はいかん。 はいざらこうかん Official Site

澎湃館トップ

はいかん

主に長年のが原因となって引き起こされるの性疾患。 略称は。 以前は、やと呼ばれていた。 COPDの最大の原因がタバコであり、COPD患者の約9割が喫煙者、前喫煙者であることから、俗称として「タバコ病」と呼ばれることもある。 特徴的な症状は、や息苦しさ、長く続く咳 せき や痰 たん など。 徐々に進行していく疾患のため、息切れがあっても「年のせいかも」と見過ごされやすく、発症に気が付きにくい。 発症当初は階段の昇降などある程度の強度の運動で息が切れていたものが、だんだん数歩の距離を歩く、立ち上がるなどの軽い動きでも呼吸が苦しくなり、重症化すると自力での呼吸が難しくなって、酸素供給装置 酸素濃縮器や液体酸素タンク から鼻の下にチューブを固定して酸素を送り込む「」が必要になることもある。 COPDの最大の原因は喫煙である。 喫煙の経験がなく、受動喫煙だけでもCOPD発症のリスクは高まる。 タバコの煙をすることで、肺の中の空気の通り道である「」に炎症が起きる。 そのため気管支が狭くなって空気が流れにくくなったり、咳や痰が出やすくなったりする。 また、酸素と二酸化炭素を交換している「」という組織が壊され、酸素を身体に取り込めなくなる。 破壊された組織は元に戻ることはない。 COPDにおける障害は肺だけにとどまらない。 栄養障害や骨粗しょう症、筋力の低下、心臓や血圧など、全身に影響を及ぼすことが分かっている。 治療の目標は、悪化させないこと。 その時点で残っている肺の機能を、それ以上低下させないことが目標となる。 そのために、基本となるのが禁煙である。 その上で、気管支を広げる作用を持つ、気管支拡張薬を使用して症状を和らげる。 重症の場合、ステロイドを使用することもある。 や運動療法など「呼吸リハビリテーション」も有用であるといわれている。 感染症などにかかると、急速に症状が悪化することもあるため、インフルエンザワクチンや、肺炎球菌ワクチンなどの予防接種も推奨されている。 COPDによる死亡者数は、ここ数年1万6000人前後で増減していたが、2017は1万8523人と急増した。 これは1995年以降で最高値である。 その時代に20代、30代だった人たちが高齢となり、今後COPDを発症して死亡率を増加させると推測される。 COPDの患者は、40歳以上の人口の8. 喫煙者の5~6人に1人がCOPDになると推計されているが、実際に治療を受けている患者は26万人。 多数が未受診、未治療の状態である。 2013年度に策定された「健康日本21 第2次 」の中で、COPDは対策を必要とする主要な生活習慣病として取り上げられている。 そのための課題が、COPDの知識の普及である。 しかし、COPDの認知度は、18年12月の調査でも28. COPDの早期発見、早期治療のためには、より多くの人にこの疾患についての知識を広めていく必要がある。 2018年7月に亡くなった、愛煙家として知られていた落語家の桂歌丸の死因がCOPDだった。 星野美穂 フリーライター / 2019年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について の解説 喫煙などで有毒な粒子やガスを吸い込むことによって肺に炎症が引き起こされる。 肺には呼吸に伴って空気が出入りするが、この炎症のために空気の流れが障害を受けた病態を慢性という。 慢性閉塞性肺疾患は名称が長いのでCOPD(chronic obstructive pulmonary disease)とよばれることが多い。 長く慢性閉塞性肺疾患は、慢性気管支炎と肺気腫に分けて考えられていたが、現在は一つの疾患として取り扱われている。 ちなみに慢性気管支炎は痰 たん が多い状態が長く続く臨床的所見をもとに診断され、肺気腫は肺の気腔(空気が出入りしているところ)が異常に拡大した病理所見をもとに診断されていた。 本疾患は、一時的に病状が改善することもあるが、徐々に進行した場合、体を動かすだけで呼吸困難を自覚するようになる。 [鈴木 隆] 疫学2000年(平成12)の日本における慢性閉塞性肺疾患による総死亡数は1万3063人(男性9665人、女性3398人)であり、国内の総死亡数の1. 3%であった。 人口10万人あたりの死亡率でみると10. 4(男性15. 7、女性5. 3)であった。 1985年(昭和60)以降徐々に死亡率が増加している。 データには、男女の性差がみられ、死亡率は男性が女性より高い。 年齢群ごとにみると高年齢で死亡率が高いことから、高齢化社会を迎える将来、慢性閉塞性肺疾患による死亡数がさらに増加することが懸念される。 [鈴木 隆] 危険因子喫煙が慢性閉塞性肺疾患の原因になる。 しかし喫煙者であっても慢性閉塞性肺疾患をきたさない者もあることから、個人によってタバコに対する感受性の差があるものと推定される。 その他の原因として、大気汚染、受動喫煙、職業上の粉塵 ふんじん ・化学物質の吸入、呼吸器感染などがある。 [鈴木 隆] 症状と診断慢性の咳 せき 、痰、少し体を動かしただけで呼吸困難を自覚する、などの症状がある。 背景に長期間の喫煙、職業上の粉塵暴露があった場合には慢性閉塞性肺疾患の可能性が高い。 肺活量計による検査を行って、検査中に治療薬である気管支拡張薬を吸入してある程度以上改善した場合に慢性閉塞性肺疾患と診断する。 さらに胸部X線写真、高分解能CT(HRCT:high resolution CT)、動脈血ガスの解析などが病状を診断するために有用である。 [鈴木 隆] 治療禁煙が必須である。 禁煙を達成するために禁煙プログラムやニコチン置換療法などが用いられる。 また疾患の重症度にあわせて種々の気管支拡張薬、ステロイド(いずれも経口薬、吸入薬がある)を服用する。 疾患が進行して低酸素血症をきたす場合には、酸素を使用する在宅酸素療法(HOT:home oxygen therapy)を行う。 慢性閉塞性肺疾患の進行を抑制し、患者の生活の質を改善するために、運動療法、酸素療法、理学療法、栄養指導が行われる。 外科的には肺容量減少手術、すなわち膨張しすぎた肺気腫の部分を切除する手術によって自覚症状と呼吸機能の改善を図る治療が行われることがある。 さらに肺の破壊が高度で、ほかに有効な治療手段がない場合には肺移植が考慮される。 9%(男性16. 4%,女性5. 0%)に閉塞性換気障害(1秒率70%未満)を認め,さらに気管支喘息の可能性のある患者を除くと日本人のCOPD患者有病率は40歳以上の8. Nat Rev Immunol, 8: 183-192, 2008. Global Initiative for Chronic Obstructive Lung Disease. Global strategy for the diagnosis, management, and prevention of COPD. 2011 update. goldcopd. org. Accessed March 2, 2012. そのため、ガス体や微粒子を含む汚染された空気を繰り返し長期にわたって吸入するような環境下で生活していれば、影響を受けて病気になることがあります。 は、これまで慢性、 肺気腫 はいきしゅ といわれてきた病気を総称した呼び名です。 現在は英語の名称、chronic obstructive pulmonary disease をとって世界中で共通の病名、が用いられるようになりました。 世界の死亡原因ランキング(世界銀行調査)によると、は1990年の6位から2020年には3位になると予想されています。 また、病気によって生じる人的負担は、早死により損失した年数と、障害のある状態で生存した障害の重症度で調整した合計値(DALY)により算出しますが、これによるとは、1990年の12位から2020年には5位に上昇するといわれています。 はなみに多い病気で、日本での患者数は500~700万人と推定されています。 しかし、実際に治療を受けている人は20数万人程度といわれ、著しく診断率が低いことが問題になっています。 原因は何か は、汚れた空気を繰り返し吸うことにより発症します。 いちばんの原因はたばこです。 COPDの人の95%以上はたばこが原因で、喫煙者のなかの約20%がCOPDになるといわれています。 COPDは、予防できる肺の生活習慣病として注意しなければなりません。 日本は、先進諸国のなかではきわだって喫煙率が高いままで、また青少年、若い女性の喫煙率が上昇していることから、さらに患者数は増えると予測され、対策が求められています。 WHO(世界保健機関)は2001年にGOLDと呼ばれる診療の指針を発表し、世界的な啓蒙活動を行うことを求めています。 症状の現れ方 は中高年に多い病気で、主な症状は 咳 せき 、痰、息切れです。 しかも、これらの症状は通常、歳をとるにつれてゆっくり進行していきます。 息切れがあってもかぜだと考えたり、歳のせいだと思い込んで、適切な医療を受けていないことが問題です。 とくに息切れは、階段や坂を登る時に強く、病気が悪化していくと家から外出できずに引きこもりがちになり、やがてベッドから出られなくなる、つまり寝たきりの原因となりえます。 高齢者のは、と混同されていることが少なくありません。 しかし、COPDはと違って、や、などの体のほかの臓器の病気を多く合併していることが少なくなく、また治療が不十分だと年ごとに肺機能は急速に低下していきます。 検査と診断 決め手となる診断方法は、スパイロメトリーと呼ばれる簡単な肺機能検査です。 の可能性が高いことがわかったら、気管支を拡張させるような吸入薬を吸って、その前後で精密な肺機能検査を行います。 これによって、治療薬の効果をあらかじめ推定することができます。 また、息切れが心臓の病気など、ほかの原因で起こっていないかを調べます。 胸部のCT検査は、 肺胞 はいほう と呼ばれる肺の細かな構造が広い範囲で壊れているかどうかの手がかりになり、の合併をチェックすることができます。 治療の方法 リスクを除くこと、つまり禁煙を厳守しなければなりません。 節煙やニコチンの量の少ないたばこに変えても、は確実に進行していきます。 気管支を広げるような吸入薬を最初に使います。 ステロイドの吸入薬や、そのほかに飲み薬を使うこともあります。 肺機能検査によって病気の重症度を判断し、これに基づいて治療方針が決められるよう診療のガイドラインが発表されています()。 包括的呼吸リハビリテーション の日常生活上の注意では、適度な運動と栄養の管理が大切で、また、包括的呼吸リハビリテーションと呼ばれる全身管理が効果的です。 これは、医師、看護師、理学療法士、栄養士、薬剤師、医療ソーシャルワーカーなどがチームワークを組んで包括的に行う医療で、次第に広まってきています。 木田 厚瑞 どんな病気か 慢性閉塞性肺疾患(以下、COPDと略)は、たばこ煙を主とする有毒物質を長期間吸入することによって生じる肺の炎症による病気です。 主に肺胞系の破壊が進行して 気腫 きしゅ 型( 肺気腫 はいきしゅ 病変優位型)になるものと、主に気道病変が進行して非気腫型(気道病変優位型)になるものがあります()。 COPDの患者数は全世界的に増加しており、2020年までに全世界の死亡原因の第3位になると推測されています。 日本で2000~2001年に行われた疫学調査により、40歳以上の成人の8. 5%、530万人がCOPDに 罹患 りかん していることが明らかになりました。 一方、調査でCOPDと診断された人の90%が、それまでにCOPDと診断されていませんでした。 COPDの原因の約90%は喫煙です。 主な症状は慢性の 咳 せき 、痰と 労作性 ろうさせい の息切れ(体を動かした時に出現する息切れ)ですが、ゆっくりと進行し、典型的な身体所見も重症になって初めて現れることが多いため、早期に気づきにくいことが特徴です。 重症になるとに至り、息苦しさのために日常生活ができなくなったり、かぜなどをきっかけに急に症状が悪化すること( 増悪 ぞうあく または急性増悪)を繰り返すことになります。 早期の診断には肺機能検査が不可欠です。 禁煙によるリスクの回避と適切な病気の管理により、有効な予防と治療が可能な病気です。 原因は何か COPDの危険因子は、外因性危険因子と患者さん側の内因性危険因子に分けられます。 外因性危険因子には、喫煙、大気汚染、職業上で吸入する 粉塵 ふんじん 、化学物質(蒸気、刺激性物質、煙)、受動喫煙などがあります。 喫煙はCOPDの最大の外因性危険因子であり、COPDの発症に関与することが立証されています。 日本では1960年以降の経済成長に伴い、たばこ販売量や消費量が増加し、これに20年遅れてCOPD(慢性気管支炎および肺気腫)が増加しています()。 1985年以降は、とくに男性において顕著です。 一方、喫煙者すべてがCOPDを発症するわけではなく、一般的に喫煙者の20~30%に発症します。 症状の現れ方 COPDの症状は慢性の 咳 せき 、痰と労作性の息切れです。 COPDはゆっくりと進行し、前述のように典型的な身体所見も重症になって初めて現れることが多いため、早期に気づきにくいことが大きな問題です。 階段や坂道での息切れにはじまり、重症になると歯みがきや着衣の動作でも強い息切れが現れます。 一方、 喘息 ぜんそく と異なり、通常は安静にしている時には息切れがないのが特徴です。 喀痰 かくたん は通常は粘液性ですが、気道感染が合併すると量が増え、膿性になります。 肺機能の悪化が進むと、高二酸化炭素血症を伴い、朝方の頭痛などが現れます。 COPDは肺の病気のみにとどまらず、全身に症状が現れます。 進行すると体重減少や食欲不振も起こり、体重と生命予後との関連も明らかにされています。 体や手足の筋力、筋肉量も減ってしまいます。 また、 右心不全 うしんふぜん が出現すると呼吸困難がさらに悪化したり、全身のむくみや夜間の 頻尿 ひんにょう などが現れます。 息切れなどによる抑うつ状態や不安などの精神的な症状も多くみられます。 肺が過度に 膨脹 ぼうちょう するため、ビア 樽 だる 状の 胸郭 きょうかく といわれる胸郭前後径の増大が認められます。 空気を肺から能率よく吐き出すために口すぼめ呼吸をするようになります。 呼吸補助筋の使用が増え、とくに 胸鎖乳突筋 きょうさにゅうとっきん が肥大します。 ただし、これらの典型的な身体所見は、重症になるまで現れません。 安定期のCOPD患者が気道感染や大気汚染をきっかけに急に肺機能が悪化し、呼吸困難が増悪することがあります。 呼吸数や脈拍数が増え、痰の量や膿性痰が増加し、 喘鳴 ぜんめい (ゼーゼーする呼吸音)などが出現します。 増悪がみられると入院の回数も増え、死亡率が高まり生命予後を悪化させます。 検査と診断 咳、喀痰、労作性呼吸困難などの症状があり、喫煙歴などの危険因子をもつ中高年者でCOPDが疑われます。 診断の確定にはスパイロメトリー検査(肺機能検査)が必須です。 気管支拡張薬を吸入したあとの検査で、1秒率(FEV1:努力性肺活量に対する1秒量の比率)が70%未満であれば、気流閉塞が存在すると判定されます。 画像診断や呼吸機能の精密検査により、ほかの気流閉塞を起こす疾患が除外されれば、COPDと診断されます。 区別を要する疾患として、、、先天性 副鼻腔炎 ふくびくうえん 症候群、 閉塞性 へいそくせい 細気管支炎、、 はいけっかく 、 塵肺症 じんぱいしょう 、、うっ血性心不全、、などがあります。 胸部X線検査は、ほかの疾患を除外するためと、比較的進行した肺気腫病変や気道病変を診断するために用いられますが、早期COPDの検出は難しいとされています。 一方、気腫優位型COPDの早期検出においては、胸部CT検査が有用です。 最近は、胸部CTの精度が年々向上し、肺気腫の最小単位と考えられる数㎜径の病変内の構造までもとらえるまでに解像度が上がっています()。 COPDの病期分類は気流閉塞の程度を表す1秒量(FEV1)で行います。 重症度はこれらの病期に加えて、呼吸困難の強さ、運動能力や併存症・合併症の有無などから総合的に判断されます。 治療の方法 リスクの回避と適切な病気の管理により、有効な予防と治療が可能です。 に日本呼吸器学会「COPD診断と治療のためのガイドライン第3版」に示された安定期COPDの治療法を示しました。 COPDの治療は、病期や症状に応じて階段的に増強していきます。 COPDの発症を予防し進行を遅らせるためには、たばこの煙からの回避が最も重要です。 禁煙、インフルエンザワクチンや肺炎球菌ワクチンの接種が大切です。 インフルエンザワクチンは、増悪によるCOPD死亡率を50%低下させることが報告されています。 軽症の場合では症状の軽減を目的に、必要に応じて短時間作用性の気管支拡張薬を使用します。 中等症では、症状の軽減に加え、生活の質(QOL)の改善、運動能力の改善などが主な目標となり、長時間作用性の気管支拡張薬の定期的な服用と、呼吸リハビリテーションがすすめられます。 重症の場合の薬物療法は、長時間作用性の気管支拡張薬の定期服用が中心ですが、効果に応じて複数の長時間作用性気管支拡張薬が併用されます。 増悪の予防も大きな課題です。 増悪を繰り返す患者さん(たとえば、過去3年間で3回の増悪を繰り返す人)では、吸入ステロイド薬を追加あるいは吸入ステロイド薬と長時間作用性気管支拡張薬の配合薬を使用することにより増悪の頻度が減少し、QOLの悪化が抑えられることが報告されています。 喀痰調整薬などにも増悪の予防効果のあることが報告されています。 呼吸リハビリテーションや栄養管理などの非薬物療法は、薬物療法と同じくらい重要です。 を合併する場合、在宅酸素療法が行われ、生命予後が改善することが示されています。 最大限の包括的な内科治療にもかかわらず病気が進行した場合には、十分に検討したうえで外科的治療(肺容量減少手術、肺移植)が考慮されます。 増悪時には、気管支拡張薬の吸入の用量や回数を可能な範囲内で増やします。 ステロイド薬の全身投与(経口または経静脈投与)は増悪から回復するまでの時間を短縮させ、肺機能をより早く回復させます。 喀痰量や喀痰の膿性度が増えていれば、抗菌薬が投与されます。 肺機能の低下が高度の場合、マスクなどを用いた 非侵襲的陽圧換気 ひしんしゅうてきようあつかんき 療法(NPPV)が行われます。 ただし、 誤嚥 ごえん がある場合や、喀痰などの分泌物の吐き出しが困難なため気道確保が必要な場合などでは、侵襲的陽圧換気療法(IPPV)が推奨されます。 一方、COPDには慢性的な全身性炎症が関わるため多くの疾患を併存します。 代表的なものとして こつそしょうしょう 、心・血管疾患、消化器疾患などがあります。 きょうしんしょう や しんきんこうそく 、うっ血性心不全を罹患するリスクは1. 5~3倍に上昇します。 の合併も問題となります。 毎年健康診断を受けるなど、これら併存症や合併疾患の対策も重要です。 病気に気づいたらどうする 過去に肺機能検査を受けたことのある人は少ないと思います。 健康診断でも心電図検査は必ず含まれていますが、肺機能検査はあまり含まれていません。 40歳以上で喫煙歴があり、咳、痰が長く続く場合や階段や坂道での息切れに気づいたら、医療機関を受診して、肺機能検査を受けることをすすめます。 吉見 格, 植木 純.

次の

慢性閉塞性肺疾患(まんせいへいそくせいはいしっかん)とは

はいかん

主に長年のが原因となって引き起こされるの性疾患。 略称は。 以前は、やと呼ばれていた。 COPDの最大の原因がタバコであり、COPD患者の約9割が喫煙者、前喫煙者であることから、俗称として「タバコ病」と呼ばれることもある。 特徴的な症状は、や息苦しさ、長く続く咳 せき や痰 たん など。 徐々に進行していく疾患のため、息切れがあっても「年のせいかも」と見過ごされやすく、発症に気が付きにくい。 発症当初は階段の昇降などある程度の強度の運動で息が切れていたものが、だんだん数歩の距離を歩く、立ち上がるなどの軽い動きでも呼吸が苦しくなり、重症化すると自力での呼吸が難しくなって、酸素供給装置 酸素濃縮器や液体酸素タンク から鼻の下にチューブを固定して酸素を送り込む「」が必要になることもある。 COPDの最大の原因は喫煙である。 喫煙の経験がなく、受動喫煙だけでもCOPD発症のリスクは高まる。 タバコの煙をすることで、肺の中の空気の通り道である「」に炎症が起きる。 そのため気管支が狭くなって空気が流れにくくなったり、咳や痰が出やすくなったりする。 また、酸素と二酸化炭素を交換している「」という組織が壊され、酸素を身体に取り込めなくなる。 破壊された組織は元に戻ることはない。 COPDにおける障害は肺だけにとどまらない。 栄養障害や骨粗しょう症、筋力の低下、心臓や血圧など、全身に影響を及ぼすことが分かっている。 治療の目標は、悪化させないこと。 その時点で残っている肺の機能を、それ以上低下させないことが目標となる。 そのために、基本となるのが禁煙である。 その上で、気管支を広げる作用を持つ、気管支拡張薬を使用して症状を和らげる。 重症の場合、ステロイドを使用することもある。 や運動療法など「呼吸リハビリテーション」も有用であるといわれている。 感染症などにかかると、急速に症状が悪化することもあるため、インフルエンザワクチンや、肺炎球菌ワクチンなどの予防接種も推奨されている。 COPDによる死亡者数は、ここ数年1万6000人前後で増減していたが、2017は1万8523人と急増した。 これは1995年以降で最高値である。 その時代に20代、30代だった人たちが高齢となり、今後COPDを発症して死亡率を増加させると推測される。 COPDの患者は、40歳以上の人口の8. 喫煙者の5~6人に1人がCOPDになると推計されているが、実際に治療を受けている患者は26万人。 多数が未受診、未治療の状態である。 2013年度に策定された「健康日本21 第2次 」の中で、COPDは対策を必要とする主要な生活習慣病として取り上げられている。 そのための課題が、COPDの知識の普及である。 しかし、COPDの認知度は、18年12月の調査でも28. COPDの早期発見、早期治療のためには、より多くの人にこの疾患についての知識を広めていく必要がある。 2018年7月に亡くなった、愛煙家として知られていた落語家の桂歌丸の死因がCOPDだった。 星野美穂 フリーライター / 2019年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について の解説 喫煙などで有毒な粒子やガスを吸い込むことによって肺に炎症が引き起こされる。 肺には呼吸に伴って空気が出入りするが、この炎症のために空気の流れが障害を受けた病態を慢性という。 慢性閉塞性肺疾患は名称が長いのでCOPD(chronic obstructive pulmonary disease)とよばれることが多い。 長く慢性閉塞性肺疾患は、慢性気管支炎と肺気腫に分けて考えられていたが、現在は一つの疾患として取り扱われている。 ちなみに慢性気管支炎は痰 たん が多い状態が長く続く臨床的所見をもとに診断され、肺気腫は肺の気腔(空気が出入りしているところ)が異常に拡大した病理所見をもとに診断されていた。 本疾患は、一時的に病状が改善することもあるが、徐々に進行した場合、体を動かすだけで呼吸困難を自覚するようになる。 [鈴木 隆] 疫学2000年(平成12)の日本における慢性閉塞性肺疾患による総死亡数は1万3063人(男性9665人、女性3398人)であり、国内の総死亡数の1. 3%であった。 人口10万人あたりの死亡率でみると10. 4(男性15. 7、女性5. 3)であった。 1985年(昭和60)以降徐々に死亡率が増加している。 データには、男女の性差がみられ、死亡率は男性が女性より高い。 年齢群ごとにみると高年齢で死亡率が高いことから、高齢化社会を迎える将来、慢性閉塞性肺疾患による死亡数がさらに増加することが懸念される。 [鈴木 隆] 危険因子喫煙が慢性閉塞性肺疾患の原因になる。 しかし喫煙者であっても慢性閉塞性肺疾患をきたさない者もあることから、個人によってタバコに対する感受性の差があるものと推定される。 その他の原因として、大気汚染、受動喫煙、職業上の粉塵 ふんじん ・化学物質の吸入、呼吸器感染などがある。 [鈴木 隆] 症状と診断慢性の咳 せき 、痰、少し体を動かしただけで呼吸困難を自覚する、などの症状がある。 背景に長期間の喫煙、職業上の粉塵暴露があった場合には慢性閉塞性肺疾患の可能性が高い。 肺活量計による検査を行って、検査中に治療薬である気管支拡張薬を吸入してある程度以上改善した場合に慢性閉塞性肺疾患と診断する。 さらに胸部X線写真、高分解能CT(HRCT:high resolution CT)、動脈血ガスの解析などが病状を診断するために有用である。 [鈴木 隆] 治療禁煙が必須である。 禁煙を達成するために禁煙プログラムやニコチン置換療法などが用いられる。 また疾患の重症度にあわせて種々の気管支拡張薬、ステロイド(いずれも経口薬、吸入薬がある)を服用する。 疾患が進行して低酸素血症をきたす場合には、酸素を使用する在宅酸素療法(HOT:home oxygen therapy)を行う。 慢性閉塞性肺疾患の進行を抑制し、患者の生活の質を改善するために、運動療法、酸素療法、理学療法、栄養指導が行われる。 外科的には肺容量減少手術、すなわち膨張しすぎた肺気腫の部分を切除する手術によって自覚症状と呼吸機能の改善を図る治療が行われることがある。 さらに肺の破壊が高度で、ほかに有効な治療手段がない場合には肺移植が考慮される。 9%(男性16. 4%,女性5. 0%)に閉塞性換気障害(1秒率70%未満)を認め,さらに気管支喘息の可能性のある患者を除くと日本人のCOPD患者有病率は40歳以上の8. Nat Rev Immunol, 8: 183-192, 2008. Global Initiative for Chronic Obstructive Lung Disease. Global strategy for the diagnosis, management, and prevention of COPD. 2011 update. goldcopd. org. Accessed March 2, 2012. そのため、ガス体や微粒子を含む汚染された空気を繰り返し長期にわたって吸入するような環境下で生活していれば、影響を受けて病気になることがあります。 は、これまで慢性、 肺気腫 はいきしゅ といわれてきた病気を総称した呼び名です。 現在は英語の名称、chronic obstructive pulmonary disease をとって世界中で共通の病名、が用いられるようになりました。 世界の死亡原因ランキング(世界銀行調査)によると、は1990年の6位から2020年には3位になると予想されています。 また、病気によって生じる人的負担は、早死により損失した年数と、障害のある状態で生存した障害の重症度で調整した合計値(DALY)により算出しますが、これによるとは、1990年の12位から2020年には5位に上昇するといわれています。 はなみに多い病気で、日本での患者数は500~700万人と推定されています。 しかし、実際に治療を受けている人は20数万人程度といわれ、著しく診断率が低いことが問題になっています。 原因は何か は、汚れた空気を繰り返し吸うことにより発症します。 いちばんの原因はたばこです。 COPDの人の95%以上はたばこが原因で、喫煙者のなかの約20%がCOPDになるといわれています。 COPDは、予防できる肺の生活習慣病として注意しなければなりません。 日本は、先進諸国のなかではきわだって喫煙率が高いままで、また青少年、若い女性の喫煙率が上昇していることから、さらに患者数は増えると予測され、対策が求められています。 WHO(世界保健機関)は2001年にGOLDと呼ばれる診療の指針を発表し、世界的な啓蒙活動を行うことを求めています。 症状の現れ方 は中高年に多い病気で、主な症状は 咳 せき 、痰、息切れです。 しかも、これらの症状は通常、歳をとるにつれてゆっくり進行していきます。 息切れがあってもかぜだと考えたり、歳のせいだと思い込んで、適切な医療を受けていないことが問題です。 とくに息切れは、階段や坂を登る時に強く、病気が悪化していくと家から外出できずに引きこもりがちになり、やがてベッドから出られなくなる、つまり寝たきりの原因となりえます。 高齢者のは、と混同されていることが少なくありません。 しかし、COPDはと違って、や、などの体のほかの臓器の病気を多く合併していることが少なくなく、また治療が不十分だと年ごとに肺機能は急速に低下していきます。 検査と診断 決め手となる診断方法は、スパイロメトリーと呼ばれる簡単な肺機能検査です。 の可能性が高いことがわかったら、気管支を拡張させるような吸入薬を吸って、その前後で精密な肺機能検査を行います。 これによって、治療薬の効果をあらかじめ推定することができます。 また、息切れが心臓の病気など、ほかの原因で起こっていないかを調べます。 胸部のCT検査は、 肺胞 はいほう と呼ばれる肺の細かな構造が広い範囲で壊れているかどうかの手がかりになり、の合併をチェックすることができます。 治療の方法 リスクを除くこと、つまり禁煙を厳守しなければなりません。 節煙やニコチンの量の少ないたばこに変えても、は確実に進行していきます。 気管支を広げるような吸入薬を最初に使います。 ステロイドの吸入薬や、そのほかに飲み薬を使うこともあります。 肺機能検査によって病気の重症度を判断し、これに基づいて治療方針が決められるよう診療のガイドラインが発表されています()。 包括的呼吸リハビリテーション の日常生活上の注意では、適度な運動と栄養の管理が大切で、また、包括的呼吸リハビリテーションと呼ばれる全身管理が効果的です。 これは、医師、看護師、理学療法士、栄養士、薬剤師、医療ソーシャルワーカーなどがチームワークを組んで包括的に行う医療で、次第に広まってきています。 木田 厚瑞 どんな病気か 慢性閉塞性肺疾患(以下、COPDと略)は、たばこ煙を主とする有毒物質を長期間吸入することによって生じる肺の炎症による病気です。 主に肺胞系の破壊が進行して 気腫 きしゅ 型( 肺気腫 はいきしゅ 病変優位型)になるものと、主に気道病変が進行して非気腫型(気道病変優位型)になるものがあります()。 COPDの患者数は全世界的に増加しており、2020年までに全世界の死亡原因の第3位になると推測されています。 日本で2000~2001年に行われた疫学調査により、40歳以上の成人の8. 5%、530万人がCOPDに 罹患 りかん していることが明らかになりました。 一方、調査でCOPDと診断された人の90%が、それまでにCOPDと診断されていませんでした。 COPDの原因の約90%は喫煙です。 主な症状は慢性の 咳 せき 、痰と 労作性 ろうさせい の息切れ(体を動かした時に出現する息切れ)ですが、ゆっくりと進行し、典型的な身体所見も重症になって初めて現れることが多いため、早期に気づきにくいことが特徴です。 重症になるとに至り、息苦しさのために日常生活ができなくなったり、かぜなどをきっかけに急に症状が悪化すること( 増悪 ぞうあく または急性増悪)を繰り返すことになります。 早期の診断には肺機能検査が不可欠です。 禁煙によるリスクの回避と適切な病気の管理により、有効な予防と治療が可能な病気です。 原因は何か COPDの危険因子は、外因性危険因子と患者さん側の内因性危険因子に分けられます。 外因性危険因子には、喫煙、大気汚染、職業上で吸入する 粉塵 ふんじん 、化学物質(蒸気、刺激性物質、煙)、受動喫煙などがあります。 喫煙はCOPDの最大の外因性危険因子であり、COPDの発症に関与することが立証されています。 日本では1960年以降の経済成長に伴い、たばこ販売量や消費量が増加し、これに20年遅れてCOPD(慢性気管支炎および肺気腫)が増加しています()。 1985年以降は、とくに男性において顕著です。 一方、喫煙者すべてがCOPDを発症するわけではなく、一般的に喫煙者の20~30%に発症します。 症状の現れ方 COPDの症状は慢性の 咳 せき 、痰と労作性の息切れです。 COPDはゆっくりと進行し、前述のように典型的な身体所見も重症になって初めて現れることが多いため、早期に気づきにくいことが大きな問題です。 階段や坂道での息切れにはじまり、重症になると歯みがきや着衣の動作でも強い息切れが現れます。 一方、 喘息 ぜんそく と異なり、通常は安静にしている時には息切れがないのが特徴です。 喀痰 かくたん は通常は粘液性ですが、気道感染が合併すると量が増え、膿性になります。 肺機能の悪化が進むと、高二酸化炭素血症を伴い、朝方の頭痛などが現れます。 COPDは肺の病気のみにとどまらず、全身に症状が現れます。 進行すると体重減少や食欲不振も起こり、体重と生命予後との関連も明らかにされています。 体や手足の筋力、筋肉量も減ってしまいます。 また、 右心不全 うしんふぜん が出現すると呼吸困難がさらに悪化したり、全身のむくみや夜間の 頻尿 ひんにょう などが現れます。 息切れなどによる抑うつ状態や不安などの精神的な症状も多くみられます。 肺が過度に 膨脹 ぼうちょう するため、ビア 樽 だる 状の 胸郭 きょうかく といわれる胸郭前後径の増大が認められます。 空気を肺から能率よく吐き出すために口すぼめ呼吸をするようになります。 呼吸補助筋の使用が増え、とくに 胸鎖乳突筋 きょうさにゅうとっきん が肥大します。 ただし、これらの典型的な身体所見は、重症になるまで現れません。 安定期のCOPD患者が気道感染や大気汚染をきっかけに急に肺機能が悪化し、呼吸困難が増悪することがあります。 呼吸数や脈拍数が増え、痰の量や膿性痰が増加し、 喘鳴 ぜんめい (ゼーゼーする呼吸音)などが出現します。 増悪がみられると入院の回数も増え、死亡率が高まり生命予後を悪化させます。 検査と診断 咳、喀痰、労作性呼吸困難などの症状があり、喫煙歴などの危険因子をもつ中高年者でCOPDが疑われます。 診断の確定にはスパイロメトリー検査(肺機能検査)が必須です。 気管支拡張薬を吸入したあとの検査で、1秒率(FEV1:努力性肺活量に対する1秒量の比率)が70%未満であれば、気流閉塞が存在すると判定されます。 画像診断や呼吸機能の精密検査により、ほかの気流閉塞を起こす疾患が除外されれば、COPDと診断されます。 区別を要する疾患として、、、先天性 副鼻腔炎 ふくびくうえん 症候群、 閉塞性 へいそくせい 細気管支炎、、 はいけっかく 、 塵肺症 じんぱいしょう 、、うっ血性心不全、、などがあります。 胸部X線検査は、ほかの疾患を除外するためと、比較的進行した肺気腫病変や気道病変を診断するために用いられますが、早期COPDの検出は難しいとされています。 一方、気腫優位型COPDの早期検出においては、胸部CT検査が有用です。 最近は、胸部CTの精度が年々向上し、肺気腫の最小単位と考えられる数㎜径の病変内の構造までもとらえるまでに解像度が上がっています()。 COPDの病期分類は気流閉塞の程度を表す1秒量(FEV1)で行います。 重症度はこれらの病期に加えて、呼吸困難の強さ、運動能力や併存症・合併症の有無などから総合的に判断されます。 治療の方法 リスクの回避と適切な病気の管理により、有効な予防と治療が可能です。 に日本呼吸器学会「COPD診断と治療のためのガイドライン第3版」に示された安定期COPDの治療法を示しました。 COPDの治療は、病期や症状に応じて階段的に増強していきます。 COPDの発症を予防し進行を遅らせるためには、たばこの煙からの回避が最も重要です。 禁煙、インフルエンザワクチンや肺炎球菌ワクチンの接種が大切です。 インフルエンザワクチンは、増悪によるCOPD死亡率を50%低下させることが報告されています。 軽症の場合では症状の軽減を目的に、必要に応じて短時間作用性の気管支拡張薬を使用します。 中等症では、症状の軽減に加え、生活の質(QOL)の改善、運動能力の改善などが主な目標となり、長時間作用性の気管支拡張薬の定期的な服用と、呼吸リハビリテーションがすすめられます。 重症の場合の薬物療法は、長時間作用性の気管支拡張薬の定期服用が中心ですが、効果に応じて複数の長時間作用性気管支拡張薬が併用されます。 増悪の予防も大きな課題です。 増悪を繰り返す患者さん(たとえば、過去3年間で3回の増悪を繰り返す人)では、吸入ステロイド薬を追加あるいは吸入ステロイド薬と長時間作用性気管支拡張薬の配合薬を使用することにより増悪の頻度が減少し、QOLの悪化が抑えられることが報告されています。 喀痰調整薬などにも増悪の予防効果のあることが報告されています。 呼吸リハビリテーションや栄養管理などの非薬物療法は、薬物療法と同じくらい重要です。 を合併する場合、在宅酸素療法が行われ、生命予後が改善することが示されています。 最大限の包括的な内科治療にもかかわらず病気が進行した場合には、十分に検討したうえで外科的治療(肺容量減少手術、肺移植)が考慮されます。 増悪時には、気管支拡張薬の吸入の用量や回数を可能な範囲内で増やします。 ステロイド薬の全身投与(経口または経静脈投与)は増悪から回復するまでの時間を短縮させ、肺機能をより早く回復させます。 喀痰量や喀痰の膿性度が増えていれば、抗菌薬が投与されます。 肺機能の低下が高度の場合、マスクなどを用いた 非侵襲的陽圧換気 ひしんしゅうてきようあつかんき 療法(NPPV)が行われます。 ただし、 誤嚥 ごえん がある場合や、喀痰などの分泌物の吐き出しが困難なため気道確保が必要な場合などでは、侵襲的陽圧換気療法(IPPV)が推奨されます。 一方、COPDには慢性的な全身性炎症が関わるため多くの疾患を併存します。 代表的なものとして こつそしょうしょう 、心・血管疾患、消化器疾患などがあります。 きょうしんしょう や しんきんこうそく 、うっ血性心不全を罹患するリスクは1. 5~3倍に上昇します。 の合併も問題となります。 毎年健康診断を受けるなど、これら併存症や合併疾患の対策も重要です。 病気に気づいたらどうする 過去に肺機能検査を受けたことのある人は少ないと思います。 健康診断でも心電図検査は必ず含まれていますが、肺機能検査はあまり含まれていません。 40歳以上で喫煙歴があり、咳、痰が長く続く場合や階段や坂道での息切れに気づいたら、医療機関を受診して、肺機能検査を受けることをすすめます。 吉見 格, 植木 純.

次の

はいざらこうかん Official Site

はいかん

15 1. 940 0. 530 515 10 19. 4 400 776. 0 25. 15 1. 620 0. 716 382 10 26. 2 250 655. 0 31. 15 1. 843 1. 050 260 7 26. 9 175 672. 5 38. 15 1. 648 1. 270 215 5 23. 2 125 581. 0 50. 15 1. 259 1. 710 160 3 18. 8 75 469. 4 63. 25 1. 930 2. 440 112 1 8. 9 50 446. 5 76. 25 1. 078 3. 300 83 1 12. 1 40 483.

次の