ちっ ぴ ポセ。 ちっぴヲチスレ

インチキ教師が教える聖霊術講義 (作 : 黒足袋) / 鍛錬投稿室・長編の間

ちっ ぴ ポセ

第23話 ゼネラル・クロソ 第23話 ゼネラル・クロソ レッシィ 「アステロイド・ダミー、発射完了」 ダバ 「ダミーのスピードに乗るんだ」 キャオ 「進入角度が深過ぎんじゃないのか?」 レッシィ 「じゃあ、トライデトアルの防空システムに引っ掛かってもいいの?」 キャオ 「ん、いや……」 レッシィ 「なら我慢しなさい」 アム 「そ、我慢しなさい」 ダバ 「あと一度だけ、深く」 キャオ 「一々一々これじゃ、堪んないな!」 アム 「ターナにダミーがあるだけ楽なの! お尋ね者の私達にとっては、仕方がないでしょ!」 ダバ 「このまま行けば、マレーニキ市の高原に出られるぞ」 レッシィ 「了解。 マレーニキ市の情報は……」 リリス 「はぁっ……!」 ダバ 「着陸ポイント、セレクト」 レッシィ 「やってます」 アム 「やってます」 「う〜んと……」 レッシィ 「解析の邪魔しないでよ!」 男 「時間通りか、という事は……お、勿体ねぇ」 「クロソ将軍の船か」 ネイ 「只今到着致しました」 ギワザ 「作戦中なのに呼び戻してすまんな」 ネイ 「ギワザ様が艦隊を指揮なさる……何か?」 ギワザ 「十三人衆の足を固めんでは色々面倒でな。 お前達への補給もあるし……」 ネイ 「はい」 ギワザ 「トライデトアルのマレーニキの噂は知ってるか?」 ネイ 「いいえ」 ギワザ 「その勢力の探りを、ポセイダル様が命じたという噂が聞こえてきた」 ネイ 「スパイ活動をポセイダル様が……?」 ギワザ 「ああ、妙な話だ」 ネイ 「分かりました。 マレーニキに行き、ポセイダル様の仕掛け人を捕える事が、私の仕事ですね?」 ギワザ 「捕えてはならん。 その何者かから、ポセイダル様からの命令かどうか聞き出す事が先決だ」 ネイ 「はい」 ギワザ 「既に工作員は送り込んである。 そやつと連絡を取れ」 ネイ 「分かりました」 ギワザ 「頼むぞ」 不審な男 「あれ、気付かれたかな?」 「うわっ!」 ダバ 「何です、貴方がたは?」 アム 「正規軍じゃないらしいけど」 不審な男 「や、やっぱり若過ぎる……」 キャオ 「何だと〜?」 アム 「気に入らないわね! 若いのが売り物の私らに、若いのがいけないみたいな言い方!」 不審な男 「い、いや、違うんだ。 俺達はただ……」 アム 「分かった。 ユスリでしょ」 モーブ 「私がご説明致します、将軍」 ダバ 「何?」 レッシィ 「将軍……?」 モーブ 「若過ぎるというのも、我々が、クロソ将軍の噂しか知らなかったからです」 キャオ 「クロソ? 何だ?」 モーブ 「我々は三日前に、クロソ将軍がこのマレーニキに来るという情報を入手したんです」 キャオ 「んで、情報通り俺達が来たってのか?」 モーブ 「ならば、クロソ将軍しか居りません」 ダバ 「ちょ、ちょっと待ってください」 モーブ 「信じてください、将軍。 我々はれっきとした反乱軍兵士です。 私はモーブと言います」 「そして、ここマレーニキの市民全てが、反ポセイダルなんです」 キャオ 「街ごと……」 モーブ 「あのような船をお持ちだからこそ、各地で赫々たる戦果を挙げられ、将軍と仇名されていらっしゃるのでしょう?」 ダバ 「参ったな……」 キャオ 「ダバ」 アム 「貴方達を疑ってる訳じゃないの」 キャオ 「クロソってのがそれほどの奴なら、会おうぜ」 ダバ 「しかし……」 アム 「信じられる連中かな?」 ダバ 「もしクロソって人が将軍と云われるくらいの人なら、手を組みたいしな」 キャオ 「そうそう」 「クロソが来るまで、暫く将軍やるのもいいぜ」 ダバ 「馬鹿言え」 リリス 「ふふっ、将軍」 ダバ 「リリス……!」 キャオ 「任せなさい」 「はっ、どうもすみません、お待たせしちゃって。 僕達、忍び旅なもんで……」 アム 「知らないよ、私」 レッシィ 「将軍やるの?」 ダバ 「知らないよ」 反乱軍 「起きろよ、偽者」 ダバ 「わっ……!」 キャオ 「むにゃ、もう駄目……」 ダバ 「モーブさん……!」 モーブ 「騙りめ!」 ダブ 「故意に……」 モーブ 「黙れ!」 リリス 「んっ!」 モーブ 「うわっ!」 ダバ 「リリス、やめろ」 「本物のクロソが現れたんだな?」 キャオ 「そうかよし、会わせてもらおう」 反乱軍 「口の利き方が逆だろうが!」 キャオ 「くっ……!」 「あ、お前か?」 クロソ 「私の名前を騙るとは、いい度胸だな」 キャオ 「ここの連中が勝手に間違えたんだよ」 クロソ 「お前達、どこのスパイだ?」 ダバ 「スパイなんかじゃない」 レッシィ 「貴方こそ、将軍と云われるくらいならば、証拠見せなさいよ」 アム 「そうよ」 クロソ 「やれやれ、素人はこれだから困る。 証拠を持った人間がリーダーをやっていたら、敵にすぐに狙われる」 ダバ 「成程。 そう見せるのも、反ポセイダル運動の為のポーズという訳か?」 クロソ 「ほう、頭が働くな」 「そういう男に、この街の事を知られたとあっては……」 モーブ 「はい、帰す訳にはいきません」 弟分 「スパイは銃殺刑だな」 アム 「ちょっと待ってよ!」 レッシィ 「そりゃ私達、将軍なんて偉いもんじゃないけど、反乱軍には間違いないのよ?」 弟分 「そいつはどうかな。 何の証拠もないんだぜ?」 キャオ 「証拠がないと信じないのかよ?」 弟分 「お互い、騙りが多いんだよな、最近は」 レッシィ 「証拠ならあるわ」 ダバ 「レッシィ」 クロソ 「ほう」 「正規軍の手配書か。 凄い懸賞金が付いている」 弟分 「偽者じゃなさそうですね」 クロソ 「うむ」 キャオ 「ね、ちょっと早く外してよ」 クロソ 「この星へ来た理由は?」 ダバ 「人探しと、反ポセイダルの人集めだ」 クロソ 「……協力しよう」 クロソ 「成程、そういう奴だったとはな」 ネイ 「そうだ」 クロソ 「道理でいい目をしていた」 ネイ 「皮肉のつもりか?」 クロソ 「ふん、そう聞こえるか」 ネイ 「まあいい。 自分の身に置き換えれば辛いだろうが……」 クロソ 「くっ……」 ネイ 「後は、スパイ同士の接触だ。 出来ないのか?」 クロソ 「探りは入れている……が、後五万ギーン上げてくれんとな」 ネイ 「あまりいい気になるな」 クロソ 「俺がクロソの偽者だって証拠はないんだ。 本物のクロソは、とうに正規軍に処刑されちまってるんだろ?」 ネイ 「貴様……!」 クロソ 「俺はもう、只の女誑しじゃねぇんだ。 将軍に見合った報奨金は要るぜ」 ネイ 「分かった、私と会う時に渡そう」 モーブ 「お〜い……まあいいか」 「あっ……」 「あれは……」 弟分 「おい、何してる?」 「ちっ、不味いな……」 「逃がすか!」 モーブ 「くそ、あいつ……正規軍と連んでたなんて……!」 「くっ、みんなに知らせなきゃ……」 「あっ、わぁぁっ!」 クロソ 「す、凄い……」 レッシィ 「街ぐるみで反乱軍なんて……」 アム 「流石、凄いわ」 キャオ 「何か俺、興奮してきたぜ」 クロソ 「諸君、有難う。 マレーニキ市民一同の心よりの歓迎を感謝する」 「こんなにも反ポセイダル分子が居るなんて……」 「何だ? 何故俺は、こんなにも感動してるんだ」 キャオ 「へ〜、いいとこあんのね。 クロソの奴、感激してるぜ」 レッシィ 「ね、ちょっと……あれ……」 反乱軍 「何だ? おい、モーブじゃないか」 〃 「どうした?」 クロソ 「モーブ君!」 モーブ 「うっ、うぅっ……!」 リリス 「……ダバ!」 反乱軍 「モーブ!」 〃 「どこでやられた、モーブ!」 ダバ 「あいつ……!」 レッシィ 「ポセイダル軍のスパイだと?」 キャオ 「よくもまあ……!」 クロソ 「ちょっとすまん」 ダバ 「クロソ!」 キャオ 「ダバ、敵が動くぞ」 ダバ 「エルガイムの用意をしておこう」 レッシィ 「そうね」 キャオ 「ダバは?」 ダバ 「あいつに会ってくる」 アム 「何で?」 ダバ 「ちょっと、気になるんだ」 反乱軍 「ぐぁっ!」 クロソ 「何故、俺に相談しなかった!」 反乱軍 「奴は十三人衆と話してるのを見ちまったんだ。 クロソの偽物だってばれたんだよ!」 クロソ 「話は聞かれちゃいない!」 ダバ 「やっぱりな」 クロソ 「ん?」 ダバ 「最初に見た時から妙だと思っていたんだ」 クロソ 「ん、何故だ」 ダバ 「実戦を重ねてきた人間には焦臭い匂いが付いてるんだけど、あんたにはそれがなかった」 「只の犯罪者の匂いしかしなかった」 クロソ 「いい勘をしているな」 「ふんっ!」 ダバ 「何故、クロソの名を騙った!」 クロソ 「金が欲しかった。 それが悪いか?」 弟分 「えやぁぁっ!」 リリス 「ええいっ!」 弟分 「うっ!」 ダバ 「はっ!」 クロソ 「うぉっ……!」 ダバ 「勝負あったな、クロソ将軍」 クロソ 「俺も焼きが回ったぜ。 こんな若造にやられるとはな……」 「殺すなり、リンチに掛けるなり、好きにしな!」 ダバ 「それじゃ、みんなの前に出て貰おう。 但し、クロソ将軍としてな」 クロソ 「何? 何故だ?」 ダバ 「みんなの為にだ」 クロソ 「みんなの……?」 ダバ 「そうだ。 街の連中は、あんたがクロソ将軍だという事を信じ切っている」 「あんただって見たろ? 集会のあの熱気を……」 「連中にとっちゃ、あんたは英雄なんだ」 「クロソが来た事で、彼らがどれだけ勇気付けられてるか分かるだろ」 クロソ 「裏切るぜ、俺は……」 ダバ 「構わないさ。 その時は、あんたは悲しく死んでいくだけなんだから……」 「そこまでは、他人のあんたの面倒は見たくないな、僕は」 クロソ 「悲しく……死んでいく……」 ダバ 「犯罪者なら、その恐ろしさは知っている筈だ」 クロソ 「俺は、酷い男だぞ?」 ダバ 「君の問題は、僕には関係ないな」 クロソ 「……何だ?」 ダバ 「正規軍か」 クロソ 「話が違う。 俺が街に居る間は、正規軍は攻撃などはしない筈だ」 ダバ 「誰に頼まれたんだ、クロソ?」 クロソ 「十三人衆としか名乗らなかった。 しかし、金もマシンもくれて、俺がマレーニキに入ってけばいいって」 「ポセイダル軍め……!」 ダバ 「どうするんだ? 利用されて、悲しく死ぬだけか?」 クロソ 「俺が将軍をやって、正規軍の奴らの鼻を明かせられるんなら」 ダバ 「やるしかないね、クロソ将軍」 ネイ 「マレーニキ市民に告ぐ。 抵抗せずに我々に従えばいい」 「抵抗するのならば、この街は全滅させる」 クロソ 「ダバ・マイロードか……」 弟分 「兄貴、どうすんだよ? このまま行ったら……!」 クロソ 「リーダーは俺だ! 命令は俺が出す!」 弟分 「どうしちまったんだよ? まさか、本気でクロソになるつもりじゃねぇんだろうな?」 クロソ 「本気じゃ悪いか?」 ダバ 「オージェが居る」 リリス 「キャオ、キャオ……!」 ダバ 「出ないのか……キャオ!」 「そんなにジャマーは厚くない筈なのに……」 ネイ 「あれか、クロソに与えたマシンというのは」 クロソ 「マレーニキの市民! 今の敵の数は少ない! 街中の対空砲火を開け!」 市民 「クロソ将軍だ!」 〃 「こっちにはクロソ将軍が付いてるぞ!」 ダバ 「そうだよみんな、恐れる事はない! 武器を取るんだ!」 クロソ 「うぉっ……!」 ネイ 「貴様、何をしている!」 弟分 「兄貴……!」 クロソ 「ビビんじゃねぇ」 ネイ 「お前のような手緩い作戦はいい! 下がれ! 若しくは手を貸せ!」 クロソ 「煩ぇ! 俺はてめぇの飼い犬じゃねぇんだ!」 ネイ 「何だと?」 クロソ 「俺はクロソだ! 下がるのはそっちだぜ!」 ネイ 「血迷いおって……何をほざく!」 「お前達の頼りにしている将軍は偽者だ! 本物のクロソはとうに処刑されている!」 市民 「何?」 ネイ 「よく聞くのだ! お前達は騙されている!」 市民 「うぉっ……!」 クロソ 「あいつ……な、何を……!」 ダバ 「敵の扇動に乗るな! クロソ将軍はそこに居るぞ! 我々を撹乱しようとしている!」 リリス 「している!」 クロソ 「ダバ……!」 ネイ 「そういう事か。 ダバ・マイロードがクロソを扇動しているのか」 ダバ 「くそっ!」 ネイ 「ふん、街そのものを全滅させれば、首謀者もへったくれもない」 「各機、マレーニキの主要建物を撃破しろ」 クロソ 「くっ……うぉっ!」 ダバ 「クロソ!」 クロソ 「ダ、ダバ……!」 「俺はクロソだ! 俺の昔の流儀を見せてやるぜ!」 ダバ 「君は立てばいいだけだ!」 ネイ 「グライア隊の跡を、リスタ隊は目潰しをしろ!」 リリス 「キャオ、応答して! キャオ!」 ネイ 「ちっ、入り組んでいて狙いが付けられん!」 市民 「うわぁぁっ!」 クロソ 「俺はクロソだ! マレーニキの人々、聞こえるか!」 アム 「ん、こんにゃろ!」 キャオ 「敵が速過ぎんだよ。 街ん中を抜けるのに……」 ダバ 「彼は本物だ」 キャオ 「どういう事よ?」 ダバ 「エルガイムを出してくれ」 キャオ 「ん、どうなってんの?」 「わっ……!」 ネイ 「私の目の前で、ドッキングが出来ると思ってんのか!」 「ダバの船……ターナか!」 レッシィ 「ネイ・モーハン、そうそう好きにはやらせないよ!」 クロソ 「ん? 味方の船があるのか?」 ダバ 「キャオ、行くぞ! ドッキング・センサー!」 「うわぁぁ、ぁっ……!」 「くっ、外れない……!」 ネイ 「ギャブレーには悪いが、ここで終わりにさせてもらうぞ!」 ダバ 「オージェ!」 ネイ 「くっ、ぅっ……!」 「あんなマシンで……!」 クロソ 「舐めんじゃねぇぇっ!」 ネイ 「ゼッタが飛んだ!」 リリス 「クロソが……!」 ダバ 「クロソ、無茶だ!」 ネイ 「能天気だね!」 クロソ 「うわっ、ぐっ……!」 ダバ 「クロソ!」 リリス 「落ちちゃう〜!」 ダバ 「シールドが効かないだと?」 ネイ 「ドッキング前に壊れてたんだよ!」 「今度こそお仕舞いだ、ダバ!」 リリス 「ダバ起きて、起きて……!」 ネイ 「な、何だ、この十字砲火は……!」 市民 「長時間撃てば、バリアは破れる!」 〃 「ゼネラル・クロソに続けぇっ!」 ダバ 「マレーニキの市民が……!」 「エルガイム、立て!」 市民 「クロソ将軍、どこです? 後退してください!」 クロソ 「こ、この対空砲火……オージェが?」 市民 「一番強力な敵を足止めしています! クロソ将軍、下がって!」 クロソ 「砲撃をやめろ! 諸君らは下がれ!」 ネイ 「砲撃が弱まった!」 「またこのマシン……クロソか!」 クロソ 「そうさ、俺だ! 悲しく死ぬより、みんなの前で死ねるんなら、これはこれで捨てた人生じゃないって事さ!」 「うわぁぁっ!」 ダバ 「将軍!」 「ネイ、貴様……!」 ネイ 「ダバ……!」 ダバ 「自分だけが上等な生き方をしているなんて思うなよ!」 リリス 「やっちゃえ〜!」 ダバ 「落ちろ、落ちろ! 落ちろ……!」 リリス 「もう無駄よ、ダバ! やめて、ダバ……!」 「ダバ……!」 ダバ 「最後までやらなけりゃ分からないなんて……人生って奴は……!」 ネイ 「申し訳ありません」 ギワザ 「まあ良い。 しかし、一度会ってみたいものだ。 そのダバとやらにな」 アム 「あの人、本当にクロソ将軍だったの?」 レッシィ 「どうなの、ダバ?」 ダバ 「そんな事、関係ないだろ?」 キャオ 「気持ち悪くないのかよ、分かんなくって?」 ダバ 「本物さ」 「な、リリス」.

次の

No.8A「獣戦機隊出撃」

ちっ ぴ ポセ

Contents• 夏のマスク対応策厚労省発表注意点 新型コロナウイルス感染防止に絡み、厚生労働省は26日、マスクの着用法などを示した夏の対応策を公表しました。 夏のマスク着用による熱中症の危険性 冬になると風邪予防兼防寒対策として多くの人が利用していますが、夏になるとその防寒対策として活用されていた保温性能がネックとなってきます。 人間は通常、体温より低い空気を吸いこみ、鼻の中や肺の中で温められた息を出す。 空気が体内の熱を奪うことで、体が冷やされるという仕組みだ。 それがマスクをつけていると、吐いた息がマスクでブロックされたり、呼吸で温まっているマスクを通じて息を吸ったりすることで、体がより熱を持ちやすくなってしまうという。 asahi. このため、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、熱中 症のリスクを考慮し、マスクをはずすようにしましょう。 また、周囲の人との距離を十分にとれる場所 で、適宜、マスクをはずして休憩することも必要です。 この場合、室内温度が高くなるので、熱中症予防のためにエアコン の温度設定をこまめに調整しましょう。 体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養するようにしましょう。 mhlw. pdf 厚労省の対策としては、 3密を避けてマスクを適宜外すこと・水分補給を以前よりこまめに取ること・日頃の健康チェックを実施することがおもな対策ですね。 rakuten. また、内側にはミズノ独自の肌触りの良いソフトな素材を使用している。 また、フェイスラインを包み込む設計としているため、顔にフィットし、着用ストレスが少ないという。 繰り返し手洗い洗濯が可能。 素材は本体がポリエステル83%、ポリウレタン17%、内側がポリエステル100%。 サイズはS、M、Lの3サイズ、カラーはチャコールグレー、ブラック、ネイビー、ロイヤルブルー、ローズの5色。 裏地はS、Lはアクアブルー、Mはピンク。 大きさは、Sが子供向けで18. 8cm。 原産国は日本。 mizunoshop. rakuten. 生地に配合している植物由来キシリトールが、汗に反応して熱を吸収するという。 マスクのそのほかの特徴として、生地に吸汗速乾ニットテフロンメッシュ使用、匂いを抑える抗菌加工、鼻部分の形にフィットする調整機能、子供にもフィットする紐調整機能がある。 カラーは、ブラック、アイスグレー、ピンク、ライトブルーの4色。 素材は、表地がポリエステル90%、ポリウレタン10%、裏地がレーヨン85%、綿10%、再生繊維 セルロース 5%、紐がナイロン、ポリウレタン、ストッパーがポリ塩化ビニル、ノーズワイヤーがポリエチレン。 watch. impress. html 販売元はヨネックスのショールムだそうです。 接触冷感は当たり前の搭載スペックですが、使用素材によってことなる冷感を得られるのではないかと思われます。 また、女性・お子さんがいられる家庭ではUVカットもきになるところではないでしょうか。 これからどんどん大手企業の参入が予想されます。 個人的にはニトリのNクールマスクとかが出る予想をしている方の意見が気になりました。

次の

ちっぴヲチスレ

ちっ ぴ ポセ

ルナティックドーン〜Extra story〜 ルナティックドーン 〜Extra story〜 Vol. 6 11 Vol. 10 (……と、その様な訳で、お前が持っている剣こそが、我なのだ。 ならば、その使用目的こそが、その道具に込められた意思とも言える。 んじゃ、魔剣がどうやって作られるかは知ってんのか?」 ポセ(……レナスではないが、本当に面倒な男だな。 それよか、折角俺が作りてー魔剣と話せる機会にあるんだ……そっちを優先しない手はねぇだろ? んで、何でもいいから、何か手がかりになる話はねぇのかよ?」 ポセ(……そうだな。 そして魔力とは、魔の力……つまり、人ならざる者の力を指す。 ポセ(ふむ……言わずとも分かっているではないか。 つまり魔の力を宿す魔剣は、人ならざる者にとって、住処の様なものなのだ。 どうやら人に知識を授ける事に喜びを感じる様な剣だけに、 そこを混ぜっ返された事が許せなかったらしい。 それは正に、空気が凍りついたと言っていいものであり、 悪路を走る馬車の騒々しい音すらも、今、この場にいる者の耳には届いていない事だろう。 そしてこの空気を生み出した原因である男へと注がれる 異様なものを見る時 特有の、これまた凍りつくような冷たい視線……。

次の