無利子 無 担保 融資 コロナ。 新型コロナ関連融資情報まとめ 無利子で借り換えは可能?

新型コロナ関連融資情報まとめ 無利子で借り換えは可能?

無利子 無 担保 融資 コロナ

プレジデントアカデミーでは新型コロナウイルスに負けないよう、 全国の経営者を全力で支援を行っていく所存です。 新型コロナウイルスの感染拡大に対する政府の緊急対応策の一つとして 中小企業の資金繰りを支援する実質的に無利子・無担保で融資を受けられる新たな制度が、 3月17日からスタートとなりました。 その名は、 日本政策金融公庫と沖縄振興開発金融公庫による 「新型コロナウイルス感染症特別貸付・特別利子補給制度」です。 さらに、 「新型コロナウイルス感染症特別貸付」の融資を受けた事業者が、「特別利子補給制度」の適用を受けることで、実質3年間は金利が0%で融資を受けられます。 新型コロナウイルス感染症特別貸付に 申込期限はなく、 本特別貸付は十分な融資規模に対応できる予算が用意されているということですので、 焦らず融資申請を行えますので、ご安心ください。 こちらの融資は、会社の規模などで条件が異なってきますので、 本記事ではそちらをご紹介していきます。 動画で内容を知りたい方はこちらから御覧ください! まずは自社がどちらの窓口での対応になるのかをチェック! 日本政策金融公庫では、会社の規模によって、 【小規模事業者】と 【中小企業者】の2つに区分しており、 窓口や今回の融資条件が異なってきます。 区分の仕方は下記のように定義されています。 中小企業者は、中小企業事業で申請を行います。 まずは自社が該当をする窓口を確認の上、 各種条件を見ていきましょう。 小規模事業者の方は、国民生活事業にて融資を受けられる 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、 一時的な業況悪化を来している方であって、 次の【1】または【2】のいずれかに該当し、 かつ中長期的に業況が回復し、発展することが見込まれる方に対して 一般貸付とは別枠で長期融資を最大6000万円受けることができます。 【1】. 最近1ヵ月の売上高が前年または前々年の同期と比較して5%以上減少している方 【2】. 【1】最近1ヵ月の売上高が前年または前々年同期に比し5%以上減少していることまたはこれと同様の状況にあること 注1 【2】中長期的にみて、業況が回復し、かつ、発展することが見込まれること (注1)業歴が3ヵ月以上1年1ヵ月未満の場合は、最近1ヵ月の売上高が、 次のいずれかと比較して5%以上減少していることをいいます。 ポイント1 無担保 無担保で借りることができます。 ポイント2 返済期間が長い 一般貸付と比べて返済期間が長いです。 設備資金は20年以内、運転資金は15年以内となっています。 ポイント3 金利が0. 小規模事業者…国民生活事業融資額3000万円以下の場合 当初3年間金利0. 46%、以後1. 36%(固定金利) 中小企業者…中小企業事業融資額1億円以下の場合 当初3年間の金利0. 21%、以後1. 11%(固定金利) ポイント4 繰り上げ返済可能 繰り上げ返済ができます。 違約金等はありません。 ポイント5 条件を満たせば無利子 一部の対象者については、「基準利率-0. 9%の利子部分」に対して、 後ほど返ってくる特別利子補給制度によって 実質的に当初3年間が 無利子となる予定です。 準備をしておきましょう。 以上となります。 最後に申請を行う際に必要となる書類がまとまっておりますので、 こちらより確認くださいませ。 ぜひともご参考ください!! 参照元: プレジデントアカデミーでは新型コロナウイルスに負けないよう、 全国の経営者を全力で支援を行っていく所存です。

次の

民間金融機関において実質無利子・無担保融資を開始します (METI/経済産業省)

無利子 無 担保 融資 コロナ

国民生活事業• 農林水産事業• 中小企業事業• 危機対応等円滑化業務• 国民生活事業• 農林水産事業• 中小企業事業• 「働き方改革」関連情報• 国民生活事業• 農林水産事業• 中小企業事業• 広報誌• 調査結果• トピックス・シンポジウム• 刊行物• 調査結果• 刊行物• 調査結果• 刊行物• 調査結果• 刊行物• 普通貸付受託金融機関向け情報• 生活衛生資金貸付受託金融機関向け情報• 教育資金貸付受託金融機関向け情報• 金融機関向け情報• 代理店向け情報• ご利用いただける方 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、一時的な業況悪化を来している方であって、次の1または2のいずれかに該当し、かつ中長期的に業況が回復し、発展することが見込まれる方• 最近1ヵ月の売上高が前年または前々年の同期と比較して5%以上減少している方• 業歴3ヵ月以上1年1ヵ月未満の場合等は、最近1ヵ月の売上高が次のいずれかと比較して5%以上減少している方 (1) 過去3ヵ月(最近1ヵ月を含みます。 )の平均売上高 (2) 令和元年12月の売上高 (3) 令和元年10月から12月の平均売上高 資金のお使いみち 新型コロナウイルス感染症の影響に伴う社会的要因等により必要とする設備資金および運転資金 融資限度額 6,000万円(別枠) 利率(年) ただし、3,000万円を限度として融資後3年目までは-0. また、低減利率の限度額も3,000万円から4,000万円に拡充 されます。 あわせて、「実質無利子化」の対象も3,000万円から4,000万円に拡充されます。

次の

無利子・無担保融資(新型コロナ対応)の申込方法、対象など詳細紹介|じゃんだらりん通信|豊橋・三河を楽しむ地域WEBマガジン

無利子 無 担保 融資 コロナ

最近はニュースを見れば連日、「コロナ」です。 ニュースだけではなく、実体経済がいろいろとまずい状況になっています。 私の顧問先からもコロナ関連で連日、多くの方からたくさんのご質問を受けます。 そこで、今日は、 コロナ関連の金融機関の貸付制度について、説明していきたいと思います。 コロナ関連の借り入れというとまず聞かれるのが、「無利子・無担保の融資があると聞いたのでそれを受けたい」というような話です。 これには要件があります。 順を追って説明しますので、このブログで概略を理解していただければと思います。 まず、今回のコロナ関連の融資としては大きくは2種類あります。 一つは信用保証協会を通じた融資制度です。 信用保証協会は都道府県ごとにあるので、都道府県独自の制度もありますが、ここでは国が支援するコロナ関連の貸付制度についてご説明します。 信用保証協会の融資には「 一般枠」というのと「 特別枠」というのがあります。 一般枠というのは通常の保証協会を使った融資です。 銀行と保証協会の責任割合(借りている人が返せなくなった場合にどちらが何割負担するかという割合)が銀行が2割、保証協会が8割というものです。 一方で、 特別枠というのがあります。 これは今回のように国が保証協会を資金的に支援して金融機関が貸し付けをしやすいようにする融資枠のことです。 この特別枠には、さらに「 4号融資」と「 5号融資」とがあります。 4号融資は国が100%保証してくれる融資です。 借りた人が仮に返済できなかった場合、保証協会に国が100%お金を出してくれるというのが4号融資です。 金融機関としてはできればこれでやりたいわけですが、要件のハードルが少し高いというわけです。 前年同月比で売り上げが20%以上減少していることが要件となっています。 通常はこの4号融資は対象地区などに制限がありますが、今回のコロナの関係では対象地域の制限が外れ、3月2日に全都道府県が対象になりました。 前年の同月(1か月でいいです)で比べて売上の減少が20%以上ある場合、4号貸付が考えられます。 もう一つの 「5号融資」は国が保証してくれる割合が80%になるものです。 もし貸していた人が返せなくなった場合の保証協会の負担が2割はあるというのが5号貸付です。 5号貸付は保証協会の負担割合が多少、ある分、やや要件が緩くなります。 売り上げの減少が前年同月比で5%以上だったら5号貸付が使えます。 20%まで減っていない場合、5号貸付を検討することになります。 ただ、この5号融資には対象業種があります。 対象業種になっていないと5号融資ができないのですが、今回のコロナの件で、対象業種がかなり広がっています。 対象業種になるのであれば5号貸付も考えられます。 この信用保証協会の4号・5号の融資は、ほかで保証協会を使った融資があってもそれとは別枠として判断されます。 金融機関側もこの4号や5号の枠を使ったほうが貸しやすいので、コロナ関連で売り上げの減少がみられる場合、この4号・5号を使った融資を勧めてきます。 4号・5号の融資は是非、検討したいところです。 そして、もう一つが 日本政策金融公庫を使った融資制度です。 「 新型コロナウィルス感染症特別貸付」というものです。 これは 売り上げの減少が前年同月と比べて5%以上減少している場合に使えます。 比較するのは前年同月の1か月でいいとされています。 日本政策金融公庫の貸付制度では、「 国民生活事業」と「 中小企業事業」という二つの区分があります。 このどちらになるのかというのがまずあります。 「 国民生活事業」というのは、主に「小規模事業者」や「個人事業主」です。 小規模事業者というのは、製造業・建設業・運輸業などの業種の場合には従業員数が20名以下の事業、サービス業やその他の事業の場合には従業員数が5名以下であることを言っています。 この条件に当てはまれば「国民生活事業」に該当します。 一方で、「 中小企業事業」は資本金が1000万円以上で5年以上の貸し付けをする場合が原則です。 また、国民生活事業に当てはまらない場合に「中小企業事業」に該当することになります。 日本政策金融公庫の融資では、「国民生活事業」に当てはまったほうが金利が安くなるなど有利になります。 さて、ここから多くの方から質問をいただく 「無利子・無担保」というのを説明します。 まず、「無担保」ですが、この 「新型コロナウィルス感染症特別貸付」 は現在、原則「無担保」です。 そして、「無利子」の方ですが、これは正確には、 借入当初から最大で3年間、利子の部分について補助を受けるというものです。 4年目以降は利率が変更になるのですが、その利率が変更になる前の3年間が実質、無利子になるというものです。 この「新型コロナウィルス感染症特別貸付」に該当しているうえで、次の要件に当てはまった場合に「無利子」となります。 個人事業主・・・要件なし• 小規模事業者(法人事業者)・・・売上が前年同月比15%以上減少している• 売り上げの減少が著しい場合、これを使って実質、無利子にできるという話です。 また、日本政策金融公庫の融資制度では、借入当初から最大で5年間は利子のみの返済とする返済の据え置きが可能です。 加えて、設備資金なら最大で20年以内、運転資金なら最大で15年以内の貸し付けが可能となっています。 また、貸付額も最大で国民生活事業なら6000万円、中小企業事業は3億円が限度額となっています。 もちろん審査次第なので、据え置きや返済期間、借入額については限度額いっぱいまでできるということではないですが、余裕をもって融資を受けることは可能であるということです。 せっかくこうした融資があるのでこれを使わない手はありません。 保証協会を使った融資や日本政策金融公庫の融資などを組み合わせてこのコロナ関連での不況を何とか乗り切ってもらいたいと思います。

次の