外壁 塗装 ペンキ の 種類。 外壁をペンキでDIYすることは可能?方法や種類を紹介!

木造外壁を塗装するポイントとは?

外壁 塗装 ペンキ の 種類

このページの目次 外壁塗装に使用される塗料 外壁塗装に使用される塗料はそのほとんどがです。 その中で主なものは、次ぎの6種類です。 塗料の種類 耐用年数 特徴 合成樹脂調合ペイント 3~5年 従来最も多用されてきた塗料。 5~8年 油性ペイントより耐候性に優れ、色あせしにくい。 8~10年 耐久性、耐候性、耐薬品性に優れ、多方面で使用されている。 10~15年 フッ素樹脂に次ぐ高耐候性。 住宅の塗り替えに推奨品。 15~20年 高耐候性で塗膜はガラス質に近く、 汚れも付きにくい。 高価なのが難点。 の種類にって差がある 開発されて日が浅いが高耐候性、防汚性は望める。 光触媒塗料• 光触媒塗料では、光色媒体のバインダーとして使用する樹脂によって、その耐久性は異なってきますので、選定時には確認が必要です。 光触媒塗料とフッ素樹脂塗料の価格は、ほぼ同じぐらいで推移しています。 バインダーの種類、メーカーによって差があります。 無機塗料 有機・無機ハイブリット型長耐久性塗料は、フッ素樹脂塗料の約1. 5倍長持ちします。 詳細はを参照。 ラジカル制御型塗料 塗膜の劣化の大きな原因は紫外線によるものです。 紫外線により発生するラジカルを封じ込める「ラジカル制御」技術により塗膜の劣化を抑制して耐候性を高めた塗料です。 詳細はを参照。 耐用年数は、過去の実績から推定される数値です。 塗膜の劣化は紫外線の照射による影響が大きく、同じ建物でもその向き、部位によって異なってきます。 朝陽から西日まで陽射しを受ける南面と、日射の少ない北面とでは、同じ経年でも大きく劣化程度に差が出ます。 上記表での「耐候年数は」一般的な期待年数とお考えください。 塗料の価格と耐久性の関係を、わかりやすく図にしてみました。 この図からも、価格と耐久性は比例しているのがわかります。 塗装工事のご計画には、グレードを参考に塗料の選定をされると良いでしょう。 それぞれの樹脂塗料に水性 水系 と油性 溶剤系 があります。 水性だから油性より耐久性が悪いということではありません。 大切なのは、何に塗装するのかということです。 DIYでご自身が塗装される場合は鉄部、屋根トタンなどには一般的な水性塗料の使用は避けてください。 耐摩耗性に問題があります。 水性と油性を論ずるとき、耐候性の比較は正しくはありません。 塗装しようとするものの材質によって、水性と油性は使い分けなければなりません。 最近の塗料の架橋技術や、ナノテクノロジーの発達は水系でも、非常に強靭な塗膜を生成したり、光触媒塗料に代表される高度な付加価値を持った塗料もあります。 最近の溶剤系の塗料は、環境に優しい弱溶剤系が多く使われるようになっています。 今後、石油の消費量を極力抑えた環境型塗料が、主流を占めるようになるでしょう。 塗料には、硬化した塗膜が硬質なタイプのものと、弾性タイプのものがあります。 被塗物 塗装しようとするもの によって、どちらかのタイプを選択します。 外壁用の弾性仕上塗材は、モルタル壁の乾燥収縮から来る細かいクラック対策用ですが、ある程度の膜厚に塗り込まないと、その効果は期待できません。 従って、この塗材の薄塗り仕上げは、ひび割れ対策にはほとんど効果がありません。 各メーカーからいろいろな特徴を持った製品が出ていますので、パンフレットを取り寄せ、その特徴を検討するのも良いでしょう。 つやがあると、見た目がきれいで埃も付きにくい。 つやは控えめのほうが、落ち着いていて高級感も得られる。 最近つや消しでも、汚れに強いタイプの塗料もありますので、一概につや消しは汚れやすいとはいえなくなっています。 住宅の内部の場合は、なるべくつやを抑えたほうが落ち着いた雰囲気に仕上がりますのでおすすめですが、外部の場合は、あくまで嗜好の問題で選択してよいでしょう。 見積りを依頼したときなど、業者から塗料の製品名で提示されることがあります。 そのような時は、カタログやパンフレットなどで、次のキーワードについて確認していただければ、その塗料の特徴が良くご理解いただけるものと思います。 キーワード 塗料の特徴や塗膜の状態 樹脂名は? 成分から塗料の特徴や耐久性、価格など塗料のグレードを調べられる 耐久性、経済性は「塗料のグレード」を参照 溶剤は? 水系 ラテックス、反応硬化型によって塗膜性能が異なるので要注意 水系塗料の硬化方法についての詳細はを参照。 溶剤系 刺激臭の少ない塗料シンナーなどで薄める弱溶剤型、高揮発性や刺激集のある強溶剤を使用する溶剤型とある。 現在は弱溶剤型が主流を占めている。 塗膜の弾力性は? 硬質塗膜 一般的に使用されている 弾性塗膜 モルタルなどのクラック対策、ALCやサイディングなどの目地貼り素材のシーリング対策に使用 つやは? つやあり 3、5、7、10部つやなどがある つや消し 好みで選ぶ 塗料の機能は? 一般塗料 高機能塗料 防カビ、防汚、遮熱、光触媒など必要に応じて選択 塗料の機能についての詳細はを参照 塗料のカタログについてはを利用して、WEB閲覧で直接お確かめいただくか、メーカーに直接請求して入手できます。

次の

【外壁塗装の基礎知識】工事方法や塗料の種類・特徴・選び方を解説!

外壁 塗装 ペンキ の 種類

このページの目次 外壁塗装に使用される塗料 外壁塗装に使用される塗料はそのほとんどがです。 その中で主なものは、次ぎの6種類です。 塗料の種類 耐用年数 特徴 合成樹脂調合ペイント 3~5年 従来最も多用されてきた塗料。 5~8年 油性ペイントより耐候性に優れ、色あせしにくい。 8~10年 耐久性、耐候性、耐薬品性に優れ、多方面で使用されている。 10~15年 フッ素樹脂に次ぐ高耐候性。 住宅の塗り替えに推奨品。 15~20年 高耐候性で塗膜はガラス質に近く、 汚れも付きにくい。 高価なのが難点。 の種類にって差がある 開発されて日が浅いが高耐候性、防汚性は望める。 光触媒塗料• 光触媒塗料では、光色媒体のバインダーとして使用する樹脂によって、その耐久性は異なってきますので、選定時には確認が必要です。 光触媒塗料とフッ素樹脂塗料の価格は、ほぼ同じぐらいで推移しています。 バインダーの種類、メーカーによって差があります。 無機塗料 有機・無機ハイブリット型長耐久性塗料は、フッ素樹脂塗料の約1. 5倍長持ちします。 詳細はを参照。 ラジカル制御型塗料 塗膜の劣化の大きな原因は紫外線によるものです。 紫外線により発生するラジカルを封じ込める「ラジカル制御」技術により塗膜の劣化を抑制して耐候性を高めた塗料です。 詳細はを参照。 耐用年数は、過去の実績から推定される数値です。 塗膜の劣化は紫外線の照射による影響が大きく、同じ建物でもその向き、部位によって異なってきます。 朝陽から西日まで陽射しを受ける南面と、日射の少ない北面とでは、同じ経年でも大きく劣化程度に差が出ます。 上記表での「耐候年数は」一般的な期待年数とお考えください。 塗料の価格と耐久性の関係を、わかりやすく図にしてみました。 この図からも、価格と耐久性は比例しているのがわかります。 塗装工事のご計画には、グレードを参考に塗料の選定をされると良いでしょう。 それぞれの樹脂塗料に水性 水系 と油性 溶剤系 があります。 水性だから油性より耐久性が悪いということではありません。 大切なのは、何に塗装するのかということです。 DIYでご自身が塗装される場合は鉄部、屋根トタンなどには一般的な水性塗料の使用は避けてください。 耐摩耗性に問題があります。 水性と油性を論ずるとき、耐候性の比較は正しくはありません。 塗装しようとするものの材質によって、水性と油性は使い分けなければなりません。 最近の塗料の架橋技術や、ナノテクノロジーの発達は水系でも、非常に強靭な塗膜を生成したり、光触媒塗料に代表される高度な付加価値を持った塗料もあります。 最近の溶剤系の塗料は、環境に優しい弱溶剤系が多く使われるようになっています。 今後、石油の消費量を極力抑えた環境型塗料が、主流を占めるようになるでしょう。 塗料には、硬化した塗膜が硬質なタイプのものと、弾性タイプのものがあります。 被塗物 塗装しようとするもの によって、どちらかのタイプを選択します。 外壁用の弾性仕上塗材は、モルタル壁の乾燥収縮から来る細かいクラック対策用ですが、ある程度の膜厚に塗り込まないと、その効果は期待できません。 従って、この塗材の薄塗り仕上げは、ひび割れ対策にはほとんど効果がありません。 各メーカーからいろいろな特徴を持った製品が出ていますので、パンフレットを取り寄せ、その特徴を検討するのも良いでしょう。 つやがあると、見た目がきれいで埃も付きにくい。 つやは控えめのほうが、落ち着いていて高級感も得られる。 最近つや消しでも、汚れに強いタイプの塗料もありますので、一概につや消しは汚れやすいとはいえなくなっています。 住宅の内部の場合は、なるべくつやを抑えたほうが落ち着いた雰囲気に仕上がりますのでおすすめですが、外部の場合は、あくまで嗜好の問題で選択してよいでしょう。 見積りを依頼したときなど、業者から塗料の製品名で提示されることがあります。 そのような時は、カタログやパンフレットなどで、次のキーワードについて確認していただければ、その塗料の特徴が良くご理解いただけるものと思います。 キーワード 塗料の特徴や塗膜の状態 樹脂名は? 成分から塗料の特徴や耐久性、価格など塗料のグレードを調べられる 耐久性、経済性は「塗料のグレード」を参照 溶剤は? 水系 ラテックス、反応硬化型によって塗膜性能が異なるので要注意 水系塗料の硬化方法についての詳細はを参照。 溶剤系 刺激臭の少ない塗料シンナーなどで薄める弱溶剤型、高揮発性や刺激集のある強溶剤を使用する溶剤型とある。 現在は弱溶剤型が主流を占めている。 塗膜の弾力性は? 硬質塗膜 一般的に使用されている 弾性塗膜 モルタルなどのクラック対策、ALCやサイディングなどの目地貼り素材のシーリング対策に使用 つやは? つやあり 3、5、7、10部つやなどがある つや消し 好みで選ぶ 塗料の機能は? 一般塗料 高機能塗料 防カビ、防汚、遮熱、光触媒など必要に応じて選択 塗料の機能についての詳細はを参照 塗料のカタログについてはを利用して、WEB閲覧で直接お確かめいただくか、メーカーに直接請求して入手できます。

次の

下塗り塗料(シーラー、プライマー、フィラー)の違いと重要性|外壁塗装110番

外壁 塗装 ペンキ の 種類

外壁塗装の塗料にも種類やグレードがあります。 塗料のグレードの違いは耐候年数、いわゆる「持ち=寿命」の違いです。 グレードが上がれば工事の価格の差にも反映されますので、どの塗料選ぶかで工事の価格に差が出る部分です。 しかし塗料の種類や分類、その違いというのは一般の方にはなじみが薄く、 良く分からないものです。 残念ながら、そのように一般の方が分からないことを利用して不適正な価格設定をする業者がいたり、間違ったままの情報をホームページに載せてしまっている場合などもあります。 ですから、たまたま出会った業者やホームページの情報が不適切であっても、そのことに気が付いていない方も多いのです。 そこで今回は、皆さんが外壁塗装をする時に必要な 外壁塗装の塗料の種類についての情報を整理してお伝えしたいと思います。 外壁塗装の分類の注意点 一般的な塗料の分類の間違い 外壁塗装の見積もりで価格の上下を左右するのは、塗料のグレードというのが一般的です。 塗料のグレードにより寿命や耐久年数が変わります。 価格の高い塗料のカタログには「寿命が延びるのでトータルではお得になります」といった売り文句が書いてあります。 そんな一般的な塗料のグレード分けの解説として、下記のような図を見たことがある方も多いのではないでしょうか。 これはあくまで 簡略化した参考モデル図 なので、 本気で外壁塗装を検討中の方にとってはあまり参考になりません。 この分類は塗料の 【樹脂の種類】 によるグレード分けですが、実際の塗料の分類はこのグレードの差だけでは決められないからです。 簡略化は必要なのですが、塗料選びをこの分類だけで済まそうとすると、後悔してしまう事があり、注意が必要なのです。 塗料のグレード分けの注意点 塗料はこの図で考えてしまうと、いきなり【 樹脂の種類による分類】を考えることになりますが、 実はこの前に考えるべき、【 塗料のカテゴリーによる分類】を飛ばしているのです。 実際の塗料には水性塗料・油性塗料などでも違いがあり、 上記の 単純な樹脂のグレードでは耐候年数の目安にならくなってしまいました。 では、皆さんが外壁塗装をする時に選ぶ塗料では、どのような塗料のカテゴリーやグレードの分類に注意したら良いのでしょうか。 実際に複雑にならない程度にカテゴリーを分けて見ると、下記の図のようになります。 では、複雑にならない程度に、順に解説していきましょう。 この部分をきちんと分けて考えるだけで、塗料の種類の分類がスッキリします。 では、現在戸建て住宅の外壁塗装に使われている主な塗料のカテゴリー分けをいくつかご紹介しましょう。 2-1 水性塗料 と 油性塗料 最初のカテゴリー分けは、塗料の【性質】です。 皆さんも塗料に油性と水性があるのはご存知かと思います。 この【水性】と【油性】の違いというのは、 塗料を溶かしている液の種類の事で、分かりやすく言うと 【薄め液】の種類です。 薄め液というのは専門的には【溶剤】と言います。 水性塗料には水を入れて薄めます。 油性塗料の薄め液は「塗料用シンナー」です。 英語で「thin シン」 は「薄める」という意味ですが、水性塗料の「水」の事は薄め液であっても「シンナー」とは呼びません。 ・【強いシンナー(とっても臭い)のことを【強溶剤】と言います。 ・【弱いシンナー(若干臭い)のことは 【弱溶剤】と言います。 (今は戸建て住宅の外壁塗装で強溶剤はほぼ使う事は無いと思います) 2-2 艶有り塗料 と 艶消し塗料 2016年現在、一番注意したいのがこの【塗料の艶】の有る・無しです。 外壁の「艶」は見落としがちですが、とても重要な要素です。 艶消し外壁用の専用塗料は、今のところシリコン系しかありません。 ですから、現在の外壁が【艶消し塗料】の場合、艶をどうするか?の話題が無く、いきなり塗料のグレードをどうするか?の話題になってしまう事があります。 その場合、 艶の選択肢が無いままに【艶有り塗料】を塗られてしまうことがあるので気を付けましょう。 新築時に艶消し素材で外壁が出来上がっているお家の外観は、下記の画像を参考にしてみてください。 ただしその場合には、【艶消し添加剤】を入れて、艶を落とす調整をしなければなりません。 艶消し添加剤は本来は不要なものです。 しかし塗料の中の10%以上を占める場合もあります。 つまりこの場合の艶消し塗料は、本来は不要ないわば不純物を混入することで艶消しにしているので、「元々の塗料の性能を100%発揮出来るか分からない」と言われています。 ですから、このコラムでは艶消し仕上げに塗る時には艶消し専用塗料を塗ることとし、【艶有り塗料を艶消しにしたもの】は検討の範囲から外しています。 また、主に水性塗料には全艶消しが選べますが、油性塗料では3分艶までしか艶を落とせません。 2-3 1液型塗料 と 2液型塗料 1液型塗料とは、缶が1つで封を開けてそのまま塗れるタイプの一般的な塗料です。 2液型塗料とは、缶が【主剤】と【硬化剤】の2つに分かれていて、塗る時にその2つを混ぜて塗るタイプの塗料です。 液状のもで使う時に混ぜるものというと、接着材や髪のカラーリング剤がありますが、それに似た感じです。 どれも1液型のものもある中で、わざわざ2つの液に分け混ぜ合わせるのには理由があります。 それは主に 性能に関わる部分と、手軽さの部分です。 メリット・デメリットは下記の表のようになります。 2液型は計量の手間が面倒な半面、性能は高くなります。 つまり、真面目で正確な職人が扱うなら、2液型塗料の方がメリットを得る事が出来ます。 しかし、どんな職人が塗るか分からない場合や、職人の真面目さ・正確さが心配な場合には1液型塗料の方が安全なのです。 付加機能を加えた塗料 塗料も化学製品なので、新製品が出る度に色々な追加の新機能が加わります。 それらは上記のそれぞれに追加される付加機能です。 どのようなものがあるのでしょうか。 セラミック(停滞電性) セラミックは「焼いて固めたもの」という意味で、陶器や磁器等が代表的です。 建築の材料の中で一般的に知られているのはタイルでしょう。 本来塗料の成分的には無関係なセラミックなのですが、セラミックを利用した塗料には2種類あります。 その1つが、主原料はその他の塗料と変わらず、その中にセラミック成分を少し混ぜたものです。 その効果・効能は、 外壁を汚れにくくする以下の2つの機能です。 静電気を発生しにくくする ことで空気中に漂っているチリやホコリを吸い寄せないようになります。 セラミック成分が外壁表面に浮き出て固まり、 雨で汚れを洗い流す効果を発揮する。 このような効果を期待したいのは主に次のようなシチュエーションでしょう。 雨スジ汚れが多く目立ってしまうのを改善したい場合• 交通量が比較的多く汚れが付きやすい地域• 屋根が無いビル系の建物や屋根があっても軒先の無い戸建て住宅 注意したいのは軒先が大きく出ている建物だと、雨が掛らず洗い流す効果が期待できないことです。 それぞれのベース塗料のオプション的追加機能として塗料の性能を評価する必要があります。 もう1つのセラミックを使った外壁材は、主原料のセラミックを細かく砕いて吹き付け、その表面をクリヤー塗装で保護するものです。 こちらは基本的に「塗料」とは言わず「石材調仕上げ塗材」と呼び、別枠の材料として考えます。 また、もう一つ注意したいのは、セラミックのイメージを利用して【耐熱性・耐候性・耐久性などに効果がある】と言っている営業マンやホームページ等の記載です。 確かにそれらの効果が【全くゼロ】ということはないとは思いますが、その効果はオマケ程度止まりだと思えます。 遮熱塗料 遮熱塗料とは、太陽光の近赤外線成分の反射率を上げて、表面温度が暑くならないようにする塗料です。 詳しくは【 】をご欄頂きたいのですが、簡単に特徴を説明しましょう。 遮熱塗料は、太陽光の当たった部分に効果が出る(曇っている日には効果が無い)• 遮熱塗料は、夏の温度上昇対策に効果がある(冬場に寒くなってしまうことは無い)• 遮熱塗料は、薄い色の方が効果を発揮できる• 遮熱塗料は、屋根に塗ると効果が高い• 遮熱塗料は、金属素材に塗ると効果が絶大 ラジカル塗料(ラジカル制御技術) ラジカルというのは耳慣れない言葉だと思いますが、外壁塗装用の塗料の中では最新トレンドの技術です。 簡単に説明すると【 塗料のチョーキングを抑える技術】つまり、この機能・性能により 塗料の寿命が長くなるという事です。 これは、です。 この パーフェクトトップの樹脂はアクリル樹脂で、シリコン成分は入っていません。 当初日本ペイントではパーフェクトトップの謳い文句として「新時代のアクリル樹脂塗料でシリコンを超える!」と謳っていましたが、次第に「アクリル」の文字が消えていき、ラジカルだけが残るようになっています。 そこで追随する他メーカーは、新型のシリコン塗料に「ラジカルを抑える・・・」という文言を入れ、さらに15年の耐候年数を謳い、パーフェクトトップの独走を食い止めようとしているようです。 この最新カテゴリーの塗料は、各メーカーで1種類づつのグレードしかありません。

次の