スピッツ 優しい あの 子。 優しいあの子

なつぞら主題歌「優しいあの子」がヒットした本当の理由はカノン進行?

スピッツ 優しい あの 子

スピッツの新曲 「優しいあの子」について。 同楽曲は、4月1日から放送を開始している 広瀬すず主演、NHK連続テレビ小説の 記念すべき100作目である 「なつぞら」の主題歌となっています。 キャスティングや ストーリーはもちろんのこと、 主題歌も注目を集めています。 今回は「優しいあの子」の 歌詞の意味を考察をしていきます。 主題歌の意味を考えることで ドラマもより楽しめるのではと思います。 それでは解説してまいりましょう。 ご参考まで。 スピッツ「優しいあの子」歌詞の意味を解説 重い扉を押し開けたら (=戦争を切り抜け生き残ったが) 暗い道が続いてて (=両親は死んでしまって、兄妹とも離れ離れになってしまった) 主人公から見た戦後直後の 暗い世界観を表していると解釈します。 主人公が戦争で両親を亡くし、 父親の友人柴田剛男に引き取られた直後は 気持ちが沈んでいたことでしょう。 兄妹は別々に養子に出され 離れ離れになってしまって、 とても不安な気持ちだった というのがこの部分に表れています。 それまであまり自分の住んでいる地域から 出たことのなかった主人公にとって、 北海道の悠々たる自然は 新鮮そのもので感動したと解釈しました。 畑の広さなど桁違いなので、 主人公からしたら 別世界のように感じたとしています。 氷を散らす 風すら味方にも できるんだなぁ (=厳しい冬があるからこそ、 皆が待ちに待った夏空があるということ。 ) 苦しかったり辛かった経験すらも 今思えば自分の糧になったなと 主人公が思っていると考察しました。 この曲は幼少時代から少し経ち 成長した主人公の視点の歌だと思っています。 だなぁという語尾から推測して、 過ぎた日々を懐かしみ、幼少時代の苦労も 無駄じゃなかったと思っているシーンです。 一見意味のないように思うことでも ちゃんと意味があって 今に繋がっているのだなと 主人公が思うシーンですね。 切り取られることのない丸い大空の色を (=戦争の空襲の煙などで濁ることのない、この雄大な北海道・十勝の空の青さを) ここでは、戦争の空襲によって 灰色の曇った空ばかり見てきた主人公にとって、 北海道・十勝で見た大空は よりいっそう綺麗にうつっていると解釈します。 切り取られることのないという部分から、 もう戦争も終わった、 失う心配をしなくていいという 安堵もこの部分から感じます。 優しいあの子にも 教えたい (=離れ離れになった妹に教えたい・見せてあげたい) あの子という、 自分より立場が弱い人に向ける表現と 妹をおぶって食料を恵んでもらいに行く シーンがあることから、 優しいあの子は妹のことと推測します。 自分が見た美しい空のことを、 仲の良かった妹に教えてあげたいと 思いを馳せているシーンです。 自分が良いと感じたものは、 親しい人に教えたくなりますよね。 ルルルル ルルルル ルルル~ルル (=主人公の思い出の曲。 たとえばお母さんが歌ってくれた子守歌など) スピッツのボーカルの方の歌声もあって、 優しい響きですが少し哀愁も感じる部分です。 思い出の曲を口ずさんでいると解釈できます。 そしてそれが 亡き母の記憶の一部だとしたら… という仮説を立てました。 ) その歌を口にするたび、 今は亡き母親という存在に憧れて、 でも存在しないのだと思い知らされ その結果絶望する、そんな繰り返しなのでしょう。 泣けるほどの何かって 何だろうと考えた際、 思い当たったのが主人公の両親の記憶です。 その中でも母親の記憶は 子供の中に強く残るものなので、 小さい頃からずっと聞いていた 母親の子守歌という仮説を立ててみました。 長い間聞きなれていたメロディーであり 自分も覚えているという設定です。 消えかけた火を 胸に抱き (=度重なる不幸に見舞われ絶望しながらも懸命に生きていこうと決心する主人公) たどり着いたコタン (=やっと見つけられた私の居場所) 消えかけた火とは 主人公が持っている希望のことです。 その希望の火を絶やさないよう 懸命に生きようとする 主人公の姿が見て取れます。 そして、自分の居場所を 見つけることができたと最後に言っています。 本来コタンとはアイヌ語で集落です。 しかしここでは、 自分が安心できる場所 という意味で居場所と訳しました。 コタンという響きに 柔らかさや温かさを感じます。 心温まる雰囲気を この言葉の響きで伝えたかったのだと考えます。 楽曲についての所感 歌詞にはほんの1小節を取っても 鮮明な情景を 思い浮かべることができる奥深さを感じます。 1節1節が深い意味を持っています。 重みのある歌詞なのに、 軽やかに聞こえるのは ボーカルの草野さんの力量でしょうね。 あの少年のような ピュアで優しい声と相まって、 アニメーションのオープニングや 本編の世界観にピッタリとハマっています。 最後に 辛い境遇にありながらも 懸命に前を向いて生きていこうとしている 主人公の語り、というイメージで 解説させていただきました。 こちらの楽曲はシングルとして 6月19日に発売予定と発表されています。 おそらくMVも現在制作されているでしょう。 それとともに ドラマの展開も目が離せないですね。 関連記事.

次の

スピッツ“優しいあの子”PV公開、NHK朝ドラ『なつぞら』主題歌

スピッツ 優しい あの 子

2019年4月から放送されている「なつぞら」は、NHKの連続テレビ小説100作目となる記念すべき朝ドラです。 主演は広瀬すずさん。 共演する俳優陣も、草刈正雄さん、松嶋菜々子さん、藤木直人さんなど豪華な顔ぶれで、爽やかイケメンの吉沢亮さんも出演し注目を集めています。 初回視聴率は22. 8%と好発進。 記念作品ということで、過去に朝ドラでヒロインを務めた女優が登場することもあります。 そして、もうひとつ気になるのが、主題歌です。 「なつぞら」の主題歌は、スピッツが担当することになりました。 先日、オープニングで流れているタイトルバックが公開されました。 かわいいアニメーションとスピッツの声に朝から癒される方も多いのではないでしょうか。 こちらの記事では、改めてスピッツはどんなバンドなのか、そして、朝ドラのストーリーと一緒に、新曲『優しいあの子』について掘り下げていきたいと思います。 「なつぞら」のタイトルバックです。 クレジットが入っていないバージョンが公開されました。 一度聞いたら耳に残る歌声ですよね、あのボーカルの草野マサムネさんが何歳なのかご存知ですか?なんと51歳です。 信じられません。 幅広い層に人気の彼らですが、朝ドラ主題歌を担当するのは初めてです。 スピッツってどんなバンド? スピッツは1987年に結成し、1991年にメジャーデビューした4人組ロックバンドです。 出典: ボーカル・ギター/草野マサムネ(くさの まさむね) ギター/三輪テツヤ(みわ てつや) ベース/田村明浩(たむら あきひろ) ドラム/﨑山龍男(さきやま たつお) 年齢は全員同じ51歳で、スピッツは結成以来同じメンバーで活動しており、2017年に結成30周年を迎えています。 今では優しいバラードが多い彼らですが、元々はパンクロック系のバンドです。 1995年リリースの11thシングル『ロビンソン』のヒットを機に、その後全国ツアー等も行い、マイペースな活動を継続しています。 代表曲には、「空も飛べるはず」「チェリー」「楓」「春の歌」等多数あり、たくさんの歌手にカバーされています。 なつぞら主題歌『優しいあの子』の作曲の背景は? スピッツが、NHKの朝ドラに楽曲を提供するのは初めてとなります。 加えてオープニングの映像は、これまた朝ドラ史上初のフルアニメーションです。 制作統括の磯 智明さんコメント 一昨年の秋、とかち帯広空港に初めて降り立ったとき、目に入ってきたのは圧倒的な青空でした。 果てしなく続く十勝平野の大きな空です。 そしてそのとき、啓示を受けたように、スピッツのメロディが空から舞い降りてきたのです。 本当に!このときから「主題歌はスピッツ」と決めていたと思います。 ポエティックな優しい歌詞、美しく心地よいメロディ、夢と希望に満ちた世界観。 オファーをして知ったのですが、スピッツの草野マサムネさんは朝ドラの大ファンだそうです。 相思相愛から生まれた楽曲はまさにパーフェクト! ドラマとともにすてきな一日の始まりを演出してくれるはずです。 北海道・十勝の情景を見て、スピッツの歌声を思い出したんですね。 ボーカル草野マサムネさんの優しい歌声は北海道の自然によく合います。 スピッツは2015年、岡田将生さん主演のテレビ東京「不便な便利屋」という、北海道が舞台のドラマにも、エンディング「雪風」を提供しています。 その時も、監督を務めた鈴井貴之監督は「彼ら以外考えられない」と自らオファーをしています。 スピッツの楽曲には、北海道の景色を想像させる力があるんでしょうか。 草野マサムネさん (スピッツ)コメント 記念すべき朝ドラ100作目、大好きだった「おしん」や「あまちゃん」のようにインストがいいのでは? とも考えましたが、今回は歌ありです。 ドラマタイトルが「なつぞら」なのに詞がかなり冬っぽい仕上がりになってます。 これには理由がありまして、お話をいただいてから何度か十勝を訪ねました。 そこで感じたのは、季節が夏であっても、その夏に至るまでの長い冬を想わずにはいられないということ。 「なつぞら」は厳しい冬を経て、みんなで待ちに待った夏の空、という解釈です。 広く美しい北海道の空の力で書かせてもらいました! 出典: 冬っぽい仕上がりになっているというのは驚きですね。 確かに、厳しい冬を乗り越えた後だからこそ、緑鮮やかな夏が魅力的に感じます。 実際に見てみると、アニメーションで緑を鮮やかに描いているおかげで、全体的にちょうど初夏のような爽やかな印象を受けました。 フルアニメーションのオープニング 今回のオープニングアニメーションを制作しているのは、ササユリと東映アニメーションです。 オープニングに登場するキャラクターデザインを手がけたのは、1996年生まれの刈谷仁美(かりや ひとみ)さん。 タイトルバックの監督・原画・キャラクターデザインを手掛けました。 そして、舘野仁美(たての ひとみ)さんがプロデューサーを担当されています。 1987年よりスタジオジブリに在籍し、現在はアニメーション制作会社「ササユリ」代表。 「となりのトトロ」以降、「魔女の宅急便」「千と千尋の神隠し」「思い出のマーニー」など、ジブリ作品の動画チェックを数多く手がけていた方です。 ジブリ感が感じられる理由に納得ですね。 『優しいあの子』歌詞にはどんな意味が込められている? スピッツが歌う『優しいあの子』は、毎朝、爽やかな声とアニメーションでドラマの世界に引き込んでくれます。 歌詞とリンクしているアニメーションを絡めて、紹介していきたいと思います。 重い扉を押し開けたら 暗い道が続いてて めげずに歩いたその先に 知らなかった世界 歌いだしは、暗い森の中、ピンクの小鳥がなつの上を舞います。 追いかけて転んだなつを動物たちが起こして背中を押します。 なつが日陰から日向に出ると、そこは高い丘の上。 一面に広大な畑と山が広がります。 氷を散らす風すら 味方にもできるんだなあ 切り取られることのない丸い大空の色を ラベンダー畑で遊び、丸木橋の上を歩くなつと仲良く遊ぶ動物たちがいます。 風になびく草原の丘から、夕焼けの広い空に、たんぽぽの綿毛を飛ばします。 綿毛が白い鳩になって飛んでいきます。 優しいあの子にも教えたい 空を見上げて綿毛を追いかけるなつ、その姿を大人になったなつがアニメーションの下絵として描いています。 アニメーション会社の机の上で描いているその下絵から、頭を飛び越すように現れた子供時代の自分。 そのまま振り向くと一面に草原が広がります。 口にするたびに泣けるほど 憧れて砕かれて 消えかけた日を胸に抱き たど り着いたコタン 絵から出てきた子供のなつが手を振ります。 大人のなつが懐かしそうに、手を大きく振り返します。 走り出した子供のなつはふたたび転びますが、周りの動物たちが助けてくれ、なつが笑顔でこちらを見ます。 歌詞とリンクしているアニメーション オープニングのアニメーションと『優しいあの子』の歌詞が見事にリンクしています。 そして、なつのこれからの人生とも上手くはまって行きそうです。 アニメーションでは、なつが転び、立ち上がる様子が2度描かれています。 幼少期に戦争を経験したなつは、もう何度も転んでいますよね。 それでも立ち上がって、走り出す姿がこれからも描かれていくのだと思います。 歌詞にも、暗い中から道が開けていく様子が描かれ、「氷を散らす風すら味方にできる」と歌います。 周囲の人の支えを得て、なつがこれから明るい場所へ向かっていく様子が想像できますね。 希望の見える物語になっていく予感がします。 そして、「優しいあの子にも届けたい」のあの子は誰なのでしょう。 幼少期を描いている現在では、北海道の景色を兄や妹に見せてあげたいと取れますよね。 大人になったなつにとっては、描いたアニメーションを誰かに届けたいと思うはずです。 それは北海道に残るであろう天陽くんじゃないでしょうか。 もしくは、妹・千遥の成長後のキャストが公表されていないため、会うことの出来ない妹に届けたいと願うかもしれません。 「口にするたびに泣けるほど、憧れて砕かれて」というワードは、幼少期のなつの家族への憧れだとすると、悲しいほどによく合います。 この憧れは、いずれ目指すアニメーションの世界への夢へと移り、そこでも苦労があるのでしょうね。 最後にコタンという歌詞が出て来ます。 コタンとは、アイヌ語で集落、とても小さな村というような意味です。 5~7軒ほどの小さな家屋の集まりを指します。 この言葉は、小さい頃に北海道に来て、家族や生きる居場所を探しているなつと、重なりますね。 なつは、いずれ東京に行ってしまいます。 アニメーションで出会う大人のなつのストーリーは、心の中に子供時代に見た北海道の風景が残っている、という意味でしょうか。 「消えかけた日を胸に抱き、たどり着いたコタン」とあるように、物語の終わりに、家族と自分の居場所に辿り着いてほしい、と願うばかりです。 現在、オープニングにはショートバージョンとロングバージョンがあります。 毎週月曜日のみ、ロングバージョンになります。 物語の進み具合で、色々な解釈ができて想像が膨らみますね。 ストーリーと一緒にオープニングの歌詞も楽しんでいけたら、と思います。 なつぞら主題歌・スピッツ『優しいあの子』発売はいつ? 「なつぞら」の主題歌、スピッツの『優しいあの子』の歌詞を紹介しましたが、ぜひとも1曲まるごと聴きたいですよね。 待ち遠しいところです。 気になる発売日ですが、スピッツの『優しいあの子』は、2019年6月19日(水)に発売されます! この曲は、前作「みなと」以来、約3年2ヶ月ぶりとなります。 今作でなんと、シングル42作目!カップリングには、「悪役」という曲が収録されます。 「悪役」は2018年に行ったファンクラブツアーで披露された楽曲で、他では演奏されたことはないものです。 毎朝、草野マサムネさんの澄んだ声を聴けるのは嬉しいですね。 今作の、スピッツで迎える朝は、優しく染みるようなオープニングになっています。 6月19日の発売日まで待ちきれませんが、それまでドラマを楽しみたいですね。 なつに感情移入してこの歌を聴くと、もはや涙してしまいそうですが。 悲しいことが多い幼少期、これから良い結末へと向かっていくでしょう!楽しみですね! NHK朝ドラ「なつぞら」の放送時間は?再放送はある? 「なつぞら」は、月曜日から土曜日の朝8:00~8:15にNHK総合で放送されています。 朝見逃してしまった場合は、その日のお昼12:45~13:00に再放送があります。 また、まとめてダイジェストで見たい方は、NHK総合で以下のダイジェスト番組が放送されますので、チェックしてみて下さい。 「なつぞら一週間」日曜日 あさ11:00~11:20 「5分で『なつぞら』」日曜日 あさ5:45~5:50 夕方5:55~6:00 見逃し配信はがオススメです! U-NEXTの無料トライアルに登録すると、最大1ヶ月間無料でNHKオンデマンド(見放題パック)を利用することができます。 合わせてU-NEXTで配信されている映画やドラマ等の見放題コンテンツも31日間無料でお楽しみ頂けます。 最新の配信状況は、U-NEXTサイトにてご確認ください。 NHK朝ドラ「なつぞら」関連記事 ネタバレ・あらすじは毎日更新中!.

次の

スピッツ『優しいあの子』歌詞の意味を考察・解釈

スピッツ 優しい あの 子

「優しいあの子」 スピッツが「なつぞら」のために作り上げた歌 朝ドラ主題歌をスピッツが担当した。 十勝に何度も足を運んで書き上げたという 北海道の空気をたっぷり吸い込んだ楽曲。 草野さんがドラマに寄り添ったどんなメッセージを届けてくれるのか? 楽しみで仕方なかった 「優しいあの子」をレビューしてみました。 広瀬すずさん主演朝ドラ「なつぞら」 これまでの『なつぞら』の出演者情報や会見の様子などは、コチラをご覧ください。 (のちに東京へと舞台が移るが北海道の農場での育ての家族との絆がメイン。 ) 戦後の混乱の中 東京で戦争孤児となった三人の兄弟が生き別れ 兄は東京、妹は千葉に。 主人公なつだけが父の戦友に引き取られる形で 一人北海道へ渡ることに。 少女が全く初めて見る北海道。 東京育ちのなつには、寒さの厳しさも、恐ろしかっただろうし 単純にあまりにも遠いその距離が もう二度と東京に戻れないのではないかという 不安としてのしかかっただろう。 「優しいあの子」は、まさに「なつぞら」のための主題歌 そしてこのドラマの始まりを告げるこの曲。 スピッツ 優しいあの子 (作詞 作曲 草野正宗) この曲が、朝にふさわしく軽やかに 寒くて長い冬の果てに迎える 北海道の喜びに満ちた若葉の季節のように 吹き抜けてゆく 歌詞はなつの心情に寄り添って 温かな目線で描かれている。 優しいあの子 とは誰なのか? なつが「あの子」と思い浮かべるのは やはり妹の千遥だろう 連絡もつかない どこにいるかさえわからない だけど一日も忘れることなない あの子のこと なつの心の変化により北海道の景色が鮮やかに見えてくる 北海道での何もかもが初めてだらけの暮らし 全力で甘えられる肉親がそばにいない寂しさ そんな中で、引き取られた農場の温かい家族と 日々を重ねる中で、少しづつ心を開いて行くなつ 農場の家族たちと向き合うことができて きっと少しづつ、北海道の景色も違って見えて 東京からただ遠すぎる寒い土地 から 大地で見あげる濃い空の色 寒さを耐えて春に芽吹く樹々と花々 真冬の極寒の中で生きる人々の逞しさと優しさ ああ、気づいてみればこんな景色の中に私は暮らしていたんだ 見渡してみればここはこんなにも美しさに満ちていたんだ 「あの子にも教えてあげたい」 そんななつの気持ちが素直に伝わってくる歌詞だ なつの「気づき」がこの歌詞の重要ポイントに 氷を散らす風すら 味方にもできるんだなあ 芽吹きを待つ仲間が 麓にも行きていたんだなあ 出典「優しいあの子」 作詞 草野正宗 この二箇所の「~んだなあ」が全てだと思いました 北海道に移住した頃はそんなふうに景色を眺める余裕などなかった。 だけど月日が流れて、気持ちがやっと北海道に追いついた なつの気付きがこの語尾に現れています。 「優しいあの子」に届けたい思い SNSのない時代。 ああこの景色をあの人に見せたいなと思っても、思うだけ。 電話をするのも、特別な連絡だけ。 東京-北海道間も急いでも2日間かかる時代。 叶うかはわからない。 けれどやっぱり あの子に教えてあげたいな そんな遠く連絡も途絶えてしまった相手を思う気持ちは 現代ではなかなか実感することは難しいかもしれない。 指先一つで世界中に何気ない日常をシェアできる楽しさと対称的に この時代には、届くかわからない思いを 大切に温めることが出来たのかもしれない。 切なくても、もどかしくても 「届けたい相手」がいることで なつはずっと救われていたのではないか。 そう思うことで、不安な気持ちを未来への楽しみに変えていけたんじゃないか。 そんなふうにこのなつの物語をより愛おしく思うことができる 最高の主題歌だと思うのです。 北海道と向き合う草野正宗さんの誠実さ ところで、歌詞にでてくる 「コタン」とは アイヌ語で集落という意味だそう。 たどり着いたコタン というのは、帯広で出会った温かい家族や仲間たち 草野さんが、かなり北海道を意識して 言葉を紡いでいることがわかる。 ルルル 出典「優しいあの子」 作詞 草野正宗 この部分にも「北の国から」感を忍ばせてくるところがにくい演出です。 何度も十勝に足を運んだという制作過程があってこそ こんなにも北海道の風景に溶け込み、このドラマにさらに息吹を注いでくれている。 本当にこのドラマのため、そのための1曲を捧げてくれたことに震えました。 北海道出身アーティストではないから良いと思える主題歌に 朝ドラの舞台が北海道になる そのニュースを見た時真っ先に「主題歌は誰?」そう思う方も多いと思います。 「マッサン」で中島みゆきさんが主題歌を担当したこともあり ドリカムか、松山ちはるさんか、玉置浩二さんか、YUKIさんか、GLAYさんか、、、 そう憶測がよぎるなかの 「スピッツ」という采配 そこに東京から移住してきたなつの北海道に対する気付きが宿り、 濃く強い表現の得意な北海道アーティストでなく スピッツならではのさわやかさが 少女の成長物語をそっと見守るように重なっていく醍醐味があり 北海道を外から見る目が なによりなつの心境を反映させるためにも 必要だったのではないかと思います。 その草野さんの目線があってこその気付きで ああ、ここにもあの子に見せたいくらい 素晴らしい景色が沢山あるんだなあ という喜びにつながると思うのです。 おわりに さて なつはいつ千遥に会えるのでしょうか? なつが見せたい景色を 一緒に見られるその時を心待ちにして。 優しいあの子・なつぞら 作品情報 スピッツ 「優しいあの子」シングル 2019年6月19日(水)発売 ニューシングル「優しいあの子」 1000円+税 収録内容 1 優しいあの子 [NHK連続テレビ小説「なつぞら」主題歌] 2 悪役 広瀬すずさん主演 朝ドラ「なつぞら」NHK 2019年度 前期 連続テレビ小説 「なつぞら」 2019年4月~全156回 キャスト 出演 広瀬すず 松嶋菜々子 藤木直人 岡田将生 吉沢亮 高畑淳子 草刈正雄 山田裕貴 音尾琢真 安田顕 戸次重幸 北乃きい 中川大志 工藤阿須加 山口智子 渡辺麻友 比嘉愛未 井浦新 内村光良 貫地谷しほり 鈴木杏樹 染谷将太 中原丈雄 小手伸也 山寺宏一 木下ほうか 清原果耶 大原櫻子 川島明 犬飼貴丈 井原六花.

次の