ほうれん草 保存。 ほうれん草を冷蔵庫で保存できる期間。しなしな?長持ちさせる方法

【みんなが作ってる】 ほうれん草 保存のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

ほうれん草 保存

使う時に便利なカットにしておきます。 おすすめは、ザク切りです。 しっかりと水気を切り、1度に使う分だけ小分けにしてラップで包み、フリーザーバッグなどの密閉容器に入れ冷凍保存します。 生のままであれば、しっかりと水気を切ってフリーザーバッグに入れれば、固まらずに冷凍もできます。 アクが気になる場合は、短めに下茹でして冷水でさっと色止めし、しっかりと水気を切って冷凍します。 下茹でして冷凍したものは、若干筋っぽくなります。 冷凍ほうれん草のおすすめ調理法 <生のまま冷凍した場合> 30秒~1分ほど茹でてからおひたしにしたり、冷凍のまま炒め物や煮込み料理にも使用できます。 すぐに火が通るので生より便利です。 <下茹でした場合> 冷凍したまま、炒め物・煮込み・スープ系料理に使用できます。 電子レンジで解凍して、おひたしにも。 生のまま冷凍したものよりは、水っぽくなります。 保存期間 およそ1カ月を目安に使い切りましょう。 おすすめレシピ 『かぼちゃとほうれん草の豆腐グラタン』 飴色ほうれん草が早く仕上がります。 こちらもオススメ 関連リンク•

次の

ほうれん草を茹でて保存!日持ちするの?

ほうれん草 保存

ほうれん草の茹で方は?茹でるとどれくらい日持ちするの? ほうれん草を茹でるには、まず下処理から始めます。 下処理で大事なことは、根元もおいしく食べられるように、根元や茎の間に残っている泥をきれいに落とすことです。 「マンガン」は骨の形成や、糖質・たんぱく質・脂質の代謝に関係する酵素を活性化する、エネルギー作りを助け疲労を防ぐと言われる大事な栄養素なので、ぜひ捨てずに食べてくださいね。 ピンクの部分の切り口が汚れている場合は、その部分を薄く切り落とします(根が長く残っている場合も長い部分を切り落とします)。 切り落としたら、残った部分に十文字、または細かく切り込みを入れて、ためた水の中で根元から泥を落とすように洗います。 根元がきれいになったら、葉のほうも洗い下処理は完了です。 ほうれん草を茹でるときに、塩を入れる、砂糖を入れる、油を少し落とすなど、人それぞれですが、共通するのはたっぷりのお湯で茹でることです。 たっぷりの湯に根元から入れ、様子をみながら葉を入れ、途中で1回上下を返して好みの硬さになるまで茹でたら素早く冷水にとって冷まします。 冷めたら水気を絞り、用途に合わせて切り分けます。 茹でたほうれん草を保存する場合は、かたく水気を絞って密封容器に入れて冷蔵庫に入れて保存しますが、日持ちは2日程度です。 早めに食べてしまいましょう。 スポンサードリンク ほうれん草を茹でるときに少量の油を落とす? あまり耳にしない茹で方ですが、調べてみるとありました。 沸騰したお湯に少量の油を落としてほうれん草を茹でると、何も入れずに茹でる場合よりきれいな色の茹であがりになるそうです。 ただ、茹でたあと、さらに調理する場合は、油が邪魔をすることがあるそうです。 食べ方によって油を使うかどうか考えたほうがよさそうですね。 まとめ ほうれん草の茹で方をおさらいしましたが、生で保存するより日持ちしないことがわかりました。 ほうれん草は茹ですぎると色も悪くなり、栄養素も逃げてしまうので、上手に茹でて、早めにおいしく食べましょう。

次の

ほうれん草の保存方法・仕方!長期や日持ち保管は?冷蔵庫/冷凍

ほうれん草 保存

葉先を手で持ちながら、茎を30秒ほどゆでます。 タイマーをセットするか、頭の中で数をかぞえています。 茎がやわらかくなってきたら、菜箸を使ってやさしく葉を湯に入れ、ほうれん草全体を30秒ほどゆでます。 分量にもよりますが、ゆで時間は1~2分が目安です。 あまり長くゆでると火が通りすぎて、ベチャッとして日持ちが悪くなります。 また、栄養が湯の中に流れ出てしまうともいわれています。 ほうれん草は「たっぷりの湯でゆでる(急激な温度低下を防ぐため)」のが一般的ですが、1袋くらいだとこのくらいの小さな鍋(直径16cm)でもじゅうぶんだと思います。 2袋以上ゆでる場合はもっと大きい鍋を使ったほうがよいです。 メモ3:ざるにあげるときのポイントと冷まし方• ゆでていると、洗い落としきれなかった土が落ちてきます。 ほうれん草に土がつかないよう、1株ずつ菜箸でつかみ、湯の中で軽くふり洗いして、ざる(または冷水をはったボウル)にあげます。 根元をまとめて手で持ち、冷水をはったボウルに入れ、冷まします。 切り分けたあとは、ギュッと両手で握って、しっかりと水気をしぼります。 力を入れすぎて、ほうれん草がつぶれないようご注意ください。 「まとめて作り置き」のときなど、冷水にさらすのがめんどうなときは、ざるにあげて冷ますこともあります。 一般的ではありませんが。 メモ4:ほうれん草の冷凍保存 ほうれん草は冷凍保存もできます。 小分けにしてラップで包み、ポリ袋に入れて保存します。 平らにして包むと解凍がはやいです。 冷凍保存の目安は3週間です。 解凍するときは、500wの電子レンジで1分ほど加熱します。 加熱時間は様子を見て調整してください。 解凍すると水分が出るので、水気を切ってから使います。 メモ5:ゆでほうれん草の食べ方 ゆでほうれん草を常備しておけば、いろいろなほうれん草おかずがさっと簡単に作れます。 ほうれん草のおかか和え.

次の