍵盤と反対側)から見た図となります。 が擦って音を出す弦には大別して3種類があります。 常にすべての弦が演奏されるわけではなく、調や曲想により使用する弦の組み合わせを選択できます。 ・メロディ弦 chanterelle 鍵盤が付いており旋律を奏でる主要な弦です。 2本をユニゾンもしくはオクターブに調弦して同時に弾くことが多いです。 モダンな機種ですと、弦の数が増えて調によって切り替えたりします。 bourdonは低音、moucheは中音域を担当しますが、moucheを使用しないスタイルも多いようです。 ・トロンペット trompette ドローン弦の一種ですが、が付いており特徴的なリズム音を出すことができます。 その他に、金属製のが付属している機種もあります。 英語で Hurdy Gurdy と称されるこの楽器ですが、各言語、地域によって様々な呼び名があります。 例えば一口に横笛と言っても様々な種類があるのと同様に、ホイールを回し鍵盤で操作するこの形状の楽器も各地ごとに種々のスタイルがあったのだろうと想像しています。 当サイトでもこのタイプを「標準的な」ハーディガーディとして扱い、Hurdy Gurdy ハーディガーディもしくは Vielle と呼びますが、ハーディガーディという呼称を、円盤が弦を擦る楽器の総称として用いることもあります。 ハーディガーディ[Hurdy Gurdy]は、ハンドルを回すことにより円板の縁で弦をこすって音を出す擦弦楽器の一種です。 鍵盤により弦を押さえることで音階が出せます。 鍵盤の付いていない弦も複数あり、途切れることなく一定の音程で鳴り続けます。 この持続音(ドローン)が1つの特徴です。 発音原理は全く異なりますが、バグパイプと類似した音構成システムとも言えます。 ハーディガーディに属する楽器は、ヨーロッパ各地に様々なスタイルで存在していました。 うなり駒に乗った弦を持ち、ハンドルの回し方によってパーカッシブな効果を出すことができます。 これがまた1つの特徴となっています。

次の

●ハーディガーディを作ろう(キット編 UGEARS社製)CRANE Home Page クレーンホームページ

ハーディ ガーディ

これは半機械的な楽器で 弓の代わりに回転板が回って弦を押さえる仕組み。 鍵盤も少しついているので いくらか音階は出せるようです。 右手でハンドルを回し、左手で鍵盤を押さえる演奏スタイル。 偶然 NHK 『世界ふれあい街歩き』 という番組を観ていたら プラハの旧市街の広場で 辻音楽師の老人が このハーディ・ガーディの弾き語りを していました。 その味わい深いオリエンタルな響きに すっかり聞きほれてしまいました。 老人は ハーディガーディの うなるような低い音にあわせて まるで吟遊詩人のように歌います。 「その楽器は、なんですかぁ?」 「これはじゃな、ニニェラ というんじゃよ。 英語では ハディ・ガーディ、仏語では ヴィエン・ラ・ルー イタリア語では ラ・ギロンダ スペイン語では サンポニエ・・・じゃったかな」 「もともとは 中東の楽器でな、たしか9世紀ごろに伝わってきたらしいんじゃ。 」 このご老人 なかなかの博学です。 番組でも この楽器は ハンドルを回し、連動した木の円盤が弦をこすって音を出す との説明がありました。 こんなふうに 外国の街をぶらりと歩き そこで出会った人と自由に会話できたら どんなに楽しいことでしょう。 宗教画にハーディ・ガーディってめずらしい と思ったのですが なるほど 民衆の聖母 ということなので あえてハーディ・ガーディを登場させたのでしょうか。 右下の黄土色の衣装の男性が、奏でています。 これを覆すようなカードをゲットしてしまいました。 あらら 天使が しっかりハーディガーディを奏でていらっしゃいます。 ということは 天上の音楽を奏でる高貴な楽器 でもあるのですね。 たいへん失礼いたしました。 紀元前にまで遡るといわれる 歴史の古いチーズですが セミハードで とってもおいしいそうです。 カード情報では オルガニストルム という楽器。 これは 栄光の門 の楽器と ほぼ同じだわ と思いました。 この本での イタリア語の注釈では la ghironda (ギロンダ) となっていますが 英語の注釈では a hurdy-gurdy! やっぱり、ハーディガーディ! これで裏がとれました(笑) 中世では 二人がかりで 奏楽していたのですね。 ウィキペディアの記事にそって これまでの ハーディガーディの整理をしてみたいと思います。 ハーディ・ガーディは 弦楽器の一種で 貼られた弦の下を通るロジンを塗った木製の回転盤が 弦を擦ることで音を出す。 回転盤はヴァイオリンの弓と同じような機能を果たしているが ハンドルで操作されており 従って ハーディ・ガーディは一種の機械仕掛けのヴァイオリンともいえる。 胴は ギターやリュートの形をしたものが多い。 旋律は鍵盤を使って演奏される。 ほとんどのハーディ・ガーディには旋律弦の他にドローン弦があり 旋律と同時に常に持続音が響いている。 同じように ドローン弦をもつバグパイプ と似たところがある。 前述のテレビ番組で ご老人が演奏してくれた ハーディ・ガーディの音の感想を (もう まったく記憶にないのですが・・・) うなるような低い音 とか オリエンタルな響き とか 書いてあるのは きっと ドローン弦のせいなんですね。 ハーディガーディは 西ヨーロッパにおいて 11世紀以前に発生したと考えられている。 最も古い形態のひとつは オルガニストルムと呼ばれる ギター型のボディに 鍵盤(音域は一オクターヴの全音階)が設置された 長いネックを持つ 大型の楽器である。 オルガニストルムは 駒を共有する一本の旋律弦と ニ本のドローン弦をもち 比較的小さな回転盤を持っていた。 大型の楽器のため 演奏は2名で行われ 一人がクランクを回し もう一人が鍵を引き上げた。 この鍵を引き上げるという操作は難しく そのため オルガニストルムでは ゆっくりとした旋律しか演奏できなかった。 オルガニストルムのピッチ(音高)は ピタゴラス音律で調整されており 修道院や教会での合唱音楽の伴奏楽器として 主に使用されていた。 オルガニストルムの最古の表象物の一つとして スペイン ガリシア地方の サンティエゴ・デ・コンポステーラ にある 栄光の門の 二人のオルガニストルムを奏する彫像 があげられる。 やったぁ〜! 6721 6721 Elderly musicians with an organistrum in the keystone tympanum of the archivolt at the top of the tympanum on the Portico of Glory 2012・4・9入手 オルガニストルム ルネサンス期には ハーディ・ガーディは バグパイプと並んで高い人気があり ハーディ・ガーディの特徴である 短いネックと 角ばったボディー 湾曲したテール という形を獲得していった。 絵画に描かれた楽器に 『うなり駒』 が登場するのも この時期からである。 『うなり駒』 は ドローン弦の下にある非対称形の駒で 回転盤の速度があがると 駒の足の片方が持ち上がって響板から離れて振動し ブーンという うなりを発生させる。 うなり駒は トロンバ・マリーナという単弦の擦弦楽器から借用されたと考えられている。 ヒエロニムス・ボスの 快楽の園の楽器は うなり駒を持つ最古の画像である。 やったぁ〜! 7158 7158 BOSCH El Jardin de las Delicias Fragmento The Garden of Delights: Detail MUSEO DEL PRADO 2012・12・19入手 楽器 Scene4 ボッス音楽地獄 後期ルネサンスの ハーディ・ガーディ には 2つのタイプの外形が発達した。 一つは ギターに似たもので もう一つは リヴを持つリュートに似た丸いボディーのものである。 リュート型ボディーは 特にフランスの楽器に多くみられる。 17世紀末になると 音楽の趣味の変化と 多声を同時に奏することができる楽器が好まれるようになり ハーディ・ガーディは 最下層の地位に追いやられていく。 その結果 例えばドイツ語では 農民のリラ を意味する バウエル・ライアー 乞食のリラ を意味する ベットラーライアー などと呼ばれる。 5 cm ブリュッセル ベルギー王立美術館蔵 ラ・トゥール展 2005・4・12入手 ハーディガーディ が 初めてこの楽器を知ったのが この ラ・トゥールの絵だったので 楽器のヒエラルキー などと言ってしまいましたが 出自は 中世に誕生した ピタゴラス音律で調整された 高貴な楽器だったのでした。 逆に 18世紀には フランスのロココ趣味で 田舎風がもてはやされたことから 再び ハーディ・ガーディが宮廷に持ち込まれ 上流層の間で人気を博した。 この時期に 現在もっとも一般的なハーディ・ガーディの形である 6弦の ヴィエル・ア・ルーが確立した。 2本の旋律弦と 4本のドローン弦をもち ドローン弦を鳴らしたり消したりすることで さまざまな調に対応できるようになっている。 ウィキペディアには ハーディガーディは 西ヨーロッパにおいて 11世紀以前に発生したと考えられている。 とありますが 昔 テレビで見た プラハの辻音楽師の ご老人も 「もともとは 中東の楽器でな、たしか9世紀ごろに伝わってきたらしいんじゃ。 」 と おっしゃっていました。 「これはじゃな、ニニェラ というんじゃよ。 英語では ハディ・ガーディ、仏語では ヴィエン・ラ・ルー イタリア語では ラ・ギロンダ スペイン語では サンポニエ・・・じゃったかな」 ということでしたが 確かに ウィキペディアにも ドイツ語では ドレーライアー イタリア語では ギロンダ フランス語では ヴィエール(ラ ルー) ハンガリー語では ニェニェーレ チェコ語ではニニェーラ スロバキア語では ニネーラ です。 う〜〜ん あのご老人 本当に博学! すごいな〜〜。

次の

ハーディ・ガーディとは

ハーディ ガーディ

hayatoの響音窟 - 楽器の風景 - ハーディ・ガーディ 楽器の風景 楽器の世界は深い。 思い入れのある楽器を紹介していきます。 ハーディ・ガーディ Hurdy-Gurdy wheel fiddle ラ・トゥール「ハーディ・ガーディ弾き」 ハーディ・ガーディは中世ヨーロッパに起源を持つ、手回しヴァイオリン。 西欧、東欧、北欧とヨーロッパ全域に分布する楽器です。 起源は古く、11世紀ごろから使われ始めた、オルガニストゥルムという楽器が小型化し、ルネサンス期に一般化したものがハーディ・ガーディだと言われています。 Organistrum 音は実に特徴的で、ドローン弦を複数持ちバグパイプのような音を発します。 また、鍵盤を使うことも大きな特徴でしょう。 弓を使わない分、ヴァイオリンなどの擦弦楽器に比べて、細かい音楽表現の点では劣ります。 音色、性質ともにバグパイプと近いですね。 ハーディ・ガーディと同じような構造で、弓を使うものがスウェーデンのニッケルハルパです。 こちらはまた違った魅力がありますね。 非常に独特で魅力的な楽器ながらも、ドローン・騒音という和声的に扱いにくい性質を持つことに加え、調弦・整備が極端に難しい、という理由で最近まで事実上消滅していた楽器です。 20世紀中葉、アメリカを発端とする民族音楽復興運動の中で、その価値が見直され、現在では民族音楽に限らずなんとJAZZとの融合まで果たしています。 滋味豊かな音色をどうぞお楽しみください。 Matthew Szostak on Hurdy Gurdy and Bob Lucas on Guitar 瞑想的なドローン(通奏音)がトリップ効果抜群。 Herr Mannelig こんな楽器です。 Anxo Pintos この楽器良い音ですねぇ。 ハーディ・ガーディは個体差が大きい楽器でもあります。 vielle a roue solo : "ami, mon bel ami" ビリビリ鳴ってるのが「バズリング・ブリッジ」の効果です。 Andro - Dual Voice 超絶技巧ハーディ・ガーディ。 バグパイプに似ているというのが良く分かります。 Brook Symphony Hurdy Gurdy このような箱型の楽器もあります。 Rao Trio, El Sueter de Claudia 驚愕のハーディ・ガーディ・ジャズ・ロック。 かっこいい…。 購入者希望者向け情報 扱いの難しさから、初心者にはオススメできない楽器の一つ。 トの「」を読んでから購入を決心しましょう。 具体的な奏法などは「」が参考になるかと思います。 取り扱っている店舗は少ないですが、キット、完成品はで買えるようです。

次の