拝受 意味。 「拝見」の意味と敬語の使い方、類語「拝読」との違いは?

「拝受」の意味とは?メールでの使い方や類語「受領」との違いも

拝受 意味

拝受の読み方・意味は? 「拝受」の読み方は「はいじゅ」でメールでよく使われる敬語表現 「拝受」の読み方は「はいじゅ」です。 「礼拝」の「拝」に「受」で「はいじゅ」と読みます。 一旦覚えれば「はいじゅ」としか読めないのですが「拝(おがむ・はい)」という漢字は中々使わない漢字なので、急にこういった漢字が出てくると読み方に迷うかもしれませんが、ビジネスでよく出てくる言葉なので覚えましょう。 拝受の「拝」という漢字は「おがむ」とも読む漢字であり、この言葉が意味するところは「おがむようにうけとる」という意味合いで「拝受」という熟語になります。 漢字一文字ずつの由来をしっかり把握しておくことで、ここからの説明がすっと入ってきやすくなることでしょう。 「拝受」は受け取るという意味合いの敬語表現 「拝受」は受け取るという意味合いの敬語表現です。 こういった難しい言葉は基本的に日常生活で使われることはなく、ビジネスのシーン限定で使われることになります。 ビジネスのシーンにおいては何かを受け取る際には非常に多用される言葉になります。 自分が使うシーンも相手方から「拝受」が送られてくるシーンもあります。 「〇〇を受け取りました」という言い回しについてはビジネス感がないですし「〇〇を受領いたしました」というとビジネス感はあるのですが、敬語のニュアンスに不足があるように感じる表現となります。 ここで「〇〇を拝受いたしました」という言葉を使うと、非常に丁寧でビジネス感のある言い回しになるのです。 拝受いたしましたは正しい? 拝受いたしましたという言葉は厳密には二重敬語で本来は好ましくない表現 拝受いたしましたという言葉は厳密には二重敬語で本来は好ましくない表現です。 「拝受」という言葉自体が敬語表現であり、「いたしました」という表現もまた敬語表現になります。 本来であれば「拝受しました」という言い回しが正しい日本語の使い方ですが、今では「拝受いたしました」という言い回しが多くなっています。 ほかにも二重敬語には「お伺いいたします」という表現がありますが、そういった日本語として間違った表現がまかり通っている現状になります。 しかしながらやはり間違った表現になるので、間違いを認識した段階からそういった表現は使わないようにするのが無難であると言えるでしょう。 拝受いたしましたは許容されている二重敬語表現 拝受いたしましたは許容されている二重敬語表現です。 「拝受いたしました」という言葉自体は二重敬語で間違った日本語表現ではあるのですが、一般的に使われているためにあまり間違いを指摘されず、許容されている表現であると言えます。 使っても問題のない表現であると言えます。 しかしながらこういった二重敬語の表現については許容されているとはいえ、使わない方が良いとする考え方もあります。 そのためここから先は「拝受は二重敬語として許容されている」前提で拝受を使った表現を紹介するとともに、二重敬語にならない表現も併せて紹介していきたいと思います。 「拝受いたしました」という言い回しは「拝受」の使い方において最も一般的な使い方になります。 「拝受」とセットで使われるのが「ご査収」です。 相手方から「メールに資料のPDFを添付いたしますのでご査収のほどお願いいたします」というメッセージが来た場合、資料のメール添付を確認した上で「PDF資料の方を拝受いたしました」といった形の言い回しでメールに返信をします。 「ご査収」という言い回しは相手方に確認を依頼する際に使う、文書やメールで主に使われるビジネス要素の強い言い回しになっています。 添付ファイルを確認いたしました。 ご多忙のところご共有いただきましてありがとうございます。 追って内容の方を確認させていただいた上で返信いたします。 何卒よろしくお願いいたします。 この言い回しに関してはすでにメール等で受け取っているデータ等に関して受け取っている状態を誰かに報告する際に使う言い回しになります。 例文では「拝受しております」という言い回しを使っていますが、こちらも二重敬語に当たるので気になるようでしたら「拝受しています」という言い回しに変えても差し支えはありません。 先方より来週のプロジェクトミーティングの資料につきましては拝受しております。 内容を確認し問題がなければそのまま各位へデータにて配布させていただきます。 時期等につきましては追ってご連絡をさせていただきます。 「拝領」は受領の敬語に当たる言葉になります。 拝受に関しては基本的にデータ等の授受に関して使われる言葉になりますが、拝領に関しては物品の授受について使われる言葉になります。 そのため、拝領とは受け取るものの種類が異なってくる特徴があります。 また、拝領につきましては「目上の人や貴人から物品を受領すること」という意味合いがありますので、受け取る相手が目上の方でなければ「受領」を使うことになります。 拝受に関しては特に目上でなくても、取引先等であれば使用できる言葉となりますので、拝領はその点の使い勝手が限定されてくる言葉になっています。 享受に関してはメリットになるものを受け取る意味合いがあります。 また「謹んでお受けする」といった意味合いもあります。 例えば「部長の職を享受いたします」というような使い方をすると、部長の辞令が出て出世した状況を示しています。 また「自然の恩恵を享受する」というような使い方もしますので、自分自身のメリットになるような事象全般に使われる言葉になります。 物品に対して使われることもありますが、基本的には形のない恩恵を受け取る際に使われる言い回しになります。 ビジネスメールにおいてよく使われるのが「拝受」と「受領」になります。 拝領や享受が使われるシーンはかなり限定されてくるのですが、受領に関してはメールをはじめとしたビジネスのシーン全般で使われますので、幅広く使われる言い回しになっています。 受領に関しては主に物品等の受け取りに関して使われる言葉になり「受領いたしました」という表現がありますので、目上の方や取引先等、幅広い状況で使える言葉になります。 また、拝受のようにメールがメインで使われるわけではなく、会話でも自然に使えますので非常に便利な言い回しであると言えます。 一見二重敬語ではない言葉だと思われるのですが、この言葉はまず「お~になる」という尊敬語の表現が使われています。 そして「見る」という動詞ではなく「見える」という敬語に当たる動詞が使われているために二重敬語となるのです。 「お見えになる」という表現も二重敬語として間違った日本語として認識されている側面があるのですが、長く使われている間に習慣として定着している日本語でもありますので、今では間違った表現である側面はあまり見られなくなり、一般的な日本語として広く使われる表現になっています。 これは「伺う」という謙譲語と「いたします」という敬語を重ねて使っているために二重敬語になっています。 もしも二重敬語にならない表現を使うとすると「伺います」という表現になりますが、今では物足りない敬語表現とも言われています。 ただし「お伺いいたします」という敬語に関しては様々な言い換えの表現があり、この表現を避けつつもしっかりとした敬語表現に置き換えることができます。 下記の関連記事にはその言い換えの表現をはじめとして「お伺いいたします」という二重敬語と上手に付き合う参考になることでしょう。 この敬語表現も「召し上がる」という敬語表現と「お~になる」という敬語表現が重なっているために間違った日本語になります。 しかしながら「お召し上がりになる」という言葉は日本中でよく聞かれる言葉になっています。 ここで紹介している二重敬語は「お召し上がりになる」という表現をはじめとして、あまりにも一般的に使われている表現ばかりです。 そのため、それらを間違いとして排除してしまうと日本語の表現が狭まってしまうおそれがあるために今では許容され、一般的に使われる日本語の表現になっているのです。 拝受をビジネスで使いこなして一目置かれる存在になろう! ここでは拝受の使い方や二重敬語にならない類語表現について紹介してきました。 拝受という言葉をたどっていくと、二重敬語をはじめとして現代における日本語の在り方を考えさせられます。 ビジネスにおいてどんな人と会話をする場合にも困らないよう、ここで紹介したことを参考にしていただけたらうれしいです!.

次の

「拝受」「拝受いたしました」の意味と使い方!類語「受領」との違いは?

拝受 意味

スポンサーリンク 「拝受」の意味と使い方は? 最初に 「拝受」の意味と使い方について見ていきましょう。 読み方については大丈夫だと思いますが念のために 「拝受」と書いて 【はいじゅ】と読みます。 「拝」には、敬意を持っておがむこと、おじぎ、ありがたく思って大切にするという意味があります。 このため「拝受」とは、 ありがたく受け取ること、受けることをへりくだって言う言葉になります。 「受け取る」の謙譲表現ですね。 謙譲表現は、目上の相手に敬意を示すために自分がへりくだる言い方です。 部下や後輩に対して「拝受する」とは言わないので気をつけましょう。 また、謙譲表現の主語は自分です。 相手を主語にして「ご拝受ください」とは言いません。 その場合は 「お受け取りください」などと言い換えて使うようにしましょう。 ちなみに「拝受いたしました」は二重敬語ではないかとよく言われますが、これについては意見が分かれるところのようです。 「拝受しました」でも十分に丁寧な敬語だと思いますね。 相手と自分の関係性を考えて、ぶしつけでもくどくもなく、心地よく感じられる表現を選ぶのが最適と言えるのではないでしょうか。 「拝受」の敬語・類語・例文を教えて? 続いては 「拝受」の敬語・類語・例文についてご紹介したいと思います。 「拝受」は「受け取る」の謙譲語で、すでに敬語表現であると言えます。 「いただく」「頂戴する」「賜る」も同様です。 自分を主語とした 「受け取る」のへりくだった表現です。 相手を主語にする場合は「拝受」を使わないため、 「お受け取りいただけましたか」「お納めになる」「ご査収くださいますよう」などと言い換えましょう。 スポンサーリンク 次に 「拝受」の類語を見ていきましょう。 「受け取り」「受領」「査収」など、いずれも物を受け取ることを意味しますね。 目上の人から物をもらうという意味では「頂戴」「拝領」も類語になります。 反対語は「拝辞」です。 辞退することのへりくだった表現です。 それでは、「拝受」を使った例文をいくつかご紹介しますね。 心温まるお手紙を拝受しました。 先日お送りいただいた資料は、確かに拝受しました。 お祝いの品を拝受しました。 誠にありがとうございます。 類語の例文も見ておきましょう。 工事費のお見積書を受け取りました。 来週の会議の資料をFAXいたしました。 ご査収のほどお願いいたします。 身に余るお言葉を頂戴して、たいへん恐縮です。 例文にして読むと意味も分かりやすくなると思いますね。 類語や別の言い方については、その時々に会った言い方を選んで相手に正しくしっかりと伝わるようにしましょう! 「拝受」と「受領」の違いと使い分け方は? 最後に 「拝受」と 「受領」の違いと使い分け方についてご紹介します。 「受領」の意味は、物やお金を受け取ることです。 「受け取る」の丁寧な言い方ですね。 「受領」の例文をご紹介します。 お送りいただいた資料を受領いたしました。 ご請求書を確かに受領いたしました。 「拝受」は「受け取る」の謙譲語であるため、「受領」よりさらに相手に敬意をこめた、へりくだった表現になります。 「受け取る」の最も丁寧な表現なので、目上の相手やお取引先などに使うとよいでしょう。 ビジネスの場でも、近い間柄や対等の立場の場合は、堅くなりすぎないよう 「受領いたしました」で十分と言えます。 まとめ いかがでしたか? 「拝受」の 意味と正しい使い方、さらに敬語や類語、例文などを詳しくご紹介しました。 改めて日本語の敬語表現は奥が深いということが分かったと思います。 行動の主体が、自分か相手か、目上の人か部下や後輩なのかで、使う言葉そのものが異なる場合もあります。 それぞれの言葉の意味や使い方を詳しく知ることで、場や関係性に応じた適切な表現ができるようになります。 日本語を深く理解してコミュニケーション力を高めていきたいものですね。

次の

【拝受】と【受領】の意味の違いと使い方の例文

拝受 意味

「拝受」の意味 「拝受」は「受けることをへりくだっていう言葉。 つつしんで受けること」という意味です。 つまり「受け取る」「受領する」の謙譲表現なんですね。 「拝」は「おがむ」という字、「受」は「うける」という字ですから、拝んで受け取る、つまり「つつしんで受け取る」という意味になります。 「拝受」の使い方 「拝受」は「つつしんで受け取る」というへりくだった意味の言葉でした。 日常で、友人や家族から何か受け取る時にいちいち「拝受」とはいいませんよね。 少し堅い印象のある、敬意をしっかり表すような言葉です。 ビジネスシーンでは、メールや書類などを受け取った時に「受け取りました」という意味で「拝受しました」などと使うことが多いです。 【例文】• 先ほどメールを拝受しました。 早速ご連絡いただきありがとうございます。 貴社の会社案内を拝受いたしました。 ぜひ説明会に参加させていただきたく、よろしくお願い致します。 来週の研究会の資料、確かに拝受しました。 お忙しい中お届けくださり、ありがとうございました。 こういった謙譲表現は、へりくだることで相手への敬意を表す言葉ですから、 自分の行為に対して使います。 相手の行為に対して「部長、拝受してください」「社長、ご拝受お願いします」などと使ってしまわないように気をつけてくださいね。 相手の行為に対しては、尊敬語を用いるようにしましょう。 「部長、お受け取りください」などの形が適切です。 「拝受いたしました」は二重敬語になる? さて、「拝受」は、自分が何か受け取ることを表す言葉です。 「拝受します」「拝受しました」「拝受いたしました」などと使います。 このうち、「拝受いたしました」について、間違った使い方なのではないかと言われることがあります。 「拝受」は「受け取る」の謙譲表現で、それにさらに「いたす」という謙譲語がついているため、二重敬語にあたるのではないかというわけです。 結論としては、「拝受いたしました」は間違った使い方とは言えません。 確かに「拝受」と「いたす」を重ねているので、くどいような気はします。 「拝受」だけでへりくだった意味を表しますので、「拝受しました」だけで「つつしんで受け取りました」という意味を十分表すことができています。 ですから、「拝受いたしました」は二重敬語なので間違いである、と記されているサイトなども多くあります。 ですが、同じように「拝受いたしました」は二重敬語にはあたらず間違いではないとする意見も多く見られます。 判断は難しいところなのですが、実際には「拝受いたしました」はビジネスシーンでもごく普通に使われている表現です。 「拝受」と「いたしました」が重なってはいますが、特に冗長であったり、丁寧すぎて嫌味だということもありませんよね。 二重敬語が全てダメ!ということではなく、このように世間一般に広く使われている場合は許容されていると考えてよいのではないでしょうか。 「拝受しました」か「拝受いたしました」かは、相手への敬意の強さや話し手の気持ちに応じてどちらを使っても問題はないでしょう。 「拝受」の言い換え方 「拝受」を別の言い方でいうとどうなるでしょうか。 受信 などなど、「受け取る」という意味で、以上のような言葉が考えられます。 例文で言い換え方を確認しておきましょう。 【例文】• 送っていただいた資料、本日受領いたしました。 メールを確かに受信いたしました。 早速のご連絡ありがとうございました。 まとめ 「拝受」は相手から渡されたものや送られたものを「つつしんで受け取る」というへりくだった言葉でした。 ただ「受け取りました」というだけでも、このように謙虚な言い回しがあるのです。 日本語の持つ奥ゆかしさや、礼儀正しさがとても表れている言葉だと言えるのではないでしょうか。 ぜひ仕事をしていく上でも活用していきたいですね。 最後までお読みくださりありがとうございました!.

次の