紅白歌合戦 2020 予想。 紅白司会予想2020!白組・赤組・総合司会・特別ゲストやサプライズの予想は?

紅白歌合戦2019(2020)出演者予想!司会はやっぱりあの人!?

紅白歌合戦 2020 予想

また、夏には話題になったドラマ 「ノーサイド・ゲーム」の主題歌「馬と鹿」を書き下ろしこちらも大ヒットしました。 今年はラグビーワールドカップが大きく盛り上がりましたが、この曲が流れるとドラマとリアルを重ね合わせて胸を熱くされた方も多いのではないでしょうか。 楽曲制作では、 「灰色と青」以来2度目となる菅田将暉さんとのコラボレーションで「まちがいさがし」のプロデュースを行いました。 この曲もヒットしましたね。 そして昨年リリースした 「Lemon」は依然としてカラオケランキングで首位をキープするなど、米津さんの曲を耳にしない日はないほどの一年でした。 米津玄師さんは紅白出演を辞退した? 昨年、紅白歌合戦への出場決定が発表されたのは、本番まで1週間を切った12月26日でした。 それを考えると今年もそこまで遅くならなかったとしてもそろそろ発表があるのではという予想もできます。 ところが、ここにきて米津さんは出演しないのではという報道がありました。 エンタMEGAの記事によると 今年の紅白歌合戦出場者には名前が見当たらない。 とあります。 元記事は、米津さんがプロデュースした「パプリカ」の英語版「Paprika」が全世界配信リリースを開始したことから始まります。 「Paprika」を歌うのは米津さんが選んだ英語ネイティブの子供たち5人で結成された「Foorin teamE」で、本家「パプリカ」を歌うFoorinとともに2019年の紅白出場も決まっています。 PaprikaのMVは公開1日あまりで早くも100万回再生を突破しましたが、本家「パプリカ」の再生回数は1億回を超えているそうです。 もともと「パプリカ」はNHKが展開する「2020応援ソングプロジェクト」用の歌として作られました。 このプロジェクトは、「あしたにたねをまこう!」というキャッチコピーのもと、2020年とその先の未来に向けて頑張っているすべての人を応援していくというものです。 このプロジェクトの影響なのか「パプリカ」は運動会や音楽会など教育の場で広く取り上げられ小学生に絶大な人気を誇っています。 これほどにも名曲を連発する米津は、歌手というよりもはや芸術家である。 そして、4年連続同じ曲で紅白に出場したゴールデンボンバーが「もう紅白に出してくれない」というタイトルのニューアルバムを出したことを引き合いにして、こんな表現をしています。 辞退したかどうかもわからないのにここまで書いてます。 いいのかな? 米津玄師さんは2019年紅白歌合戦に出演するのか?しないのか? 出場歌手が発表されたのが11月14日でした。 その後11月22日に竹内まりやさん、11月25日にRADWIMPSの出場が発表されましたが、その後の追加発表はありません。 昨年のことを考えても、12月になったのでそろそろ動きがあってもよい時期だと思います。 管理人としては、Foorinに菅田将暉さんと米津さんに縁のある方々が出場する今回の紅白に、米津さんは何らかの形で出場すると思っています。 そして、発表の時期は昨年よりは多少早い12月20日頃までになるのかなと。 米津さんの前に他にも気になるアーティストがいますからそのあたりの発表があるかもしれません。 とはいえ、これは単なる予想なのでもし当たったら褒めてください・・・。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

【紅白歌合戦2019タイムテーブル】出演時間の詳細を予想!出場歌手とコラボアーティスト&曲目(セトリ)まとめ

紅白歌合戦 2020 予想

スポンサードリンク 秋になると大晦日【紅白歌合戦2019】司会者や出演者 出場歌手と曲目、審査員など の発表日がいつなのか?色々な内定の噂や予想がされ、発表が待ち遠しい時期です。 発表日はいつなのか、今までの発表日から予想します。 また、司会者や注目の出演者についても、出場歌手の当確内定・落選の予想をしてみたいと思います。 司会は嵐メンバーと、朝ドラのあの女優? 審査員は2020大河ドラマ枠、2019朝ドラ枠、スポーツ選手枠、文化人枠、たまに芸人枠がありますね。 出場歌手は大御所はもちろんのこと、NHKの音楽番組やドラマに貢献した歌手やバンドは内定予想の筆頭ですね。 2020五輪のテーマ曲をうたうフーリンや、今年話題の歌手らも予想されます。 2017年は11月13日 月 に発表され 2018年は11月9日 金 が発表日でした。 なので2019年は司会者の発表は、11月上旬だと予想します。 なので2019年は出場歌手の発表は、11月14日 木 ~16日 土 だと予想します。 紅組の司会予想は、朝ドラ「なつぞら」で視聴率に貢献した広瀬すずさんが2年連続となるのが最有力だと予想されています。 白組の司会予想は、嵐が濃厚でメンバー5人全員になる可能性もあると予想されています。 Spotifyの「バイラルトップ50(日本)」で1か月で1位を獲得した。 しかし国民の認知度は高いのでどうなることやら。 」 バンド結成4年目の2017年に紅白初出場するも2018年は出ず。 しかし返り咲きが濃厚です。 NHKのうたコン課題曲に「君の隣にいたいから」が採用されたのは大きいので、これで内定出なかったら違和感が。 MIYAVIさんは紅白は2014年にSMAPメドレー3曲目「Top Of The World」で参加してます。 若手演歌歌手にも頑張ってほしくて内定予想。 さらに韓国枠をもう1つ増やし、日韓混合アイドルグループIZ*ONEが内定濃厚だったようです。 IZ*ONEは中高生を中心に絶大な人気ですが、日韓関係悪化、AKBグループの不祥事もあり無理らしいです。 現在、関係悪化は戦後最悪といわれるほど酷い状態なので、韓国歌手を出したら受信料を払ってる視聴者たちからクレーム必至なので、韓国枠は消滅の予想です。 2018冬ドラマ『トドメの接吻(キス)』には3枚目シングル「さよならエレジー」が主題歌に起用され音楽番組にも出演。 今年7月リリースのアルバム『LOVE』には米津玄師さんプロデュースの『まちがいさがし』、あいみょんとのコラボ曲『キスだけで』も収録されていて話題性バツグンです。 2018年に初出場した米津玄師さんやあいみょんとのコラボ出演があるかもしれません。 CM曲も多いです。 Suchmosのような異世界の雰囲気を醸し出して紅白に爪痕残せると思います。 心に沁みる歌詞と美しい声の凄い歌唱力から「泣き歌の貴公子」の異名を持ちます。 紅白初出場を果たせば昭和の名曲「希望」が48年ぶりに復活する予想です。 高校の進路相談時に「歌手になるから進学しない」と宣言するも説得されて明治大学に入学。 しかし就活の時期に千葉テレビのカラオケ番組の予選会に出ると審査員の目に留まり2002年にデビューしたのでした。 ずっと売れない時期が続きましたが15周年記念曲「月枕」が10万枚超えを記録したのが転機となり、現在はNHK時代劇「大富豪同心」の主題歌に選ばれた新曲「夢の振り子」がオリコン演歌歌謡チャートで1位に輝いてます。 朝ドラ主題歌枠は定番ですし、スピッツが紅白に出たらとっても盛り上がりそうですが、年末は休むと決めていてそもそも紅白に興味ないらしいので微妙です。 Say! JUMP(2回) 曲目予想「」 Hey! Say! JUMPはNHKラジオ「らじらー!」レギュラーなので紅白は内定と予想。 」 LDHカウントダウンライブがあるので出演順番は最初のほうになると予想します。 60才還暦の2009年には第60回紅白歌合戦でサプライズ登場してますが、2019年の順番はぜひ大トリにしてもらって、タオルを投げる風景をテレビで見てみたいです。 ぜひクレーンに乗ってヘドバンかまして、限界突破する雄姿を見せつけてほしいです。 「いごっそ魂」とは出身地・高知県の方言で頑固という意味です。 メンバーはNHKの『2020応援ソングプロジェクト』のオーディションで集められました若き若き男女精鋭5人(ひゅうが、もえの、たける、りりこ、ちせ)。 NHKのオリンピック応援ソング「パプリカ」を披露すると予想します。 そのとき米津玄師さんもVTRでいいので出てほしいですね。 「雑草」で景気づけ、もしくは「今」でウキウキ幸せな新年に。 りんごちゃん、TT兄弟あたりが出るかもしれないですね。 内定発表結果も追記していくので、どんな結果になっていくか楽しみです。

次の

第70回NHK紅白歌合戦2019/出場者と曲順番に曲目の発表を大胆予想!

紅白歌合戦 2020 予想

紅白歌合戦2019 2020 の出演者発表はいつ? 紅白歌合戦といえば、注目されるのが出場する豪華アーティストの方々ですよね。 その発表はいつ頃になるのでしょうか。 過去3年間を遡って日程を予想してみましたよ! 過去3年の出演者発表日程 2018年 紅・白組出演者発表 11月14日 米津玄師の出場発表 12月26日 2017年 紅・白組出演者発表 11月16日 安室奈美恵(特別出演)発表 12月19日 桑田佳祐(特別出演)発表 12月22日 2016年 紅・白組出演者発表 11月24日 タモリ、マツコ・デラックス(スペシャルゲスト) 12月7日 過去データを照らし合わせると、 紅・白組の出演者は11月中旬あたりの発表。 また、特別出演者の発表は、わりとギリギリ…12月下旬という感じですかね。 このような発表は例年それほど変わりないと考えられますので、2019年もおそらく、例年同様「紅・白組出演者/11月中旬」「特別出演/12月下旬」の発表となるのではないでしょうか。 紅白歌合戦2019 2020 の出演者を予想! さて、2019年はどのようなアーティストが紅白歌合戦に出場するのでしょう。 現時点、ネット上ではこのように予想されています。 (初) 菅田将暉(初) Superfly スピッツ(初) DAOKO 竹島宏(初) TWICE 福山雅治 DREAM COME TRUE 星野源 乃木坂46 三浦大知 Perfume Mrs. Gleen Apple(初) 松田聖子 三山ひろし 水森かおり ヤバイ Tシャツ屋さん(初) 美波(初) 山内惠介 杜このみ(初) ゆず Little Glee monster 米津玄師 この予想によると、ベテラン・中堅は、例年通りのメンバーといった感じですかね。 注目は初出場となる新人メンバー。 今の時代を反映してか、ネットを介して人気となったアーティストが多く盛り込まれている様子。 今年の紅白歌合戦はネット同時配信も検討されているというので、それを意識しての人選が予想されていると思われます。 若者離れが懸念されているといわれる紅白歌合戦。 NHK側もいろいろ考えているはずですよね。 さて、どのような結果となるのでしょうか。 紅白歌合戦2019 2020 の司会者は誰? 紅白歌合戦といえば司会者も注目の的ですよね。 さて、紅白歌合戦2019、総合司会・各組の司会者は誰になるのでしょうか。 ネット上では、このように予想されていますよ。 総合司会:ウッチャン・NHKアナウンサー(桑子真帆) ここしばらくは、ウッチャンが総合司会を担当していますよね。 評判も良いようなので、ウッチャン側が辞退しない限りは、恐らく今年もウッチャンが担当するのではないかといわれています。 また、共に司会を務める NHKアナウンサーは、恐らく今年も桑子アナと予想されています。 白組司会:松本潤(嵐) 「相葉くん・二宮くん・櫻井くん」と、立て続けに嵐のメンバーが起用されていますので、今年も嵐のメンバーではないかと予想します。 残るメンバーは 「松潤・大野くん」。 2020年に嵐が活動休止に入ることを考えると…2020年の司会に大野くんを起用と予想。 そう考えると、2019年、今年の白組司会は松潤と予想してもいいのではないでしょうか。 紅組司会:戸田恵梨香(沢尻エリカ) 例年の動きからみると、やはり朝ドラのヒロインが司会となるのではないと予想されます。 昨年は、「なつぞら」のヒロイン広瀬すずさんが担当。 そのため、 今年は「スカーレット」のヒロイン戸田恵梨香さんではないかと予想されます。 ただ、懸念材料が1つ…。 来年の大河ドラマ「麒麟がくる」に出演予定の沢尻エリカさんの名前もここにきて急浮上してきている様子。 大河ドラマというと以前、綾瀬はるかさんが紅組司会を担当していましたよね。 朝ドラか大河か…どちらかのヒロインが担当となるのではないでしょうか。 司会はやはり頼れる人にド~ン!とやってほしいですよね。 そう考えると、今回予想される面々はかなり頼れるのではないかと思われます。 いつもはちょっと気になる女優さんの司会も、今回は予想される両名ともに頼れそうな存在。 なかなかよい人選かと思われますが、あなたの予想はいかがでしょうか。 紅白歌合戦2019 2020 の曲名・曲順一覧! アーティストがいれば曲もあるわけで、その曲名がこれまた気になる! というわけで、曲名と曲順の予想です。 ただ、紅白歌合戦で歌われる曲って、必ずしも新曲やヒット曲というわけでもないんですよね。 そのため、予想は非常に難しい…。 それでも「これだ!」と予想されるものをまとめてみました。 あいみょん:マリーゴールド• 欅 坂46:黒い羊• ずっと真夜中でいいのに。 :秒針を噛む• Superfly:フレア• TWICE:FANCY• 乃木坂46:Sing• 美 波:カワキヲアメク• ゴールデンボンバー:令和• スピッツ:優しいあの子• 三浦大知:片隅 残る多数アーティストについては、残念ながら予想がつきませんでした。 曲順一覧に関しても…残念ながら予想不可能。 最近の様子からは、ポップス・ロック・演歌など、様々なジャンルの曲をバランスよく配置しているようではありますが…。 時に、NHKは「え?何でそこにそれ入れた?」というようなことをしてくるので、予測がつけにくい…。 どのようになるのでしょうか。 かなり気にはなりますが、とりあえず出演者が発表されるまでもうしばらく待ちましょう。 紅白歌合戦2018 2019 の出演者はどうだった? 昨年の出場者は下記メンバーでした。 総合司会:内村光良• 白組司会:櫻井翔• 紅組司会:広瀬すず 紅 組 白 組 坂本冬美 三代目J Soul Brothers Little Glee Monster 郷ひろみ DAOKO 山内惠介 丘みどり Hey! Say! JUMP 天童よしみ Suchmos あいみょん 純烈 水森かおり Sexy Zone YOSHIKI feat. サラ・ブライトマン YOSHIKI feat. 落選するアーティストもいれば、そのまま残るアーティストもいる…。 どのようにシャッフルされるのか楽しみです。 紅白歌合戦2019 2020 のトリは? 昨年のトリは、「紅組:石川さゆり」「白組:嵐」でした。 大トリはサザンオールスターズでしたが、「特別枠として」なのでとりあえず置いておきましょう。 さて、大事なのは各組のトリ。 上記した出演者予想の中から誰がトリとなるのかを予想します。 紅白歌合戦の長い歴史を振り返ってみると、トリを務めるのはほぼ大物歌手であると考えられますよね。 特に演歌歌手が多いかと…。 過去に強く印象に残っている人物といえば「北島三郎さん」ではありますが、他にも「五木ひろしさん・石川さゆりさん」などもいらっしゃいました。 ただ、近年の傾向では必ずしもトリが演歌歌手とは限らないので予想がつけにくいですね。 とりあえず、過去5年のトリを振り返ってみましょう。 2014年 松田聖子、嵐• 2015年 松田聖子、近藤真彦• 2016年 石川さゆり、嵐• 2017年 石川さゆり、ゆず• 2018年 石川さゆり、嵐 上記を見る限りでは、紅組はほぼ石川さゆりさんか松田聖子さんの2択でしょうか。 大物演歌歌手ということと、上記以外でも過去にトリを何度も経験していることからから、松田聖子さんよりも石川さゆりさんの方が優勢と考えられます。 白組に関しては、嵐が優勢。 ただ、嵐は活動休止の件で来年のトリに決定と予想できるので、ここはあえて「ゆず」、または五木ひろしなど大物歌手と予想します。 紅白歌合戦2019 2020 の見どころは? 2019年は令和初、また、翌年に東京オリンピックを控えていることから、何かしらそれらの要素を入れてくると予想します。 なので、各アーティストがどのような形でこれら要素を盛り込んでくるのかが、見どころの1つとなるのではないでしょうか。 特に、ゴールデンボンバーが歌うであろう「令和」は、元号が令和と発表された瞬間に短時間で仕上げたという力作。 紅白歌合戦バージョンとして派手に仕上げてきてくれると予想します。 また、運営側に至っても 「令和&オリンピック」は外せないポイントのはず! 「夢・希望・絆」といった輝かしい未来への懸け橋となるような、そんなステージを作り上りあげてきそうな予感がしますね。 1つのステージに令和とオリンピックをどのように融合させるのか…そこが最大のみどころと予想されます。 紅白歌合戦2019 2020 の審査員は? 出演者や司会者だけでなく、紅白歌合戦は審査員も豪華なんですよね。 例年の動向を見る限りでは、朝ドラと大河から数名ずつ。 また、その年に活躍したスポーツ選手や各界の著名人が審査員に選ばれると考えられます。 朝ドラは恐らく 「スカーレット」から。 大河ドラマは 「麒麟がくる」から。 オリンピック・パラリンピックからアスリートを数名ずつと、今年はラグビーワールドカップが開催されますので、ラグビー選手も審査員として呼ばれると予想されます。 また、オリンピックに伴い、演出などに携わる野村萬斎さんらなどといった芸能人も数名審査員といて呼ばれると予想します。 紅白歌合戦2019 2020 初出場は誰? 上記の出演者予想から抜粋すると、今年の初出場は下記アーティストとなります。 ずっと真夜中でいいのに。 YouTubeにて1年足らずで再生数2000万回以上。 その後メジャーデビューを果たしたというグループ。 ネット配信を意識してNHKが出場を依頼しそうな予感。 菅田将暉 米津玄師とのコラボ曲があるなど、何かと話題性のある俳優。 米津玄師も出場となれば、彼とコラボさせたい狙いもあるのでは?と予想。 スピッツ 朝ドラ「なつぞら」にて主題歌を担当したので。 竹島宏 「紅白出場なるか!」と数年言われ続けているので、今年こそは…という期待を込めての予想。 Mrs. Gleen Apple こちらもまた初出場を噂され続けていたグループなので、期待を込めての予想。 ヤバイ Tシャツ屋さん 同様に期待を込めての予想。 若者に人気がある。 美波 YouTubeにてあっという間に再生数2500万越えというアーティスト。 ネット配信を意識したNHKが好みそうと予想。 杜このみ YouTubeで動画配信をするなど精力的な若手演歌歌手。 NHKとの関係が良好であるということもあるので、初出演の可能性ありと考える。 該当するアーティストの方々は他にも大勢いますが、基本的には、NHKが好みそうな人物(グループ)であるかが重要になるのではないか…と。 ただ、話題性もないと困るので、そこら辺を意識しての人選となると上記のような結果となりました。 紅白歌合戦2019 2020 の特別出演は? さて、最後は「特別出演者」の出演者予想とまいりましょう! 今回はどのような方々が出演されるのでしょうか。 ネット上で予想されているのは下記アーティストの方々です。 HIKAKIN&SEIKIN(初) ネット同時配信を狙うNHKだからこその人選。 YouTuberとして比較的誰でも知っていそうなHIKAKIN&SEIKINが選ばれそうと予想されている。 Foorin(初) NHKの2020応援プロジェクトに参加した小学生5人のグループ。 米津玄師作詞作曲の「パプリカ」を歌い注目されたことから出場が予想される。 ヒプノシスマイク(初) YouTubeでも多くの注目を浴びている声優12名によるグループ。 メンバーによるラップが人気の1つでもあることから、HIP HOPブームとアニメブームを意識しての出場が予想される。

次の