手間を取らせてしまい申し訳ありません。 「お手間を取らせてしまい」の本当の使い方と意味は?ビジネスで使える例文や言い換え表現も|MINE(マイン)

「お手間を取らせる」「かけさせる」「手間」の類義語と正しい使い方

手間を取らせてしまい申し訳ありません

お手数ですがの意味 目上の人やさほど親しくない人との会話の中で、お手数ですがというクッション言葉を使うことがあります。 何かを依頼するときや、相手に面倒をかけると予測できることに対して使う表現です。 便利なクッション言葉であるため、職場やメールなどでやたらと「お手数ですが……」と付け加える人も少なくありません。 しかし、はたして正しい使い方でしょうか? お手数ですがの意味と使い方・効果を紹介します。 手数がかかることを依頼する お手数は、相手にかかる『手数』に『お』をつけた尊敬語の表現です。 手数とは『労力』を指します。 お手数ですがとはじめに言及することで、 相手が払うであろう労力について理解している旨を示すことが可能です。 実際には大きな面倒や労力をかける依頼でなくても、ビジネスシーンや心理に距離のある間柄ではお手数ですがをうまく使えるとよいでしょう。 どんなに負担の軽い作業でも『自分のためにしてもらうこと=お手数』という風に捉えておくと、自然に使いこなせます。 やわらかい言い方ができる お手数ですがは、 クッション言葉と呼ばれます。 発言をやわらげ、コミュニケーションを円滑にするための言葉です。 お願いや依頼の前にお手数ですがを付け加えるだけで、ただ単にお願いをするというよりも『相手の協力や手間』に対しての感謝や謝罪の意思を表せます。 『恐れ入りますが』『お手間を取らせますが』なども、耳にするクッション言葉でしょう。 依頼や指示・期限を提示する際にこれらのクッション言葉をプラスするだけで、相手が「強制された」と感じにくい言い回しができます。 ただし、 クッション言葉は状況や立場にあわせて言い換えるのが大切です。 誤ったシチュエーションで使うと、ふさわしくない言い回しや失礼な印象になります。 ・確認後、メールにてご返信いただけますでしょうか?お手数ですが、よろしくお願いいたします。 など締めに使うのが一般的です。 お手数ですがを丁寧に言い換えると? 簡単な依頼でもお手数ですがを使用するだけで、丁寧で好感のもてる表現に変わります。 さらに、丁寧な印象を強めるときには、どのような言い回しがあるのでしょうか? お手数をおかけしますが お手数ですがをより丁寧にするには 『お手数をおかけしますが』と言い換えるのが一般的です。 一見すると、尊敬語を重ねた二重敬語にも見えるでしょう。 手数は尊敬表現の『お』が加えられた丁寧な表現ですが『かける』は謙譲語『お~する』の形になっています。 正しい敬語として使用しても問題ありません。 どちらも、相手に対して「お手数なのは理解しています」と前置きしたうえで、感謝や謝罪の気持ちをより表現しています。 相手の立場の高さだけでなく『負担が少し大きいと予想できるとき』などには、お手数をおかけしますを使うのがおすすめです。 助詞『を』は抜かない 関係性にもよりますが、対面時などに「お手数をおかけします」と言うべきところを『お手数おかけします』と縮めても通用することもあるかもしれません。 しかし、手数は『名詞』のため、おかけしますとの間に助詞の『を』が必要です。 特に、目上の相手やメールでは、 お手数の後の『を』を省略せずにお手数をおかけしますと正しく使いましょう。 『を』を省くのは、話し言葉でよく見られる『助詞の脱落』にあたります。 『さようなら』と『さよなら』では、相手が受ける印象はまったく違うものです。 間違った日本語は相手に対して失礼にあたるため、普段から注意しましょう。 ビジネスにおいては、てにをはの使い方一つで意味が大きく変わることも珍しくありません。 お手数をかけさせるとは言わない お手数をおかけしますの意味で「お手数をかけさせます」と誤った表現をする人がいるようです。 特に、繊細なビジネスシーンの言葉としては、ふさわしくありません。 『お手数をかけさせますは間違い』だとしっかり認識しましょう。 のような表現は『お手間を取らせてしまい、申し訳ありません。 』など、すでに労力を費やしてもらったことに対しての謝罪・感謝と混同している可能性があります。 「お手数をおかけしますが」は、これから手数がかかることに対しての気遣いの表現です。 お手数の類語は? 「お手数」の読み方は『おてすう』もしくは『おてかず』です。 どちらも正しい読み方ですが、現代ではおてすうのほうが一般的でしょう。 会話に出てきたときに 『両者が同じ漢字で意味も変わらない』点は、覚えておきたい知識です。 お手数には、意味の近い類義語もあります。 言い回しや後に続く動詞は異なるため、見ていきましょう。 ご面倒 『ご面倒』は、お手数とまったく同じ使い方ができます。 ただし『ご面倒をおかけしますが』のほうがお手数をおかけしますがよりも相手の負担が重く、発言した人が下手に出ている表現です。 敬語表現やクッション言葉としてお手間を使う場合には『取らせる』を使うのが正しい日本語の表現です。 手間になるのが自分なら手間がかかる、相手なら手間を取らせると覚えておきましょう。 気遣いが伝わるクッション言葉 簡単な依頼や確認でも、クッション言葉を使うのは、なぜなのでしょうか?一言で言えば、それが『日本人らしい気遣い』と考えられているかもしれません。 お手数ですがに付け加えれば、さらに相手の時間や忙しさへの気遣いが伝わるクッション言葉もあります。 うまく使いこなすと、語彙力や表現力にあふれた女性として一目置かれるでしょう。 大変お忙しいところ お手数ですがの前に『大変お忙しいところ』を加えることがあります。 相手がほかにもやるべきことがあるのに自分の依頼に時間をあてることに対して、感謝や謝罪の気持ちを示す表現です。 お手数ですが、何卒よろしくお願いいたします。 『存じます』は『思う』『知る』の敬語表現です。 相手が忙しく、簡単なお願いでも負担になりそうな場合、お手数ですがよりも謙虚で配慮のある印象になります。 ご多用のところ、ご多用の折 『多用』は、多忙とほぼ同じ意味・使われ方です。 多忙は仕事で忙しい意味合いが強い一方で、多用は『仕事・プライベート問わず雑事が重なり忙しい様』を表しています。 また、ご多忙には『亡くす』といった意味も含まれるため、冠婚葬祭などに絡むシーンではご多用を使うのがマナーです。 お手数ですがの代わりに『恐縮ですが』などとも組み合わせられます。 相手やシチュエーションにあわせて、ふさわしい言い回しをしましょう。 さまざまな言い回しを覚えよう お手数ですがやお手数をおかけしますを使って、さまざまな表現ができると仕事や人間関係で役立つシーンがあるでしょう。 同じ敬語であっても、シチュエーションによって使い分けている女性は、周囲からの評価も高まります。 お礼の気持ちを込めるとき 現在も継続している事柄に関しては、文末は現在形で大丈夫です。 ・申し訳ございません。 お手数をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。 丁寧ではあるものの、お手数ですがに『申し訳ございません』などの謝罪の言葉を加えるかどうかについては相手の立場や関係性によって検討するのがよいでしょう。 過剰に謝罪すると、相手を委縮させたり謝罪が軽んじられたりするものです。 『お礼は十二分・謝罪は適量』を心がけるとコミュ力が高まるでしょう。 まとめ お手数ですがは、相手が自分のために支払う労力に対して感謝や謝罪の意味を込めるクッション言葉です。 お忙しいところと相手の時間に気遣ったり、恐縮ですがと言い換えたりしてより気遣いを伝えられます。 うまく使いこなして仕事でもプライベートでもコミュニケーション能力の高い謙虚な女性だと印象づけましょう。

次の

「お手間を取らせてしまい」のビジネスでの使い方・目上の人への敬語

手間を取らせてしまい申し訳ありません

深刻さの度合いが低い状況には"sorry" 「すみません」「ごめんなさい」といった謝罪の言葉として、おなじみの"I am sorry. "を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 "I am sorry. " は日本語の「申し訳ありません」といった意味もありますが、少し軽い印象で深刻の度合いが低い状況で使われることが多い表現です。 ビジネスで使う場合は、"I am sorry. "を強調する"very"「とても」、"truly"「心から」、"terribly"「非常に」といった副詞と合わせることで「誠に申し訳ありません」といった意味で使うことができます。 また"I am sorry. "の後に"for"や"about"、"that"を付けて「~について申し訳なく思っております」と、何に対して謝罪をしているのかを示すようにしましょう。 I am very sorry for causing you concern. ご迷惑をお掛けし、大変申し訳ございません。 I am truly sorry about my late response. 対応が遅くなり誠に申し訳ございません。 I am terribly sorry that I could not meet your demands. ご要望に添えず、大変申し訳ございません。 個人としておわびをするときは"I"、会社として謝罪メールを送る際は"We"を主語にします。 これはいずれの謝罪表現をするときも同じです。 "sorry"よりも改まった謝罪の気持ちを伝えるときは"apologize" "apologize"「謝る」「おわびする」は"sorry"よりも改まった表現として使うことができます。 また、 "apologize"の前に強調の助動詞"do"や"sincerely"「心から」、"deeply"「深く」といった副詞を付けると、より深くおわびの気持ちを伝えることができます。 I [We] apologize for my [our] mistake. 間違いをおわびいたします。 I [We] do apologize for any inconvenience caused. ご迷惑をお掛けし、大変申し訳ございません。 I [We] sincerely apologize that multiple mistakes caused you great trouble. ミスが重なりご迷惑をお掛けしたこと、心からおわび申し上げます。 I [We] deeply apologize that my [our] mismanagement has caused you such trouble. 私(弊社)の不手際でお手間を取らせてしまい、大変申し訳ございません。 最上級の謝罪表現として使える"regret" 謝罪の表現として"regret" 「残念に思う」「遺憾に思う」もビジネスで使うことができます。 "sorry"、"apologize"と同じように"I regret +名詞"、"I regret that +主語+動詞"を使った例文をご紹介します。 "very much"「とても」や"deeply"「深く」を付けるとより一層、丁寧な印象になります。 I [We] very much regret my [our] carelessness. 私 私ども の不注意を深く反省しております。 I [We] deeply regret that our information sent to you was incorrect. お送りしたご案内に誤りがあり、大変申し訳ありませんでした。 丁寧度や重大さで使い分ける謝罪メールの表現 ビジネスで多いミスについての謝罪メール ビジネスで謝罪をする場面で、 資料の添付漏れや返信が遅れたことについておわびをするときの例文をご紹介します。 I am very sorry. I forgot the attachment. 大変申し訳ございません。 添付ファイルを忘れておりました。 I am very sorry for the delay in answering your e-mail. メールの返信が遅くなり、大変申し訳ありません。 I am terribly sorry that I couldn't send the message to you on time. お約束の時間にメールを送れず大変申し訳ございません。 関連記事: 書類不備や認識ミス、イベント招待に対する断りの謝罪メール 打ち合わせの日時を訂正したり、招待されたセミナーやイベントに出席できないことをおわびする例文をご紹介します。 I apologize that I shared the wrong time for the next monthly meeting. The correct time is from 1 p. -3 p. JST on May 15. 次回の月例の時間を間違ってお伝えしておりました。 申し訳ありません。 正しくは5月15日の 13:00~15:00(日本時間)になります。 Thank you for your invitation to the seminar. Unfortunately, I apologize for missing it. セミナーのご案内ありがとうございます。 大変申し訳ございませんが、残念ながらセミナーに出席することができません。 関連記事: 請求ミスや誤配送などクレームへの謝罪メール 自分や会社のミスでクレームにつながった場合、 謝罪メールには「不手際に関するおわびの言葉」「問題が発生した原因」「今後の対応について」と、3つのポイントを盛り込んでおきましょう。 I [We] regret some mistakes in the billing amount of the invoice. There were some calculation errors due to computer trouble. I [We] will soon send you a revised invoice. 請求書の金額ミスがあり、大変申し訳ございませんでした。 コンピューターの不具合により計算ミスがありました。 修正した請求書を至急お送りいたします。 I [We] regret that I [We] sent you a wrong product. I [We] think we should have double-checked this before shipment. I [We] will train our staff again. I [We] will not let this happen again. 間違った商品をお送りし、大変申し訳ありません。 出荷前のダブルチェックを怠っていました。 今後は社員の再教育を行い、このようなことが起きないようにいたします。 I [We] regret the damaged package. I [We] will send a replacement to you again. I [We] hope you will do business with us in the future. パッケージが破損しており、大変申し訳ございませんでした。 再度新しい商品をお送りいたします。 今後も引き続き弊社とのお付き合いをよろしくお願いします。 問題が起きた原因とともに、今後の対策や「これからもよろしくお願いします」というフレーズを付けると誠実さが伝わります。 関連記事: 適切な語句を冷静に使い分けよう ビジネスの謝罪メールは、日本語であっても英語であっても相手に対しておわびの気持ちを伝えることと、丁寧な表現をすることが大切です。 英語では、状況に合わせて"sorry"、"apologize"、"regret"といった単語を使うことができます。 比較的軽いミスに対して謝罪するときは"sorry"、謝罪の気持ちを強調したい場合は"apologize"、重大なミスや迷惑を掛けた場合の謝罪は"regret"と覚えて適切に使い分けましょう。 謝罪しなければならないときには、今回紹介した例文を思い出し適切な表現を使用してください。 この記事をシェアする•

次の

「お手を煩わせる」の文例3つ|ビジネス・メール・挨拶

手間を取らせてしまい申し訳ありません

日常的に見聞きすることが多い「お手間を取らせてしまい」という言葉。 ビジネスシーンだけでなく、日ごろからよく耳にすることが多く、だいたいは相手に迷惑をかけてしまった場合の謝罪の言葉として用いられることが多いです。 しかし、この言葉の正しい意味はこれで合っているのでしょうか? 言葉の感じから想像できるのは「手を煩わせる」や「迷惑をかけた」などですが、いざ正しい意味となると調べたりせず使っていることも多くあります。 今回はこの「お手を取らせてしまい」という言葉の意味と使い方についてみていきましょう。 まずは「お手を取らせてしまい」の意味を紹介します。 「お手を取らせてしまい」:相手の時間や労力を使わせてしまう 上記では「手間を取らせてしまい」は、相手の労力や時間を割いてもらった場合に使う謝罪やお願いをするに用いる言葉であるということがわかりました。 しかし、この言葉と似たような言葉で誤用されることが多い言葉に「手間をかける」という言葉があります。 この言葉で使われている「かける」を手間という言葉に合わせることは間違っています。 ここで正しい表現をするならば「手数」という言葉になります。 手数とは「とらせる」ものではなく、「かける」ものです。 似た言葉で混合しがちですが、「手間をかける」と「お手間を取らせてしまい」という言葉は別々の言葉であることを理解しましょう。 また、意味も似ていますが微妙な違いがあります。 「かける」と「とらせる」の違い 「かける」とは、手数に使う言葉であり、手間に使うならば「とらせる」が正しい使い方であるということがわかりました。 しかしこの2つは何が違うのでしょうか。 この2つの違いは、「誰のために」労力をかけているかの違いにあります。 「手間」というものは上記でも説明した通り、目的のために労力や時間を割くことです。 そして「手数」とは、自身や相手が第三者の誰かのために労力や時間を割いた場合に使う言葉です。 つまり、「目的」か「誰か(第三者)」かの違いになります。 ですので、目的のために相手に労力や時間を割いてもらった場合は「お手間を取らせてしまい」になり、自身や誰かのために労力や時間を割いてもらった場合は「お手数をかけてしまい」という表現になりますので注意しましょう。

次の