仏壇 配置。 仏壇の向き・仏壇の置き方・仏壇の配置・仏壇の位置寸法

仏壇を床の間に置いても大丈夫?知らないじゃすまない並びや配置とは?

仏壇 配置

ご本尊 阿弥陀如来 お脇掛• 観無量寿経 かんむりょうじゅきょう• 無量寿経 むりょうじゅきょう• 阿弥陀経 あみだきょう 歴史 真宗大谷派の本山・東本願寺を「真宗本廟」といい、御影堂には宗祖親鸞聖人の御真影を安置しています。 宗祖親鸞聖人(1173~1262)は、九歳で出家して比叡山で修行の後、法然上人を訪ね、専修念仏運動に身を投じました。 しかし、念仏集団の勢力が拡大すると、旧仏教教団により、念仏が禁制とされ、法然上人や親鸞聖人は流罪となりました。 親鸞聖人は『教行信証』著わし、その後も各地へ念仏の教えを説いて回られました。 親鸞聖人入滅後、第八代蓮如上人は親鸞聖人の教えをわかりやすく綴った手紙「御文(おふみ)」を著わし民衆を教化、教団を再興されました。 教え 真宗では、阿弥陀如来に帰依すると決めた時に誰でも仏になることを約束されるとしています。 阿弥陀如来の本願を信じ、感謝の心で、ただひたすら念仏を唱えることで、浄土に往生するという「他力本願」の教えです。 おつとめとお給仕 お内仏の金障子を開け、清掃しておかざりを整えます。 輪灯に火をともし、燭台のロウソクを点けます。 ロウソクは木ロウを用います。 土香炉に線香を炊きます。 おつとめの時は左手に念珠を持ち、略肩衣 りゃくかたぎぬ を着けます。 おつとめの後、お仏供を供えます。 朝ご飯を炊き最初にお仏供をおつくりします。 正午にはお仏供をお下げします。 お仏壇選びはもちろん、ご購入後のお仏事に関してもサポートいたします。

次の

仏壇を配置する6つの場所|移動する際の必要な準備

仏壇 配置

仏壇と床の間の並びにルールはあるのか!? その理由とは? 模様替えをしていて気付く事って色々とありますよね? 模様替えで困る部屋と言ったら和室では無いでしょうか? 一般的に、 和室に仏壇を置きますが、仏壇って配置替えしても良いものなのか? 床の間と仏壇の配置や向きに決まりはあるのか? など色々と考えてしまう事があります。 そこで 仏壇と床の間のルールを確認してみましょう。 床の間って一体なんなのか? 何のためにあるのか? そう思いませんか? 床の間のスペースが無かったら色々な使い方が、出来るのにと思います。 床の間と言うのは、本来は 『床(とこ)』と呼ばれており、 床がある部屋だから、床の間と言われています。 でも、床って何のためにあるのか? 床の意味は座する場所、寝る場所と言う意味があり、身分の高い人が 座る場所を床より高くしていた事が始まりとされています。 時代劇では、身分が高い人の背後には床の間があったりします。 現在の床の間は、大切な来客を招き入れる最上の部屋と言った位置づけで、 旅館などでも部屋へ案内されるとたいていの場合、床の間があります。 家にある床の間も、その様な意味合いが含まれているようです。 現在では、一軒家に限らず団地やマンションなどにも、仏壇を置く家庭が増えています。 では、仏壇はどの辺りに置いたら良いのか? スポンサードリンク 意外と知らないのでは無いでしょうか? 一軒家の場合、仏間が無くても和室がある事が多く、仏壇もその和室に置く事が 一般的です。 でも和室には床の間もあり、どのような配置が良いのか悩んでしまいます。 仏壇と床の間には、ルールがあると言われています。 そのルールでは、床の間に仏壇を置いてはいけないとされています。 一般的には、 床の間が向かって左側に、 仏壇は向かって右側が良いと言われます。 仏壇 と床の間の配置に正解はある?おすすめの向き方角とは? 仏壇の配置や仏壇の向きは、意外と悩むものです。 特に和室だと床の間もあるので、仏壇の置き場所の選択肢は限られます。 専用の仏間があれば問題ないですが、マンションやアパートでは 仏間が無い事が多いので、床の間や居間、洋室などに置く事もあります。 ですが、置き場所の選択肢がないからと言って、どこでも良いと言うものではありません。 また、仏壇の向きですがこれもいくつかの説がありすが、決まりはありません。 信仰している 宗派によって、決まりがある場合がありますので、 まず確認してみる事をおすすめします。

次の

ご宗派別の飾り方:真宗大谷派|お仏壇の浜屋

仏壇 配置

仏教にも様々な宗派があり、それぞれの宗派によって作法には違いがあります。 真言宗もこの宗派ならではの考え方があり、仏壇の配置の仕方も違いがあるのが特徴です。 自宅に仏壇が無いため、あまり良く見る機会がない場合、一見するとどの宗派も同じように見えるかも知れません。 しかし良く見ると飾りつけの内容や飾り方には違いがあるものです。 和室がない間取りの家も増えているため、近年では大きなサイズの豪華なものを置いている家庭は少なくなっています。 それにつれ近年ではあまり嵩張ることのない小型のタイプものや、モダンな雰囲気のものも多くなっています。 中には洋風のインテリアに良く合う壁掛けタイプのものもあるなど、時代の変化を感じることも多くなりました。 とはいえ購入したらどこに置こうか迷う事もあるでしょう。 室内でも人がよく通るところだと落ち着いて礼拝をすることができなかったり、お風呂場が近いと湿気が多く傷みやすくなったりしてしまう事もあります。 他にも直射日光や冷暖房があたる場所なども、仏壇を配置する場所としては適していません。 このようなことはどの宗派の場合でも当てはまるポイントですが、真言宗ならではの配置の仕方も知っておきたいところです。 もちろん最も大切なことは、故人の冥福を祈る気持ちであることには違いありません。 しかし決まり事や作法は、知っていて損はないものです。 もし真言宗の檀家であるのであれば、この宗派ならではの決まりを知っておくことをおすすめします。 真言宗とは?? そもそも真言宗とはどんなものなのか、と疑問に持つ人もいるのではないでしょうか。 日本には多くの仏教の宗派がありますが、その1つであるということはよく知られています。 とはいえ具体的な他の宗派との違いが良くわからないこともあるものです。 というのも積極的に信仰をしているのでなければ、どれも同じ仏教という宗教としか思われないからです。 勿論趣味としてお寺巡りをしたり仏像鑑賞をしたりするのが好きな人であれば、このあたりの違いについても良くご存知かもしれません。 日本にあるいくつもの仏教の宗派の中でも、真言宗は大日如来を本尊としているのが特徴です。 大日如来とは根本仏とも呼ばれることがあり、宇宙のすべて・宇宙そのものの存在とされています。 そのような仏であるため、釈迦如来や阿弥陀如来など様々な形に姿を変えることが出来ると考えられているのが特徴です。 そのため大日如来以外の仏像をまつることも少なくありません。 真言宗は弘法大師・空海が中国から持ち帰って広めた宗教で、加持や祈祷を重んじているほか信者だけが教団内で修業をするという密教の1派です。 修行をおこなうことで誰でも究極の悟りを開くことができ、仏になることができるという考えをもっています。 葬儀は他の仏教とは違っている点もあるので、初めて参列する場合には戸惑うこともあるかもしれません。 とはいえ平安時代から現在まで1200年以上も伝えられ続いていて、多くの信者がいる宗教です。 真言宗の仏壇の配置はどうするの?? 真言宗の方法で仏壇をまつる際、どのように配置をしたらいいのか、と疑問に思う人は多いのではないでしょうか。 もちろんこの宗派に限ったことではなく、どのような宗派の場合でも、ご本尊や脇侍、そのほかの仏具などはどれを選んだら良いのか、どのように並べればよいのか分からないというケースは少なくありません。 基本的には真言宗では、仏壇の最上段の中心にはご本尊が安置されるのが特徴です。 最も奥に置かれるのが本尊で、その左右には脇侍を配置します。 脇侍は右側に弘法大師空海、左側に不動明王という並びです。 ご本尊は基本的には大日如来ですが、様々な仏に姿を変えて現れると考えられている仏であるため、大日如来以外でもご本尊としてまつることは可能です。 そしてそのすぐ下の段には右端に故人を象徴するとされる位牌、中央にお供えするごはんを載せる仏飯器、その左右にその他のお供え物を置くための高月を並べます。 さらにその下には、ろうそくを灯すときに使用する火立てと、お花を飾るときに使う花立をそれぞれ対になるように並べるのが一般的です。 この時お花が左右の外側、ろうそくは内側になるようにします。 最も手前には経机を置き、その上に香炉やおりんを並べて置きましょう。 このような配置が、家庭で祀られる真言宗の仏壇では一般的な並べ方ですが、地域やお寺によってはまた違った仏具を飾ることもあります。 線香差しやマッチ消し、香合などを置く場合には香炉と並ぶ経机に置きます。 真言宗の仏壇の配置の注意点 初めて自宅に仏壇を置くことになったとき、どのような場所に置くのが良いのかと迷うケースは少なくありません。 昔ながらの床の間がある和室を持つ日本家屋であれば、あまり迷う事はないかも知れませんが、現代のように洋間が多い住宅の場合にはどこに配置するのがベストなのか考えてしまいます。 日本には様々な宗派の仏教がありますが置く向きは、それぞれの宗派によって違うのが特徴です。 とはいえどの宗派の場合でも避けた方が良いといわれているのは北向きにするということで、これは仏教を開いた釈迦が亡くなる時に向いていた方向から来ています。 真言宗の場合も、基本的には北向きになるのを避けて配置するのが一般的です。 置き場所を決める際には、この点に注意しましょう。 では反対に、どの方向に置いたら良いのかと迷う人もいるかも知れません。 そのような場合、基本的には本山がある方向に仏壇を置くと良いとされています。 というのも、向き合ったときに、その先に本山があるようにすることが出来るからです。 真言宗の本山があるのは、京都市南区九条町ですが、ここには世界遺産になったことでも知られている東寺があり、これこそが真言宗の総本山である教王護国寺です。 もし置き場を決めるのに指針が欲しいという場合には、この方向に仏壇を置くようにするのも1つの方法となります。 これは必ず合わせなくてはならないわけではありませんが、もし迷うのなら取り入れると良い方法です。 真言宗の仏壇の配置の仕方まとめ 大日如来をご本尊とする、弘法大師・空海が開いた真言宗での仏壇の配置の仕方についてご紹介しました。 並べるものが多いため、一見すると複雑そうに見えるものですが、知ってみるとそれほど難しいことではない、と思った人も多いのではないでしょうか。 近年では下台付きの大型の物ばかりでなく、棚などの上に置いて使用する小型の上置きタイプのものも増えている為、小型のものでは飾ることが出来る仏具の数も少なくなる傾向があります。 しかし中央の最も奥にご本尊、その右側に脇侍として弘法大師空海、左側に不動明王をまつるのが一般的です。 しかしご本尊は大日如来でなくても問題はありません。 その下に位牌と置くことができる仏具が限られている場合には、1対の花立てと香炉・1対の火立ての五具足と仏飯器・高月・おりんなどを配置します。 仏壇を置くときには北向きを避けて、できるなら真言宗の本山である教王護国寺の方に向けるのが良いでしょう。 京都市の南区九条町の方向となるので、関東地方の場合には仏壇の背中が西の方向になるように設置し、九州地方の場合には反対に東側になるようにします。 とはいえ、家の間取りによってはこのような置き方が出来ないこともあるものです。 出来たら本山の方を向くのが良いですが、必ずしなくてはならないというものではないので、無理に合わせる必要はなく、置きやすい方向が良いでしょう。 心安らかに気持ちよく向き合えるように配置したいものです。

次の