再生テープ。 無料テープ起こし支援ソフト一覧

韓国の再生テープを比較!ほくろ除去後に買うべきおすすめの再生テープはこれ|ぺきん美容チャンネル

再生テープ

私はミニトマトというか家庭菜園初心者なので、ミニトマトの茎が折れた経験はまだありません。 先日同僚初心者仲間が 「ミニトマトの茎が折れちゃってさ~、せっかく実がなってたのに」と落胆の声を上げていました。 しかしツイッターを見ていると ミニトマトの茎が折れてもテープなどで固定すると再生したという投稿が比較的目に付くことに気付きました。 さらに調べていくと、 YOUTUBEでテープ固定よりも折れた茎が再生しやすい固定方法があるという情報をキャッチ! 今回はそのYOUTUBEを参考にして、より確実に折れたミニトマトの茎を再生させる方法を紹介したいと思います。 ミニトマトの茎が再生する(かもしれない)ことは知られてないことも 私がそうだったように、ミニトマトの茎が折れたらそこで終了…経過をみるしかないという認識の方もいるかもしれません。 上のはツイッターでの投稿ですが、この方がその後再生を試みたかどうかはわかりませんでした。 他にも茎が折れて心折れたような投稿をいくつか見つけました。 折れたミニトマトの一般的な対処法 折れたミニトマトの茎の対処法としては2つの方法が多いようです。 テープなどでまっすぐ固定 ミニトマトの茎が折れたときの対処法としてツイッターで最も目に付いたのは、 「マスキングテープなどで固定」する方法でした。 でもテープ固定で再生したという投稿も多いようです。 YOUTUBEでもテープで巻くだけで良いというものが一般的です。

次の

昔とったミニDVが再生できない

再生テープ

3です。 稀にOKのテープもあると言う程度です。 逆にSPモードなら殆ど大丈夫です。 経験上、機器の違いで互換性が無かった事はないです。 ただ、LPの互換が取れない事で起こる問題でも、全く映像が認識されない様な状態は普通起こりません。 大量のブロックノイズが出たり、音声が途切れたり、映像/音声が1. 5倍速再生の様になってしまう等が多いです。 しかし、全く映像がでない状態で機器が壊れてないと言うなら、結論自体はNo. 3回答と同じで、ヘッド汚れの可能性が経験上は一番高いです。 ヘッド磨耗の状況次第では、クリーニングテープ再生時間を長くしないと、なかなか改善しない場合もあります。 尚、クリーニングテープは、SONY製、松下製の両方を試した方が良いかもしれません。 松下製の方が効果が高い様な印象があります。 DVテープの時間経過で、DVテープ側が劣化して全く再生できなくなる経験は皆無です。 でも、再生する側のヘッドの汚れが原因で、全く再生できない事は普通に起こります。 特にSONYの製品はヘッドの汚れにシビアです。 勿論そうなるとタイムコードも-:- -:- -:- -のままでカウントされません。 ブルーバックONであればブルー画面、OFFであれば未録画テープと同じ状態 砂嵐 になります。 その場合、以下の様なクリーニングテープを使えば、殆どの場合、改善します。 長年、ヘッドクリーニングしていないなら、規定 10秒 より長めに使って見て下さい 20秒位。 ただ、ヘッドが汚れた状態で録画してしまったテープは、記録上も問題 ブロックノイズかそれ以上 が起こってる可能性もありますので、その場合は諦めてください。 録画直後には問題なく再生できた場合は、殆ど大丈夫だとは思いますが。 製品を買い換えた場合、例え同じメーカでもLPの互換性は保証されません。 再生して互換が無ければ、打つ手無しです。 SPであれば殆ど問題ないです。 厳密に言うと、SPでも少しズレている事は変わりないので、先ほど言いましたヘッド汚れによる映像乱れの影響が出る率は早くなる可能性は否定できません。 尚、私の経験はカメラの話ではなく、SONY製のWV-DR9,WV-D10000,DHR-1000、松下製のNV-DV10000等のDVテープ使用の家庭用ビデオデッキでの経験です。 上記の殆どを複数台所有して、大量のDVテープ 標準DV,miniDV を数年間使用した経験上の話です。 松下製のNV-DV10000よりもSONY製品は全般的にヘッド汚れ時の再生されない影響度が大きいですし、LP互換もシビアです。 勿論、既にヘッドの消耗が進行している事も大きな理由の一つです。 恐らく、DVカメラでも同じ傾向にあると思いますが、厳密に言いますと、DVカメラでの経験は私自身は少ないです。 DVカメラのメカ部はビデオデッキ程上等に作ってませんので、メカ部での歪み等で、既に互換が取れなくなっている 特にLP 可能性も否定できないので、ヘッド汚れ以外の可能性もあります。 今でもDVデッキは大量に所有しています 殆ど休眠中ですが)ので、そのテープの再生を試して、ダビングしてあげたい所ですが.... Q 現在,miniDVテープを100本程度持っています。 最近では,これを再生できる機械が少なくなったので,ビクターのSR-DVM70というビデオレコーダーを購入して,このテープをDVDにダビングして,保存しています。 ところで,今年の正月にこのDVDを再生してみたところ,かなりの枚数のDVDがパソコンで読み込めなくなっていました。 DVDの保存方法がよくなかったのかもしれません。 しかし,3年前にダビングしたのがもう劣化しているという事実を見て,他の保存方法を検討しなければならないと感じました。 ついては,次の2つの方法を考えています。 1つは,今までどおり,miniDVテープをDVDにダビングする方法です。 今度は,保存方法に気を付け,高温多湿を避けるというものです。 この方法は簡単なのですが,miniDVからDVDにダビングする段階において,画像が劣化している可能性があること。 さらに,DVDの画像を更にパソコンに取り込んで保存しようとした場合,更に画像が劣化するのではないかという不安があります。 他の1つは,miniDVのデータを直接パソコンに取り込んでファイルとして保存する方法です。 この方法のいいのは,AVI形式のファイルにすることができるので,パソコンを使用すれば,見たい映像を速やかに探しだすことができることです。 DVDだと頭出しが大変ですし,早送りにも時間がかかります。 ただし,私のパソコンには,DV端子がついていないので,DV端子のついたボードを購入する必要がある点で初期投資が必要です。 ヤフーオークションには,10000万円以下のボードが出品されていますので,これを利用する方法を考えていますが,実際にどのようなソフトを使用して,どのようにしてパソコンに取り込むのか。 また,ドライバーとソフト連携はとれているのかなど不安材料があります。 もし,手軽にPCに取り込むことができるのであれば,この方法を利用したいと考えています。 なお,現在使用しているパソコンのCPUは,自作でcore i7 3770Kですので,処理能力の点ではあまり問題ないと考えています。 以上,なんでも結構ですので,アドバイス願います。 現在,miniDVテープを100本程度持っています。 最近では,これを再生できる機械が少なくなったので,ビクターのSR-DVM70というビデオレコーダーを購入して,このテープをDVDにダビングして,保存しています。 ところで,今年の正月にこのDVDを再生してみたところ,かなりの枚数のDVDがパソコンで読み込めなくなっていました。 DVDの保存方法がよくなかったのかもしれません。 しかし,3年前にダビングしたのがもう劣化しているという事実を見て,他の保存方法を検討しなければならないと感じました。 ついては... A ベストアンサー SR-DVM70にはDV端子(IEEE1394)があるのでPCにDV端子(IEEE1394)があればそこから なければIEEE1394の増設カードを取り付ければ直接PCに取り込めると思います。 IEEE1394のカードは10000万もしません、安いものだと2千円以下です。 aspx? PCにIEEE1394ボードを増設してminiDVの動画をPCに取り込んだ。 goo. Q 先日、デジタルビデオカメラで撮影した娘の成長の記録をふと再生すると、音声がほとんど途切れて聞こえず、画像も時々ノイズが走っていました。 大切なビデオなので、どうしても修復したいのですが、むりなのでしょうか? 最初はビデオカメラの問題と思いましたが、最近撮ったものは再生に問題ありません。 ミニDVテープをLPモードで撮影後、2~3年ほど箱に縦に並べて棚に入れていました。 これほど早く劣化するとは思っていませんでした。 テープは見た目にはカビが発生しているようにも思えませんが、インターネットではカビを除去する業者もあるようで、頼んだらいいのか迷ってもいます。 また、何度か再生している中で、途切れていた音声の聞こえる部分が長くなることがあります。 全く修復方法はないものなんでしょうか? A ベストアンサー 私はDVテープを1000本以上保管していますが、 ある時期、某メーカーのDVカメラでLPモード記録したテープは、 テープの微妙な収縮や伸びの影響をモロに受けて、再生が変です。 ビデオカメラの走行メカはヤワで、デジタル補正能力も貧弱ですから、 どうしても業務用DVデッキの出番となります。 ビクターのSR-DVM700ならある程度再生時補正してくれます。 (15万円くらい) ソニーのDHR-1000は業務用ではありませんし、LPモードには未対応ですが、実際は再生できますし、走行系統がちゃんとしているので、カメラで再生するより補正がかかって見られるようになります。 生産終了品ですが、中古で10万円くらいです。 (同じ構成で記録モードが異なる業務用が存在します。 ) これらを所有している人を見つければ、完全ではないにせよ、なんとかなるかもしれません。 事実、所有している私が何回か友人や電気店から依頼されて、他のDVテープに移動させるときに活躍しています。 もちろんSPモードに変換しています。 Q ミニDVテープ(ハイビジョンでない)をパソコンを使い劣化無しでHDDに取り込む方法を教えてください。 DVDにすると画質が劣化すると こちらの投稿で 頻繁に言われているので DVDにはしません。 近い将来デスクトップのもっと高性能なパソコンを購入し 編集するかもしれませんが 現在手持ちのパソコンでは編集を考えていません。 とにかく画質劣化無しで丸々HDDに取り込みたいのです。 現在手持ち機材は 富士通LOOX T75L/T(05年夏モデル) CPUペンティアムM753 1.2GHz メモリー1GBがあります。 外付けHDDはバッファローHD W2.0TIU2/R1 容量2TBを準備する予定です。 これ以外に東芝VDVレコーダーRD-X5,RD-X6があります。 ミニDVはソニーDCR-PC10(97年モデル)で 60分テープをLPモードで録画して90分として取り貯めたもので約100本あります。 ミニDVテープの再生はこのDCR-PC10を使おうと思います。 1)上記機器で劣化無しでHDDに取り込めるでしょうか? もし上記機器では劣化無しでは取り込めないが 追加機器またはソフトの追加があれば 可能であれば あと何を準備すればよいのか教えてください。 2)もし 劣化無しではHDDに取り込めないとすると 劣化最小限になる取り込み方法を教えてください。 3)HDDに取り込んだ後の再生方法で一番劣化がない(少ない) 再生方法はどのような方法でしょうか? 4)一度HDDに取り込んだ映像情報をHDD以外に劣化無しで 保存する方法はどんな方法がありますか?(除くミニDVへの記録) 以上たくさんの質問で申し訳ありませんが どなたか ご教授を よろしくお願いします。 追伸 私はパソコン操作にそんなに自信がないので簡単な方法があれば 出来るだけ簡単な方法を教えてください。 ミニDVテープ(ハイビジョンでない)をパソコンを使い劣化無しでHDDに取り込む方法を教えてください。 DVDにすると画質が劣化すると こちらの投稿で 頻繁に言われているので DVDにはしません。 近い将来デスクトップのもっと高性能なパソコンを購入し 編集するかもしれませんが 現在手持ちのパソコンでは編集を考えていません。 とにかく画質劣化無しで丸々HDDに取り込みたいのです。 現在手持ち機材は 富士通LOOX T75L/T(05年夏モデル) CPUペンティアムM753 1.2G... A ベストアンサー 確かにDVD-Videoにすると有る程度は劣化しますが、設定さえきちんとしていれば神経質になるほど劣化しません。 無劣化で取り込む場合容量も問題になります。 DVテープはDVコーデックで録画されますが、これは圧縮率が低く90分なら約20GBのHDD容量を消費します。 2TBのHDDを用意されるようですが、若し100本を越えていると容量が足りなくなり追加が必要になります。 2TBと表記されていても実質使える容量はもっと少ないですから。 そして取り込み時間も再生時間と同じだけかかりますから単純計算でもパソコン、ビデオカメラを連続で無休で1週間くらいかかることになります。 実はこれって結構問題なんですよ。 実際私もビデオカメラのソースでは有りませんが、VHSとBetaのビデオテープを取り込んでいるのですが、同じように100本以上あるため既に数年たった今もまだ終わっていません。 思い立ったら数本ずつとか進むんですけど、やらなくなると全く進まない。 やるなら間を空けずにと云うのが経験者からのアドバイスです。 adobe. 別名はFireWire、iLink、DV端子と云うものです。 DVテープのビデオカメラの場合殆どがDV端子を搭載しています。 hardware-one. jpg これは6ピンのポート。 smelectronics. jpg これは6ピン及び4ピンのケーブル。 howstuffworks. jpg これがビデオカメラ側のポート。 これを見れば接続方法は解ると思います。 接続してムービーメーカーなどのソフトを立ち上げてビデオカメラを再生してパソコンに取り込みます。 確かにDVD-Videoにすると有る程度は劣化しますが、設定さえきちんとしていれば神経質になるほど劣化しません。 無劣化で取り込む場合容量も問題になります。 DVテープはDVコーデックで録画されますが、これは圧縮率が低く90分なら約20GBのHDD容量を消費します。 2TBのHDDを用意されるようですが、若し100本を越えていると容量が足りなくなり追加が必要になります。 2TBと表記されていても実質使える容量はもっと少ないですから。 そして取り込み時間も再生時間と同じだけかかりますから単純計算でもパソコ... Q Sharpの家庭用DVカメラを愛用しています。 最近なんですが、録画したものを再生していると動きの激しいところでブロックノイズが発生し、映像が使い物にならなくなってしまっています。 (車載カメラとして使っていますが、小さいブロック状のものが大量発生します) 最初、LPモードのせいかと思ったのですが、SPにしても時間が経つとダメ、共に新品80分テープを使っています。 ヘッドの汚れのせいかとも思ったのですが、クリーニングをいくらやっても改善しませんでした。 ちなみに、ノイズは帯状に集団発生しています。 試しに他のデッキでも再生してみるつもりですが、多分録画時からこうです・・・。 コレはもう買い換えしかないのでしょうか? A ベストアンサー テープが補正が聞かない程劣化したぐらいが妥当な原因でしょうか。 ちなみに他の再生機でも試してみましょう。 それでもダメなら大切なデータはかならずバックアップする・・2つにダビングしておく・・ようにして、完全に写らなくなる前にコピーしておきましょう。 デジタルビデオ・・DVといえど、テープはシビアな物で、湿気とかには弱いです。 アナログテープはテープが悪くなると徐々にノイズが現れてきますが、デジタル方式のDVは、突然映像が壊れます。 (細かいノイズ程度は補正して正しく表示できるので突然のように感じるだけです。 ) もしかしたらなんとかなるやも知れませんが、そんな状態になってしまっては、元に戻すのは難しいと思います。 A ベストアンサー 直接の回答ではないのですが・・・ 私も一度大切なテープにカビが生えてどうにかならないものかと思案したことがあります ふつうのデッキで無理に再生しようとすれば、絵も出ず音も出ずヘッドに深いダメージを与えてしまうだけなんだけど、ダメもとで古くて壊れても惜しくないフナイのデッキで再生したところ、なんの問題も無く再生できました 見た目にもダメそうなカビがびっしり生えたテープを数本試しても何事もなく再生できました 音声はモノラルなんだけど、そのデッキでダビングしてカビテープを救えたことがあります なぜなのか理屈はわかりませんが、カビに異常に強いデッキが存在するのは事実です 古くてボロくて壊れてもいいデッキがあれば一度試してみてはどうですか?成功する保証はできませんが・・・ A ベストアンサー 残念ながら、まず無理なのは、質問のタイトルにある「簡単に焼く方法」と言うことと、「必要な部分だけ取り出し、映画のチャプターを選ぶようにサムネール画像で選択しながら見たい」ということに大きな矛盾があります。 100本以上もあるミニDVから「必要な部分だけ取り出す」ということだけで大変な作業となりますので、以下のどの方法がご自分にとって「簡単」の範囲なのかご判断されると良いでしょう。 ご要望のことを実現するために必要な作業を整理すると、以下のようになります。 1.「必要な部分だけを取り出す」 2.「サムネール画像の選択」 3.「ハイビジョン画質のミニDVも同様に扱う」 これらの実現方法は以下の通りです。 必要な部分だけ取り出すためには、映像を編集する必要があります。 映像の編集で最も一般的な方法はPCに取り込み(これをキャプチャーという)、編集ソフトを使って不要部分を切り取ります。 このためには、DV端子が付いたPCが必要になります。 キャプチャーはテープの録画時間と同じ時間がかかりますので、100本もあればかなりの時間がかかるでしょう。 キャプチャーした映像は、DV-AVIという形式のファイルになります。 1時間で約13GBの巨大なファイルです。 DV-AVIというファイルは、miniDVテープと同じ記録方式なので無劣化の画像です。 この無劣化の状態で編集を行いますが、ファイルサイズが大きいので、それなりのスペックのPCが必要でしょう。 不要部分を削除して、必要な部分だけ残したファイルが完成したら、次にDVDやBD Blu-ray の形式に変換します。 この変換をエンコードと言います。 DVDの記録方式はMPEG-2というファイル形式です。 BDの場合、MPEG-2 TS またはAVCHDという形式にエンコードします。 記録形式を変換するため、ここで画質劣化が発生します。 この部分は、使うソフトウェアの良し悪しや、設定などによって出来上がりの画質が違ってきます。 MPEG-2の場合は、独特のノイズが出ます。 このノイズを抑えるためには、できるだけ高画質になる設定でエンコードしますが、その分時間がかかります。 また、エンコードには高いPCスペックが必要です。 エンコードで最も定評の高いソフトウェアであるTMPGencの場合、CPUがCeleronでクロックが2Ghz以下のパソコンだと、1時間の映像を最高画質でエンコードするように設定すると10時間はかかります。 Pentium4のPCでも、5~6時間はかかるでしょう。 複雑な設定をせずに、できるだけ早くエンコードするように設定すると、その分画質は落ちますが3時間ぐらいです。 高画質にエンコードしたいなら、1本の1miniDVに半日費やすか、腕の良いダビング業者に頼むかどちらかです。 そうすると、前出のMPEG-2独特のノイズはほとんど気にならないレベルで仕上がるでしょう。 エンコードが終われば、「サムネール画像を選択」して、メニュー画面を指定しDVDディスクにデータを書き込みます。 この作業をオーサリングと言います。 オーサリングはエンコードと別のソフトになっているものもありあます(1つのソフトでエンコードとオーサリングができるソフトもある)。 オーサリングは、複雑なメニューを作らない限り、1時間の映像だと1時間前後で出来るでしょう。 これでご要望のDVDが完成します。 ちなみに1時間撮影したminiDVテープをDVDに納めるためには、上記のすべての時間がかかりますので、1~2日作業だと考えてください。 はっきり言ってかなり大変です。 「映像遊びは、金と時間がかかる」と言われるように、時間的余裕があってハイスペックなPCを購入するなど、かなり投資しないとできないです。 なお、この方法に挑戦されるなら、CPUがCore2 DuoのPCをお持ちのことを前提に、ソフトはCyberLink の PowerProducer を使われると良いでしょう。 DBに焼きたいのであれば、別途DBドライブを購入します。 これ以外の方法だと、以下の2つです。 レコーダーで不要部分を切り取りDVD(BD)に焼きます。 この場合、エンコードやオーサリングはレコーダーがやってくれますのでPCで行うより手軽です。 ただし、DV端子(iLINK端子)付きのレコーダーが必要です。 2、DVD-RWのVRモードで丸ごとダビングする 通常のDVD-R(ビデオモード)の場合、DVD作成後に編集できません。 ところが、DVD-RWにVRモードでダビングしておくと、DVD作成後に編集することができます。 この編集は、映像はHDDやPCに取り出してから行うのではなく、DVDディスクのままで編集できるので、最も手軽です。 私の場合、miniDVテープが大量にあったので、DVD-RWにVRモードでダビングしてくれる業者を探し、そこにお願いしてminiDVテープを全て丸ごとDVDにしてもらいました。 プレイリストを作っておくと、見たい部分だけ抜き出すことができますし、それ以外の部分もディスクに残っているので、後で別の部分を見ることもできます。 なお、Ulead から DVD DiskRecorder2というVRモード編集用の1万円ぐらいのソフトも出ています。 いちいちHDDにデータを取り込む必要がないので、手軽に編集できます。 なお、ハイビジョンの映像は、ブルーレイのBDAVという形式でダビングしてもらいます。 こうすると同じくプレイリストなどが作れます。 ちなみに現在市販されている機種のほとんどはVRモードに対応しています。 おそらく、最も「簡単」な方法は一番最後のやり方です(ただし、VRモードのメニュー画面は再生機に依存するので、サムネール画像は無理かも)。 一度テストでminiDVテープを1本出してみて、どんなものか試してみると良いでしょう。 残念ながら、まず無理なのは、質問のタイトルにある「簡単に焼く方法」と言うことと、「必要な部分だけ取り出し、映画のチャプターを選ぶようにサムネール画像で選択しながら見たい」ということに大きな矛盾があります。 100本以上もあるミニDVから「必要な部分だけ取り出す」ということだけで大変な作業となりますので、以下のどの方法がご自分にとって「簡単」の範囲なのかご判断されると良いでしょう。 ご要望のことを実現するために必要な作業を整理すると、以下のようになります。 1.「必要な部分だ... A ベストアンサー Panasonicが言うところの「DV端子」とはIEEE1394のことですね(SONYのi-Link、MacのFirewireも同じ規格に独自の愛称を付けただけで同じモノ)。 過去にIEEE1394をUSBに変換するアダプターもあったけど今は入手困難。 ま、動作保証のないイロモノに近い商品(動作しなくても不思議じゃない、動けばめっけ物程度)だから、運良く見つけることが出来ても解決するとは思えない。 となると、新しいPCにIEEE1394インターフェイスを増設することになるけど・・・これも一筋縄ではいかなそう・・・ 半ばビデオ専用端子と化して採用したビデオカメラが多かったIEEE1394だけど近年はUSB端子に置き換えられて、すっかり廃れた規格になってしまい、パソコン側の対応も少なくなっている。 増設するにも旧規格となったPCIバス、PCカード(CardBus)対応品が殆どで、最近のパソコンに採用されたPCI-ExpressやExpressCardに対応したIEEE1394インターフェイスは殆ど無い・・・現在入手可能な製品もあるけど、安易にお勧めできかねるブランドのモノなので紹介することはしません(そのブランドは、自分で検索できることが最低の条件か と)。 解決につながらないことをウダウダ書き込みましたが・・・ >何か良い方法はありませんか。 最低限、パソコンの型番が無いと具体的な解決策の提示も出来ないんじゃないか と。 Panasonicが言うところの「DV端子」とはIEEE1394のことですね(SONYのi-Link、MacのFirewireも同じ規格に独自の愛称を付けただけで同じモノ)。 過去にIEEE1394をUSBに変換するアダプターもあったけど今は入手困難。 ま、動作保証のないイロモノに近い商品(動作しなくても不思議じゃない、動けばめっけ物程度)だから、運良く見つけることが出来ても解決するとは思えない。 となると、新しいPCにIEEE1394インターフェイスを増設することになるけど・・・これも一筋縄ではいかなそう・・・ 半ばビデオ専用端子と... Q 今13歳になる子が生まれたとき買ったソニーの8mmのビデオカメラで撮りためた成長記録がたくさんあります。 ビデオカメラの方はとっくにこわれ、家では8mm用のビデオデッキ(やはり10年物のソニー製)を愛用してました。 ところが先日テープがでなくなり故障。 聞くところによるともうデッキは生産されてないし、なおせたとしても何万もかかってしまうらしい。 あわててDVDレコーダーを買ったのでもう8mmデッキは不要なんだけど、この撮りためたテープが見られない。 すごくこまってます。 8mmからDVDにダビングしてくれるところとか、数日8mmデッキを貸してくれるところとかってあるんでしょうか? それにしてもソニーさん、ひどいよ。 8mmビデオデッキ生産中止するんなら、ソニーでそのぐらいのアフターサービスしてよってかんじです。 A ベストアンサー 当方も同じように8mmビデオデッキが壊れ、膨大な量の8mmテープの処理に困ったことがありました。 いまでも注文生産(6万円弱)ですが8mmビデオデッキは発売しているようです。 ただこれからは必要がないと思われますので無駄ですね!単純にDVDレコーダーDVD-R等への保存でしたらヤフーオークションで中古品の8mmビデオデッキが5000円~15000円で取引されていますよ!当方は7000円程度本当に再生が出来るものを落札購入しDVD-Rに保存しました。 中に結婚式のテープがあったのですが同じくヤフーのオークションで8mmからDVD-Rへの保存を請け負ってくれる業者?さんに1本1200円ぐらいだったとおもいますが依頼しました。 *あくまでも重要なものでなければちょっと高いかな?と思いましたが参考までになれば幸いです。 ヤオフクのHPをURLに入れておきます。 yahoo. 最も手っ取り早いのは「ブルーレイレコーダー」のハードディスクにます録画することです。 その後で、不要な部分があればカットしたり、簡単な編集をしてBDにコピーします。 その際、「ブルーレイレコーダー」がPanasonicの場合はIEEE1394(別名i-LINK)端子があると思いますので、専用のケーブルで繋げば、劣化の少ない画像が取り込めます。 (ブルーレイレコーダーの録画モードに依存) IEEE1394端子がない場合は、先の回答にあるように「赤・白・黄色」のケーブルで繋いで、アナログ信号を受けることになりますが、この場合はブルーレイレコーダーの録画モードを上位にしても、アナログであることから画質の劣化は避けられません。 パソコンの上級者というか使い慣れた方なら、IEEE1394で取り込んで編集した後BDに焼くのが出来上がりは良くなりますが、失礼ながらこのご質問を読む限りではムリかもしれませんね。

次の

カセットデッキが再生途中でストップします

再生テープ

韓国では、再生テープは女子のマストアイテムでニキビケアに使用したり、 ほくろ除去後に使用したりとっても一般的なアイテムです。 実はこの再生テープを使った治療法は 湿潤療法といわれるものです。 湿潤療法は、傷を乾かさず、潤わせた状態で治療する方法で、 痛みも少なく、しかも、傷跡が残りにくくきれいに早く治ると言われています。 傷口から出る滲出液には、傷の治りを早める成分が含まれています。 滲出液を保ち、適度な湿潤環境を維持することで皮膚の自然治癒力を高めます。 から引用 私が再生テープを試して驚いたのは、 かさぶたにするよりも治るのが早く感じたこと。 韓国で施術する前に一度日本の美容皮膚科でもほくろ除去したのですが、 その時は術後、化膿止めの軟膏を塗って医療用テープを貼っていました。 韓国のアビジュークリニックでほくろ除去をした記事はこちら あわせて読みたい でも結局、傷が乾いてかさぶたになってしまってきれいに治るまでに時間がかかりました。 今回、再生テープを貼っておくとかさぶたにならずにピンクの皮膚がはるので、 治る過程でもあまり目立たないのも嬉しかったです。 また、 うっかりつぶしてしまったニキビや吹き出物も再生テープは使えます。 再生テープの張り替えはいつ?韓国のクリニックで言われたこと 再生テープを貼ったままにしていると、白くぷっくりと膨らんできます。 白く膨らんだら浸出液を吸い取った証拠なので、替え時です。 ほくろ除去やレーザー治療後は、浸出液が多く出るので、大きめの再生テープを使ってはがれにくくします。 あまり小さい面積だと浸出液で浮いてきたり、お風呂に入った時にはがれやすくなるので注意が必要です。 韓国のクリニックでは、ほくろ除去した後は 2~3週間再生テープを貼ったままにしてくださいと言われました。 ほくろ除去したあとにも使える再生クリームの記事やほくろ除去後に気をつけるべき点について書いています。 ただ、粘着力は弱めなため、お風呂で濡らすと張り替えが必要になるかも。 近くで見ると貼っているのはわかるのですが、遠目からだと気づかれにくいタイプです。 化粧するとより自然な感じになります。 韓国では、再生テープを貼っていても特に気にされないのですが、 日本だと「それ何?」って感じで見られたり聞かれたりすることが多いので、 私はなるべく目立たないのを使用していました。 水にも強いと感じました。 韓国で再生テープを購入したところ 先ほど紹介した再生テープは 韓国の有名なドラッグストア「オリーブヤング」や明洞の薬局で購入しました。 価格はそれぞれ 日本円で500円~800円くらいの価格だった気がします。 値段が曖昧で申し訳ないですが、日本で売っているハイドロコロイド素材のテープと比較すると たっぷり使える量が入っているので断然コストパフォーマンスが高いです。 日本では絆創膏の形のものは見かけますが、なかなか大判のタイプは売っているのを見かけません。 明洞のダイソーでも紹介したものとは違いますが再生テープは売っていました! 日本からは今のところ紹介した再生テープは入手することは難しいようなので、韓国に行く人は是非チェックしてみてください。 【追記】 Qoo10で私が試したものと同じ再生テープが売っていました!.

次の