カレー リメイク カレー うどん。 【2日目のカレーリメイク】カレーうどん【Curry udon】

3位カレーパン、2位カレーうどんを超えた1位は?家族も喜ぶ「カレーのリメイク」絶品レシピ

カレー リメイク カレー うどん

カレーの残りで作る絶品カレーうどんのレシピ まずは残りのカレーで作るカレーうどんのレシピを紹介します。 カレーうどんはカレーのリメイクレシピの定番です。 いつでもすぐに作れるようにしておきたいですね。 和風だしを使ったカレーうどんのレシピ• めんつゆでカレーうどんレシピ• 焼きカレーうどんレシピ• 簡単カレーうどんレシピ• 白だしで簡単カレーうどんレシピ では具体的に見ていきましょう。 和風だしを使ったカレーうどんのレシピ うまみのあるカレーうどんのレシピです。 材料は残りのカレー、ネギ、水、うどん、和風だしの素。 まずはカレーの残りを鍋に入れ水を1〜2カップ足し沸騰させます。 次に好きな具材とうどん、和風だしの素小さじ1を入れ煮込みましょう。 最後に器に盛ってネギを散らせば完成です。 ネギはなくても良いのですが色のアクセントになるのであると良いかもしれませんね。 めんつゆでカレーうどんレシピ めんつゆは素麺意外にも色々用途があるのをご存知ですか? その中の一つにカレーうどんがあります。 材料はうどん、 残りのカレー、めんつゆ、水です。 残りのカレーにめんつゆを加えましょう。 めんつゆの量は、汁状になるまでです。 温めたうどんを入れたら完成。 めんつゆや水の量は味見をしつつ調整してください。 焼きカレーうどんレシピ 子供も喜ぶ焼きカレーうどん。 こちらも簡単にできます。 材料はうどん、キャベツ、カレーの残り、鰹節です。 まずはキャベツを1口サイズに切り フライパンで炒めましょう。 次にうどんと水を少量入れて炒めます。 最後にカレーを入れて更に炒めます。 炒め終わったらお皿に盛って鰹節を散らしましょう。 おいしい焼きうどんの出来上がりです。 湯気で動く鰹節が食欲をそそりますね。 簡単カレーうどんレシピ うどんスープの素を使った簡単カレーうどんです。 材料は残りのカレー、水、市販のうどんスープの素、冷凍うどんです。 まずは残りのカレーと水、うどんスープの素を入れましょう。 次に冷凍うどんを入れ火にかけます。 4分ほど煮込んだら出来上がりです。 水の量は残りのカレーに合わせて調整しましょう。 白だしで簡単カレーうどんレシピ 白だしを使ったカレーうどんです。 材料はカレーの残り、うどん、白ネギ、白だし、水、片栗粉です。 まずはカレーに水を足し火にかけましょう。 沸騰したら白だしを加え水溶き片栗粉でとろみをつけます。 次にうどんを入れ温まったら出来上がりです。 白ネギや水菜で飾るとより美味しそうに見えますね。 カレーの残りで作るカレードリアのレシピ 残りのカレーでカレードリアを作ることもできます。 おすすめのカレードリアのレシピを紹介します。 焼きカレードリアレシピ• チーズで作るカレードリアレシピ• ホワイトソース作るカレードリアレシピ• おしゃれなパプリカカレードリアレシピ• 唐揚げを足してカレードリアレシピ では具体的に見ていきましょう。 焼きカレードリアレシピ トースターで簡単にできるカレードリアです。 材料は残りのカレー、ご飯、とろけるチーズ、バターです。 まずは耐熱皿にバターを塗りましょう。 ご飯を入れその上に残りのカレーとチーズを乗せます。 トースターで7分ほど加熱しチーズがとろけたら完成です。 とても簡単にできるのでぜひ試してみてください。 チーズは多めがおすすめです。 チーズで作るカレードリアレシピ 冷めても美味しいカレードリアです。 材料は残りのカレー、ご飯、スライスチーズ、粉チーズです。 まずはカレーと白ご飯をフライパンで炒めましょう。 しっかり混ざったらグラタン皿に入れます。 次にスライスチーズを適当な大きさに切ってのせ、粉チーズをふりかけます。 最後にオーブンでおよそ4分、焦げ目がつくまで焼きましょう。 ホワイトソースで作るカレードリアレシピ なんちゃっておしゃれに見えるカレードリアです。 材料は残りのカレー、ご飯、好きな野菜、ホワイトソース、とろけるチーズです。 まずはご飯を耐熱皿に入れその上にホワイトソースを全体にかけます。 次に余ったカレーを全体にかけましょう。 その上に好きな野菜をのせとろけるチーズをかけます。 最後にオーブンで焦げ目がつくまで焼いたら完成です。 ホワイトソースがない場合はシチューのルーで代用できるので試してみてください。 またご飯の代わりにパンでも美味しくできます。 おしゃれなパプリカカレードリアレシピ おしゃれなのにとても簡単なドリアです。 材料はパプリカ、残りのカレー、ご飯、とろけるチーズ、パン粉、ブラックペッパー、パセリです。 パプリカを半分に切って種をとっておきましょう。 その中にご飯と残りのカレー、チーズ、パン粉入れます。 好みでブラックペッパーとパセリをふりかけてください。 オーブントースターで約10分焼いたら完成です。 とても簡単なのにおしゃれに見えるのでおすすめです。 唐揚げを足してカレードリアレシピ 子供が喜ぶ唐揚げが入ったカレードリアです。 材料は残ったカレー、唐揚げ、チーズ、粉チーズ、ご飯です。 まずはご飯と唐揚げを耐熱皿に並べましょう。 この時ご飯と唐揚げは温めておいてください。 次にご飯と唐揚げの上にカレーをかけます。 その上にとろけるチーズと粉チーズを乗せます。 最後にトースターまたはオーブンでチーズがとろけるまで焼きましょう。 唐揚げの代わりにウインナーでも代用できます。 カレーの残りで作るカレーグラタンのレシピ グラタンを一から作るとなると時間がかかりますが、カレーの残りで素早く簡単にできます。 ではおすすめのカレーグラタンのレシピを紹介します。 子供が大好きマカロニグラタンレシピ• パングラタンレシピ• おいしいパスタグラタンレシピ• Wの残り物餅カレーグラタンレシピ• ヘルシーな豆乳グラタンスープレシピ それでは具体的に見ていきましょう。 子供が大好きマカロニグラタンレシピ マカロニを使ったグラタンレシピです。 材料は残ったカレー、じゃがいも、マカロニ、卵、マヨネーズ、とろけるチーズです。 まずマカロニは茹でて水気を切っておきましょう。 ジャガイモは1口サイズにカットし耐熱容器に入れラップをかけ600wで 4分チンします。 次にグラタン皿にマカロニを並べ、じゃがいもはグラタン皿の縁に沿って並べます。 中央にカレーを入れ溶き卵をかけましょう。 最後にマヨネーズをかけてチーズを乗せ200度のオーブンで25分焼いて出来上がりです。 子供はマカロニが大好きなのでカレーの残りが少ししかない場合は、じゃがいもを追加して量を増やしてください。 パングラタンレシピ パンとグラタンの相性はバッチリです。 材料はパンの耳、マヨネーズ、残りのカレー、ピザ用チーズです。 はじめに 耐熱皿にマヨネーズを塗っておきましょう。 パンの耳を一口大にカットします。 カットしたパンの耳を耐熱皿に入れます。 次に残りのカレーをパンの耳の上に入れます。 最後にピザ用チーズをのせ トースターで焼き色がつくまで焼きましょう。 およそ5分程度です おいしいパスタグラタンレシピ ボリューミーなパスタグラタンです。 材料は残ったカレー、パスタ、塩、バター、とろけるチーズ、パン粉です。 まずはお湯を沸かし半分にカットしたパスタを塩と一緒に入れましょう。 カレーは温めてバターを塗ったグラタン皿に入れます。 次にパスタが茹で上がったらカレーの入ったグラタン皿に入れ混ぜ合わせましょう。 最後にパスタの上にチーズ、パン粉の順にふりかけます。 180度のオーブンで20分ほど焼いたら完成です。 パスタが入っているので量も多く育ち盛りの子供が居る家庭には嬉しいレシピではないでしょうか。 Wの残り物餅カレーグラタンレシピ お正月で残った餅と作りすぎて残ったカレーでグラタンを作ります。 材料は残ったカレー、お餅、とろけるチーズです。 お餅は1口サイズにカットしトースターで焼いておきましょう。 グラタン皿に少量のカレーを敷き、その上にお餅を乗せます。 お持ちの上にカレーをかけとろけるチーズを上に乗せます。 オーブントースターで約5分加熱し完成です。 カレーもお餅も消費できる嬉しいレシピですね。 ヘルシーな豆乳グラタンスープレシピ 驚くことに残りのカレーでスープもできるんです。 材料は残りのカレー、豆乳、コンソメ、バゲット、とろけるチーズ、パセリです。 残ったカレーと豆乳、コンソメを混ぜ耐熱用カップに入れましょう。 その上にバゲットととろけるチーズをのせてオーブントースターで焼きます。 焼き終わったらパセリのみじん切りをふりかけ出来上がりです。 豆乳の入ったグラタンスープは簡単で早くできるのに栄養もあり嬉しいですね。 ぜひ冬の寒い朝などにいかがですか? カレーの残りで作るホクホクのカレーコロッケのレシピ コロッケは一から作るとなるとかなり手間と時間がかかりますよね。 しかしカレーの残りでコロッケを作ると簡単で早く作ることができます。 それではカレーコロッケのレシピを紹介します。 おしゃれなあげないコロッケレシピ• 油揚げでカレーコロッケ風レシピ• キーマカレーコロッケレシピ• 子供が喜ぶライスコロッケレシピ• コロッケパンのレシピ では具体的に見ていきましょう。 おしゃれなあげないコロッケレシピ コロッケと言うとあげますよね。 しかしあげないコロッケのレシピを紹介します。 材料は残りのカレー、じゃがいも、パン粉、バター、マヨネーズ、塩胡椒です。 まずはじゃがいもをよく洗い皮ごとラップしてレンジで5分加熱しましょう。 熱いうちにじゃがいもの皮をむいて潰します。 次にパン粉をきつね色になるまで炒めます。 少しずつカレーをじゃがいもの中に混ぜ、味見をしつつ塩胡椒で調整していきましょう。 最後にグラタン皿やタルト型に入れます。 上にパン粉をちらしオーブンで約5分パン粉がこんがりするまで焼いたら完成です。 あげなくてもオーブンでできるのでとてもヘルシーですね。 油揚げでカレーコロッケ風レシピ 油揚げを使った風変わりなカレーコロッケです。 材料は油揚げ、じゃがいも、ミックスチーズ、残りのカレー、つまようじです。 まずは 油揚げは油抜きをし水気をしっかり拭き取っておきましょう。 じゃがいもの皮をむいて1口サイズに切ってレンジで柔らかくします。 次にじゃがいもの中に残りのカレーを入れて混ぜます。 この時カレーの具はなるべく潰すようにしてください。 じゃがいもが温かいうちにミックスチーズを加えて混ぜましょう。 油揚げを半分に切ってひっくり返し破れないように具を包んでいきます。 包み終わったら爪楊枝で止めてください。 最後に多めの油で両面こんがり焼いたら完成です。 油揚げを使った面白いコロッケです。 ぜひ一度試してみてください。 キーマカレーコロッケレシピ キーマカレーが残ってもコロッケにすることができます。 材料は残りのキーマカレー、じゃがいも、天ぷら粉、パン粉です。 残りの キーマカレーを平らにしてラップに包み冷凍しておきましょう。 じゃがいもを茹でてマッシュポテトをつくります。 マッシュポテトと冷凍したキーマカレーをくっつけ形を整えていきます。 天ぷら粉、パン粉をつけ油であげたら完成。 子供が喜ぶライスコロッケレシピ 多少手間はかかりますが子供たちが喜ぶこと間違いなしのライスコロッケです。 材料は残りのカレー、ご飯、とろけるチーズ、小麦粉、卵、パン粉、揚げ油です。 まずはあまりのカレーを冷えたままミキサーにかけペースト状にしましょう。 次にご飯を混ぜつつ好みの固さになるようにしてください。 固さがゆるい場合は冷凍庫で少し固めると良いです。 最後に小麦粉、溶き卵、パン粉の順でコロッケにつけ180度で揚げていきます。 コロッケパンのレシピ 残りのカレーをコロッケにするだけでなくコロッケパンも作ることができます。 材料は残りのカレー、じゃがいも、8枚切り食パン、油です。 じゃがいもは皮をむきラップに包みレンジでチンをして柔らかくしましょう。 じゃがいもをつぶし残りのカレーと混ぜます。 食パンの耳を切り離し刻みましょう。 刻んだらカレーと混ぜ合わせ4等分にします。 耳を切った食パンの上に具をのせてさらにもう1枚食パンを乗せます。 食パンの周りを潰すように力強くくっつけましょう。 後は油であげたら完成です。 残ったカレーでここまでできるとは凄いですね。

次の

かれーの店 うどん (カレーノミセ ウドン)

カレー リメイク カレー うどん

カレーうどんの基本の作り方 日本人はカレーが好きな人が多いのではないでしょうか。 定番のカレーライスもよいですが、だし汁が効いたカレーうどんも美味しいですよね。 カレーうどんの基本の作り方を材料、手順、ポイントに分けて見ていきましょう。 材料 カレーうどんに必要な材料(2人分)を紹介します。 豚バラ薄切り肉:100g• しょうゆ:大さじ2• みりん:大さじ2• 水溶き片栗粉:適量• ゆでうどん:2玉 豚バラ肉を鶏もも肉 100gに、玉ねぎを長ねぎ1本に変えても美味しくできます。 手順 基本のカレーうどんの作り方を見ていきましょう。 にんじんを短冊切り、玉ねぎはくし切りにしましょう。 鍋にだし汁としょうゆ、みりんを入れて温め、豚肉、にんじん、玉ねぎを加えて煮込みます。 具材がやわらかくなったら、カレールーを入れ、溶けたら水溶き片栗粉でとろみをつけていきましょう。 別鍋にお湯をわかして、うどんをゆでます。 ゆで上がったら水気を切ってどんぶりに入れ、汁をかけて完成です。 ポイント うどんの美味しさを決めるポイントの1つは、だしではないでしょうか。 家にめんつゆがあれば、めんつゆと水を使って美味しく作れます。 だしの素を使って作る方法もありますね。 しかし、本格的なだし汁を作りたい場合は、やはり『かつお節』を使うと美味しく仕上がります。 美味しいかつお節のだしを手軽に取る方法を2つご紹介します。 お茶のパックを使えば、かつお節からだしを取るのは簡単です。 お茶のパックにかつお節を入れて、パックごと水に入れて煮出していきます。 5カップの水に対して、15gのかつお節を目安にしてください。 1人分や2人分など少量のだしをとりたい場合は、茶こしにかつお節を入れ、お湯を注ぐという方法も便利です。 1カップのお湯に対して、5gのかつお節を目安にしましょう。 カレーうどんの人気レシピ 定番のカレーうどんも美味しいですが、時にはアレンジを加えてみてはいかがでしょうか。 基本のルーではなく、様々なスパイスをあわせて作った本格的なカレーうどんや、つけ麺方式のカレーうどん、暑い夏に食べたいゴーヤが入ったカレーうどんなど、人気のレシピを集めました。 「いつものカレーうどんに飽きてきたな」と思ったら、ぜひ作ってみてください。 スパイスカレーうどん 市販のカレールーを使わないスパイスカレーうどんのレシピです。 コリアンダー、クミン、ターメリックなどの本格的なスパイスが入った、大人のカレーうどんに仕上がります。 2人分の材料と作り方です。 薄切りにした牛肉と玉ねぎを入れ、柔らかくなるまで煮込みましょう。 できあがったカレーの汁に水溶き片栗粉大さじ1を加えてとろみをつけたら、ゆでて水気を切ったうどんにかけて完成です。 バターキチンカレーうどん 『バターチキンカレーうどん』は、ルーをうどんにかけるのではなく、つけて食べるスタイルです。 バターのコクが食欲をそそる1品で、温かいうどんでも、冷たく冷やしたうどんでも美味しく食べられます。 2人分の材料と作り方です。 鍋に水3カップを沸騰させ、そぎ切りにした鶏もも肉120gを入れます。 めんつゆ小さじ2とカレールー2かけを加え、混ざったら水溶き片栗粉大さじ1を加えます。 カレー汁を器に盛りつけ、バター10gを乗せます。 別鍋でうどん2玉をゆでて、水気を切ったら完成です。 冷やしカレーうどん 食欲が落ちる夏に嬉しい、ゴーヤの入った『冷やしカレーうどん』です。 レトルトのカレーを使えば、暑くて火を使いたくない日にもさっと作れます。 ゆで卵も入ってタンパク質も補えるメニューです。 2人分の材料と作り方です。 うどん2玉をさっとゆでてから冷水で洗い、水気を切って器に盛りつけましょう。 うどんが入った器にカレー汁をかけ、ゴーヤとゆで卵1個をのせれば完成です。 ゆで卵は自分で作るのが手間に感じる場合は、市販のものを利用してもよいでしょう。 リメイクでおすすめのレシピ カレーうどんといえば、余ったカレーをリメイクして作るという人も多いのではないでしょうか。 ここでは、定番のリメイクカレーうどんのほかに、牛丼のもとやチーズなどの具材をプラスして、ボリュームやコクを出した1品を紹介します。 カレーうどんの美味しいリメイク法を何種類か知っておけば、いつものカレーうどんをもっと美味しく食べられるでしょう。 カレーの残りとだしでシンプルに カレーの残りがあれば、だし汁をプラスするだけで手軽にカレーうどんが作れます。 「カレーライスで食べるにはちょっと少ないな」と思った時などにおすすめです。 2人分の材料と作り方を見ていきます。 鍋でお湯を沸かし、うどん2玉をゆでます。 残りのカレー2人前と水、めんつゆが、それぞれ同量程度になるように加えて煮立て、カレー汁を作ります。 ゆであがったうどんを丼に盛りつけ、カレー汁をかけて完成です。 牛丼の具材でボリュームアップ カレーうどんは美味しいけれど、腹持ちがしないという時に、手軽な市販の『牛丼のもと』を使って、ボリュームを出してみてはいかがでしょうか。 食べざかりのお子さんにも満足してもらえそうですね。 2人分の材料と作り方です。 別鍋でうどん2玉をゆでましょう。 牛丼のもとを2人分あたためて鍋に移し、水2カップ、めんつゆ1カップを入れて加熱します。 沸騰したら長ねぎを加えましょう。 長ねぎに火が通ったら、カレールー2かけと、うどんを鍋に入れ、4分ほど煮込めばできあがりです。 煮込んでからチーズをトッピング まるでカルボナーラのような、トロッとした煮込みうどんを作りましょう。 牛乳でマイルドな味に『チーズ』でコクをプラスした、冬におすすめの身体が温まるメニューです。 2人分の材料と作り方です。 沸騰する前にうどん2玉を鍋に入れ、かき混ぜながら3分ほど煮込みましょう。 とろけるチーズ60gを入れて混ぜたらできあがりです。 アレンジのアイデア ちょっと変わったカレーうどんのアレンジレシピを2つ紹介します。 肉じゃがを使ったカレーうどん カレーではなく『肉じゃが』をカレーに変身させた、お手軽リメイクレシピを紹介します。 お肉自体の旨味や、しょうゆ、砂糖の味がついているので、だしを取る必要がありません。 2人分の材料と作り方を見てみましょう。 肉じゃが2人前が入ったお鍋に、水2カップを加えて火にかけます。 肉じゃがが温まったら、弱火にしてカレールー2かけを入れて溶かしましょう。 カレーの入った鍋にうどん2玉を入れ、1分間煮込んだらできあがりです。 炒めカレーうどん 焼うどんのカレー版ともいえるのが『炒めカレーうどん』です。 汁ものに飽きたら、炒めてみるのはいかがでしょうか。 2人分の材料と作り方です。 うどん2玉はゆでておきます。 ゆでたうどんを加えて、水分が飛んだら完成です。 カレーうどん餃子 副菜としてのアレンジをご紹介します。 皮がない『カレー味の餃子』のようなメニューです。 タレをつけなくても美味しくいただけます。 お酒のおつまみにもどうぞ。 3人分の材料と作り方です。 こねた肉だねの中に、うどんと長ねぎを入れ、さらに混ぜ込みます。 フライパンにごま油を引き、混ぜた肉だねをスプーンですくって丸め、中火で両面を焼いて完成です。 カレーうどんに合わせた献立のポイント 「カレーうどんだけではちょっともの足りない」と思う時は、カレーうどんと合う他の料理も一緒に作りましょう。 具体的には『カレーにトッピングする具材』を考えて、トッピングがメインとなるおかずを決めれば、カレーにマッチした献立ができあがります。 主菜か副菜かを考える カレーうどんは主菜になるメニューですが「カレーうどんだけではちょっと物足りないな」と思うことはありませんか。 1人で簡単に済ませたいランチではカレーうどんだけでもよいかもしれませんが、食べざかりのお子さんがいたり、夕飯にも食べたりする時は「もう少し何かほしいな」と思うこともあるでしょう。 カレーうどんは、丼ぶりに盛りつけると主菜になりますが、小さめのおわんに盛りつけると『副菜』もしくは『汁もの』の位置づけに変わります。 カレーうどんに何か付け足して献立を作りたい場合、カレーうどんは脇役として考えて、主菜になるおかずを別に用意するとよいでしょう。 肉系のおかず カレーライスにカツや、鶏のから揚げをトッピングすることがありますよね。 同じように『肉系の揚げ物』とカレーうどん、という組み合わせもおすすめです。 特に食べざかりのお子さんがいる家庭や、男性にぴったりのメニューではないでしょうか。 肉系の揚げ物でおすすめなのが、年代を問わず人気の『鶏のから揚げ』です。 しっかり下味をつけた後、初めは高温で揚げてから中温で中まで火を通すと、外はからりと、中はジューシーに仕上がります。 また『トンカツ』もカレーに合う定番メニューでしょう。 カレーうどんに合わせるなら、肉が柔らかい『ヒレカツ』がおすすめです。 魚系のおかず 「カレーうどんに魚は合うの?」と疑問に思っていませんか。 イワシやアジなどの『青魚』は、カレーうどんとの相性がよいのです。 揚げ物なら『イワシのフライ』を合わせてみてください。 『アジの南蛮漬け』もカレーうどんに合う1品です。 こってりとしたカレーの味を、甘酢がさっぱりさせてくれます。 家の味からお店の味まで楽しもう 主菜にも副菜にもなるカレーうどんは、まさに万能メニューと言えるのではないでしょうか。 カレールーの残りを使って手軽に作ったり、スパイスで本格的な味に仕上げたりもできます。 自分で作るだけでなく、お店で味わうこともできるので、この機会に有名店に行ってみてはいかがでしょうか。

次の

カレーの残りの人気リメイクレシピ20選!カレーうどんやグラタンも紹介

カレー リメイク カレー うどん

カレーうどんの基本の作り方 日本人はカレーが好きな人が多いのではないでしょうか。 定番のカレーライスもよいですが、だし汁が効いたカレーうどんも美味しいですよね。 カレーうどんの基本の作り方を材料、手順、ポイントに分けて見ていきましょう。 材料 カレーうどんに必要な材料(2人分)を紹介します。 豚バラ薄切り肉:100g• しょうゆ:大さじ2• みりん:大さじ2• 水溶き片栗粉:適量• ゆでうどん:2玉 豚バラ肉を鶏もも肉 100gに、玉ねぎを長ねぎ1本に変えても美味しくできます。 手順 基本のカレーうどんの作り方を見ていきましょう。 にんじんを短冊切り、玉ねぎはくし切りにしましょう。 鍋にだし汁としょうゆ、みりんを入れて温め、豚肉、にんじん、玉ねぎを加えて煮込みます。 具材がやわらかくなったら、カレールーを入れ、溶けたら水溶き片栗粉でとろみをつけていきましょう。 別鍋にお湯をわかして、うどんをゆでます。 ゆで上がったら水気を切ってどんぶりに入れ、汁をかけて完成です。 ポイント うどんの美味しさを決めるポイントの1つは、だしではないでしょうか。 家にめんつゆがあれば、めんつゆと水を使って美味しく作れます。 だしの素を使って作る方法もありますね。 しかし、本格的なだし汁を作りたい場合は、やはり『かつお節』を使うと美味しく仕上がります。 美味しいかつお節のだしを手軽に取る方法を2つご紹介します。 お茶のパックを使えば、かつお節からだしを取るのは簡単です。 お茶のパックにかつお節を入れて、パックごと水に入れて煮出していきます。 5カップの水に対して、15gのかつお節を目安にしてください。 1人分や2人分など少量のだしをとりたい場合は、茶こしにかつお節を入れ、お湯を注ぐという方法も便利です。 1カップのお湯に対して、5gのかつお節を目安にしましょう。 カレーうどんの人気レシピ 定番のカレーうどんも美味しいですが、時にはアレンジを加えてみてはいかがでしょうか。 基本のルーではなく、様々なスパイスをあわせて作った本格的なカレーうどんや、つけ麺方式のカレーうどん、暑い夏に食べたいゴーヤが入ったカレーうどんなど、人気のレシピを集めました。 「いつものカレーうどんに飽きてきたな」と思ったら、ぜひ作ってみてください。 スパイスカレーうどん 市販のカレールーを使わないスパイスカレーうどんのレシピです。 コリアンダー、クミン、ターメリックなどの本格的なスパイスが入った、大人のカレーうどんに仕上がります。 2人分の材料と作り方です。 薄切りにした牛肉と玉ねぎを入れ、柔らかくなるまで煮込みましょう。 できあがったカレーの汁に水溶き片栗粉大さじ1を加えてとろみをつけたら、ゆでて水気を切ったうどんにかけて完成です。 バターキチンカレーうどん 『バターチキンカレーうどん』は、ルーをうどんにかけるのではなく、つけて食べるスタイルです。 バターのコクが食欲をそそる1品で、温かいうどんでも、冷たく冷やしたうどんでも美味しく食べられます。 2人分の材料と作り方です。 鍋に水3カップを沸騰させ、そぎ切りにした鶏もも肉120gを入れます。 めんつゆ小さじ2とカレールー2かけを加え、混ざったら水溶き片栗粉大さじ1を加えます。 カレー汁を器に盛りつけ、バター10gを乗せます。 別鍋でうどん2玉をゆでて、水気を切ったら完成です。 冷やしカレーうどん 食欲が落ちる夏に嬉しい、ゴーヤの入った『冷やしカレーうどん』です。 レトルトのカレーを使えば、暑くて火を使いたくない日にもさっと作れます。 ゆで卵も入ってタンパク質も補えるメニューです。 2人分の材料と作り方です。 うどん2玉をさっとゆでてから冷水で洗い、水気を切って器に盛りつけましょう。 うどんが入った器にカレー汁をかけ、ゴーヤとゆで卵1個をのせれば完成です。 ゆで卵は自分で作るのが手間に感じる場合は、市販のものを利用してもよいでしょう。 リメイクでおすすめのレシピ カレーうどんといえば、余ったカレーをリメイクして作るという人も多いのではないでしょうか。 ここでは、定番のリメイクカレーうどんのほかに、牛丼のもとやチーズなどの具材をプラスして、ボリュームやコクを出した1品を紹介します。 カレーうどんの美味しいリメイク法を何種類か知っておけば、いつものカレーうどんをもっと美味しく食べられるでしょう。 カレーの残りとだしでシンプルに カレーの残りがあれば、だし汁をプラスするだけで手軽にカレーうどんが作れます。 「カレーライスで食べるにはちょっと少ないな」と思った時などにおすすめです。 2人分の材料と作り方を見ていきます。 鍋でお湯を沸かし、うどん2玉をゆでます。 残りのカレー2人前と水、めんつゆが、それぞれ同量程度になるように加えて煮立て、カレー汁を作ります。 ゆであがったうどんを丼に盛りつけ、カレー汁をかけて完成です。 牛丼の具材でボリュームアップ カレーうどんは美味しいけれど、腹持ちがしないという時に、手軽な市販の『牛丼のもと』を使って、ボリュームを出してみてはいかがでしょうか。 食べざかりのお子さんにも満足してもらえそうですね。 2人分の材料と作り方です。 別鍋でうどん2玉をゆでましょう。 牛丼のもとを2人分あたためて鍋に移し、水2カップ、めんつゆ1カップを入れて加熱します。 沸騰したら長ねぎを加えましょう。 長ねぎに火が通ったら、カレールー2かけと、うどんを鍋に入れ、4分ほど煮込めばできあがりです。 煮込んでからチーズをトッピング まるでカルボナーラのような、トロッとした煮込みうどんを作りましょう。 牛乳でマイルドな味に『チーズ』でコクをプラスした、冬におすすめの身体が温まるメニューです。 2人分の材料と作り方です。 沸騰する前にうどん2玉を鍋に入れ、かき混ぜながら3分ほど煮込みましょう。 とろけるチーズ60gを入れて混ぜたらできあがりです。 アレンジのアイデア ちょっと変わったカレーうどんのアレンジレシピを2つ紹介します。 肉じゃがを使ったカレーうどん カレーではなく『肉じゃが』をカレーに変身させた、お手軽リメイクレシピを紹介します。 お肉自体の旨味や、しょうゆ、砂糖の味がついているので、だしを取る必要がありません。 2人分の材料と作り方を見てみましょう。 肉じゃが2人前が入ったお鍋に、水2カップを加えて火にかけます。 肉じゃがが温まったら、弱火にしてカレールー2かけを入れて溶かしましょう。 カレーの入った鍋にうどん2玉を入れ、1分間煮込んだらできあがりです。 炒めカレーうどん 焼うどんのカレー版ともいえるのが『炒めカレーうどん』です。 汁ものに飽きたら、炒めてみるのはいかがでしょうか。 2人分の材料と作り方です。 うどん2玉はゆでておきます。 ゆでたうどんを加えて、水分が飛んだら完成です。 カレーうどん餃子 副菜としてのアレンジをご紹介します。 皮がない『カレー味の餃子』のようなメニューです。 タレをつけなくても美味しくいただけます。 お酒のおつまみにもどうぞ。 3人分の材料と作り方です。 こねた肉だねの中に、うどんと長ねぎを入れ、さらに混ぜ込みます。 フライパンにごま油を引き、混ぜた肉だねをスプーンですくって丸め、中火で両面を焼いて完成です。 カレーうどんに合わせた献立のポイント 「カレーうどんだけではちょっともの足りない」と思う時は、カレーうどんと合う他の料理も一緒に作りましょう。 具体的には『カレーにトッピングする具材』を考えて、トッピングがメインとなるおかずを決めれば、カレーにマッチした献立ができあがります。 主菜か副菜かを考える カレーうどんは主菜になるメニューですが「カレーうどんだけではちょっと物足りないな」と思うことはありませんか。 1人で簡単に済ませたいランチではカレーうどんだけでもよいかもしれませんが、食べざかりのお子さんがいたり、夕飯にも食べたりする時は「もう少し何かほしいな」と思うこともあるでしょう。 カレーうどんは、丼ぶりに盛りつけると主菜になりますが、小さめのおわんに盛りつけると『副菜』もしくは『汁もの』の位置づけに変わります。 カレーうどんに何か付け足して献立を作りたい場合、カレーうどんは脇役として考えて、主菜になるおかずを別に用意するとよいでしょう。 肉系のおかず カレーライスにカツや、鶏のから揚げをトッピングすることがありますよね。 同じように『肉系の揚げ物』とカレーうどん、という組み合わせもおすすめです。 特に食べざかりのお子さんがいる家庭や、男性にぴったりのメニューではないでしょうか。 肉系の揚げ物でおすすめなのが、年代を問わず人気の『鶏のから揚げ』です。 しっかり下味をつけた後、初めは高温で揚げてから中温で中まで火を通すと、外はからりと、中はジューシーに仕上がります。 また『トンカツ』もカレーに合う定番メニューでしょう。 カレーうどんに合わせるなら、肉が柔らかい『ヒレカツ』がおすすめです。 魚系のおかず 「カレーうどんに魚は合うの?」と疑問に思っていませんか。 イワシやアジなどの『青魚』は、カレーうどんとの相性がよいのです。 揚げ物なら『イワシのフライ』を合わせてみてください。 『アジの南蛮漬け』もカレーうどんに合う1品です。 こってりとしたカレーの味を、甘酢がさっぱりさせてくれます。 家の味からお店の味まで楽しもう 主菜にも副菜にもなるカレーうどんは、まさに万能メニューと言えるのではないでしょうか。 カレールーの残りを使って手軽に作ったり、スパイスで本格的な味に仕上げたりもできます。 自分で作るだけでなく、お店で味わうこともできるので、この機会に有名店に行ってみてはいかがでしょうか。

次の