ハイエース 丸目 カスタム。 レトロな丸目2灯が新しいハイエースのクラシックカスタム!ハイエース丸目換装FD

ハイエース200系丸目カスタム【リフトアップ・LINE

ハイエース 丸目 カスタム

flexdream. flexdream. flexdream. jpg もう一つ別の拡大した画像もお見せしましょう。 flexdream. flexdream. flexdream. flexdream. akamai. akamai. akamai. akamai. akamai. akamai. flexnet. flexnet. flexnet. flexnet. flexnet. ~取り外しに必要な工具は?~ この動画を見る限りではマイナスドライバーとプラスドライバーがあればできそうな気がします。 ~ハイエース200系ヘッドライトの外し方(参考)~ 事前準備として交換作業には以下の工具が必要です。 monotaro. jpg ・手順2. グリルを外す 以下の画像を参考にしてグリルを外します。 jpg プラスドライバーでビスを外した後、クリップリムーバーを使って上の黒いクリップを外します。 もしもクリップリムーバーがなければ、マイナスドライバーでも使用可です。 そしてグリルを以下の要領で外していきます。 車の進行方向へ平衡に力を加えてグリルを外しましょう。 jpg 作業のコツは、上記画像の矢印部分に指を滑り込ませて、グリル下部に車体前方方向に平行に力が加わるよう、グリルを引っ張ること。 jpg 上の画像は取り外されたフロントグリルです。 ・手順3. jpg ヘッドライト本体を止めている2か所のねじを10mmのソケットレンチで外します。 jpg ねじを外した後は、2か所の爪によって固定されていますので、特にウインカー側は硬く嵌っているので、内装はがしを使ってテコの要領で引っ張って外します。 このときは車体に傷がつかないように、ウエスなどを使うと傷を防ぐことができます。 jpg 上の画像は、ウインカー側の爪を裏から見たものです。 jpg もう1か所の爪はこのようになっていますので、こちらも取り外す際ヘッドライト本体が車体に干渉するため、外しづらくなっています。 ・手順4. ヘッドライト本体を取り外す際には、以下の配線の取り外しが必要となります。 ハイビーム、LEDヘッドライトはカプラーで配線されていますので、カプラー連結部の爪を押しながら引っ張ることで簡単に外れます。 ポジションランプはヘッドライトユニットから配線されていますので、配線を外さなくてもヘッドライト取り外しには、影響がありません。 jpg 上が配線を外した後のヘッドライト本体です。 その場合は申し訳ありませんが、引用元のホームページをご覧いただき、確認をお願いしたいと思います。 ~この点に注意が必要か?~ 以上の作業における注意すべき点をいくつかお伝えしたいと思います。 最大の山場ですがグリルの取り外しの際、爪が折れるのではないかと心配なところではないかと思います。 flexnet. 車のカスタムは難しいので、中々このようなわけには行かないと思いますが、自動車部品販売会社などでこのような企画をすれば、結構好きな人は参加するのではないでしょうか? 何事もチャレンジから始まりますから、ぜひどこかの会社で実践していただきたいと願っています。

次の

ハイエース 200系丸目換装FD

ハイエース 丸目 カスタム

フレックスのオリジナル200系ハイエース 「Coastlines(コーストライン)」にオシャレ丸目モデルを追加 ハイエースとランドクルーザーの専門店を全国に展開するフレックスが、「自分らしくデザインして長く乗る」をテーマに掲げ、クルマのリノベーションプロジェクト「Renoca(リノカ)」を立ち上げたのが2017年3月のこと。 その1つのブランドになっている「Coastlines(コーストライン)」は、1960年代から1990年代にかけて多くの人に愛されたアメ車の「シェビーバン」をモチーフに、200系ハイエースのフトントフェイスを再構築。 4つの角張ったヘッドライトや愛らしいグリル、クラシカルなTOYOTAロゴなどの加飾を施すことで、アメリカ西海岸のサーフスタイルをイメージさせる遊びにも仕事にも使えるクルマに仕上げている。 そんな人気モデル「Coastlines(コーストライン)」であるが、ユーザーから「丸目モデルはないの?」という問い合わせが多かったのだとか。 そして発売から約3年の時を経て、ついに待望の丸目ヘッドライトが登場したのだ。 これでベース車両は、標準ボディとワイドボディが選べるだけでなく、従来の角目仕様に丸目仕様を加えた全4モデルとなった。 このオシャレな200系ハイエースは、「Renoca(リノカ)」のフラッグシップショップ「Renoca世田谷店」をはじめ、全国のフレックス店舗で購入が可能となっている。 気になる人は、近くのフレックス店舗へ行ってみよう。 「Coastlines(コーストライン)」 標準ボディ 丸目フェイスver. 小回りが効き、駐車枠も気にせず使える標準ボディ。 同じくらいのボディサイズであるMサイズミニバンより、積載性に優れているのもポイントが高い。 「Coastlines(コーストライン)」 ワイドボディ 丸目フェイスver. 多人数乗車ができ、たくさんの荷物を積みたいならワイドボディがおすすめ。 flexnet.

次の

ハイエース専用カスタムパーツ

ハイエース 丸目 カスタム

最新型ハイエース200系4型をレトロな丸目にカスタム! 丸目換装クラシックカスタム【FD-classic】完成! 最新現行型ハイエース200系4型をベースにレトロな丸目換装クラシックカスタム【FD-classic】 ハイエースという名前が生まれたのは昭和42年(1967年)。 平成最後の今年現在で50周年を迎える、トヨタ車の中でも歴史の長いモデルの一つです。 そんな歴史の長いハイエースだからこそ、レトロでクラシックなカスタムも良く似合います。 レトロなヴィンテージスタイルも好きだけど、手間がかかるのは心配。 レトロな旧車ハイエース、お好みは角目!?丸目!? 旧車ファンの方の中でも角目がお好きな方と丸目がお好みの方がいらっしゃると思います。 お好みも様々かと思いますが、ハイエースの歴史を ふまえて角目と丸目の比較をご紹介します。 さらにランドクルーザーの前身「トヨタ ジープBJ」も丸目ヘッドライトです。 そしてハイエースの初代も丸目ヘッドライト(初代は丸目四灯)です。 現在、状態の良い2代目ハイエースを探すことはなかなか難しい、レアモデルとなっています。 (一部モデルは角目2灯です。 (一部のモデルの前期は丸目2灯、一部のモデルの後期は角目四灯です) 可愛らしい印象の丸目に対し、ちょっぴりイカツイ雰囲気の角目、と言った印象ではないでしょうか。 旧車っぽいけど最新型!? 200系4型ハイエースを丸目にネオクラシックカスタム! そしてflexdreamが実現したハイエース200系の丸目換装クラシックカスタム【FD-classic】。 アウトドアシーンでも良く似合う! ハイエースのカスタムはエアロを装備してローダウン、というスタイルがやはり多いですが、 舗装されていないアウトドアシーンにも良く似合うスタイルで制作しました。

次の