不妊 離婚 ブログ。 男性不妊です。離婚して欲しいと言われました。

不妊治療の中の離婚……夫婦の形を考える [不妊症] All About

不妊 離婚 ブログ

こんな風になったら「離婚」になってしまうの当然ですよね。 もしこれが他人のことだったら、あなたも冷静に見れるのではないでしょうか。 子供ができなかったとしても、夫婦二人だけの生活があり、あなたはそれを楽しむことができるということを知っていたら、あなたは自分を責めることもないし、旦那さんを責めることもありません。 不妊で離婚にならないために 今回お話したこと 不妊で離婚になってしまうケース 不妊治療を始める前にすべきたった一つのこと 不妊治療は離婚に至るリスクも含んでいる 私は、不妊や不妊治療が原因で、夫婦が「離婚」ということにならないでほしいと願っています。 あなたはもちろん、不妊で悩んでる全カップルに対してです。 「跡取りがどうしても必要」とか「子供がいない人生なんて考えられない!」という、仕方のないケースもあることでしょう。 でも、せっかく「縁」があって一緒になった2人です。 その縁を大事にし、「夫婦2人だけの人生」を築き上げていくことにも意味があると思います。 ちなみに私は「夫婦二人だけの人生を意味のあるものにすること」がこの世での私の課題なのかな?と思っています。 最後はちょっとスピリチュアルな結論になりましたが・・・💦 あなたが後悔しない人生を歩んでいけるよう願っています。

次の

妻が不妊。子を持つためには、夫は離婚したほうがいいか?

不妊 離婚 ブログ

私は3年前に離婚を経験しました。 その時の離婚に至るまでのことを話したいと思います。 私が28歳、妻が33歳の時に結婚することになりました。 私の両親は結婚にとても喜び、心から祝ってくれました。 この時は、まだ離婚をするだなんて思ってもみませんでした。 妻は年上だったため、私に対しては厳しく、妻の方が立場は上でした。 完全に私は妻の尻にひかれていると言った状況です。 それでも、私は幸せだと思っていました。 私にとって結婚することが夢でしたから。 しかし、私と妻は夜の営みがかなり少ない方でした。 その為なのか、子どもに中々、恵まれませんでした。 子どもがいない夫婦はよっぽど絆が深くないと、冷めきった関係になってしまい、結果的に離婚に繋がるケースが多いです。 私は離婚だけは避けたかったので、妻を誘うことが多くなっていきました。 しかし、妻はことごとく、拒否をしてきました。 よっぽど、私とはしたくなかったんでしょう。 妻が35歳の誕生日を迎えた日の出来事です。 「治療を始めたいんだけど。 私も、もう高齢出産になってしまったし、子どもは絶対欲しいから。 」と、急に話を持ちかけてきました。 「子どもができなかったら離婚したいと思ってるの。 子どもがいないと貴方と一緒にいる意味なんてない気がするから。 」と、離婚という言葉を発しました。 私は、そんなに子どもが欲しいんだったら、そういう行為を増やせば良いだけじゃないのか?治療なんてする必要なんてあるのか?と言いたかったのですが…何も言えれないまま、妻の治療はスタートしました。 妻は神経質な性格の持ち主で、治療の間は本当に大変でした。 治療を始めても、中々、授からなかった為、泣きわめくことが多くなりました。 女の人の月のものが来てしまった日には「もう離婚したい」と連呼するほどです。 その離婚がしたいという理由も納得いかないものでした。 「貴方の身体のせいで子どもができないの。 そんな男の人なんて嫌。 離婚して他を探す。 」など酷い言葉も言われました。 治療を始めて1年、やっと妻が妊娠し、出産しました。 しかし、子どもができた途端、妻は私に対して冷たくなりました。 理由は子どもができたから、もう私はいらないとのことです。 結果、私の我慢の限界がきてしまい離婚しました。 子どもができたからと言って、誰もが幸せになるわけではないんですね。 現在、養育費を月々払ってはいますが、まだ納得はできていません。 tommmmmy.

次の

不妊症で離婚するカップルが激増!?その原因を徹底解説

不妊 離婚 ブログ

Photo by from Flickr 子をもうけることが前提での結婚は、すんなり授からなかったとき、大きな壁にぶつかる。 今回、小町に寄せられた不妊理由の離婚問題に悩むトピを紹介したい。 トピ主(女性・もうすぐ40歳)は、結婚3年目。 6歳年下の夫(つまり33~34歳)から「俺は子供がいない人生は無理だ、申し訳ない、離婚してくれ」と言われ、打ちひしがれている。 不妊の原因はトピ主にあることがわかっており、不妊治療を2年間続けてきたが2度の流産をして、医者からこれ以上治療しても無意味だと言われている。 「離婚したらこの先子供を産むことも出来ないでしょう。 理解できる気持ちと人生ぶち壊されたという思いがあります。 この先どうすればいいのかアドバイスお願いします」という相談だ。 「旦那さんはトピ主を好きな気持ちより、子供を持ちたい気持ちのが強いと言う事でしょうね…仕方ないと思います」 「受け入れるしかないと思います。 『離婚したくない!』と戦えば、すでに離れた夫の気持ち(離婚を言い出すくらい離れている)はさらに離れていってしまうだけですから。 厳しい現実ですが、これまでの結婚生活の中で『子供がなくてもこの人とずっと暮らしていきたい』という関係を築くことができなかったのです。 あなたはそう思えたかもしれませんが、夫はそう思えるまであなたを愛していない。 あなたが『人生をぶち壊された』と思うのは、違いますよ。 むしろ夫のほうがそう思っているかもしれない」 レスでトピ主は「まだ夫に愛情がある」ことや、「夫は年収1600万、私300万、学歴もない」から離婚後の生活レベルが下がること、そして「新婚生活半年後から(夫に)一緒に寝ることを拒否され、リビングのソファで寝ることに」なったことなどが綴られた。 トピ主は「機嫌が悪いと無視されて 基本的なおはよう、おかえりの挨拶も無視、人として存在否定されてるようで辛かったです」と言い、夫に冷たく扱われてきたことを回顧。 「それでもきっと子供が出来れば変わると自分なりに努力して家事も全てやり不妊治療も頑張ってきました」が、このまま何年もこの生活が続いたら幸せにはなれない……と思っていたところ、離婚を言い渡されたのだという。 そもそも、結婚半年から一緒に寝たくないなんて言われたうえに無視されるなんて夫は完全にトピ主のことをただの子作り要員だと思っている節がある。 子供が仮にできたとしても幸せになれるのか疑問だ。 出産したらしたで、トピ主は夫にとって子育て要員でしかないんだろう。 想像するだけでつらそう。 夫はトピ主への愛情が新婚半年で薄れているのに、なんで不妊治療したんだろうという疑問すら沸いてくる。 突然の離婚宣告に混乱しているトピ主、この先どうしたら良いかわからないといったレスが続きながらも「結婚生活の半分以上は言葉の暴力に耐えたのに 全ての希望がなくなりました 2回流産しましたが、病院の先生からは卵はちゃんと採れてるし、流産は年齢的に確率高いけど、ちゃんと妊娠できる身体だよ。 と言われてたところ、年齢を理由に夫からストップされたのです」と、夫婦のこれまでの関係や不妊治療の詳細についても明かされた。 2回流産してからは夫の意向で不妊治療をすすめていなかったようだ。

次の