トリプルワッパーチーズ。 ワッパー

ワッパー

トリプルワッパーチーズ

出典: ワッパー(Whopper)は、国際的なのチェーンであるで売られている商品である。 1957年に導入され、大きさやパンの変更を含め、何度かの変遷を経た。 ファストフード業界で最も有名なメニューの1つであり、あまりに有名であるが故に、バーガーキングは看板等で自らを「ワッパーの家」( the Home of the Whopper)と宣伝している。 地域や国の嗜好に合わせて、何種類かのワッパーが販売されている。 また商品を飽きさせないために、様々な具材を追加した地域や期間限定のワッパーが販売されることもある。 なお、ワッパー(Whopper)とは とてつもなく大きなものという意味である。 4 g)の、、、、、、スライスを挟んだハンバーガーである。 好みで、、、、を追加することもできる。 地域限定の香辛料には、、、があり、、ハニーマスタード、、が選べる地域もある。 メニュー [編集 ] 通常のワッパーのメニューには次のようなものがある:• ダブルワッパー - 2枚の4オンスビーフパティ• トリプルワッパー - 3枚の4オンスビーフパティ ヨーロッパでは、通常チーズは入らないが、アメリカではチーズも含まれる。 ワッパージュニア - 1枚の2オンスビーフパティ その他のメニュー [編集 ]• ベーコンチーズワッパー - 1枚の4オンスビーフパティ、4. 5ピースのベーコン、2スライスのアメリカンチーズ• ベジーワッパー - ビーフパティなし• ダブルワッパージュニア - 2枚の2オンスビーフパティ 期間限定のメニュー [編集 ]• アングリーワッパー - 、ハラペーニョ、アングリーソース、「アングリーオニオン」を追加 、、、、で販売。 ベーコンスイスワッパー - 、ベーコンを追加 アメリカ合衆国、カナダで販売• カリフォルニアフレッシュワッパー - ピクルス、マヨネーズの代わりにとオニオンのドレッシング、 で販売• ダークワッパー - ペッパージャックチーズ、ブラックペッパーケチャップ、グリルソース 『』とタイアップして、で販売• ダークワッパー - ケチャップの代わりにバーベキューソース、ピクルス抜き 『』とタイアップしてオーストラリアで販売• インディワッパー - ペッパージャックチーズ、ブラックケイジャンマヨネーズ、ベーコンを追加 『』とタイアップしてイギリス 、カナダで販売• アルティメットダブルワッパー(エクストリームワッパー) - 2枚のアメリカンチーズ、8. 5ピースのベーコンを追加 アメリカ合衆国、カナダ、オーストラリアで販売。 とでは、ワッパーエクストリーム、ウルトラワッパーとしてレギュラー販売• フィエスタワッパー - ケチャップの代わりにスパイシーソース、ペッパージャックチーズ、ピクルス抜き アメリカ合衆国、カナダで販売• ピニャータワッパー - ハラペーニョ、、ホットソースを追加 スウェーデン、で販売• テキサスダブルワッパー - ハラペーニョペッパー、ベーコン、ケチャップの代わりにマスタード アメリカ合衆国、カナダで販売。 とチリではレギュラー販売• メキシカンワッパー - マヨネーズとピクルスの代わりにホットソースとホットペッパー スウェーデン、、オーストラリアで販売• ウェスタンワッパー - バーベキューソース、またはアメリカンチーズ、ベーコンを追加。 ダブルまたはトリプルも可 アメリカ合衆国、カナダ、オーストラリア、アルゼンチン、で販売• ミートビーストワッパー - ベーコン、アメリカンチーズ、スライスを追加 イギリス、アイルランドで販売• 4 g)のビーフパティ のとタイアップして日本で販売• マスタードワッパー - ケチャップの代わりにマスタード• ウィプラッシュワッパー - ペッパージャックチーズ、スパイシーマヨネーズ、クリスピーレッドペッパーを追加• どろソースワッパー - アングリーソースとのをブレンドしたソース 日本の関西エリアなんばセンター街店オープン記念で販売 地域限定のメニュー [編集 ] テリヤキワッパー• ガーリックワッパー - みじん切りのを追加 とスウェーデンの一部で販売• マスタードワッパー - マヨネーズの代わりにマスタード 、、、で販売• ロデオワッパー - オニオンとケチャップの代わりにとバーベキューソース アルゼンチンとイスラエルで販売• ペッパーワッパー - マヨネーズ、チーズの代わりにハラペーニョ、 スウェーデンで販売• ローストオニオンマッシュルームワッパー イスラエルで販売• エッグワッパー - を追加 オーストラリアで販売• テリヤキワッパー - ケチャップの代わりにソース で販売• イタリアンワッパー - レタスの代わりに チリで販売• アルフレスコワッパー - アボカドを追加 オーストラリアで販売• プルコギワッパー - ソース で販売• クアトロチーズワッパー -ケチャップの代わりにチーズソース、ゴーダチーズ、チェダーチーズ、モッツァレラチーズ 日本で販売 過去に発売されたメニュー [編集 ]• チキンワッパー - グリルドチキンフィレにマヨネーズ、レタス、トマト• チキンワッパージュニア - 小さめのチキンフィレとバンズ、少量のトッピング• クォーターパウンドチーズバーガー - にケチャップ、オニオン、ピクルス、マスタード チキンワッパーは、現在でもヨーロッパの一部とで販売している。 アメリカ合衆国、、では、既にテンダーグリルチキンサンドイッチに置き換わっている。 歴史 [編集 ] 小さな、ワッパージュニア、の、のケチャップからなるバーガーキングの食事セット ワッパーは1957年にバーガーキングの創業者Ceater Landyによって発明され、37セントで販売された。 その数年後、ワッパーは元の形態に戻った。 包装は、当初から何度か変わっている。 とは異なり、製の貝殻型容器は使われず、1980年代後半に発泡スチレンの環境負荷が問題になっても、板紙製の容器で商品を販売し続けることができた。 紙の使用量を減らすために、1991年に板紙製の容器からろう紙製の容器に変わった。 注文を受けてから調理を始めるスタイルに変えてからすぐ、で使われているような製の容器の利用も始まった。 宣伝 [編集 ] バーガーキングによるワッパーの当初の宣伝文句の1つは、「ワッパーの食べ方は1024通り」 There are 1024 ways to have a Whopperというものであった。 このコピーは後に、「ワッパーの注文の仕方には221,184の方法が可能である」 There are 221,184 possible ways for a customer to order a Whopper sandwichと拡張された。 また別の宣伝文句には、「ワッパーを持つには両手が必要である」 It takes two hands to handle the Whopperや「バーガーキング:ワッパーの家」 Burger King: Home of the Whopperというものがあった。 ワッパーの50周年を記念した2007年の広告キャンペーンでは、ワッパーが割引されるというニュースを聞いた本物の市民の反応が使われた。 後のバージョンでは、マクドナルドのやウェンディーズのシングルに対する同じ反応が使われた。 ポスターやトレイライナー等の店内の広告では、ビッグマックの大きさや質を批判した。 このキャンペーンは、2007年から2008年記のレストラン広告の最優秀作の1つとして、2009年のEffie Awardを受賞した。 2008年12月、バーガーキングは"Whopper Virgins. "と呼ばれた試食キャンペーンを中心として宣伝キャンペーンを行う権利を購入した。 このキャンペーンには、これまでバーガーキングやマクドナルドの存在を知らず、ハンバーガーを一度も食べたことが無い人が対象とされた。 のバーンクンチャンカーン、の、のブデシュティという世界の3カ所で行われた。 キャンペーンでは、初体験者はマクドナルドのビッグマックとバーガーキングのワッパーを食べ比べさせられ、どちらが好みか訪ねられた。 結果は、ワッパーが最も人気であったという。 名前と商標 [編集 ] 「ワッパー」という名前はバーガーキングホールディングスのであり、 R の記号を付けて用いられる。 「ワッパージュニア」という名前は、アメリカ合衆国、カナダ、ヨーロッパで登録されている。 商標の例:• WhopperR• Whopper Jr. R 競合する商品 [編集 ] ワッパーは世界中で広く知られているため、マクドナルドやウェンディーズ等の競争相手はしばしば「ワッパーストッパー」と呼ばれるワッパーに良く似たハンバーガーを開発しようとした。 ウェンディーズは、トッピングは似ているが、バルキーロールに挟まれる「ビッグクラシック」を売り出し、マクドナルドにはMcDLTを含む少なくとも6つのバージョンがある。 出典 [編集 ]• BKC publication. Burger King Holdings. 2008年6月2日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2008年1月13日閲覧。 the International Herald Tribune. 2008年3月1日閲覧。 BKC 2002年2月8日. BizJournals on Bison. com. 2007年10月22日閲覧。 Holusha, Joshua 1990年11月18日. New York Times. 2009年10月21日閲覧。 Nation's Restaurant News 1991年9月9日. 2009年10月21日閲覧。 BKC Canada 2004年4月5日. openface. 2009年2月5日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2007年10月24日閲覧。 BKC. Burger King. 2007年10月24日閲覧。 [ リンク切れ]• BKC. Burger King. 2007年5月25日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2007年10月24日閲覧。 Burger King Brands 2008年11月. 2010年5月24日閲覧。 Advertising Age. 2010年5月24日閲覧。 Shannon, Stevens. Brandweek. 1998-03-23: Findarticles. com. 2009年10月2日閲覧。 David Zuckerman 1985年11月18日. Nation's Restaurant News. 2012年7月8日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2007年10月23日閲覧。

次の

バーガーキングが「パティが5枚入ったワッパーチーズ」を販売! 肉のボリュームもカロリーもド迫力だよ

トリプルワッパーチーズ

こんにちは。 いま私は死ぬほどお腹いっぱいな状態でブログを書いております。 ゲフッ…… なぜなら朝からのトリプルチーズワッパーを食してきたので幸せでお腹が満たされておりゲフッ 【トリプルチーズワッパーの感想】 今回はセットで。 通常はポテトとドリンクがともにMサイズなのですが、今日から期間限定で合言葉「直火焼きお肉3 さん 」と言うことでポテト、ドリンクが両方Lサイズにグレードアップします。 お値段はそのまま1290円。 デブにはたまらんぜ…… 中身はこんな感じ。 食べてみるとなんと肉々しいことでしょうか。 肉の旨味が溢れてきます。 そして肉だけでくどいかと思いきやそこは玉ねぎ、トマトがリフレッシュしてくれるので美味しくいただけます。 これは大食い自慢なら美味しくいただけるかも。 普通ぐらいだなーって人は苦しい戦いを強いられる可能性もありますのでご注意を。 全体的にはこのボリューム、クオリティでこの値段なら大いにあり! また食べたいかはおいといて大満足です。 ごちそうさまでした。 HyperTornado.

次の

【2020年7月最新】バーガーキングの割引クーポン厳選まとめ情報

トリプルワッパーチーズ

出典: ワッパー(Whopper)は、国際的なのチェーンであるで売られている商品である。 1957年に導入され、大きさやパンの変更を含め、何度かの変遷を経た。 ファストフード業界で最も有名なメニューの1つであり、あまりに有名であるが故に、バーガーキングは看板等で自らを「ワッパーの家」( the Home of the Whopper)と宣伝している。 地域や国の嗜好に合わせて、何種類かのワッパーが販売されている。 また商品を飽きさせないために、様々な具材を追加した地域や期間限定のワッパーが販売されることもある。 なお、ワッパー(Whopper)とは とてつもなく大きなものという意味である。 4 g)の、、、、、、スライスを挟んだハンバーガーである。 好みで、、、、を追加することもできる。 地域限定の香辛料には、、、があり、、ハニーマスタード、、が選べる地域もある。 メニュー [編集 ] 通常のワッパーのメニューには次のようなものがある:• ダブルワッパー - 2枚の4オンスビーフパティ• トリプルワッパー - 3枚の4オンスビーフパティ ヨーロッパでは、通常チーズは入らないが、アメリカではチーズも含まれる。 ワッパージュニア - 1枚の2オンスビーフパティ その他のメニュー [編集 ]• ベーコンチーズワッパー - 1枚の4オンスビーフパティ、4. 5ピースのベーコン、2スライスのアメリカンチーズ• ベジーワッパー - ビーフパティなし• ダブルワッパージュニア - 2枚の2オンスビーフパティ 期間限定のメニュー [編集 ]• アングリーワッパー - 、ハラペーニョ、アングリーソース、「アングリーオニオン」を追加 、、、、で販売。 ベーコンスイスワッパー - 、ベーコンを追加 アメリカ合衆国、カナダで販売• カリフォルニアフレッシュワッパー - ピクルス、マヨネーズの代わりにとオニオンのドレッシング、 で販売• ダークワッパー - ペッパージャックチーズ、ブラックペッパーケチャップ、グリルソース 『』とタイアップして、で販売• ダークワッパー - ケチャップの代わりにバーベキューソース、ピクルス抜き 『』とタイアップしてオーストラリアで販売• インディワッパー - ペッパージャックチーズ、ブラックケイジャンマヨネーズ、ベーコンを追加 『』とタイアップしてイギリス 、カナダで販売• アルティメットダブルワッパー(エクストリームワッパー) - 2枚のアメリカンチーズ、8. 5ピースのベーコンを追加 アメリカ合衆国、カナダ、オーストラリアで販売。 とでは、ワッパーエクストリーム、ウルトラワッパーとしてレギュラー販売• フィエスタワッパー - ケチャップの代わりにスパイシーソース、ペッパージャックチーズ、ピクルス抜き アメリカ合衆国、カナダで販売• ピニャータワッパー - ハラペーニョ、、ホットソースを追加 スウェーデン、で販売• テキサスダブルワッパー - ハラペーニョペッパー、ベーコン、ケチャップの代わりにマスタード アメリカ合衆国、カナダで販売。 とチリではレギュラー販売• メキシカンワッパー - マヨネーズとピクルスの代わりにホットソースとホットペッパー スウェーデン、、オーストラリアで販売• ウェスタンワッパー - バーベキューソース、またはアメリカンチーズ、ベーコンを追加。 ダブルまたはトリプルも可 アメリカ合衆国、カナダ、オーストラリア、アルゼンチン、で販売• ミートビーストワッパー - ベーコン、アメリカンチーズ、スライスを追加 イギリス、アイルランドで販売• 4 g)のビーフパティ のとタイアップして日本で販売• マスタードワッパー - ケチャップの代わりにマスタード• ウィプラッシュワッパー - ペッパージャックチーズ、スパイシーマヨネーズ、クリスピーレッドペッパーを追加• どろソースワッパー - アングリーソースとのをブレンドしたソース 日本の関西エリアなんばセンター街店オープン記念で販売 地域限定のメニュー [編集 ] テリヤキワッパー• ガーリックワッパー - みじん切りのを追加 とスウェーデンの一部で販売• マスタードワッパー - マヨネーズの代わりにマスタード 、、、で販売• ロデオワッパー - オニオンとケチャップの代わりにとバーベキューソース アルゼンチンとイスラエルで販売• ペッパーワッパー - マヨネーズ、チーズの代わりにハラペーニョ、 スウェーデンで販売• ローストオニオンマッシュルームワッパー イスラエルで販売• エッグワッパー - を追加 オーストラリアで販売• テリヤキワッパー - ケチャップの代わりにソース で販売• イタリアンワッパー - レタスの代わりに チリで販売• アルフレスコワッパー - アボカドを追加 オーストラリアで販売• プルコギワッパー - ソース で販売• クアトロチーズワッパー -ケチャップの代わりにチーズソース、ゴーダチーズ、チェダーチーズ、モッツァレラチーズ 日本で販売 過去に発売されたメニュー [編集 ]• チキンワッパー - グリルドチキンフィレにマヨネーズ、レタス、トマト• チキンワッパージュニア - 小さめのチキンフィレとバンズ、少量のトッピング• クォーターパウンドチーズバーガー - にケチャップ、オニオン、ピクルス、マスタード チキンワッパーは、現在でもヨーロッパの一部とで販売している。 アメリカ合衆国、、では、既にテンダーグリルチキンサンドイッチに置き換わっている。 歴史 [編集 ] 小さな、ワッパージュニア、の、のケチャップからなるバーガーキングの食事セット ワッパーは1957年にバーガーキングの創業者Ceater Landyによって発明され、37セントで販売された。 その数年後、ワッパーは元の形態に戻った。 包装は、当初から何度か変わっている。 とは異なり、製の貝殻型容器は使われず、1980年代後半に発泡スチレンの環境負荷が問題になっても、板紙製の容器で商品を販売し続けることができた。 紙の使用量を減らすために、1991年に板紙製の容器からろう紙製の容器に変わった。 注文を受けてから調理を始めるスタイルに変えてからすぐ、で使われているような製の容器の利用も始まった。 宣伝 [編集 ] バーガーキングによるワッパーの当初の宣伝文句の1つは、「ワッパーの食べ方は1024通り」 There are 1024 ways to have a Whopperというものであった。 このコピーは後に、「ワッパーの注文の仕方には221,184の方法が可能である」 There are 221,184 possible ways for a customer to order a Whopper sandwichと拡張された。 また別の宣伝文句には、「ワッパーを持つには両手が必要である」 It takes two hands to handle the Whopperや「バーガーキング:ワッパーの家」 Burger King: Home of the Whopperというものがあった。 ワッパーの50周年を記念した2007年の広告キャンペーンでは、ワッパーが割引されるというニュースを聞いた本物の市民の反応が使われた。 後のバージョンでは、マクドナルドのやウェンディーズのシングルに対する同じ反応が使われた。 ポスターやトレイライナー等の店内の広告では、ビッグマックの大きさや質を批判した。 このキャンペーンは、2007年から2008年記のレストラン広告の最優秀作の1つとして、2009年のEffie Awardを受賞した。 2008年12月、バーガーキングは"Whopper Virgins. "と呼ばれた試食キャンペーンを中心として宣伝キャンペーンを行う権利を購入した。 このキャンペーンには、これまでバーガーキングやマクドナルドの存在を知らず、ハンバーガーを一度も食べたことが無い人が対象とされた。 のバーンクンチャンカーン、の、のブデシュティという世界の3カ所で行われた。 キャンペーンでは、初体験者はマクドナルドのビッグマックとバーガーキングのワッパーを食べ比べさせられ、どちらが好みか訪ねられた。 結果は、ワッパーが最も人気であったという。 名前と商標 [編集 ] 「ワッパー」という名前はバーガーキングホールディングスのであり、 R の記号を付けて用いられる。 「ワッパージュニア」という名前は、アメリカ合衆国、カナダ、ヨーロッパで登録されている。 商標の例:• WhopperR• Whopper Jr. R 競合する商品 [編集 ] ワッパーは世界中で広く知られているため、マクドナルドやウェンディーズ等の競争相手はしばしば「ワッパーストッパー」と呼ばれるワッパーに良く似たハンバーガーを開発しようとした。 ウェンディーズは、トッピングは似ているが、バルキーロールに挟まれる「ビッグクラシック」を売り出し、マクドナルドにはMcDLTを含む少なくとも6つのバージョンがある。 出典 [編集 ]• BKC publication. Burger King Holdings. 2008年6月2日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2008年1月13日閲覧。 the International Herald Tribune. 2008年3月1日閲覧。 BKC 2002年2月8日. BizJournals on Bison. com. 2007年10月22日閲覧。 Holusha, Joshua 1990年11月18日. New York Times. 2009年10月21日閲覧。 Nation's Restaurant News 1991年9月9日. 2009年10月21日閲覧。 BKC Canada 2004年4月5日. openface. 2009年2月5日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2007年10月24日閲覧。 BKC. Burger King. 2007年10月24日閲覧。 [ リンク切れ]• BKC. Burger King. 2007年5月25日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2007年10月24日閲覧。 Burger King Brands 2008年11月. 2010年5月24日閲覧。 Advertising Age. 2010年5月24日閲覧。 Shannon, Stevens. Brandweek. 1998-03-23: Findarticles. com. 2009年10月2日閲覧。 David Zuckerman 1985年11月18日. Nation's Restaurant News. 2012年7月8日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2007年10月23日閲覧。

次の