厄年 に やってはいけない 事。 2020年(令和2年)の厄年は何歳?厄年にやってはいけないこととは?

厄年の男性と女性がやってはいけないこと8選!やること・過ごし方も

厄年 に やってはいけない 事

厄年が気になって仕方がない人• 周りから「あなた今年厄年よ」と言われて重い気持ちになっている人 など様々いらっしゃると思いますが、あえていつが女性の厄年か触れずに進めます。 なぜなら、 女性は30代でたくさんの厄年が訪れるのです。 知らない方が良い人もいるでしょう。 女性の30代といえば多くの場合、結婚、出産、子育ても真っ最中です。 自分のことはさておき子供や家族のために尽くす大変忙しい年代です。 心身ともに大変なのです。 その状況そのものが厄年であると思います。 厄年は役年と言い換えることもあります。 女性にとって大活躍の30代。 良いことも悪いことも当たり前のように起きる波乱の期間です。 それを踏まえた上で、どうしても女性が厄年でやってはいけないと言われていることがあるとしたら知っておきたいですね。 また厄除けによいと言われているラッキーアイテムなどあると嬉しいと思うので紹介します。 スポンサードリンク 厄年だからって避けずに上手にしのぐ方法とは? 厄年だからやってはいけないと言われていることは、現実的には全て避けて通れない内容で、ショックを受けた方もいるのではないでしょうか。 そんな事言われても、もう決まっているし無理だよという方のために、ここでは、そのへんを上手にしのぐ方法についてお伝えしたいと思います。 その状況で冷静な判断で彼と出会い、結婚に踏み切る必要があります。 男性も仕事が忙しくなる世代です。 女性だけのわがままで生活をして行くことはできません。 また結婚後は基本的には出産も伴います。 結婚を機に生活が一変することをしっかりと理解し思い描いて、理想的な結婚をしましょう。 厄年に結婚したから離婚したというのは言い訳に過ぎません。 要はあなたの判断です。 引っ越しは荷造りから挨拶回りと大変労力が入ります。 また、それに伴い多額の費用もかかることでしょう。 ご主人の転勤で見知らぬ土地に足を踏み入れ孤独になることもあるでしょう。 それらトータルでストレスを感じ体調壊すということはあり得ます。 しかし、それらのことは厄年でなくても一大事です。 子育てや仕事が忙しい役周りのあるあなたには、余計ともとれる出来事です。 快適な新居に入ることで効率的に仕事も育児もできると理想的です。 忙しい中でもしっかりと家族と話し合って良い引っ越しを検討し、怪我などに注意して行いましょう。 その先には楽しい生活が待っているでしょう。 嬉しいことです。 確かに転職をすれば新しい人間関係で面倒なこともあるでしょう。 仕事も慣れないことから始めます。 しかしその転職は、あなたが決めたことです。 たとえ、ご主人の転勤で仕方なく転職をしたとしても、逃れることはできなかったのですから、いつまでもくよくよしている時間はありません。 ポジティブにチャンスだと思って暮らした方が楽しいではありませんか。 女性は家族の状況に応じて、自分の生活の変更を余儀なくされることが多々あります。 あなたのわがままで転職をしたり、家族の意見を無視して新しいことを始めたりするのであれば、ゆくゆくは家庭崩壊を招いてしまうかもしれませんが厄年だから何か起きたわけではありません。 身勝手を起こさなければ何事も上手く行くし助けてくれる人が出るものです。 正しい行いをして、不安は取り除いていきましょう。 厄除けによいとされるラッキーアイテムとは? そう言われても、やってはいけないことと言われるとなんだか気になってしまうという方は、厄払いをすることをおすすめします。 厄払いの仕方については、次の記事を参考にして下さい。 参考までに、厄年の女性が身に着けると良いとされるものもご紹介します。 そもそも厄年といういわれが古い時代からのものである中、厄除けに良いとされるものも迷信に近いのかもしれませんが、 ラッキーアイテムとして身につけるのはいかがでしょうか。 長いもの• 七色の物• うろこ模様のもの なんだか古文にでてくる女性が身に着けていそうなものですね。 現代風に応用するならばうろこ模様のスカーフやマフラーやネックレスが良いですね。 七色のものといえば真珠も光加減からそう言われており、真珠のネックレスもいいですね。 厄除けだと言って慣れないものを身につけるより、そのようなアクセサリー感覚で身につけて楽しい気分で過ごしましょう。 ところで、長いものといえば、長財布、マフラーなど思い浮かぶと思いますが、七色やうろこ模様については、あまりピンとこないかもしれませんね。 まとめ 厄年の女性がやってはいけないと言われていることについてはいかがでしたでしょうか。 思わずぞっとしてしまった方もいるのではないでしょうか。 現実的には避けるのは無理なようなことばかりで、厄年だからやってはいけないのではなく、注意をしなさいということだと思います。 それぞれに意味があって作られたのでありがたい忠告だと思って、いつも以上に冷静に進めていきましょう。

次の

厄年の男性の年齢や過ごし方は?やってはいけない事とは?厄払いはするべき?

厄年 に やってはいけない 事

厄年が気になって仕方がない人• 周りから「あなた今年厄年よ」と言われて重い気持ちになっている人 など様々いらっしゃると思いますが、あえていつが女性の厄年か触れずに進めます。 なぜなら、 女性は30代でたくさんの厄年が訪れるのです。 知らない方が良い人もいるでしょう。 女性の30代といえば多くの場合、結婚、出産、子育ても真っ最中です。 自分のことはさておき子供や家族のために尽くす大変忙しい年代です。 心身ともに大変なのです。 その状況そのものが厄年であると思います。 厄年は役年と言い換えることもあります。 女性にとって大活躍の30代。 良いことも悪いことも当たり前のように起きる波乱の期間です。 それを踏まえた上で、どうしても女性が厄年でやってはいけないと言われていることがあるとしたら知っておきたいですね。 また厄除けによいと言われているラッキーアイテムなどあると嬉しいと思うので紹介します。 スポンサードリンク 厄年だからって避けずに上手にしのぐ方法とは? 厄年だからやってはいけないと言われていることは、現実的には全て避けて通れない内容で、ショックを受けた方もいるのではないでしょうか。 そんな事言われても、もう決まっているし無理だよという方のために、ここでは、そのへんを上手にしのぐ方法についてお伝えしたいと思います。 その状況で冷静な判断で彼と出会い、結婚に踏み切る必要があります。 男性も仕事が忙しくなる世代です。 女性だけのわがままで生活をして行くことはできません。 また結婚後は基本的には出産も伴います。 結婚を機に生活が一変することをしっかりと理解し思い描いて、理想的な結婚をしましょう。 厄年に結婚したから離婚したというのは言い訳に過ぎません。 要はあなたの判断です。 引っ越しは荷造りから挨拶回りと大変労力が入ります。 また、それに伴い多額の費用もかかることでしょう。 ご主人の転勤で見知らぬ土地に足を踏み入れ孤独になることもあるでしょう。 それらトータルでストレスを感じ体調壊すということはあり得ます。 しかし、それらのことは厄年でなくても一大事です。 子育てや仕事が忙しい役周りのあるあなたには、余計ともとれる出来事です。 快適な新居に入ることで効率的に仕事も育児もできると理想的です。 忙しい中でもしっかりと家族と話し合って良い引っ越しを検討し、怪我などに注意して行いましょう。 その先には楽しい生活が待っているでしょう。 嬉しいことです。 確かに転職をすれば新しい人間関係で面倒なこともあるでしょう。 仕事も慣れないことから始めます。 しかしその転職は、あなたが決めたことです。 たとえ、ご主人の転勤で仕方なく転職をしたとしても、逃れることはできなかったのですから、いつまでもくよくよしている時間はありません。 ポジティブにチャンスだと思って暮らした方が楽しいではありませんか。 女性は家族の状況に応じて、自分の生活の変更を余儀なくされることが多々あります。 あなたのわがままで転職をしたり、家族の意見を無視して新しいことを始めたりするのであれば、ゆくゆくは家庭崩壊を招いてしまうかもしれませんが厄年だから何か起きたわけではありません。 身勝手を起こさなければ何事も上手く行くし助けてくれる人が出るものです。 正しい行いをして、不安は取り除いていきましょう。 厄除けによいとされるラッキーアイテムとは? そう言われても、やってはいけないことと言われるとなんだか気になってしまうという方は、厄払いをすることをおすすめします。 厄払いの仕方については、次の記事を参考にして下さい。 参考までに、厄年の女性が身に着けると良いとされるものもご紹介します。 そもそも厄年といういわれが古い時代からのものである中、厄除けに良いとされるものも迷信に近いのかもしれませんが、 ラッキーアイテムとして身につけるのはいかがでしょうか。 長いもの• 七色の物• うろこ模様のもの なんだか古文にでてくる女性が身に着けていそうなものですね。 現代風に応用するならばうろこ模様のスカーフやマフラーやネックレスが良いですね。 七色のものといえば真珠も光加減からそう言われており、真珠のネックレスもいいですね。 厄除けだと言って慣れないものを身につけるより、そのようなアクセサリー感覚で身につけて楽しい気分で過ごしましょう。 ところで、長いものといえば、長財布、マフラーなど思い浮かぶと思いますが、七色やうろこ模様については、あまりピンとこないかもしれませんね。 まとめ 厄年の女性がやってはいけないと言われていることについてはいかがでしたでしょうか。 思わずぞっとしてしまった方もいるのではないでしょうか。 現実的には避けるのは無理なようなことばかりで、厄年だからやってはいけないのではなく、注意をしなさいということだと思います。 それぞれに意味があって作られたのでありがたい忠告だと思って、いつも以上に冷静に進めていきましょう。

次の

厄年の過ごし方を徹底解説!やってはいけないことや厄除けグッズなど紹介

厄年 に やってはいけない 事

厄年とは? 厄年というと良くないことが多く起こる年齢といわれて恐れられていますが、厄年の長い歴史から考えるとそんなに怖がるものではありません。 厄年をしっかり理解することで厄年に振り回されて自分の人生を台無しにしてしまうことも防ぐことができるので、まずは正しく厄年を理解することが大切です! 厄年の始まりは平安時代から既に存在していて、地域や宗派によって異なる場合もありますが女性の場合は19歳、33歳、37歳とされています。 その年の前後も前厄後厄として、本厄と同じくらい注意が必要な期間です。 実はこの厄年の年齢というのは、女性にとって体の変化が起こりやすい時期といわれています。 そのため、昔からこの年には体を大切にした方が良いという言い伝えが、災いが起こるなど誇張されて伝わっていったのではないでしょうか。 しかし、晩婚化が進んだ現代では、32・33・34歳で結婚を避けていてはせっかくの縁談も破談になりかねません! つまり、これらの厄年でやってはいけないことというのは表面的なことで、本当の意味で厄年でやってはいけないことというのは別のことなのです。 これから、本当に厄年でやってはいけないことを詳しくご紹介していきます。 厄年を気にしていつもより慎重に行動したり考えたりすることはいいですが、厄年だから何もしないなんてことはやってはいけないことです。 いつもよりも慎重に決断することで、厄年だからといって消極的に過ごすことに一生懸命にならないで! 厄年を気にするのも、よく考えたり時間をかけたりなど良い方向に気を付けましょう。 しかし、厄年が多い30代は、仕事でもプライベートでも動きが多い時期! 厄年だからってやりたいことを我慢していては、大きなチャンスも逃してしまいますよ。 厄年の時期は大きな決断が多くなる時期でもあるので、決断するときにはよく考えなさいという意味も込められているのかもしれませんね。 だからこそ、厄年だから結婚できない……。 厄年だから仕事が上手くいかない……。 となんでも厄年のせいにしてしまうことこそ本当にやってはいけないこと! 厄年を気にしすぎて何か良くないことが起こるたびに「厄年だからだ!」と言っていると、周囲からも呆れられてしまいますよ。 自分で決めたことは結果がどうであれ、自分の行動に責任を持つようにしましょう。 神社で祈祷してもらうのは日本の伝統的な習慣で、いわば恒例のお祭りや儀式のようなものです。 やってはいけないことではありませんが、祈祷以外のお祓いを進められたら警戒するべき! 厄年でヘタな占いに行くと、なにかと理由を付けて不安をあおってくるような占い師もいるそうです。 そういった厄年の不安をあおるような人からは距離を置くようにしましょう。 不安に思っていることに付け込まれると、自分では大丈夫と思っていてもいつのまにかハマってしまったりするものです。 そんなときに、精神的にも体力的にも無理しすぎるのはやってはいけないこと! 何度も言うように、厄年の年齢は体の変化が起こりやすい時期。 だからこそ、無理しすぎるのは1番やってはいけないことです。 しかし、家事も育児も仕事もやらなくてはいけない……。 そういうときには、手を抜くことを覚えましょう! 1番は家事負担を減らすことがおすすめです。 しかし、厄年の時期は健康診断で引っ掛かったら、すぐに再検査を受けるようにしてください! 体調が悪いと感じているのに、病院に診察に行く時間をとらないのもやってはいけないこと! 厄年の年齢になったら、今まで以上に自分の体の変化に敏感になるべき。 とくに人間にとって大きなストレスとなるのが、大きな環境の変化です! 厄年で結婚や引っ越し、転職がやってはいけないことといわれているのも、大きな環境の変化が体に負担をかけてしまうからでしょう。 もし、ストレスや環境の変化に戸惑うことがあったら、精神面を落ち着かせるのが大切です。 ながら歩きやながら運転は、取り返しのつかないことになってしまいかねません! 厄年という時期を改めて自分の生活態度や生活習慣を見直す時期として考えるのもおすすめですよ。 厄年にやってはいけないことは、意外にも精神面や体力面に関わることが多かったですね。 そもそも厄年は昔からのものなので、長生きするようになった今では厄年は少しずれがあるともいわれています。

次の