結婚ビザ。 結婚ビザ・配偶者ビザ申請の必要書類一覧

もう迷わない!国際結婚をして【配偶者ビザ 】を貰うまでの超・簡単ナビ

結婚ビザ

その1 結婚成立と結婚ビザ(在留資格)の取得は 別の話? 一般の人は「日本人と結婚した外国人は、自動的に結婚ビザがもらえて日本で暮らすこと できる。 」と考えがちですが、現実はそうではありません。 結婚ビザ(=「日本人の配偶者等」)を取得するためには、地方入国管理局へ行って、 申請手続きを行う必要があるのです。 その2 在留資格「日本人の配偶者等」ってなに? 日本人と結婚している外国人は、 「日本人の配偶者等」 という在留資格を取得して 日本で暮らすことができます。 (一般的に、この 「日本人の配偶者等」 という在留資格は 「結婚ビザ」 とか 「配偶者ビザ」 と呼ばれています。 ここでは混乱するといけないので在留資格 「日本人の配偶者等」 という正式名称を使います。 ) 注意! 「日本人の配偶者等」の 「等」 ってなんだ?と不思議に思われた方もいるかもしれませんね。 この「等」には、「日本人の子として生まれた者で、外国籍の者」があたります。 つまり、日本人と結婚した外国人だけでなく、「日本人の子として出生した者で、外国籍の者」も 「日本人の配偶者等」の在留資格を取得することができるのです。 この「日本人の配偶者等」という在留資格は、他の在留資格と比べて次のような メリット が あります。 他の在留資格(ワーキングビザなど)では、パートやアルバイトなどのいわゆる単純労働は禁止されています。 (どうしてもやりたいという場合は「資格外活動の許可」をもとめなければなりません。 ) また、転職も自由にはできず、場合によっては 「在留資格変更許可」 の手続きが必要になります。 これに対し「日本人の配偶者等」の在留資格は職種に制限がないので、転職は自由ですし、パートや アルバイトも自由にできます。 「日本人の配偶者等」の在留資格では、 在留期間「3年」を持っていて (在留期間「1年」のものでは不可)、 かつ、「結婚後3年以上日本に在留」 していれば「永住者」への資格変更が可能になります。 (他の在留資格の場合は、「10年以上継続して日本に在留している」ことが必要です。 (「1年」または「3年」) 「在留期間」 とは、日本に滞在することのできる期間のことです。 「日本人の配偶者等」の在留資格には、在留期間 「1年」 と 「3年」 の2種類あります。 この在留期間を超えて、引き続き日本に滞在するためには、 「在留期間更新許可」 の手続きをしなくては なりません。 在留期間「1年」の場合だと、毎年入国管理局へ行って「在留期間更新許可」の手続きをしなければ いけないので、かなりの負担になります。 なお、「在留期間更新許可」の申請は、在留期限の 2ヶ月前 から受け付けています。 これは「日本人の配偶者等」のデメリットというより、この在留資格を取得するときのデメリット(難しいところ) ですね。 「その3」 でも説明しますが、「日本人の配偶者等」を取得するためには、 「真に結婚し、夫婦になった」ことを証明しなければならず、そのために「出会い」から「交際」を経て 「結婚に至った経緯」を事細かに説明する必要があるのです。 その3 「本物の結婚」であることを 証明しなければならない! 近年、結婚する意思もないのに、結婚の届出を出して「日本人の配偶者等」の 在留資格を取ろうという 「偽装結婚」 が急増しています。 そのため、入国管理局では 警戒を強めて 審査を厳格に おこなっています。 (本物の国際結婚カップルにとっては非常に 迷惑な話ですね。 ) 「日本人の配偶者等」の在留資格の申請をする際は、「偽装結婚」と疑われないためにも 「本物の結婚なんだ」ということを裏付ける資料を十分に提出する必要があるのです。 (ケースによってはこれ以外の書類が必要になる場合もあります。 ・過去の来日歴を証明することによって、交際歴を裏付ける資料になります。 ・韓国のように、戸籍制度のある国では戸籍謄本(婚姻記載のもの)でよいです。 ・日本にある在日大使館等で届出をした場合は、その在日大使館等で発行されます。 用紙をコピーしたものを使用する場合はA4版で鮮明なものを 使用してください。 ・日本人配偶者の本籍地の役所で発行されます。 (郵送で取り寄せることもできます。 ) ・発行から 3ヶ月以内 のものが必要です。 ・婚姻事実の記載がない場合は、 婚姻届受理証明書 が必要になります。 ・発行から 3ヶ月以内 のものが必要です。 特に様式は決まっていないので、手書きのものでもかまいません。 ・自営業の方は 営業許可証のコピー 、 確定申告書控えのコピー を用意してください。 ・「 現在は無職 」という方は、職を失った経緯(不況でリストラされたなど)、求職活動の状況を 「上申書」 という形にまとめて提出します。 ・自営業者の方は、役所から 所得証明書 、または税務署発行の 納税証明書(その1、その2) を用意してください。 ・用紙は地方入国管理局で配布しています。 ・用紙は地方入国管理局で配布しています。 」というものです。 ・日本人配偶者が身元保証人になります。 ・用紙は地方入国管理局で配布しています。 (結婚式を挙げていなくても審査で不利になることはありません。 ) ・日本人親族と一緒に写した写真があればそれを提出しましょう。 申請書類は後日のために必ずコピーを取っておいてください。 申請から結果が出るまでの時間は、 およそ2〜3ヶ月 です。 (東京入国管理局の場合) (入国管理局の混み具合によっては、これより早くなったり遅くなったりしますので注意してください。 ) その5 在留資格認定証明書が交付されたら・・・ 在留資格認定証明書が交付されたら、それを海外にいる外国人配偶者に送付し、 在外日本大使館等でビザ申請をします。 ここで、 注意するポイント が2つあります。 在留資格認定証明書以外に 日本から送付する資料 が必要になるかもしれませ ん。 つまり、3ヶ月以内に日本に到着して上陸審査を受ける必要があります。 (在留資格認定証明書の発行から3ヶ月以内に在外日本大使館等でビザ申請をすれば よいというわけではありません。 間違えないようにご注意ください!)) その6 不交付になったらどうするの? 入国管理局での審査の結果、外国人配偶者が入管法の定める条件に該当しないと 判断されると、在留資格認定証明書は交付されません。 この場合、再度申請することもできますが、その前に「不交付になった理由」を 把握することが先決です。 不交付になると、 不交付通知書 が届きますが、これには不交付の理由がごく簡単 に書いてあるだけなので具体的なことは何もわかりません。 そこで、入国管理局の担当者に面談の予約を取って、「不交付になった理由」を 聞きに行きましょう。 (担当者は必ずしも詳しく教えてくれるとは限りませんが、冷静に粘り 強く交渉することが重要です。 ) 面談の結果、不交付になった理由が、申請書類の不足・不完全であったり、証明が 不十分(説明不足)であったという場合は、新たに書類を追加したり、証明手段を補強する などしたうえで、再度申請すれば認定証明書が交付される可能性があります。 他方、外国人配偶者が 入管法5条に定める「上陸拒否者」 にあたり、それが不交付の 理由とされた場合は、残念ながら認定証明書は交付されることはありません。 (入国管理局の事実誤認があれば別ですが・・・。

次の

配偶者ビザの手続き!外国人が結婚して日本に住むには [国際結婚] All About

結婚ビザ

結婚ビザ(家族ビザ) 日本の ビザの中には、 日本人や永住者と 結婚したときの配偶者 ビザ、 その他の ビザを持つ外国人と 結婚したときの家族滞在 ビザ、 日本人や永住者と 離婚したときの定住者 ビザなどの ビザがあります。 子どもの ビザは基本的に外国人の親と同じ ビザです。 結婚ビザの流れと料金(行政書士が代理申請)• 申請料金は、 ビザの代理申請、追加書類提出、許可証受領の料金です。 もし ビザが不許可になった場合には、入国管理局での不許可理由説明に同席します。 2014年4月1日以降も同じ料金です。 不許可経験やオーバーステイ経験がある場合。 難民申請中の場合。 認定証なしで観光ビザ(短期滞在)から変更する場合。 依頼から申請まで1週間以内の場合。 +30,000円 家族追加 ・1つの家族で、ビザを2人以上申請。 (追加1人分) +30,000円 変更申請追加 ・認定申請と変更申請を同時に依頼。 +30,000円 観光ビザの 書類追加 ・認定申請と観光ビザ(短期滞在)を同時に依頼。 +0円 (無料)• 追加料金も不許可時返金の対象となります。 お見積り例• 認定申請は、配偶者が外国にいる間に結婚ビザの申請をする方法です。 すでに外国などで婚姻届を提出した場合に使います。 入国管理局への手数料なし。 変更申請は、配偶者が日本に来ている間に結婚ビザの申請をする方法です。 来日して婚姻届を提出する場合に使います。 入国管理局への手数料は4,000円。 観光ビザ(短期滞在)から結婚ビザへの変更申請するには「特別な事情」が必要です。 特別な事情がない場合は、先に認定申請をした方が許可の可能性が上がります。 申請方法 単価 合計 当てはまるケース 認定申請 120,000円 120,000円 本人が外国にいて、婚姻届が終わっている。 認定申請 (家族同時申請) 120,000円 30,000円 150,000円 婚姻届が終わっている。 +子ども(実子または連れ子)を同時に呼ぶ。 通常の変更申請 (+印紙代) 120,000円 4,000円 124,000円 留学・就労ビザで本人が日本にいて、婚姻届が終わっている。 短期滞在からの 変更申請 (+印紙代) 150,000円 4,000円 154,000円 査証免除(特別な事情あり) 配偶者が査証免除(ビザなし)で来日して、日本で婚姻届を提出。 その後に結婚ビザの 変更申請。 認定申請 + 変更申請 (+印紙代) 120,000円 30,000円 4,000円 154,000円 査証免除(特別な事情なし) 配偶者が査証免除(ビザなし)で来日して、日本で婚姻届を提出。 その後に結婚ビザの 認定申請。 認定証を持って 変更申請。 観光ビザ(短期滞在) + 変更申請 (+印紙代) 0円 150,000円 4,000円 154,000円 観光ビザ(特別な事情あり) 配偶者が日本大使館で観光ビザを取得。 その後に結婚ビザの 変更申請。 観光ビザ(短期滞在) + 認定申請 + 変更申請 (+印紙代) 0円 120,000円 30,000円 4,000円 154,000円 観光ビザ(特別な事情なし) 配偶者が日本大使館で観光ビザを取得。 その後に結婚ビザの 認定申請。 認定証を持って 変更申請。 以下は、配偶者が日本大使館で観光ビザを取得し、来日した後に婚姻届を提出して結婚ビザへ変更した場合の流れです。 (特別な事情あり) 観光ビザ(短期滞在)で来日し、結婚ビザへ変更する場合の流れ お客様だけでビザの準備 まことビザオフィスを利用 1. 観光ビザの準備 ビザの相談 現地の日本大使館で相談 無料 観光ビザの書類作成 (日本人側の招へい経緯) 自分で書く +0円 (無料) 観光ビザの取得 現地の日本大使館に行く お客様にお願いしています 独身証明書の取得 現地で準備する お客様にお願いしています ・独身証明書(婚姻要件具備証明書)は日本の大使館で取得できないことがありますので、できれば現地で準備してください。 日本で婚姻届を提出 婚姻要件具備証明書 を取得 本人が来日後に、 独身証明書を持って、 相手国の大使館へ行く お客様にお願いしています 婚姻届を提出 市役所に行く お客様にお願いしています ・ 韓国の大使館は、来日後でも韓国側の戸籍の証明書を発行するため、婚姻要件具備証明書は不要です。 ・ 中国の大使館は、婚姻要件具備証明書を発行するために、外国人の独身証明書ではなく、 日本人の独身証明書を要求します。 ・ ベトナムとブラジルの大使館は、観光ビザ(短期滞在)で日本に滞在している外国人に、婚姻要件具備証明書を発行していません。 結婚ビザの事前相談 ビザの相談 入国管理局で相談 無料 必要書類リストの用意 入国管理局でもらう 申請料金に含む ・お客様のご自宅や職場の近くに出張する場合はがかかります。 ・必要書類リストだけの依頼はご遠慮いただいております。 結婚ビザの書類集め 市役所の書類を集める 市役所へ行く 1通 5,000円 大使館の書類を集める 大使館へ行く お客様にお願いしています 5. 結婚ビザの書類作成 申請書を書く 自分で書く 申請料金に含む (日本人側)を書く 自分で書く 理由書(外国人側)を書く 自分で書く ・お客様のご自宅や職場の近くに出張する場合はがかかります。 追加料金(オプション) 日本語に翻訳する 自分で翻訳する 1枚 10,000円 ・翻訳は提携している翻訳会社に依頼させていただきます。 結婚ビザの書類提出 ビザの書類を提出する 入国管理局へ行く 申請料金に含む 許可証を受け取る 入国管理局へ行く 入国管理局の手数料 4,000円 4,000円 7. もし 結婚ビザの変更が不許可にされた場合 不許可理由を聞きに行く 入国管理局へ行く 申請料金に含む 再申請する 入国管理局へ行く 許可証を受け取る 入国管理局へ行く ・ 不許可になった場合には"申請料金の返金" か"再申請" のどちらかを選べます。 上記料金はすべて消費税を含んだ金額です。 Makoto Visa Office.

次の

結婚ビザの流れと料金(新規)

結婚ビザ

2回目のOビザ(結婚ビザ)の更新を行いましたので、手順等について記録しておこうと思います。 年に一回、毎年行う必要があるのですが、面倒くさいんですよねーー 自分は2007年からバンコクに滞在しており、2013年にタイ人女性と結婚しましたが、2007年から2018年の3月までは、在籍していた会社で手配してもらったワークパーミット・Bビザを利用して滞在しておりました。 その後、諸事情でOビザ(結婚ビザ)を取得して滞在することになり、昨年2018年に大阪のタイ領事館でOビザを取得、一回バンコクで延長手続き・更新を行い、今回有効期限の1年が経過するため、延長・更新する訳です。 7 イミグレーションで該当申請用紙の用意がありますが、事前に準備する場合は、からダウンロードして、印刷・事前準備が可能です。 なお、ダウンロードして、印刷・事前準備する場合、2枚に分かれているフォームを1枚の用紙の表裏に印刷する必要があります。 )銀行での発行手数料100B程度。 なお、「はじめに日本に婚姻届出、その後タイに届出をした場合」、「はじめにタイ国で婚姻届出、あとから日本に届出をした場合」、タイ人配偶者が男性か女性で、必要な書類の内容が異なり、自分のケースは「はじめに日本に婚姻届出、その後タイに届出をした場合」・妻がタイ人になりますので、そのケースに対しての必要書類について書かせてもらっており、また昨年の更新時期に、係官の指示に従い最終的に提出して受理された内容に沿って書かせてもらってます。 夫が外国籍で妻がタイ国籍の場合は、40万バーツ以上の預金や銀行口座の残高証明書が必要ですが、妻が外国籍で夫がタイ国籍の場合はそれらは不要であり、「はじめにタイ国で婚姻届出、あとから日本に届出をした場合」は婚姻証明に関する書類が異なってきますので、別のケースについては、他の方が上げてる情報等を参照して下さい。 申請場所について バンコク在住の場合の申請手続きは、チェーンワッタナ地区にある、政府機関センターB棟のイミグレーション(入国管理局)で行います。 イミグレーション(入国管理局)のサイトの場所案内 イミグレーションには、その昔、バスを使って行ってみたこともありますが、現在は知り合いのタクシーを利用して行っており、住んでいる場所等によって、最良な行き方が異なってくると思いますので、上記のイミグレーションの案内や他の方が上げてる情報等を参照して下さい。 2番ゲートから入るとすぐ、イミグレーションがあります。 6:30頃に来ても、既に多くの人が並んでます。 午前中は混んでおり、午後の時間帯の方が比較的空いてるから、午後に手続きに行くことを好む方や、午後に行くと受け取りが遅くなり、帰りは渋滞がひどくなるから、午前に手続きに行くことを好む方など、まちまちで人によって異なりますが、通常自分は朝一に行きます。 当日、6:30頃に現地に着くと、既に整理券をもらう為の長い行列が出来ており、行列に並び、7:00頃から整理券の配布が始まって、整理券を受け取ると170番台でした。 まあ、ビザにも色々種類があり、ビザ以外の手続きも色々あるので、Oビザ(結婚ビザ)の手続きに何人来て、何人待ちになるかは、入館してからでないと分からないのですが。 で、昨年のパターンだと、Oビザ(結婚ビザ)の手続きに複数人来てて、入館してから待ち時間があり、待ち時間の間に建物の地下にある銀行 メジャーな銀行の支店はほぼあります に行き、預金通帳のアップデートや残高証明書を取得したので、8:30頃にイミグレーションに入館し、Oビザ 結婚ビザ 用の整理券を受け取り、今回も同様に対応しよう思い、建物の地下の銀行があるエリアに行ったところ、現在メインで使ってるクルンシーアユタヤ銀行のATMが故障してて、ATMによる預金通帳のアップデートが出来ず、残高証明書の発行含めて、窓口で対応してもらおうと行って申し込みしたら、残高証明書の発行には1時間強要すると言われ、仕方がないので、一旦イミグレーション館内に戻り、窓口付近で座って待ちました。 そういえば、昨年度は事情でクルンシーアユタヤ銀行、カシコーン銀行、バンコク銀行の3種類の口座を利用してたため、各口座の残高証明書が必要だったのですが、カシコーン銀行、バンコク銀行は、即発行・対応してくれましたが、クルンシーアユタヤ銀行だけ、同様に1時間程待たされた事を思い出し、妻がここのクルンシーアユタヤ銀行は使えないと愚痴をこぼしてました。。。 今回、結局イミグレーション館内の窓口にて、自分の番号の順番になった時点で、銀行の必要書類が間に合わなかったので、ブースに入り係官に説明すると、全部書類が揃った状態で来るべきだと指摘され、銀行残高証明は、一週間前からの内容で有効だから、前日までに事前用意可能であると説明してくれるとともに、残高証明書を受け取った後に、再度来なさいとの指示をされました。 あるビザ代行業者は、銀行残高証明に関しては、3日前のものまで有効と情報を載せてましたが、前日分くらいだと、全く問題なさそうなので、次回から事前準備しようと思います 残高証明書を受け取った後に該当の係官に報告に行き、全書類をチェックしてもらった後に受理されたので、料金1900バーツを支払い、しばらくブース外で待ってから、次回出頭日のスタンプが押されたパスポートと銀行通帳を返却してもらい、一旦手続きは終了しました。 それから、次回出頭時に銀行通帳と銀行通帳の当日更新分のコピーも持参するようにとの指示がありました。 この点は、昨年の更新時には不要であり、今回新たに追加されたみたいです。 妻が毎年のイベントだねーと言っておりますが、正直面倒くさくてたまりませんーー。 バンコクに住んで以来、今までその様な申告の必要はなくて、後から知ったのですが、外国人が滞在する住居の所有者の届け出に関する、TM30のルール強化みたいですね。 イミグレーションサイトのTM30についてのページ 自分の場合は、妻名義の家に住んでるため、原則申告義務が妻にあり、妻が対応すると言ってくれてるので、面倒くさくはないのですが、コンドミニアムやアパートなどで、部屋を借りて住んでいる人は、大家とのやり取りなど、超面倒くさそうですね。。。。

次の