コロナ ウイルス 渡航 制限。 ハワイの新型コロナウイルス最新情報【感染状況・フライト・入国規制】

カナダ政府の新型コロナウイルス対策は日本とどう違う?入国制限や緊急経済対策などについて

コロナ ウイルス 渡航 制限

先週発表された外務省の海外安全ホームページにて、日本からの渡航者に対する各国の入国制限措置又は、入国後の行動制限についての情報の中でカナダが入国後に行動制限措置がとられている国・地域 の中に含まれ、一部報道機関でもニュースとして発表されました。 実は、これは誤解を招く情報として配信されてしまい、これからカナダへ渡航される予定だった方は、大変ご心配されたかと思います。 カナダへの入国制限に関しましては、 現時点では、カナダ政府は日本からの渡航者に対して入国制限措置を課してはいません。 ブリティッシュコロンビア州のみならず、他州も含めてカナダ全土で同様です。 在カナダ・バンクーバー、カルガリーの各総領事館のホームページでは、カナダ政府がカナダ国民へ対して、CCOVID-19(新型コロナウイルス)にかかる注意喚起としての情報を以下のように紹介しております。 1) カナダ政府は、海外からカナダへ戻った旅行者に対し、カナダに入国してから14日間に熱、咳や呼吸困難の症状が出ないかをモニターし、もし、そのような症状があれば他人との接触を避け、各州の健康保健機関に電話で連絡するようアドバイスしています。 2) 症状のない場合でも、旅行先でコロナウイルス患者と接触した場合は、カナダ入国時に入国管理官に申し出る必要があります。 3) 症状のない場合でも、2週間以内に中国湖北省を訪問した者は自主的に他者との接触を断つように勧告しています。 4) カナダ政府ウェブサイト上では、日本における健康関連の注意レベルは「レベル2(特別の警戒を行うこと)」となっています。 「レベル2」は、感染症の流行や、新しい疾患が発生した時などに発行されます。 カナダ政府や報道等の最新情報に常に注意することを推奨しています。 --- また、カナダ国営放送(CBC)のホームページでは、ジャスティン・トルードー首相が先週訪問したトロントのイベント会場で記者団に対し、感染が確認された各国の訪問者(旅行者)の入国拒否はしないと公式に述べました。 これから、カナダに旅行、留学、出張を予定している方には、まずは安心してお越し頂けるかと思います。 しかし、お客様の中には、 日本人ということで差別を受けないか? 日本へ帰国後、隔離されないか? 等、ご質問を受けます。 多文化主義政策を実行しているカナダでは、人種に対する差別は社会的には認められていませんし、昨今の報道では、中国や韓国からの渡航者に対して制限が始まりましたが、そもそも感染国ではないカナダから日本へ帰国された際には現在のところ、制限、隔離等、行われるのは非常に低いと考えられます。 ご家族やご友人がカナダ渡航に関して心配されるのは、充分理解出来ます。 しっかりと情報を収集して、カナダへの渡航をお決め頂ければ幸いです。

次の

新型コロナウイルスで海外旅行は中止?国内旅行は大丈夫?

コロナ ウイルス 渡航 制限

2020. 27 新型コロナウイルス 各国の入国制限に関する一覧(2020年6月26日09:00時点)• 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴い、現在様々な国で 入国時の検疫の強化 健康申告書等の提出、隔離措置 や 入国、ビザ発給の制限を行っています。 渡航先、経由先の国がビザ発給や入国の制限をしていないか必ずご確認ください。 各国の対応は流動的なため、予告なしに入国制限が実施されることも予想されますので、都度最新情報の確認に努めてください。 最新情報、情報の詳細は必ず各自でご確認ください。 日本にご帰国される方 日本にご帰国される方は,日本入国時にPCR検査、結果判明までの指定施設での待機、空港からの公共交通機関(国内航空便を含む)の不使用、指定場所(自宅又は自ら確保した宿泊施設等)での14日間の待機等の措置の対象になります。 「水際対策の抜本的強化に関するQ&A」 マスク等の着用義務 航空便を利用する際、空港内の待機場所や航空機内は密閉空間・密集場所・密接場面となりやすいため、 マスク等の着用を各国政府や航空会社により義務付けられていることがありますのでご注意ください。 マスク等がない場合、航空機の搭乗を拒否されたり、現地の法律で罰則を受けることがあります。 詳しくは各航空会社ホームページにて運航状況をご確認ください。 当Webサイトは、コンテンツの正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。 本ホームページ掲載情報の利用によって利用者に何らかの損害が発生したとしても、かかる損害については当社は一切その責任を負いません。 隔離期間は14日間又はマレーシア保健省が別途定めた期間です ・ 感染者(293) 死亡者(6) 【 検疫 】 ・ 【 入国制限 】 ・ ・ 【 ビザ 】 ・ ・ 感染者(2,277) 死亡者(8) ・ ・ ・ ・ ・ ・ 感染者(216) 死亡者(0) ・ ・ ・ 感染者(19) 死亡者(0) ・ ・ 国または地域 (確認された感染者数) 入国制限の詳細 感染者(29,157) 死亡者(598) ・ 貨物便を除く全ての国際線の乗り入れを停止(2020年4月4日~) 感染者(46,563) 死亡者(308) ・ ・ ・ 感染者(967) 死亡者(257) ・ 貨物等を除き、陸海空全ての出入国地点を閉鎖(2020年3月17日~) 感染者(22,400) 死亡者(309) ・ 全ての外国人は原則入国不可(2020年3月18日~) 感染者(39,139) 死亡者(1,437) ・ 感染者(215,096) 死亡者(10,130) ・ ・ 感染者(34,902) 死亡者(144) ・ ・ ・ ・ 感染者(91,838) 死亡者(106) ・ 感染者(42,788) 死亡者(339) ・ ・ ・ 感染者(170,639) 死亡者(1,428) ・ 感染者(219) 死亡者(7) ・ 日本を含む25か国から渡航する外国人は居住資格・ビザの有無にかかわらず入国不可 感染者(193,115) 死亡者(5,046) ・ 感染者(24,081) 死亡者(71) ・ ・ ・ 感染者(1,001) 死亡者(3) ・ ・ 感染者(1,042) 死亡者(9) ・ 感染者(1,603) 死亡者(32) ・ ・ ・ ・ 国または地域 (確認された感染者数) 入国制限の詳細 感染者(11,920) 死亡者(852) ・ 全ての航空便、船便を停止、全ての陸路国境を封鎖(2020年3月17日~) 感染者(186) 死亡者(10) ・ ・ 感染者(774) 死亡者(0) ・ 感染者(61,130) 死亡者(2,533) ・ ・ 感染者(643) 死亡者(6) ・2週間以内に日本を含む感染国に渡航した方は、体調が優れない場合保険機関へ報告することを推奨。 体調が良好な場合は14日間の自宅隔離を推奨。 滞在情報を提供しない者に対しては100ポンドの罰金が科せられ,また,英国籍者あるいは英国居住者でない場合には入国が拒否される可能性がある 2)入国後、事前に申告した滞在先(自宅,友人宅,ホテルなど)において14日間の自己隔離 感染者(1,982) 死亡者(69) ・ ・ 感染者(49,914) 死亡者(6,100) ・ ・ 感染者(17,408) 死亡者(693) ・ ・ ・ 感染者(18,231) 死亡者(134) ・ ・ 感染者(252) 死亡者(13) 感染者(108) 死亡者(4) ・ 感染者(990) 死亡者(19) ・ 感染者(3,302) 死亡者(190) 【入国制限】 ・ 【検疫】 ・ ・ 感染者(3,519) 死亡者(41) ・ ・ 感染者(2,366) 死亡者(107) ・ ・ 感染者(13) 死亡者(0) ・ 感染者(2,169) 死亡者(37) ・ ・ ・ 感染者(698) 死亡者(42) 感染者(176) 死亡者(0) ・ 感染者(911) 死亡者(14) ・ ・ 感染者(318) 死亡者(31) 感染者(31,332) 死亡者(1,680) ・ 感染者(63,890) 死亡者(5,230) ・ 感染者(247,486) 死亡者(28,330) ・ ・ ・ 感染者(1,589) 死亡者(28) ・ 在住者を除く外国人は入国不可(2020年3月13日07:00~) ・ 感染者(1,521) 死亡者(109) ・ ・ ・ ・ 感染者(13,092) 死亡者(263) ・ ・ 感染者(5,567) 死亡者(52) ・ (2020年3月19日~) 感染者(10,650) 死亡者(339) ・ ・ ・ 【日本でのビザ申請】 ・ 感染者(12,561) 死亡者(603) ・ ・ ・ ・入国後は原則14日間の自主隔離が求められる。 例外的に、国外からのビジネス出張者(日本からの出張者含む)やドイツ,アイスランド,ノルウェーから帰国した場合は、14日間の自主隔離は不要。 感染者(193,785) 死亡者(9,012) ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 感染者(8,777) 死亡者(248) ・ 感染者(12) 死亡者(0) 感染者(4,114) 死亡者(576) ・ 感染者(7,155) 死亡者(327) ・ (ア)フィンランドへの帰国(フィンランドに在留許可のある外国人を含む) (イ)他のEU・シェンゲン域内の国への帰国,もしくはそれらの国を経由しての帰国(EU市民またはEU・シェンゲン域内に居住している者) (ウ)業務のための移動,その他必要な移動(通勤、外交官,国際機関職員,業務のため移動する軍関係者・援助機関関係者等) ・ (ア)フィンランドへの帰国(フィンランドに在留許可のある外国人を含む) (イ)他のEU・シェンゲン域内の国への帰国,もしくはそれらの国を経由しての帰国(EU市民またはEU・シェンゲン域内に居住している者) (ウ)外国人(EU市民・シェンゲン加盟国民以外)の出国 (エ)必要な移動(保健,救急,高齢者ケア関連業務に従事する者、貨物輸送関係者、フィンランドの在留許可を得て入国する者等) ・ 感染者(187) 死亡者(0) ・ ・ 感染者(161,348) 死亡者(29,752) ・ ・ ・ ・ ・ ・ 感染者(3,984) 死亡者(207) ・ ア)ブルガリア国民,EU加盟国,英国,シェンゲン領域加盟国(サンマリノ,アンドラ,モナコ,バチカンを含む),セルビア,ボスニア・ヘルツェゴビナ及びモンテネグロの国民,並びにブルガリア国民の家族及び実質的にブルガリア国民と共同生活を行っている者,ブルガリアでの永住,定住あるいは長期滞在資格を有する者及びその家族,EU加盟国,英国,シェンゲン領域加盟国(サンマリノ,アンドラ,モナコ,バチカンを含む)の長期滞在資格を有する者及びその家族 イ)職務遂行のために移動の必要のある医療・福祉関係者及びその指導者 ウ)医薬品,医療機器,個人用保護具の供給(それらの設置及び維持管理業務を含む)に携わる労働者 エ)国際的な旅客・貨物運送に従事する交通機関職員,商業旅客機乗務員,船舶乗務員等 オ)職務遂行中の外国政府要人(国家元首,閣僚他)及びその同行者,外交官,国際機関職員,軍人,公安関係機関職員,人道支援関係者,及びその家族 カ)人道的理由により移動する者 キ)次の活動に直接携わる,貿易経済・投資活動の関係者及び他の者で,経済大臣または他の主管大臣による書面による証明を有する者及びその家族; ・ブルガリア共和国の戦略的・基幹インフラの建設・維持・開発・安全確保 ・投資促進法に基づくプロジェクト遂行 ・ブルガリアの経済にとって重要な潜在的投資等に関するプロジェクトの分析 ク)季節労働者及び観光分野における労働者 ケ)国境勤務従事者 ・ ・ ・ 感染者(60,382) 死亡者(367) ・新型コロナウイルスの感染者が確認された国からの渡航者に14日間の自宅隔離を義務付け(2020年3月26日~) 感染者(61,007) 死亡者(9,726) ・ 感染者(3,588) 死亡者(172) ・ ・ 感染者(40,415) 死亡者(1,549) ・ ・ ・ 感染者(33,119) 死亡者(1,412) ・ ・ ・ 感染者(5,311) 死亡者(251) ・ 全ての国境を閉鎖(2020年3月16日~) ・スコピエ国際空港を閉鎖(2020年3月18日~) 感染者(665) 死亡者(9) ・ ・ 感染者(336) 死亡者(24) 感染者(101) 死亡者(4) ・日本を含む危険地域からの入国者に対して,自宅待機を推奨 感染者(14,714) 死亡者(490) ・ ・ 感染者(375) 死亡者(9) ・ ・ 感染者(1,111) 死亡者(30) ・ 感染者(1,803) 死亡者(77) ・ ・ 感染者(83) 死亡者(1) ・ スイスを除くすべての国に対して入国制限を適用(2020年3月25日~) 感染者(4,133) 死亡者(110) ・ 感染者(24,505) 死亡者(1,539) ・ ・ 感染者(613,994) 死亡者(8,605) ・ ・ 【日本でのビザ申請】 ・ ・ 国または地域 (確認された感染者数) 入国制限の詳細 感染者(2,463,543) 死亡者(126,185) ・ ・ ・ ・ 【日本でのビザ申請】 ・ (ハワイ) ・ 感染者(101) 死亡者(3) ・居住者を含め全ての渡航者は入国不可、出国は可能 感染者(3) 死亡者(0) ・すべての空港を閉鎖(~2020年4月20日) 感染者(26) 死亡者(3) ・ 感染者(76) 死亡者(6) 感染者(8) 死亡者(1) 感染者(4,808) 死亡者(107) ・ ・ 感染者(102,622) 死亡者(8,504) ・ ・ ・ 感染者(23) 死亡者(1) 感染者(2,315) 死亡者(85) ・ 感染者(13,769) 死亡者(547) ・ ・ 感染者(23) 死亡者(0) ・ 感染者(195) 死亡者(1) 感染者(2,277) 死亡者(12) ・ 感染者(1) 死亡者(0) 感染者(665) 死亡者(10) ・ 感染者(77) 死亡者(15) ・ 感染者(2) 死亡者(0) 感染者(15) 死亡者(0) ・ ・ ・ 感染者(29) 死亡者(0) ・ ・ 感染者(19) 死亡者(0) ・ ・ 感染者(14) 死亡者(1) 感染者(117) 死亡者(8) ・ 感染者(18) 死亡者(0) ・ 感染者(29,141) 死亡者(698) ・ 感染者(1,823) 死亡者(64) ・ ・ 感染者(5,211) 死亡者(88) ・ 感染者(104) 死亡者(11) ・ 感染者(97) 死亡者(7) ・入国する全ての渡航者は、政府施設において14日間の義務的隔離 感染者(28,030) 死亡者(547) ・ 感染者(146) 死亡者(9) プエルトリコ 感染者(1,533) 死亡者(149) 感染者(22) 死亡者(2) ・14日以内に中国渡航歴がある方は入国不可(ベリーズ国籍、居住者は対象外) 感染者(12,772) 死亡者(363) ・ 感染者(202,951) 死亡者(25,060) ・ 感染者(11) 死亡者(1) 国または地域 (確認された感染者数) 入国制限の詳細 感染者(52,444) 死亡者(1,150) ・ 感染者(882) 死亡者(25) ・ 感染者(53,156) 死亡者(4,343) ・ ・ 感染者(205) 死亡者(12) ・ 感染者(80,599) 死亡者(2,654) ・ ・ ・ ・ 感染者(319) 死亡者(8) ・ 感染者(259,064) 死亡者(4,903) ・ 感染者(1,392) 死亡者(13) ・ ・ 英国領フォークランド諸島 感染者(13) 死亡者(0) 感染者(1,233,147) 死亡者(55,054) ・ ・ ・ 感染者 (3,918) 死亡者(33) ・ ・ 感染者(268,602) 死亡者(8,761) ・ ・ 感染者(24,388) 死亡者(773) ・ ・ 国または地域 (確認された感染者数) 入国制限の詳細 感染者(7,556) 死亡者(104) ・ ・クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船した方は入国不可(オーストラリア国籍と入国前に14日間隔離された方は対象外) ・ ・ ・州および準州は、境界線の閉鎖や追加の検疫要件など、独自の制限を設けていることがあります Australian Capital Territory() New South Wales() Northern Territory() Queensland() South Australia() Tasmania() Victoria() Western Australia() Norfolk Island() Indian Ocean Territories() 感染者(30) 死亡者(2) ・ ・ ・ 感染者(224) 死亡者(5) ・ ・ ・ ・ 感染者(60) 死亡者(0) ・ 全ての非居住者は入域不可(2020年3月19日~) ・ ・ ・ ・ ニウエ ・ ・ 感染者(21) 死亡者(0) ・ ・ 感染者(1,165) 死亡者(22) ・ ・ ・ ・ ・ 感染者(9) 死亡者(0) ・ ・ ・ ・ 感染者(18) 死亡者(0) ・ ・ ・ ・ ・ ・2020年1月6日以降に中国に滞在した方は入国不可 ・.

次の

水際対策の抜本的強化について(新型コロナウイルス感染症)厚生労働省

コロナ ウイルス 渡航 制限

出入国制限 ドイツへの渡航 欧州委員会は、新型コロナウイルスの更なる感染拡大を防ぐため、第三国からEU加盟国への不要不急の入域に関して現在行われている入域制限を当面 2020年6月30日まで延長することを提案しました。 ドイツはこの提案を受け入国制限を延長します。 以下のいずれかに該当する者は、引き続き入国制限措置の例外対象となります。 EU加盟国国民、シェンゲン協定加盟国(アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー、スイス)の国民、イギリス国民とその家族が居住地に戻る場合 2. EU加盟国または前述の国々の長期滞在資格(留学、就業等のための滞在資格または長期ビザ)を有する第三国国民が通常の滞在地に戻る場合 3. 以下に挙げるいわゆる 「essential functions or needs(重要任務または重要な必要性)」を有する第三国国民 ・医療従事者・医学関連研究者、高齢者ケア従事者 ・国境を越える通勤者、物流その他必要分野の交通・運輸業従事者 ・外交官、国際機関職員、軍事関係者、人道支援関係者が業務遂行のために入域する場合 ・トランジットを行う者 ・家族に関する緊急の理由により渡航する者 ・国際的な保護を必要とする者、その他の人道的な理由を有する者 上記に加え、EU加盟国への原則的な入域制限の適用除外対象が、7月1日以降は以下のとおり拡大されます。 - EU加盟国国民、シェンゲン協定加盟国(アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー、スイス)国民、イギリス国民及びEU加盟国内の長期滞在資格を有する第三国国民とその家族は、居住地に戻るか否かに関わらず入域できるようになります。 - いわゆる「essential functions or needs」を有する第三国国民の範囲は以下のとおり拡大されます。 ・留学目的で渡航する第三国国民 ・専門資格・技能を有する第三国国民で、ドイツにおける就業が経済的観点から必要であり、業務の延期または外国からの遂行が不可能な場合 ドイツ国籍保有者はこれまで通りドイツへの入国が可能です。 EU域内の移動に関するその他の情報 ドイツ政府は6月10日、新型コロナウイルス感染拡大防止のために暫定的に行われていたオーストリア、スイス、フランス、イタリア、デンマークに関する国境管理を6月15日付で終了することを決定しました。 スペインに関する空港での国境管理は6月21日付で終了します。 これにより、6月16日(スペインに関しては6月22日)以降は、緊急の渡航理由がなくてもこれらの国からドイツに入国することが可能になります。 ルクセンブルクとの国境に関しては、すでに5月15日付で国境管理が終了しています。 入国者・帰国者に対する検疫措置 ドイツ連邦政府と州政府は、入国者・帰国者に対する統一的な検疫規則の基本方針について合意しています。 詳細情報(英文を含む)、モデル規定 、関連情報のリンクはドイツ外務省とのウェブサイトに掲載されています。 各州での具体的な検疫実施に関する情報は、各州保健担当省のウェブサイトで確認してください。 Re-open EU EU加盟各国における新型コロナウイルス感染症拡大状況や、それに伴う入国制限やその他の規定(自主隔離・マスク着用・社会的距離の維持義務の有無)等、さまざまな疑問については欧州委員会の(英語)をご覧ください。 シェンゲン圏への入域制限は、第三国からシェンゲン圏に入域する者に対する制限ですが、すでにほとんどのEU域内各国間の国境においても制限や国境管理が実施されています。 EU域内の移動については、オーストリア、スイス、フランス、イタリア、デンマークに関する国境管理は、6月15日をもって終了しました。 スペインに関する空港での国境管理は、6月21日をもって終了します。 ルクセンブルクとの国境に関しては、すでに5月15日付で国境管理が終了しています。 これにより、6月16日(スペインに関しては6月22日)以降は、緊急の渡航理由がなくてもこれらの国からドイツに入国することが可能になります。 詳細はでご確認ください。 (EUの)「traveller with an essential function(重要任務のための渡航)」や「traveller with an essential need(重要な必要性のための渡航)」とは何ですか A6. 社会のために絶対的に必要もしくは特に重要と見なされる目的のために渡航する者を「traveller with an essential function(重要任務のための渡航)」もしくは「traveller with an essential need(重要な必要性のための渡航)」としています。 3月17日のEU各国首脳による合意で挙げられた入域制限適用除外の例(医療関係者、国境を越える通勤者、物流関係者、外交官)が重要な目安です。 さらに個別のケースにより、一親等の家族が死亡した場合等「家族の緊急の理由」がある場合、ビザ発行や入国許可の理由となります。 これも個別のケースによりますが、救命治療のため等、人道的な理由により入国が認められる場合もあります。 ビザをほかの期間について有効にすることはできませんか.

次の