ポケモンマスターズ ダイゴ。 ポケモンマスターズのダイゴやメイの声優を考察!グリーンやレッドも予想!

ポケモンマスターズのダイゴやメイの声優を考察!グリーンやレッドも予想!

ポケモンマスターズ ダイゴ

概要 『』 第3世代 に登場したキャラクター。 名前の由来は恐らく単子葉植物ミクリ科の植物「ミクリ」。 キャッチコピーは「 水のイリュージョニスト」。 英語名は"Wallace"。 RSE 『ルビー・サファイア』では、のルネジムのとして登場。 のポケモンの使い手。 勝利すると「レインバッジ」と「みずのはどう」のわざマシンが貰える。 『エメラルド』では、ホウエン地方のとして登場。 この設定は以降の作品でも継続しているかどうか不明であったが、『』において、正式にミクリがチャンピオンの座に就いている事が明らかになっている。 同作で初登場したみずタイプ使いのとは師弟関係にあり、チャンピオンのミクリに代わり彼がミクリの師匠としてルネジムのジムリーダーを務めている。 『ルビー・サファイア』ではグラードンorカイオーガによる異常気象の際に「ルネの人間はめざめのほこらに入ることができない」と言っており、実際にほこらには入らなかったが、『エメラルド』ではなぜかほこらの最深部にいた。 『エメラルド』での自己紹介文が 「ちせいと うつくしさを かねそなえた わたし・・・」であり、 ナルシストな一面も垣間見える。 また、チャンピオン戦後に言い放った名台詞、 「なんとワンダフル にくらしいほどエレガント だけどとってもグロリアス!」は、アニメ版でも採用された。 ORAS リメイク版の『』ではルネジムのジムリーダーとして登場。 勝利後に貰えるわざマシンが「たきのぼり」に変更されている。 3Dに起こされた事もあって、主人公へポーズキメキメで渡してくれる。 殿堂入り後のストーリー「エピソードデルタ」にも登場。 そらのはしらへ入る前にミクリと再戦するイベントがあり、その際の肩書は「 ルネのたみ」となっている。 リメイク元の『ルビー・サファイア』と同じくチャンピオンの座に就いているのはだが、事件の収束後、ダイゴは「自然やポケモンをさらに学ばなければならない」と、今はリーグで責任を果たすが自分の足で世界を歩くためいつかホウエンを離れるかもしれないことを示唆している。 ダイゴは「その希望が叶う時が来たらミクリに力になってほしい」とも続けており、明言はされていないが、『エメラルド』でミクリがチャンピオンだったことを踏まえると、その後ミクリが彼に代わりチャンピオンに就任する可能性もあるといえるだろう。 容姿 RSE ノースリーブで大きな切れ込みの入った衣装となり肌の露出が増え、三連のブレスレットや緑色のショールが追加されるなど、装飾品もハデになった。 アニメ版でのミクリ CV: 「」では登場しなかったが、「」第75話で初登場し、第77~79話・「」第93話(の回想で)で再登場した。 また、レギュラー以外で次回予告を務めたキャラクターでもある。 パートナーは。 各地で定期的に特別なコンテスト大会「 ミクリカップ」を行っており、コンテストマスターとして名を馳せている。 このミクリカップで得られるリボン「アクアリボン」はミクリカップが各地で開催されるためか、全国のグランドフェスティバルで通用するリボンとなっており、毎回多くの参加者が募る。 もミクリカップに参加するため、ジョウトを回っていたがはるばるシンオウまでやってきた。 ファンやコーディネーター達、ハルカやヒカリからは「ミクリ様」と呼ばれている。 (からは「ミクリ君」と呼ばれている) 元ルネジムのジムリーダーで、ホウエン地方のポケモンリーグチャンピオンでもあった。 ちなみにアニメでのアダン、ダイゴとの関係は不明。 優雅で華麗なバトルスタイルから 「水のアーティスト」と呼ばれており、多くの女性が彼のファンである。 ジムトレーナーも女性ばかり。 ポケスペでのミクリ ではルネジムのジムリーダーとして登場。 ポケモンコーディネーターとしてのレベルも高く、からは「師匠」と呼ばれている。 また、ポケモンリーグチャンピオンの座を辞退し、作中では師匠のアダンの後を継いでルネジムのジムリーダーをしている。 その際、チャンピオンの座にはダイゴが就任している。 ヒワマキジムのとは恋人同士だった。 終盤になるとダイゴから本来就くはずであったポケモンリーグチャンピオンの座を引き継ぐことになる。 その際ジムリーダーの座は、一時的にアダンが継いでいる。 をエリザベス、をフィリップなど、 メインキャラ以外では珍しく手持ちのポケモンをニックネームで呼んでいる。 ゲーム版やアニメ版と同じくダイゴとの交友関係は不明だが、ダイゴの言動や二人の会話から古くからの友人であると考えられる。 他媒体 CV: ミロカロスをバディとして登場。 所持ポケモン 『ルビー・サファイア』 ジムリーダー• (切り札)Lv. 43 『エメラルド』 チャンピオン• ナマズンLv. ミロカロス(切り札)Lv. 58 『ブラック2・ホワイト2』 チャンピオン• ミロカロス(エース)• ルンパッパ• 『オメガルビー・アルファサファイア』 ジムリーダー ジムリーダーとしての使用ポケモンは『ルビー・サファイア』と同様。 ラブカスLv. ナマズンLv. トドグラーLv. アズマオウLv. ミロカロス(切り札)Lv. 46 ルネのたみ• ホエルオーLv. ドククラゲLv. ルンパッパLv. ギャラドスLv. ナマズンLv. ミロカロス 切り札 Lv. 57 こちらの手持ちは『エメラルド』と同じ。 親族 『ORAS』から登場したの容姿と共通点が見られるが、彼女はミクリの姪(姉の娘)である。 コンテストのルチアが出場するマスターランクで彼女に勝利すると、うつくしさコンテストのマスターランクのみ、ミクリが参加する事がある。 これに優勝すると会話が聞ける。 ルチアにコンテストのいろはを教えたのはミクリであるらしく、ルチアが会話中に度々ポーズを決める癖もミクリ譲りの可能性がある。 ミクリはコンテストにおける才能は自分よりルチアの方が上だと認めており、実際にチルル(ルチアの手持ちポケモンの)のコンディションは、ミクリのミロカロスを上回る。 余談ではあるが、には「ルチアににたおねえさん」が表紙になった雑誌が存在する。 わざわざ「ルチアに似ている」ということを強調していることから、彼女がルチアの母にしてミクリの姉である可能性が高い。 関連イラスト タグ登録は「」が多い。

次の

ミクリ(トレーナー) (みくり)とは【ピクシブ百科事典】

ポケモンマスターズ ダイゴ

概要 『』 第3世代 に登場したキャラクター。 名前の由来は恐らく単子葉植物ミクリ科の植物「ミクリ」。 キャッチコピーは「 水のイリュージョニスト」。 英語名は"Wallace"。 RSE 『ルビー・サファイア』では、のルネジムのとして登場。 のポケモンの使い手。 勝利すると「レインバッジ」と「みずのはどう」のわざマシンが貰える。 『エメラルド』では、ホウエン地方のとして登場。 この設定は以降の作品でも継続しているかどうか不明であったが、『』において、正式にミクリがチャンピオンの座に就いている事が明らかになっている。 同作で初登場したみずタイプ使いのとは師弟関係にあり、チャンピオンのミクリに代わり彼がミクリの師匠としてルネジムのジムリーダーを務めている。 『ルビー・サファイア』ではグラードンorカイオーガによる異常気象の際に「ルネの人間はめざめのほこらに入ることができない」と言っており、実際にほこらには入らなかったが、『エメラルド』ではなぜかほこらの最深部にいた。 『エメラルド』での自己紹介文が 「ちせいと うつくしさを かねそなえた わたし・・・」であり、 ナルシストな一面も垣間見える。 また、チャンピオン戦後に言い放った名台詞、 「なんとワンダフル にくらしいほどエレガント だけどとってもグロリアス!」は、アニメ版でも採用された。 ORAS リメイク版の『』ではルネジムのジムリーダーとして登場。 勝利後に貰えるわざマシンが「たきのぼり」に変更されている。 3Dに起こされた事もあって、主人公へポーズキメキメで渡してくれる。 殿堂入り後のストーリー「エピソードデルタ」にも登場。 そらのはしらへ入る前にミクリと再戦するイベントがあり、その際の肩書は「 ルネのたみ」となっている。 リメイク元の『ルビー・サファイア』と同じくチャンピオンの座に就いているのはだが、事件の収束後、ダイゴは「自然やポケモンをさらに学ばなければならない」と、今はリーグで責任を果たすが自分の足で世界を歩くためいつかホウエンを離れるかもしれないことを示唆している。 ダイゴは「その希望が叶う時が来たらミクリに力になってほしい」とも続けており、明言はされていないが、『エメラルド』でミクリがチャンピオンだったことを踏まえると、その後ミクリが彼に代わりチャンピオンに就任する可能性もあるといえるだろう。 容姿 RSE ノースリーブで大きな切れ込みの入った衣装となり肌の露出が増え、三連のブレスレットや緑色のショールが追加されるなど、装飾品もハデになった。 アニメ版でのミクリ CV: 「」では登場しなかったが、「」第75話で初登場し、第77~79話・「」第93話(の回想で)で再登場した。 また、レギュラー以外で次回予告を務めたキャラクターでもある。 パートナーは。 各地で定期的に特別なコンテスト大会「 ミクリカップ」を行っており、コンテストマスターとして名を馳せている。 このミクリカップで得られるリボン「アクアリボン」はミクリカップが各地で開催されるためか、全国のグランドフェスティバルで通用するリボンとなっており、毎回多くの参加者が募る。 もミクリカップに参加するため、ジョウトを回っていたがはるばるシンオウまでやってきた。 ファンやコーディネーター達、ハルカやヒカリからは「ミクリ様」と呼ばれている。 (からは「ミクリ君」と呼ばれている) 元ルネジムのジムリーダーで、ホウエン地方のポケモンリーグチャンピオンでもあった。 ちなみにアニメでのアダン、ダイゴとの関係は不明。 優雅で華麗なバトルスタイルから 「水のアーティスト」と呼ばれており、多くの女性が彼のファンである。 ジムトレーナーも女性ばかり。 ポケスペでのミクリ ではルネジムのジムリーダーとして登場。 ポケモンコーディネーターとしてのレベルも高く、からは「師匠」と呼ばれている。 また、ポケモンリーグチャンピオンの座を辞退し、作中では師匠のアダンの後を継いでルネジムのジムリーダーをしている。 その際、チャンピオンの座にはダイゴが就任している。 ヒワマキジムのとは恋人同士だった。 終盤になるとダイゴから本来就くはずであったポケモンリーグチャンピオンの座を引き継ぐことになる。 その際ジムリーダーの座は、一時的にアダンが継いでいる。 をエリザベス、をフィリップなど、 メインキャラ以外では珍しく手持ちのポケモンをニックネームで呼んでいる。 ゲーム版やアニメ版と同じくダイゴとの交友関係は不明だが、ダイゴの言動や二人の会話から古くからの友人であると考えられる。 他媒体 CV: ミロカロスをバディとして登場。 所持ポケモン 『ルビー・サファイア』 ジムリーダー• (切り札)Lv. 43 『エメラルド』 チャンピオン• ナマズンLv. ミロカロス(切り札)Lv. 58 『ブラック2・ホワイト2』 チャンピオン• ミロカロス(エース)• ルンパッパ• 『オメガルビー・アルファサファイア』 ジムリーダー ジムリーダーとしての使用ポケモンは『ルビー・サファイア』と同様。 ラブカスLv. ナマズンLv. トドグラーLv. アズマオウLv. ミロカロス(切り札)Lv. 46 ルネのたみ• ホエルオーLv. ドククラゲLv. ルンパッパLv. ギャラドスLv. ナマズンLv. ミロカロス 切り札 Lv. 57 こちらの手持ちは『エメラルド』と同じ。 親族 『ORAS』から登場したの容姿と共通点が見られるが、彼女はミクリの姪(姉の娘)である。 コンテストのルチアが出場するマスターランクで彼女に勝利すると、うつくしさコンテストのマスターランクのみ、ミクリが参加する事がある。 これに優勝すると会話が聞ける。 ルチアにコンテストのいろはを教えたのはミクリであるらしく、ルチアが会話中に度々ポーズを決める癖もミクリ譲りの可能性がある。 ミクリはコンテストにおける才能は自分よりルチアの方が上だと認めており、実際にチルル(ルチアの手持ちポケモンの)のコンディションは、ミクリのミロカロスを上回る。 余談ではあるが、には「ルチアににたおねえさん」が表紙になった雑誌が存在する。 わざわざ「ルチアに似ている」ということを強調していることから、彼女がルチアの母にしてミクリの姉である可能性が高い。 関連イラスト タグ登録は「」が多い。

次の

ダイゴ&メタグロス

ポケモンマスターズ ダイゴ

ステータス ロール 弱点 HP 攻撃 防御 特攻 443 384 170 125 特防 素早さ ヘイト値 166 222 497. 自分を急所状態にする。 また、「プラスパワー」で攻撃を2段階上昇したり、「僕が一番だよね」で次回急所を付与することも可能なため、全体的な攻撃性能も高いです。 元もトップクラスだった攻撃がトップになるので、技の火力が更に上昇します。 「バレットパンチ」は技ゲージ消費が0のため、実質技ゲージ回復の攻撃として扱えます。 また「バレットパンチ」は最大威力90なので、火力稼ぎにも申し分ないです。 最新情報 最新アップデート情報• 新バディーズ情報一覧• ランキング• 初心者におすすめ記事• バディーズ一覧• ストーリー一覧 ソロストーリー• 修練&大修練 エクストラエリア• マルチストーリー• EXチャレンジ• アイテム一覧• わざ一覧• 掲示板•

次の