キャンディー 塗装。 プラモデルのシルバー・メタリック塗装のコツ

雅コンシェルジュ|メッキ塗装 キャンディー塗装 剥がせる塗装 ボディーコーティング カーラッピング・クリア保護フィルム

キャンディー 塗装

特別価格 2,780より ポイントGET! 28 P 他に 22 件のバリエーション バリエション一覧 ShowUp Colors envy Kandy Color エンヴィー キャンディーカラー シリーズはコンセントレート(濃縮)タイプのキャンディー塗料です。 従来のキャンディーカラーは染料で色付けしており、一般的に色褪せが早い商品が多いです。 しかし、このenvy Kandy Colorは顔料を使用する事により、色褪せを最大限に抑えることに着目して、開発されました。 一般的に顔料は粒子が大きく、隠ぺいが良いのでキャンディーには適しないとされてきました。 そこでenvy Kandy Colorは顔料を新技術でナノ粒子にまで粉砕し、染料に近づけることでキャンディー独特の透明感、透け感を出すことに成功しました。 従来のキャンディーカラーの透明感、透け感を損なわず、色褪せを最大限に抑えることができるenvy Kandy Colorをぜひお試しください。 envy Kandy Coloはコンセントレート(濃縮)タイプなので クリアーに混ぜて使用していただきます。 8オンス 236ml で10%添加とすると2リットル以上のキャンディ塗料が作れます。 これをシンナーで希釈して塗装します。 希釈割合はキャンディ塗料100に対してシンナー50〜100です。 各色見本の画像はシルバーベースで各キャンディーカラーを塗った場合のイメージです。 実際の色とは異なる場合があります。 必ずカラー見本帳をご確認ください。 キャンディーカラーははパターンの重なった部分が濃くなり、ムラができやすく、広い面積の塗装は難易度が高いです。 なお、明るいシルバーベースよりガンメタ系の暗いシルバーベースのほうがムラが目立ちにくくなります。 KK-05コバルトブルーとKK-13バープルの正面色はほぼ同じ色味です。 KK-13バープルはスカシの赤味が強いです。 FX-19 ブラックキャンディー 特別価格 3,850より ポイントGET! 39 P 他に 2 件のバリエーション バリエション一覧 FX-19 ブラックキャンディーは透明のブラック色となります。 8オンス 236ml で10%添加とすると2リットル以上のキャンディ塗料が作れます。 これをシンナーで希釈して塗装します。 希釈割合はご使用のクリヤーの仕様通りです。 キャンディーカラーはパターンの重なった部分が濃くなり、ムラができやすく、広い面積の塗装は難易度が高いです。 70mLで10%添加とすると700mL以上のキャンディ塗料が作れます。 これをシンナーで希釈して塗装します。 希釈割合はキャンディ塗料100に対してシンナー50〜100です。 各色見本の画像はシルバーベースで各キャンディーカラーを塗った場合のイメージです。 実際の色とは異なる場合があります。 必ずカラー見本帳をご確認ください。 キャンディーカラーははパターンの重なった部分が濃くなり、ムラができやすく、広い面積の塗装は難易度が高いです。 なお、明るいシルバーベースよりガンメタ系の暗いシルバーベースのほうがムラが目立ちにくくなります。 KK-05コバルトブルーとKK-13バープルの正面色はほぼ同じ色味です。 KK-13バープルはスカシの赤味が強いです。 ALSA キッカーキャンディ 内容量4oz 118mL 特別価格 8,780より ポイントGET! 88 P 他に 22 件のバリエーション バリエション一覧 ShowUp Colors envy Kandy Color エンヴィー キャンディーカラー シリーズはコンセントレート(濃縮)タイプのキャンディー塗料です。 従来のキャンディーカラーは染料で色付けしており、一般的に色褪せが早い商品が多いです。 しかし、このenvy Kandy Colorは顔料を使用する事により、色褪せを最大限に抑えることに着目して、開発されました。 一般的に顔料は粒子が大きく、隠ぺいが良いのでキャンディーには適しないとされてきました。 そこでenvy Kandy Colorは顔料を新技術でナノ粒子にまで粉砕し、染料に近づけることでキャンディー独特の透明感、透け感を出すことに成功しました。 従来のキャンディーカラーの透明感、透け感を損なわず、色褪せを最大限に抑えることができるenvy Kandy Colorをぜひお試しください。 envy Kandy Coloはコンセントレート(濃縮)タイプなので クリアーに混ぜて使用していただきます。 ハウスオブカラー UK URETHANE KANDYS MINI 180g 特別価格 4,950より ポイントGET! 50 P 他に 17 件のバリエーション バリエション一覧 ハウスオブカラーのUKシリーズはキャンディカラーのトップコートです。 2液型ウレタン塗料で、塗膜は強靭です。 ハードナー(カタリスト)はKU100を使用します。 シンナー(リデューサー)はRUシリーズを使います。 各色見本の画像はシルバーベースで各キャンディーカラーを塗った場合のイメージです。 実際の色とは異なる場合があります。 必ずカラー見本帳をご確認ください。 キャンディーカラーははパターンの重なった部分が濃くなり、ムラができやすく、広い面積の塗装は難易度が高いです。 なお、明るいシルバーベースよりガンメタ系の暗いシルバーベースのほうがムラが目立ちにくくなります。 使用方法 UK:硬化剤KU100:リデューサRU=2:1:1 内容量は180mLです。 ハウスオブカラー KBC KANDY BASECOATS 1Qt 947mL 特別価格 22,800より ポイントGET! 228 P 他に 18 件のバリエーション バリエション一覧 ハウスオブカラーのKBCシリーズはキャンディカラー用のベースコートです。 KKシリーズと同彩色があります。 1液型塗料なのでシンナー希釈だけで使えます。 KBCシリーズをベースコートすることによって工程を簡素化できます。 KBCシリーズは色トマリのよいキャンディという解釈もできます。 塗装テクニック上はパターンの重なりのムラが出にくく、「キャンディー調」を手軽に表現することができます。 実際の色とは異なる場合があります。 必ずカラー見本帳をご確認ください。 ShowUpColors DIVA Kandy ディバキャンディー 特別価格 5,000より ポイントGET! 50 P 他に 26 件のバリエーション バリエション一覧 DIVA Kandy ディバキャンディー は従来のキャンディー系塗料に比べ、耐候性に優れています。 従来のキャンディー系塗料は透明感を出すため顔料を使えず、染料仕様が多くを占めていました。 染料は一般的に色飛びが激しいく、耐候性に乏しいと考えられています。 DIVA Kandy ディバキャンディー は顔料の粒子感をおさえ、透明感を保つため、革新的技術の特殊顔料を採用しています。 この特殊顔料は通常の顔料粒子をより細かく、ナノレベルにまで粉砕する最新技術によって完成しました。 特殊顔料独自の輝きを持つ DIVA Kandy ディバキャンディー をぜひお楽しみ下さい。 ハウスオブカラー UK URETHANE KANDYS 1Qt 947mL 特別価格 17,900より ポイントGET! 179 P 他に 17 件のバリエーション バリエション一覧 ハウスオブカラーのUKシリーズはキャンディカラーのトップコートです。 2液型ウレタン塗料で、塗膜は強靭です。 ハードナー(カタリスト)はKU100を使用します。 シンナー(リデューサー)はRUシリーズを使います。 各色見本の画像はシルバーベースで各キャンディーカラーを塗った場合のイメージです。 実際の色とは異なる場合があります。 必ずカラー見本帳をご確認ください。 キャンディーカラーははパターンの重なった部分が濃くなり、ムラができやすく、広い面積の塗装は難易度が高いです。 なお、明るいシルバーベースよりガンメタ系の暗いシルバーベースのほうがムラが目立ちにくくなります。 使用方法 UK:硬化剤KU100:リデューサRU=2:1:1 内容量は1Qt(946mL)です。 ShowUpColors DIVA Kandy ディバキャンディー 専用バインダー.

次の

プラモデルのシルバー・メタリック塗装のコツ

キャンディー 塗装

今回はメタリック塗装の中でも近年人気の高いキャンディー塗装を紹介します。 キャンディー塗装とは飴細工のように光をピカピカと反射させる塗装で下地層、反射層、クリア層の3層で光をキレイに反射する塗装面を構築します。 この塗装方法は性質上筆塗りなどムラが出やすく厚塗りになりやすい塗装方法と相性が悪いのでスプレーやエアブラシで行ってください。 それでは早速こちらのパーツにピカピカと輝くキャンディー塗装を施していきます。 まず最初は光沢のあるブラックでパーツを吹き付けます。 最初に吹き付ける黒は下地色を揃える事で発色を均一にする事と上に被せるメタリック塗料をより輝かせる効果があります。 ただ使う塗料の種類によっては光沢の弱い物もあるので光沢が出ない場合は上から光沢コートをかけてください。 次に2層目の反射層としてメタリック塗料を吹いていきます。 今回は最もポピュラーなMr. カラーのシルバーをチョイス。 今回はエアブラシで塗料を吹き付けているので塗料1に対して溶剤1. 5の希釈に薄めています。 スプレーの場合はそのまま吹き付けてしまってOKです。 メタリック塗料は1度に厚吹きすると塗装面が汚くなり塗装の強度も落ちます。 なので最初はうっすらと被せるだけにしてください。 塗装面の強度を優先する時は最初の内だけクリアーとメタリック塗料を混ぜた塗料を吹きかけると剥がれにくくなります。 更にうっすらと吹きかけ2回目の吹き付け。 3回目の吹き付けとなれば下地の黒を溶かす心配もないので多少強気に吹き付けてしまって大丈夫です。 この2層目のメタリック塗料の吹きが甘いと上にクリアカラーを被せた時にムラが出てきてしまうのでしっかりと吹いておきましょう。 こちらが2層目のシルバーを吹き終わったパーツ。 下地に光沢ブラックを使ってる事で普通にシルバーを吹き付けるより光をよく反射してくれます。 この次は上にクリアカラーを吹いていくんですがメタリック塗料は乾燥に時間がかかるのでよく乾かしてください。 パーツが乾燥したら上にクリアカラーを吹いて色を付けていきます。 今回はメタリックレッドにしたいのでクリアレッドを吹き付け。 クリアカラーも薄く何回かに分けて塗った方がキレイに仕上がるので圧吹きしないように吹いてください。 こちらが数回クリアレッドを吹き重ねたパーツ。 クリアレッドの下のシルバーがよく光を反射艶のある光りを放っています。 クリアカラーは吹き重ねた厚さにより色味が変わるのでそれぞれのパーツによって発色に差が出ないよう注意してください。 定期的にパーツ同士を比較して足並みを揃えるとキレイに仕上がります。 先程少し触れましたが2層目のメタリック塗料をしっかりと吹く事がキャンディー塗装のコツです。 シルバーの吹きが甘いとこの写真のように少し影が入ったような発色になり質感にも多少の粒っぽさが浮き出ます。 シルバーに比べゴールドは吹きムラによる発色の影響が少ないので慣れない内は2層目にゴールドを遣うのも手です。 ブルーメタリックなどはシルバー下地じゃないと出来ませんが、ゴールドやレッドメタリックやオレンジメタリックなどはゴールド下地でも行けます。 こちらが試しにゴールド下地でオレンジメタリックを再現した物。 オレンジメタリックのサンプルと同時に下地に黒を使わないとどういう発色になるかの見本も兼ねています。 下地に黒を使わないと写真の通り純正キャンディーより少し明るい色味になり質感も軽い感じになります。 求めている質感によってはあえて下地にブラックを使わないのも面白いですね。 次回はパール塗装について解説していきます。

次の

キャンディー塗装において、ベースカラーのシルバーを吹き、捨てクリアの後、...

キャンディー 塗装

【 もくじ 】• 1.シルバー塗装の筆塗りはムラが消えない シルバー等のメタリック色は筆塗りが難しいです。 メタリック色には、塗料に微細な金属粒子が入ってます。 筆塗りすると塗料が乾くまでにこの金属粒子が塗料内部で動いてしまって、均一にならずムラになってしまうんです。 写真はMr. カラーの8番・シルバーを左側が筆塗り、右がエアブラシで塗装しましたけど、筆塗りの方はこのムラが消えずに残ってしまいます。 通常色みたいに重ね塗りしたからといって、ムラは消えてくれません。 それでも、小さな範囲を筆塗りする分には目立たないので問題ないんですけどね。 なので、シルバー等の金属色は基本的にエアブラシか缶スプレーで塗装する事をオススメします。 2.シルバー塗装は剥がれやすい メタリック色、特にシルバーは通常色塗料に比べて食い付きが悪く、剥がれやすいです。 写真左は、下地にサフを塗らずにシルバーを塗ったのですが、マスキングテープを剥がす時に一緒に剥がれてしまいました。 写真右はサフは吹いてますけど、何かにぶつけた拍子にかけるように剥がれてしまってます。 微細な金属粒子がプラスチックや塗装面と接する事で、樹脂成分の接触面積が減って、食いつきが悪くなってるんだと思います。 特にシルバーはプラスチックへの食いつきが悪いので、注意しておいた方がいいです。 メタリック色でも、メタリックブルーとかメタリックレッドなど、色が付いている塗料は金属粒子が少ないせいか、そこまで食い付き悪くは無い感じがします。 塗料の剥がれを防止するには、下地に サーフェイサーを必ず塗っておく事と、シルバー塗料に クリアー塗料を1~2割程混ぜておくと、かなり食いつきが良くなります。 サフの代わりに艶有りブラック等のソリッドカラーを塗っても良いともいます。 プラスチックに直接シルバー塗装は、剥がれる可能性大です。 3.下地は艶有りブラックで塗装しておく シルバー塗装の下地は、艶有りの黒で仕上げておくとキレイなシルバーに発色してくれます。 シルバーによっては下地ブラックで塗ってもあんまり変わらないケースもありますけど、基本ブラックで塗っておくとベストだと思います。 特にメッキシルバー等のメッキ調の塗料は、下地を艶有りブラックで鏡面に仕上げにしておくと、一段とメッキ感が増してくれます。 4.下地は1000番~のペーパーで仕上げる ボンネットについてるキズですけど、これは最初にボディにペーパーをかけた時に付いたキズなんです。 一応サフも吹いてチェックしたつもりなんですけど、シルバーを塗装したらキズが目立って見えてきました。 シルバー塗装はわずかなキズでも、ハッキリ見えてしまう塗料なんです。。 このキズは、上からクリアーを吹いても消えてくれません。 なので、シルバー塗装は通常色よりも丁寧に下地を整えておく事をオススメします。 800番のペーパーだと、その後にサフをしっかりと適切に吹き付けておけば、キズは出ないです。 タミヤのファインサフなど目の細かいタイプでも大丈夫です。 ただ、吹き残しがあったりサフが薄かったりするとキズが消えきれない可能性も出てくるので、念のため1000番以上のペーパーで下地処理しておくと確実だと思います。 写真のような状態になってしまったら、キズのある部分だけ2000番程のペーパーを当ててキズを消し、上からシルバーを塗装しておけば、キレイになります。 でもメタリック色の場合、同じように吹き付けると、ムラになる可能性が高いです。 ウェット状態に吹き付けられた部分の金属粒子が、塗料が乾く間に動いたり沈殿したりして、均一にならずに輝きが違ってムラになって見えてしまうんです。 写真は一箇所だけにちょっと集中して、ウェット状態に吹いてみたところですが、その部分だけ輝きが他と違ってしまってます。 このムラは、乾燥した後もずっとこのままで変わらないです。 メタリック色を塗装する場合は、エアブラシや缶スプレーを少し離し気味にして、薄く、塗料が部品についたと同時に乾燥するような感覚で塗装してやると、ムラなくキレイに塗装できます。 ムラになった場合は、その部分が乾くのを待って上から塗装しなおせば、キレイになります。 通常色であれば、ペーパーをかけても、上からクリアーを塗装すればペーパー掛けで付いた傷は消えてしまいます(色にもよります)。 ところがメタリック色の上からペーパーをかけると、ペーパーをかけた部分の金属粒子が削れてしまい、他のペーパーを当ててない部分と光の反射が変わってしまいます。 そうすると、その上からクリアーを塗装しても、光の反射の違いがそのまま残ってしまうので、キレイにならないです。 ホコリの付着などでメタリック色を塗った上からペーパーをかけた場合は、その部分を再度メタリック色で塗装してから、クリアーを塗装しましょう。 研ぎ出しの時は、クリアー層を削りすぎてシルバー色を削ってしまったりすると、修正が難しいので特に注意しておいた方が良いです。 本塗装のシルバー色にペーパーを当ててしまうとキズが消えないので、修正するにはその部分にシルバーを塗って、上からクリアーを塗ってと、修正が面倒になってしまいます。 しかも修正時にはクリアー層の上からシルバーを塗ることになるので、その部分が回りと馴染まず、違和感が出てくる場合もあり、そうなると最初からやり直した方が・・・ という事になると、すごく面倒なのでメタリック色の研ぎ出しは慎重にやっていきましょう。 クリアーを一度に厚く塗ってしまうと、下層のメタリック色表面が溶け出して、金属粒子がクリアー層に浮いて出てきて、ムラ(戻しムラ)になる場合があるからです。 ラッカー系のメタリック色の上にラッカー系クリアーを吹くときは、注意しておいた方がいいと思います。 写真のルーフ部分ですが、少しシマシマ模様になってしまってます。 これは、クリアーを吹き付けたことで下地のシルバー色が溶け出して、ムラになってしまった状態です。 こうなってしまうと、再度メタリック色を塗り直さない限り、キレイに直らないです。 このクリアー塗装時のムラを防ぐには、• クリアー色を特に最初は薄く、乾かしながら数回に分けて塗装する• メタリック色にクリアー塗料を1~2割程混ぜて吹き付ける。 の2点気をつけておくと、ほぼ防げます。 クリアーを塗装しておこる戻しムラは、ケースによっては最悪シンナーで塗料をすべて落として、最初からやり直しという場合もあるので、ホント気をつけておきたいです。 レーシングマシン等、シルバーと他の色をマスキングで塗りわけて、ボディ全面にデカールを貼ってるケースなんかで、最初からやり直しになったら大変すぎますからね。。 ・・・シルバー塗装は色々と気を使うので、ちょっと疲れます。 関連ページ.

次の