海外 名前 意味。 ヨーロッパの苗字(ファミリーネーム)一覧100選!イギリス/フランス/海外

イギリス人男性・女性の名前103選|かっこいい英語の苗字の意味は?

海外 名前 意味

参考: 「Jacob(ジェイコブ)」に由来し、もともとはヘブライ語の「ヤコブ」が起源。 ヤコブは旧約聖書の中で、彼の子孫は偉大な民族になると神に約束された、とあります。 Charlie(チャーリー) Charles(チャールズ)の愛称。 イギリス王の「チャールズ1世」を由来としています。 「自由な人」という意味です。 Jacob(ジェイコブ) Jack(ジャック)と同様、ヘブライ語の「ヤコブ」が期限です。 聖書で重要な人物ですね。 George(ジョージ) ギリシャ語のgeorgosが起源です。 意味は「大地を耕す人」、つまり「農夫」です。 キリスト教の聖人で、多くのドラゴンを退治したゲオルギオス聖人にも由来します。 Ethan(イーサン) 「強い」「永遠のパワー」という意味のヘブライ語に由来します。 Henry(ヘンリー) Harry(ハリー)と同じく、「家の主」「君主」を意味します。 イギリス王に代々つけられた名前として人気があり、貴族に良くつけられた名前です。 Oscar(オスカー) ゲール語で「愛する人へ」という意味を持ち、古英語では「神の槍」という意味を持ちます。 アイルランドの伝統的な物語に登場する勇者の名前も「オスカー」でした。 イタリアで人気のランキング イタリア語では、通常 語尾が「 o」で終わると男性の名前、「 a」で終わると女性の名前になります。 ですので、人気No. 1の「 Francesco(フランチェスコ)」の最後の「o」を「a」に変えた「 Francesca(フランチェスカ)」は、女性の名前となります。 きれいな響きですよね! しかし… 残念ながら、「フランチェスカ」はイタリアの女性の名前ランキングには入っていませんでした(^^;) でも、 女の子に人気の一位は、うっとりするほど素敵な名前なのですよ! 参考: では、男性の名前ランキングです。 ギリシャや ローマ時代、そして キリスト教の影響を強く受ける名前たちです。 Francesco(フランチェスコ) アッシジのフランチェスコ聖人にちなんだ名前。 「誠実な人」という意味を持ちます。 Mattia(マッティア) 新約聖書でイエスの使徒の一人として登場するマッティア聖人にちなみます。 「神の贈り物」という意味。 Alessandro(アレッサンドロ) ギリシャ語のAlexandros(アレクサンドロス)からきます。 有名なアレクサンドロス3世は、マケドニア帝国の王様でした。 「自分の仲間を守る人」という意味です。 Leonardo(レオナルド) 「ライオンのように強い」という意味です。 古来より、ライオンは強さと荘厳さを讃えられ、自然の象徴である神聖な動物として崇められてきました。 映画【ロミオ+ジュリエット】でロミオを演じたレオナルド・ディカプリオは有名ですね! 参考: 5. Lorenzo(ロレンツォ) 「Laurento(ローマ帝国の前の地方)の出身」という意味。 Laurentoは月桂樹の多く育つ都市だったため、「月桂樹の都市から来た」という意味になります。 ヨーロッパで月桂樹は特別な意味を持ちますね。 「勝利」の意味を持ち、ローマ時代には戦に勝った皇帝が月桂樹の冠を被る習慣がありました。 オリンピックの勝者も被ります。 古来より、勝利と栄光のシンボルを意味するのです。 Andrea(アンドレア) ギリシャ語のAndros(アンドロス)からきます。 「強い男」「男らしい」 という意味です。 Gabriele(ガブリエーレ) フランスで人気No. 1の名前「ガブリエル」のイタリア語版。 神の言葉を伝える大天使として、聖母マリアにイエスを身ごもっていることを伝えたのもガブリエーレでした。 Matteo(マッテオ) 「マタイ」に由来し、イエス・キリストの十二使徒の一人。 「神の賜物」という意味です。 Tommaso(トッマーソ) アラム語の「双子」という言葉に由来します。 キリストの十二使徒の一人の名前でした。 英語バージョンは「トーマス」で、急に親近感が湧きますね! 10. Riccardo(リッカルド) 英語の「リチャード」に相当する名前で、代々イングランド王やイギリス王族に用いられた名前。 「勇敢な」「力強い支配者」という意味。 フランスで好まれる男性の名前 フランスも キリスト教の影響を強く受けた名前が多いです。 イタリア語と似ているものがいくつかありますね! 1. Gabriel(ガブリエル) キリストのメッセージを届ける大天使の名前。 聖母マリアに、お腹にキリストが宿っていることを告げに来た(受胎告知)のもガブリエルでした。 「ミカエル」と、ランキング第3位に入っている「ラファエル」と共に三大天使と呼ばれ、キリスト教にとって大切な名前なのです。 Jules(ジュール) 「若さ」という意味を持ちます。 キリスト教では人間一人一人を守護するための天使がついていると言われていますが、その守護天使たちを監督する天使がラファエルです。 ヘブライ語で「神は癒される」という意味があります。 ヨーロッパでは古くから、ライオンの強さを崇拝し、自然の象徴として讃える文化がありました。 Adam(アダム) 神が一番最初に作った人間、アダム。 ヘブライ語で「男性」という意味を持ちます。 アダムとイブの物語は、キリスト教の根幹を担う超重要なものなのです。

次の

海外でも通じる名前は?英語圏で発音しやすい名付けを紹介(男の子編)

海外 名前 意味

名前 読み方 意味 性別 Oliver オリバー オリーブ 平和の象徴 男 Sophia ソフィア 神の英知 女 Noah ノア 人類の祖 ノアの箱舟のノアから 男 Emma エマ 全宇宙、優しい 女 Harry ハリー 君主 男 Ava アヴァ 命 アダムとイブのイブから 女 イギリスで人気の名前です。 男の子の名前として人気の「Oliver」は女の子だと「Olivia オリヴィア 」と名付けられます。 この名前はオリーブの木を意味していますが、オリーブはキリスト教にとって神聖で重要な植物です。 「Noah」や「Ava」もキリスト教が由来になっている名前です。 Harryは「君主」や「家の主」という意味を持ち、主に長男に付けられる名前として人気です。 名前 読み方 意味 性別 Francesco フランチェスコ 誠実な人 聖人フランチェスコから 男 Sofia ソフィア 神の英知 女 Mattia マッティア 神の贈り物 聖人マッティアから 男 Greta グレタ 真珠、大切な人 女 Alessandro アレッサンドロ 自分の仲間を守る人 男 Emma エマ 全宇宙、優しい 女 イタリアでは例外もありますが、通常語尾が「o」で終わるのが男性の名前、「a」で終わるのが女性の名前とされています。 「Francesco」や「Mattia」は聖人の名前なので、キリスト教に由来している名前です。 女性の名前で人気の「Sofia」は、イギリスでも人気の名前で意味も同じですが、綴りが違っています。 聖人の名前だけでなく、天使の名前に人気が集まっているのが特徴的かもしれません。 そして女性の名前では「優しい」を意味する「Emma」が、イギリスやイタリアと同じようにフランスでも人気です。 また、女性の名前で、栄光の戦士という意味を持つ「Louise」が人気なのは、女性の自立心が強いフランスならではなのかもしれません。 名前 読み方 意味 性別 Liam リアム 揺るぎない庇護者 男 Emma エマ 全宇宙、優しい んな Noah ノア 人類の祖 ノアの箱舟のノアから 男 Olivia オリヴィア オリーブ 平和の象徴 女 Jackson ジャクソン ジャックの息子 son of Jack 男 Mia ミア 聖母マリアから 女 アメリカ人に人気の名前はこのようになっています。 同じ英語圏のせいか、イギリス人に人気の名前と同じものがたくさん入っています。 「Jackson」はもとは苗字として使われていましたが、最近では名前として人気になりました。 ちなみにマイケル・ジャクソンのジャクソンは苗字になります。 「Mia」は聖母マリアの「Maria」を短縮した名前です。 聖書に登場する人の名前や12使徒の名前、イエス・キリストや聖母マリアの名前も人気です。 メキシコは、ブラジルに次いで世界第2位のカトリック教徒数を誇る国ですから、キリスト教に由来する名前がこれだけ人気なのもうなずけるのではないでしょうか。

次の

海外では大丈夫?外国語で悪い連想になる名前と名づけ [赤ちゃんの命名・名づけ] All About

海外 名前 意味

特にセルビアで非常によくみられる苗字です。 「John(ジョン)の息子」という意味があります。 Petrov(ペトロフ) 海外・東ヨーロッパに多い外国人の苗字・姓・ファミリーネーム一覧2つ目が「Petrov(ペトロフ)」です。 ブルガリアやロシアの恥部地域でよくみられる苗字です。 英語に直すと「Peter(ピーター)」という名前になります。 チェコやスロバキアで多くみられる苗字です。 「陽気な」という意味があります。 Stoyanov(ストロヤノフ)• Trifonov(トリーフォノフ)• Svoboda(スヴォボダ)• Hasanov(ハサノフ)• Stoichkov(ストイチコフ)• Gruev(グルエフ)• Hristov(フリストフ)• Smith (スミス) 海外・西ヨーロッパに多い外国の苗字・姓・ファミリーネーム一覧1つ目が、「Smith (スミス)」です。 イギリスで一般的な英語の苗字です。 鉄工所などで働いていた人を総称するのに使用されたのが始まりといわれています。 Bernard(バーナード) 海外・西ヨーロッパに多い外国の苗字・姓・ファミリーネーム一覧2つ目が、「Bernard(バーナード)」です。 フランスやイギリスでポピュラーな苗字です。 「クマのように強い者」という意味があります。 Peeters(ピータース) 海外・西ヨーロッパに多い外国の苗字・姓・ファミリーネーム一覧3つ目が、「Peeters(ピータース)」です。 オランダなどでよくみられる苗字です。 「Petrus(ペトルス)」という名前が由来といわれています。 「Rousseau(ルソー)」はフランスで一般的な苗字で「赤い」という意味があります。 「Taylor (テイラー)」はイギリスなどでよくみられる英語の苗字で「仕立屋」という意味があります。 Morgan(モーガン)• Petit(プチ)• Wouters(ワウテルス)• Jenkins(ジェンキンス)• Goossens(ゴーサンス)• Bertrand(バートランド)• Bennett(ベネット)• Rousseau(ルソー)• Willems(ウィレムス)• Richardson(リチャードソン)• Lemaire(ルメール)• Clement(クレメント)• Maes(マース)• Mitchell(ミッチェル)• Chevalier(シベリア)• Thompson(トンプソン)• Laurent(ローレン)• Vermeulen(フェレメレン)• Taylor (テイラー)• Janssens(ジャンサン)• Miller(ミラー)• Bambino(バンビーノ) 海外・南ヨーロッパに多い外国の苗字・姓・ファミリーネーム一覧1つ目が、「Bambino(バンビーノ)」です。 イタリア語を語源とする苗字で、イタリアで非常に一般的な苗字です。 「子ども」という意味があります。 Alberto(アルベルト) 海外・南ヨーロッパに多い外国の苗字・姓・ファミリーネーム一覧2つ目が、「Alberto(アルベルト)」です。 イタリア語やスペイン語、ポルトガル語を語源とする苗字です。 「気高く明るい」という意味をもっています。 Caldera(カルデーラ) 海外・南ヨーロッパに多い外国の苗字・姓・ファミリーネーム一覧3つ目が、「Caldera(カルデーラ)」です。 スペインでよくみられる苗字で、「流域」や「クレーター」という意味があります。 「Castelo(カステロ)」はポルトガルに多い苗字で、「城」という意味があります。 「Bianco(ビアンコ)」はイタリアで一般的な苗字で、「白色の」という意味があります。 Mariano(マリアーノ)• Castelo(カステロ)• Mendes(メンデス)• Garcia(ガルシア)• Romano(ロマーノ)• Costa(コスタ)• Gonzales(ゴンザレス)• Bianco(ビアンコ)• Villa(ヴィラ)• Montes(モンテス)• Fernandez(フェルナンデス)• Enrique(エンリケ)• Bruno(ブルーノ)• Lopez(ロペス)• Ferrari(フェラーリ)• Alburquerque(アラベスク)• Santiago(サンティアゴ)• Galilei(ガリレイ)• Diaz(ディアス)• Cruz(クルス)• ドイツで非常によくみられる苗字です。 「製粉業者」という意味があります。 Virtanen(ビルターネン) 海外・北ヨーロッパに多い外国の苗字・姓・ファミリーネーム一覧2つ目が、「Virtanen(ビルターネン)」です。 フィンランドなどでポピュラーな苗字です。 「川」という意味があります。 Karlsson(カールソン) 海外・北ヨーロッパに多い外国の苗字・姓・ファミリーネーム一覧3つ目が、「Karlsson(カールソン)」です。 スウェーデンなどでよくみられる苗字です。 「Karl(カール)の息子」という意味があります。 「Wagner(ワグナー)」はドイツで一般的な苗字で、「運転手」という意味があります。 「Koskinen(コスキネン)」はフィンランドでよくみられ、「小さな早瀬」という意味があります。 Weber(ウェバー)• Gustafsson(グスタフソン)• Svensson(スウェンソン)• Wagner(ワグナー)• Persson(ぺルソン)• Koskinen(コスキネン)• Becker(ベッカー)• Hoffmann(ホフマン)• Eriksson(エリクソン)• Schulz(シュルツ)• Johansson(ヨハンソン)• Nieminen(ニエミネン)• Fischer(フィッシャー)• Schneider(シュナイダー)• Schmidt(シュミット)• Korhonen(コルホネン)• ラテン語が語源とされていますが、イギリスでは非常に名づけに人気の男の子の名前です。 「オリーブの木」という意味があります。 ゲルマン語やフランス語が語源とされる男性の名前で、主にフランスでみかけることが多い名前でもあります。 「戦士」という意味があります。 スペイン語を語源とする女性の名前で、スペインではよくみかけることができる名前でもあります。 「悲しみにあふれる女性」という意味ですが、「聖母マリア」に関係する名前のため名づけに人気です。 ヨーロッパの苗字(ファミリーネーム)はまだまだ種類がたくさんある! ヨーロッパの苗字(ファミリーネーム)一覧100選、いかがだったでしょうか。 今回はヨーロッパの中でも東西南北の様々な地域と国にわけて詳しくご紹介してみました。 最後に外国人の名前に関係する関連記事もいくつかご紹介するので、是非参考にしてみてくださいね。

次の