そら豆 茹で方 ガッテン。 【そら豆の美味しい茹で方】ガッテン流は薄皮付きで茹で時間約3分、焼いても格別!

そら豆をさやごと&さやなしで茹で比べてみました!

そら豆 茹で方 ガッテン

そら豆のベストなゆで時間とゆで方 そら豆のゆで時間はレシピなどを見ても1~5分とばらつきがあります。 では実際何分がベストなのか? 番組で行われた実験の結果、編み出されたレシピがこちらです。 調理時間 5分 調理器具 鍋・ざる 材料 作りやすい分量 そら豆 適量 熱湯 鍋にたっぷりと 熱湯に対し4%の濃度の塩 作り方 1、鍋にたっぷりの熱湯を沸かす。 2、4%の濃度になるように、塩を加える。 3、沸騰してからさやから出した豆を入れ、蓋をする。 4、 しっとり食感の豆の場合は1分半~2分。 ホクホク食感の豆の場合は3分ゆでる。 5、ゆであがったらざるにあげ、完成です。 この『 しっとり食感』『 ホクホク食感』とは、ゆでる時間によって生まれる違いではなくもともと豆が持っている性質を生かしてゆで時間を変える、ということです。 つまり今からゆでる豆がどちらのタイプの豆なのか、事前に見極める必要があるんです。 見極めてから最適な時間でゆでてあげることで、よりおいしいゆで上がりにすることができるので、ぜひ確認してみてください。 次の項目で簡単に確認できる3つのポイントをご紹介しますね。 食感の違いの見分け方 違いは見た目で誰でも見分けることができます。 3つの確認ポイントがあるので、チェックしてみてください。 黒いラインで見分ける そら豆には黒っぽいラインがありますよね。 そこに注目してください。 黒くはっきりとラインが出ていればホクホクの豆です。 白っぽく(緑に)なっているものはしっとり食感の豆になっています。 サヤで見分ける 他にもサヤで見分ける方法もあります。 サヤの色が鮮やかな緑色のものはしっとり、少し茶色くなっているものはホクホクです。 さらに サヤの筋が黒ずんできているものはホクホク食感の豆です。 形で見分ける 形にも違いがあり、 しっとり豆は小粒でくびれは小さく、ホクホク豆は大粒でくびれが大きいのが特徴です。 どうして違う食感になるの? 番組でそら豆をMRIにかけて調べてみたところ・・・ しっとりの方にはそら豆のへその緒がついていたのに対し、ホクホクの方は外れていたことがわかりました。 しっとり食感の豆はへその緒がまだ付いていることで、水分と糖分たっぷりの豆になっていたんです。 ホクホクの方はなぜ外れているのかというと、栄養補給を終えると豆はへその緒を自分から外します。 そのあと、豆の中では水分が減り糖分がでんぷんに変わります。 そのためホクホクの食感になるんですね。 つまり2つの食感の違いは「 収穫の時期」ということなんですね。 しっとりの方が早く、ホクホクの方が遅く収穫されているそら豆です。 実際に食べ比べてみましたが確かにほくっとした感じと、よりしっとり感がある仕上がりの違いを感じました。 以上『 そら豆の最適なゆで方と茹で時間』のご紹介でした。 食感の好みがある方はこの方法で見分けてゆでてみてくださいね。 おすすめ関連記事 当サイト『』では、その他にもそら豆を使ったレシピをご紹介しています。 是非併せてご覧ください。 こちらもおすすめです。

次の

そら豆の旬の季節・時期はいつ?産地や食べ方のおすすめも紹介!

そら豆 茹で方 ガッテン

そら豆のベストなゆで時間とゆで方 そら豆のゆで時間はレシピなどを見ても1~5分とばらつきがあります。 では実際何分がベストなのか? 番組で行われた実験の結果、編み出されたレシピがこちらです。 調理時間 5分 調理器具 鍋・ざる 材料 作りやすい分量 そら豆 適量 熱湯 鍋にたっぷりと 熱湯に対し4%の濃度の塩 作り方 1、鍋にたっぷりの熱湯を沸かす。 2、4%の濃度になるように、塩を加える。 3、沸騰してからさやから出した豆を入れ、蓋をする。 4、 しっとり食感の豆の場合は1分半~2分。 ホクホク食感の豆の場合は3分ゆでる。 5、ゆであがったらざるにあげ、完成です。 この『 しっとり食感』『 ホクホク食感』とは、ゆでる時間によって生まれる違いではなくもともと豆が持っている性質を生かしてゆで時間を変える、ということです。 つまり今からゆでる豆がどちらのタイプの豆なのか、事前に見極める必要があるんです。 見極めてから最適な時間でゆでてあげることで、よりおいしいゆで上がりにすることができるので、ぜひ確認してみてください。 次の項目で簡単に確認できる3つのポイントをご紹介しますね。 食感の違いの見分け方 違いは見た目で誰でも見分けることができます。 3つの確認ポイントがあるので、チェックしてみてください。 黒いラインで見分ける そら豆には黒っぽいラインがありますよね。 そこに注目してください。 黒くはっきりとラインが出ていればホクホクの豆です。 白っぽく(緑に)なっているものはしっとり食感の豆になっています。 サヤで見分ける 他にもサヤで見分ける方法もあります。 サヤの色が鮮やかな緑色のものはしっとり、少し茶色くなっているものはホクホクです。 さらに サヤの筋が黒ずんできているものはホクホク食感の豆です。 形で見分ける 形にも違いがあり、 しっとり豆は小粒でくびれは小さく、ホクホク豆は大粒でくびれが大きいのが特徴です。 どうして違う食感になるの? 番組でそら豆をMRIにかけて調べてみたところ・・・ しっとりの方にはそら豆のへその緒がついていたのに対し、ホクホクの方は外れていたことがわかりました。 しっとり食感の豆はへその緒がまだ付いていることで、水分と糖分たっぷりの豆になっていたんです。 ホクホクの方はなぜ外れているのかというと、栄養補給を終えると豆はへその緒を自分から外します。 そのあと、豆の中では水分が減り糖分がでんぷんに変わります。 そのためホクホクの食感になるんですね。 つまり2つの食感の違いは「 収穫の時期」ということなんですね。 しっとりの方が早く、ホクホクの方が遅く収穫されているそら豆です。 実際に食べ比べてみましたが確かにほくっとした感じと、よりしっとり感がある仕上がりの違いを感じました。 以上『 そら豆の最適なゆで方と茹で時間』のご紹介でした。 食感の好みがある方はこの方法で見分けてゆでてみてくださいね。 おすすめ関連記事 当サイト『』では、その他にもそら豆を使ったレシピをご紹介しています。 是非併せてご覧ください。 こちらもおすすめです。

次の

そら豆の焼き方は?魚焼きグリル・トースター・フライパンで焼く方法

そら豆 茹で方 ガッテン

そら豆を魚焼きグリルで焼く美味しい方法は? まず魚焼きグリルで焼いてみましょう! 1.魚焼きグリルに水を張って5分温める 2.その間にそら豆の筋を取っておきます 3.魚焼きグリルが中が温まったらそら豆を並べます (火傷しないように気を付けてくださいね) 4.まず7分ほど中火で焼きます(焦げてもOK) 5.裏返してあと3分焼きましょう 6.火を消したら余熱で5分放置 7.塩をかけたら完成! 両面焼きのグリルであれば10分焼いて5分余熱で温めましょう。 そら豆をフライパンで焼くと絶品だ! 魚焼きグリルは掃除が大変なので次はフライパンで試してみましょう。 1.そら豆の筋を取る 2.そら豆をフライパンに並べて中火で5分 3.反対側は弱火で4分(焦げてもOK) 4.塩をかけたら完成! チーズをトッピングする方法もオススメ! 1.サヤからそら豆を出します。 2.中火で両面3分ずつ加熱 (加熱中はフタを閉めて蒸し焼きに) 3.スライスチーズを乗せる 4.塩コショウを軽く振って完成! そら豆を手軽にトースターで焼く方法は? 1.そら豆の筋を取る 2.トースターに並べて1000wであれば10分ほど 3.塩をかけたら完成! どの調理方法もですが、蒸し焼きにしたい場合は筋を取るだけにしてください。 ホクホクそら豆が楽しめます。 蒸し焼きにした方がそら豆の栄養分を閉じ込めることができるのでオススメです。 甘みも濃くなり美味しさもUPします。 筋を取って切り込みを入れておくと水分が蒸発してまた違った食感になります。 お好みの方で調理してくださいね。 そら豆のにおいが苦手な方は薄皮を取り除いて食べてみてください。 薄皮があの独特なにおいを発しています。 薄皮を取り除いても食べにくければ塩以外の味付けをすることもオススメです。 マヨネーズやカレー風味にすることでにおいが気にならなくなり食べやすくなると思います。 またオイスターソースなど濃いめの調味料を使って豚肉などと炒め物にしても絶品です。 まとめ そら豆には嬉しい栄養分がたくさん入っています。 茹でるより焼いた方が栄養分をしっかり摂ることができます。 今回はそら豆のいろいろな焼き方をご紹介しました。 私はいつも一番手軽に感じるトースターで焼いて食べています。 どの調理方法も焦げ目がつくまで焼くので、食べるときは火傷しないように気を付けてください。 また、サヤごと焼いていることを生かして食べてほしいと思います。 焼き終わって完成したらサヤからそら豆をお皿に全部すぐに出してしまうのではなく、食べる直前にサヤから取り出すことで長時間温かいそら豆を楽しむことができます。 そら豆は茹でたり焼いたりする他にもポタージュやお菓子にもアレンジすることもできますよ。 旬の短いそら豆レシピを存分に楽しんでくださいね。 そら豆は鮮度が落ちてくると皮が厚くなり固くなってしまうので新鮮なそら豆が手に入ったら早めに食べるようにしてくださいね。 この夏は絶品そら豆料理をみんなで美味しくいただきましょう!.

次の