競輪グランプリ 2019 予想。 KEIRINグランプリ2019 GP 立川競輪 │ 競輪(KEIRIN・ケイリン)投票・オートレース車券購入ならチャリロト.com

KEIRINグランプリ2019 GP 立川競輪 │ 競輪(KEIRIN・ケイリン)投票・オートレース車券購入ならチャリロト.com

競輪グランプリ 2019 予想

KEIRINグランプリが12月30日に開催される。 出走メンバーは全日本選抜競輪、高松宮記念杯の2冠を制した中川誠一郎(熊本・85期)やナショナルチームの2大エース、脇本雄太(福井・94期)、新田祐大(福島・90期)、そして第61代競輪王・松浦悠士(広島 98期)など例年通り錚々たる顔ぶれだ。 前述の通り、脇本は怪我回避のため、比較的争いの少ない先行で仕掛けてくる。 清水はその後ろにつけて、追い込みを狙い最後に畳みかけてくるだろう。 先輩である佐藤は番手で新田を全力支援のつもりだろうが、新田の走りについていくのがやっと。 新田の捲りスピードは凄まじいとはいえ、仕掛けどころが悪く最後に失速することも多いので軸で狙うのは難しい。 脇本と同様に怪我回避の為、強引な捲りは出来ないが、単騎の3人が中団でもつれれば捲り一閃、悲願の初優勝も。 滝澤正光、神山雄一郎に続く史上3人目の年間G1三勝には届かなかったものの、まさに出来すぎた一年だった。 脇本の逃げに前団が混戦すれば外から捲りにかかる。 2月同様、単騎先行逃げになったら面白いが、このメンバー相手では逃げ切れないか。

次の

【競輪グランプリ2019予想】1着賞金1億円!競輪初心者がビギナーズラックを狙う!

競輪グランプリ 2019 予想

本命はやはり脇本雄太 11月24日に競輪祭が行われ競輪グランプリに出場する9人が確定しました。 中川誠一郎、脇本雄太、新田祐大、村上博幸、松浦悠士、清水裕友、佐藤慎太郎、平原康多、郡司浩平の9人です。 優勝賞金が1億円なのでこの9人の中の誰かが1億円を手に入れることになります。 さて、その優勝者という事ですが、1際異彩を放っているのが脇本雄太です。 力だけで言ったらこの化け物ぞろいの9人の中でも頭一つ分は出ていて、はまった時は手の付けようがないといった感じです。 まだ優勝オッズは出ていませんが、彼が一番人気になることが予想されます。 しかし不安がないわけではありません。 言ってみれば昨年も「脇本で決まりだろ」と思われていたにもかかわらずふたを開けてみたら三谷竜生がうまいレース展開を見せ優勝をもぎ取りました。 今年の方が力は上と思われつつもグランプリで緊張してしまうのではないかと言う想いがどこかによぎってしまいます。 そしてまだグランプリに輝いたことがないというのも力んでしまうかもしれない要素の一つではあります。 ですが、そんな状況でも今年の脇本なら勝てるのではないかと言うほどの力があります。 競輪グランプリのオッズは彼の言動一つでがらりと変わってしまうかもしれませんね。

次の

競輪グランプリ2019優勝予想とオッズ・ブックメーカー

競輪グランプリ 2019 予想

2019年も残すところあとわずか。 最終日に行われるのは、競輪界の頂点9人によるレース『KEIRINグランプリ2019』! けいりんマルシェは、この3選手に注目した。 選手 自転車競技「ケイリン」世界ランキング1位 12月初旬に行なわれた「」「」と2大会連続で、チームスプリント金メダルを獲得。 インタビューでは『KEIRINグランプリ』に向けて、このように意気込んだ。 「今年は競輪の出走回数がほとんど無かったが、その分、世界で活躍できるようトレーニングしてきた。 世界の舞台では結果を残せたので、今度は競輪の舞台で結果を残して、恩返しがしたい」 昨年は3着。 自身6度目となる『KEIRINグランプリ』で結果を残すことに期待したい。 選手 新田選手と同じく自転車競技の日本代表。 選手 現在25歳、S級S班ルーキー。 「味わったことのない緊張感があり、苦しくもあったが、プレッシャーを自分の力に変えて戦うことができた」と振り返った2019年。 清水選手の見せ場は、 度胸ある思い切りの良さ。 今年のグランプリでも、大きなインパクトを与えるレースに期待したい。 『KEIRINグランプリ2019』出場9選手を、改めて車番とともにご紹介。 1番車 選手 『』『』優勝 2番車 選手 『』優勝 3番車 選手 『』優勝 4番車 選手 選考用賞金獲得額5位 5番車 選手 選考用賞金獲得額3位 6番車 選手 選考用賞金獲得額8位 7番車 選手 『』優勝 8番車 選手 選考用賞金獲得額7位 9番車 選手 『』優勝 令和初となる『KEIRINグランプリ2019』を制すのは、果たして誰なのか?! 12月30日 月 16:30 発走予定 けいりんマルシェでは、注目していく。

次の