お盆 帰省 2020。 2020年のお盆の期間はいつ?お供えや飾りから由来まで徹底紹介

【2020年最新情報】お盆の高速道路料金割引は何がある?渋滞・混雑回避するには?

お盆 帰省 2020

ぱぱっと見るならココ• 2020年のお盆(旧盆)の日程は8月13日~16日 年 お盆の入り(迎え日) 中日 盆の送り(送り日) 2020年 8月13日(木) 8月14日(金)・15日(土) 8月16日(日) 旧盆などとも呼ばれる8月のお盆。 新暦(太陽暦)が導入された明治以降、7月がお盆期間と定められたものの、農村部では仕事が忙しくてお盆のお参りなどができなかったことから、旧暦のお盆である今の8月をお盆期間としている地域が多いのだそうです。 一般的な企業のお盆休みの期間もこの時期なので、夏休み=お盆休みというイメージが定着してますね。 2020年新暦のお盆期間 ちなみに、新暦の7月をお盆期間とした地域では、2020年のお盆期間は7月13日(月)~16日(木)になります。 年 お盆の入り(迎え日) 中日 盆の送り(送り日) 2020年 7月13日(月) 7月14日(火)・15日(水) 7月16日(木) 東京や一部地域では、新暦のお盆期間である7月13~16日にお盆を迎えることが多いようです。 お盆休みにお墓参りをするならいつが良い? お盆休みを利用してお墓参りに行く一番ベストな日程は お盆の入りの8月13日 です。 お盆の入りというのは、ご先祖様があの世から現世に帰ってくる日のことで、お盆の入りにはご先祖様の霊をお墓に迎えに行って、一緒に家に帰るという習わしがあります。 14日・15日は「留守参り」といって、お墓にはご先祖様は不在だけれど、その間は神様や仏様がお墓を守ってくれているので、その御礼にお参りをする、という意味があるそうです。 16日はご先祖様霊が無事にあの世に帰れるようにお見送りする日です。 お盆にお供えするものは、五供(ごくう・ごく)と呼ばれるものです。 五供とは、「香・花・燭台・水・飲食」を指します。 亡くなった人は香りを食べると言われているので、お墓に供える食べ物や飲み物も、香りをお供えするつもりで、お墓参りがすんだら持ち帰るのが基本です。 仏壇にもおなじように、個人が好きだった食べ物や仏花、そしてお線香を備えましょう。 お盆の期間中には、菩提寺のお坊さんがお経を上げにくる場合がありますので、お盆の飾りがないと寂しくなっちゃいます。 仏壇の前に小さなテーブルを出し、白いクロスを引いておきましょう。 その上に季節の果物やお供えもの、お花、線香台やお輪などを配置しておきましょうね。 お盆飾りに「きゅうりの馬とナスの牛」を用意してみよう 送り火をする習わしと同じで、先祖の霊に乗ってもらうための乗り物として伝わっているのが「きゅうりの馬」と「ナスの牛」です。 地域によっては、今も作って飾られていると思います。 きゅうりの馬は足が速いので、亡くなったご先祖様に早く帰って来てもらうために供えます。 ナスの牛は足が遅いので、ゆっくりとあの世へと戻るように、という願いがこめられています。 (牛に荷物を引かせた、という説もあるようです).

次の

2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?|終活ねっとのお坊さん

お盆 帰省 2020

お盆期間はいつ? お盆とは? 年末年始やゴールデンウィークと並ぶ、夏の連休であるお盆休みですが、本来のお盆とは、亡くなった方やご先祖様の霊魂を供養する期間のことです。 お盆の時期には、浄土にいる霊魂が、生前過ごしていた地上に帰ってくるといわれているからです。 お盆の期間は、一般的に8月13日から8月16日までの4日間とされていますが、地域によって異なります。 2020年のお盆休みはいつ? お盆のスケジュール 2020年(令和2年)のお盆休みは、8月13日(木)~15日(土)が休みとなる会社も多いようですが、8月13日(木)から8月16日(日)の4日間になる予定です。 本来、開催される予定であった2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の円滑な開催のため、2020年に限り、祝日である「山の日」が8月11日(火)から8月10日(月)に変更されました。 それにより2020年8月8日(土)から10日(月・祝)までが3連休となるため、有給休暇を使って9連休を取る方もいるかもしれませんね。 新型コロナウイルス感染拡大で、東京オリンピックが来年に延期されたことによって、「山の日」が例年通りの11日に戻されるのではないかという話題もありましたが、2020年5月現在、そのような発表はありません。 >>詳しくはこちらもどうぞ。 お盆のお供え・飾りのルール お盆のお供え物・飾り物として「五供(ごく)」と呼ばれる基本的なものがあります。 五供には、「香(こう)」「花」「灯燭(とうしょく)」「浄水」「飲食(おんじき)」があり、帰ってきたご先祖様をお迎えするために用意するお供え物です。 他にも、鬼灯(ほおずき)や、キュウリと茄子で馬と牛をかたどった「精霊馬」などがあります。 >>詳しくはこちらもどうぞ。 「迎え火と送り火」ってなに?提灯を飾る意味は? お盆の始まりと終わりに迎え火と送り火という、ご先祖様を迎えて送り出す風習があります。 ご先祖様の霊魂が迷わずに帰って来られるように行うのです。 迎え火はお盆が始まる13日の夕刻に、送り火はお盆が終わる16日に行います。 ) 迎え火、送り火をする際には、家の門口や玄関で素焼の平皿である焙烙(ほうろく)に「おがら」という麻の茎を折ってつみ重ね、火をつけて燃やします。 迎え火、送り火は火を扱うため、マンションなど火を扱いづらい建物など、住宅事情によっては行うのが難しい場合には、盆提灯を使うとよいでしょう。 盆提灯が迎え火、送り火の代わりとなり、目印となってくれます。 詳しくはこちらもどうぞ。 >> お盆は3つあるって本当? 私たちは「お盆」と呼んでいますが、新暦のお盆、月遅れ盆、そして旧暦のお盆の3つに分かれます。 新暦のお盆は、カレンダーの7月15日を中日に、7月13日から16日までの期間です。 月遅れ盆というのは、ひと月遅れのお盆で、8月15日を中日に、8月13日から16日のお盆です。 お盆休みもこの期間に合わせられています。 最後は旧暦のお盆です。 こちらは旧暦の7月15日を中日にしたお盆で、その年によって日にちが異なります。 農業が忙しい時期を避けたり、地域の産業に合わせる、旧暦のお盆の時期に合わせるなど、地域によってさまざまなお盆の時期があるようです。 今年2020年は新型コロナウイルス感染拡大により、例年通りのお盆休みとはいかないかもしれません。 感染に注意しながら、可能な範囲内でご先祖様や故人を偲び、供養を行うこととなるでしょう。 今の自分があるのもご先祖様のおかげ。 感謝の気持ちとともに準備をし、お盆を迎えたいものですね。 詳しくはこちらもどうぞ。

次の

夏休み2020 帰省する?自粛継続?アンケート調査結果

お盆 帰省 2020

下記クリックで好きなところに移動• 2020お盆休みコロナの影響でどうなる? 2020年のお盆休みはいつからいつまで? 大きく2パターンあります。 8月8日(土)〜16日(日)までとれる9連休の人• コロナウイルスによって全国各地の夏のイベント・お祭りも中止に…。 2020お盆休みコロナの影響・帰省できる?できない? 各都道府県内の移動ではなら帰省はできるが… 2020年5月現在、緊急事態宣言が実質的に緩和された状態になりました。 一部都道府県を除き、県内移動ならOKといった風潮になっています。 そのため、県内での帰省は十分できる可能性が高いです。 ただし逆を言えば「県境を越える移動の自粛解除」はまだ先が見えず、• 北海道 など、「お盆休みだからこそ長距離移動できる」と考えている人たちの多い都市では自粛解除の発令次第となりますが、経済的理由で緩和が加速されて帰省できる可能性は上がってきてます。 しかし、お盆の帰省ともなると、新幹線・飛行機の予約、場合によっては宿泊先の確保も必要になるので6月いっぱいに新型コロナウイルスに関する動向が見えない限りは「帰省は難しい」と考えておく方が良いのかもしれません。 お盆も「オンライン帰省」の可能性 家ではもう「今年はもう何も出来ないだろう」と言う話が出てて「お盆もオンライン帰省」「オンライン忘年会」「リモート紅白」「オンライン初詣」…と言う話になってますけど、各位今から対策を練っておいて下さい。 — かけぽん kakeponponpon 解除されても問題は山積みなんだよな。 通年でもお盆休みの帰省混雑状況はすさまじいものがあります。 冬から今現在まで、移動を控えていた人たちの混雑ラッシュは例年以上のものになると予想されます。 そのため「無理かも…」と考えている人も多いです…。 2020お盆休みの旅行やレジャーはどうなる? 別の意味でお盆休みの旅行は難しい? お盆休みに年末のリベンジ旅行行こうと思ったら……. コロナウイルスの終息を見越して(キャンセル料を払うことも念頭において)チェックするのもありなのかも?と思います。 宿泊先のホテルや観光地の励みにもなりそうですよね…いつもと違ってキャンセル料も宿やホテルへの応援と思えば悔しくもないかも… 大手を振って堂々と旅行できる日が待ち遠しいですね! 夏休み短縮・なくなったのでお盆休みが厳しい… お子さんがいる家庭では、コロナ自粛による休校により、小中学校・高校の夏休みがほとんどなくなる…ということも。 例年通りの夏休みの日程が組めない分、今までのお盆休みのようにはいかない家庭も多いようです。 まとめ:2020お盆休みは異例のことだらけ! 2020年6月現在、コロナ自粛の風潮はだいぶゆるくなっている分、東京を中心に日々の感染者集が増大したり、第二波、第三波の可能性にいつもおびやかされている状態です。 レジャーや観光を受け入れる側のコロナ対策、体制次第では、旅行できる可能性が出てきました。 しかしながら、「withコロナ」といわれているように、どう新型コロナウイルスと付き合っていくのか?感染した場合の個人個人の対策はとれるのかどうか?が問われる時期になってます。 人気記事!• 最近テレビショッピングで見かけるようになった「アセチノディープコア」が本当に効果があるのか、実際に購入した感想... 66,906 views• 2019年12月に新しく生まれ変わった「泉の広場」!大阪の梅田地下街にある「泉の広場」への簡単な行き方を紹介し... 60,328 views• 「やばたにえん」の元ネタ、発祥についてまとめてみました! 「やばたにえん」が流行なら「了解道中膝栗毛」も流行... 57,344 views• TOKIOのメンバー山口達也さんが強制わいせつで書類送検されました。 今後の活動、特に長年取り組んできたDASH... 43,229 views• 話題の「体育座りの鶴」の折り方・折り紙の方法について調べてみました。 話題!「体育座りの鶴」のソーシャルディ... 42,035 views• 38,453 views• 石原さとみさんの新恋人として注目を集めているSHOWROOM社長の前田裕二さん。 前田さんの総資産や収入等につい... 38,217 views.

次の