エクセル 外部リンク 探す。 このブックには更新できないリンクが 1つ以上含まれています リンクエラー エクセル Excel [エクセルの学校]

【エクセル時短】ファイルを開いた直後に「リンクエラー」!? 正しい対処法を理解する

エクセル 外部リンク 探す

Excelのブックを開くと以下のポップアップメッセージが出る場合があります。 もしくは、シート上部に以下のようなメッセージが表示されます。 原因 Excelは異なるブックに外部リンクを貼る事ができるのですが、 今回のメッセージは、 存在しないブックへの外部リンクが含まれている事が原因です。 実際に外部リンクを貼って説明していきます 以下のように、同じディレクトリ内に「A. xlsx」と「B. xlsx」の2つのブックを作成して用意します。 この2つのファイルを外部リンクで繋いでいきます。 まず「A. xlsx」を開いて、任意のセルに数字「500」を入力して上書き保存。 その際に、 リンク貼り付けで貼ります。 これで「B. xlsx」のセルB3に数値500が入りました。 リンク先のアドレスを確認してください。 xlsx]Sheet1! xlsx]という記述は、同じディレクトリー内にある「A. xlsx」を外部参照しているという意味です。 さらにそのブック内のシート1のB3セルにリンクを参照しているという意味です。 これで「A. xlsx」と「B. xlsx」間でリンクを貼れました。 イメージ図 外部リンクの自動更新 試しに、「A. xlsx」に入力していた数字を「500」から「12500」に書き換えます。 xlsx」を開くと、参照元の値が反映されて「12500」に変わります。 これをリンクの自動更新と言います。 外部リンクを無理やり外してみます すべてのExcelファイルを保存して閉じた状態で、「A. xlsx」のファイル名をリネームします。 試しに「AAAA. xlsx」に変えてみてください。 これで「B. xlsx」から「A. xlsx」への外部参照が切断されます。 この状態で「B. xlsx」を開いてみてください。 例のセキュリティ警告が出ます。 「外部リンクの参照元が存在しないので、リンクの自動更新されませんよ」という意味の警告です。 「コンテンツの有効化」ボタンを押して、一度Excelを閉じてみてください。 そして、再度「B. xlsx」を立ち上げると例のメッセージが出ます。 存在しない未知の外部参照が記述されているので、Excelが確認を促してくれているのです。 ファイル名を変えるだけでなく、ファイルを削除した場合、ファイルのディレクトリを移動させた場合にも外部参照は切断されます。 再利用した場合、入力データだけを入れ替えても、外部リンクは残っています。 特に自分が作ったファイルではない場合、 どこに外部リンクが入っているのか?、何を参照しているのか?が分からない場合が多いのです。 対処法は、外部参照を一つ一つ探してリンクを消すか、新しく参照先を指定するなどして修復する事です。 外部参照は必ずブック名を鍵カッコで挟んだ名前で指定されています。 探し出した外部参照は、自分で参照元を用意してリンクを貼り直す必要があります。 以上になります。

次の

エクセルのリンク(ハイパーリンク)の様々な設定方法|Office Hack

エクセル 外部リンク 探す

外部リンクは他のワークブックを参照するリンクです。 グラフやワークシートを別のワークブックに移動やコピーしたりすると、「このブックには、ほかのデータソースへのリンクが設定されています。 」と予期しないリンクが発生することがあります。 リンク元がないことを知っても、元のリンク元を探す役には全く立たないので、これから行方不明のリンクに対応する方法をいくつか紹介していきます。 「数式」に潜む外部へのリンク まず、忘れてしまっているが実在する外部リンクがあるかどうかを確認する必要があります。 まだ外部リンク元が存在しているかどうか不確かな時は、最も分かり易い場所である「数式」から見ていきましょう。 数式リンクを見つけたら、数式を修正するか、削除します。 「名前」に潜む外部へのリンク 数式にリンクが含まれていないことを確認したら、リンク元がないリンクが他の場所に潜んでいないかを確認する必要があります。 次に見る場所は、「名前」です。 設定されている名前の「参照範囲」を確認して、他のワークブックを参照している「名前」がないかどうかを確認します。 他のワークブックを参照する名前を見つけたら、参照範囲を変更したり、そのままにしたり判断しましょう。 「グラフ」に潜む外部へのリンク 他に外部へのリンクが含まれているとすれば、グラフの中でしょうか。 グラフも外部へのリンクを持ち、そのリンク元が行方不明になっているケースによく出くわします。 データ範囲と項目軸ラベル、グラフの名前でがオブのワークブックを参照していないかどうかを確認してみましょう。 そして、そのリンクが正しいものかどうかを確認して下さい。 「オブジェクト」に潜む外部へのリンク オブジェクトにリンクが潜んでいることもあります。 例えば、テキストボックスやオートシェイプなどです。 オブジェクトも外部のワークブックを参照することができます。 「ジャンプ」機能で、「セル選択」をクリックし、「オブジェクト」を選択します。 これでワークシート上の全ての「オブジェクト」を選択することが出来ます。 全てのオブジェクトを選択したまま、削除したり、保存したりして、問題が取り除けるかどうか試して下さい。 「隠しワークシート」に潜む外部へのリンク 最後にリンクがないかどうかをチェックする場所は、最も分かり難い場所、「非表示にしたワークシート」です。 上手く非表示にしたので、そのワークシートの存在をすっかり忘れてしまうことはありがちです。 もし、「再表示」の文字がグレーになっていれば、それは隠された「非表示ワークシート」が無い、ということです。 やっぱり、最後には「リンクの解除」 これで、外部ワークシートへのリンクの可能性をシラミつぶしに調べてみました。 次は、リンク元のないリンクを取り去っていきます。 そして、状態が不明となっているなっているリンクを選択し、「リンクの解除」をクリックします。 これでリンク元が不明だったリンクがなくなり、リンクの更新を求められることもなくなります。

次の

Excelで「安全ではない外部ソース へのリンク」のエラーが表示される 場合の対応方法

エクセル 外部リンク 探す

エクセルのハイパーリンクでできること エクセルのハイパーリンクは主に以下の設定が可能となっております。 特に表が大きくなりすぎた場合は、特定の位置へ遷移する機能が便利です。 PC内のファイルを開く• Webページにアクセスする• メールの宛先や件名を設定して、電子メールを開く• 指定のシートやセルへ遷移する• 指定の図形へ遷移する ハイパーリンクの絶対パスと相対パスとは? ハイパーリンクについて、覚えておくと便利なキーワードがあります。 絶対パスと相対パスといい、参照先を指定する時に使います。 そうすると日本全国どこにいても、その人がどこにいるのか把握できるわけです。 メーラーを設定済みならばメーラーが自動的に開き、宛先、件名、本文が設定どおりに記載されているのが分かります。 非常に長い数式なので以下をコピーして利用すると便利です。 【】の部分を、【】も含めてセル参照に置き換えてください。 ハイパーリンクが設定できない ハイパーリンクが設定されない原因について、2つあります。 ハイパーリンクが開かない場合 ハイパーリンクが開かない原因としては、指定のパスが間違っている可能性があります。 たとえば、ファイルやフォルダを指定するハイパーリンクで過去は正しいパスだったのに、ファイルを移動してしまうとパスの参照先にファイルが存在しない状態になります。 その際は、改めて正しいパスを指定してあげてください。 おすすめの商品をご紹介 タグで探す• 閲覧数ランキングで探す• 新着記事で探す•

次の