ウェンディゴの骨。 ウェンディゴとは?精霊?人肉が食べたくなる恐怖の症候群?

自分が精霊になると思い込み、猛烈に人肉を欲する奇病「ウェンディゴ症候群」が恐すぎる!(2016年7月18日)|BIGLOBEニュース

ウェンディゴの骨

未開封の国民栄養食のパッケージを開けると、密閉されたビニールの袋を裂いて開きブロック状の栄養食を取り出す。 「まだ食べるのか、レイ」と、向かいの席に座っていたイーサンが呆れながら言う。 私は開いた口を閉じると、国民栄養食をイーサンに差し出した。 「食べるか?」 「いや。 そんなに食べたら、もしもの時に素早く動けなくなる」 「そうか? 食べないと逆に動けなくなると思うけど」 「ほどほどが良いんだよ。 用を足すのも面倒だからな」 「確かに戦場で小便は漏らしたくないな」 「そうだろ」とイーサンは肩をすくめた。 「でも俺の場合、食べたものはほとんど消化されて栄養素に変換されるんだ。 だからその心配をする必要が無いんだ」 「本当なのか?」とイーサンは金色の瞳を大きく開いた。 「もしかして、お前さんはトイレに行かないのか?」 「まさか」と私は頭を振る。 「小便くらいするさ。 たまにだけど」 イーサンは顔をしかめると、頭をゆっくり振った。 「内臓の働きを強化するインプラントが幾つか存在するのは知ってるけど、レイはそういったインプラントはしてないんだろ?」 「してない」と私は国民栄養食を咀嚼しながら言う。 「俺は時々、お前さんが本当に人間なのか分からなくなるよ」 イーサンはそう言うと苦笑した。 我々は現在、核防護施設に侵入する為、五十二区の鳥籠へと向かっていた。 私に同行しているのはイーサンとエレノア、そしてウェンディゴを操作するウミだけだった。 限られた少数の人間だけで施設に潜入する為、ヤトの戦士たちは連れてきていなかった。 ミスズを連れてきたかったが、鳥籠の資産を根こそぎ奪う危険な仕事だったの、無理はしないことにした。 ちなみに白蜘蛛のハクは私と一緒に来たくて駄々を捏ねていたが、ミスズが拠点に残ると教えると、すんなり拠点に残ることに納得してくれた。 その訳をハクに尋ねると、ミスズを守るためだと言っていた。 何から守るのかは分からないが、私はハクにミスズの事をお願いして拠点を出た。 廃墟の街に建ち並ぶ高層建築物の中心に、一際高い構造体が建てられているのが見えた。 建設途中の不格好な構造体には、十五メートルほどの建設用の機械人形が数体、建物の外壁にしがみつくようにしてぶら下がっていた。 しかしそれらの建設人形が小さいものだと錯覚してしまうほどに、建設途中の構造体は巨大で異様な姿をしていた。 ウェンディゴの車内、素通しのガラスのように外の風景が見えている壁に触れると、そこに鴉型偵察ドローンの映像を映し出す。 構造体の先端にぶら下がっている数体の建設人形は、まだ作業を継続しているようだったが、あまりにも高い所で作業を行っている為、鴉型偵察ドローンの視界からは、その様子がぼんやりとしか確認できなかった。 それらの建設用機械人形の中でも特に私が興味を惹かれたのは、地上から八十メートルほどの高さで停止していた建設人形だった。 その建設人形の胴体の一部は解体されていて、まるでその中に住み着いているように、何者かの生活の痕跡が残されていた。 菜園の為の植木鉢が幾つも並び、日の光や雨をしのぐ為のブルーシートが何枚も張られていた。 作業用の足場や外壁には鎖やロープが張り巡らされていて、移動時の安全すら確保されていることが分かった。 建設用の機械人形に描かれた子供の落書きや生活の痕跡を眺めていると、カグヤの柔らかな声が内耳に聞こえた。 『あんな危ない場所でも人は暮らしていけるんだね』 私は熱中症対策に持ってきていたスポーツドリンク風の何かを飲むと、空になったペットボトルを潰しリサイクルボックスに放り込んだ。 「地上に屯する危険なレイダーギャングがいない分、あの場所は安心して暮らせるのかもしれないけど、どうなんだろう。 建物の高層にも危険な昆虫や人擬きは幾らでもいるからな」 『どうやってあんな高い所まで登ったんだろう』 「見当もつかないよ」と私は肩をすくめる。 「それに、今もあそこで暮らしている人間がいるのかも分からない。 それより動く建設人形が存在していることの方が驚きだ」 『確かに珍しいね。 彼らは何の作業をしてるんだろう』 「そもそもあの建物はなんだと思う?」 『タワーマンション?』とカグヤは自信のない声で言う。 「窓のないマンションを建てるのか?」 『ウェンディゴの車体に使われている技術と同じで、きっと内側からは素通しのガラスみたいに風景が見えてるんだよ』 「わざわざそんな事をするとは思えないけどな」 『そうだね……なんだか墓石みたいで景観を悪くしてる』 「何かの収容施設の可能性は無いか?」 『何かの?』 「旧文明期の人間が深淵の娘たちと何かしらの共生関係にあったことは知ってるだろ? もしかしたら大きな蜘蛛たちの為の施設だったんじゃないのか?」 『でもこんな街中に建てるものなのかな?』 「さすがにそれは危ないか」と私は頭を振る。 「ハクは人間の言葉が分かるけど、深淵の娘たちが話をするなんて聞いたことがない」 『言葉か……』 「気になる事が?」と私はカグヤに訊ねる。 『ハクは私の存在を感じるって言ってたけど、私の言葉は上手く理解できないみたいなんだ』 「ドローンにスピーカーでも付けて話しかけてみるか」 『それはもう試した』 「そんなこと本当にしたのか?」 『うん。 博士が協力してくれて一緒にやってみたの』 「結果は良くなかったみたいだな」 『理由は分からないけど、ハクは私の言葉の半分も理解できなかった』 「不思議だな」と私は別の建設人形に目を向けながら言う。 「機械から発せられる音声が認識できない訳じゃないんだろ?」 『戦闘用のドロイドでウミが話をしている時は、ちゃんと言葉の意味を理解してた。 私だけ何をやっても上手くいかなかった』 「それは困ったな……何かあった時の為に、ハクとのコミュニケーション方法を考えたほうが良いな」 『例えば?』 「ホログラムのアニメーションを表示したりとか……」 『他には?』 私はしばらく腕を組んで思考したが、あまり良い考えは浮かばなかった。 「レイ」 声がして振り向くと、向かい合わせに設置された搭乗員用の後部座席に座るイーサンが私に手招きをしていた。 「何かあったのか?」 ホログラムディスプレイを眺めていたイーサンに私はそう訊ねる。 「また検問所だ」とイーサンは周辺地図を指した。 「やけに多いな。 これで三つ目だ」 「仕方ありません」とエレノアが言う。 「五十二区の鳥籠は現在、中華街の鳥籠『紅蓮』と戦争中ですから、この程度の警備は普通にしますよ」 「なら、また迂回しないといけないな」と私はうんざりしながら言う。 「少し問題があります」とエレノアは私に菫色の目を向ける。 「この先は危険な区域なのか?」 「はい。 広大な汚染地帯になっています」 『ウェンディゴは汚染物質への対策が施されてるから、安全に移動できるよ』とカグヤが言う。 『もしかして他にも何か問題があるの?』 「はい」とエレノアが頷く。 「危険な変異体が多く目撃されている区域でもあります」 「変異体か……」と私は呟く。 「人間が滅多に侵入しない区域だから、大量の人擬がいる」とイーサンは言う。 「けど問題は人擬きだけじゃない。 この時期には危険な昆虫も多くは徘徊している」 イーサンはホログラムディスプレイを操作し、汚染地帯の詳細が分かる地図を表示する。 イーサンが持参したデータだけあって、信頼性の高い地図だった。 「広いな」と私は口にした。 「ああ。 けど、ここ以外の道はない。 検問所の人間に俺たちの存在が知られたら、恐らく鳥籠に情報が伝わる。 そうなれば核防護施設への侵入が難しくなる」 「汚染地帯での戦闘は避けた方がいいのか?」 「いや」とイーサンは頭を振る。 「戦闘は避けられないだろう。 検問所の警備員に戦闘音を聞かれる心配はあるが、この辺りでは日常的に激しい戦闘が起きている」 「それだけ戦闘の多い区域なのか……」 「スカベンジャーや傭兵の集団が、貴重な遺物を目当てに汚染地帯に侵入するからな」 鴉型偵察ドローンをウェンディゴのコンテナに入れると、我々は深緑色の濃い霧の中に入っていく。 すると途端に周囲が薄暗くなる。 構造体の間に架かる橋からは歪曲した太い管が垂れ下がっていて、そこから絶えず蒸気が噴き出している。 その管の陰には三十センチほどの甲虫がひしめいていて、ウェンディゴの強力な照明があたると甲虫の殻は虹色に輝いた。 その奇妙な甲虫は我々が側を通過しても知らん顔で、蒸気によって青緑色に変色した管を舐め続けていた。 私の網膜に汚染情報を示す警告が表示された少しあとに、ウェンディゴの車内にも同様の警告がホログラムで表示される。 しかしいずれも外の危険を知らせているだけで、ウェンディゴの車内は安全が確保されていた。 私は警告表示から視線を外すと、建物の外壁が転がる大通りに目を向けた。 道路沿いには破壊されたヴィードルや、防護服姿の傭兵の亡骸が多く残されていた。 といっても死体は喰い散らかされていて、骨しか残されていない状態だった。 恐らく昆虫や人擬きに食べられてしまったのだろう。 彼らの側にはガスマスクや銃器、それに彼らが持ち込んだ物資が手付かずに残されていた。 この辺りにスカベンジャーが多く訪れるのは、そう言った戦利品を目当てにしているからかもしれない。 高速道路に続く高架を道なりに上がると、放置された車両やヴィードルの間に立っている複数の人擬きが見えた。 彼らは何をするでもなく、ただぼうっとその場に立ち尽くしている。 服を身に着けていない変異体が多く、そのほとんどが数世紀の間、この場所を彷徨っていた個体だと推測できた。 「ウミ」と私は言う。 「戦闘準備だ」 『すでに準備は出来ています』車内に設置されたスピーカーからウミの凛とした声が聞こえると、平坦だった車体横の装甲に繋ぎ目が現れ、装甲の一部が開いて格納されていた重機関銃が姿を見せた。 私はそれを確認するとウェンディゴのコクピットに向かった。 コクピットシートに座ると身体に合わせてクッションが柔らかく変形し、全天周囲モニターが起動する。 コクピットの入り口に向けられていたシートは回転し、正面に向けられる。 モニターが起動した事で遮蔽物が無くなると、まるで空中に浮き上がったように感じられた。 足元を確認すると、道路に散らばる放置車両や瓦礫を踏み砕きながら進むウェンディゴの脚が見えた。 立ち尽くしたまま動かなかった人擬きは、ウェンディゴが近づくと急に奇声を上げ、猛然と駆けてきた。 ウミは冷静にウェンディゴを操作し、人工筋肉の詰まった重い脚で人擬きを踏み潰した。 私は操縦をウミに任せて、その間、操作パネルを弄りイーサンが提供してくれた地図と周辺の地形を照らし合わせながら進む道を決めていた。 すると突然コクピット内に警告音が鳴り響いた。 私は反射的にモニターに映し出されるレーダー確認した。 どうやら高速道路に放置されていた多くの車両に、爆弾が設置されているみたいだった。 『厄介だな』後部座席にいるイーサンの声が聞こえた。 『レイ、あれは即席爆弾の一種だ』 「良く分かったな」と私は返事した。 『こっちのディスプレイでも確認出来るからな』 「それで、その即席爆弾の何が厄介なんだ」 『規格化されていない手製の爆弾だから、爆発の規模が全く分からない事と、軽い衝撃で簡単に爆発する事だ。 それにもしも爆弾を設置した人間が近くにいれば、爆破のタイミングを自由にできる』 「こんな環境に長く留まる傭兵がいるとは思えない」 『五十二区の鳥籠の人間が設置したのかもしれないな」とイーサンは言う。 「奴らだってこの汚染地帯が、鳥籠への抜け道に使用される事くらい想定しているだろうからな』 『人擬きが爆弾の設置された車両の近くにいるけど、爆発してないね』 カグヤの言葉にイーサンが答えた。 『だから怪しいのさ。 標的を選んでいる可能性がある』 「爆弾を設置した奴が死んでる可能性の方が高いと思うけどな」と私は言う。 『どうするの、レイ?』とカグヤが心配そうに言う。 「破壊する」 『まぁそうなるよね、時間も無駄に出来ないし』 「ウミ、爆弾の設置された進路上の車両を全て破壊してくれ」 『承知しました』 重機関銃から大口径の弾丸が物凄まじい速度で撃ちだされ、ぱらぱらと薬莢が地面に落ちていくと、複数の爆弾が爆発し轟音と共に黒煙が立ち昇る。 爆発の衝撃は凄まじく、旧文明の特殊な鋼材を含んだ高速道路の構造体を揺らし表面を傷つけ、複数の人擬きを爆発に巻き込み、原型の分からないほどにぐちゃぐちゃにした。 風切り音を鳴らし小石や瓦礫が飛んできたが、シールドを起動したウェンディゴに被害は無かった。 爆発の被害を確認したあと、私は操作パネルを弄り射撃の為のシステムを立ち上げ、操縦桿を握る。 動態センサーを確認すると周辺の建物から多くの反応が現れ、こちらに向かって来ているのが見えた。

次の

【アウトランダー】原作ネタバレ解説と考察。時の旅人、ファーガスの本名、意外な人物が繋がる!?

ウェンディゴの骨

出典: 1980年以降、アメリカ各地で目撃される。 トカゲのような顔と皮膚をもち、2足歩行の生物。 体長は2メートルを超え、非常に獰猛で沼地に生息しているといわれている。 1988年、サウスカロライナ州の沼地で、車を運転中の青年が襲われたそうです。 車の屋根には、鋭い爪でひっかかれたような深い傷がついていた。 この事件を機に、アメリカではリザードマン・ブームが到来し、多額の懸賞金がかけられ、捕獲しようとする人々が現れ始めた。 2015年、サウスカロライナ州山中でリザードマンと思われる生物が撮影された。 リザードマン:最新の目撃情報 出典:YouTube しかし、いまだに捕獲されずにいる。 フラッドウッズモンスター(Flatwoods Monster) 1952年、ウェストバージニア州のフラットウッズという町で目撃された『宇宙人』である。 目撃者は町の子供たちとその保護者で、 家近くの丘に隕石(宇宙船かもしれない)が墜落したため、その様子を見にいったため、遭遇したそうです。 高さは3メートルを超え、人間のものではない光る眼をした赤い顔をした宇宙人である。 特徴的なのが、スペードのエースのような形状をした頭部である。 明るい緑の衣服をひだ状にして腰から吊り下げており、腕は短く(あるいはない)、爪のような手をしていたとのこと。 また『シュー、シュー』と、ダー〇ベイダーのような呼吸をしながら、フォースで浮遊したそうです。 ・ 野生動物の見間違え(フクロウが有力) ・ 有毒ガスによる幻覚 ・ イタズラ 結局、真相は明らかにならないまま、下火となってしまった。 ちなみにだが、エヴァンゲリオンの使徒のモデルにもなったそうです。 (筆者は未視聴なため、詳しく説明できません) フロッグマン(FrogMan) 名前の通り、「カエル男」を意味するフロッグマン(FrogMan)。 フロッグマン 出典:GetNavi web 最古の目撃情報は1955年と言われているが、その名を世に知らしめたのは1972年の事件がきっかけだ。 オハイオ州ラブランド近くのリトルマイアミ川での出来事。 パトロール中の2人の警官がフロッグマンを目撃したのだ。 目撃した2人の警察官 イメージ 目撃情報によると、 ・ 細長い形状 ・ 渓谷 また、目撃情報の中にユニークな情報がある。 なんと、 馬の首をした水棲哺乳類! これはネッシーにはない面白い情報です。 そんなチャンプですが、これまでに生息を認めるような有力な証拠はなく、捕獲などもされていません。 さらに、有名になったからこそ、デマや偽造写真などが出回るようになり、余計に調査のジャマになっている。 ウェンディゴ Wendigo ウェンディゴ カナダ南部からアメリカ北端でインディアンたちに伝わる精霊である。 五大湖周辺に生息していると伝承されている。 ウェンディゴの語源は、先住民族の言葉で「人を食らう邪悪な霊魂」という意味である。 驚くべきは、その見た目だ。 ・ 体長は5メートル ・ 人間のような体躯 ・ 頭は鹿の頭蓋骨 ・ 細身 ・ 黄色く、大きな牙 ・ 細長い舌 以上のように、人間に近いようで遠い姿をしている。 ウェンディゴは人に姿を見せることはなく、旅人にひっそりと忍び込んでくると言われている。 また、ウェンディゴは人に取り憑く精霊であり、取り憑かれると周囲の人間を襲い、人肉を食らう化け物となる。 ちなみに、プチ人気なホラゲー「Until Dawn」にて、ウェンディゴが登場いたします! 出典:ゲーム「Until Down」 最後に いかがだったでしょうか? 今回はアメリカの未確認生物UMAをご紹介いたしました! よければ他の記事も見に来てください!.

次の

自分が精霊になると思い込み、猛烈に人肉を欲する奇病「ウェンディゴ症候群」が恐すぎる!(2016年7月18日)|BIGLOBEニュース

ウェンディゴの骨

精霊と言うと聞こえは良いが古くから恐れられた魔物のような性格が強い。 ウェンディゴは氷の精霊とされ、普段は森に住んでいるものと考えられた。 ウェンディゴは人肉を好み人肉を求めて人近づくという。 スポンサーリンク 旅人などの背後に近づき気配だけを悟らせるとされるが実際に人に危害を加える事はないとされ、森の中などで背後に気配を感じたとき人々はウェンディゴの仕業だと信じた。 このウェンディゴは未確認生物や実在するようなニュアンスで語られる事も多いがそのような物ではなく日本で言う所の妖怪のような物なのかもしれない。 ウェンディゴの特徴として動きが素早く目に見えない程の早さで動くといわれる。 その為、背後に気配を感じて後ろを振り返ってもその姿を見る事は出来ない。 こう言う所からも民族間で創り上げられた創造物であることが分かるだろう。 このウェンディゴに取り憑かれて発症するウェンディゴ症候群と言うのがウェンディゴを世界的に有名にさせた。 ウェンディゴ症候群にかかった者は自らがウェンディゴになってしまうという恐怖を覚え、無性に人肉を食したくなり周りの人々を襲う。 多くの場合ウェンディゴになる前に自らが命を断つか、民族の中で処刑されるという。 現実に存在するこの恐怖の病は古くから医学的には民族的精神疾患の一つとされてきたが、現在ではビタミン不足が招く病だとされる見解もある。 その証拠にビタミンが豊富な熊の脂肪を食べると症状が治まるといった驚くべき報告もあるようだ。 1947年1月15日、1人の女性の変死体が発見された。 第一発見者である女性はこの女性遺体をはじめはマネキンだと思ったと言う。 それもそのはず・・・ アメリカ、ニューメキシコのサンタフェにロレットチャペルという教会がある。 1873年、ロレットチャペル・・・ 瞬間移動やテレポーテーションと言ったものは、昔から超常現象の類として良く語られ・・・ 現代の十戒とも呼ばれる巨石がアメリカのジョージア州にある。 この花崗岩で・・・• カテゴリー• 閲覧数top5• 120,784ビュー• 104,634ビュー• 94,127ビュー• 81,651ビュー• 69,117ビュー.

次の