コロナ ウイルス クレベリン。 大幸薬品の「クレベリン」はコロナ対策になるか

新型コロナウイルスに関するQ&A(関連業種の方向け)|厚生労働省

コロナ ウイルス クレベリン

中国、湖北省武漢市で昨年 2019年 12月から発生し、中国国内だけでなく、国外でも感染患者数の発表が増えている肺炎(新型肺炎)患者。 WHOによると原因は、新型コロナウイルス 2019-nCoV とされています。 いまのところ、新型コロナウイルスの感染予防には、季節性インフルエンザ対策と同じ対応で変わらず、マスクの着用や咳エチケット、手指の洗浄が重要です。 消毒には、アルコールが効果があります。 ただ心配なのが、デパートやスーパー等々、接客業での従業員でのマスクNGについて。 昨年末には、イオングループが、接客時のマスク着用を原則禁止していたことが報道されました。 2019-12-24 (注:武漢の新型肺炎の発生について公式発表は12月31日) この記事の中に、次の部分があります。 決定を受けて、関東圏にあるイオンの一部店舗では、「 自己防衛のために少し高いですが、 クレベリンなどの着用をしてもらえると幸いです」と、除菌剤を自費で購入するよう要望する張り紙も掲示された。 二酸化塩素を利用した空間除菌グッズとも呼ばれます。 まず、二酸化塩素を利用した空間除菌グッズは「雑貨」です。 これ重要。 「医薬品でも医薬部外品でもない「雑貨」として分類されるものなので、製造者や販売者の知識と判断力と、モラル次第でしょう。 」 一般販売されている製品には主に、家庭やオフィスなどで置いて使う「据え置きタイプ」と、首からひもでぶら下げたりポケットにクリップで挟んで使う「身に付けるタイプ」の2種類があります。 (その他、扇風機など空調機器に組み込まれたタイプ、業務用で低濃度の二酸化塩素ガス発生装置がある) この記事の、マスクの代わりに着用というのは「身に付けるタイプ」です。 では、低濃度の二酸化塩素ガスを発生させる「クレベリン(身に付けるタイプ)」を着用することで、マスクの代わりに、新型コロナウイルスを防ぐ効果が期待できるのでしょうか?🤔 当ブログ管理人は、以前、二酸化塩素ガスを発生させる装置についてそれなりに詳しく調べて、発表や報道を追いかけていました。 ) 事件として、似た名前で、二酸化塩素ガスでなく塩素ガスを発生する類似製品を売っていた会社があって、化学やけど被害がありました(販売中止と製品回収)。 消費者庁から過剰広告に対して、景品表示法に基づく措置命令がありました。 いまもこのタイプ (二酸化塩素ガス)の製品は販売されています。 結論として、感染症対策として、 「身に付けるタイプ」はマスクの代わりにはなり得ないし、製品説明の 二酸化塩素ガスの効果は「身に付けるタイプ」では期待できない、と考えています。 大幸薬品のクレベリンの、ペンのように身に付けられるスティックタイプの製品情報ページにも、次のように書いてあります。 * 閉鎖空間で二酸化塩素により特定の「浮遊ウイルス・浮遊菌」の除去を確認。 大幸薬品調べ (赤字強調は管理人による) あなたが働く場所は、「閉鎖空間」でしょうか?😕 低濃度の二酸化塩素ガスや二酸化塩素溶存液は、実験室での分析で、インフルエンザ・ウイルスやコロナウイルスの不活性化に一定の効果があるという先行研究があります。 それはあくまでも実験室での、ガス濃度を充分にコントロールした実験の結果です。 実証実験としては、大幸薬品から「クレベリン」製品発売前の最も初期に小学校での調査結果がありました。 また2009年には、陸上自衛隊駐屯地で勤務する自衛官と事務官を対象として、インフルエンザ様疾患予防効果の評価が行われています (注:この後、「低濃度の二酸化塩素ガスを発生させる製品」を分かりやすく示すため、大幸薬品の製品・ブランド名「クレベリン」を使って、「クレベリン等」と書くことがあります) Ads by Google 大幸薬品では、実験室で、二酸化塩素ガスや二酸化塩素溶存液による、ウイルスや菌(インフルエンザのウイルスやコロナウイルスなど)に対する不活性化の実験を行って、一定の効果があったと発表しています。 これは大幸薬品の「クレベリン」製品の説明で使われているものです。 (その一方で、そういった科学的な解説をいっさい書いていない製品、ホームページにも書いていない製品、ただ「二酸化塩素ガスは効果がある」という印象広告だけしかない製品を複数見かけます。 ネット通販でも実店舗の店頭でも見かけます。 (この記事では余談)) (ココログ・ブログの設定が変わっていたため、PCで読みづらくなってしまった) 2014年12月 6日 2013年5月 1日 2013年1月31日 2011年11月29日 2011年1月22日 2009年11月 3日 ・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・ 当ブログ管理人は、実は、大幸薬品が話している「低濃度の二酸化塩素ガスによる「空間除菌」」というアイディアは、感染症リスクが一段と高まっている中、とても興味深いと思っているのですよ。 それでも、あくまでも二酸化塩素ガスの濃度のコントロールが充分に出来る環境で使うことと、適切に管理できるヒトが使うことが必要だと考えています。 クレベリンなどの、低濃度の二酸化塩素ガスを安定して発生させる製品 (製造元での実験結果あるいは日本二酸化塩素工業会による実験結果が表示されている製品)は、物置きやロッカー、締め切った部屋 (大きさは製品(150gや60g)の能力と個数による)のような閉鎖空間など、実験室環境に近くなれば、より実験結果に近い効果が期待できるかもしれません。 クレベリン等の「身に付けるタイプ」では、相当に難しいでしょう。 大幸薬品の製品情報ページでも、次のように書いてあります。 * 閉鎖空間で二酸化塩素により特定の「浮遊ウイルス・浮遊菌」の除去を確認。 (大幸薬品は「身につける製品」の一般販売ではむしろ遅かった) クレベリンGスティックタイプ 表22 は、クレ ベリンGをスティック状にした製品です。 スティッ クを曲げることで二酸化塩素を発生させることができます。 スティック 1 本あたり 1 畳・1 ヶ月の空間除菌が可能で、6 本まで入る専用の壁掛け容器に セットする本数を変えることで、1 畳から 6 畳までの広さに対応しています。 --(追記ここまで)------------------ 二酸化塩素ガスを発生させる製品を、胸元や胸のポケットなど、口・鼻からの距離が適切な部分に着用している事が大前提で、着用した人は、閉鎖空間や空気の流れがまったく無い場所に居る必要があります。 もしかすると、大きな閉鎖空間でも、たくさんの人が、クレベリン等の「身に付けるタイプ」を着用しているのなら、その空間の中なら、ある程度の濃度を維持出来るかもしれません。 それなら、部屋の中に「据え置きタイプ」を設置したり、業務用製品を導入した方が効果的ですね。 屋外では、効果はほぼ期待できないと考えています。 二酸化塩素ガスが拡散しやすい。 同じように、大規模小売り店のような、フロアが広い空間では、二酸化塩素ガスは拡散しやすく、クレベリン等の「身に付けるタイプ」を着用している人が接客対応で動き回っていると、口・鼻の周辺に二酸化塩素ガスが効果ある濃度で滞留することはまず考えられません。 フロアでの接客業務はそうですし、レジでの会計やサッカー業務でも、動かずに仕事が出来るものではないでしょう。 感染のしやすさは、いまのところ、SARSよりは低いようです。 二酸化塩素ガスが、ミスト状の飛沫やモノの表面の水分に溶け込むことによって、二酸化塩素溶存液となることで、ウイルスが失活する効果があり、飛沫感染や接触感染のリスクを減らしているという可能性が考えられています。 これも、ガス濃度が充分にコントロールされている閉鎖空間の場合であり、しかも、リスクを減らすという程度の可能性でしかありません。 では、大規模小売り店では、接客業の従業員全員が、クレベリン等の「身に付けるタイプ」を身につけていれば良いのでしょうかか? ぶっちゃけ、そんなコスパが悪い(あるいは、ほとんど無い)個人装備に過剰な期待をかけずに、むしろ空調装置に、病院や施設で使われているような業務用機器を付ければいいと思いますが、それは兎も角・・・🙄 小売り店には、不特定多数の来客があります。 乳幼児など小さい子供や高齢者、年齢に関わらず呼吸器系疾患を持っている人も来店する場合があるでしょう。 二酸化塩素ガスの安全性について、製品の説明では安全性が書かれていますが、あくまでも成人を基準としたものです。 乳幼児など小さい子供や、高齢者、呼吸器疾患をもつヒトは想定されていないようです。 二酸化塩素の空気中の濃度基準は、日本では特に定められておらず、米国産業衛生専門家会議(ACGIH)が設定している基準がよく使われるよう。 ・TLV-STEL(短時間被曝限度値)(成人が15分以下の短時間、断続的にでも暴露されてはならない濃度)は 0. 3ppm。 ・TLV-TWA(時間荷重平均値被曝限度値)(成人が1日8時間または週40時間、繰り返し暴露しても健康上悪影響を受けないと考えられる濃度)は、 0. 1ppm。 ラットを使って、低濃度の二酸化塩素ガスの長期間の暴露試験を行っていて、安全性が高いことを発表していますが、人間の乳幼児や高齢者、呼吸器疾患をもつ人への影響の有無とどうリンクするのか、よく分からないところです。 日本二酸化塩素工業会の自主基準室内濃度指針値は0. 01ppmととても低い濃度ですが、クレベリン等の二酸化塩素ガスを放出する製品を使って、塩素臭を感じたという実例も自衛隊基地での実証実験にあります。 この論文では、空気中のウイルスを含んだ飛沫や呼吸器粘膜表面の水分に二酸化塩素が溶け込むことによって,吸入するウイルスを失活させるのではないか、と推測しています。 マスクという物理的な予防手段は、身につけるタイプの二酸化塩素ガスを発生する製品という化学的な予防手段(あるいは予防している気分になれる手段)よりも、確実な効果があるでしょう 適切に装着するマスクは、世界保健機関(WHO)からも、米国疾病センター(CDC)からも、感染症予防のための使用を推奨されています。 なにより、コスト・パフォーマンスにすぐれている。

次の

クレベリンの除菌効果!毎年使用してる薬剤師が解説。二酸化塩素のカビやインフルエンザへの効き目

コロナ ウイルス クレベリン

問1 食品を介して新型コロナウイルス感染症に感染することはありますか? 新型コロナウイルス感染症の主要な感染経路は飛沫感染と接触感染であると考えられています。 2020年4月1日現在、食品(生で喫食する野菜・果実や鮮魚介類を含む。 )を介して新型コロナウイルス感染症に感染したとされる事例は報告されていません。 WHOは、一般的な注意として、生あるいは加熱不十分な動物の肉・肉製品の消費を避けること、それらの取り扱い・調理の際には、交差汚染予防のために注意すること、としています。 問1 新型コロナウイルスにより亡くなられた方及びその疑いがある方の遺体は、24時間以内に火葬しなければならないのですか。 感染拡大防止対策上の支障等がない場合には、通常の葬儀の実施など、できる限り遺族の意向等を尊重した取扱をする必要があります。 遺体の搬送や火葬場における火葬に際しては、遺体からの感染を防ぐため、遺体について全体を覆う非透過性納体袋に収容・密封することが望ましいです。 遺体を非透過性納体袋に収容・密封後に、納体袋の表面を消毒してください。 遺族等の意向にも配意しつつ、極力そのままの状態で火葬するよう努めてください。 また、遺体の搬送に際し、遺体が非透過性納体袋に収容、密封されている限りにおいては、特別の感染防止策は不要であり、遺体の搬送を遺族等が行うことも差し支えありません。 他方、継続的に遺体の搬送作業及び火葬作業に従事する者にあっては、必ず手袋を着用し、血液・体液・分泌物(汗を除く。 )・排泄物などが顔に飛散するおそれのある場合には、不織布製マスク、眼の防護(フェイスシールド又はゴーグル)を使用してください。 衣服への汚染を避けるため、ディスポーザブルの長袖ガウンの着用が望ましいです。 また、これらの器具が汚染された場合には、単回使用のものは適切に廃棄し、再利用するものは適切な消毒を行ってください。 火葬に先立ち、遺族等が遺体に直接触れることを希望する場合には、遺族等に手袋等の着用をお願いしてください。 万が一、遺体の体液等で汚染された場合など、消毒を行う必要が生じた場合には、消毒に用いる薬品は、0. 05~0. 消毒剤の噴霧は不完全な消毒やウイルスの舞い上がりを招く可能性があり、推奨しません。 また、可燃性のある消毒薬を使用する場合については火気のある場所で行わないようにしてください。 手指衛生は、感染防止策の基本であり、遺体に接触、あるいは消毒措置を講じた際等には、手袋を外した後に流水・石鹸による手洗い又は速乾性擦式消毒用アルコール製剤による手指衛生を実施してください。 5%(5,000ppm),また明らかな血液汚染がない場合には0. 05%(500 ppm)を用いる。 なお,血液などの汚染に対しては,ジクロルイソシアヌール酸ナトリウム顆粒も有効である。

次の

新型コロナウイルスにクレベリンは効く?対策・消毒・予防にはコレ!

コロナ ウイルス クレベリン

新型コロナウイルスのせいでマスクどころかクレベリンまで売り切れてる! そもそも新型コロナウイルスに効果なし? ホームページにもはっきり謳ってないし、新型コロナウイルスに限らず、効果があるかなしかフンワリしてるよね。 新型コロナウイルスの影響で、最近では店頭からどんどん姿を消しているクレベリンですが、世間の声から聞こえてくるのは効果があるのかないのかよく分らないという意見です。 私も自宅で使用してますが、新型肺炎やインフルエンザにかかっていない事実を思うと効果がなしとも言えない状況です。 そこで今回は、ズバッっとメーカーに聞いてみましたので、その回答とそれを聞いた見解をお伝えしたいと思います。 「有用性」という言葉は医療用語としても使われています。 特に医療の現場では「臨床的有用性」という言葉で使われており、「 有効性と安全性の両方を兼ね備えているかどうかの基準」という意味で用いられているんです。 医療の質の改善や病院が負担するコストの削減のため、人や物などさまざまな観点から臨床試験を繰り返して、「この治療法には有用性がある(ない)」などを決めていきます。 出典: 新型コロナウイルスに関しては、たくさん研究してたくさん試験してないのでエビデンス(証拠・根拠)がとれない。 よって「 効果があるとは言えません」 というところでしょうか。 しかもその回答の続きには 衝撃的な一文がありました!.

次の