ワイヤレス イヤホン jvc。 ワイヤレスイヤホンおすすめ26選【2020年】防水・高音質などランキングで発表!

【レビュー】おすすめの完全ワイヤレスイヤホン:JVC HA

ワイヤレス イヤホン jvc

現在は世界共通ブランドのJVCとして国内外でオーディオ・ビジュアル製品を展開しています。 なお、日本ビクターはケンウッド KENWOOD と2008年に合併し、「株式会社JVCケンウッド」となりましたが、合併後もそれぞれのブランドは維持。 一方で製品開発においては両社のノウハウを活かした製品作りを行なっています。 JVCサウンドの特徴 By: JVCのサウンドは、日本メーカーらしい物理特性の優秀さは押さえつつも、それだけでは成しえない音のよさや魅力があります。 JVCは、日本ビクター時代からプレーヤー・アンプ・スピーカーなどを自社開発する総合オーディオメーカーとして多数の製品を開発し、技術やノウハウを培ってきました。 特にスピーカーの素材に木材を採用しているのがJVCの特徴で、心地よい音を追求しています。 一方、プロ用機器も手掛けているだけに「原音探求」の考え方が大前提にあることもポイント。 サウンドのリアルさと美しさを高度に両立した高音質こそがJVCサウンドの魅力です。 JVCのイヤホン・ヘッドホン人気シリーズ JVCのイヤホン・ヘッドホンの象徴「WOODシリーズ」 By: 「WOODシリーズ」はJVCのイヤホン・ヘッドホン、さらにはスピーカーも含めたJVCのオーディオ機器を象徴するシリーズです。 同シリーズの特徴は、スピーカーの振動板に木材を使用していること。 優秀な特性を持つ木材ですが、技術的に扱うのが難しく、積極的に実用化しているメーカーが少ない材質です。 これにより、特に木製楽器を中心としたアコースティック楽器の再現性に優れているのが魅力です。 振動板以外にも木を多く使い、見た目にも柔らかくナチュラルな雰囲気が漂います。 コンセプト別のシーリーズ内に含まれる形で多くのモデルがあるため、予算や音の方向性で選ぶことが可能です。 本物を目指したハイクラスモデル「CLASS-Sシリーズ」 By: 「こだわりの高音質と上質なサウンドライフを提案」というコンセプトのもとで開発された「CLASS-Sシリーズ」は、JVCのヘッドホン、イヤホンのハイエンドシリーズです。 伝統の「JVCサウンド」を背景にした高音質を備えるのはもちろん、現代の機器に求められるハイレゾ対応やデザイン、装着感もしっかり追求しています。 なお、同シリーズにはさらに細分化された複数のシリーズがあり、それぞれがJVCの伝統を色濃く反映しているのも特徴です。 特にJVCの看板と言える「WOODシリーズ」を多くラインナップしているほか、JVCを象徴する技術のひとつである「K2テクノロジー」を搭載したイヤホンも用意。 艶のある美しい音を堪能できます。 ハイレゾ対応といったハイスペックと高音質を備えながらも、屋外使用でも映えるファッショナブルで個性的なデザインにもこだわっています。 「WOODシリーズ」や「K2テクノロジー」搭載機などを含み、内容面もハイレベル。 それでいて、「CLASS-Sシリーズ」よりも手頃な価格で、より幅広いユーザーにJVCの高音質を楽しんでもらいたいという思いが込められたシリーズです。 ラップやヒップホップなどのストリート系ミュージック用に最適なイヤホン・ヘッドホンとしてアメリカで人気になり、その後日本に導入。 衝撃に強く、耐久性に優れた設計を採用しているので、ヘビーユーザーにもおすすめです。 ランナー向けの防水スポーツモデル「AEシリーズ」 By: スポーツ向けイヤホンのなかでも特にランニング時の使いやすさにこだわったシリーズ。 走りに専念できるよう装着性にこだわり、汗や雨で濡れても安定した使用感を維持できるのが特徴です。 フルマラソンを目指すランナー向けとアピールしているだけあって、高いクオリティを誇るのもポイント。 JVC初の完全ワイヤレスイヤホンもあり、ぜひチェックしておきたいシリーズです。 JVCのイヤホンおすすめモデル JVCケンウッド JVC Bluetooth対応ワイヤレスイヤホン HA-FX27BT 「高磁力ネオジウムマグネット採用ドライバーユニット」により、低域から高域までバランスよくクリアなサウンドを体感できるハイコスパなBluetoothイヤホンです。 ボリューム操作できる「3ボタン簡単リモコン」を搭載。 マイク内蔵で、スマホでのハンズフリー通話も可能です。 雨や水しぶきをカバーできる防滴仕様なのもポイント。 約11gと軽量かつ小型なので、初めてワイヤレスイヤホンを使いたいという方にもおすすめです。 JVCケンウッド JVC ワイヤレスイヤホン WOODシリーズ HA-FW02BT JVCの「WOODシリーズ」に独自の高音質化技術を搭載したBluetooth対応ワイヤレスイヤホン。 JVCらしさと利便性を備えた注目モデルです。 木製振動板を採用しており、繊細でダイナミックかつナチュラルという「WOODシリーズ」共通の特徴を持っています。 スマホや各種音声アシスタント機能対応のリモコンとマイクも搭載。 幅広い用途に柔軟に対応できる高品位なイヤホンとしておすすめです。 JVCケンウッド JVC K2テクノロジー搭載ワイヤレスイヤホン XXシリーズ HA-FX99XBT 「XXシリーズ」の重低音サウンドと高解像度サウンドの両立を図ったBluetoothワイヤレスイヤホン。 ハウジング内部にダクトをトルネード状に配置した「XTREME TORNADO DUCT(エクストリームトルネードダクト)」で充実した重低音を発するのが特徴です。 「高磁力ネオジウムドライバーユニット」により細かい音もしっかりカバーします。 低音の強い「XXシリーズ」のイメージを払拭するほどの高精細なワイドレンジに対応できるおすすめの製品です。 JVCケンウッド JVC ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン HA-S78BN Bluetoothワイヤレス接続に加え、ノイズキャンセリング機能を搭載しながらもリーズナブルな価格で購入できるおすすめのヘッドホンです。 高磁力ネオジウムマグネットを採用したドライバーを搭載しており、サウンドはパワフル。 「ノーマル」に加え、迫力のある低音再生の「バスブースト」、ボーカルを際立たせる「クリア」の3つのサウンドモードを備えているのもポイントです。 各種音楽操作やハンズフリー通話に加え、スマホの音声アシスタント機能にも対応する「簡単リモコン&マイク」を搭載しています。 折り畳み可能な本体は165gと軽量。 ソフト素材のイヤーパッドとヘッドバンドで付け心地も快適です。 JVCケンウッド JVC ハイレゾ対応密閉型ヘッドホン CLASS-S WOODシリーズ HA-SW01 「CLASS-Sシリーズ」のハイエンドモデルにして木製振動板を使用した「WOODシリーズ」の上級ヘッドホンです。 ハイレゾ音源に対応した「大口径ウッドドームユニット」を開発し、加えてウッドバッフルや響棒、整振ウッドプラグなど木製パーツをふんだんに使用。 素材ならではの上質で自然な響きに加え、豊かな臨場感を味わえます。 さらに、大口径用に開発した「ハイエナジー磁気回路」を搭載。 振動板を信号に忠実かつ強力に駆動。 原音の再現性の高さも備えます。 リアルさと美しい音を高次元でバランスよく融合したサウンドで、多くの音楽愛好家におすすめできる逸品です。 JVCケンウッド JVC ハイレゾ対応密閉型ヘッドホン CLASS-S SIGNA HA-SS02 高音質の「CLASS-Sシリーズ」のヘッドホン。 220gの軽量設計と折り畳み機構により、持ち運びが容易なモデルです。 軽量で高強度な「PEN素材振動板」やハイレゾ対応ドライバーユニットの表現力を引き出す「グラスファイバー配合高強度ポリアミド樹脂」など、コンパクトさを優先しながらも高音質化に着手。 騒々しい場所でも聴き取りやすく、存在感の高いサウンドを体感できるのも特徴です。 ハウジングカバーの塗装はハンマートーン仕上げで上質な雰囲気が漂います。 ソフトPUレザーを採用したイヤーパッドが快適な装着感を叶える使い勝手のよいヘッドホンです。

次の

ワイヤレスステレオヘッドセット HA

ワイヤレス イヤホン jvc

【特長】• 空気抵抗や風切り音を低減する「Aero Slim Design」採用のスポーツ向け完全ワイヤレスイヤホン。 耳からの飛び出しを抑えたスリムなコンパクト設計。 周囲の音が聞こえやすい低遮音イヤーピースが付属。 フィードバック音付きタッチコントロールを搭載。 「Qualcomm TrueWireless Stereo Plus」に対応し、安定したワイヤレス接続を実現している。 お気に入り登録 115• キムラヤ (全31店舗) -位 197位 4. 6月上旬より発売する。 着脱式のイヤーフックを採用し、スポーツ時もしっかりと装着できる完全ワイヤレスイヤホン。 普段使いの時は、イヤーフックを外して装着す... 6月上旬より発売する。 いずれも、スリ... 2020年1月23日 13:07 JVCケンウッドは、「JVC」ブランドより、ワイヤレスイヤホンの新製品として「HA-FX28W」を発表。 2月上旬より発売する。 ケーブル一体型を採用したBluetooth対応のワイヤレスイヤホン。 やわらかなシリコンボディに空気(エア)を閉じ込めた「エアクッション」を採... オーディオテクニカ audio-technica (184)• エレコム ELECOM (132)• AKG アーカーゲー (66)• オーム電機 OHM ELECTRIC (47)• ELPA エルパ (40)• ORB オーブ (37)• S'NEXT エスネクスト (33)• ULTRASONE ウルトラゾーン (28)• AUDEZ'E オーデジー (24)• アルペックス ALPEX (24)• Westone ウエストン (23)• オウルテック Owltech (22)• Audiofly オーディオフライ (19)• 音茶楽 オチャラク (18)• ADV. エーディーブイ (17)• エム・ティ・アイ mti (16)• アクセス AXES (16)• Urbanista (16)• Etymotic Research エティモティックリサーチ (15)• MSソリューションズ (14)• onanoff オナノフ (13)• ANKER アンカー (13)• Astrotec アストロテック (13)• AZLA アズラ (11)• RHA (10)• AROMA (9)• エアージェイ air-J (9)• ONKYO オンキヨー (9)• LZ Hi-Fi Audio 老忠 (7)• オーツェイド O2aid (7)• HEIR Audio エアオーディオ (7)• Ultimate Ears アルティメイトイヤーズ (7)• VERTEX ヴァーテックス (6)• AIR by MPOW エアー・バイ・エムパウ (5)• FAudio エフオーディオ (5)• Vsonic ヴィソニック (5)• iSOUND アイサウンド (5)• OSTRY (5)• SMS AUDIO (5)• インプリンク IMPRINC (5)• Apple アップル (5)• Ausounds (4)• Ar:tio アルティオ (4)• AfterShokz アフターショックス (4)• UPQ アップ・キュー (4)• EARSONICS イヤーソニックス (4)• URBANEARS アーバンイヤーズ (4)• エムエスシー MediaSell (4)• iFrogz アイフロッグ (4)• Atomic Floyd アトミックフロイド (4)• AREA エアリア (4)• SVN Sound (3)• NF AUDIO エヌエフオーディオ (3)• LB-Acoustics (3)• ikko Audio アイコーオーディオ (3)• ACS (3)• Even イーヴン (3)• EARIN イヤリン (3)• iSK アイエスケー (3)• OUTDOOR TECH アウトドアテック (3)• Acoustune アコースチューン (3)• AIAIAI アイアイアイ (3)• OPPO (3)• アクラス A'class (3)• iBasso Audio アイバッソオーディオ (3)• オルトフォン ortofon (3)• オズマ OSMA (3)• AUGLAMOUR オーグラマー (2)• Whizzer ウィーザー (2)• ambie アンビー (2)• YEVO Labs (2)• Yell Acoustic エールアコースティック (2)• EOZ Audio (2)• エクセルサウンド EXCEL SOUND (2)• アベル avail (2)• Mpow Japan エムパウ ジャパン (1)• Embrace Audio Lab (1)• VIE STYLE ヴィー・スタイル (1)• ERATO エラート (1)• AUKEY オーキー (1)• 荒井貿易 (1)• Orange Rouge オランジュ・ルージュ (1)• Acoustic Research アコースティックリサーチ (1)• Aedle エイデル (1)• ADAM Audio アダムオーディオ (1)• エレス ELAiCE (1)• AZDEN アツデン (1)• アンサー Answer (1)• AudioQuest オーディオクエスト (1)• AURA オーラ (1)• M-AUDIO エムオーディオ (1)• HP ヒューレット・パッカード (1)• アルパイン ALPINE (1)• グルマンディーズ gourmandise (35)• GRADO グラド (25)• クリプシュ Klipsch (20)• KOSS コス (18)• QCY (15)• カナルワークス canal works (12)• qdc (12)• CREATIVE クリエイティブ (12)• Campfire Audio キャンプファイヤーオーディオ (9)• カシムラ kashimura (9)• クオリティトラストジャパン QUALITY TRUST JAPAN (6)• KOJO TECHNOLOGY 光城精工 (5)• KEF (5)• COWON コウォン (4)• King Sound キングサウンド (3)• CARDAS AUDIO カルダスオーディオ (3)• グッドスマイルカンパニー GOOD SMILE COMPANY (3)• Carot One キャロットワン (3)• CTM Clear Tune Monitors (2)• crazybaby (2)• CROSSZONE クロスゾーン (2)• KRK SYSTEMS ケーアールケーシステムズ (2)• QoA Queen of Audio (1)• キョーリツコーポレーション KYORITSU CORPORATION (1)• カイン Cayin (1)• Cambridge Audio ケンブリッジオーディオ (1)• QUAD クオード (1)• Goldendance ゴールデンダンス (1)• キングストン Kingston (1)• JVC (131)• SONY ソニー (124)• ゼンハイザー SENNHEISER (84)• SHURE シュア (43)• SKULLCANDY スカルキャンディー (42)• JBL (32)• Jabra ジャブラ (24)• SOL REPUBLIC ソルリパブリック (21)• ZERO AUDIO ゼロオーディオ (18)• サンワサプライ SANWA SUPPLY (15)• Sudio スーディオ (14)• SOUL (14)• STAX スタックス (11)• サイラス (9)• JAPANイヤホン製造 (9)• JayBird ジェイバード (9)• JAM Audio ジャムオーディオ (8)• スリーイーホールディングス 3E Holdings (8)• サトレックス SATOLEX (8)• 茶楽音人 Surround (7)• JESTTAX ジェスタックス (7)• ZMF headphones (5)• Shanling シャンリン (5)• The Coop Idea (5)• JH Audio (5)• SoundMAGIC サウンドマジック (5)• JLAB ジェイラブ (5)• JAYS ジャイズ (5)• 64 AUDIO (4)• 須山歯研 (4)• 城下工業 SHIROSHITA INDUSTRIAL (4)• サイバーガジェット CYBER Gadget (4)• Stealth Sonics ステルスソニックス (3)• ZOMO ゾモ (3)• サーモス THERMOS (3)• サムスン SAMSUNG (3)• Superlux (2)• GERMAN MAESTRO ジャーマンマエストロ (2)• CAD シー・エー・ディー (2)• Shenzhen Lutu Technology (1)• Studio Banana (1)• ShenZhen Yuanze Electronics (1)• 七福神商事 TSH corporation (1)• Sonoma Acoustics ソノマ・アコースティックス (1)• j-phonic ジェイフォニック (1)• ステイヤー STAYER (1)• シャープ SHARP (1)• TFZ The Fragrant Zither (19)• DUNU-TOPSOUND (19)• DENON デノン (19)• 多摩電子工業 TDX (15)• たのしいかいしゃ (14)• TaoTronics タオトロニクス (9)• Dearear (6)• DITA ディータ (5)• Direct Sound ダイレクトサウンド (3)• TTPOD (3)• ティ・アール・エイ (3)• DynamicMotion ダイナミックモーション (3)• Tipsy (2)• defunc デファンク (2)• デレクトビュー derctvue (2)• TOKUMI トクミ (2)• TASCAM タスカム (2)• チューンウェア TUNEWEAR (2)• DALI ダリ (2)• TDK (2)• TOPlay (1)• TANCHJIM タンジジム (1)• Tivoli Audio チボリオーディオ (1)• TOA トーア (1)• DENNO デンノー (1)• タンノイ TANNOY (1)• ナガオカ NAGAOKA (27)• Noble Audio (15)• Nuforce ニューフォース (15)• Nowall ノーウォール (5)• ネイン NAIN (3)• Neu (3)• ネクストゲーション Nextgation (2)• nura (1)• Nuheara ニューヒエラ (1)• 日本コンピュータ・ダイナミクス NCD (1)• Neumann ノイマン (1)• ninewave ナインウェーブ (1)• numark ヌマーク (1)• パナソニック Panasonic (58)• パイオニア Pioneer (49)• beyerdynamic ベイヤーダイナミック (38)• PGA PERFECT GEAR AGENCY (35)• フィリップス PHILIPS (27)• The House of Marley (25)• ビーツ・エレクトロニクス Beats by Dr. Dre (23)• HiFiMAN ハイファイマン (23)• v-moda ブイモーダ (17)• FENDER フェンダー (17)• Bose ボーズ (15)• FOSTEX フォステクス (14)• フォーカル FOCAL (13)• Fischer Audio フィッシャーオーディオ (12)• Plantronics プラントロニクス (12)• プレシードジャパン (11)• happy plugs ハッピープラグス (11)• Blue Ever Blue BEB (11)• BRAINWAVZ ブレインウェイブズ (8)• BEHRINGER ベリンガー (8)• Fischer Amps (7)• BoCo ボコ (6)• Padmate パッドメイト (5)• 藤本電業 FSC (5)• HI-DISC ハイディスク (5)• FIIL フィール (4)• Polk Audio ポーク (4)• FIDUE (4)• FiiO フィーオ (4)• Periodic Audio ペリオディックオーディオ (3)• Paiaudio パイオーディオ (3)• Blue Microphones ブルーマイクロフォン (3)• HUAWEI ファーウェイ (3)• VOX ヴォックス (3)• Hamee ハミィ (2)• FreeTek International (2)• PRYMA プリマ (2)• fFLAT5 (2)• Hidizs ヒディス (2)• PHONON フォノン (2)• FURUTECH フルテック (2)• BELKIN ベルキン (2)• HEDD Heinz Electrodynamic Designs (1)• BICBOZ ビックボズ (1)• HOOKE AUDIO フックオーディオ (1)• HiBy Music (1)• FUGU INNOVATIONS フーグイノベーションズ (1)• FUTURE ACCESS TECHNOLOGY (1)• BRAGI ブラギ (1)• VAVA ババ (1)• ピーナッツ・クラブ Peanuts club (1)• Parrot (1)• PreSonus プレソナス (1)• Phil Jones (1)• PHIATON フィアトン (1)• BLUEDOT ブルードット (1)• プリンストン Princeton (1)• バッファロー BUFFALO (1)• マクセル maxell (30)• MEE audio ミーオーディオ (27)• MONSTER CABLE モンスター ケーブル (21)• MrSpeakers ミスタースピーカーズ (19)• Marshall マーシャル (14)• 水月雨 MoonDrop (8)• Meze Audio メゼオーディオ (8)• MACKIE マッキー (7)• moshiaudio モシオーディオ (6)• MacaW マカウ (4)• Mitchell and Johnson ミッチェル アンド ジョンソン (4)• Mavin (2)• MAROO AUDIO マルー・オーディオ (2)• マクロス macros (2)• ミヨシ MCO (2)• マランツ marantz (2)• メイ (1)• Mobvoi モブボイ (1)• MEES (1)• Meters Music (1)• moxpad モックスパッド (1)• MCINTOSH マッキントッシュ (1)• ヤマハ YAMAHA (35)• ヤザワコーポレーション YAZAWA corporation (20)• Unique Melody (11)• yurbuds ヤーバッズ (4)• UCOTECH ユコテック (2)• Yutai Electronics (1)• radius ラディウス (54)• LEAR リア (11)• ロア・インターナショナル (7)• ローランド Roland (7)• ラスタバナナ RASTABANANA (6)• Razer レイザー (6)• Rhapsodio ラプソディオ (4)• Lenovo レノボ (4)• LANDPORT ランドポート (3)• ライソン LITHON (2)• Rose ローズ (2)• LIBRATONE リブラトーン (2)• LYPERTEK (1)• RATOC ラトックシステム (1)• 1MORE ワンモア (19)• ONEvido (1)• タイプ• 装着方式• 駆動方式• プラグ形状• インピーダンス• 音圧感度• 〜95db未満 (1)• 95db〜100db未満 (4)• 100db〜105db未満 (43)• 105db〜110db未満 (18)• 110db〜115db未満 (1)• 〜 db未満• 周波数 低音域• 5Hz〜10Hz未満 (49)• 10Hz〜15Hz未満 (21)• 15Hz〜20Hz未満 (3)• 20Hz〜25Hz未満 (37)• 30Hz〜 (1)• 〜 Hz未満• 周波数 高音域• 20kHz〜25kHz未満 (70)• 25kHz〜30kHz未満 (18)• 40kHz〜45kHz未満 (9)• 45kHz〜 (14)• 〜 kHz未満• kHz• ドライバサイズ 2. 4GHz帯無線 2. 4GHzの無線帯を利用して通信する方式。 送信機とセットになっており、プレーヤーと送信機を接続する必要があります。 電波は約30mの距離まで届き、障害物に強く、音質も比較的クリアだといわれています。 赤外線 赤外線を利用して音を送信し、音楽をワイヤレスで楽しむことができます。 Wi-Fiなどの電波と干渉しにくいというメリットがあります。 テレビの音声をワイヤレスで楽しむことが想定された製品が中心です。 Bluetooth 機器間を容易にワイヤレス接続できるBluetooth。 近年のスマートフォンやポータブルオーディオプレーヤーはほぼ標準で搭載しており、対応イヤホン・ヘッドホンを選べば簡単にワイヤレス環境を実現できます。 SBC Bluetoothでのオーディオデータ伝送における必須コーデックであり、多くの機器で対応しています。 ただ、音質は他のコーデックに劣ります。 AAC iTunesやデジタル放送などで使用されているものと同じコーデック。 元の音楽ファイルがAACで圧縮されていれば再圧縮されずに伝送されます。 iPhoneなどで採用されています。 aptX SBCよりも圧縮率が低く、広い音域の音をしっかりと再現できます。 Android OSのスマートフォンで採用されています。 LDAC ソニーが開発した新しいコーデック。

次の

「これだけ高音質なのに6,000円で本当にいいの? 」

ワイヤレス イヤホン jvc

参入メーカーが相次いだこともあって、ここ1~2年の間に性能もデザイン性もグッと向上し、新しいもの好きなユーザーだけでなく一般ユーザーにとっても身近な存在になりつつある。 とはいえ「欲しいけど、本当に実用になるの? 」など、漠然とした懸念を抱いて買い控えている人も少なくないはず。 そこで今回、マイナビニュース会員1,000人を対象に、ワイヤレスイヤホン全般に関するアンケートを実施。 そのニーズや懸念、利用実態などを調査し、理想的な完全ワイヤレスイヤホンを考察してみた。 7%の人が「持っている」と回答。 そのうち、スマホなどのデバイスとワイヤレスで接続できるイヤホンを使用している人は約4割となった。 「あなたはイヤホンを持っていますか? 」 回答数1,000人 、「現在ワイヤレスイヤホンを使用していますか? 」 回答数857人 そして残りの6割の人に、ワイヤレスイヤホンへの買い替えを検討しているかを尋ねてみたところ、7割以上の人が「検討している」と回答。 「ワイヤレスイヤホンの購入を検討している、または検討したことはありますか? 」 回答数518人 ワイヤレスイヤホンへの注目が高いことが伺えるが、一概にワイヤレスイヤホンといっても、左右のイヤホンがコードでつながったタイプやネックバンドタイプなどさまざまな種類がある。 「現在使用しているワイヤレスイヤホンは、どのタイプですか? 」 回答数339人• 「どのタイプのワイヤレスイヤホンを検討していますか? 」 回答数377人 その理由に「見た目がかっこいい」や「ケーブルが邪魔にならない」など、デザイン性や使い勝手のよさを挙げる人が多かった。 とくにケーブルが絡まったり、ひっかけたりしたときの煩わしさはほとんどの人が体験しており、それが完全ワイヤレスイヤホンの人気につながっているようだ。 価格や音質などに懸念を抱く人も 使い勝手のよさを魅力に感じる人が多い完全ワイヤレスイヤホンだが、一方で性能面などに懸念を抱く人も少なくない。 まだ完全ワイヤレスイヤホンを購入していない人に、その理由を聞いたところ、「価格が高い」や「落としそう」、「音切れが心配」、「音質が不安」などを挙げる人が多数いた。 これらの要素は、製品選びにも大きく影響してくると考えられる。 そこで、「ワイヤレスイヤホンを購入する際に意識すること」を聞いたところ、「音質」や「価格」と回答した人がそれぞれ半数以上。 同様に、現在ワイヤレスイヤホンを使用している人に「購入した際に意識したこと」を質問したところ、「価格」、「音質」の順になった。 「ワイヤレスイヤホンを購入するなら、どんな点を意識して選びますか」 回答数377人• 「現在のイヤホンはどんなことを意識して選びましたか」 回答数339人 つまり、購入に際しては「音質がよくて価格も手ごろ」という「コスパのよさ」が決め手になると言える。 そこで、ワイヤレスイヤホンの購買意欲を促す金額についても調査してみると、購入検討組も、すでに購入している人も、3,000~7,000円の価格帯がもっとも多い結果に。 「欲しいイヤホンを見つけた場合、いくらまでなら購入を検討しますか? 」 回答数377人 、「現在使用しているイヤホンの金額を教えてください」 回答数339人 1万円を超えると購入を検討するという人の割合がグッと減ってしまうため、「音質がよければ高くても購入したい」と思える限度は1万円前後にあるといえそうだ。 アンケート調査から、完全ワイヤレスイヤホンの注目度は思った以上に高く、購入を検討している人が多いこともわかった。 そして実際に購入に踏み切るかどうかは「音質」と「価格」が決め手になることも見えてきた。 この結果を踏まえて、現在販売されている完全ワイヤレスイヤホンの中からベストな製品を探してたどり着いたのが、音質の良さで人気のオーディオブランド・JVCから発売されている「HA-A10T」だ。 6,000円前後というリーズナブルな価格もさることながら、高価格帯の製品と比べても引けを取らないサウンドクオリティが大きな魅力になっている。 ここからは、そんな高コスパなの特徴や魅力を紹介していこう。 JVCの完全ワイヤレスイヤホン「HA-A10T」 国産メーカー最安クラスながら機能は十分 JVCのは、実売6,000円前後という国産メーカーとしては最安クラスの完全ワイヤレスイヤホンだ。 価格的にはエントリー向けだが、つくりは非常に丁寧で、機能も充実している。 そして、何より音が想像以上によい。 通常、完全ワイヤレスイヤホンは、イヤホン本体と充電ケースがセットになっている。 本製品の場合もそれは同じで、指輪を入れるリングケースのような洗練されたデザインの充電ケースが付属する。 カラーはイヤホン本体と同色で、「インディゴブルー」、「ブラック」、「ミスティグレイ」、「ダスティピンク」の4色が用意されている。 いずれもスモーキーな色合いとマットで上品な質感が特徴だ。 JVCの完全ワイヤレスイヤホン「HA-A10T」。 「インディゴブルー」、「ブラック」、「ミスティグレイ」、「ダスティピンク」の4色が用意されている。 インディゴブルー• ブラック• ミスティグレイ• ダスティピンク ケースの質量は約42gと小型軽量で持ち歩きやすい。 イヤホンは左右とも約5. 2gと軽く、長時間耳に着けていても苦にならないほど。 バッテリーの持ちは、イヤホン単体で約4時間、充電ケースと合わせて14時間となっている。 クイック充電にも対応しているため、イヤホンの電池が切れてもケースに収納して15分充電すれば約1時間の連続再生が可能になる。 前述のアンケートでは1日に平均どのくらいの時間イヤホンを使用するかも聞いてみたが、1時間未満が約7割だった。 普段使いには十分すぎるバッテリー性能と言えるだろう。 「一日に平均どのくらいの時間イヤホンを使用しますか? 」 回答数377人 ちなみにイヤホン本体はIPX5相当の防水性能も備えており、雨天時やスポーツ時など水濡れが心配なシーンでも安心して使用可能。 完全ワイヤレスイヤホンの場合、防滴性能も搭載していないという製品も多いので、この価格で防水性能を実現しているのは高く評価できるポイントだ。 イヤーピースはS、M、Lの3サイズがあらかじめ同梱されている。 別売になるがJVCの汎用イヤーピース「EP-FX2」に対応しているので、Sサイズでも大きい場合は同製品のXSサイズを使用するという手もあるだろう。 この辺りのオプション品の入手しやすさはイヤホンブランドとして実績のあるJVCならではと言える。 充電ケースもイヤホン本体もコンパクト• イヤーピースはS、M、Lの3サイズが付属する 快適な装着感と操作性 は一般的なカナル型イヤホンと同様に、イヤーピース部を耳に押し込むようにして装着する。 その際、耳珠および対珠と呼ばれる耳の上下の軟骨部分に合わせてひねりながら装着すると固定しやすいようだ。 本体が軽いこともあってか、一度装着すると歩いたり走ったりしてもズレたり緩んで落ちたりすることはなく、長時間でも快適に使用できた。 ハウジング部には丸いボタンが装備されており、それを押すことでさまざまな操作が可能。 左右どちらのボタンを何回押すかで、ボリューム調節や再生、一時停止、曲送り、曲戻しなどの機能を使い分けることができる スマホ端末によってはSiriなどの音声認識機能の起動も可能。 完全ワイヤレスイヤホンによっては本体でのボリューム調節ができずスマホ側の操作が必要になる製品もあるが、やはりイヤホン側で操作できた方が直感的だし何かと便利だ。 ちなみに、ペアリングが済んでいる場合は、充電ケースから取り出すだけで自動的に電源が入りスマホとワイヤレス接続し、ケースにしまえば電源が切れるようになっている。 そうしたユーザー視点の使い勝手のよさも、本製品の魅力のひとつである。 「HA-A10T」を装着したところ• ハウジング部には丸いボタンが搭載されており、押すことでさまざまな操作が行える 低域から高域までバランスがよく耳に心地よいサウンド 気になる音質についてはどうだろうか? 今回はiPhoneとペアリングし、iOS標準の「音楽」アプリで使用してみたが、聴き疲れのない心地よいサウンドというのが第一印象だ。 ネオジウムマグネットを採用したダイナミック型ドライバーユニットを搭載しているだけあって、ベースやドラムの低音はキレがあって迫力があるし、透き通るようなクリアな高音も繊細に再現されている。 そしてボーカルも輪郭がしっかり引き立っており、低い地声からエモーショナルなファルセットまで楽器の音に埋もれずとても聴きやすい。 ポップスやロックなどを楽しむには絶妙なバランスのチューニングだと感じた。 いずれにしても6,000円のイヤホンとはとても思えないクオリティの高さで、何時間でも聴き続けていられる。 このほか、遮音性が高く没入感が得られるのも本製品の特徴。 接続性もよく、今回試した限りでは電車内でも電波干渉でBluetooth接続が切れて音が飛ぶことはほとんどなかった。 交差点のように他の完全ワイヤレスイヤホンでも途切れやすい場所を除けば、比較的安定して音楽を楽しめそうだ。 音質だけでなく、スマホとの安定した接続も評価できるポイント 高音質と低価格を両立した「HA-A10T」 完全ワイヤレスイヤホンは国内外のメーカーからさまざまな製品が発売されているが、音質や付加機能を重視したハイエンドモデルと、機能を省いた低価格モデルに二極化が進んでいる。 そのなかで、高音質と低価格を両立したは、高コスパの製品を求めるすべての人におすすめできる完全ワイヤレスイヤホンと言えるだろう。 イヤホンの買い替えを考えている人は、ぜひ検討してみてほしい。 高音質と低価格を両立し、コスパのよさが際立つ「HA-A10T」• 調査日:2020年1月28日~1月30日 調査対象:マイナビニュース会員 20~30代の方限定 調査数:1,000人 調査方法:インターネットログイン式アンケート [PR]提供: 株式会社JVCケンウッド.

次の