三菱 電機。 【独自】三菱電機にサイバー攻撃 防衛などの情報流出か:朝日新聞デジタル

三菱電機、名古屋製作所でローカル5Gの実証実験

三菱 電機

AR/VRを活用した作業の効率化なども検討 三菱電機は2020年5月18日、ローカル5G(第5世代移動通信)システムと自社のFA製品を用いた実証実験を名古屋製作所(愛知県名古屋市)内で始めたと発表した。 同社は、通信システムに関するこれまでの研究成果や5G関連の基礎技術を活用し、ローカル5Gシステムと自社製品を組み合わせたソリューションの開発に取り組んでいる。 今回、総務省から5Gシステムの実験試験局免許を取得できたため、ローカル5Gの実証実験を始めることにした。 実証実験で用いる周波数帯は、28. 2G〜28. 3GHz。 ローカル5G基地局を介して、シーケンサーやエッジコンピュータなどFA製品同士を5G通信によって接続、5G通信の性能などについて技術的な検証を行う予定である。 また、遠隔での運用保守作業支援やAR/VRを活用した作業効率化など、ローカル5Gを活用した事例の検討も予定している。 関連記事• 三菱電機は、厚みが3cm以下という薄型で、Ka帯に対応する航空機用電子走査アレイアンテナ(AESA)技術を、情報通信研究機構(NICT)と共同で開発した。 三菱電機は2020年1月28日、エッジで動作可能かつ曖昧な命令でも不足情報を自動補完して理解するAI技術を開発した、と発表した。 同社のAI(人工知能)技術「Maisart(マイサート)」を活用したもの。 家電や車載情報機器のHMI(Human Machine Interface)制御技術として、2022年以降の商用化を目指す。 人口増加や経済成長、テクノロジーの発展に伴って世界のエネルギー消費量が増加を続けるなか、省エネ化/低炭素社会のキーデバイスとなるパワー半導体に注目が集まっている。 今回、IGBTをはじめとするパワー半導体の主要メーカー、三菱電機の執行役員、半導体・デバイス第一事業部長、山崎大樹氏に話を聞いた。 三菱電機は、プリント基板に実装可能な「金属腐食センサー」を開発した。 複数の金属腐食センサーを組みわせて用いると、産業用機器内の金属部品が大気中の硫黄化合物などで腐食していく状況を、段階的に検知することができる。 三菱電機は2019年9月30日、パワー半導体素子として、独自の電界緩和構造を採用したトレンチ型SiC-MOSFETを開発したと発表した。 耐圧1500V以上を確保しつつ、素子抵抗率において、従来のプレーナー型SiC-MOSFETに比べて約50%減となる1cm2当たり1.

次の

三菱電機

三菱 電機

「ClariSense」のロゴ 出典:三菱電機 「ClariSense」は、総合電機メーカーとして三菱電機が持つさまざまな機器の知見や、AI技術やセキュリティ技術などを活用し、三菱電機の全社横断で一元的に整備したIoT基盤である。 「ClariSense」という名前は「機器からセンシング(Sense)した情報に潜む本質(Essence)を見抜き(Clarify)、課題を解決する」ことを意味する造語である。 IoTシステム統一設計ガイドラインやソリューションライブラリなども一元的に整備し、同社のさまざまな事業によって得られるデータを横断的に活用し新たな価値創出につなげる他、迅速なIoTシステムやソリューションの開発を可能とする。 また、IoT システムの構成とインタフェースのみを定義することで、実装形態に自由度を持たせ、機器やシステムの特性に応じたIoTシステムを開発可能とする。 また標準API(Application Programming Interface)や通信プロトコルを採用することで、「ClariSense」で開発したIoTシステムとグループ内外のシステムとの連携を容易に行える仕組みとしている。 そのため、システム連携により、顧客との連携や事業分野をまたがる統合ソリューションを実現可能とする。 関連記事• 三菱電機は2019年5月20日、2019年度(2020年3月期)の経営戦略および2020年度(2021年3月期)以降の方向性について発表。 自動車の電動化、スマートファクトリー化などを切り口に2020年度の売上高5兆円、営業利益率8%の中期目標達成を目指す他、新たに新規事業の受け皿になる横断組織を設立する計画を紹介した。 製造業のデジタル変革は加速する一方で2020年もさらに拍車が掛かることが予想される。 その中で立ち遅れが目立っていたデジタル化による「モノからコトへ」の新たなサービスビジネス創出がいよいよ形になってきそうだ。 ポイントは「専門の新会社設立」だ。 製造業のデジタル変革への動きは2018年も大きく進展した。 しかし、それらは主に工場領域での動きが中心だった。 ただ、工場だけで考えていては、デジタル化の価値は限定的なものにとどまる。 2019年は製造業のデジタルサービス展開がいよいよ本格化する。 経済産業省は2017年3月に発表した日本版の第4次産業革命のコンセプトである「Connected Industries」を進化させる。 より具体的な取り組みを盛り込んだ「Connected Industries 東京イニシアティブ 2017」を新たに発表した。 本稿では2回に分けてその内容をお伝えする。 製造業のIoT活用はスマート工場実現に向けた取り組みが活発化している。 多くの企業が「見える化」には取り組むが、その先に進むために必要なIoT基盤などではさまざまなサービスが乱立しており、迷うケースも多い。 ただ、これらのプラットフォームは今後、連携が進む見込みだ。 IoT関連のサービス構築やコンサルティングなどで大きな存在感を発揮しているウフル。 そのウフルで専務執行役員を務める八子知礼氏は、IoT関連の識者として知られ、国内企業のIoT活用について提言してきた。 そこで八子氏に、国内における製造業のIoT活用の状況や、今後取り組むべき方策について聞いた。 関連リンク•

次の

不祥事やトラブルが相次いだ三菱電機 失敗を上司に相談できない企業風土?

三菱 電機

複数の関係者や社内調査によると、少なくとも国内外の120台超のパソコンや、40台超のサーバーに不正に侵入された形跡が見つかった。 不正アクセスの被害は全社的な規模に及ぶ。 自社の情報に加え、防衛省、環境省、内閣府、原子力規制委員会、資源エネルギー庁など10を超える官公庁や政府機関、電力、通信、JR・私鉄、自動車の大手を中心に少なくとも数十社の国内外の民間企業に関する様々な情報が不正アクセスを受けた。 その一部が外部に流出した可能性がある。 取引先との共同開発や商談、製品の受注に関する情報や、社内の幹部が参加する会議の資料、研究所内で共有される情報などが含まれる。 防衛技術の性能や、重要な社会インフラに関する情報が流出した恐れもある。 昨年6月、国内の研究所のサーバーに不審なファイルが見つかり、これを機に全社的に社内調査を進めたところ、営業本部や電子システム事業本部など14ある本部・事業本部の大半や、本社の管理部門の一部で不正なアクセスが確認された。 不正アクセスは中国にある関係会社から始まり、日本国内の拠点に広がった。 乗っ取ったアカウントを使って社内ネットワークに侵入し、機密情報に触れる権限が広い中間管理職層のパソコンをターゲットに不正アクセスが続いた。 情報は送信用の端末に集約され、数回に分けて送信されたとみており、外部に流出した可能性が高い。

次の