キャッサバ 産地。 キャッサバとは|味、毒抜き方法、タピオカの作り方まで解説するよ!

大人気タピオカティーブームに潜む深刻な問題|奴隷貿易・環境破壊・健康被害…自分が美味しければそれでいいですか?

キャッサバ 産地

キャッサバ 15. キャッサバ Kazuo Kawano著 A. キャッサバの特性 a 原産地 キャッサバ(Manihot esculenta)は別名マンディオカ(ブラジル、パラグアイ、アルゼンチン)、ユカ(他のスペイン語圏)、タピオカあるいはマニオク(アフリカのフランス語圏)とも呼ばれ、カロリー生産における最重要作物の1つであり、熱帯における最も重要な根菜である。 キャッサバの進化史は、他の根菜と同様、その追跡が困難であり、決定的な原産の中心地は未だ同定されていない。 最も明白な結論は、キャッサバは低地熱帯アメリカが原産であるとするものである。 熱帯アメリカにおける多様性は複数の中心地を持っていることが数名の研究者によって示唆されている。 b 使用の地理的分布 キャッサバは、15世紀にヨーロッパからの植民地開拓者が到着したころには、すでに南北アメリカおよびカリブ海沿岸を通して広く分布していた。 キャッサバがアフリカに初めて導入されたのは16世紀、アジアにはその後のことと考えられている。 理論および経験により、キャッサバの遺伝的変異性のほとんど主要な部分が熱帯アメリカに存在していることが裏付けられている。 しかし、幅広い範囲に及ぶ品種の多様性がアフリカに現存する栽培品種の間でも観察され、これはアジアにおいてもその範囲は狭まるものの同様である。 c 主要産地 1960年代の終わりまで、アフリカおよび南アメリカがキャッサバの主要な生産地であった。 しかし、過去20年間でアジアの占める割合が急激に伸び、現在ではアフリカと肩を並べ、世界総生産の約40パーセントを生産するにまでいたっている。 南アメリカにおける作物の生産性はこの20年間でわずかながら減少し、現在では約12トン/ヘクタールと推定されている。 アジアでは常に向上を続けており、現在は約13トン/ヘクタールと推定されている。 アフリカは停滞を続け約7トン/ヘクタールとなっている。 これらの収量は、特に実験的に得られた70トン/ヘクタール/年の高収量、あるいは改良された遺伝子型の作物を適切な農業環境で植えることによって得られる大規模商業生産での高収量40トン/ヘクタール/年と比較すると低いものである。 d 分類学的地位;遺伝学および細胞遺伝学 Manihot属はEuphorbiacae科に属しており、本属にはおおよそ100種が含まれていると報告されている。 キャッサバはManihot属の中で唯一重要な食品作物であり、栽培されている品種のみが知られている。 近縁種のクラスターは北アメリカ、南アメリカのいずれにも分布しているが、祖先種として提案された特定の野生種はない。 e 生殖質の移動に関する現在の植物検疫上の問題点 世界規模のキャッサバの生殖質センターがコロンビアの国際熱帯農業センター(CIAT)に、アフリカ地区の生殖質センターがナイジェリアの国際熱帯農業協会(IITA)に1970年代初期に設立されており、それに続く国家的なキャッサバ育種プログラムの設立と強化により、生殖質の国際的な流通は大いに増進した。 生殖質の交換は現在では、1)挿木、2)分裂組織の培養、3)真正種子の3型式を通じて行われている。 挿木が最も取り扱いが簡単であるが、病害および害虫を導入してしまう事故のリスクが最も高い。 分裂組織の培養はリスクが低く、同一遺伝子型の再生産が可能であるが、大量の遺伝子型を移入するには適していないうえ、受け取り側で相応の技術および設備が必要とされる。 有性生殖による種子は最もリスクが低く、大量の遺伝子型を簡単に取り扱えるが、同一遺伝子型を得ることはできない。 生殖質導入における植物検疫の措置は国によって大きなばらつきがある。 大陸間での挿木の使用は自粛されており、全体として病害と害虫について同一のスペクトラムを共有している隣接国間での出荷のみに限定されている。 分裂組織の培養は、一般的にクローン素材の安全な移入方法として受け入れられているが、大陸間での移入については、ウイルス性病害の伝播の危険が関与する可能性もあるため、特別な注意が払われる。 雑種種子は育種素材の移入における安全かつ効果的な方法として、最も広く受け入れられている。 f 最終使用用途 キャッサバは、その作物としての歴史のほぼ全てを通じて、人間の食品として利用されてきた。 人間が消費する場合の標準的なスタイルは茹でた根であったに違いなく、これは今日でも世界の多くの場所で同じである。 根の幅広い種類の処理技術がアメリカインディアンの民族集団の間で見られる。 いわゆる苦いキャッサバ栽培品種は、処理をした後にのみ消費することが可能で、この品種は熱帯アメリカの全域に広く分布している。 何らかの処理を施した後にキャッサバの根を消費することは、単純に茹でることと同じように古くかつ重要な方法であると思われる。 キャッサバのこの消費方法で占める最も大きな役割は自家消費用の農業によってカロリー食品を提供することであり、キャッサバは小規模の生産圃場に植えられる。 キャッサバには、利用可能な水および土壌栄養が限られた条件において高カロリー収量をあげられる能力があるため、動物飼料およびデンプン生産としての新しい利用法が近年急激に重要性を増しており、特に東南アジアでこの傾向が見られる。 動物飼料、デンプン、その他の工業的加工を目的としたキャッサバ生産はアジアで非常に急速に伸びており、人間による消費での落ち込みをはるかに上回っている。 生殖のメカニズム a 生殖の様式 生産圃場では、キャッサバの増殖は事実上、枝挿(通常は長さ10〜30センチ)を垂直、水平、斜めに植えることによってのみ行われている。 挿木は成熟した植物(8ヵ月以上経ったもの)より採取する。 種子による増殖も多くのさまざまな環境において可能であるが、大量の種子を収集することの困難さ、および種子からの成長が初期は遅いことから、現在ではその利用はキャッサバの育種圃場のみに限られている。 b 多年生対一年生 キャッサバは植物としては多年生であるが、作物としては主に一年生であり、移植から8〜18ヵ月後に収穫される。 c 受粉の様式 キャッサバは雌雄同株の品種で、柱頭と葯は通常の場合同一株の異なる花に分離している。 植物が分岐するたびに花芽が形成される。 しかし、初期成育期に形成された花芽のほとんどは不全型である。 分岐しないタイプの株からは花は得られない。 同じ枝にある雄花および雌花はほとんど必ずといってよいほど同時に開花しないが、同一株の異なる枝の雌花と雄花が同時に開花することはまれではない。 花粉は比較的大型で粘着性があるため、風による自然受粉はまず起こらない。 数種のジガバチおよびミツバチが主な授粉者である。 他家受粉および自家受粉はいずれも自然に発生する。 他家受粉の割合は、当該遺伝子型の開花特性および集団の物理的な配置に依存している。 自家受粉を防ぐための生理学的あるいは遺伝的メカニズムはないと思われ、重大な交雑不和合性は見つかっていない。 全体的に見て、人為的な授粉による大量の雑種作出は比較的容易である。 d 生存のメカニズム 重度の近交弱勢が根の収量および全体的な生物体量などの特徴において観察されている。 この重度の近交弱勢が、本品種の栄養生殖的な性質とあいまって、本品種のヘテロ接合体性を高度に維持している生物学的なメカニズムである。 雄性不稔は頻繁に起こり、自家受粉の予防に効果的である。 e 近縁種との交雑能 キャッサバは近縁種のM. glaziovii(シーラゴム)と比較的容易に交雑することができ、M. glazioviiからのキャッサバモザイク病の遺伝子が、アフリカでの戻し交配計画で広範囲にわたって使用されてきた。 他の野生近縁種、例えばM. saxicola、M. melanobasis、M. catingae、M. dichotomaがキャッサバとの交雑に関与してきた。 毒物学 生のキャッサバの根には、配糖体のリナマリンおよびロタウストラリンが含まれており、これらはキャッサバの根の細胞が破壊された際に放出される酵素リナマラーゼと接触すると毒物であるシアン化水素酸または青酸に変換される。 生のキャッサバの根を摂食したことによる死亡例がときに報告されるが、伝統的な処理および調理方法である、茹でる、すりおろす、水にさらす、乾燥させる、あるいは発酵させることによって通常はシアン化物濃度は効果的に低減される。 このため、通常の調整方法に従った場合には、急性シアン化物中毒症は発生しない。 慢性シアン化物中毒症は、キャッサバの摂取量が高く、ヨウ素およびタンパク質、特に動物性タンパク質の摂取量が非常に低いアフリカの一部の地区において発生する。 ナイジェリアおよびザイールでは、失調性ニューロパシー(神経の変性)および甲状腺腫(重度の症例ではクレチン病をもたらす)が高レベルのキャッサバ摂取と関連付けられている。 生の根に含まれるシアン化物濃度は、現存栽培されている品種間で大きなばらつきがある。 高レベルに含有する品種は「苦いキャッサバ」と呼ばれ、ある程度の処理をした後にのみ使用される。 加工しない形(茹でた後)で直接的な人間による消費に適していると見なされる品種は「甘いキャッサバ」と呼ばれ、ほとんど常にシアン化物濃度が低い。 高シアン化物濃度と病害および害虫抵抗性、高収量能力、旱魃あるいは貧弱な土壌への耐性との間に、緊密な関連性があることを示唆する科学的に説得力のある証拠はないが、ただし、根を襲う生物に対する耐性に関する数事例は例外であり、これらの生物の例としては虫、野生のブタ、またキャッサバを摂食する習慣は作物の進化の中で最近生まれたものであると信じられているヒトの泥棒がある。 大規模の産業的生産に順応した高収量栽培品種で、収量に関連する生物的および非生物的な制約への耐性に対して幅広いスペクトラムを持つ現在利用可能な品種のほとんどのものは、苦い種類である。 今日のキャッサバ育種家に向けられた最大の課題のひとつは、いわゆる二重目的栽培種を作ることで、これは甘い栽培品種の優れた食品品質と苦い栽培品種の高収量および強壮性を組み合わせたものである。 8〜8. 0の場所で良好に栽培されている。 この品種は、高温の気候、旱魃、酸性土壌への耐性があるが、低温および土壌の過剰な水分には感受性が高い。 その結果、温帯の先進国では顕著なキャッサバ生産は行われておらず、このためキャッサバは、先進国の科学界であまり知られていない唯一の主要食品作物となっている。 育種実践および品種開発 a 主要な育種計画/技術 i 生殖質の維持管理 世界中から集められた6,000品目近い世界規模の生殖質のコレクションがコロンビアのCIAT本部にて維持されており、またアフリカの地域的なコレクションがナイジェリアのIITAで維持されている。 各国のプログラムはそれぞれのコレクションを維持しており、これは主にその地方のコレクションから成り立っている。 コレクションの規模は、ほぼ当該地区の伝統的な栽培品種の多様性およびリサーチプログラムの強さを反映している。 これらのコレクションのほとんどは圃場において生きている植物として維持されている。 CIATコレクションの複製は、CIATの研究室にて緩徐に成長する分裂組織として維持されている。 同時に勘案されているのは作業用のコレクションの作成で、これは品目の10パーセントから構成されているが、現存の遺伝子多様性の95パーセント程度をカバーするようにデザインされたものである。 これはまた真正種子による遺伝子バンクであり、各クローンあるいは特定の遺伝子の組み合わせに関する同定は失われているものの集団全体としての遺伝子は維持管理されているようなものである。 ii 基本育種 栄養生殖をする作物であるため、キャッサバは育種家にとって大きな利点を持つ。 さらに、他の作物でしばしば遭遇する交雑不和合性などの複雑な問題がない。 好ましい遺伝子型が得られれば、それを無制限に増殖することが可能である。 実生段階での特徴の発現は、その後のクローン世代と非常に良く相関している。 キャッサバ育種に関する初期の研究ではまれに問題に直面しており、それは一部のクローンでの開花の不足あるいは欠如、一部の雌株での種子形成の不良、低発芽率などであった。 しかし、遺伝子組み換え植物の作成と取り扱いに関し、キャッサバは主要作物のなかでも最も容易なものの一つであることにほとんどの育種家は同意している。 このため、典型的なキャッサバ育種プログラムは古典的なパターンをたどる。 まず雑種形成により大量の遺伝子組換え体を作出することから始まり、評価段階を経て組換え体の数を減らして遺伝子型ごとの精密度を上昇させ、最後に複数の場所および複数年にわたる評価を繰り返した後に推奨できる遺伝子型の同定をもって終わる(表15. 過去20年間のネットワークの努力により、多くのキャッサバ育種プログラムの設立および強化がもたらされた。 これらは大まかに3つのカテゴリーに分類できる。 1)国際基本育種プログラム、2)国ごとの広範な育種プログラム、3)国ごとの品種開発プログラムである。 基本育種プログラムは育種集団の全般的な向上、進歩した育種素材の作出と国ごとのプログラムへの配布を目的としている。 CIAT本部での基本育種プログラムは、収穫指標の向上、主要な病害および害虫に対する抵抗性の向上、不毛の酸性土壌に対する耐性を含むいくつかの主要なキャッサバ環境への順応を通じて収量能力の向上を成し遂げてきた。 IITAでのプログラムでは、キャッサバモザイク病およびキャッサバ斑点細菌病に対する抵抗性の向上に成功している。 タイとCIATの共同育種プログラムは、生物体量産生および根の乾燥物質含有率の向上、低地熱帯の半乾燥気候への順応で成功している。 広範な育種プログラムは、より強力な国ごとのリサーチプログラムで発展しており、その例はタイ、中国、インド、ブラジルで見られる。 これらでは、育種および品種開発で必要とされる諸手順を全て踏んでおり、これには雑種形成および品種の公表のための農場でのリサーチなどが含まれる。 品種開発プログラムは、現在では多くの国で実施されており、それぞれの条件について推奨できる遺伝子型の同定を目的として順応選抜が実行されている。 これらのプログラムは通常の場合、進歩した育種素材を国際的基本育種プログラムの1つから受け取っている。 表15. 1 典型的なキャッサバ育種プログラムでの選抜の諸手順 年間の選抜手順 育種および選抜場 育種本部 第一選抜場 その他の選抜場 1 雑種形成 2 雑種の種子形成 3 単一畝での試験 4 予備試験 5 上級試験 6 地区試験 7 農場試験 8 農場試験第2年目および増殖 9 品種の公表 b 主要な育種目標 ほとんどの育種計画に共通な育種目標は次のものである。 - 高収量能力 - 早期収穫性 - 根の乾燥物質(デンプン)の高含有率 - 病害および害虫抵抗性 - 劣悪な土壌および天候条件に対する耐性 - 根のシアン化物の低含有率 - 良好な植物タイプ - 良好な挿木品質(取り扱い、保存、発芽率) - 多用性(人間の摂食および工業生産のいずれにも適切) - 根の色 それぞれの国ごとのプログラムは、特定の病害および害虫抵抗性ならびに劣悪な環境条件への耐性に対し、さまざまな重要性を割り当てている。 キャッサバモザイク病への抵抗性およびシアン化化合物含有率ゼロについての探索は例外の可能性があるが、現存する同一種内の生殖質で好ましい特徴を探索することは、これまでの場合ほぼ成功してきている。 これらの特徴の多くは、主な育種集団に取り込まれてきた。 c 重要な育種目標の検査および一般的な性能の評価 大規模多施設による圃場試験は、真に推奨できる栽培品種の同定にあたって、長い目で見れば最も信頼性がありおそらく最も効率が良く効果的な方法である。 高収量環境と高ストレス条件の間での繰り返し評価は、特に広範に順応した強壮な遺伝子型を得ることにおいて成功を収めてきた。 このことは病害への抵抗性についてもあてはまるが、通常、他の作物では温室あるいは病害検査用の種苗場での評価が好まれる。 大部分のキャッサバは最小限の肥料および化学物の使用、また灌漑によって栽培されており、このため年ごとおよび長期間での収量安定性は、キャッサバ農家にとって基本的な基準である。 安定性の評価にあたっては、複数の場所における複数年にわたる評価に代わるものはない。 品種の公表と採用 ごく最近にいたるまでほとんどの国において品種公表の公式な機序は存在しなかった。 ほとんど全ての伝統的な栽培品種は、地方で入手できる生殖質から農家が選択したものであった。 現在ではキャッサバを栽培している国のほとんど全てで、国ごとの品種改良プログラムが設立されており、多くの進歩したクローンが緩やかに構築された半官的な計画を通じて農家へ配布されている。 これは見込みあるクローンの農場での評価、半ば完成した栽培品種の予備公表、農家自身による移植のための選択から構成されている。 国ごとのプログラムが次第に強化されるに従って、品種登録、増殖、保証の公式な機構がいくつかの国で発展しつつある。 過去には小農家で栽培される本作物に対する普及サービスからの投入は最小限であったが、タイの研究部門と普及部門の共同作業による新しく公表された栽培品種の保証移植素材の産生と配布は、良い前例となるかもしれない。 公式のキャッサバ育種プログラムの歴史は多くの国でまだ浅いため、新しい栽培品種の採用がもたらす社会経済的な効果を体系的に評価するための方法は、国によるプログラムによってはまだ提供されていない。 CIAT経済部門とタイの農業普及省による新しい栽培品種の採用に関する共同調査は、このような試みとしては初めてのものであろう。

次の

キャッサバ:旬の野菜百科

キャッサバ 産地

キャッサバ(マニホット)の育てる環境について テキスト引用 出典・引用: よって庭に植える場合はなるべく水はけがよい日なたを選んで植え付けるようにしてください。 日当たりの良い場所でなくても、半日陰の環境でも育ちます。 しかし、十分に日光に当てると葉の色つやがよく、斑の入り方が美しいです。 条件がそろっていれば育つので、室内でも十分に育てることは可能です。 夏越しに関しては、もともと熱帯性の植物であるため、夏の高温期にぐんぐん育ちます。 また耐暑性が強いため気温が高くても問題なく育ちます。 冬越しに関しては、暑さに強い反面、寒さには非常には弱いです。 なので、冬でも10度~12度 できれば15度程度 の気温が必要になってきます。 なので、地域によっては秋になるころにはこの気温を下回ってしまうため、室内に取り込んで育てます。 熱帯では年間を通して暖かいため、気温の管理は特に気にする必要はないのですが、日本など冬がある地域ではこの冬越しが一番の大変なところで、重要なポイントとなっています。 また、上記の条件に加えて雨が豊富で、栄養豊富な土地だととてもおおきなイモが育ちます。 しかし、一度水没させるとキャッサバはダメになってしまうので、そこは注意が必要です。 キャッサバ(マニホット)の種付けや水やり、肥料について テキスト引用 出典・引用: キャッサバは種付けではなく、ほとんど挿し木で増やします。 挿し木を購入して、切って地面に植えるだけで成長しはじめ、栽培することが可能です。 苗はそこまで高くないので、手軽に購入できます。 キャッサバではなく、マニホットという名前で売られていることもあります。 育て方については、植えつけは大体4月中旬から5月中旬ごろに行い、肥料は5月から10月にかけて与えていきます。 開花時期は7月から8月下旬ごろまでです。 十分に生育させるには十分に肥料を与えることが必要になります。 窒素、リン酸、カリ 肥料の三大要素と呼ばれています が等量含まれる肥料を、規定量の3~5割ほど少ない量を与えるのがいいです。 鉢植えで育てることを前提として、用土は水はけのよいものが適しています。 よって、赤玉土小粒7、腐葉土3などの配合土がよいです。 6号鉢以上 1号は3センチなので、18センチ以上のもの で育てる場合は赤玉土小粒ではなく中粒を使用するほうが良いです。 水やりは鉢土の表面が乾いたころに与えることになりますが、キャッサバが過湿を嫌うため、水の与え方は要注意です。 水を与えすぎてしまうと一気にダメになってしまいます。 冬の時期は乾いてからすぐ水をあげるのではなく、土は乾かし気味に管理します。 1年~2年に一回は植え替えが必要です。 植え替えは5月~7月が適しています。 主な管理としては、枝や葉が茂りすぎたら4月~10月に切り戻すか枝を間引くように剪定 選んだ枝以外を切る するようにするといいです。 キャッサバ(マニホット)の増やし方や害虫について テキスト引用 出典・引用: キャッサバの増やし方には育て始めるとき同様、挿し木という方法があります。 5月~7月の時期に挿し木によって容易に増やすことが可能です。 やり方は、枝を8センチ~10センチほどの長さで切って赤玉土小粒 中粒でももちろん大丈夫 などの清潔な用土に挿します。 戸外ならば、庭に直接挿し木をすることでも育てることが可能です。 かかる病気の例として、灰色かび病があります。 トマトやイチゴなど様々な植物にかかりやすい病気の一つです。 症状は茎葉が溶けるように腐り、さらに進行すると灰色のカビに覆われます。 気温が低く、湿度が高いことや日照不足によって発生しやすいので、日あたりのよいところに置くか水のやりすぎには注意する必要があります。 風通しをよくしておくことも重要です。 かかってしまった場合は病気になった葉を取り除きます。 枯れた葉にも病原菌が残っているので枯れた葉もきれいに取り除きます。 また、春から秋にかけてはオンシツコナジラミという害虫にも注意が必要です。 この害虫は、葉の裏に寄生し植物の成長を妨げます。 見た目は白く小さい虫で、卵が羽化してからまた産卵するまで1週間程度なので、非常に繁殖スピードが速いです。 殺虫剤を使った駆除は有効ですが、種類によっては薬害が出やすいので使う場合は注意が必要です。 成長が盛んな高温期であれば、被害が出た葉をすべて取り除くことで対処できます。 取り除いても新たに新芽が出てきて再生するので問題ないです。 キャッサバ(マニホット)の歴史 テキスト引用 出典・引用: キャッサバはブラジルが原産とされています。 今栽培されているキャッサバには原型になる植物があると分かっています。 その植物の生息地は中央ブラジル西部を中心にされており、この場所で今から1万年前にはすでに栽培が始まっていたとされています。 しかし、この地域に存在していたもの以外にもブラジル南部やパラグアイでも同じような種類の植物があり、今あるキャッサバはそれらすべてを祖先とする植物になっています。 また、メキシコのタバスコ州の遺跡からはキャッサバの花粉が見つかっていて、そこから6600年前までにそこで生育していたことがわかっています。 のちにキャッサバは食用としての有用性に目をつけられ、15世紀末までに南アメリカ北部、中央アメリカ南部、西インド諸島などの地域に伝えられ、そこに住む人々の主食とされていました。 その頃にはほかにも、工芸品のモチーフなどにもキャッサバは使われています。 17世紀に奴隷貿易が盛んになったころ、大陸への移動には長い時間がかかるために食料が必要だったので栽培が容易ことからキャッサバを採用され、それによってアフリカ大陸から全世界に広まることになります。 このころにブラジルで栽培が始まり、トウモロコシとともにキャッサバはブラジル人の主食となっており、今でも主食として欠かせない食物の一つとなっています。 また、南米諸島では呼び方が異なっておりユカと呼ばれていて、アマゾン川流域の地域でもブラジルと同じように重要な食物とされていました。 キャッサバ(マニホット)の特徴 テキスト引用 出典・引用: キャッサバは世界中の熱帯で栽培されています。 イモはでんぷんを取り出すことで、タピオカの原料として使われています。 植物としての特徴として葉が5~10枚の子葉からなっている、茎が垂直に立ち上がる、茎の根元に同心円を描いて数本イモができる、という点があります。 イモの形状は両端がとがっていてとても細くなっています。 栽培は非常に簡単で特に難しい点はなく、切断した茎を地面に挿してあげるだけで発根し、そのまま成長していきます。 土質を選ばず、乾燥に強い、また短期間で栽培できるという特徴を持っています。 しかし、栽培は簡単で見るだけならいいのですが、実はキャッサバは毒をもっています。 毒性の高い品種と、毒性の低い品種など色々な種類はありますが、毒はイモを水にさらしたり、加熱するなど種類に応じた毒抜きが必要です。 症状としては、吐き気や腹痛などの中毒症状がおこります。 これらの症状は、キャッサバに含まれる青酸配糖体による中毒によって引き起こされます。 具体的に何が起こるのかというと、苦味種と呼ばれる種類のものでは青酸配糖体のリナマリンという成分が原因となっています。 このまとめの続きを見る.

次の

キャッサバとは|味、毒抜き方法、タピオカの作り方まで解説するよ!

キャッサバ 産地

キャッサバとは?味・原産地・栄養、タロイモやヤムイモとの違いも調査! 「 キャッサバの見た目や味などの イメージが全然わかない」という方も多いと思います。 まずは キャッサバとは どんな作物なのかを、丸ごと解説していきます! キャッサバはどんな作物? キャッサバの 見た目は、さつまいもと里芋をかけ合わせたようなイメージです。 わい「フグ食べようよ!」 JK「えーフグって猛毒あるんでしょ! 毒ある食べ物なんて絶対不味いでしょ笑」 わい「…タピオカって美味いよな?」 JK「急に何? 当たり前でしょ〜爆笑」 わい「あれの原料『キャッサバ』っていう猛毒の芋やで」 JK「…え? 茎を土に植えるだけで簡単に育つことから、通常は作物を栽培できないような地域で、 食糧問題を解決する作物として期待されています! キャッサバの原産地&歴史を紹介 キャッサバの原産地はブラジルで、 1万年前にはすでに栽培されていました。 17世紀の奴隷貿易時代、貿易船に乗せた 奴隷の食料として採用され、南アメリカからアフリカに渡りました。 現在では痩せた土地でも安定して収穫ができるという利点をいかして、 アフリカ、アジア、南アメリカで広く栽培され、ブラジルなどでは主食の1つです。 生のキャッサバには 有毒成分があるため日本では 輸入禁止の作物ですが、キャッサバに含まれるデンプンは 食用、医薬品、工業用途などとして、日本でも広く使われています。 日持ちしない作物なので、滅多に購入できない点が残念ですね。 キャッサバにはこんな活用法も! キャッサバの葉を食べるカイコが紡ぐ シルクをフェアトレードし、 発展途上国の産業として開発する動きもあります。 フェアトレードとは発展途上国の労働力や製品を正当な価値で評価して、労働者が貧困から脱出できるように働きかける仕組みです。 キャッサバの活用法は、まだまだ広がりそうですね! キャッサバはどんな味?どんな栄養成分? キャッサバは 甘味がない栗のような味で、文部科学省が運営しているで栄養成分を調べてみると、 ほとんどが炭水化物でした。 *食品成分データベースに掲載されていたのは、 キャッサバを加工したでんぷんの成分です。 キャッサバの炭水化物に含まれるでんぷんは「 老化しにくい」、「 透明度が高い」、「 粘りが強い」のが特徴です。 キャッサバの種類は、主に2つです。 苦味種 毒性が強いため、主にアルコール製造などの加工用として活用されます。 甘味種 苦味種よりも毒性が弱いため、 毒抜きをした上で主に下記のような食べ方で楽しめます。 キャッサバをカットするなどして調理• キャッサバ粉に加工してパンにする(ポンデケージョなど)• でんぷんを取り出してタピオカにする など *後ほど「」で、詳しい タピオカレシピや タピオカ以外の料理をご紹介します! キャッサバとそっくり!タロイモ・ヤムイモとの違いとは? 「海外産で、日本では馴染みがない芋類」で思い浮かぶのは、 タロイモと ヤムイモです。 キャッサバと、何が違うのでしょうか? タロイモとは? タロイモは皮と実の間にヌメリがあり、 十分にアク抜きをしてから食べます。 里芋は、タロイモの一種です。 キャッサバとの 違いは、タロイモには 毒がない点です。 山芋は、ヤムイモの一種です。 キャッサバ・タロイモと大きく違うのは、 毒抜き・アク抜きが必要ない点です。 キャッサバの全体像や活用方法のイメージがつかめたところで、次に、一番心配な 有毒成分についても解決しておきたいと思います。 有毒成分の 名前や 毒抜き方法を、確認していきましょう。 キャッサバ芋には毒性がある!有毒成分の正体と正しい毒抜き方法 キャッサバに含まれる毒は、猛毒として有名な「 青酸」です。 正式には「 青酸配糖体」という名前で、 皮に集中していると言われています。 青酸は体に吸収される量によっては 数分で死に至る、恐ろしい毒です。 ウガンダでは2017年に キャッサバ粉が原因の中毒で死亡者が出た事例もあり、「 海外では加工品であっても安心して口にできない」と考えておく必要がありそうです。 先程もご紹介したとおり、キャッサバ料理は美味しいですし、稀に 国内でも生のキャッサバが手に入ります。 一般的に行われる キャッサバの毒抜き方法を2つご紹介するので、しっかり実践して頂けると幸いです。 キャッサバの毒抜き方法1. 茹でる• 手袋をして、 皮を厚めにむく• 2時間茹でる• 茹で汁を捨て、新しい茹で汁で 2時間茹でる• キャッサバを 水にひたす• 水を替えながら、 16時間待つ キャッサバの毒抜き方法2. 水につける• 手袋をして、 皮を厚めにむく• キャッサバがひたるくらいの水を用意し、毎日水をかえながら 4〜6日待つ• キャッサバが 柔らかくなるまで茹でる ここで上記2つの毒抜き方法の 科学的根拠が知りたくて調査したのですが、明確な情報がありませんでした。 そこで、青酸配糖体が含まれている他の植物を使って 無毒化の実験事例がないかを調べると、を発見しました。 *青酸配糖体は 未成熟のアンズ・スモモ・ウメなどにも含まれています。 成熟することで毒性がなくなります。 ところが、残念なことに「エタノール(アルコール)に漬けて温度管理をしながら数日待つ」など、 家庭で実践できるような方法ではありません…。 基本的には ご紹介した毒抜き方法で大丈夫と言われていますが、 心配な場合は、後ほど「」でご紹介する、 毒抜き後の市販品を使って料理をするようおすすめします! キャッサバに含まれる毒の成分まで理解したところで、毒抜き後の キャッサバ芋がどうやってタピオカになるのか、興味があります! 次に、キャッサバの代表料理、 タピオカの作り方を確認してみましょう。 キャッサバ芋や粉からのタピオカの作り方!手作りするときのポイント 先程ご紹介したとおりキャッサバの成分は ほぼ炭水化物なので、キャッサバ粉のカロリーは、高めの 約350kcal(100g中)です。 ところが、キャッサバから タピオカを作って茹でると、カロリーは 約60kcal(100g中)! 独特の食感で小腹を満たしてくれる上に 低カロリーなんて、嬉しい限りですね。 茹でるだけのタピオカも販売されていますが、「 形が不揃い」、「うっかり こんにゃくが原料のタピオカを買ってしまう」なと、意外と 購入時の失敗が多いという口コミがあります。 本格的に手作りしたい方のために、 キャッサバ芋・キャッサバ粉からタピオカを作る方法をご紹介します。 キャッサバ芋からタピオカを作る方法 毒抜き後のキャッサバ芋からタピオカを作る方法です。 繊維がしっかりしているので扱いにくいですが、 食感を調整できるので、自分だけのオリジナルタピオカが作れますよ!• ボウルに水を入れる• キャッサバ芋を、 水の中ですりおろす• すりおろしたキャッサバが入った水を、 濾(こ)す(コーヒーフィルターがあると濾しやすい)• 濾して残った でんぷんを、フライパンに入れる• 弱火でこげないように混ぜながら、水分を飛ばす(水分の飛ばし具合で食感が調整可能)• でんぷんから水分が抜けてひとかたまりになったら、タピオカの形に 成形する• 沸騰したお湯で 30分茹でる• 水にさらして、完全に冷めるまで待ったら食べられます! 下記の動画で詳しく紹介してくれているので、ぜひ映像でも確認してみて下さい。 キャッサバ粉からタピオカを作る方法 キャッサバを粉にした時点で、 タピオカ粉という名前で販売されるのが一般的です。 簡単に手作りしたい方は、粉から作るレシピがおすすめです! 甘くて香ばしい味にするために、 カカオパウダーと 黒糖も使った作り方をご紹介します。 (お好みでカカオパウダーと黒糖が無くてもOK)• タピオカ粉50gと カカオパウダー4gをボウルに入れる• フライパンに 水35gと 黒糖20gを入れて火をつける• 弱火で混ぜながら熱し、沸騰して泡立ったら火を消す• (1)をフライパンに加えて、全体をよく混ぜる• フライパンから出して、少しこねながらひとかたまりにする• タピオカの形に 成形する(あらかじめ1粒ずつにカットすると、成形しやすいです)• 成形し終わったら、 打粉をふる(タピオカ同士がくっつくのを防ぐため)• 沸騰したお湯でタピオカを 30分ほど茹でる• 水にさらして冷めるまで待ったらできあがり! こちらの動画では、2種類のタピオカを作って オシャレなドリンクを作るまでの工程を紹介してくれています!ぜひ参考にしてみて下さい。 苗や粉はヤフオクや通販で購入できる!日本でキャッサバを売ってる場所は? キャッサバを売っている場所を調査してみると、キャッサバ粉なら 輸入食品店のような限定された場所に置いていることもあるようです。 楽天や Amazonなどの通販で検索してみると、キャッサバ粉(タピオカ粉)が中心ではありますが、意外とさまざまな商品が販売されていました。 通販で発見した気になる商品を、いくつかご紹介します! キャッサバ苗 「キャッサバは 地中に挿し木するだけで根が育つ」とご紹介しました。 そこでキャッサバの苗から 自宅で栽培できるかもと興味がわいて調べてみると、苗ではなく 茎が販売されているのを発見しました! 根が育って食べられる以外に 葉が緑化の役割も果たしてくれて、一度育てれば、茎を切り取って挿し木することで 増やせます。 気になる方は、をチェックしてみて下さい。 値段は 15センチで2,000円なので、将来の活用方法を考えると、とっても安い気がします。 キャッサバ芋 キャッサバ芋を栽培している農家の方のホームページを見ると、 収穫と同時に売り切れてしまうほど、知っている方の間では人気とのことでした。 生のキャッサバ芋が広く販売されることは、今のところ無いようです。 毒抜き済みのキャッサバ芋なら通販で販売されているので、食べるまでの手間を考えるとぜひお取り寄せしてみたいです!• キャッサバは可食部の根から葉まで全てが、世界中で さまざまな用途に活用されている• キャッサバには 青酸配糖体という毒が含まれている• 生のキャッサバ芋は毒抜きをしっかりしないと食べられない• キャッサバ芋や粉から タピオカが手作りできる• キャッサバは、 タピオカ以外の食べ方でも楽しめる• キャッサバを手に入れる方法は、 通販でのお取り寄せが簡単 私を含め、「 タピオカを知っていてもキャッサバを知らない」という方は多いことと思います。 今回はキャッサバが 世界で広く生産されていて、さまざまな可能性を持って活用されていることがわかりました。 ただし 毒性には注意が必要でしたね。 私は 市販の粉や毒抜き後の芋を活用して、ブラジル料理などにチャレンジしてみたくなりました! ごく稀に 農家直販所などで販売されることもあるようなので、もし 生のキャッサバ芋の調理にチャレンジするときは、今回の情報を役立てて頂けると幸いです。 【不要な外出を減らす食材宅配サービス】 新型コロナウイルスによる外出自粛は緩和されつつありますが、第2波を警戒する状況は現在も続いています。 外出自粛の期間中、 食材の宅配サービスを利用する人が急激に増えており、当サイトで紹介していた Oisix オイシックス のお試しセット等の新規受付は 一時休止している状況です。 そこで、類似の人気サービスを改めて調べてみました。 食材の宅配サービスが良いのは、 ・スーパー等に行くのを避けられる ・カートや買い物かごの接触を避けられる ・レジに並ぶ時など人に近づくことを回避 ・宅配される食材そのものが安全である ・ 無農薬野菜や厳選食材を入手できる 供給量の限界もありますので、100%安心できませんが、外出自粛が強まったときの準備にもなります。 今求められているサービスと感じ、今回2つ紹介させていただきます。

次の