ペイペイ ポイント の 使い方。 PayPay(ペイペイ)でクレジットカード払いする方法!やり方やポイント還元率もまるごと解決!

【完全版】PayPay(ペイペイ)とは何か?使い方と使える店舗一覧!

ペイペイ ポイント の 使い方

目次 PayPay ペイペイ のお得な使い方は2種類! QRコードを使ったキャッシュレス決済が可能なスマホ決済アプリのPayPayですが、PayPayを上手く活用してお得に使っていくには2種類の方法があります。 結論を言うと、一つ目が 「随時開催されるキャンペーンを利用する方法」であり、二つ目が 「PayPayの利用特典で定められるポイント還元率を維持していく方法」です。 PayPayのお得な使い方その1:随時開催されているお得なキャンペーンを利用して支払う PayPayでは随時お得なキャンペーンが開催されている為、各キャンペーンを上手く活用していけば、かなりお得に決済していくこともできるでしょう。 例えば、4月は以下のようなキャンペーンが開催されていました。 最大1. 以前は支払い基準を満たせば常時誰でも1. 【キャッシュレス・消費者還元事業とは?】 2020年6月までの間、政府がキャッシュレス決済の普及を促進するべく、キャッシュレス決済を導入する店舗と、それを利用する消費者の双方を支援する事業のこと。 なお、ポイント還元の対象となる店舗は以下のマークがついているお店なので、是非今後注意して見ておいてください! お得にPayPay ペイペイ を使っていくなら「ヤフーカード」で支払うのがおすすめ! あなたがPayPayで少しでも高いポイント還元率を維持しながら決済していきたいのであれば、 を使ってPayPay残高へチャージする方法がおすすめです。 は唯一PayPay残高へチャージが可能なクレジットカードなので、 PayPay残高へチャージして最大1. と考える方は、PayPayにを登録してみましょう。

次の

PayPay(ペイペイ)の残高を使い切る方法【実際にやってみた】

ペイペイ ポイント の 使い方

もくじ• 「PayPayボーナス」とは? 「PayPayボーナス」とは、PayPayを支払いに使用して ポイント還元が付与された時、受け取った後のポイントを「PayPayボーナス」と呼びます。 毎月定期的に開催される「ワクワクペイペイ」などのキャンペーン時に高還元率が設定されている店舗などで購入決済を行うと、この「PayPayボーナス」が付与される形になります。 この「PayPayボーナスライト」はかつての「PayPayボーナスミニ」から名称変更したもの。 こちらも「PayPayボーナス」と同様に特典やキャンペーンへの参加によって付与される形態のポイントです。 ただし 「PayPayボーナスライト」の使用期限は付与日から60日とされており、付与されてから使用せずに60日経過してしまうと、 消滅してしまいます。 ただし、複数の種類の残高を所持していたとして支払い時に優先して使用される順番は、• PayPayボーナスライト• PayPayボーナス• PayPayマネーライト• PayPayマネー となりますので、PayPayボーナスライトの付与後、PayPayを定期的に使用していれば残存していたPayPayボーナスライトが消滅してしまう(勿体ないことになってしまう)リスクは低くなります。 とはいえ、そこまで長い期限のものではありませんので、消滅タイミングに気をつけながらできるだけ使い切ってしまうほうがお得ですね! PayPayボーナス・ボーナスライト。 旧仕様からの変更点 PayPayボーナス、新登場のPayPayボーナスライトが旧仕様からどのような変更点があったかまとめてみます。 【PayPayボーナス】有効期限が無期限に 今までキャンペーン後に付与されていた「PayPayボーナス」は2年間の有効期限が設定されていましたが、 7月29日の名称変更のタイミングで有効期限が撤廃されました。 ですので、ポイント還元が行われ蓄積していたPayPayボーナス残高はそのまま使用せず持ち続けることができます。 とはいえ、そもそもPayPayがサービス開始して1年も経たずして有効期限が撤廃されていますので、今思えば、 有効期限を気にする必要が全く無かった、、、という結論になります。 【PayPayボーナスライト】名称変更のみ 「PayPayボーナスライト」ですが、 機能や仕様としてなにか変わったことがあるのかと言うと、「特になし」という現状です。 ただし、7月29日から実装される「PayPayボーナスライト」が実質的にはこのタイミングでの初登場となり、 60日間という短い有効期間という特性を持っていますので、今後キャンペーンなどでPayPay側がどのような使い方を消費者に提案してくるのかが楽しみですね! PayPayボーナス・ボーナスライト。 変更のメリットは? 今回の名称変更でユーザー側にあるメリットを挙げてみます。 PayPayボーナスの有効期限が2年間から無期限に変更。 上記でも言及している通り、7月29日の名称変更のタイミングで「PayPayボーナス・ライト」双方で変わった仕様と言えば、 「PayPayボーナス」の使用期限が撤廃されたこと、のみとなります。 以前の仕様では「2年の有効期限」でそこまで急いで使用する必要がなかったものですが、やはり「期限が撤廃された」というのは心理的な安心感として大きいですね。 PayPayボーナスライト向けキャンペーンに期待 また、PayPayボーナスライトはそれ自体が登場した段階で「有効期限が60日」という猶予の短いポイント付与ははじめての試みになります。 「60日限定!」と言われると、「早めに使わなきゃ!」となるため 実店舗への来店誘導力では他のポイントよりも高くなることが予想されますので、積極的なキャンペーン利用が展開されると予想されています。 今の所「PayPayボーナスライト」を付与する企画は公開されていませんが、今後のプレスリリースに期待ですね! PayPayボーナス・ボーナスライトの貯め方・使い方 特典やキャンペーンなどから付与される 「PayPayボーナス」は従来と変わらず、購入時のポイント還元やキャンペーン企画で一定の条件をクリアした時に付与されます。 こちらをご覧いただくと、 いずれも付与は「PayPayボーナス」であることが明記されています。 今後もおそらく今までのようなキャンペーンでのポイント付与は「PayPayボーナス」である可能性が高いと思われます。 通常のチャージ金額(PayPayマネー・マネーライト)のように買い物に使用可 特典やキャンペーンなどで付与されたPayPayボーナス・ボーナスライトは通常のコンビニなどでの買い物でもポイント消費する形で使用できます。 また、や、ボーナスなどを混在して所持していた場合、消費する優先順位としては、 ボーナスライト>ボーナス>マネーライト>マネー の順番になることが予想されています。 「送る」「わりかん機能」は使用不可 他ユーザーに送金する「送る」機能や飲み会後などに使用できる「わりかん」機能については、PayPayボーナス・ボーナスライトいずれも使用できません。 自分が送金する側に回った時は、 にチャージを行なってから送金処理するようにしましょう。 【PayPayボーナスライト】注意事項 PayPayボーナスライトの注意事項として、2019年8月1日以降、「PayPayボーナスライト」を利用するには、PayPayアカウントとYahoo! JAPAN IDの連携が必要とのこと。 連携されていない場合でもYahoo! JAPANで付与処理を行った日から有効期限は60日間となります。 連携が行われたタイミングで有効期限が設定されるわけではありませんので、お早めにYahoo! JAPAN IDと連携してください。 かなり名称変更・仕様変更が頻繁に行われているところを見ると、 運営陣はかなり慌ただしく、Yahoo! 内サービスの統廃合を議論していることが分かります。 とはいえ、いち消費者にとってみれば、ようやく覚えたサービス内の名称がコロコロ変わってしまうと、「決済」という繊細なサービスだけあって使用に腰が引けてしまうことも考えられます。 できれば、各部名称はシンプルに「還元率」だけ他社競争を頑張っていただきユーザーメリットを出していただけるとありがたいですね!!.

次の

PayPay(ペイペイ)とは?使い方やキャンペーン・使える店・メリット

ペイペイ ポイント の 使い方

PayPayとは?概要のおさらい ソフトバンクとヤフーが共同で運営する、QRコード決済サービスPayPay(ペイペイ)は、2018年10月15日からサービスを開始しました。 2018年12月のPayPayで「100億円もらえるキャンペーン」は記憶に新しいと思います。 その成果もあり、最近一気に認知度を増したスマホ決済サービスといえます。 実店舗で買い物の支払いに利用できるPayPayは、 アプリでチャージして支払うプリペイドタイプです。 PayPayで支払う方法 PayPayの支払い方法は、 シンプルでとても簡単です。 送金に際して振込手数料を取られることもなく、迅速に送金が完了するのでとても便利です。 特に、友人間で割り勘をする際には、重要する機能ではないでしょうか! PayPayの今後は? PayPayは一般ユーザー(支払側)だけでなく、店舗側の利便性も高いため、今後、導入店舗が増えていくことが期待されています。 特に店舗側が一番の懸念点である初期費用は、無料です。 このように、ユーザー側にも店舗側にもやさしいPayPayは、両者の導入状況で今後も普及していくのか、非常に注目されています。 PayPayのメリット PayPayを利用するにあたり、アプリのダウンロード、支払い方法の登録、決済など 一切費用が掛かりません。 発生する費用は通信料に応じたパケット通信料金だけです。 さらに、 PayPayは登録するだけで500円をもらえるので非常にお得です! しかも、登録で付与される500円は、PayPayの残高に即時反映されるので、すぐに使うことができます。 PayPayは200円で1ポイントが貯まる「PayPayボーナス」サービスを実施中です。 貯まったポイントは後日、PayPayが利用可能な店舗で1ポイントを1円として利用できます。 決済方法をクレジットカードにすれば、クレジットカードのポイントも同時にもらえるので、さらにお得になります。 しかし、このように、QRコード決済でポイントの二重取り(スマホ決済のポイント+クレジットカードのポイント)ができる仕組みはPayPayだけではありません! 利用者も多い 楽天ペイも同様に、ポイントの二重取りが可能です! そのため、PayPayと楽天ペイを店舗によってうまく使いわけると、ポイントが貯めやすくなります。 PayPayのボーナスは月々最大5,000ポイントまで還元され、貯まったボーナスポイントの有効期限は残高の変動があった日から2年間となっています。 日常的にPayPayを利用していれば、残高の変動があるので、有効期限はそんなに気にならないといえます。 JAPAN IDを持っている人は、PayPayでログインするだけで利用できます。 PayPayで決済するための設定 PayPayを使って決済するためには、アカウント登録以外にも設定が必要になります。 ですが、決済の事前設定も簡単なので、サクッとやってしまいましょう! 【PayPayの残高にチャージする方法】 事前設定が必要なのは、下記からチャージする場合です。 JAPAN IDでログインした人は、Yahooマネーに登録済みのクレジットカードが使えるので手間が省けます。 また、 クレジットカードから直接PayPay残高にチャージできるのはYahoo! JAPANカードだけです。 PayPayの利用を機に、Yahoo! JAPANカードを作っておくと便利です。 しかも、Yahoo! JAPANカードに限り、JCBを利用できるので新規発行する価値は十分あります! その他のカードは、国際ブランドのVISAとMastercadが利用可能です。 銀行口座からチャージする場合はネットバンクを契約した上で、三菱UFJ銀行以外の各銀行口座からチャージすることができます。 利用状況を知りたい場合は、支出管理の「レシート」をタップすれば表示されるので、予算の計画を立てる参考にしたり、使いすぎの防止になったりします。 PayPayのキャンペーン情報もトップ画面に表示されているのでお得な情報を逃すこともありません。 キャンペーン期間は、2019年1月20日までです。 つまり、PayPayの通常ポイント0. 5%と合わせると、 最大で18. 5%のポイント還元という形になります。 ここで、注意したいのが、ビッグカメラの指定商品に応じて、ポイントの還元率が異なる点です。 そのため、購入金額に対する還元率ではなく、商品ごとに還元率が指定されているので、店舗で商品をじっくり吟味する必要があります。 キャンペーン期間は、2019年1月20日までです。 ジョーシンでの還元条件は、1回のPayPay(ペイペイ)で支払った購入金額に応じてジョーシンポイントが貰えるようになっています。 ポイント還元に関する条件は、ビッグカメラと異なるため、お目当ての商品で利用する店舗を選択すると良いでしょう! ジョーシンのポイント還元の基準 合計購入金額 もらえるポイント 5,000円(税込)以上 250ポイント(5%還元) 10,000円(税込)以上 500ポイント(5%還元) 30,000円(税込)以上 1,500ポイント(5%還元) 50,000円(税込)以上 2,500ポイント(5%還元) さらに、このキャンペーンポイントにPayPayの通常ポイント0. 5%が還元されるので、最大5. 5%還元になります。 まとめ 2018年12月の100億円キャンペーンで、PayPayのポイントが付与されるのは、12月初旬の購入分で、2019年1月10日が付与予定でした。 実は、前回のキャンペーンを上手く利用して、1月10日にポイントがもらえると、そのまま今回1月のビックカメラやジョーシンのキャンペーンにポイントが使えるのです。 キャンペーン相互が関連しているおもしろい仕掛けになっています。 PayPayを初めてダウンロードして500円がもらえる。 クレジットカードからPayPayに直接チャージできるのはYahoo! JAPANカード。 ビックカメラとジョーシンのキャンペーン期間は2019年1月20日まで。 Photo credit: Photo on Photo credit: Photo on Photo credit: Photo on Photo credit: Photo on.

次の