秋田 新幹線 運行 情報。 新型コロナウイルスの影響による運転計画について[6月24日15:00時点]|JR東海

秋田新幹線空席情報(秋田から東京へ)

秋田 新幹線 運行 情報

秋田新幹線と聞くと、東京〜秋田間の新幹線と思う人が多いでしょう。 いや、盛岡〜秋田間の新幹線だと思う人もいるのではないでしょうか。 しかし、正解はどちらでもなく、どちらも間違えではないのです。 というのも、秋田新幹線というものは正式名称として存在していないのです。 実は、秋田新幹線というのは正式な路線名ではなく、なんと新幹線ではない区間を走っている列車なのです。 つまり、秋田新幹線というのは「通称」なのです。 東京〜秋田間は東北新幹線の「こまち」が運行しているので、それを「秋田新幹線」と通称で呼んでいるので、最初の『東京〜秋田間が秋田新幹線』というのも『盛岡〜秋田間が秋田新幹線』というのも、どちらも正解でもなくどちらも間違えではないという、とてもややこしいことになっています。 それはさておき、豪雪地帯の東北地方。 その東北地方を走る新幹線ですが、基本的に東北新幹線は雪に強いと言われています。 しかしながら、盛岡〜秋田間の秋田新幹線は雪による遅延や運休はかなり多いようです。 これは、先程の話と少し関係のあることなのですが、秋田新幹線は新幹線ではない区間を走っているからなのです。 在来線が通る線路を利用しているため、通常の新幹線専用の線路において万全の対策が取れている雪への対策が十分でないからなのです。 そのため、秋田新幹線の運行状況の確認は通常期はもちろんのこと、冬期はやはり必ずしておいたほうが賢明です。 運行状況の確認方法は、JR東日本のホームページで簡単に確認することができます。 しかし、「4:00〜翌2:00までの間のJR東日本管内の在来線及び各新幹線で、30分以上の遅れが発生または見込まれる場合の運行状況をお知らせする」にとどまりますので、このJR東日本のホームページに載せるほどの遅れではない場合は確認ができないという事になります。 ですので、一番確実な運行状況の確認はJR東日本へ直接連絡してみるという方法になるかと思います。 雪による遅延や運休については、東北地方という雪の多い地域で理解できます。 また、システムトラブルなどという理由での遅れも、他の新幹線でもよく聞く話なので分かります。 ただ一度、びっくりするような遅延理由がありました。 それは、「秋田新幹線が熊との衝突による影響で遅れ」というニュースです。 新幹線と熊が衝突、だなんて誰が想像できたでしょう。 通常では考えられませんが、先程の話にもありますように盛岡〜秋田間の秋田新幹線は在来線の線路を走っています。 そこで、普通であれば簡単に新幹線の線路には進入できないものを、在来線の線路であったが為にクマが侵入してしまって運悪く列車と衝突してしまったようなのです。 なんとも面白くもあり、熊にとっては気の毒な話だと思いました。

次の

秋田新幹線の運行状況確認

秋田 新幹線 運行 情報

新型コロナウイルス感染防止に一層強力に取り組む中で、当社としましては、輸送機関としての使命を安定的、継続的に果たしてまいります。 東海道新幹線および在来線につきましては、以下の運転計画といたします。 ( 赤字:更新情報) 【東海道新幹線】(6月24日15:00時更新) 6月1日(月)より定期列車については運転本数を通常時に戻して全列車を運転しておりますが、ご利用が緩やかに回復している状況であり、今後もご利用が徐々に回復した際にも十分な輸送サービスを提供するため、7月1日(水)以降は「のぞみ」号の臨時列車を設定する運転計画といたします。 その際はTwitterアカウントにてご案内いたしますので、併せてご確認ください。 《運転する臨時列車の乗車券類の発売開始日》 ・6月24日(水)15:00以降、各列車の発車日の1カ月前の10時から全国のJRで発売します。 ・「エクスプレス予約」「スマートEX」の事前申込受付サービスは以下の通りとなります。 <7月中に発車する列車> 6月24日(水)15:00以降、各列車の発売開始日の7日前5:30から発売開始日当日の9:30までご利用いただけます。 <8月中に発車する列車> 6月27日(土)5:30以降、各列車の発売開始日の7日前5:30から発売開始日当日の9:30までご利用いただけます。 【在来線】(5月7日14:00時更新) ・運転を取りやめる列車につきましては、をご覧ください。 〇 その他 ・山陽新幹線につきましては、九州新幹線につきましてはをご覧ください。

次の

秋田新幹線 混雑に関するリアルタイム情報|ナウティス

秋田 新幹線 運行 情報

新型コロナウイルス感染防止に一層強力に取り組む中で、当社としましては、輸送機関としての使命を安定的、継続的に果たしてまいります。 東海道新幹線および在来線につきましては、以下の運転計画といたします。 ( 赤字:更新情報) 【東海道新幹線】(6月24日15:00時更新) 6月1日(月)より定期列車については運転本数を通常時に戻して全列車を運転しておりますが、ご利用が緩やかに回復している状況であり、今後もご利用が徐々に回復した際にも十分な輸送サービスを提供するため、7月1日(水)以降は「のぞみ」号の臨時列車を設定する運転計画といたします。 その際はTwitterアカウントにてご案内いたしますので、併せてご確認ください。 《運転する臨時列車の乗車券類の発売開始日》 ・6月24日(水)15:00以降、各列車の発車日の1カ月前の10時から全国のJRで発売します。 ・「エクスプレス予約」「スマートEX」の事前申込受付サービスは以下の通りとなります。 <7月中に発車する列車> 6月24日(水)15:00以降、各列車の発売開始日の7日前5:30から発売開始日当日の9:30までご利用いただけます。 <8月中に発車する列車> 6月27日(土)5:30以降、各列車の発売開始日の7日前5:30から発売開始日当日の9:30までご利用いただけます。 【在来線】(5月7日14:00時更新) ・運転を取りやめる列車につきましては、をご覧ください。 〇 その他 ・山陽新幹線につきましては、九州新幹線につきましてはをご覧ください。

次の