マホイップ 特殊受け。 マホイップ育成論 : 王道特殊受けマホイップ|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】新ポケモン!マホイップはどう使う?【種族値と育成論】

マホイップ 特殊受け

マホイップ クリームポケモン ガラルNo. 186 ぜんこくNo. 869 高さ 0. 3m 重さ• 5kg• けたぐり威力20 タイプ• 英語名• Alcremie タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 時間帯やアメ細工の種類、回転方向、回転時間によってフォルムが変わる。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 相手の回避率を2段階下げる。 第6世代までは草むらなどフィールドで使うと野生のポケモンが出現。 第6世代では群れバトル発生 Lv. この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 通常攻撃。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、状態異常にならず、また『ドラゴン』タイプの技の受けるダメージが半減する。 すでに状態異常の場合は回復しない。 道具『ミストシード』を持ったポケモンは『とくぼう』ランクが1段階上がる。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 投げつけた道具はなくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 もう1度使用すると元に戻る。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、状態異常にならず、また『ドラゴン』タイプの技の受けるダメージが半減する。 すでに状態異常の場合は回復しない。 道具『ミストシード』を持ったポケモンは『とくぼう』ランクが1段階上がる。 どの状態異常になるかはランダム。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 ただし、PPが0になると解除される。 ダイマックスしているポケモンには無効。 なお、ダイマックス技や第7世代のZワザは影響を受けずに使うことができる。 通常攻撃。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 場の状態が『ミストフィールド』で、自分が『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではなく地面にいる時、威力が1. 5倍になる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 レイドでは相手の不思議なバリアのゲージを2つ減らす。

次の

【ポケモン剣盾】ホイップホップの入手方法と進化できるポケモン【ソードシールド】|ゲームエイト

マホイップ 特殊受け

もくじ• 「特殊な道具を持たせ、その場で回転することで進化する」という、普通では絶対に気付けない方法です 笑 持たせる道具によってマホイップのトッピングが変わるため、どの姿にするかも大事なポイントです。 ステータスには一切の影響はないので、自分の好みで選びましょう。 種族値的には、特殊技を受けつつ特殊技で攻めるって感じですね。 夢特性「アロマベール」のお陰で、「めいそう」を妨害されないのも大きなメリットと言えるでしょう。 夢特性の入手方法 マホイップの夢特性が入手できるのは、 「ハシノマ原っぱの西端にある細い光の巣」が最も楽です。 キョダイマックスが入手できる巣もありますが、ランクマッチではキョダイマックスが使えないので今は不要です。 「ザシアンorザマゼンタ」の専用技を使えば、ソロでも十分に倒せますよ。 夢特性「アロマベール」の採用で、安全に「めいそう」を積める点では、他のフェアリーよりは特殊受けをしやすいと言えますね。 「じこさいせい」もあるので、「めいそう」を積んでも倒されてしまうという事態も避けられます。 マジカルフレイムは、相手の特攻値を下げる追加効果を持つため、より特殊受けを遂行しやすくなります。 直ぐに敵を倒しに行くというより、相手を弱体化させ、自分を強化&回復し、準備を整えてから攻めだすって感じです。 役割が遂行できる相手としては、 「サザンドラ」などの特殊アタッカー全般です。 「ルカリオ、ジュラルドン」などの鋼特殊アタッカーなどには、素直に引いていきましょう。 素早さ種族値が64と高くはないものの、今作では遅いポケモンが多いので上を取れることも十分にあります。 同タイプでは60族の「ニンフィア、ピクシー」を抜けるので、対面させれば優位に戦えます。

次の

【ポケモン剣盾】マホイップの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

マホイップ 特殊受け

特に差別化というところがわかりやすかった。 自分はb特化をいつも使っていますが、これを気にd特化も使おうかなと思いました。 メガネロトムは最大乱数58. 1-39. メガネニンフィアに関しては、Sが上ということで先にマジカルフレイム めいそう ができると考えていたのですが、S振り個体がいることも考えると確実に有利というわけではありませんね……。 ご指摘ありがとうございます。 修正しておきます。 ヒトムに関しては、すぐに倒せないというのは仰る通りです。 個人的には耐久型は時間がかかる型という認識なので、各々のスタイルに合えば使って欲しいな……という感じです。 トリックについては、受け出しする機会が多くあまりされる印象はないのですが、それでも対面でされたことはありますね。 トリックを持っている時点でロトム系を仮想敵、とするのは少し難しいのかもしれません。 仮想敵、とはせず自分でもう少し使ってみて判断したいと思います。 確かに悪巧みダイスチルは怖いですが、今のところラスカを持ってるサザンドラは少ない印象なので、なんとかやっていけるかな?という感じです。 それが、毒や鋼を半減する木の実のことです。 火力がそこまで高くなく時間をかけて相手を倒すようなポケモンでSも微妙に高いので、正直トリルパには少し相性が悪いかもしれないですね。 仰る通り火力が欲しい場合はCに振るべきなのですが、覚える技的にニンフィアやブリムオンの方がトリルパとしては使い勝手がいいかなあと思います。 ピクシーの天然については、現段階の8世代では入手不可能となっている為記述を省いています。 解禁されましたら、また記載したいと思います。 もし解禁されたとして、相手の瞑想、悪巧み、弱点保健等の火力アップ技が無効となるのはかなり強みになると思います。 ただ、マジカルフレイムの追加効果の恩恵を受けなくなるので、技構成も変わってきそうですね……。 使ってみて思ったのですが、選択技にアロマセラピーがあってもいいかなと思いました。

次の