トイレタンク 掃除。 トイレタンク上部・手洗い蓋の掃除方法。水垢が落とせる陶器用スポンジがおすすめ

トイレ掃除には重曹とクエン酸!便器・床・見落としやすい場所のお掃除方法

トイレタンク 掃除

1)トイレに付く汚れは「黒ずみ」「水垢」「尿石」 トイレにつきやすい汚れは 「黒ずみ」「水垢」「尿石」の3つです。 それぞれの汚れの特徴や、効果的な洗剤などを以下で説明します。 黒ずみ 便器の水が溜まっている部分などによくできるのが黒ずみです。 黒ずみは、カビと水垢が混じって固まってできる場合が多いです。 黒ずみ落としに効果的なのは、アルカリ性のセスキ炭酸ソーダや重曹などです。 ひどい場合には、市販の塩素系洗剤がおすすめです。 水垢 手洗い場や蛇口につきやすく、白っぽくざらざらとした汚れが水垢です。 水垢は、水道水に含まれている、カルシウムやマグネシウムといったミネラルが固まったものです。 水道水が乾くと水分自体は蒸発しますが、ミネラルは残ってしまうので、濡れて乾いてを繰り返しているうちに、水垢が蓄積してしまいます。 こすっても落ちづらい厄介な汚れですが、 水垢はアルカリ性なので酸性の市販洗剤や、クエン酸が効果的です。 尿石 便器の汚れでもっとも気になるのが、黄ばんだ尿石ですよね。 尿石は尿に含まれるカルシウムが固まったもので、蓄積してしまうとちょっとやそっとでは落ちません。 しかし、 水垢と同じカルシウムが主な成分なので、酸性の洗剤やクエン酸を使って掃除をすれば、落ちやすいです。 2)おすすめのトイレ掃除の頻度 トイレをきれいな状態でキープしておくには、どれくらいの頻度で掃除すればよいのでしょうか? おすすめの掃除頻度は、トイレの部分ごとに異なります。 汚れやすい便器まわりは毎日、床・壁を含めた念入り掃除は週1回、タンクの中は月1回掃除すれば、常にきれいなトイレ空間を保てるでしょう。 毎日便器掃除なんて大変……と思った方もいるかもしれませんが、毎日の掃除はさっと終わる内容なので、1分あれば十分です。 用を足すついでに行って、汚れを溜めないようにしましょう! 3)ささっとできる!毎日の基本お掃除 毎日のお掃除で大切なのは、とにかく汚れをそのままにしないことです。 短時間で終わる内容なので、欠かさずやるようにしましょう。 用意するもの• トイレ用中性洗剤• トイレ掃除用ブラシ• トイレ用お掃除シート 掃除の手順• 中性洗剤を便器の中に振りかけて、ブラシで汚れをこすり落とす• お掃除シートで便座や便器の外側など便器全体を拭く。 便器のふち裏も忘れずに• お掃除シートを便器の中に入れて、洗剤や汚れと一緒に流す 手順はこれだけです。 毎日掃除していればそんなに汚れはたまらないので、1分程度で終わるはずです。 それでも時間がない、という場合は、お掃除シートで便器に付いた汚れを拭くだけでも構いません。 4)週1回の念入りお掃除 週1回の掃除では、便器だけではなく壁や床も念入りに掃除します。 また、毎日の掃除では落ちきれなかった頑固な汚れもしっかりと落としましょう。 用意するもの• トイレ用中性洗剤• アルカリ性洗剤(重曹・セスキ炭酸ソーダ・市販のアルカリ性洗剤のいずれか)• 酸性洗剤(クエン酸または市販の酸性洗剤)• トイレ掃除用ブラシ• トイレ用お掃除シート• 雑巾 重曹やセスキ炭酸ソーダ、クエン酸などの体に優しいエコ洗剤を使う場合は、スプレーボトルも用意して水溶液を作って使うと便利です。 それぞれの濃度は重曹が水100mlに対して重曹小さじ一杯、セスキ炭酸ソーダは水500mlに対してセスキ炭酸ソーダ小さじ一杯、クエン酸水が水100mlに対してクエン酸小さじ一杯です。 しかし、汚れの程度がひどい場合は、効果の強い市販のアルカリ性洗剤・酸性洗剤がおすすめです。 ただし、強力な分、皮膚に付着したり吸い込んだりすると健康被害の恐れがあるため、取り扱いには注意しましょう。 掃除の手順• 便器を毎日の掃除と同じように、中性洗剤とブラシ、お掃除シートを使って掃除する。 また、手洗い場やレバーなどもしっかりと拭く• 壁をお掃除シートで拭く。 汚れやすい腰の高さの位置までを念入りに拭く• 床をお掃除シートで拭く。 特に汚れが溜まりやすい便器と床のつなぎ目部分を念入りに拭く• 黒ずみが取れない箇所がある場合は、アルカリ性の洗剤を少量吹き付けて雑巾で汚れを拭き取る• 水垢や黄ばみが取れない箇所がある場合は、酸性の洗剤を少量吹き付けて雑巾で汚れを拭き取る 中性洗剤やお掃除シートでは取れない頑固な汚れには、その汚れに合った洗剤を使って効率的に落としましょう。 しかし、床や壁に洗剤を使う場合は、素材によっては変色したりワックスがはがれたりしてしまうことがあります。 洗剤を使っても大丈夫な素材かどうかを予め確認したり、ごく少量だけつけたりするなど、注意が必要です。 5)月1回のタンク掃除 見落としやすいタンク内部ですが、常に水が張っているため、黒ずみや水垢が蓄積しやすいです。 用意するもの• マイナスドライバー• クエン酸(蓋のみに使用)• スプレーボトル• 中性洗剤• 柔らかいスポンジ• 掃除用ブラシ• 使い古しの歯ブラシ• 清潔な布巾 重曹は重曹水(水100mlに対して重曹小さじ1杯)を、クエン酸はクエン酸水(水100mlに対してクエン酸水小さじ1杯)を作ってスプレーボトルに入れて使用します。 lなお、 酸性のクエン酸は、タンク内の器具を傷めてしまう可能性があります。 使用はタンクの蓋のみにとし、タンクの中にクエン酸が流れないように注意しましょう。 掃除手順• 止水栓をマイナスドライバーで閉める• タンクの蓋を外す• 蓋を中性洗剤で付けたスポンジでこすり洗いする。 端の汚れなどは歯ブラシを使用して落とす• 黒ずみがひどい場合は、重曹水スプレーをしてからスポンジや歯ブラシで汚れを落とす• 水垢がひどい場合は、クエン酸水スプレーをしてからスポンジや歯ブラシで汚れを落とす• 汚れが落ちたら、洗剤が残らないように仕上げに水拭きをする タンクの掃除は、まずタンクから壁や床に繋がっている止水栓を閉めます。 水道の蛇口のようなもので、マイナスドライバーを差し込んで回せば簡単に閉められれます。 止水栓を閉めずに蓋を外した状態で洗浄レバーを回してしまうと、水があふれてしまうしまうことがあるので、必ず閉めましょう。 また、タンクの蓋には2種類あり、蓋の上に手洗い場があるタイプと蓋のみのタイプがあります。 蓋のみのタイプは持ち上げるだけで簡単に外せますが、手洗い場があるタイプは蓋とタンクが給水ホースで連結されているので、ホースを外す必要があります。 蓋を少し持ち上げたから、給水ホースの接続部のナットを反時計回りに回して、ホースを外しましょう。 5-3)タンクの中の掃除手順 タンクの中の掃除には、 重曹があれば十分です。 タンク内に水が入っている状態で、粉末の重曹を1カップ入れてよく混ぜます。 そしてそのまま、半日ほど放置しましょう。 タンク内の汚れが重曹に溶かされて浮いてきているはずです。 落ちていない汚れがある場合は、スポンジで軽くこすり、そのあと水を流します。 重曹を入れて放置するだけの簡単作業ですが、これでタンクの中がピカピカになるはずです。 6)落ちにくい臭いや汚れの解決方法は? 掃除をしているはずなのにトイレから嫌な臭いがする、落ちない頑固な汚れがある、という場合は、掃除を見落としている箇所があったり、汚れた蓄積して除去しづらくなっているのかもしれません。 以下で、それらの対策方法について説明します。 しかし、これらの布類は、飛び散った尿や水滴がしみ込みやすく、放っておくと悪臭を放ってしまうことになります。 トイレに置いている布類は、こまめに洗濯するようにしましょう。 週1~2回のペースが理想です。 また、これらの物を置いていると掃除がしにくくなるので、いっそのことまったく置かないというのも手です。 お掃除シートで毎日便器や床を拭く暇があるなら、衛生的にも置かないほうがおすすめです。 長い間掃除をし忘れると、臭いどころか素材によっては床が痛んでしまうこともあります。 できれば、毎日の便器掃除や週1の念入り掃除の際に、お掃除シートでしっかりと拭くようにしましょう。 汚れが溜まっている場合は、2本の割りばしの先端に布を輪ゴムで付けたもので掃除するのがおすすめです。 中性洗剤を少量付けた1本目で汚れを落とし、水で濡らしただけの2本目でふき取れば、境目に入ってしまった汚れもきれいに落ちるでしょう。 機種によっては、持ち上げるだけで便蓋を取り外せたり、掃除するための隙間を広げられる場合があります。 取扱説明書を読んでから外したり隙間を広げたりするなどして、お掃除シートで定期的に汚れを拭き取りましょう。 外し方が分からない場合は、綿棒を2本用意して掃除をしましょう。 1本目に中性洗剤を付けて汚れを拭き取り、水を湿らせた2本目でふき取れば、細い隙間も掃除できるはずです。 6-2)頑固な尿石はクエン酸パック 洗剤を使っても落ちない頑固な尿石は、クエン酸水とトイレットペーパーを使ったパックがおすすめです。 尿石の上にトイレットペーパーを何枚か重ねて覆う• トイレットペーパーの上から、クエン酸水(水100mlに対してクエン酸小さじ1杯)をひたひたになるくらいにまでスプレーで吹き付ける• そのまま30分程度放置する• 放置後トイレットペーパーを取り、お掃除シートで尿石を拭き取る クエン酸を吹き付けた後に、上から食品用ラップで覆って乾燥しないようにするとさらに効果的です。 この方法なら、クエン酸の成分が尿石にしっかりと馴染んで柔らかくなるため、軽く拭くだけで簡単に尿石が除去できるはずです。 7)トイレ掃除で見落としがちな4つの箇所 以下の4つの箇所は掃除の頻度は少なくても大丈夫ですが、ずっと放置しているとやはり汚れが溜まってしまうので、 週1回掃除や月1回掃除のときに、気が付いたら掃除をしましょう。 臭いを取るときにホコリがこのフィルターに溜まるので、気づいたときにホコリを除去するようにしましょう。 大抵の脱臭フィルターは、表面につまみがついているので、簡単に取り外しが可能になっています。 カバー表面は掃除機でホコリを除去したり、雑巾でふき取るなどしてきれいにしましょう。 フィルターが取り外し可能な場合は定期的に外してホコリを取るようにします。 フィルターが取り外せない場合や、内部まで洗浄したい場合は、プロのクリーニング事業者に依頼するのがおすすめです。 気付いたときにお掃除シートでふき取るようにしましょう。 落ちづらい場合は、重曹水スプレーやセスキ炭酸ソーダ水スプレーなどを少量吹き付けてから拭き取ると、落ちやすいです。 ハンディモップなどでホコリを除去した後、布やお掃除シートでふき取りましょう。 8)トイレを汚さないコツ 少しでも日々のトイレ掃除を楽にしたい!という方は、以下のことを実践しましょう。 清潔なトイレのためには、家族の協力も必要不可欠です。 男性には座って用を足してもらう 男性が立って用を足すと、かなりの量の尿しぶきが周囲に飛散します。 この 尿ハネがなくなるだけでかなりの汚れ対策になるため、男性の家族がいる場合は座ってもらうようにしましょう。 汚れたらすぐに掃除をする トイレ内の清潔を維持するには、とにかく汚れを放置しないことです。 使用後に汚してしまったら、すぐに掃除をすることを心がけましょう。 お掃除シートやブラシなどを使いやすい場所に置いておき、家族にも協力を仰げば、いつもピカピカなトイレをキープできるはずです。 9)プロのトイレクリーニングとは トイレクリーニングとは トイレクリーニングとは、業務用の洗剤や道具を使って、トイレ本体はもちろんのこと、 掃除しづらい便器のフチの裏側やタンク内部、床や壁に至るまでトイレ空間全体を徹底洗浄するクリーニングのことです。 トイレクリーニングのメリット トイレクリーニングのメリットは「長年溜まった汚れを一掃できること」です。 毎日丁寧に掃除をしていたとしても、取り切れなかった汚れは少しずつ蓄積していくもの。 特に便器のフチの裏側やタンクの内部、床や壁などは見落としがちで、気づいたら黒ずんでいたり、黄ばんでいたりするケースが多いです。 また、温水洗浄機能付きのトイレの場合、ノズルにも汚れが溜まります。 体のデリケートな部分を洗う場所ですので、汚れているのは生理的に嫌悪感がありますよね。 しかし、トイレに付きやすい尿石や水垢、黒ずみは、蓄積すると通常のトイレ用洗剤とブラシではなかなか落とすことのできない厄介なもの。 そして掃除をするブラシ自体が汚れていると、掃除をしながら汚れや雑菌を広げてしまい、結局新たな汚れを発生させてしまうことも。 トイレの汚れは放っておくと臭いや害虫の発生に繋がるため、清潔なトイレを保つためには定期的に蓄積した汚れを一掃する必要があります。 頑固な汚れをきれいさっぱり落とすには、事業者によるトイレクリーニングが一番おすすめ。 一旦プロの腕で徹底的に洗浄してもらえば、そのあとのお手入れはぐっと楽なものになります。 便器はもちろんのこと、素人の掃除ではなかなか難しい床や壁、タンク内部までピカピカになりますよ! プロに聞く! トイレクリーニングのメリット トイレクリーニングは、 家庭では落としづらい尿石や黄ばみ、黒ずみ、などを除去・洗浄します。 徹底洗浄により一度新品のような状態になれば、そのあとのお手入れが簡単に。 トイレをきれいなまま使い続けるためには、1年に一度事業者によるクリーニングの実施をおすすめします。 全自動掃除機能付きのトイレもクリーニングが必要なの? 最近、使用後に自動で掃除をしてくれる新型のトイレが販売されています。 トイレから出る水流と泡で汚れを落とし、水垢や尿石が付きづらい素材でできていますが、 完璧に汚れが付かないわけではないではありません。 また、便座や便器の外側はもちろん、床や壁など洗浄機能が届かない場所は当然汚れていきます。 普通のトイレよりは手間暇はかかりませんが、普段のトイレ掃除はやはり行わなければならないのです。 また、使用してしばらくすれば汚れも蓄積していきます。 積もった汚れを放っておくと、黒カビや黄ばみ、尿石の原因に。 全自動掃機能付きのトイレは、汚れが付きづらいことは確かですが、確実に使用する度に汚れていっているのです。 きれいなまま使い続けるためには、定期的な事業者によるトイレクリーニングが必要です。 有料オプションで汚れがつきにくくなるコーティング施工をしてくれる事業者もあるので、ご希望の場合は予約時に申し込みましょう。 また、年末の大掃除の時期には予約が集中するので、早めに予約をするのがおすすめです。 9-5. プロに聞きました!トイレ掃除のよくある質問 Q トイレクリーニングで臭いは取れるの? A 臭いの原因が汚れだけの場合は解消されます。 壁や床などに臭いがしみ込んでしまっている場合など、掃除だけでは解決できない場合は取れません。 Q タンク内の掃除って自分でやった方がいいの? A 取扱説明書にトイレタンクを開ける方法が載っている場合は、自分で掃除が可能です。 記載の説明通りに掃除を行ってください。 取扱説明書に開ける方法が載っていなかったり、説明通りの手順でも自力で開けられなかったりする場合は、無理をすると水漏れや故障の原因になりますので、作業を中止して事業者にクリーニングを依頼しましょう。 10)写真で見るプロのトイレクリーニング• 7 10-1. お願いしたのは「FLFクリーンサービス」 今回はFLFクリーンサービスにお願いしました。 仲間同士で立ち上げた会社だそうです。 いらっしゃったのは、結細(ゆいぼそ)さん。 お約束の時間の少し前にマンションに到着。 終始ニコニコしていて、優しい雰囲気の方でした。 持参の掃除道具は、台車1台にコンパクトにまとまっていました。 自宅に入るときには、持参のスリッパを履いて。 さっそくトイレに向かいます。 10-2. 一見きれいに見えるトイレも、実は… まずはクリーニング前の我が家のトイレをご覧ください。 ある程度はきれいにしているつもりですが、よく見ると日々の生活の汚れが目立つ箇所も…。 ズームアップすると、こんな感じ。 トイレットペーパーホルダーには手垢がべっとり。 手洗い吐水口(という名称だそうです!水を流したときに水が流れる蛇口のところです)にも手垢がついていたり、タンクの部分は水垢とホコリがついている状態です。 こういった汚れは落としにくいこともあり「いつかきれいにしよう」と放置しがち。 どれくらいきれいになるのか、楽しみにしていてくださいね。 そして、かがんでのぞき込まないとわからない箇所は、こんなに汚くなっていました。 便器の中も輪ジミができてしまっています。 10-3. クリーニングを開始! まず床に養生のシートを置くことから始まりました。 高いところを掃除するためのステップ台もしっかり持参してくれました。 さらに、使う道具をトイレ前の廊下に並べて準備万端。 (左半分にあるのは、トイレ内にあった我が家の私物です) 準備が整ったら、いよいよクリーニングです。 まずはトイレ内に洗剤を注入。 しばらく漬け込むことで、汚れが落ちやすくなるそうです。 そして、天井の換気扇からスタート。 すべてのパーツを外して、ホコリひとつない状態まできれいに磨いてくれました。 掃除の順序は上から下に。 天井の換気扇の後は、戸棚や壁をきれいに拭いていきます。 10-4. やすりで頑固な汚れを徹底的に掻きとります 便器の掃除に取り出したアイテムは、なんと「やすり」。 これを使って、固く結晶化してしまった汚れや尿石をとことん取り除いてくれました。 ものの数分で、こんなにも汚れが!! こんなに汚かったなんて…と絶句です。 これらの汚れが主にどこにあるかというと、便器のフチだそう。 鏡を使って、一つひとつの汚れを撃退してくれました。 フチの中にある汚れのビフォーアフターはこちら。 すっきりきれいになっているのがお分かりになるかと思います。 見えない、というか見ないようにしていたここがきれいになったのは嬉しい限り。 これを自分でやろうとすると、とてつもない労力がかかりますので、この時点で依頼してよかったなと大満足した私でした。 10-5. 便座をはずしたら、さらにすごかった… 続いて便座を取り外して、ここも徹底的にきれいにしてくれました。 接合部は、茶色い汚れがべっとり。 汚すぎます! 便座と便器の間のクッション材になっているパーツも、取り外して細かなところまできれいにしてくれました。 この、茶色い汚れが… 真っ白に!このパーツが取り外せることすら知らなかったし、こんなに汚いとは盲点でした。 我が家の便座はウォシュレットやヒーターがないシンプルなタイプですが、温水洗浄便座の場合も取り外してパーツ一つひとつを丁寧に磨いてくれるそうです。 ウォシュレットのノズル部分につきやすい汚れって、なかなか取れなくて悩ましい存在ですが、プロならなんなく取り除いてくれますよ! 便器まわりがきれいになったら、タンクもやすりできれいにします。 タンク自体が傷つかない絶妙な力加減で、こびりついた水垢やホコリを取ってくれました。 10-6. 1時間半でクリーニング終了! 最後に床をピカピカに磨き上げて、クリーニング終了です。 どこに置いてあったかをしっかり覚えて、ちゃんと戻してくれるのはとても好印象。 そうでないと、案外がっかりするものです。 トイレットペーパーホルダーや手洗い吐水口は新品同様の輝きが戻っていましたし、心なしかトイレ特有の臭いもなくなった気がします。 トイレクリーニングは1万円で少しおつりがくるくらいが相場です。 優先順位がどうしても下がりがちですが、定期的にプロに頼むのはとてもおすすめ。 自分ではなかなか手が付けられないところまで掃除してくれます。 「きれいなトイレは良い運気を運んでくれる」とも言われるだけに、きれいを妥協せずにメンテナンスするのが理想かと思います。 10-7. トイレクリーニングの頼みどきは、いつ? 最後に、結細さんにトイレクリーニングを依頼するタイミングの見極め方を伺ったところ、下記の2つだそうです。 臭いが気になるようになったら• 普段の掃除で落とせない汚れが気になったら 「うちのトイレはまだきれいだよ」という方は、ぜひ便器のフチをじっくり覗いてみてください。 茶色や黄色の汚れがついていたら、洗剤で落とすのはもはや手遅れな状態です。 「便器内をコーティングする便器専用の洗剤を使ったり、お掃除の際は酸性の洗剤を使うのも、尿石がつきにくなるのでおすすめです」と、きれいを保つためのコツも教えてくれました。 1時間半のクリーニング中、この笑顔をずっと保っていた結細さん! 次回もまたお願いしたい、信頼できる事業者さんでした。

次の

トイレタンク掃除、忘れてない?掃除手順&汚れを防ぐ方法

トイレタンク 掃除

トイレタンクの手洗い蛇口(金具)の汚れの原因 トイレタンクの手洗い蛇口(金具)の汚れの原因が何か、知っていますか? 水周りの汚れでよくあるのが「水垢」汚れですよね。 水道水に含まれているカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが固まって、そのまま蛇口に付着してしまう汚れです。 こういった水垢汚れは、アルカリ性の汚れなので普通のアルカリ性・塩素系の洗剤では汚れを落とすことができません。 このようなアルカリ性の汚れには、酸性の洗剤などを使うのが効果的です。 手洗い蛇口(金具)の水垢汚れに使える洗剤について 手洗い蛇口(金具)の水垢汚れは、アルカリ性の汚れなのでよく使われている塩素系洗剤を使っても効果がないですよね。 アルカリ性の汚れには、酸性の洗剤などを使うのが効果的です。 とはいっても、洗剤の大半はアルカリ性・塩素系なのでドラッグストアやスーパーに行ってもどれを買ったらいいのか分からなくて迷います。 そこで手洗い蛇口(金具)の水垢汚れの掃除に使える洗剤などについて、近くのお店で誰でも買えるものをご紹介いたします。 サンポール トイレ用の酸性洗剤といえば「サンポール」です。 本来は、水垢と同じアルカリ性の汚れである尿石を掃除する際に使われる洗剤です。 使い方は簡単で、少量をタンクの手洗い部分に塗布して雑巾で磨くだけです。 これで、水垢を溶かして落とすことができます。 ただし、サンポールは酸性洗剤なのでアルカリ性・塩素系洗剤と混ざらないように注意してください。 トイレの便器を塩素系の洗剤で掃除したあとにサンポールを使うと、洗剤が混ざって有毒ガスが発生するおそれがあります。 また、手洗い蛇口(金具)のような金属に酸性洗剤がつくと「腐食」の原因になるので、金具などにつかないように注意して使いましょう。 金具だけでなく、樹脂製の素材も変色などのトラブルを引き起こすので陶器以外には使用しないようにしましょう。 クエン酸 手洗い蛇口(金具)の部分を掃除する際は、クエン酸を使うのがおすすめです。 クエン酸は、ドラッグストアやスーパー、100円ショップなどでも売られているので手に入れやすいですよね。 クエン酸を掃除に使う際は、「クエン酸水」を作ります。 【クエン酸水の作り方】• スプレーボトルにクエン酸小さじ1杯と水200mlを入れます。 ボトルを振ってクエン酸を水に溶かします。 完成です。 クエン酸もサンポールと同じように酸性なのですが、サンポールのように強力ではありません。 そのため、クエン酸水を使う際はキッチンペーパーをクエン酸水で濡らして手洗い蛇口にくっつけて2~3時間ほど放置した後で雑巾などで拭いて水垢汚れを落とします。 少し時間と手間がかかってしまいますが、あまり強力な洗剤を使いたくないという人におすすめの方法です。 クエン酸も酸性なので、金具の掃除をした後はしっかりと拭き取るようにしましょう。 お酢 クエン酸がない場合は、お酢で代用することも可能です。 使い方も簡単で、クエン酸のようにキッチンペーパーに浸してつけおきした後に雑巾などで拭くだけです。 掃除した直後は匂いが気になりますが、クエン酸をわざわざ買いたくないという人にはおすすめです。 お酢もクエン酸と同様に酸性なので、金具の掃除をした後はサビの原因にならないようにしっかりと拭き取りましょう。 手洗い蛇口(金具)の水垢予防 手洗い蛇口(金具)につく水垢汚れは掃除で落とすよりも、日頃から予防対策をしておく方が楽です。 対策といっても、毎日の掃除でから拭きを徹底するだけで十分です。 また、少し水垢がついていたらクエン酸水で早めに掃除すると、頑固な水垢汚れになる前に簡単に汚れを落とすことができます。 トイレタンク内を掃除する場合 トイレタンクの手洗い部分の掃除をしていると、タンク内の汚れも気になってしまいますよね。 トイレのタンク内を掃除する際は、タンク上と違って雑菌・黒かび・黒ずみなどの酸性の汚れが多いので中性洗剤を使って掃除をします。 掃除前に必ず説明書を確認しましょう。 【タンク内の掃除に必要な道具】• ・ゴム手袋• ・中性洗剤• ・スポンジや歯ブラシ 掃除をする際は、最初に給水管の止水栓を止めて、レバーを回してタンク内の水が空にしておきます。 トイレのタンク内には、給水管からの水の出入りを操作しているボールタップやタンク内に水が流れないようにしているフロートバルブがあります。 これらの部品を触って動かしてしまった場合に備えて、写真を撮って位置などを確認しておくといいでしょう。 掃除自体は、中性洗剤とスポンジや歯ブラシを使って磨いていくだけです。 トイレタンクの手洗い蛇口(金具)の掃除方法まとめ 今回は、トイレタンクの手洗い蛇口(金具)とタンク内の掃除方法についてご紹介いたしましたが最後にざっと要点だけをまとめておきたいと思います。 【手洗い蛇口(金具)の掃除方法】• ・汚れの原因は水垢(水道水のミネラル)• ・水垢はアルカリ性の汚れなので酸性の洗剤を使う• ・サンポール、クエン酸、お酢などが使える• 【トイレタンク内の掃除方法】• ・タンク内の汚れは酸性の汚れ• ・中性洗剤を使うがタンクの素材によっては使えない• ・重曹を使えばきれいな状態が長持ちする 会社のお客様用のトイレや、家に友達や大事なお客様がくるという場合は、今回紹介した方法を使ってトイレをピカピカに掃除してみてはいかがでしょうか。 「店舗のトイレが詰まってしまって、2日前に詰まったんですよ。 水が下がってきたので大丈夫かなと思って掃除をしたんですけど、続けて流すとブワーっと水位が上がってきて。 トイレットペーパーが流れなくてくるくる回ってるだけで。 」と重い口調で戸惑っている様子でお問い合わせを頂きました。 店舗のトイレが詰まってしまったとのことで、豊中市庄内東町が今回のお伺い先です。 60分ほどでお伺いができますがいかがでしょうか?とご案内をすると「お願いできますか?」と明るくなられてご予約頂けました。 お客様は料金がいくらになるのか心配されていましたが、見積もりの流れなどをお聞きになるとご安心頂けました。 受付日時 2020年5月20日 22時30分頃 受付担当 稲葉 担当より一言 お客様がどのような状況で困っているかできるだけ早く汲み取って、適切なパートナーの手配もスムーズにできるように心がけています。

次の

トイレ掃除には重曹を使おう!効果的な重層の使い方

トイレタンク 掃除

お家のトイレのタンク、開けたことありますか? 冷蔵庫のように、頻繁に開ける場所ではありませんよね。 1年開けてない、なんて方もいるのではないでしょうか。 ですが、トイレのタンクは非常に汚れが溜まりやすい場所です。 もし何ヶ月も掃除していないなら、あなたのお家のタンクは汚れでびっしりかもしれません。 便器を掃除して、綺麗にしてもすぐに汚れてしまう。 最近トイレのにおいがひどい。 そんな現象に心当たりのある方は、今すぐトイレのタンクの蓋を開けてみてください! 思わず目を背けたくなるような光景が広がっているかも……。 タンクの汚れは「カビ」と「におい」に直結 なぜ、トイレのタンクを掃除しなくてはいけないのでしょうか? それは、 タンクがトイレの臭いの原因になっているかもしれないからです。 「きちんと便器を掃除しているのにトイレが臭い……。 」 という方は、トイレのタンクを開けてみてください。 タンクの内側や蓋の裏に、黒ずみがたまっていませんか? その黒ずみの正体は、 黒カビです。 黒カビがたまり続けると、ドブのような悪臭の原因になります。 その黒カビが原因で、 タンクから嫌な臭いがしてしまうのです。 便器の汚れは、タンクの汚れ タンクの汚れは、便器の汚れに繋がる可能性があります。 トイレを流すとき、タンクに溜まった水と一緒に、 タンク内で繁殖したカビが便器に流れていくからです。 そのままカビが便器にはり付き、繁殖してしまうのです。 カビが水垢の汚れと合わさると非常に頑固な汚れに変化してしまいます。 3ヶ月以上そのまま放置した黒ずみは、すでに水垢の汚れと合わさって頑固になっているかもしれません…… なぜ3ヶ月という時間かというと、黒カビは3ヶ月ほどで繁殖し始めるからです。 トイレタンクには、常に水が溜まっているので、カビにとって最適な環境なのです。 黒カビは、最終的には肺炎や喘息、アレルギーの原因となります。 もちろんその手前の段階で「くさいな」という被害が出てきますが、最悪の場合として体に悪影響もあるよ、ということも意識してみてください。 だから、タンクの掃除はきちんとするべきなのです。 便器が黒ずむのを防ぐためにも、勇気を出してタンクの掃除をしましょう! タンクを掃除する前に注意点をおさらい 今すぐトイレタンクを掃除したいところですが、一旦ストップ! 掃除を始める前に、いくつか 注意してもらいたいポイントがあるのです。 カビや臭いが解決しても、壊してしまったり不具合が出ては元も子もありませんよね。 一見便利そうな道具の中にも、注意点が潜んでいるのです。 カビキラーは使えない? まず注意したいのが 「カビキラー」になります。 カビを綺麗にしたい時、無意識に使いたくなってしまいますよね。 カビキラーの強い効果は「塩素」によるもの。 これらの「塩素系漂白剤」と呼ばれる洗剤は、トイレタンクに 使ってはいけません。 タンクの中には、鉄の配管やゴムのパッキンが使われています。 塩素の強い効果は、これらの部品を傷めてしまうのです。 最悪の場合、水漏れなどの原因になるので、気をつけてくださいね。 でも、水だけでは綺麗にならないのも事実。 そこで、洗剤を使いたい場合は 「中性洗剤」を選びましょう。 その名の通り中性ですので、鉄やゴムなどの部品も傷めずに済みます。 割れないように注意 トイレタンクの汚れは、頑固なものが多いです。 ついつい夢中になって、力が入りすぎてしまうものです。 落ちない汚れって、本当に腹が立ちますよね! でもここにも注意点が。 単純なことですが、力み過ぎると 「トイレタンクが割れる」なんてことになりかねません。 あんなに固いトイレなら、大丈夫だと思いますよね? 今みなさんが使っているトイレの多くは 「陶器」で作られています。 ご存知の通り、劣化しづらく長持ちすることがメリットです。 でもタンクを掃除するときフタを外しますよね?そう、このフタこそが最も注意してもらいたいポイントなのです。 もうお分かりかと思いますが、フタを滑らせてぶつけてしまうとでひび割れることがあります。 重さもありますので、ご自分の足などに落とさないよう、十分注意してくださいね。 また、 熱湯も使用してはいけません。 カビは熱湯でやっつけることができますが、トイレタンクには不向きです。 陶器に熱湯を使うとひび割れてしまうので、合わせて注意しましょう。 まずはタンクの蓋の掃除から タンクの中を掃除する前に、タンクの蓋を掃除しましょう。 手洗い器がついているかいないかで、することが少し変わります。 タンクの中が綺麗になったら、蓋を閉めます。 そして、止水栓を緩めてタンクの中に水を溜めましょう。 この時も、必ず止水栓の緩め方を調整してくださいね! 溜まったら、レバーを引いて一度水を流しましょう。 ここまで、トイレのタンクを掃除する方法を紹介しました。 タンクを綺麗にすれば、便器も汚れにくくなります。 「止水栓を閉める」などと聞くと「大変そうだな」と思ってしまいますが、意外と簡単です。 ぜひ一度、挑戦してみてください。 トイレのクリーニングをプロに頼むべきタイミングとは? トイレの臭いが気になったら、トイレのタンクをお掃除しましょう!というのがここまでのお話でした。 しかし、自分でのお掃除に限界を感じることもあると思います。 汚れがなかなか落ちない、掃除をしてもすぐに汚れる、なんてときは、お掃除するのが嫌になっちゃいますよね。 そんな時におすすめなのが、 プロのトイレクリーニングです! あなたのマイスターでは、トイレクリーニングのプロに「」と聞いてみました!たくさんの回答の中から一部をご紹介します! トイレ全体に匂いが染みついて不快になる。 便器に尿石が付きご自分で落とせなくなった。 壁に飛び散った尿の跡が取れない。 このような事が有りましたらクリーニングした方が良いと思います。 汚れの感じ方は人それぞれなので、 汚れが気になったタイミングでお掃除するのがおすすめという意見が多かったです。 また、プロしか気づかない汚れもあるので、一度トイレクリーニングをしたほうが良いと語るプロもいました! トイレのタンクを綺麗にしても臭いが残っているとき。 特に、トイレ独特のアンモニア臭がトイレ全体から臭っているような場合には、トイレクリーニングがおすすめです! 「あなたのマイスター」では、もっとたくさんのプロに、他にもいろいろな疑問に答えてもらっています。 そんなプロの声を「」に集めました。 自分でお掃除するときも、ハウスクリーニングをお願いするときも、役に立つこと間違いなしです! 綺麗に保つためにできる2つのこと タンクを掃除したら、その綺麗な状態を長く保ちましょう。 そのためにできることが2つあります。 重曹を入れておく 一番お手軽な方法が、タンクに重曹を入れておくことです。 一度、綺麗にしたタンクは、重曹を入れておくだけでも綺麗な状態を保てるのです。 月に1回ほど、タンクの中に カップ1杯の重曹を入れて、6時間ほどつけ置きします。 その間はトイレを使えないので、出かける前や寝る前に重曹を入れておくのがおすすめです。 つけ置きが終わったら、洗浄レバーを回して水を流せば、お掃除は完了です。 置き型の 洗浄剤は使わないほうがいい?! 手洗い器に置くことで、便器を綺麗にする洗浄剤がありますよね。 便器を綺麗に保てるので確かに便利です。 だたし、気を付けたいことが2つあります。 ・ 中性の洗浄剤を選ぶ 酸性やアルカリ性の洗浄剤を使うと、便器を綺麗にすることはできます。 でも、タンク内の器具を傷めてしまう恐れがあるのです。 置き型の洗剤を使いたい時には、 中性の洗剤を選びましょう。 ・ 色付きの洗浄剤は避ける 色付きの洗浄剤は、タンクの蓋や底に色が残ってしまうことがあります。 タンクの掃除が大変になるので、注意が必要です。 便器には3種類の汚れがあります。 それは、水垢、黄ばみ、黒ずみ。 水垢や黄ばみは酸性の洗剤を使えばキレイに落とすことができます。 一方で、黒ずみの正体はカビです。 そのため、酸素系漂白剤がおすすめ。 黒カビを放っておくと、嫌な臭いの原因になってしまいます。 便器をお掃除だけでは、トイレの臭いは解決しないのです! 少し勇気がいるかもしれませんが、一度自分でお掃除してみてください! 自分で掃除してみて、臭いが取れたら嬉しいですよね。 でも、どうしても自分でやりたくないという方は、プロにお任せするのがおすすめです。

次の