奈良 県 コロナ。 新型コロナ『ドライブスルー検査』奈良県でスタート 時間も10~20分に短縮

新型コロナウイルス関連情報まとめ

奈良 県 コロナ

事業の紹介 奈良県から施設の休止や営業時間の短縮(以下、「休業等」という。 )の要請及び協力の依頼(以下、「要請等」という。 )に協力した県内事業者に対し、 1事業者あたり 個人事業主は10万円、中小企業、 その他法人は20万円の 新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(以下「協力金」という。 )を交付します。 下記のとおり、「奈良県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金」の申請を受付けします。 申請受付期間を6月30日(火曜日)(当日消印有効) まで延長しました。 要件 対象となる法人を追加しました。 なお、その他法人で協力金の対象となるのは、基本財産額・出資金等、常時雇用 する従業員数から中小企業と同等とみなせる場合に限る。 (2) 4月25日(土曜日)0時から5月6日(水曜日)までの全ての期間(以下、「協力金交付対象期 間」という。 )において、必要な許認可を取得の上、自らが県内で運営する休業等の要請等の対象と なる全ての施設の休業等に協力した者であること。 (終日休業も含む。 ) なお、酒類の提供は午後7時までとすること。 ただし、4月24日 (金曜日)以前から自主的に営業時間を上記時間帯に変更していた場合は対 象となります。 (3) 協力金交付対象期間前に、(2)の施設について営業の実態があること。 (4) 法人にあっては役員、支配人及び支店又は営業所の代表者、個人にあってはその者、支配人及び支店 又 は営業所の代表者(以下「役員等」という。 )が暴力団員(暴力団員による不当な行為の防止等に 関す る法律(平成3年法律第77号。 以下「暴対法」という。 )第2条第6号に規定する暴力団員を いう。 以下同じ。 )でないこと。 また、役員等が暴力団(暴対法第2条第2号に規定する暴力団をい う。 )又は 暴力団員と社会的に非難されるべき関係を有する者でないこと。 申請受付期間を6月30日(火曜日)(当日消印有効) まで延長しました。 ) 簡易書留など郵便物の追跡ができる方法で郵送ください。 必要に応じて追加書類の提出及び説明を求めることが あります。 また、申請書類の返却は致しません。 法人の場合は、「法人事業概況説明書、法人税確定申告書別表一(一)」 を提出してく ださい。 なお、 いずれの書類も無い場合はコールセンター(0742-27-3600)までお問い合わせ ください。 カ.本人確認書類(写しで可) 個人事業主の場合は、本人確認のために、次の書類等の写しを提出してください。 例:運転免許証(表・裏の両方)、パスポート(顔写真記載ページと所持人記入欄ページ)、 保険証等の書類 など 法人の場合は、上記ウの「営業実態が確認できる資料」の中で法人番号が確認できない場合、 次の書類等の写しを提出してください。 (法人の場合は当該法人名義の口座に限ります。 お問い合わせ 現在お電話が大変混雑しており、繋がりにくい状態となっております。 現在、多数の申請をいただいており順次審査を進めています。 申請書類の審査の結果、適正と認められる場合は、「交付決定通知書」を送付し、 指定口座に 振り込みます。 また、申請書に不備があれば、 事務処理センターから 必ず個別に連絡します。 その場合、内容確認や書類の補正などに 時間を要します。 以上、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。 開設期間は6月30日(火曜日)までを予定しております。 詳しくは当ホームページをご確認ください。 本協力金の交付開始は 令和2年5月下旬以降を予定しています。 (休業要請等の対象施設など、詳細は上記「よくある問い合わせ」PDFファイルをご確認ください。 ) 9. 協力事業者の紹介 奈良県からの休業要請等に応じてご協力いただいた事業者については、事業者の施設名(屋号)を奈良県の ホームページでご紹介させていただくことがあります。

次の

新型コロナウイルス関連情報

奈良 県 コロナ

事業の紹介 奈良県から施設の休止や営業時間の短縮(以下、「休業等」という。 )の要請及び協力の依頼(以下、「要請等」という。 )に協力した県内事業者に対し、 1事業者あたり 個人事業主は10万円、中小企業、 その他法人は20万円の 新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(以下「協力金」という。 )を交付します。 下記のとおり、「奈良県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金」の申請を受付けします。 申請受付期間を6月30日(火曜日)(当日消印有効) まで延長しました。 要件 対象となる法人を追加しました。 なお、その他法人で協力金の対象となるのは、基本財産額・出資金等、常時雇用 する従業員数から中小企業と同等とみなせる場合に限る。 (2) 4月25日(土曜日)0時から5月6日(水曜日)までの全ての期間(以下、「協力金交付対象期 間」という。 )において、必要な許認可を取得の上、自らが県内で運営する休業等の要請等の対象と なる全ての施設の休業等に協力した者であること。 (終日休業も含む。 ) なお、酒類の提供は午後7時までとすること。 ただし、4月24日 (金曜日)以前から自主的に営業時間を上記時間帯に変更していた場合は対 象となります。 (3) 協力金交付対象期間前に、(2)の施設について営業の実態があること。 (4) 法人にあっては役員、支配人及び支店又は営業所の代表者、個人にあってはその者、支配人及び支店 又 は営業所の代表者(以下「役員等」という。 )が暴力団員(暴力団員による不当な行為の防止等に 関す る法律(平成3年法律第77号。 以下「暴対法」という。 )第2条第6号に規定する暴力団員を いう。 以下同じ。 )でないこと。 また、役員等が暴力団(暴対法第2条第2号に規定する暴力団をい う。 )又は 暴力団員と社会的に非難されるべき関係を有する者でないこと。 申請受付期間を6月30日(火曜日)(当日消印有効) まで延長しました。 ) 簡易書留など郵便物の追跡ができる方法で郵送ください。 必要に応じて追加書類の提出及び説明を求めることが あります。 また、申請書類の返却は致しません。 法人の場合は、「法人事業概況説明書、法人税確定申告書別表一(一)」 を提出してく ださい。 なお、 いずれの書類も無い場合はコールセンター(0742-27-3600)までお問い合わせ ください。 カ.本人確認書類(写しで可) 個人事業主の場合は、本人確認のために、次の書類等の写しを提出してください。 例:運転免許証(表・裏の両方)、パスポート(顔写真記載ページと所持人記入欄ページ)、 保険証等の書類 など 法人の場合は、上記ウの「営業実態が確認できる資料」の中で法人番号が確認できない場合、 次の書類等の写しを提出してください。 (法人の場合は当該法人名義の口座に限ります。 お問い合わせ 現在お電話が大変混雑しており、繋がりにくい状態となっております。 現在、多数の申請をいただいており順次審査を進めています。 申請書類の審査の結果、適正と認められる場合は、「交付決定通知書」を送付し、 指定口座に 振り込みます。 また、申請書に不備があれば、 事務処理センターから 必ず個別に連絡します。 その場合、内容確認や書類の補正などに 時間を要します。 以上、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。 開設期間は6月30日(火曜日)までを予定しております。 詳しくは当ホームページをご確認ください。 本協力金の交付開始は 令和2年5月下旬以降を予定しています。 (休業要請等の対象施設など、詳細は上記「よくある問い合わせ」PDFファイルをご確認ください。 ) 9. 協力事業者の紹介 奈良県からの休業要請等に応じてご協力いただいた事業者については、事業者の施設名(屋号)を奈良県の ホームページでご紹介させていただくことがあります。

次の

新型コロナ あす休業要請解除、一部除き 県、政府の判断待たず /奈良

奈良 県 コロナ

新型コロナウイルス関連情報 担当 新型コロナウイルス感染症対策本部 大和高田市家賃支援給付金(事業者対象)について 市内の中小企業者等の事業者さまには、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため奈良県の休業要請等多岐にわたりご協力いただき、誠にありがとうございました。 しかし、この先、感染拡大前の経済にいつ回復するか、見通しが不透明な状況であり、事業者さまには、不安を感じられている方も多数おられると思います。 政府が第2次補正予算案として国会に、事業者への「家賃支援給付金」を提出されました。 事業者さまにおかれましては、これからも厳しい状況がしばらく続くと思われますが、古くからの「商都たかだ」を守りつつ、一日も早い回復を目指して頑張っていただけることを願っております。 令和2年6月10日 大和高田市長 堀内 大造 令和2年6月定例会の記者発表にて新型コロナウイルス対策に関する施策を説明いたしました 市民のみなさま、事業者のみなさま、自粛期間中、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご理解ご協力をいただき、誠にありがとうございました。 また、医療従事者の方々には、大変なご負担をおかけし、ご協力いただいておりますことに感謝申し上げます。 おかげさまで、市内における新型コロナウイルス感染者数は、低水準に留まっております。 しかしながら、全国的には、感染者が増加している地域もあり、今後も予断を許さない状況が続くと思われます。 学校や幼稚園、保育所の再開とともに、保護者の皆様には、子どもたちの健康にも気を配っていただき、学校等の関係者も十分な感染症対策をし、安心して通園通学していただけるよう努めてまいります。 また、通勤通学で府県を跨いでの移動や飲食等の機会も増えると思われますが、今一度、基本的な感染症予防に努められますようお願いいたします。 これからは、「新しい生活様式」の実践例により、感染防止対策を行いながら、新しい日常を作っていく必要があります。 私どももみなさまとともにこのコロナ禍を乗り越えて行きたいと考えております。 令和2年6月5日、15時より大和高田市役所にて新たな「新型コロナウイルス対策(市単独の施策)」を含む6月定例会の記者発表を行いました。 新たな市独自施策につきましては、下記のとおりです。 詳しくは、これまでの対策とともにの概要版をご覧いただきたいと存じます。 一日でも早く新型コロナウイルス感染症が終息できるよう、今後も市民のみなさまに寄り添いながら、職員一丸となって取り組んで参りますので、ご不便をおかけいたしますが、ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。 令和2年6月5日 大和高田市長 堀内 大造 ・在宅学習支援(市立小・中学校児童、生徒へのタブレット端末の配備等)・・・市独自施策 17 事業費:タブレット端末経費 約2億円(6月定例議会で専決処分の報告をします。 )、在宅学習支援体制整備 約1,520万円(6月定例議会に提案します。 ) ・夏季通学環境整備(小学生・中学生にネッククーラーを配布)・・・市独自施策 16 事業費:約470万円(6月定例議会で専決処分の報告をします。 ) ・市立幼保・小・中学校の感染症対策(給食再開に対する対応)・・・市独自施策 15 事業費:約400万円(6月定例議会に提案します。 ) ・こころのケアハンドブックの配布(メンタルヘルスケアの冊子を児童・生徒等に配布)・・・市独自施策 14 事業費:約70万円(6月定例議会に提案します。 ) ・新生児を対象とする特別定額給付金(令和2年4月28日以降に出生された子どもに対する特別定額給付金)・・・市独自施策 13 事業費:約3,000万円(6月定例議会に提案します。 ) ・公共施設の感染症対策(新型コロナウイルス感染症拡大防止対策の強化)・・・市独自施策 12 事業費:約3,040万円(6月定例議会に提案します。 ) ・防災活動支援(避難所での新型コロナウイルス感染症拡大防止対策の強化)・・・市独自施策 11 事業費:約270万円(6月定例議会に提案します。 ) ・高齢者の方へのマスク配布・・・市独自施策 10 事業費:約1,330万円(6月定例議会で専決処分の報告をします。 新型コロナウイルス関連情報一覧• 公共施設等対応状況• イベント等中止・延期情報• 市民の皆さまへ• 学校・幼稚園等教育関係• 認定こども園・保育所等• 事業者の皆さまへ• 税金等公共料金関係• 参考ページ(外部サイト)•

次の