中央競馬ライブ中継 無料。 中央競馬中継

視聴方法

中央競馬ライブ中継 無料

大変だよね。 — 小塚歩 AYUMU KOZUKA AyumuKozuka そういえばポテトサラダって作ったことないなあ。 大変だというのはわかるけど。 じゃあどれだけ大変か作ってみよう! スーパーでの買い物中にふとそう思ったのでありました。 朝からツイッターみててポテサラポテサラとよう目にしましたからな。 レシピサイトでできるだけ簡単な作り方のやつを探して。 材料はじゃがいも、卵、ベーコン、味付けの塩胡椒とマヨネーズ。 材料これだけ。 皮剥いたじゃがいもをレンチンして潰して、ゆで卵作って細かく切って、カリカリベーコン作って、調味料と和えるだけ。 これだけ。 文章で書くとこれだけなのにケッコー大変なの。 作り置きしようと思ってじゃがいも5個で作ったんですけどね、5個の皮きれいにピーラーで剥くのがまず大変だし、この芋たちを満遍なく蒸かすのがまた大変だし。 あ、先に皮付きでレンチンしてから剥けばよかったのか。 そのほうが時短になるかな。 まあこれだけの工程でそこそこ時間かかるわけで、やれキューリだニンジンだ、ってなるとさらに面倒になりますものね。 まあでも、具をシンプルにしたことで"大人のポテサラ"になったかな。 さすがシャウエッセン!コクと旨みが普通のベーコンより深く感じる。 リピート確定🥓 — 小塚歩 AYUMU KOZUKA AyumuKozuka 何のブログなんだかわからなくなってきましたがw 先日の冷凍ギョーザに続いて、おうち時間の新たな過ごし方が見つかったような気がします。 では、 7月 12日(日) の放送予定です。 【PCやスマホで楽しめます。 父クロフネ、母ブチコ。 個性的な斑模様で人気を集めた白毛の牝馬ブチコの初仔であります。 そしてこのソダシも白毛。 シラユキヒメから続く白毛3代目の一頭ということで注目を集め、この中間は各紙で記事にもなってましたね。 写真を見るとソダシはまだら模様ということはなく、わりと白一色という感じの毛色ですね。 オーナーは金子真人ホールディングス。 ハワイ語でなく、サンスクリット語できましたか~。 備忘:ソダシはJRAでデビューする24頭目の白毛馬— 小塚歩 AYUMU KOZUKA AyumuKozuka ちなみに小塚調べだと、母ブチコはJRA12頭目の白毛馬。 ブチコは2014年10月のデビューで、もうあの頃から頭数が倍になったわけですなあ。 白毛馬24頭のうち16頭、3分の2を占めるのがシラユキヒメとその子孫であります。 シラユキヒメが現役競走馬だったのが2001年。 翌年に種付けして2003年に生まれたのがシロクン(白毛)。 このシロクンを皮切りに、シラユキヒメ産駒の白毛馬はこれまで9頭デビューしました。 この仔出しの良さも牝系の広がりの大きな理由のひとつですよね。 シラユキヒメ産駒の牝馬は繁殖入りして、さらに白毛馬を生みました。 ハヤヤッコ(母マシュマロ)は去年のレパードSを勝ち、JRA初の白毛馬重賞勝利を達成。 現2歳で登録されている2頭の白毛馬、ソダシもダノンハーロックも白毛3代目であります。 そして今週はもう一頭の白毛馬が注目を集めました。 現3歳の白毛馬ウアラネージュが繁殖牝馬としてサラブレッドオークションに上場され、1668万円で落札されました。 オークションサイトによると「膝の骨折でデビューが遅れ、6月28日の阪神戦が初出走。 レース後に前回骨折した箇所に骨膜が出、剥離骨折も判明したため現役続行を断念し繁殖牝馬として上場」(小塚要約)ということでした。 オークションで"白毛牝系"を手に入れるチャンスということで注目されたのです。 シラユキヒメ牝系では、母ユキチャンの1歳馬(父ドレフォン)と母マシュマロの当歳馬(父ラブリーデイ)が白毛のようです。 そしてシラユキヒメ牝系以外では、南半球生まれのカスタディーヴァ(藤田菜七子Jが47キロで騎乗して話題になりました)の当歳が白毛のようです。 調べたところ父ゴールドシップ!ゴルシ産駒の白毛... 人気が出ないわけがない! あとは白毛の種牡馬がいるといいですよねー。 ハクタイユーとハクホウクン以来になるのかな。 ハヤヤッコが種牡馬入りするかなー?それとも、シラユキヒメ牝系からさらなる牡馬の大物が出てくるか?期待して待っています。 では、 7月 11日(土) の放送予定です。 【PCやスマホで楽しめます。 明日は福島競馬場から虎ノ門の本社に戻って中継。 帰りの新幹線でる~び~飲めないのは寂しいけど、ディアドラとエネイブルが一緒に走るところを観られるだけでワクワクするからよしとしよう! もちろん馬券も買わなきゃ。 明日のエクリプスS、マジックワンドにベギーが乗るのね。 ベギーさんの馬券を日本で買える日が来るとは。 — 小塚歩 AYUMU KOZUKA AyumuKozuka さて、明日はラジオNIKKEI賞であります。 本来なら弊社としても力の入る週なのでありますが、今年のこの状況ではなんとも。 静かに社杯を迎えることになりそうであります。 今年は12頭が出走。 うち本賞金900万が11頭、400万がディープキングの1頭だけ。 いわゆるオープン馬がゼロという、珍しいメンバー構成となりました。 本来なら、交流重賞勝ちのあるキメラヴェリテが出走予定だったんですけどね。 残念ながら回避。 このキメラヴェリテがハンデ56キロということでトップハンデとなるはずだったのですが、回避のためにトップハンデはアルサトワ、サクラトゥジュール、グレイトオーサー、パンサラッサ、ルリアンの54キロに。 牝馬で52キロのパラスアテナも実質同じ斤量ですな。 うーむ。 トップハンデが5頭もいるハンデ戦というのも珍しい。 しかしまあ、1勝クラスを勝ったばかりの若駒たちの斤量にどう差をつけるかって難しいですわね。 材料が多くないんだし。 古馬のレースは馬齢重量から考えても、トップハンデ54キロというレースはまず有り得ない。 では3歳馬限定のハンデ戦で、これまでにトップハンデが54キロだったことがあるのかどうか? 調べたところ、2クラ見つかりました。 (勝ち馬ルネッサンス) (勝ち馬シルヴァーゼファー) ああーありましたね。 かつての3歳(4歳)900万下の特別戦。 さくらんぼステークスがハンデ戦で行われ、上記2レースはどちらもトップハンデ54キロ、最軽量ハンデ51キロと今年のラジオNIKKEI賞と同じ斤量構成となっていたのでした。 登録段階でこれより重いハンデを課せられた馬がいたかもしれませんけどね。 実際にレースに出てきた馬たちの斤量をみてみると、こうなったということです。 ラジオNIKKEI賞がハンデ戦となったのは2006年から。 それまで3歳馬限定のハンデ戦はしばらく行われていなかったのですが、2001年までは3歳馬の現在でいう2勝クラスのレースにハンデ戦がいくつかありました。 前述のさくらんぼステークスのほか、阪神で行われていたやまゆりステークス、80年代終盤に行われたしゃくなげステークスやひめゆり賞など、年に2~3クラこのようなレースが行われていました。 上下のハンデ差が3キロではハンデの妙も生まれないかな、という気もしますが... 、ラジオNIKKEI賞はハンデ53キロの馬が高配当をもたらすことが多いんです。 では、 7月 5日(日) の放送予定です。 【PCやスマホで楽しめます。 先週の宝塚記念、クロノジェネシスの走りには度肝を抜かれましたなあ。 4コーナーで持ったままの手応えで進出、これは勝つだろうなと思ってみていたら、あんなにちぎるとは。 2着キセキに6馬身差、宝塚記念の最大着差レコード。 紙をちぎる、ですよね。 あ、「ぶっちぎる」なのか? 三省堂の大辞林によると、ぶっちぎるは「打っ千切る」と書き、ひとつめの意味が「強くちぎる」。 で、ふたつめに「(主に競馬で)大差をつけて勝つ」という意味が出てきます。 先週のクロノジェネシスは「打っ千切る」という意味にふさわしい走りだったように思えますな。 さて、昨暮れの有馬記念でリスグラシューが圧勝したときにも調べたことなんですが、改めて。 去年の有馬記念のときにこんなツイートをしたのですが、きょうのクロノジェネシスは2着キセキに1秒0差をつけました。 86年以降で、牡牝混合の芝2000m以上平地重賞で牝馬が2着に1秒差をつけるのは初めて。 歴史的な牝馬圧勝のGIが半年間に2回もあるんだからなあ。 凄い時代だ。 — 小塚歩 AYUMU KOZUKA AyumuKozuka クロノジェネシスは歴史的圧勝だったというわけです。 では、GI以外の牡牝混合の平地重賞(距離問わず)で、牝馬がクロノジェネシス同様に2着馬に1秒以上の差をつけて勝ったことはどのくらいあるのか。 1986年以降先週までの33年半を調べてみたところ... 何頭いると思います? 答えは3頭。 3頭しかいないんだ! 古い順に並べます。 ヒロタイム(92年セイユウ記念)2着マリンパレードに1秒0差 レーヌミノル(16年小倉2歳S)2着ダイイチターミナルに1秒0差 クロノジェネシス(20年宝塚記念)2着キセキに1秒0差 ふええ。 ビッグネームが揃う宝塚記念で牝馬が打っ千切ることの凄さがこれでもわかりますな。 ちなみに2着キセキと3着モズベッロはさらに5馬身差で、クロノジェネシスとモズベッロのタイム差は1秒8ありました。 牡牝混合の平地重賞で3着馬にこれだけの差をつけた牝馬を探してみると... すべての距離でもアラブを含めてもクロノジェネシスだけ。 すげー! 直前の大雨のせいだろうって言う方もおられるかもしれません。 そんな無粋なことおっしゃらず! 条件はどの馬も一緒なんですから。 タフなコンディションを苦にせず最後まで走りきったからこその着差なのだと思うのであります。 この宝塚記念も含め、なんだかこの上半期は無観客がもったいないと思わされる名シーンが多かったですよね。 秋も素晴らしいシーンが見られますように、そして競馬場でファンの皆さんと分かち合うことができますように! では、 7月 4日(土) の放送予定です。 【PCやスマホで楽しめます。 サンズいいぞ!打った瞬間のホームランにひとり大歓声。 気分良くキンミヤ飲んでたら、そうだブログの更新しなきゃ。 明日は宝塚記念であります。 アタシも何度か実況担当しました。 以前書いたかもしれませんが、宝塚記念は割と「実況しやすい」側のレースであるのです。 要因は大きくみっつあり、ひとつは4コーナー奥からスタートしてホームストレッチを通過するコース形態。 先行争いが激しくなく、有力馬の位置取りが把握しやすいんですね。 そしてもうひとつは、手頃な頭数に落ち着くこと。 これ大事。... なんて言ってみたものの、アタシが担当した4回は16頭立て、16頭立て、11頭立て、17頭立て。 あれ、いっぱい出てるやん。 それでもフルゲートではありませんでしたが。 今年はたーくさん出てきました。 GI馬8頭を含むフルゲート18頭!18頭が出走しての宝塚記念は、61回目にしてわずか2度目。 登録の段階で18頭超えることってそうそうないもんなあ。 安田記念もそうでしたが、やはりドバイをはじめとする諸外国の国際競走が中止になったことが大きかったのでしょうかね。 グローリーヴェイズもそうだし、サートゥルナーリアだって香港があれば香港行ってただろうし。 コロナは鬱陶しい存在なのですが、宝塚記念が盛り上がるなら怪我の功名と言える... か? コロナ禍による無観客競馬は寂しいことこの上ないのですが、無観客で良かったことも僅かながらあるにはあります。 歓声で入れ込んで力を出せなくなる馬が少なくなった(と言われる)のもひとつ。 そして我々実況アナウンサーからいうと、大歓声がないせいで自分の実況がレース中にしっかりと聞こえることが挙げられます。 あれは2011年。 アタシが初めて担当した宝塚記念です。 GI担当4クラ目、これほど大きなレース、スターホースの出走するレースの担当は初めて。 舞い上がりましたねえ。 スターホースが出走しているということは、お客さんの数も多いということ。 これまでにない大歓声がスタンドから聞こえてきて、まだ若かった小塚は大歓声に負けまいとスタート直後からギア全開で飛ばしていったのです。 そんなことしたらどうなるか。 そりゃガス欠です。 スタミナ配分を間違えているんですから。 直線でヘロヘロになり、ゴールに辿り着く頃にはヨレヨレになっておりました...。 あの実況は未だに聞き返せません。 甘酸っぱいというか、酸っぱいだけの思い出ですなあ(遠い目 無観客だとそういうことはありませんですからね。 31歳の小塚が無観客競馬の宝塚記念を初実況したら、また違ったものになったのでしょうかねえ。 40歳になった今なら、ま、大丈夫かな。 明日の宝塚記念は、ベテラン小林アナが初実況。 豪華スターの共演は、どうぞ小林節でお楽しみください!! では、 6月 28日(日) の放送予定です。 【PCやスマホで楽しめます。 (悲観的 とある番組でも申し上げましたが、アタシこの夏は「2歳戦おじさん」と化しております。 新馬戦を調教動画から血統からパドック気配まで確認して、できる限りは馬券参加。 今のところは2歳戦だけならプラスですのよオホホホ! 微々たるもんですけどね。 今年日本ダービーの実況を担当したからかもしれません。 ダービーからダービーへという言葉がズッシリきましてね。 1年間じっくりと世代を追いかけてみようかなと。 秋になると2歳戦多くなるんで、少なくとも夏の間はじっくり取り組んでみようかなと思った次第であります。 先日のこのブログにも記しましたが、現3歳世代は新種牡馬の産駒が大活躍。 キズナやエピファネイアの産駒の活躍はもちろん、リアルインパクトもGI馬を出しましたからね。 そして今年の2歳新種牡馬はドゥラメンテとモーリスが量も質も高いものがあり、大いに注目を集めていました。 ところが... 先週まで3週を終え、ドゥラメンテは延べ9頭出走しアスコルターレが勝ち上がったものの馬券圏内はこれだけ。 モーリスは14頭が出走し、2着3回3着2回があるもののまだ勝利に手が届かず。 むむ、これってどうなの? 去年の同時期の成績を調べてみました。 キズナは新馬が始まって2週目にルーチェデラヴィタが産駒の出走3頭目で初勝利。 6月中にはレジェーロが未勝利戦を勝ち、函館でビアンフェも未勝利を勝って3勝マーク。 エピファネイアはというと、東京阪神の間に勝ち上がりはなく、5週目にしてスマートカーリーとヤマニンエルモサが新馬戦を勝ちました。 近年活躍した新種牡馬もついでに調べると、2017年のロードカナロアは、6月中にはステルヴィオの1勝だけ。 出走そのものが少なかったみたいですどね(6頭)。 その前年のルーラーシップは、これも6月中はイブキの1勝のみ(出走6頭)。 これってつまり... いま勝ち上がりがない(少ない)からって、なーんも心配することないんじゃないか! 現3歳でいうと、牝馬2冠を達成したデアリングタクトは11月の京都でデビュー。 早い時期に勝ち上がらなくたって、父の代表産駒となる馬はこれからデビューしてくるかもしれないじゃないの。 特にモーリスは自身が古馬になって爆発的な力を発揮した晩成タイプということもあり、長い目で見ましょうよ。 そのへんのね、2歳新種牡馬の産駒たちを見極めながら、夏の2歳戦を楽しみたいと思っています。 では、 6月 27日(土) の放送予定です。 【PCやスマホで楽しめます。

次の

中央競馬実況中継

中央競馬ライブ中継 無料

ご注意• ・レース映像が見られない方は以下のリンクをご確認ください。 ・楽天競馬にて映像をご視聴いただく際の推奨環境は以下のリンクからご確認ください。 推奨環境以外でご覧いただく場合、画面や映像が正しく表示されないことがあります。 ・ライブ映像がうまく視聴できない場合は、ビットレート設定を変更してお試しください。 ・ライブ映像は、実際より若干遅れて配信されます。 ・フルスクリーンで視聴の場合は、映像アイコンをクリックしてください。 ・音声はメイン映像でのみ、お楽しみいただけます。 ・ライブ映像の複数同時視聴は、お客様のパソコンの性能や回線の状態によって、正常にご覧頂くことができない、あるいはパソコンの操作ができない場合がございます。 予めご了承願います。

次の

競馬ライブ中継を無料で見る方法はある?おすすめラジオ実況アプリ

中央競馬ライブ中継 無料

大変だよね。 — 小塚歩 AYUMU KOZUKA AyumuKozuka そういえばポテトサラダって作ったことないなあ。 大変だというのはわかるけど。 じゃあどれだけ大変か作ってみよう! スーパーでの買い物中にふとそう思ったのでありました。 朝からツイッターみててポテサラポテサラとよう目にしましたからな。 レシピサイトでできるだけ簡単な作り方のやつを探して。 材料はじゃがいも、卵、ベーコン、味付けの塩胡椒とマヨネーズ。 材料これだけ。 皮剥いたじゃがいもをレンチンして潰して、ゆで卵作って細かく切って、カリカリベーコン作って、調味料と和えるだけ。 これだけ。 文章で書くとこれだけなのにケッコー大変なの。 作り置きしようと思ってじゃがいも5個で作ったんですけどね、5個の皮きれいにピーラーで剥くのがまず大変だし、この芋たちを満遍なく蒸かすのがまた大変だし。 あ、先に皮付きでレンチンしてから剥けばよかったのか。 そのほうが時短になるかな。 まあこれだけの工程でそこそこ時間かかるわけで、やれキューリだニンジンだ、ってなるとさらに面倒になりますものね。 まあでも、具をシンプルにしたことで"大人のポテサラ"になったかな。 さすがシャウエッセン!コクと旨みが普通のベーコンより深く感じる。 リピート確定🥓 — 小塚歩 AYUMU KOZUKA AyumuKozuka 何のブログなんだかわからなくなってきましたがw 先日の冷凍ギョーザに続いて、おうち時間の新たな過ごし方が見つかったような気がします。 では、 7月 12日(日) の放送予定です。 【PCやスマホで楽しめます。 父クロフネ、母ブチコ。 個性的な斑模様で人気を集めた白毛の牝馬ブチコの初仔であります。 そしてこのソダシも白毛。 シラユキヒメから続く白毛3代目の一頭ということで注目を集め、この中間は各紙で記事にもなってましたね。 写真を見るとソダシはまだら模様ということはなく、わりと白一色という感じの毛色ですね。 オーナーは金子真人ホールディングス。 ハワイ語でなく、サンスクリット語できましたか~。 備忘:ソダシはJRAでデビューする24頭目の白毛馬— 小塚歩 AYUMU KOZUKA AyumuKozuka ちなみに小塚調べだと、母ブチコはJRA12頭目の白毛馬。 ブチコは2014年10月のデビューで、もうあの頃から頭数が倍になったわけですなあ。 白毛馬24頭のうち16頭、3分の2を占めるのがシラユキヒメとその子孫であります。 シラユキヒメが現役競走馬だったのが2001年。 翌年に種付けして2003年に生まれたのがシロクン(白毛)。 このシロクンを皮切りに、シラユキヒメ産駒の白毛馬はこれまで9頭デビューしました。 この仔出しの良さも牝系の広がりの大きな理由のひとつですよね。 シラユキヒメ産駒の牝馬は繁殖入りして、さらに白毛馬を生みました。 ハヤヤッコ(母マシュマロ)は去年のレパードSを勝ち、JRA初の白毛馬重賞勝利を達成。 現2歳で登録されている2頭の白毛馬、ソダシもダノンハーロックも白毛3代目であります。 そして今週はもう一頭の白毛馬が注目を集めました。 現3歳の白毛馬ウアラネージュが繁殖牝馬としてサラブレッドオークションに上場され、1668万円で落札されました。 オークションサイトによると「膝の骨折でデビューが遅れ、6月28日の阪神戦が初出走。 レース後に前回骨折した箇所に骨膜が出、剥離骨折も判明したため現役続行を断念し繁殖牝馬として上場」(小塚要約)ということでした。 オークションで"白毛牝系"を手に入れるチャンスということで注目されたのです。 シラユキヒメ牝系では、母ユキチャンの1歳馬(父ドレフォン)と母マシュマロの当歳馬(父ラブリーデイ)が白毛のようです。 そしてシラユキヒメ牝系以外では、南半球生まれのカスタディーヴァ(藤田菜七子Jが47キロで騎乗して話題になりました)の当歳が白毛のようです。 調べたところ父ゴールドシップ!ゴルシ産駒の白毛... 人気が出ないわけがない! あとは白毛の種牡馬がいるといいですよねー。 ハクタイユーとハクホウクン以来になるのかな。 ハヤヤッコが種牡馬入りするかなー?それとも、シラユキヒメ牝系からさらなる牡馬の大物が出てくるか?期待して待っています。 では、 7月 11日(土) の放送予定です。 【PCやスマホで楽しめます。 明日は福島競馬場から虎ノ門の本社に戻って中継。 帰りの新幹線でる~び~飲めないのは寂しいけど、ディアドラとエネイブルが一緒に走るところを観られるだけでワクワクするからよしとしよう! もちろん馬券も買わなきゃ。 明日のエクリプスS、マジックワンドにベギーが乗るのね。 ベギーさんの馬券を日本で買える日が来るとは。 — 小塚歩 AYUMU KOZUKA AyumuKozuka さて、明日はラジオNIKKEI賞であります。 本来なら弊社としても力の入る週なのでありますが、今年のこの状況ではなんとも。 静かに社杯を迎えることになりそうであります。 今年は12頭が出走。 うち本賞金900万が11頭、400万がディープキングの1頭だけ。 いわゆるオープン馬がゼロという、珍しいメンバー構成となりました。 本来なら、交流重賞勝ちのあるキメラヴェリテが出走予定だったんですけどね。 残念ながら回避。 このキメラヴェリテがハンデ56キロということでトップハンデとなるはずだったのですが、回避のためにトップハンデはアルサトワ、サクラトゥジュール、グレイトオーサー、パンサラッサ、ルリアンの54キロに。 牝馬で52キロのパラスアテナも実質同じ斤量ですな。 うーむ。 トップハンデが5頭もいるハンデ戦というのも珍しい。 しかしまあ、1勝クラスを勝ったばかりの若駒たちの斤量にどう差をつけるかって難しいですわね。 材料が多くないんだし。 古馬のレースは馬齢重量から考えても、トップハンデ54キロというレースはまず有り得ない。 では3歳馬限定のハンデ戦で、これまでにトップハンデが54キロだったことがあるのかどうか? 調べたところ、2クラ見つかりました。 (勝ち馬ルネッサンス) (勝ち馬シルヴァーゼファー) ああーありましたね。 かつての3歳(4歳)900万下の特別戦。 さくらんぼステークスがハンデ戦で行われ、上記2レースはどちらもトップハンデ54キロ、最軽量ハンデ51キロと今年のラジオNIKKEI賞と同じ斤量構成となっていたのでした。 登録段階でこれより重いハンデを課せられた馬がいたかもしれませんけどね。 実際にレースに出てきた馬たちの斤量をみてみると、こうなったということです。 ラジオNIKKEI賞がハンデ戦となったのは2006年から。 それまで3歳馬限定のハンデ戦はしばらく行われていなかったのですが、2001年までは3歳馬の現在でいう2勝クラスのレースにハンデ戦がいくつかありました。 前述のさくらんぼステークスのほか、阪神で行われていたやまゆりステークス、80年代終盤に行われたしゃくなげステークスやひめゆり賞など、年に2~3クラこのようなレースが行われていました。 上下のハンデ差が3キロではハンデの妙も生まれないかな、という気もしますが... 、ラジオNIKKEI賞はハンデ53キロの馬が高配当をもたらすことが多いんです。 では、 7月 5日(日) の放送予定です。 【PCやスマホで楽しめます。 先週の宝塚記念、クロノジェネシスの走りには度肝を抜かれましたなあ。 4コーナーで持ったままの手応えで進出、これは勝つだろうなと思ってみていたら、あんなにちぎるとは。 2着キセキに6馬身差、宝塚記念の最大着差レコード。 紙をちぎる、ですよね。 あ、「ぶっちぎる」なのか? 三省堂の大辞林によると、ぶっちぎるは「打っ千切る」と書き、ひとつめの意味が「強くちぎる」。 で、ふたつめに「(主に競馬で)大差をつけて勝つ」という意味が出てきます。 先週のクロノジェネシスは「打っ千切る」という意味にふさわしい走りだったように思えますな。 さて、昨暮れの有馬記念でリスグラシューが圧勝したときにも調べたことなんですが、改めて。 去年の有馬記念のときにこんなツイートをしたのですが、きょうのクロノジェネシスは2着キセキに1秒0差をつけました。 86年以降で、牡牝混合の芝2000m以上平地重賞で牝馬が2着に1秒差をつけるのは初めて。 歴史的な牝馬圧勝のGIが半年間に2回もあるんだからなあ。 凄い時代だ。 — 小塚歩 AYUMU KOZUKA AyumuKozuka クロノジェネシスは歴史的圧勝だったというわけです。 では、GI以外の牡牝混合の平地重賞(距離問わず)で、牝馬がクロノジェネシス同様に2着馬に1秒以上の差をつけて勝ったことはどのくらいあるのか。 1986年以降先週までの33年半を調べてみたところ... 何頭いると思います? 答えは3頭。 3頭しかいないんだ! 古い順に並べます。 ヒロタイム(92年セイユウ記念)2着マリンパレードに1秒0差 レーヌミノル(16年小倉2歳S)2着ダイイチターミナルに1秒0差 クロノジェネシス(20年宝塚記念)2着キセキに1秒0差 ふええ。 ビッグネームが揃う宝塚記念で牝馬が打っ千切ることの凄さがこれでもわかりますな。 ちなみに2着キセキと3着モズベッロはさらに5馬身差で、クロノジェネシスとモズベッロのタイム差は1秒8ありました。 牡牝混合の平地重賞で3着馬にこれだけの差をつけた牝馬を探してみると... すべての距離でもアラブを含めてもクロノジェネシスだけ。 すげー! 直前の大雨のせいだろうって言う方もおられるかもしれません。 そんな無粋なことおっしゃらず! 条件はどの馬も一緒なんですから。 タフなコンディションを苦にせず最後まで走りきったからこその着差なのだと思うのであります。 この宝塚記念も含め、なんだかこの上半期は無観客がもったいないと思わされる名シーンが多かったですよね。 秋も素晴らしいシーンが見られますように、そして競馬場でファンの皆さんと分かち合うことができますように! では、 7月 4日(土) の放送予定です。 【PCやスマホで楽しめます。 サンズいいぞ!打った瞬間のホームランにひとり大歓声。 気分良くキンミヤ飲んでたら、そうだブログの更新しなきゃ。 明日は宝塚記念であります。 アタシも何度か実況担当しました。 以前書いたかもしれませんが、宝塚記念は割と「実況しやすい」側のレースであるのです。 要因は大きくみっつあり、ひとつは4コーナー奥からスタートしてホームストレッチを通過するコース形態。 先行争いが激しくなく、有力馬の位置取りが把握しやすいんですね。 そしてもうひとつは、手頃な頭数に落ち着くこと。 これ大事。... なんて言ってみたものの、アタシが担当した4回は16頭立て、16頭立て、11頭立て、17頭立て。 あれ、いっぱい出てるやん。 それでもフルゲートではありませんでしたが。 今年はたーくさん出てきました。 GI馬8頭を含むフルゲート18頭!18頭が出走しての宝塚記念は、61回目にしてわずか2度目。 登録の段階で18頭超えることってそうそうないもんなあ。 安田記念もそうでしたが、やはりドバイをはじめとする諸外国の国際競走が中止になったことが大きかったのでしょうかね。 グローリーヴェイズもそうだし、サートゥルナーリアだって香港があれば香港行ってただろうし。 コロナは鬱陶しい存在なのですが、宝塚記念が盛り上がるなら怪我の功名と言える... か? コロナ禍による無観客競馬は寂しいことこの上ないのですが、無観客で良かったことも僅かながらあるにはあります。 歓声で入れ込んで力を出せなくなる馬が少なくなった(と言われる)のもひとつ。 そして我々実況アナウンサーからいうと、大歓声がないせいで自分の実況がレース中にしっかりと聞こえることが挙げられます。 あれは2011年。 アタシが初めて担当した宝塚記念です。 GI担当4クラ目、これほど大きなレース、スターホースの出走するレースの担当は初めて。 舞い上がりましたねえ。 スターホースが出走しているということは、お客さんの数も多いということ。 これまでにない大歓声がスタンドから聞こえてきて、まだ若かった小塚は大歓声に負けまいとスタート直後からギア全開で飛ばしていったのです。 そんなことしたらどうなるか。 そりゃガス欠です。 スタミナ配分を間違えているんですから。 直線でヘロヘロになり、ゴールに辿り着く頃にはヨレヨレになっておりました...。 あの実況は未だに聞き返せません。 甘酸っぱいというか、酸っぱいだけの思い出ですなあ(遠い目 無観客だとそういうことはありませんですからね。 31歳の小塚が無観客競馬の宝塚記念を初実況したら、また違ったものになったのでしょうかねえ。 40歳になった今なら、ま、大丈夫かな。 明日の宝塚記念は、ベテラン小林アナが初実況。 豪華スターの共演は、どうぞ小林節でお楽しみください!! では、 6月 28日(日) の放送予定です。 【PCやスマホで楽しめます。 (悲観的 とある番組でも申し上げましたが、アタシこの夏は「2歳戦おじさん」と化しております。 新馬戦を調教動画から血統からパドック気配まで確認して、できる限りは馬券参加。 今のところは2歳戦だけならプラスですのよオホホホ! 微々たるもんですけどね。 今年日本ダービーの実況を担当したからかもしれません。 ダービーからダービーへという言葉がズッシリきましてね。 1年間じっくりと世代を追いかけてみようかなと。 秋になると2歳戦多くなるんで、少なくとも夏の間はじっくり取り組んでみようかなと思った次第であります。 先日のこのブログにも記しましたが、現3歳世代は新種牡馬の産駒が大活躍。 キズナやエピファネイアの産駒の活躍はもちろん、リアルインパクトもGI馬を出しましたからね。 そして今年の2歳新種牡馬はドゥラメンテとモーリスが量も質も高いものがあり、大いに注目を集めていました。 ところが... 先週まで3週を終え、ドゥラメンテは延べ9頭出走しアスコルターレが勝ち上がったものの馬券圏内はこれだけ。 モーリスは14頭が出走し、2着3回3着2回があるもののまだ勝利に手が届かず。 むむ、これってどうなの? 去年の同時期の成績を調べてみました。 キズナは新馬が始まって2週目にルーチェデラヴィタが産駒の出走3頭目で初勝利。 6月中にはレジェーロが未勝利戦を勝ち、函館でビアンフェも未勝利を勝って3勝マーク。 エピファネイアはというと、東京阪神の間に勝ち上がりはなく、5週目にしてスマートカーリーとヤマニンエルモサが新馬戦を勝ちました。 近年活躍した新種牡馬もついでに調べると、2017年のロードカナロアは、6月中にはステルヴィオの1勝だけ。 出走そのものが少なかったみたいですどね(6頭)。 その前年のルーラーシップは、これも6月中はイブキの1勝のみ(出走6頭)。 これってつまり... いま勝ち上がりがない(少ない)からって、なーんも心配することないんじゃないか! 現3歳でいうと、牝馬2冠を達成したデアリングタクトは11月の京都でデビュー。 早い時期に勝ち上がらなくたって、父の代表産駒となる馬はこれからデビューしてくるかもしれないじゃないの。 特にモーリスは自身が古馬になって爆発的な力を発揮した晩成タイプということもあり、長い目で見ましょうよ。 そのへんのね、2歳新種牡馬の産駒たちを見極めながら、夏の2歳戦を楽しみたいと思っています。 では、 6月 27日(土) の放送予定です。 【PCやスマホで楽しめます。

次の