台湾 からあげ。 せんべいみたいな台湾からあげ「炸鶏排」を浅草『安心や』で食べてきた

新浅草名物 台湾唐揚げ専門店 浅草安心や|炸鶏俳(ザージーパイ)

台湾 からあげ

こんにちは、ワタクシです。 台湾旅行の楽しみの1つが、夜市の散策です。 夜市はいろいろなお店や屋台がある、毎日縁日をやっているような場所です。 今回ご紹介する夜市はガイドブックなどでよく紹介されている士林夜市です。 グルメからお土産物店、雑貨屋まで様々なお店があって、凄く楽しい雰囲気ですよ。 台湾旅行で特に皆様が楽しみにされているのが屋台での台湾B級グルメでは無いでしょうか? しかし台湾旅行初心者の方が実際、夜市に行っても• 独特なにおいが苦手• 不衛生に見える見た目の不安• 言葉が通じない不安 といった理由で、屋台では何も食べなかったという話です。 かと言うワタクシも少々潔癖症で、なかなか夜市などの屋台でB級グルメには手を出すことが出来ませんでした。 しかし、いろいろな人のサイトを見たり、話を聞いて勇気が湧き、挑戦してみました。 一度屋台の楽しさと味をしってしまったら もう台湾旅行の度に夜市は外せない楽しみになりました はじめはちょっと勇気が必要かもしれませんが、今回の記事を読んでぜひ挑戦してみてください。 初めての台湾旅行でも気軽に楽しめる『士林夜市』でのB級グルメ紹介 今回紹介するのは日本人の誰が食べても「美味しい!!」と思えるB級グルメです。 なぜなら、上記にあげた不安要素、 『独特なにおいがしなくて』、あまり癖のないものばかりです。 そして、 『火を通したものばかり』なので衛生面もそれほど神経質になる必要はないでしょう。 また、士林は日本人観光客がよく訪れる場所なので 『日本語が通じる』 ことも多いです。 士林夜市の屋台やお店などは、午後4時頃からオープンして午前1時頃まで営業しています。 あまり遅い時間になると(深夜12時過ぎ)MRT(地下鉄)が無くなってしまいタクシーで帰ることになりますので注意して下さい。 お店の混む時間は18時ごろから20時ごろです。 もし時間に自由がきく方なら、午後4時30分頃に士林夜市に行くと空いていますし、オープン作業が終わってお店の人も落ちついた頃合いなので、人気のお店でもあまり並ばずに購入できるのでオススメです。 それと、ビール等のアルコールを扱っているお店は非常に少ないので、ビールやお酒を呑みながらB級グルメを堪能したい方はあらかじめコンビニ等で用意しておくことをオススメします。 ワタクシは残念ながらアルコールが全くダメですが、 特に今回は、ビールに良く合いそうな食べ物が多いです。 顔より大きい揚げたてジューシー鳥唐揚げ「豪大大鶏排」 ワタクシは士林夜市に行くと真っ先にココへ唐揚げを買いに並びに行きます。 超有名店です。 ガイドブックにも必ず掲載されています。 今回は16時過ぎなら、数名しか並んでいませんでした。 混雑時は20名位並んでいますが、回転が早いのであまり待たずに買えます。 ちなみにこのお店は士林夜市の中だけで3店舗もあります。 見て下さい、顔より大きい鳥唐揚げです。 決して遠近法を使って撮った写真ではないですよ。 1個70台湾ドル(行った時のレートは1元3. 3円)ですので、約230円と安いです。 本当に大きいので1個全部食べてしまうと、これだけでお腹がいっぱいになってしまって夜市を楽しめないので、シェアして食べると良いですよ~。 ワタクシはこの唐揚げが大好きなので1個をペロリといただきますが(笑) ガブリッっといくと、、、 しっかり下味のついた鳥肉の味と、カリッカリの衣のスパイシーさが相まって最高です。 メニューは大と小だけで、大65台湾ドル(約210円)・小50台湾ドル(170円)です。 今回は小を頼みました。 麺はそうめんと似た感じです。 スープはカツオのだしが濃厚です。 具には豚のホルモンが入っていますが、凄く手間をかけて処理をしているようで、臭みなどは一切なく柔らかくて美味しく頂けます。 苦手な人が多いパクチーも入りますが、店員さんが注文時に 「パクチーいりますか?」 と日本語で確認してくれるので苦手な人も安心です。 ワタクシ達夫婦はパクチーが好きなので、パクチー入りを注文しました。 注文後、麺線を受け取ってイートインスペースの入り口に、セルフでトッピングできるスパイスが置いてあります。 左から『唐辛子ペースト』、『ニンニクソース』 そして右端は『黒酢』です。 黒酢は日本のものよりまろやかなので、ちょっと想像と違う味になるかもしれませんが、麵線とよく合います。 一口味をみてからスパイスを入れるのも良いかと思います。 ワタクシはいつもそのままでいただきます。 レンゲで麺を食べるスタイルです。 最初は戸惑うかもしれませんが麺を短く切ってありますので、すぐに慣れて食べれますよ~。 絶対に日本人が好きな味だと断言できます。 日本で食べられたらいいな~。 シンプルさが何だか懐かしい「葱油餅」 シンプルに練った小麦粉に葱を加え、油で揚げて、醤油ベースのタレで食べる葱油餅です。 コレを頼む時には、ワタクシは絶対に卵入りをオススメします。 上の画像の看板右手に書いてある『加蛋』が卵入りです。 30台湾ドル(約100円)と非常に安く、台湾のソウルフードとして人気です。 油に生地を入れて、その上に卵を落として揚げるだけの非常にシンプルな食べ物です。 この小さなお店もお客さんが並んでいます。 カ ラッと揚がるとビニール袋に入れて渡されるのですが、非常に熱いので注意して下さい。 カリカリサクサクさが伝わるでしょうか? カリカリさと、葱の風味がたまりません。 そして、卵の部分も半熟の熱々で美味しいですよ~。 ビール好きな方にはたまらないと思います。 ちょっとイタリアン「起士馬鈴薯」のチーズポテト ここのお店も超人気店で少し前までは長蛇の列だったのですが、以前より長くは並ばないようになってきました。 行列が少なくなったからといって味が落ちたわけではありません。 ここのお店の商品は、まるまる1個油で揚げたジャガイモに、大量のとろけたチーズとトッピング具材を山盛りのせてある一品です。 もう説明しただけでもおいしそうじゃありませんか? 日本語が書かれたメニューもあるので安心です。 このチーズポテトはトッピングで値段が変わってきます。 ワタクシのオススメはシンプルに黒胡椒とベーコンのトッピングです。 60台湾ドル(約200円)です。 言っておきます! カナリ美味しいです!並んででも絶対に食べて下さい! 写真ではチーズが固まって見えますが、実際はトロトロです。 しかも濃厚なチーズです。 トッピングのベーコンも大量でしょ? ちょっとはチーズのトロトロさが伝わるでしょうか? このチーズはチェーダーチーズかな?糸を引かないのでスプーンでも食べやすいです。 中に入っている揚げたジャガイモは表面がカリカリです。 口に頬張ると、チーズ・ジャガイモ・ベーコンのハーモニーが素晴らしいです。 ジャガイモには親切に切れ目を入れてあるので、食べやすいです。 これ日本で屋台でやれば絶対に流行ると思います。 士林夜市地下の美食街 士林夜市には美食街という地下食堂街があって、ここに行けばあちこち動かずに色々なものを食べることもできます。 ただ、ワタクシはちょっと苦手なんです。 なぜかと言いますと、ちょっと強引な客引きや、台湾名物の発酵させた豆腐を調理した 『臭豆腐』などの匂いが充満しているからです。 臭豆腐のあの独特の匂いが逆に好きだという方は、この地下の美食街も全然イケルと思います。 地上の屋台と違って、テーブルや椅子などがあるので、落ち着いて食べるには良いポイントですね。 ワタクシは雰囲気を味わうだけです。 士林夜市の帰りにマッサージはいかが? 士林夜市の屋台を長くウロウロ歩き回っていると足腰がつかれることがあります。 士林夜市の最寄りの駅(劍潭駅1番出口)より、士林夜市に向かってすぐにあるセブンイレブンとなりの、 『萬年青足体養生館』を紹介します。 ここは24時間オープンしているマッサージ店です。 受付の方は日本語が喋れるので色々なコースの説明を受けましょう。 B・Cコースは1200台湾ドルとなっていますが、常にサービスされていてジャスト1000台湾ドル(約3300円)です。 短パンを貸してくれるので、着替えて、いざ足裏マッサージから開始です。 マッサージ師の方が、45分始まるよーとタイマーを設定していました。 マッサージ開始です。 これがまた「痛気持ち良い~~~~~~」今回の旅の疲れが一気に吹っ飛びそうです。 色々と身体の悪いところを説明してくれます。 新陳代謝が高まるので、水分を補給しながらのマッサージです。 コップの中のお茶が減ると速攻でお茶を入れてくれます。 飲みすぎるとお腹チャプチャプでした。 そんなこんなで足裏マッサージ45分があっという間に終了です。 次は地下に移動して全身マッサージです。 これもまた気持ち良いです~。 特に頭のマッサージが最高でした。 45分とたっぷりなのも良いです。 マッサージ中にマッサージが強すぎる場合はすぐにソフトなマッサージに変えてもらいましょうね。 「ソフト」とひとこと言えば、たいてい理解してもらえます。 マッサージが一通り終わって靴を履くと、むくみが取れているので 「アレ?ワタクシの靴ってこんなに大きかったっけ?」っとなりました。 足も腰も軽いです。 日本でも1ヶ月に一回位はマッサージ行きたいなー。 士林夜市まとめ いかがでしょうか士林夜市。 今回紹介したB級グルメを一度屋台で食べると、他の屋台でもチャレンジできるようになってくると思います。 他にも様々な食べ物の屋台がありますが、1つ言えることがあります。 それは 行列ができている店は美味しい ということです。 ワタクシが紹介した屋台以外でも行列を発見したら勇気を出して並んでみて下さいね~。 士林夜市には他にも雑貨やおもちゃを扱う屋台、射的等のお店もたくさんあるので、ショッピングも楽しいですよ。 こちらで紹介されていた四天王(4品)を食べる気満々で行ったものの、 「豪大大鶏排」の鳥唐揚げを半分食べただけでお腹一杯・・・。 自分のお腹具合と相談して、残り3品のうちの1品だけ食べようと 「葱油餅」をひたすら探したものの見つけられず・・・。 GoogleMapの位置と写真の看板を頼りに何度も行ったり来たりしたものの、やっぱりわかりませんでした。。。 行ったのが月曜だったんですけど、定休?臨時休み?だったのかなあ。。。 その際、データ収集のためにGoogle がお使いのブラウザに cookie を設定したり、既存のcookieを読み取ったりする場合があります。 Google社によるアクセス情報の収集方法および利用方法については、およびによって定められています。 サイト管理者は、cookieからサイトユーザーの個人情報を把握することはできません。 ブラウザの設定によりcookieの受け取りを拒否することが可能です。 Googleアナリティクスのcookieを受け取り拒否されたい場合は、をご参照下さい。

次の

大阪・島之内に台湾B級グルメ店がオープン! 台湾唐揚げ「鶏排」の店『好呷(ホージャー)』に行ったら居心地いいほど台湾だった!!

台湾 からあげ

台湾のB級グルメで人気トップ10に必ず選ばれる「台湾からあげ」 お店の前に並べられたたくさんの食材から好きなものを選び、目の前で油で揚げて味付けしてくれます。 揚げたての熱々! スパイスのがきいた味がたまらない美味しさです。 鹹酥李 師範大学近くにある台湾からあげ店。 子供のころ食べた祖母の鹹酥鶏(台湾からあげ)を思い出しながら作り出した味です。 新鮮な野菜を組み合わせた健康的な台湾からあげとして話題のお店です。 住所: 台北市大安區金山南路二段211號 バジルやたまねぎの千切り、りんごのスライスなど無料でトッピングできるメニューが8種類あります。 バジル(九層搭)のみをトッピングしました。 他のお客さんは無料のトッピングをいろいろ加えていて、サラダ風にしていました。 どの食材もとてもきれいに揚げてあります。 焦げている部分などがありませんでした。 良い油と特別なフライヤーを使っているのか、サックっと揚がってて脂っこさが抑えられています。 特に台湾バジルはびっくりするぐらい余分な水分が飛んでパリパリに揚げてありました。 スパイスの調合も良く、美味しいです。 タロイモのもち団子などもほっくりカラッと揚がっていました。 また食べたい鹹酥鶏のお店になりました。 初炸小食店 台湾からあげ専門店。 独自に開発した煮込み、揚げ、炒めの工程を経た台湾からあげを販売しています。 こちらの店の特別な点はお酒と席があるところ、揚げたての台湾唐揚げをビールやワインと一緒に楽しめます。 住所: 台北市光復南路308巷57號 手作りのタロイモ大根餅 芋頭蘿蔔糕 大根らしさを直に味わえます。 甘みが良いです。 鶏のから揚げ 鹹酥鶏 しっとりとした鶏肉の歯触りがとても良いです。 花椒の辛い手羽先 花椒辣鶏翅 花椒やスパイスのでエスニックな味付けでした。 カラッとジューシーに揚がっていました。 美味しいです。 日替わりの限定メニューもオリジナリティーに溢れていますよ。 180度C蜜酥鶏排 西門町にある台湾からあげ専門店。 甘辛い秘伝のタレがかけてある大きい鶏のから揚げが看板メニューです。 お店の前はいつもお客さんで賑わっています。 住所: 台北市萬華區貴陽街二段77號 鶏排(大) 巨大鶏のから揚げ てのひらの2倍以上の大きさの巨大唐揚げ。 カラッとした衣と甘辛いタレがベストマッチ、肉厚でジューシーな鶏肉の味がとってもいいです。 鹽酥鶏 鶏のから揚げ スパイスと塩コショウの味付けが病みつきになる味です。 甜不辣(さつまあげ) 肉厚のさつまあげ、カラッとした表面と中のもちっとした組み合わせがとてもいいです。 イカの唐揚げもこちらのお店の人気メニューです。

次の

【台湾グルメ】ローソンのLチキ「台湾唐揚げ味」がほぼ台湾の味! 雞排のポイント3つを完璧に押さえた良作

台湾 からあげ

鹽酥雞っていうのはそもそも鶏の唐揚げのことなんですが、野菜や魚介類、更には練り物といったいろんな食材の中から自分の好きな物を選んで唐揚げにしてもらうというスタイルお店を総称して鹽酥雞と呼んでいます。 日本人からすると唐揚げの概念を覆すさまざまな食材が店頭に並んでいて、これがなかなか楽しいのです。 鹽酥雞はどの地域に行っても街角でよく売られているのを見かけますが特に夜市では鹽酥雞の屋台が必ずと言っていいほどありますね〜。 今回は台南にある鹽酥雞の人気店、創業30年以上の歴史を持つ 友愛鹽酥雞を紹介します。 住所:台南市中西區中正路178號 友愛鹽酥雞 創業30年以上の鹽酥雞の老舗 友愛鹽酥雞は台南市中心部の西門路と友愛街の交差点にある鹽酥雞専門店。 友愛街にあるから友愛鹽酥雞という店名なんでしょうね〜。 台南にも鹽酥雞のお店はたくさんありますが 友愛鹽酥雞はその中でも特に人気のあるお店なんですよ。 この日は夜9時ごろお店に行ったのですが店の前にはお客さんがいっぱい。 ウワサ通りずいぶんはやってますね〜。 イスに座っている人達は順番待ちのようです。 創立1979年ということは40年近い歴史のある老舗。 地元の人に長く親しまれているお店ということですね。 店の前でたむろしている人達はすでに注文済みなので到着したら気にせずまずは注文をすませましょう。 ザルとトングがあるので自分で好きな食材を選んでいきます。 滷味と同様なかなか注文方法が分かり難いシステムなのですが以下の点を押さえておきましょう。 ・各食材の分量は決まっているので量を気にせず食材をザルに入れておけばあとはお店の人が調整してくれます(束になっているものや串などは例外)。 ・例えば鹽酥雞(鶏唐揚げ)など1かけら入れておけばお店の人が勝手に増やしてくれます。 ・例えば2倍の量欲しいときなどはその旨を伝える必要があります。 中国語ができなければなかなか難しいですが・・・ 自信がなければ紙に欲しいものと量を書いてお店の人に見せて注文するのが無難ですね。 忙しそうにしてるのでちょっと気が引けそうですが・・・ 鶏肉にしても鹽酥雞(一般的な鶏唐揚げ)をはじめ、雞脆皮(鶏皮)、雞心(鶏ハツ)七里香(鶏のお尻の部分の肉)など十数種用意されています。 その他にも魷魚絲(スルメ)、炸龍珠(イカのくちばし)、米腸(もち米のソーセージ)、銀絲捲( 蒸した後揚げたパン)、黑輪(てんぷら)、四季豆(いんげん)などなど唐揚げの具材としては我々の想像を超えるものばかりです。 注文を終えるとこんなメモをくれます。 150というのが合計金額ですね。 上の60というは自分の番号で、出来上がったらこの番号で呼ばれます。 待ち時間が40分くらいとのこと。 40分か~・・・いやはやすごい人気です。 待ち時間は適当に時間を潰しましょう。 このときは待ってる間に近くにというドリンクスタンドがあったので飲み物を買いに行きました。 想像を超える異次元の食材 そろそろ時間が近づいてきたので再びお店にやって来ました。 番号を呼ばれたら出来上がったものを取りに行って清算して終わりです。 番号を聞き取る自信が無いのであればお店の人にメモを見せておけば分かってくれると思いますよ。 というわけで無事購入しました~。 早速いただきましょう。 全部お皿に出してみました。 スパイスのいい香りが漂ってきます。 この食欲をそそる匂いが堪らないんですよね〜。 ボリュームも結構あって2~3人でちょうどよいくらいの量ではないでしょうか。 鹽酥雞(5種)( 150NTD) これが 鹽酥雞、一般的な鶏の唐揚げですね。 日本の唐揚げと大きく異なるのが味付け。 ふりかけられているスパイスがいい味を出してて美味しいんですよこれが。 フライドチキンとも唐揚げとも違う独特の味なんですよね〜。 こちらは 黑輪(てんぷら)。 つまりてんぷらの唐揚げという異次元の組み合わせ。 もっちりした食感は残ったままスパイスの味付けがされてる感じです。 これもなかなか美味しい。 四季豆、いんげんのことです。 軽く揚げているのでカリカリではなく瑞々しさが残っています。 鹽酥雞は油っこいものばかりになりがちなので野菜を数種選ぶのがおすすめです。 雞脆皮(鶏皮)。 これはカリッとした食感がいいですね。 最も謎な食材、 銀絲捲。 中華圏特有のパンで生地を 蒸した後に揚げて作られます。 ってことはつまり揚げパンを更に揚げてるってことなのかな? という疑問はさておき、これも意外に美味しいのでおすすめです。 これだけ食べてたったの 150元(約560円:2017. 17現在)というのは嬉しい限り。 まさにB級グルメの代表格ですね〜。 ちょっと注文するときのハードルが高いのですがぜひチャレンジしてみましょう! 店舗情報 住所 台南市中西區中正路178號 営業時間.

次の