ゆう 動物 クリニック。 ゆう動物クリニック(埼玉県三郷市彦成)

ゆう動物クリニック|【埼玉県三郷市 動物看護師募集2021年度】|動物病院・獣医師・動物看護師・トリマーの求人サイト|ペットリクルート

ゆう 動物 クリニック

ゆう動物病院には、京都府初の 『日本獣医皮膚科学会認定医』がおります。 「ゆう」から受ける印象は何ですか? 優しさの「優」、有効の「有」、悠々の「悠」、 友人の「友」、結ぶの「結う」 はたまた「YOU」とか「言う」とか・・・ そのどれでも在りたいと願っています。 「抜苦与楽」を実現できる想像力と実行力のある ホームドクターを目指して、 ゆう動物病院はあなたと大切な家族にとって お力になれる様に常にスタッフと共に前進します。 「誠実な医療」と「真心のホスピタリティ」が 僕たちの目指す所です。 皮膚病に関しては 特に力を入れて発表や勉強をしていますが、 僕の目指すのは「普通の事をどれだけ 普通でないレベルでできるか」です。 初めて来院された方は飼い主様に限らず 同業の獣医さんも、当院のマメさや丁寧さに 驚いて貰える事が多いですが、 それが目指すものです。 この病院を知って良かったと思われ、 長くお付き合いできますように努力します! ツィッター始めました。 獣医師の出勤情報や翌日の空き状況が分かります!たまに何かつぶやいているかも知れません(笑)。 今月のインフォメーションをお送りします! スコールの様に雨が降ったり、快晴だったりですが、皆さまお元気ですか? コロナは一段落してくれそうですが、第二波にも備えつつ、ご家族全員で体調に注意しましょうね。 現在オンライン診療と相談の準備をしております。 7月中に開始を予定していますが、接続等の問題がまだ多いので伸びるかも知れません。 少しお待ち下さいね! では7月のインフォメーションをお送りします。 今から病院のLINEやツイッターのご登録をお願いします。 皆様にはマスク着用と少人数での来院をお願いします。 順次、色々と増やす予定で す! 動物看護士の北村さんからです 蒸し暑い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしですか?気温や気圧の変化が大きくなる季節の変わり目は、嘔吐や下痢などの消化器症状を伴って、体調を崩してしまう動物さんが急増します。 季節の変わり目の消化器症状だけなら早めのケアで良くなる事も多いので、少しでも体調に異変を感じたら早めの来院をお薦めします。 これからまだまだ暑くなってくるので、皆さま体調管理には気を付けて元気にお過ごし下さい。 直通アドレスから登録されるとトピックス他を毎月送信します。 ただし飼い主様側のセキュリティのブロックに よって到着しない事が有る様です。 ご注意下さい。 また年一回の新聞とは別に、病院ではもっと詳しい役立つ情報も載ったインフォメーションを毎月配布しております。 ぜひ貰って下さいね! 《こんな時に利用します・できます》 *入院中の様子の報告(入院中の写真付で送れます) *普段の診察の質問等の相談・ご意見(直接聞き難い、聞き忘れた等の時にも) *病院から不定期なお休み等のお知らせ 《ご利用・登録方法》 上記アドレスにメールを送信して下さい。 診察券番号・名前・用件をお忘れなく! 《ご注意》 *メールに関する費用の請求はありませんが、ご利用は当院の患者様に限ります。 *送信・返信は休診日を除き1日内にします。 もし返事がなければ直接連絡下さい。 *常に見て対応はできない為、予約やフードの注文、急を要する事は受け付けていません。 *題名に診察券番号・名前・症状を順に入れて下さい。 それが無いとブロックされます。 *逆にこちらから携帯へ返信してブロックされる事が非常に多いので、返事が無ければ直接来院かお電話下さい。 新着情報(インフォメーションの更新は毎月25日頃です) 2020. 27 2020. 18 2020. 01 ゆう動物病院新聞2020年度版をアップしました! 2020. 31 院長紹介のページを更新しました!皮膚科認定医として専門誌に寄稿をしました! 2020. 25 2020. 09 2020. 21 2020. 18 2020. 17 2019. 27 2019. 18 2019. 09 2019. 02 2019. 08 2019. 31 2019. 17 2019. 09 2019. 21 2019. 05 2019. 22 2019. 29 2019. 14 2019. 07 2018. 19 2018. 18 2018. 28 2018. 06 2017. 20 2018. 09 2018. 08 2018. 25 2018. 17 2017. 29 2016. 24 2017. 20 2017. 14 2017. 20 2017. 14 2017. 14 2017. 14 2016. 18 2016. 02 2016. 23 2016. 13 2016. 05 2016. 25 2012.

次の

【三郷市 獣医師募集】中途歓迎 合同会社ゆう動物クリニック(895531)

ゆう 動物 クリニック

2020. 4診療時間変更のお知らせ 7月1日より水曜日の午後診療を休診とさせて頂き、午前中のみの診療となります。 診療時間の短縮によりご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。 2020. 30感染症対策へのご協力のお願い 日々拡大しつつある新型コロナウイルス感染への対策として、当院では以下のようなお願いをしております。 発熱や風邪症状のある飼い主様は来院をお控えください 待合室や診察室では可能な限りマスクの着用をお願いします 診察までの待ち時間は極力お車か外のベンチでお待ちいただくようようお願い致します(順番になりましたらお呼びいたします) 継続治療のお薬は診察無しでも処方可能ですので、お電話にてお問い合わせください 感染症のリスクを少しでも軽減するため、待合室や診察室の消毒の徹底、定期的な換気、空気清浄機の設置等を行っておりますが、待合室や診察室に人が密集しないことも非常に大切です。 どうぞ皆様ご協力をお願い申し上げます。 2018. 14駐車場利用についてのお願い 当院前にある駐車スペースにお車を停められる場合、歩行者の安全の為、歩道にはみ出ないように駐車をお願いいたします。 なお病院隣に5台ほど駐車可能な専用駐車場がございますので、そちらもご利用いただきますようお願い申し上げます。 ごあいさつ かい動物クリニックでは、大切な家族の一員である動物の気持ちや状態を、飼い主様に知っていただくために、 飼い主様とのコミュニケーションを重視した診療を行います。 また、動物の身になって優しい診療ができるよう心掛け、飼い主様と動物との生活をより楽しく過ごせるよう お手伝いいたします。

次の

ゆう動物クリニック|【埼玉県三郷市 動物看護師募集2021年度】|動物病院・獣医師・動物看護師・トリマーの求人サイト|ペットリクルート

ゆう 動物 クリニック

こんにちは、どうゆうペットクリニックです こんにちは。 東京都渋谷区広尾にあるどうゆうペットクリニックの院長、福林真哉です。 『どうゆう』=『動友』当院はいつも動物や飼い主さんの立場に立った治療を目指し、言葉を話せない「ワンちゃん・ネコちゃんがご家族の皆様と楽しい時間を過ごせるように」を常に心がけて日々の診療に取り組んでいます。 動物の長寿化に伴い、治療も高度化しているのが最近の状況ですが、様々な病気の治療に対し幅広い選択肢を提供できるよう、スタッフ一同初心を忘れず日々勉強してを重ね、精進しています。 45年前から広尾にて地域に貢献してきた病院ですが、2012年秋には新院長のもと院内全面改装を行い、高度な医療も提供できるホームドクターを目指しております。 また、待ち時間短縮と待合室の混雑・感染防止のため予約優先制の診察を行っております。 病気に対し幅広い選択肢を動物と飼い主様に提供したいという希望を持って診察に当たっています。 当院で出来る事、大学病院や専門病院でないと出来ないことなどいろいろありますが、その選択肢はあくまで飼い主さんの思うところを優先するべきだと考えています。 例えば抗がん剤1つとってみても、どうしても抵抗がある方がいらっしゃいます。 そうであれば、別の治療法を提案させていただきます。 これは治療のみならず、検査においても同様です。 悪性腫瘍の疑いがあっても、その先の選択肢として手術をされるお気持ちがないのであれば、必要とされる検査が変わることもあります。 私としては、動物の場合は検査ありきの治療ではなく、必ずしも確定診断を下してからの治療を最良とは思っていません。 症状はもちろん、様々な事情を勘案しながら、ご家族の方が良しと思われる治療方法をお示ししていけたらと考えています。 椎間板ヘルニアや骨折の手術、軟部外科手術、避妊去勢手術も行いますし、超音波検査や内視鏡検査、眼科検査にも専門の機器を導入しております。 また、皮膚疾患や内科疾患、歯科治療、レーザー治療、薬浴を含めたトリミングなども行っております。 一番大事なのは動物にも飼い主さんにも出来る限り無理のない範囲で病気を治していくことだと思っています。 予防について 言葉を話すことのできないワンちゃん・ネコちゃんは一見元気に見えても体内にはトラブルの芽が潜んでいることがります。 定期的に健康診断を行って、病気の早期発見を心がけましょう。 まだ若く、病気が進行していなければやることは明確で、悪性腫瘍であっても手術で取り切れるものであれば、早期の処置によって命を助けることが出来ます。 その発見をいち早くという意味において、わんドック&にゃんドックをお勧めしています。 実際の問題として、身体の中にある病気を触診のみで発見することは非常に難しいことだと思います。 血液検査にしても、そこに現れるのはごく一部にすぎません。 本当にその子は大丈夫なのか。 全身麻酔をかけずにする手術であれば、超音波やレントゲンを含む全体的な検査を受けられたほうが宜しいかと思います。 もちろん、その子の性格や年齢によっても左右しますが、1年に1回、ないし半年に1回の健康診断を考慮に入れていただければと思います。 適切な治療 親切なアドバイスをしてもらった。 愛犬シ-ズ犬. シ-太君が亡くなった。 以前から心臓に欠陥があったので、先生に治療をしてもらっておりましたが前年末に -余命少々- と言われ正月早々に死んでしまつた。 その間、深夜に無理を言って治療をしてもらったり、また、悲しみにくれて亡骸を病院に連れて行ったりして、大変お世話になりました。 死後も亡骸の扱いに親切なアドバイスをしていただき火葬場やお寺の紹介をしてもらって、さらにお花までいただきました。 先生本当にありがとうございました。 現在も愛犬2頭を連れて ドウイウ クリニツクヘ診察に通っています。 先生、スタツフの皆様これからもよろしくお願いいたします。

次の