富士 電機 コロナ。 新型コロナウイルス 電機業界のニュース・情報 サプライチェーン 電子部品・機器メーカー、電子部品商社

富士電機機器制御 社長に森本氏就任

富士 電機 コロナ

2019年に発表した2019〜2023年度中期経営計画(以下、中計)において、同社は成長戦略の中核にパワエレシステム/パワー半導体を置いた。 特にパワー半導体については2023年度の売上高目標を1750億円(2018年度比57%増)とするなど、主力のIGBTを原動力に市場での存在感を高めていく方針だ。 今回、同社電子デバイス事業本部長、宝泉徹氏からその戦略や開発方針などを聞いた。 宝泉氏 2018年までは順調に推移していたが、米中貿易摩擦の影響が2019年に入りじわじわ効いてきたという印象だ。 これは直接的影響というより顧客の設備投資が停滞した影響が大きく、売り上げに占める比率が高い産業分野の工業設備関係を中心にで少し足踏みしてしまった。 一方で、風力や太陽光などの新エネルギー向けは海外を中心に引き続き好調だった。 また主にインバーター化が進む中国の民生用エアコン向けも比較的堅調に展開できた。 自動車分野については2019年は自動車自体の販売台数が低迷したため、期待していたような大きな伸びにはならなかった。 ただ、「電動化」という意味でいえば前年比でも増加を続けており、2019年第3四半期までは大きな落ち込みにはなっていない。 計画通りとはいかなかったものの対前年比では大きく伸びており、比較的順調といってよいだろう。 宝泉氏 前述の米中貿易摩擦のほか、足元でいえば新型コロナウイルスの影響に対する懸念もある。 それでも長期的に見れば世界的な省エネ、CO 2削減への流れなどのトレンドは確かなものであり、足元がどうであっても基本的な戦略は変わらない。 そのため、2018年〜2023年度の間に半導体市場全体は年率約7%成長、自動車市場は年率約13%という高い成長を見込んだうえで、2023年度の売上高目標を1750億円とする中計について、現在のところ変更の予定はない。 富士電機 電子デバイス事業本部長、宝泉徹氏 宝泉氏 富士電機のパワー半導体製品としては大きく自動車分野、産業分野の2つに分かれる。 2023年度までに自動車分野を半導体売り上げ全体の50%まで引き上げる計画であり、予定している投資の大半は自動車分野向けとなる。 前工程は共通の設備を用いているため切り分けて考えるのは難しいが、売上高の増加率からいえば自動車分野が6、7割程度を占める形となるだろう。 内容としては合理化(8インチへの切り替え)および8インチラインの能力増強が中心で、2023年度までに同ラインの生産能力を約3倍(2018年度比)に強化していく。 前工程は国内3カ所、海外1カ所に拠点があるが、今回は国内拠点の能力拡大を行う予定だ。 海外拠点については、後工程の能力拡大を進める方針だが、基本は需要に合わせて地産地消でやりたいと考えており、海外の売上比率を上げていくに従って伸ばしていく。 後工程は前工程ほど準備に時間がかからないため、直近で具体的な計画があるわけではない。 宝泉氏 もちろん将来的には必要になるとは考えており、要素技術開発などはスタートし準備している。 ただ、ウエハーのばらつきやウエハー自体が重量化することなどによるプロセスの弊害といった技術課題が残っており1〜2年での量産化は難しい。 2023年ごろの立ち上げを目標として取り組んでいる状況だ。 具体的に自社で立ち上げるかどうかなどは、いろいろなやり方を検討している。 具体的にはどの製品に向けた投資でしょうか。 宝泉氏 われわれの半導体の売上高全体の中でIGBTが6割以上を占めている(その他は産業分野のディスクリート製品が20%程度、残りが自動車分野のディスクリート製品など)。 研究開発の中心は主力のIGBTであり、第7世代IGBTの系列拡大や第8世代IGBTの技術開発などを進めていく。

次の

新型コロナ

富士 電機 コロナ

の自販機を が開発。 除菌シートなどの販売も可能でボタンや返却レバー、取り出し口を抗菌処理。 外出先で手軽に購入できるニースを見込み、商業施設やスポーツ施設に設置していく方針です。 COVID19 は などの を取り扱うことができる専用の を開発し、このほど発売した。 菓子などを販売する既存機種に抗菌加工などを施して改良した。 自販機の運営会社を通じ、全国の商業施設やスポ 病院の術後面会室入り口に設置されたマスク自販機のように、公共施設などの一角にはもはや必須かも。 コンビニで買うわ。 除菌ってウイルスに効くの? shintochigi1 なんで電子マネー使えないの?接触感染のリスクあるなぁ。 ボタンや返却レバー、取り出し口を 抗菌処理とは 付着した🦠は死滅するのか? なら〜全て自販機へ 外出した時にマスクを忘れたり、くしゃみしてマスクが臭くなって耐えきれない時に利用することになりそう タッチレス、キャッシュレス、簡易包装で1枚ずつ購入できればなお良い ジュースやアイスの自動販売機どこにでもあって、オモチャや食材やら自動販売機大国として、いっそう一芸度が増し、日本のキャラクターイメージ効果として、マスクの自動販売機は、これはこれで国益 ニース?ニーズ?見込み違い?感染症対策と「花粉症対策」など「公衆衛生対策商品」と自販機?自販機に治安の維持に持続可能な年月?「キャッシュレス化し「キャッシュ保有を低下する方向性?」の店舗含む方向性?実態でマネータリー出来る状況の低下に、マネータリーでんし隅々迄は行き渡らないカネ? 新型コロナ に関するたくさんのニュースの中から、 日経電子版 で無料で読める記事を厳選しました。 noteでご紹介しています。

次の

富士電機、パワエレ拠点の取引先4割減らす(ニュースイッチ) 富士電機は鈴鹿工場(三重県鈴鹿市)の取…|dメニューニュース(NTTドコモ)

富士 電機 コロナ

土本匡孝 [記者] つちもと・まさたか/毎日新聞で12年間、記者として事件、行政、スポーツなどを取材。 16年より週刊ダイヤモンド記者。 製薬、日用品、化粧品業界を担当。 主な担当特集は「踊り場のOTC(大衆薬)」、「第一三共の正念場」「」など。 趣味は読書と映画。 電機・自動車の解毒 電機・自動車業界に異次元のコロナ危機が直撃している。 日本経済を牽引してきた二大産業だが、旧来のビジネスの常識が崩れる「Withコロナ・ポストコロナ」時代に勝ちきれる保証はどこにもない。 Photo by Masato Kato 古森重隆・富士フイルムホールディングス会長兼CEO(最高経営責任者)がダイヤモンド編集部の取材に応じ、コロナショックによる経営のかじ取りの難しさについて、「メインビジネス崩壊やリーマンショック時に比べれば易しいのではないか」と語った。 特集『』(全17回)の羅針盤なき経営(4)では、大注目のアビガンが薬事承認間近でますます血気盛んなベテラン経営者に経営論を聞いた。 今後ある程度、在宅勤務を取り入れていく制度の検討が必要かなと。 ただ私の長いビジネス経験から言うと、やはり人間は書類や電話より、対面してコミュニケーションや意思疎通。 これがものすごく大事です。 この基本は厳然として残ります。 だからまあ従来のやり方を変えて大幅に在宅勤務にするということはあり得ません。 やはり、会社に出てきて上司や仲間とコミュニケーション。 この形態は変わりません。 一部女性の産休前後などの場合、在宅勤務でもいいなというものはあるかもしれない。 そういうふうに社会は制度を使い分けていくことになると思います。 会長、社長(助野健児社長)が出社していないっていうのは違うんじゃないですか? 社員のモチベーションが(下がってしまいます)。 小林さんは合理的な男だから。 人によって、そういうこともあり得ます。 私は違います。 やはり会社は人間の集団。 情報だけが飛び交っていれば済むという問題ではありません。 会って「話を聞く、相談する」というのは必要不可欠な行為じゃないでしょうか。 そのパーセンテージを減らすというのが小林さんのお考えなんでしょうけど。 その前に社会がこの問題をプラスに捉えるべきだと思います。 企業が何をやるかというよりも、社会的な問題ですね。 今回のコロナの発生原因は何だったのか、初期にどういう対応がなされたのか、何が足りなかったのか、世界への伝え方、トラフィックの在り方、防疫体制、薬、病院の状況、保険制度……。 いろんな問題が出てきている、あるいは今後出てくるわけです。 今言ったようなことを検討して整理すべきですよ。 次回から起きないようにするにはどうすべきか。 マニュアルじゃないけど、こういうことをきちんと整理して反省すべきですよ。 これをしないとパンデミックがまた起きますよ。 そして被害はだんだんと大きくなります。 ですから貢献の余地があるかもしれません。 例えば今も肺炎の診断なんかにCT(コンピューター断層撮影)やレントゲンが使われているわけですが、新たにどういう医療機器が必要なのか。 ニーズのある商品があれば開発することになると思います。

次の