オーロンゲ 育成論 剣盾。 【ポケモン剣盾】オーロンゲの育成論と対策【ソードシールド】

【ポケモン剣盾】オーロンゲの育成論と対策【害悪魔神!積み構築キラー】

オーロンゲ 育成論 剣盾

5倍 0. 25倍 無効 解説 特性「いたずらごころ」によって変化技を先制で使用出来るので、「リフレクター」「ひかりのかべ」「でんじは」「トリック」などによって味方をサポートする型、高い攻撃も活かして「みがわり」「ビルドアップ」によって自らが積みアタッカーとして戦う型など絡め手を多く利用して戦闘を優位に進めていきます。 特にサポート型は仕事を遂行しやすく、後続の積みアタッカーが安全に積む為の補助になるのでゲームメイクにおいて非常に重要な役割を果たします。 使用したポケモンが交代してもターン分は効果が受けつがれる。 ダブルバトル、トリプルバトルでは効果が低くなる 解説 物理技を半減する効果を自分のフィールドに適用します。 現環境は物理アタッカーが非常に多いので試合全体を通してダメージを軽減するのに大いに役立ってくれる技です。 「ひかりのねんど」を持つ事によって適用ターンが伸び、発動ターン含め8ターンになります。 「かわらわり」には注意が必要です。 エスパー 変化 威力 0 命中 — PP 30 効果 5ターンの間、相手の特殊技のダメージを半分にする。 ポケモンを交代しても、ターン分は効果が続く 解説 こちらは特殊技を半減する効果を自分のフィールドに適用します。 オーロンゲは初手が読まれやすいので、それ対してフェアリータイプの特殊アタッカーをぶつけられた際などはこちらを先に使用して自分へのダメージを軽減していきましょう。 基本的な性能は完全に「リフレクター」の特殊版です。 自分の後続の積みアタッカーが特殊アタッカーに対して強い場合などは不採用とする選択肢もあります。 あく 変化 威力 0 命中 100 PP 20 効果 3ターンの間、相手は攻撃わざしか出せなくなる 解説 相手の変化技を3ターン封じる技です。 これにより同族と当たった時に相手に仕事をさせづらくなります。 その他にもオーロンゲが壁を貼っている間に積み切ってしまおうと考える相手や、一部のコンボパーティに対しても有用な技となります。 あく 物理 威力 70 命中 100 PP 5 効果 相手が攻撃技を選んでいた場合は先制攻撃が出来るが、攻撃技でない場合は失敗する 解説 「ちょうはつ」との相性が良く、先制で撃てるタイプ一致技です。 サポートの為の壁を貼った時点でHPが少ない事が多く、素早さも高いとは言えないのでダメージを一切与えられずに落ちてしまうという事も少なくありません。 「ふいうち」であれば落とされる前にタスキ潰し以上のダメージを与えられ、後続アタッカーの負担を攻撃面でも減らす事が出来ます。 でんき 変化 威力 0 命中 90 PP 20 効果 相手を「まひ」にする。 壁と併せて使用すると積みアタッカーの行動回数がより増やしやすくなるので有用な技ですが、命中不安な点、「ラムのみ」などによって無効化されると相手に行動回数を与えてしまう点など使い勝手が他に劣るという面もあります。 フェアリー 物理 威力 75 命中 100 PP 15 効果 相手の「とくこう」を1段階ダウン 解説 命中安定の一致技で、確定で相手の特攻を下げるという優秀な効果を持っています。 後続が特殊アタッカーに対してより強くなるので、電磁波と併せて採用であれば優秀な選択肢となる技です。 オーロンゲの持ち物候補 効果 持たせると「ひかりのかべ」「リフレクター」の効果が3ターン長くなる 解説 壁の効果ターンが延長されます。 読まれやすくはありますが明確な対処も難しく、サポートとしての役割がより強力になるので優秀な持ち物候補です。 効果 持たせるとダメージを受けた時に、行動をキャンセルして「てもち」のポケモンと入れ替わる。 使うとなくなる。 解説 先制で対面に有利な壁を貼り、攻撃を受けたらそのまま積みアタッカーに繋げる事が出来ます。 その他「トリック」を採用する場合などであれば相手に渡し、ダイマックス状態になった所を攻撃する事が出来ればダイマックスの強制解除も可能です。 メインメニュー•

次の

【ポケモンソードシールド】「オーロンゲ」の評価と入手方法【ポケモン剣盾】

オーロンゲ 育成論 剣盾

7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるオーロンゲの育成論と対策について掲載しています。 オーロンゲのおすすめ技や性格、もちものについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 育成論 目次• あくタイプのポケモンには失敗する 戦闘に出ると、相手の持っている道具がわかる 隠 直接攻撃を受けると、攻撃してきた相手の持っている道具を奪う オーロンゲの特徴 特性いたずらごころが強力 オーロンゲは特性いたずらごころによって変化技を先制で撃つことができるので、壁張りやでんじは、相手のダイマックスに対する先制みがわりなど、倒されるまでにほぼ確実に役割を遂行できる点が非常に強力です。 また、オーロンゲはあくタイプを持っているので、相手のいたずらごころによる先制のちょうはつを受けることがないのも魅力の一つです。 広範囲に刺さる技範囲 オーロンゲはアタッカーとしても技範囲が優秀で、多くのポケモンの弱点をつくことができます。 パーティとのバランスを考え、役割を持たせたい相手を決めて技構成を選んでいくこともできます。 耐久を重視するのであれば、努力値を攻撃から割いて防御に振ることで安定感が増します。 また、たべのこしを持たせたい場合はHPの努力値を180にすることで実数値が193となり、たべのこしの効果を最大にしつつ奇数HPに調整することができます。 素早さの努力値調整 素早さに努力値を回す際には12振ることで、でんじはでまひさせた最速ミミッキュの上を取れるようになるのでおすすめです。 さらに最速リザードンのラインに対しては28、アイアントのラインへは68を振ることで上を取ることができます。 眠気状態では確定ではなく、また他のダイマックス技とは異なり対象1体にしか効果は及びませんが非常に強力です。 一致技のダイフェアリーを使用する際には状態異常耐性を付与してしまうため相性は悪いですが、ダイサンダーなどを使用して眠気状態を防ぐ敵も多く、フィールド上書きが狙えるダイソウゲンを採用しています。 また、火力アップのかくとう打点、天候操作や苦手なはがねタイプへの打点となるほのお打点を採用しています。 命中は 90と不安がある ・進化時に習得 ・フェアリータイプの一致技 ・威力はじゃれつくより低いが、相手の特攻を 1段階下げる効果がある。 じゃれつくと選択 ・ Lvで習得 ・あくタイプの一致技 ・相手の攻撃技に対して先制で撃てる強力な技。 特にドラパルトに対してはタイプ一致で弱点を突けるので非常に有効。 相手が変化技を使用したり、先制技を使用したりすると失敗するので注意 ・で習得 ・あくタイプの一致技 ・能力変化を無視できるので相手の積んで受けてくるポケモンに対して有効。 ・で習得 ・あくタイプの一致技 ・相手の攻撃の値でダメージ計算をするため、攻撃に努力値を振らなくても火力を見込める ・で習得 ・ナットレイやアーマーガアを出された場合に有効 ・で習得 ・ギャラドス等に対して弱点を突ける ・で習得 ・あくタイプやはがねタイプに対して有効。 バンギラスの 4倍弱点も突ける。 ダイナックルでの攻撃 1段階上昇も狙える ・で習得 ・物理技のダメージを半分にする。 ひかりのねんどで持続ターンが伸びる ・で習得 ・特殊技のダメージを半分にする。 ひかりのねんどで持続ターンが伸びる ・で習得 ・高速アタッカーやスカーフ持ちをまひさせることで、後続のポケモンで処理しやすくさせるサポート役を担える ・で習得 ・特性いたずらごころによって先制でみがわりを置けるため、相手のダイマックスターンを枯らす動きができるので強力 ・で習得 ・自身の物理耐久を上げつつ、攻撃もあげることができる技。 特性いたずらごころにより先制で積めるので強力 ・で習得 ・積み型、耐久型対策。 オーロンゲのおすすめもちもの おすすめもちもの一覧 もちもの 考察 ・壁貼り要員として起用する際におすすめ ・みがわり回数を増やすために採用 ・場持ちを良くするアイテムとして オーロンゲの対策 注意点 壁張り型のオーロンゲの後ろにトゲキッスやアイアント等の強力なアタッカーが控えていると、そのまま全抜きされてしまう可能性があります。 ビルドアップ型の場合は相手の起点にされないように注意して立ち回る必要があります。 対策方法 壁を消すことが出来るポケモンで対策する キリキザンやドリュウズは特性いたずらごころのでんじはを無効にできて、さらにかわらわりを覚えるのでは壁張りオーロンゲ対策として非常に有効です。 オーロンゲが壁を張っている間につるぎのまいを積んで起点にすることもできます。 またバリコオルの特性バリアフリーで壁を消していくのも有効です。 ビルドアップ型には物理受けで対応 ナットレイやアーマーガアといったフェアリー技を半減できるはがねタイプの物理受けポケモンが対策として有効です。 ほのおのパンチを採用している型もあるのでその点は注意が必要です。 また、ビルドアップを積みきられる前に、早い段階で特殊アタッカーに交代して突破しに行く立ち回りも有効です。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は特攻を除く5V。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。

次の

【ポケモン剣盾】オーロンゲの育成論と対策、入手方法まとめ!性格や技構成を元プロゲーマーが徹底解説!【ポケモンソードシールド】

オーロンゲ 育成論 剣盾

0~36. 2% 乱数3発(38. 8~28. 4% 乱数4発(95. 1~74. 0% 確定2発 HB特化のジャイロボール 35. 2~43. 5〜106. 7% 乱数1発(37. 7~72. 9% 確定2発 H振りを 85. 8〜101. 8% 乱数1発(12. 4〜69. 3% 確定2発 H振りを 52. 2〜61. 3~106. 0% 乱数1発(31.

次の