スクエア ポーチ 作り方。 コロコロ感がかわいすぎる♡キャラメルポーチの作り方

大容量でたっぷり入る!スクエアポーチの型紙&作り方まとめ

スクエア ポーチ 作り方

ぷっくり・コロコロとした形がかわいいキャラメルポーチ。 キャラメルの包み紙のような形から、キャラメルポーチと呼ばれているそうですが、お店で見かけることも多い形ですよね。 マチがあって立体的だし、ファスナーも付けないといけないので、「作るのは難しそう…」と思うかもしれませんが、実はこのポーチ、とっても簡単に作れちゃうんです。 友だちに「このポーチ作ったの!? 」なんて言われたら嬉しくなりますね~。 仕上がったらついつい自慢したくなる、とっても可愛いキャラメルポーチの作り方をご紹介します。 ファスナー付けをがんばれば、あとはとてもシンプルな工程ですよ。 まずは裏布、ファスナー、表布を右端をそろえて重ねて置きましょう。 表布と裏布は中表です。 右端を布端から7mmのところを縫い合わせます。 縫い合わせたら、たたみ方を変えてファスナーの左側も縫っていきます。 ファスナーが見えるように開いたら… 表布の右端をファスナーの左端へ揃え、裏布も同じように端を合わせてたたみます。 横から見るとこうなっていますよ。 たためたら、布端7mmのところを縫い合わせます。 2.表に返す ファスナーが付いたら、表に返します。 まず、表布側の筒の中へ手を入れて、 奥側の布端(表布裏布どちらも)をつかみ、こちらへ引いてきます。 そのまま表にぐるりと返せばOK。 表布と裏布が重なっていますね。 次の工程に行く前に、ここに注意しましょう!! ファスナーの開き口は、スライダーをあけていると左右の高さがずれやすいです。 そのため、手縫いで簡単に留めておくと、きれいに作れます。 是非、ひと手間かけてみてくださいね。 3.タブを仮縫いする ファスナーの両端にタブを仮縫いします。 お好みの長さのリボンを半分にたたみ、手縫いまたはミシンで縫っておきましょう。 タブとは、ポーチなどについている飾りひものことです。 無くても大丈夫ですが、あるとファスナーの開閉がしやすかったり、ワンポイントにもなるので 好きなリボンや共布のひもを付けてみましょう。 レザーなどにしても、表情が変わって素敵です。 4.脇を縫う 本体を裏返します。 脇を中へ押し込むようにたたみます。 横から見るとこうなっています。 このたたみ方が、キャラメルになる秘訣! きれいなキャラメル包みを目指して、両脇、真ん中が合うようにたたみましょう。 布端から7mmを縫います。 この時、ファスナーの端の金具を縫わないように気を付けてください。 5.布端の始末をする 布端は、バイアステープで始末します。 ポーチの幅より、両側1cmほど長めを使います。 布端は、5mm程度に切りそろえておきます。 布端にバイアステープを挟み込み、縫います。 端は、中側へ折り込みます。 (ぬいしろが出てくるときは角をカットしてすっきりさせておく) 6.表に返して、完成! 仮縫いしていた糸を外します。 表に返して形を整えれば…完成です! かわいいなあ。 口もパカッとひらきます。 nunocoto fabricの で作ってみました。 この生地、小物に向いているな〜とずっと思っていたんです!どの部分を使うかで、柄の見え方も変わって楽しいです。 コロンと手のひらに乗る大きさ。 こんなに可愛いポーチなら、プレゼントにも喜ばれちゃいますよ! 今回使った布はこちら カラフルな宝石が散りばめられたような、大人可愛いデザインの。 colorstones(ホワイト) ヘアバンドや手提げバッグなどにもおすすめですよ。 当サイトnunocoto fabricで販売している 生地はすべて商用利用可能です。 催事・バザー・オークション・ハンドメイドサイト・個人のオンラインショップなど、販売用アイテムの製作にそのままご利用いただけます。 また、サイト内で紹介している 無料型紙(製図・パターン)および、ソーイングレシピコンテンツを参考にして作った製作物の販売も自由です。 ただし、製品化した際に起こる全てのトラブル、クレームにつきましては当店及びnunocoto fabricは一切の責任を負いませんので、ご了承ください。 こちらの無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)は個人利用を目的としたものとしているため、 無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)自体の複写・転載・販売は禁止とします。 nunocoto fabricオリジナルパターンの著作権は、当店nunocoto fabricが所有しております。 申し訳ございません。

次の

買った化粧ポーチみたい!お好みの布で自分で作る化粧ポーチの作り方|

スクエア ポーチ 作り方

クロバーのポーチテンプレートを買ったのでセリアのはぎれで試しにポーチを作ってみました。 作ったのは25cmファスナーで作るボックス型の立体ポーチで半分(ハーフ)まで口が開くので使いやすそうと選択。 高さがあってマチもスリムなので化粧ポーチなどかばんに入れるポーチに便利な形だと思います。 クロバーのポーチテンプレートのスクエアはこれ。 線を引く位置(穴)を変えることで8種類のポーチの型紙を簡単に作ることが出来ます。 しかもレシピ付きで丁寧に作り方の解説が載っている便利なしろもの。 8種類のポーチには10cm、15cm、25cm、35cmのファスナーを使うので、20cmファスナーの消費にはもう一つのがおすすめ。 今回作ったのは25cmファスナーで作るハーフというタイプ。 ・裏布もチェックのはぎれと思いましたが、ゆがみがひどく用尺が足りそうになかったので生成りのシーチングに変更。 ファスナーはダイソーの24cmファスナーで代用しました。 接着芯は普通を使いましたが薄い生地なら固めの厚手が使いやすいかも。 テンプレートの使い方は、接着芯を貼った表布と裏地に載せて線を引きます。 出来上がり線を型紙に沿って引いて縫い代ライナーを使って縫い代を引き、その線に沿って裁断。 ハーフは2種類のテンプレートを使うので作り方の紙を見てその通りに線を引きましょう。 裁断までが楽、簡単になるので便利です。 ここからはレシピを見て作っていきますが、マチを縫い合わせるのが結構大変でした。 でも縫い代をみせずバイアステープも使わず裏地が綺麗につくのでこの作り方は気に入りました。 最大8枚?重なった部分を縫うので手縫いだと厳しそう、ミシンが合ったほうがいいレシピです。 完成したポーチがこちら。 大きめサイズでセリアで見つけた大柄の花柄の生地が映えるポーチになりました。 開くとこんな感じで縫い代は見えません。 バイアステープで処理するタイプが多いですがこれはすっきりまとまっていいですね。 タブをつけたほうが使いやすかったかなーと後悔したのでちょっとファスナーに飾りを付けて引きやすく。 固めの生地にするか厚手の接着芯を貼った方が立体ポーチは使いやすそう。 でも縫い代から返すのもマチを縫うのも難しいかなー・・・ スポンサードリンク.

次の

買った化粧ポーチみたい!お好みの布で自分で作る化粧ポーチの作り方|

スクエア ポーチ 作り方

ぷっくり・コロコロとした形がかわいいキャラメルポーチ。 キャラメルの包み紙のような形から、キャラメルポーチと呼ばれているそうですが、お店で見かけることも多い形ですよね。 マチがあって立体的だし、ファスナーも付けないといけないので、「作るのは難しそう…」と思うかもしれませんが、実はこのポーチ、とっても簡単に作れちゃうんです。 友だちに「このポーチ作ったの!? 」なんて言われたら嬉しくなりますね~。 仕上がったらついつい自慢したくなる、とっても可愛いキャラメルポーチの作り方をご紹介します。 ファスナー付けをがんばれば、あとはとてもシンプルな工程ですよ。 まずは裏布、ファスナー、表布を右端をそろえて重ねて置きましょう。 表布と裏布は中表です。 右端を布端から7mmのところを縫い合わせます。 縫い合わせたら、たたみ方を変えてファスナーの左側も縫っていきます。 ファスナーが見えるように開いたら… 表布の右端をファスナーの左端へ揃え、裏布も同じように端を合わせてたたみます。 横から見るとこうなっていますよ。 たためたら、布端7mmのところを縫い合わせます。 2.表に返す ファスナーが付いたら、表に返します。 まず、表布側の筒の中へ手を入れて、 奥側の布端(表布裏布どちらも)をつかみ、こちらへ引いてきます。 そのまま表にぐるりと返せばOK。 表布と裏布が重なっていますね。 次の工程に行く前に、ここに注意しましょう!! ファスナーの開き口は、スライダーをあけていると左右の高さがずれやすいです。 そのため、手縫いで簡単に留めておくと、きれいに作れます。 是非、ひと手間かけてみてくださいね。 3.タブを仮縫いする ファスナーの両端にタブを仮縫いします。 お好みの長さのリボンを半分にたたみ、手縫いまたはミシンで縫っておきましょう。 タブとは、ポーチなどについている飾りひものことです。 無くても大丈夫ですが、あるとファスナーの開閉がしやすかったり、ワンポイントにもなるので 好きなリボンや共布のひもを付けてみましょう。 レザーなどにしても、表情が変わって素敵です。 4.脇を縫う 本体を裏返します。 脇を中へ押し込むようにたたみます。 横から見るとこうなっています。 このたたみ方が、キャラメルになる秘訣! きれいなキャラメル包みを目指して、両脇、真ん中が合うようにたたみましょう。 布端から7mmを縫います。 この時、ファスナーの端の金具を縫わないように気を付けてください。 5.布端の始末をする 布端は、バイアステープで始末します。 ポーチの幅より、両側1cmほど長めを使います。 布端は、5mm程度に切りそろえておきます。 布端にバイアステープを挟み込み、縫います。 端は、中側へ折り込みます。 (ぬいしろが出てくるときは角をカットしてすっきりさせておく) 6.表に返して、完成! 仮縫いしていた糸を外します。 表に返して形を整えれば…完成です! かわいいなあ。 口もパカッとひらきます。 nunocoto fabricの で作ってみました。 この生地、小物に向いているな〜とずっと思っていたんです!どの部分を使うかで、柄の見え方も変わって楽しいです。 コロンと手のひらに乗る大きさ。 こんなに可愛いポーチなら、プレゼントにも喜ばれちゃいますよ! 今回使った布はこちら カラフルな宝石が散りばめられたような、大人可愛いデザインの。 colorstones(ホワイト) ヘアバンドや手提げバッグなどにもおすすめですよ。 当サイトnunocoto fabricで販売している 生地はすべて商用利用可能です。 催事・バザー・オークション・ハンドメイドサイト・個人のオンラインショップなど、販売用アイテムの製作にそのままご利用いただけます。 また、サイト内で紹介している 無料型紙(製図・パターン)および、ソーイングレシピコンテンツを参考にして作った製作物の販売も自由です。 ただし、製品化した際に起こる全てのトラブル、クレームにつきましては当店及びnunocoto fabricは一切の責任を負いませんので、ご了承ください。 こちらの無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)は個人利用を目的としたものとしているため、 無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)自体の複写・転載・販売は禁止とします。 nunocoto fabricオリジナルパターンの著作権は、当店nunocoto fabricが所有しております。 申し訳ございません。

次の