アナキン 父親。 ルークのライトセイバー

アナキンの父親は誰?ダース・プレイガス説やダース・シディアス説・存在しない説を比較

アナキン 父親

アナキンの父 HOTH PRESS [] [] [] [] [] [] [] [] アナキン・スカイウォーカーの父親は誰か? クワイ・ガンは、シミ・スカイウォーカーに尋ねる。 「あの子の父親は誰だね? 」 シミは答える。 「 父親はいませんでした。 私に言えるのは、・・・あの子を身ごもり、産んだだけ。 何があったのかは、説明できません。 」 「ファントム・メナス」では、「エピソード2」「エピソード3」にかけて、いくつかの伏線が周到に張られ、いくつかの謎が提示された。 そのいくつかの謎のうち最大の謎ともいえるのが、アナキンの父親は誰かという点である。 この問題に関して、「ホス・プレス」では、論点を整理し、いくつかの仮説を提示したい。 まず、シミのセリフをそのまま解釈すると、何もしていないのに、アナキンを身ごもり、そして生んだということになる。 つまり、肉親としての父親がいないということになろろうか。 まず、アナキンの父親候補を大きく分けると、生身の人間である可能性と、生身の人間ではない可能性の二つに大別できる。 A 生身の人間ではない説 (処女懐胎説) まず、シミのセリフ「あの子を身ごもり、産んだだけ。 」を、比喩や婉曲の表現ではなく、絶対的な事実を語った言葉として理解するなら、シミは処女のまま懐胎したということになる。 処女懐胎といえば、新約聖書、聖母マリアの処女懐胎をまず思い出す。 アナキンは救世主イエスで、シミは聖母マリアのイメージをオーバー・ラップさせたという、については、別に考察している。 アナキンは、シミの処女懐胎によって生まれたのだろうか。 もし、そうならすぐに三つの可能性が想定される。 仮説1 ミディ=クロリアン説 まず、最初に考えるべきは、ミディ=クロリアン説であろう。 なぜなら、直接セリフで語られているからである。 クワイ=ガンは,ジェダイ評議会においてヨーダたちに,「アナキンは,ミディ=クロリアンによる受胎の末,生まれたのかもしれません」と報告している。 ミディ=クロリアンによる受胎と言っている。 純粋に言葉をそのまま理解すると、アナキンは,ミディ=クロリアンによって生まれたことになるのである。 しかし、シミがごく普通の、フォースを持たない人間だとしたら、ミディ=クロリアンによる受胎が、彼女に起こるであろうか。 「ミディ=クロリアンによる受胎」が、平凡な普通の女性に起こる現象だとすれば、全宇宙で多数起こってもおかしくない。 なぜ、シミのもとに、極めて珍しいと考えられる「ミディ=クロリアンによる受胎」が起きたのかが重要となる。 ミディ=クロリアンは゛は誰にでも存在するようだが、シミの、ミディ=クロリアン値が極めて低くくても、「ミディ=クロリアンによる受胎」が起きるのか、ということななろう。 そうなると、シミ・スカイウォーカーとは何者か。 彼女は一体どこから来たのかという点が重要になるだろう。 しかし、スター・ウォーズの世界で、セリフを文字通り解釈するのは危険である。 独特のあいまいさと暗示によって、観客を混乱させ、観客にいろいろなイメージを想起させるというのが、スター・ウォーズである。 文字通り、「ミディ=クロリアンによる受胎」によって、アナキンが生まれたとして、それが「エピソード1」で。 直接言語的説明されてしまっているとしたら、後の「エピソード2」「エピソード3」が、味気ないものになることは間違いない。 「ミディ=クロリアンによる受胎」という表現は、何らかの暗示や象徴、そして伏線である可能性が高く、文字通り解釈すべきものではないように思える。 仮説2 遺伝子操作説 「ファントム・メナス」には、いくつもの映画の影響が垣間見られる。 例えば、以下の作品がそうである。 作品名 類似点 ベン・ハー ポッド・レースのシーンが、そのまんま。 影武者 (黒澤明監督) 影武者が、アミダラ王女に成り代わりる。 乱 (黒澤明監督) バトル・ドロイドとグンガンの合戦シーン。 ブレーブ・ハート バトル・ドロイドとグンガンの合戦シーン。 ローマの休日 王女アミダラが、一般人パドメになって市井の生活と恋を楽しむ。 これらの、過去の映画の影響を考慮すると、アナキンの父親についても、ある映画の強い影響が現れているのではないかという可能性が浮かび上がる。 その作品名は『ブラジルから来た少年』。 『ブラジルから来た少年』は、ヒトラーの細胞から作ったヒトラーのクローン人間を作りだそうというおそろしい計画を扱った作品である。 世界を救うためにフォースの異常に高い子供が、遺伝子技術によって生み出された。 あるいは、シスの暗黒卿らが世界を破壊するために作り出したかもしれないが。 今後の「エピソード2」以降に登場するであろう、クローン大戦。 そして、帝国軍のストーム・トルーパーはクローン技術によって作り出された兵士であるという説がある。 スター・ウォーズ・ユニバースでは、クローン技術は、非常にあたりまえの手法なのである。 それでは、遺伝子操作をしたのは、誰かということになる。。 一番、疑わしいのはダース・シディアスである。 しかし、議長となったパルパティンが、アナキンの存在を全く意に会していないというのは、おかしい。 特に、ダース・モールは、アナキンと1メートル以内まで超接近したではないか。 遺伝子操作をしたのが、シスの暗黒卿の誰か(例えば、シディアスの師匠とかもあるかも)だとすれば、遺伝子操作の結果生まれてくるだろう子供を念頭においた行動がとられるはずだが、そうしたことはない。 遺伝子操作をしたのが、ジェダイ評議会の人間ということはないだろうる。 しかし、「ミディ・クロリアン」という言葉は「クローン」という言葉に似ている。 「アナキンは,ミディ=クロリアンによる受胎の末,生まれたのかもしれません」という、クワイのセリフは、「(アナキンは)クローン技術による受胎の末、生まれたのかもしれません」と理解すれば、遺伝子操作説は十分に考えられるものである。 仮説3 本物の処女懐胎(アナキンは神の子) これは可能性としては、非常に少ないかもしれない。 「エピソード1」には、「新たなる神話のはじまり」というキャッチ・コピーがつけられていた(たしか、トーン・ポエムか何かで)。 「神話」であるとすれば、その主人公は神、ないしは神の子である。 アナキン・スカイウォーカーはイエス・キリストと同じように、処女懐胎によって生まれたという可能性は、ありえないわけではない。 でも、そうなるとスター・ウォーズは宗教映画になっちゃうよ。 アメリカ映画のほとんどは、や聖書思想を背景にして作られている。 そう考えると、スター・ウォーズにおける聖書描写というのも、あくまでも雰囲気の演出材料として理解したほうが良いかもしれない。 アナキンはイエスか B 生身の人間説 仮説1 クワイ・ガン説 もし、アナキンが、生身の人間の子供であるとすれば、まず考えられるのは、クワイ・ガンではないか。 根拠は以下の通り。 ・クワイ・ガンとシミは、初対面とは思えない雰囲気を漂わしている。 特に、クワイがシミの肩に手を回すシーンのクワイの手の動きは怪しい。 二人には何か心の奥で通じているような雰囲気がある。 ・クワイのアナキンの入れ込み様は、尋常ではない。 ヨーダやメイス。 ウィンドゥらジェダイ評議会は、アナキンにジェダイの修行を受けさせることを、強く反対した。 オビ・ワンですら、最初はあまり乗り気ではない。 クワイだけが、強硬にアナキンをジェダイにすることを主張した。 この入れ込みようは何か。 クワイが成熟したジェダイであれば、冷静になってアナキンの危険性を感知したのではないか。 クワイがアナキンの父親であれば、彼のアナキンへの異常な肩入れは説明できるし、自分の息子であれば、冷静な判断を失ったとしてもおかしくはない。 この二人は絶対に怪しい ・クワイは、ナブー兵士の反対を押し切り、強引にタトウィーンに着陸するよう主張する。 そして、モス・エスパにつくと、すぐに(目的地が決まっていたかのようにたやすく)ワトーのジャンク・ヤードを見つけて、店に入っていく。 そして、アナキンと出合う。 このくだりは、クワイがアナキンがどこにいるのかを正確に知っていたかのような印象すら受けるのだ。 「あの子の父親は誰だね? 」 というクワイのセリフは、「あの子の父親は誰だ。 まさか、俺じゃないだろうな。 」という意味にも理解できるかもしれない。 シミとしては、「はい、そうです」とは答えるのは、はずかしいので、「あの子を身ごもり、産んだだけ。 」と、あいまいな言葉で答えたと言うわけだ。 ・クワイがアナキンを連れて行くと、シミに言ったとき、シミは全く驚きの表情を浮かべなかった。 むしろ、当然の運命として理解していたようだ。 もし、クワイがアナキンの実の父親であれば、自分の子供を連れて行くと言い出したところで、驚くことではないと、理解できるだろう。 シミは非常に人間的にできた人物であるが、それを考慮してもシミの冷静さは、尋常ではない。 自分の大切な一人息子がいなくなるというのに、ほとんど表情も変えないのだから(実際は、少しは変わる)。 以上の根拠から、アナキンの父親がクワイ・ガンである可能性がある。 しかし、それでは、説明ができない点がある。 アナキンのミディ・クロリアン値は、異常に高値を示していた。 アナキンの息子ルークが、強いフォースを持っていたように、フォースは親子の間で遺伝すると考えられる。 アナキンはヨータよりも高いミディ・クロリアン値を持つわけだが、クワイとシミの間に、それだけ高いミディ・クロリアン値を持った子供が生まれるのかという疑問である。 ただ、シミ・スカイウォーカーの出自が不明であるのが、気にかかる。 シミが極めて高いミディ・クロリアン値を持っていたとすれば、絶対に有り得ない話ではなくなる。 仮説2 シスの暗黒卿説 アナキンに人間の父親がいるとすれば、その人物は高いミディ・クロリアン値を持っているだろう。 その観点から、アナキンの父親候補を考えると、シスの暗黒卿ダース・シティアスが思い浮かぶ。 「ファントム・メナス」に登場する人物で、アナキン以外に、極めて高いミディ・クロリアン値を持っている人物は、ダース・シティアスとヨーダということになる。 アナキンはヨーダの身体的特徴を有していないことから、シティアスがかなりあやしいことになる。 こいつなら、やりかねない その根拠は以下の通り。 ・シミが、クワイに父親が誰かと聞かれたときに、あいまいにしか答えられなかったのは、答えたくなかったという可能性が考えられる。 口に出して、その名前を語りたくない、できれば隠しておきたいとシミが考えたのなら、、「あの子を身ごもり、産んだだけ。 」と答えても、おかくしくはない。 この言葉の裏には、「私はそんなことはしたくなかったのに」という意味合いが含まれているかもしれない。 シミはシディアスにレイプされた。 そんな悲惨な過去があれば、シミとしてはその事実は絶対に隠しておきたいはずだ。 シミをなぐさみものにしたシディアスは、その事実を隠すためにシミを奴隷として売ってしまったのだ。 そうすると、シミがなぜ奴隷として、タトウィーンにいたのかという説明にもなる。 ・歴史は繰り返す。 「ファントム・メナス」を見ると、アナキンとルークは、極めて似通った人物として描かれている。 共通点は以下の通り。 表 ルークとアナキンの共通点 ルーク・スカイウォーカー アナキン・スカイウォーカー 辺境の惑星タトウィーンから何とか出たいと思っていた。 奴隷制度のあるタトウィーンから、なんとか出たいと思っていた。 反乱軍に対する強いあこがれ。 ジェダイに対する強いあこがれ。 スカイホッパーのパイロットとして凄腕であった。 ポッド・レーサーのパイロットとして凄腕であった。 ランド・スピーダーを中古屋に売って金を得る。 レース用ポッドを中古屋に売って金を得る。 R2を子分のように連れまわす。 R2を子分のように連れまわす。 命令違反をR2に警告される。 (ダゴバに向かう途中) 命令違反をR2に警告される。 (バトルドロイド指令船に向かう途中) 初戦でデス・スターを爆破。 (爆発の映像も似ている) 初戦で、バトルドロイド指令船を爆破。 (爆発の映像も似ている) 自分の経験を成功に生かした。 「スカイホッパーで、大ネズミを撃つより簡単だ」 自分の経験を成功に生かした。 "The force is strong. "と言われる。 (ダース・ベイダーに、NHで) "The force is strong. "と言われる。 (キアディにジェダイ評議会で) ダース・ベーダー(父親)から、ダーク・サイドへの誘惑をうける。 ダース・シディアスから、ダーク・サイドへの誘惑をうける(? これだけ、ルークとアナキンの共通点がある。 ルークは父親である、ダース・ベイダーから、ダーク・サイドへの誘惑をうけた。 アナキンは、「エピソード2」か「エピソード3」で、ダース・シディアスから、ダーク・サイドへ誘惑される可能性が高い。 歴史はくりかえす。 そう考えると、ダース・シディアスが "I am your father. " と、アナキンを誘惑してもおかしくないではないか。 なお、アナキンの父親は、ダース・シディアス以外の、シスの暗黒卿の可能性もあるかもしれない。 例えば、ダース・モール。 あるいは、ダース・シディアスの師匠とか。 シスの血が流れていたからこそ、シスの暗黒卿タース・ベイダーになってしまったという説明にもなるだろう。 以上のように、ここでは代表的と考えられるいくつかの説について、考察を加えた。 皆さんの、考えはどうであろうか。

次の

【スター・ウォーズ】アナキン・スカイウォーカーがダークサイドに囚われダース・ベイダーになった理由 (2/2)

アナキン 父親

2006年12月に国内で発売となった「フォースアクション ライトセーバー」が新たなパッケージで再登場します。 2008年8月23日日本で公開される映画 CGアニメーション版「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ(STAR WARS CLONE WARS)」版のホワイトカラー版パッケージになります。 ライトセーバーの剣先部分が全て本体に収納され、ワンタッチで5段階に伸びます。 もちろんライト&サウンド機能も(スイッチをONした時の起動音とOFFにした時の終了音)付いており、ONの状態で障害物に当たった時のクラッシュサウンドも出ます。 このライトセーバーは、ルーク・スカイウォーカーのフォースアクション ライトセーバーの起動スイッチの位置を変更したものになります。 この商品はラッピング不可です。 対象年齢:8歳? 18歳以上著作権: C Lucasfilm Ltd. All rights reserved. Used under authorization. All Rights Reserved. これはSTAR WARS TM の米国版オフィシャルライセンス商品です。 【検索キーワード】通常便なら送料無料。 ライトセイバー,fx,スターウォーズ,剣,ハロウィン,コスプレ サイズ:長さ約110cm電池:単三電池3本使用(別売り)ハズブロ版スターウォーズFXライトセイバーが遂に登場。 スイッチを入れると青い光が伸び上がり、かつデジタルで監修されたセイバーサウンドが鳴る究極のスターウォーズアイテム。 Used Under Authorization. 8cm56. 8cm57. 7cm58. 7cm59. 6cm60. 6cm61. 5cm62. 5cm63. 発売日:2010年03月15日。 メーカー:Comic Images。 【UFOキャッチャーの景品ではなく北米・欧州で販売されているアニメグッズです。 】【お取寄せの場合は、納期が10日? 1ヶ月ほどかかります。 仕入先に在庫が無く再入荷日が未定の場合は当店都合のキャンセルとなります。 詳しい情報が知りたい方は株式会社トミーダイレクトにアクセスしてみてください。 対象年齢は6才以上です。 写真はイメージですので若干の違いがあるかもしれません。 未使用品ですが倒産品ですので箱にダメージがあります、ご了承下さい。 オープン特価で大変お求め安くなっております。 寸法はcmです。 ご了承ください。 C KOTOBUKIYA Co. ,Ltd All Rights Reserved. C Lucasfilm Ltd. All rights reserved. Used under authorization. 力を望むあまりにフォースの暗黒面にその身を落としてしまった「アナキン・スカイウォーカー」をエピソード3版で立体化。 師匠であり、親友であったオビ=ワン・ケノービにすら憎しみを向け、ダークサイドに堕ちた表情をリアルに再現。 もちろんジェダイ騎士のローブ、ライトセーバーも見事に再現しました。 そして、付属する火山惑星「ムスタファー」のマグマ地帯をモチーフにしたベースは、別売りの「ダース・ベイダーEP3Ver. 」と合体し、アナキンからベイダーへの転身をイメージさせるもうひとつの作品となります。 予め御了承下さい。 実際の商品とは多少異なる場合がございますのでご了承ください。 【ご注文前に必ずお読み下さい。 】こちらの商品は誠に勝手ながらお支払方法をクレジットカード/銀行振込・郵便振替に限定させて頂きます。 代金引換はご利用不可となります。 代金引換でご注文頂いた場合には、支払方法の変更依頼をご連絡させていただきますが、期間内に変更がない場合にはご注文自体を一度キャンセルとさせていただく場合がございます。 また、ご注文のキャンセル、商品のお取置き、交換等は一切承ることが出来ません。 予めご了承下さい。 メーカー ミュージアムレプリカ発売日 10年07月未定原作名 スター・ウォーズキャラクター名 アナキン・スカイウォーカーサイズ:1サイズ(S? ミュージアムレプリカのスターウォーズコスチュームレプリカにアナキン・スカイウォーカーのベルトが登場。 素材は最上級の革製。 ライトセイバーを取り付ける為の留め具やフードカプセル、ジェダイポーチが付属予定。 4月27日を過ぎますと ご注文の時間差により 品切れの可能性が高くなりますので ご了承願います。 スターウォーズ アナキンの父親がでてこなかったこと。 父子の葛藤がスターウォーズのドラマ性の柱だと思ってるから。 ドゥーク伯爵がアナキンの父親ってなら、まあまあ納得いきましたが。 あと、エピソード4でアナキンはデススターといえども アナキンスカイウォーカーの父親 エピソ ド1の時にはもうダークサイド(暗黒面)でないといけません。 そうなるとダースモールもいますが、年の差を考えるとちがいます。 やはりデューク伯爵だろうと思います。 アナキンの父親は誰なんでしょうかね。 STAR WARSファンへ100の質問 -続き- もう公開されたしなあ… Q78. アナキンの父親(出生の秘密)は、ズバリ! 公開前はドゥークーが父親なんじゃないかと思ったけど、違いましたね。 Q79. パルパティーンとダース・シディアスは同一人物であると、信じて疑わない? いや 暇な時間の過ごし方。 アナキンの父親って誰なんだろう。 最近、映画を良く観に行く。 映画は1人が好き。 ミリオンダラーベイビーは、ロッキー的な映画だと思って観に行った。 観終わってから人生とか、そういうことについて長い時間考えさせられた。 【アニメ】 『ルパン三世』の銭形警部は29歳…ウソだろ、超... バカボンのパパ (『天才バカボン』バカボンの父) 【40歳】 さくらひろし (『ちびまる子ちゃん』さくらももこの父) 【36歳】 野比のび助 (『ドラえもん』のび太の父) 【35歳 ちびまる子 10歳 おじゃ魔女ドレミ、アナキンスカイウォーカー、パタリロ オススメバトン オビ=ワンが森川だよぉぉぉおおおおおお(アナキンは浪川さん 他にも永井さん玄田さん真綾ちゃん羽佐間 初代DVDがあまぞぬ初購入だったという(笑 ちなみに榊さんとお父さん(空想のちよ父・猫もどき)の絡みがだいすきです 「ココをこう切っ 齢48にして着ぐるみデビュー! 別の店で、わが父・アナキンたんとファミリーのみなさんも宴会中だったので、そちらに移動。 年老いたパドメ議員もいらっしゃいましたが、3次会、パドメも帰り、監視の目から逃れたアナキンたんは、キャバクラみたいなお店で、80近いにもかかわらず ぺるしゃと魔術師とSW アナキンは必死に「父と思ってます!」って2回くらい言ってるのに、オビ=ワンは「弟だと思ってたのに!」って言っててなんか笑えた。 確かに15歳離れてたら父って思っちゃうけど、上の人は15歳差なら兄弟!って認識なんだろうな(笑) SWエピソード2観 ジャンパー それから10年後デヴィッドは、母が家を出てから人が変わってしまった父との生活を離れ、ニューヨークで「世界中のどこへでも瞬時に移動できる」という 『スター・ウォーズ』シリーズの若きアナキン・スカイウォーカーとして、人気と実力を証明したヘイデン Star Wars Tour in Forest Moon Endor リポート 会話もあったとかないとか (w) 囚人と帝国軍が雑談している間を突いて なんとか逃げ出すツアー参加者w 逃げ際に 父アナキン と 感動の再会(?)を遂げているであろう レイア姫の姿もw 「のんびりハイキング気分」で 命からがら逃げ延びる 幸せいっぱいいただきました。 ちょこっとショップへ 師匠!父さん頑張ってるよ!の図 こむぎね〜、さっちゃんのこと.

次の

シミ・スカイウォーカー・ラーズ

アナキン 父親

Anakin Skywalker 別名または別表記 別名 Darth Vader 人物に関する情報 出身地 誕生 7BrS:4 死亡 39 、、上空 身体に関する情報 種族 性別 男性 身長• 85 m(成人)• 02 m(着用時) 髪の色 茶色 目の色 青色、黄色と赤色() 移植物• (アナキンのとき)• 、(ダース・ヴェイダーのとき) 年代および政治に関する情報 時代• (アナキンのとき)• (アナキンのとき)• (ヴェイダーのとき)• (ヴェイダーのとき) 師匠• (一時的な・マスター)• () 弟子• (・アプレンティス)• (ダーク・ジェダイ・アプレンティス)• (ダーク・ジェダイ・アプレンティス)• (ダーク・ジェダイ・アプレンティス)• (ダーク・ジェダイ・アプレンティス)• (ダーク・ジェダイ・アプレンティス)• (ダーク・ジェダイ・アプレンティス)• (ダーク・ジェダイ・アプレンティス)• (ダーク・ジェダイ・アプレンティス)• (シス・アプレンティス)• (シス・アプレンティス) [非表示] 予言から生まれた子、 アナキン・スカイウォーカーは、おそらくの意思そのものによって産み落とされたと考えられている。 彼はの歴史に光と闇の時代をもたらし、決して忘れられない功績と汚点を残したのだった。 アナキン・スカイウォーカー 少年時代をで奴隷として過ごしたアナキンは、母と共にからのジャンク商人へと売却された。 彼はで様々な機械や技術に関する知識を身に付け、どんな機械でも修理できるという評判を得る。 その能力を生かし、9歳のアナキンは母親の仕事を手伝わせるためにのを組み立てた。 彼は親切で無私無欲な少年だったが、決して素直というわけではなく、頭に血が上るとついつい競争心が沸き立つこともあった。 のような無謀な競技への執着心もその現れの1つだったのだ。 アナキンはを操縦できる唯一のだった。 彼は小柄な体格からレーサーの小さなコクピットにも座ることができ、驚異的な反射神経によってエイリアン種族と対等に戦うことができたのだ。 この反射神経はフォースによってもたらされたものである。 彼は物事が起こる前にそれを予見し、行動することができたのだ。 アナキンのフォースへの感受性とレースの才能は、彼を、と、の若き女王、に引き合わせた。 によるを逃れた彼らは、連合の攻撃によって損傷した船を修理するための部品を必要としていた。 そこでアナキンは複雑な賭けの対象となったのレースで見事優勝し、クワイ=ガンが必要としていた宇宙船の部品のみならず、自由を手にすることになる。 しかし、母親を奴隷から解放することはできなかった。 クワイ=ガンはこの少年のフォースに才能を見出し、信じられないほどの値を検出していた。 アナキンはになる夢をかなえるべくクワイ=ガンと共にへ修行に向かうが、それは母との別れを意味することになる。 しかし、彼はいつか母を解放するためタトゥイーンに戻ると誓い、シミとC-3POを残して旅立っていったのだった。 ジェダイへの道 アナキン・スカイウォーカー の前で、クワイ=ガンはアナキンが古代の予言でフォースにバランスをもたらすとされる「」であると主張した。 だが、彼の未来が曇っていることを予見した評議会は、修行を始めるには歳を取りすぎていると断言し、アナキンの訓練を禁止する。 しかし、アナキンの勇敢な活躍によって通商連合軍が敗退し、ナブーが解放されると、評議会は前言を撤回してアナキンの修行を認めたのだった。 このとき既にクワイ=ガンは謎のによって倒されており、アナキンは彼の弟子だったのとなったのである。 その後約10年にわたって、師弟は強い絆で結ばれていた。 オビ=ワンは慎重に訓練を与えていたが、衝動的で冒険心の強い19歳のアナキンは自信に溢れた頑固な青年へと成長していった。 彼の無謀さは何度も師匠を悩ませたが、それでも2人は親友だった。 多くの点で、アナキンはオビ=ワンを自分にいなかった父親として見ていたのである。 そのころ、は一大事件に揺れていた。 元ジェダイ・マスターのによるをきっかけとし、有力企業をはじめとする数千の星系が共和国からの脱退を宣言したのである。 この政治的緊張状態はやがて武力衝突へと発展し、だけでは共和国の平和を守りきることができなくなりつつあった。 そのため、はの指揮の下、の武力に対抗すべく独自の軍隊を設立しようという法案を審議しはじめたのだった。 そのころナブー選出のとなっていたパドメ・アミダラは、この法案に反対票を投じるためコルサントへと到着したが、謎の暗殺者による襲撃を受ける。 彼女は囮作戦によって一命を取り留めたものの、暗殺の脅威は失われていなかった。 パルパティーンはジェダイ評議会を通じてオビ=ワンとアナキンに議員の警護を要請する。 アナキンはこの10年間、ことあるごとにパルパティーンに助言を求め、彼を心から尊敬するようになっていたのだ。 そしてオビ=ワンが暗殺者の黒幕を捜索している間、アナキンはパドメを守るため彼女と共にナブーへと向かう。 やがて2人の間には禁断の愛が芽生えていくのだった。 ナブーでパドメの護衛を行っていた護衛アナキンは、母の身に危険が起こっていることを察知する。 不安と衝動に駆られた彼はタトゥイーンへと急行し、シミの捜索を開始した。 アナキンは母が既にワトーのもとから解放され、の外れのに嫁いでいたことを知る。 しかし、彼女はたちにさらわれていたのだった。 アナキンはシミを救出するため単身でタスケンのキャンプへと侵入し、母と10年ぶりの再会を果たす。 だが、それがスカイウォーカー親子にとって最後の瞬間となるのだった。 母を殺された怒りで自我を失ったアナキンは、でサンド・ピープルたちを皆殺しにしてしまう。 アナキンの心の中にが増した瞬間、遠く離れたコルサントではが若きスカイウォーカーの未来に暗雲を感じていたのだった。 母の死 シミの嫁ぎ先だったの水分農場で母に最後の別れを告げたアナキンは、オビ=ワンがパドメ暗殺の首謀者を突き止め、分離主義者たちに捕らえられたことを知る。 アナキンとパドメは評議会の命令を無視してオビ=ワンのいるへと向かうが、逆に師と共に捕らえられへと送られてしまった。 だが、彼らは難を脱し、増援に駆けつけたジェダイ・オーダーと共に壮絶な戦いを繰り広げる。 分離主義勢力のは圧倒的な数でジェダイたちを追い詰めるが、何者かによって密かに製造されていた共和国のが到着したところで形勢逆転となった。 アナキンとオビ=ワンは逃走するドゥークーを追跡し、かつてのジェダイ・マスターと対峙する。 だが、伯爵は2人をフォースで圧倒し、アナキンは右腕を斬り落とされてしまう。 絶体絶命の危機に瀕した2人を救ったのはヨーダだった。 ドゥークーは敗走し、は共和国の勝利で幕を下ろすことになる。 だが、この戦いを皮切りに、銀河系はという暗黒の時代へと突入するのだった。 失った右腕を機械の腕に置き換えたアナキンは、アミダラ議員の護衛として再びナブーへと向かう。 その後、2人は初めて禁断の愛を育んだ湖畔にナブーの聖者を招き、C-3POとの祝福を受けながら秘密の結婚式を挙げた。 これは2人にとっての新しい人生の始まりだったが、同時に、アナキンにとってはやがて訪れる破滅への第一歩となるのだった。 クローン大戦 アナキン・スカイウォーカー パダワンとしての訓練期間を抑制の辛い演習であると見なしていたアナキンは、クローン大戦が自身の人間性を形作るより大きな挑戦であることを思い知らされた。 この数百年の間に共和国を襲った最も激しい戦争を通じてオビ=ワンに師事していた彼は、事実上絶えることのない戦いに晒されていたのである。 だが平和と忍耐を重んじるも、アナキンがクローン大戦の戦闘を通じて活力を得ていくことを妨げることはできなかった。 彼は戦いの中に生きがいを感じ、強大なフォースに更なる磨きをかけていく。 様々な局面で不可避と思われた敗北を、独力で勝利へと変えていったのもアナキンだった。 をはじめとする多くの惑星での戦いで、アナキンとオビ=ワンは伝説的な名声を得ることになる。 市民たちは共和国の至るところで2人のジェダイの英雄を褒め称え、アナキンはその大胆な功績によって「恐れを知らない英雄」の異名で知られるようになった。 ジェダイの禁欲主義はこのような状態を決して良しとしないが、彼は既に銀河にその名を轟かせる英雄となっていたのである。 だがこうした事実も、決してこの戦争が生易しいものだったことを示しているのではない。 分離主義勢力は幾度となく攻勢を強め、アナキンはジェダイ・オーダーへの誓いが自らの力を抑制していると考えるようになっていたのだ。 彼はこの暗黒の思想(これはかつてタスケンの集落で彼を襲った感情と同じものである)を決して仲間のジェダイには打ち明けなかった。 アナキンはこの道のりが更なる力への入り口であることを知っていたが、同時にそれがダークサイドへ至る道であることも心得ていたのである。 だが、彼にはこうした悩みを気兼ねなく打ち明けることのできる人物が1人だけ存在していた。 ナブーの英雄となった日から彼の良き理解者であり続けたパルパティーン議長である。 パルパティーンはアナキンの才能を無条件に褒め称え、アナキンも彼をあらゆる点で自分を認めてくれる唯一の理解者であると感じていたのだ。 アナキンにとってのもう1つの悩みは、愛する妻の不在だった。 クローン大戦の間、パドメと会うことのできない日々が何週間、何ヶ月と続いたのである。 彼女も献身的な元老院議員としてこの戦争を注視していたが、進行中の戦いに関する散発的な報告が寄せられるなか、彼女の関心の的は極めて個人的なものとなっていく。 特に5ヶ月続いたでの激戦は、2人の心を大きく引き裂いたのだった。 終戦へ クローン大戦最後の年、アウター・リムに派遣されていたアナキンとオビ=ワンのもとに衝撃的な知らせが届けられる。 コルサントが攻撃されているというのだ。 愛する妻と最も信頼すべき友人であるパルパティーン議長のいる惑星が、無慈悲なとその配下のドロイド軍による猛攻に晒されていたのである。 共和国の心臓部への打撃を回避するため、オビ=ワン、アナキン、そして彼らの率いる共和国グランド・アーミーがコルサントへ向かう。 この行動の背後には、アナキンの激しい決意が伴っていたのだ。 グリーヴァス将軍の旗艦に侵入したオビ=ワンとアナキンは、明らかな罠と知りつつも目的に向かって進んでいく。 そして、彼らは捕らわれのパルパティーン議長を発見し、そこで再びドゥークー伯爵との対決を迎えるのだった。 2人のジェダイはシス卿とライトセイバーを交えるが、オビ=ワンはドゥークーの強大なフォースに屈し、意識を失ってしまう。 ドゥークーは1人になったアナキンを執拗に挑発し、ダークサイドへと誘惑するのだった。 だが、両者は激しく光刃をぶつけ合い、ついにアナキンがシス卿の両腕を切断することで決着をつける。 アナキンは無防備なドゥークーに止めを刺すことをためらうが、パルパティーンは彼を殺せと命令し、若きジェダイは湧き上がる力によってシス卿の首を切り落とした。 アナキンは自分の行為について後悔するが、パルパティーンは必要な行動だったと賞賛する。 議長曰く、ドゥークーは生かしておくにはあまりにも危険すぎる男だったのだ。 アナキンはオビ=ワンとパルパティーンを連れて<インヴィジブル・ハンド>からの脱出を図るが、ドゥークーの死によってドロイド軍の実質的リーダーとなったグリーヴァス将軍に捕らえられてしまう。 しかし、ジェダイたちとドロイド軍との乱闘の末、グリーヴァスは船を放棄して逃走し、アナキンは共和国グランド・アーミーからの攻撃によって後方が大破した<インヴィジブル・ハンド>で、コルサントへの不時着を強いられることになる。 だが、このときも彼は驚異的な操縦能力を披露し、首都の無人の滑走路に大胆な着陸を成功させたのだった。 ドゥークーを倒し、議長を救出したアナキンは、共和国最大の英雄として大勢の議員たちに迎えられたのである。 また、コルサントでアナキンはようやく愛するパドメとの再会を果たした。 2人は待ち焦がれていた愛を確かめ合うが、状況は極めて複雑な方向へと展開していく。 パドメが夫に妊娠したことを告げたのだ。 これが2人にとって新たなる喜びとなったことは間違いないが、同時にこの結婚をどのように秘密のまま保っていくかという難問を提起することになる。 アナキンはプラスの方向へと考えようと努力するが、フォースの意志は逆だった。 母を失ったときと同じ悪夢が訪れ、パドメの出産による死のビジョンを映し出したのだ。 妻を案じるアナキンの肩に、さらに大きな重しがのしかかる。 謎のシス卿ダース・シディアスを追跡していたが、パルパティーン議長の周辺にの存在を確信しており、彼を父親として慕うアナキンは複雑な立場に追い込まれていたのだ。 クローン大戦が長引くなか、パルパティーンの政権はますます独裁色を強めていき、評議会も彼の動機に疑いの目を向けるようになっていたのである。 彼らはパルパティーンがジェダイ評議会を議長オフィス専用の道具にしようとしていると感じていた。 そのため、評議会は早急に議長から非常時特権を剥奪する必要があると考え、戦争の終結、すなわちグリーヴァス将軍の逮捕を最優先課題としたのだった。 ダークサイドの誘惑 アナキン・スカイウォーカー パルパティーンはアナキンを信頼していた。 彼はアナキンを私的な代理人としてジェダイ評議会に推薦し、評議会もその意向を受け入れる。 評議会の真意はアナキンをスパイとして議長オフィスに出入りさせ、パルパティーンの行動を監視するというものだったのだ。 これはアナキンにとって明らかな背信行為だった。 オビ=ワンから非公式にこの任務を聞かされたアナキンはますます混乱し、評議員となった自分をジェダイ・マスターに昇格させない評議会への不満を増大させていく。 アナキンは評議会に在籍する時代遅れのマスターたちよりも自分のほうがはるかに強いと考えており、この処遇をマスターたちによる自分への嫉妬として受け止めたのだった。 そして、パルパティーンに呼ばれ、を訪れたアナキンは、最大の混乱を生じさせることになる。 議長はアナキンにグリーヴァス将軍の居場所を突き止めたことを伝えるが、その中でアナキンの扱いについて評議会を痛烈に批判したのだった。 彼はアナキン以外のジェダイが保身のために彼を排除しようとしていること、ジェダイとシスの間には本質的違いがないことなどを話し、若きジェダイに次々と動揺を与える。 彼の混乱を決定的なものにしたものは「」と呼ばれるシスの伝説に関する話だった。 パルパティーン曰く、はミディ=クロリアンを操作して生命を作り出し、愛する者を死から救うことができたという。 これはシスのみが知る神秘的な力であり、ジェダイからは決して学ぶことのできないものだというのだ。 パドメの死を予見していたアナキンは、この伝説を真剣に聞き、彼女を救う手がかりを手にしたのである。 評議会に戻ったアナキンは、またしても屈辱的な扱いを受けた。 パルパティーンは彼をグリーヴァス討伐任務に就かせるよう推薦していたが、評議会はその役目をオビ=ワンに与えたのである。 アナキンは力をもてあましたままコルサントに残され、オビ=ワンとグリーヴァスが交戦をはじめると、そのことを議長へ伝えるよう命じられる。 しかし、パルパティーンは戦争のことには触れようとせず、再びアナキンに評議会への批判を植え付け、ついに自らの正体にまで言及したのだった。 パルパティーンこそが評議会の追い求めていたダース・シディアスだったのである。 シディアスはシスの側に付けば妻を救うための秘術を手に入れることができると告げ、アナキンをダークサイドへと誘惑する。 彼は悩める若きジェダイに、規則も規範も境界もない、自由なフォースへの道を示したのだった。 アナキンはさっそくこの事実をメイス・ウィンドゥに伝え、議長の逮捕に自分も同行すると訴える。 しかし、ウィンドゥはアナキンの判断力に迷いを感じ、同行を禁じるのだった。 ウィンドゥはに残っていた屈強の剣士3人を従えて元老院へと向かい、アナキンは1人で評議会の会議室に残される。 だが、メイスがパルパティーンを殺害すれば、パドメを救う唯一の道が閉ざされてしまう。 アナキンは自制心を失い、元老院へと急ぐのだった。 シスの暗黒卿への転身 ダース・ヴェイダー 議長のオフィスでは、3人のジェダイを殺害したパルパティーンが、最後の1人となったウィンドゥに追い詰められていた。 両者は互いに相手を反逆者だと叫ぶが、アナキンの目には、パルパティーンはもはや戦う力を失った弱々しい老人でしかなかった。 しかし、メイスはシスを生存させることの脅威を訴え、パルパティーンを殺そうとする。 若きジェダイは双方の忠誠の間で激しく動揺するが、彼の中で最後に勝ったのはパドメへの果てしない愛情だった。 彼は2人の戦いを終わらせるべく、ライトセイバーを起動させ、議長に振り下ろされたメイスの腕を切断する。 すると、突如としてパルパティーンが反撃へと転じた。 彼がダークサイドの電撃によってもはや抵抗できないウィンドゥを殺害したとき、アナキンはもはや戻ることのできない一線を越えてしまったことに気づいたのである。 メイス・ウィンドゥの死によって、アナキンはダークサイドへの道を開いた。 彼はシスへの忠誠を宣言し、ダース・シディアスの前に跪く。 これを喜んだシディアスは、アナキンに新しい名前、 ダース・ヴェイダーを与えると、新しい力と知識を約束するのだった。 また、シディアスは、ジェダイこそが共和国の平和を乱す元凶であると告げ、新たなる弟子にジェダイ聖堂への奇襲と分離主義勢力の幹部たちの抹殺を命じる。 邪悪なは、シスこそがこの戦争を終結させ、銀河系に平和と秩序をもたらすことになると宣言したのだった。 シス卿ダース・ヴェイダーとなったアナキンは、の大軍を率いてジェダイ聖堂へと向かった。 彼は聖堂に残っていたジェダイを容赦なく斬り捨て、幼いたちさえも一人残らず葬っていった。 続いて、ヴェイダーはのに隠れていた独立星系連合の幹部たちをすべて虐殺し、クローン大戦に終わりをもたらすことになる。 彼は歪められた認識によって、共和国末期の腐敗と混沌を一掃し、新たなるに平和と秩序をもたらしたのだった。 師弟対決 ダース・ヴェイダー そのころ、彼の妻パドメ・アミダラも、夫をダークサイドから抜け出すよう説得するため、彼を追ってムスタファーに向かっていた。 しかし、オビ=ワンが彼女の船に乗っていたことを知ったヴェイダーは、激しい怒りをあらわにする。 彼はすべてが自分を裏切っていると考えたのだ。 取り乱したヴェイダーはパドメに手を伸ばし、フォースで彼女の喉を締め付ける。 彼女は空気を求めて喘ぎ、ムスタファーの離着床プラットフォームで気を失った。 かつての教え子の堕落にショックを受けたオビ=ワンは、ヴェイダーを倒すことで、シスの邪悪な野望を阻止すると誓う。 こうして、2人の英雄は溶岩の燃えるムスタファーで、激しいライトセイバー戦を繰り広げることになるのだった。 フォースのダークサイドによって未知の力を手にしたヴェイダーだったが、ムスタファーの死闘では完全な敗北を喫し、瀕死の重傷を負ってしまう。 オビ=ワンの光刃が彼の両足と左手を切断し、四肢を失った肉体もムスタファーの炎によって焼かれたのだった。 だが、彼は激しい怒りと憎悪によって生き延び、肉体的な損傷だけでなく、裏切りによって心にも永遠に残る傷を負うことになる。 ヴェイダーはかつての自分を完全に放棄した。 そして、弟子を救助するために現れたシディアスは、治療のため彼をコルサントのへと連れて行き、そこでヴェイダーは金属と肉体が融合したサイボーグとして完全な変化を遂げたのだった。 この変化がなされたとき、ヴェイダーは自分に双子の子供がいることを知らなかった。 スカイウォーカーの血を引く子供たちは、ジェダイにとっても、シスにとっても、有望な後継者となるのだ。 彼らに希望を託すオビ=ワンは、ヴェイダーとパルパティーンから子供たちを隠し、やがてタトゥイーンでアナキンの息子、にジェダイの修行を与えることになる。 一方、妹のはの総督兼議長であるに養女として預けられたのだった。 帝国の時代 ダース・ヴェイダー パルパティーンの権力の拡大によってもたらされた混沌のなか、ヴェイダーは帝国内で皇帝に次ぐ実力者として君臨するようになる。 皇帝によってジェダイ・オーダーの生存者を見つけ出し、抹殺することを命じられた彼は、この暗黒の時代に次々とかつての同胞を殺害していった。 やがて銀河系はフォースのダークサイドによって支配されるようになったのである。 皇帝が究極兵器を建造したとき、運命はスカイウォーカー親子、そしてかつての師弟を引き合わせる。 意図せずデス・スターに捕らえられてしまったオビ=ワンとルークらの一行は、囚人だった反乱軍のリーダー、レイア姫を救出するが、その直後にオビ=ワンとヴェイダーは再び対決を行うことになる。 しかし、年老いたオビ=ワンはダークサイドを極めたヴェイダーに太刀打ちできず、彼はルークに希望を託して自ら弟子の刃にかかるのだった。 このとき、ヴェイダーは近くに息子ルークがいることに気づかなかった。 そして、レイアが娘であることには最後まで決して気づくことがなかった。 でデス・スターを失った皇帝は、ヴェイダーを帝国軍の最高司令官に任命し、自らが掲げたをより強固なものとしていった。 やがて2人はこの戦いでの英雄となったルークの存在を知ることになる。 皇帝はヴェイダーにルークを捕らえ、自分に献上するよう命じるが、ヴェイダーは密かにルークを誘惑し、親子で銀河系に君臨しようと目論んでいた。 ヴェイダーは若きスカイウォーカーの捜索に執念を燃やし、失敗した者はたとえ部下であっても容赦なく処刑していったのだ。 息子との対面 ダース・ヴェイダー 後、ついにスカイウォーカー親子はので対面し、光刃を交えることになった。 オビ=ワン亡き後、彼の助言に従ってヨーダの教えを受けたルークだったが、ヴェイダーは修行半ばである息子を圧倒し、ダークサイドへ誘い入れようと試みる。 しかし、ルークはこれを拒否し、親子は再び離れ離れになるのだった。 ヴェイダーはその後もルークの捜索を続けたが、ベスピンでの失敗を皇帝に叱責され、プリンス・という政敵に脅かされた彼は、徐々に心境の変化を現し始める。 しかし、ヴェイダーのたどり着いた結論は、まだ皇帝から多くを学ばなければならないということだった。 ヴェイダーがルークとの再会を果たしたのはの前夜である。 ヨーダの下での修行を終え、父を改心させることが最後の試練だと考えたルークは自ら帝国軍に投降し、ヴェイダーによってで待つ皇帝の前に連れられていく。 ルークは皇帝によって執拗に憎悪の感情を駆り立たされ、ついにヴェイダーとの再戦に挑むのだった。 両者は互角の戦いを繰り広げ、その最中にヴェイダーはルークの心の中から自分の娘の存在を感じ取った。 だがその直後、ルークはヴェイダーへの憎悪をあらわにし、彼を打ち破ったのである。 ライトサイドへの帰還 アナキン・スカイウォーカー しかし、感情を制御する術を身に付けたルークは決してダークサイドを受け入れなかった。 彼は皇帝の誘いを断り、それは皇帝の怒りを買うことになる。 パルパティーンにとって、もはやルークは抹殺すべき障害でしかなかった。 皇帝は圧倒的なダークサイドのフォースでルークを苦しめるが、このときのルークの叫びがヴェイダーを改心させる力となる。 息子の苦境を前にアナキン・スカイウォーカーの心を取り戻したヴェイダーは、皇帝を第2デス・スターの反応炉へと続くシャフトに突き落とし、邪悪なシス・マスターを滅ぼした。 このとき、およそ20年にわたって銀河を震撼させたダース・ヴェイダーも滅び、良きジェダイだったアナキン・スカイウォーカーが蘇ったのである。 ヴェイダーのマスクを外したアナキンは、自分の目で初めて成長した息子の姿を見ることになる。 だがこれは最初で最後の光景だった。 息子の姿に満足したアナキンは、フォースのに包まれ、静かに息を引き取った。 そして、彼の遺体はルークの手によってエンドアに運ばれ、密かに火葬されるのである。

次の