バチェラー・ジャパン3感想。 『バチェラー・ジャパン』第8話の感想・ネタバレ~女のコワさが出過ぎでもはやホラー番組~

『バチェラー・ジャパン』第8話の感想・ネタバレ~女のコワさが出過ぎでもはやホラー番組~

バチェラー・ジャパン3感想

いきなりバチェラーがゾッコン!?強敵・岩間恵 いよいよバチェラー友永さんと女性たちのデートがスタート。 まずはいきなりのツーショットデートから。 記念すべき最初のツーショットデートに選ばれたのは、岩間恵さん。 エピソード1でファーストインプレッションローズを受け取った女性ですね。 友永さんは、最初のデートは岩間さんと決めていたそう。 もっともっと岩間さんのことを知りたいとデートに誘ったのはヘリ。 2人きりの空間でロマンチックな空のデートを楽しみます。 ヘリを降りた後は、友永さんが神戸から持ってきたという愛車、フェラーリでドライブ。 夕焼けを見ながら「俺のことを好きになってほしい」と告げる友永さん 岩間さんは早くもサプライズローズを受け取るのでした! 中川さん、田尻さん、高田さん、水田さん、浦田さん、加賀美さん、李さん、徳田さん、岩城さん、古澤さん 友永さんが呼び出した場所にはたくさんのワンちゃん。 今回はドッグデートでした。 犬が大好きな友永さん、 「犬嫌いの人は選ばない」と断言。 女性たちはそれぞれ楽しそうに犬と戯れています。 これまであまり話したことがなかった女性をトークに誘う友永さん。 金髪キャラの中川さんを誘ってどんな人なのか聞き出します。 話してみると意外と真面目だと気づいた友永さん。 そんな中、涙を流している女性が。 気づいた友永さんが近づいた相手は高田汐美さんでした。 「昨年愛犬が亡くなってワンちゃんを見ているのが辛い」 と泣いていた高田さんに申し訳なさそうな友永さんでした。 グループデートの後、みんなの目の前で高田汐美さんにツーショットデートの誘いをする友永さん。 手を引いて連れて行ったのは高田さん。 涙の出来事もあり、二人でゆっくり話したいと連れ出したのでした。 リムジンで向かったのは海。 夜のクルーズデートに出かけた2人。 水の中で線香花火をしっとり楽しんだ2人の背後には突然の花火が。 美しく打ちあがる花火を見て泣いてしまった高田汐美さん。 そこへ友永さんからサプライズローズが贈られたのでした。 見ているだけできゅんときますね。。。 どうやって友永さんに声をかけようか、そんな風に悩んでいた矢先、真っ先に声をかけたのは友永さんでした。 まだ話していないから、と濱﨑さんは友永さんとのツーショットトークをゲット。 友永さんを前にして顔を赤らめる濱﨑麻莉亜さん。 そんな様子を微笑みながら眺める友永さんでした。 その後もデートに行けなかった女性を中心に声をかける友永さん。 そういえば初日に友永さんと縁があると、思わせぶりにはなしていた金子さん。 今回のトークでその秘密を打ち明けたのですが、なんとフランス甲南学院トゥレーヌ高校出身だそうで…。 そう、友永さんと先輩後輩の関係だったのでした。 運命の時間、ローズセレモニー 2回目のローズセレモニーが始まりました。 今回用意されたローズは12本。 すでに2本はすでに岩間さん、高田さんがゲットしているので残りは10本。 今回は3名の女性が脱落となります。 一人ひとり名前を呼ばれる女性たち。 デートに誘われなかったメンバーも次々にバラを受け取ります。 そして今回脱落したのはこちらのメンバー。 脱落した女性3人• 浦田直佳さん• 徳田祐理さん• 李起林さん 涙を流して別れを告げる脱落者たち。 友永さんはそれぞれの女性の脱落について、浦田さんは将来家族になるのが想像できなかった、李起林さんは自分よりふさわしい人がいるのでは、という判断でした。 こうして12名になった女性たち。 友永さんから告げられたのは次のデートの場所。 「みんなでグアムに行きましょう!」 大盛り上がりの女性たちでした。 『バチェラーシーズン3』第2話の感想 各女性陣の特徴も出てきて楽しくなってきましたね!! まだ2話ですが、初回で感じた印象とは違った顔が見れたり、視聴者も女性陣をよく知れる回になりました。 MCの3人も言っていましたが、岩間さんとは本当にラストシーンのようないい雰囲気でしたね。 バチェラーが相当気に入っているのは間違いないです!!! 岩間さんはまだ戸惑っている様子がありましたが、デートが終わる頃にはまんざらでもなさそうな感じでした。 そして高田さん。 真っ赤っかな顔と潤んだ目でバチェラーを見つめていて、かわいかったですね! 濱﨑さんも無事に選ばれたので、次回も楽しみです。 城田夏奈さんもおっとりした印象で可愛らしいので頑張って欲しいです! 脱落が意外だったのは李起林さん。 最後のツーショットトークで話し込んでいたので、てっきり良い印象なのかと。 バチェラーが若干押されて気味だったので、結婚というイメージはできなかったですね。 MCからも視聴者からも案の定、もったいぶってあまり大したことのない告白やん!! とツッコミを受けたであろう金子さんが落ちなかったのは以外でしたね笑 友永さんはサバサバとした性格で、何でもはっきりストレートに話す感じで見ていて気持ちが良いですね。 男から見ても好感を持てます。 続きが楽しみです!!!•

次の

『バチェラー・ジャパン』第8話の感想・ネタバレ~女のコワさが出過ぎでもはやホラー番組~

バチェラー・ジャパン3感想

ただ、結末はものすごいことになりました。 まずはスタジオ収録の12話(エピローグ)の簡単な概要から確認しましょう。 (各コメントはバチェラー・ジャパン シーズン3 第12話エピローグのコメントより抜粋しています。 ) 会場が驚愕!最後に選んだ女性と1カ月で別れる 最後のローズセレモニーでバチェラー(友永真也)が選んだ水田あゆみさん。 画像出典: とてもロマンチックなキスシーンで終わりを迎えました。 画像出典: しかし、エピローグの会で告げられたのは、フランスロケから1カ月後のバチェラーの下記のコメント。 画像出典: 女性陣の反応はかなり厳しいものでした さらにびっくり!選ばなかったもう一人の女性と付き合い始めた 画像出典: 水田あゆみさんに別れた直後に、最後のローズセレモニーに残ったもう一名の岩間恵さんとお付き合いを始めたようです。 岩間恵さんはバチェラーがファーストローズを渡した女性で、ツアー中も岩間さんは有力候補でしたよね。 バチェラーは水田さんと付き合っている期間中に、岩間さんに会いに行ったそうですね。 そして、何度か会って話をした後、付き合い始めたそうです。 収録会場にいる男性陣は、オリラジの藤森慎吾さんと、メイン司会の今田耕司さん。 男性2名の意見をまとめました。 【男性意見】オリラジ藤森さん 画像出典: 藤森さんは比較的バチェラーをフォローする側の立場でした。 今田耕司さん 「俺はやらへんけど、理解はできる」 今田さんは、 全体的には、好きな気持ちを止められないという気持ちは非常に理解できるという意見でした。 バチェラーの結末を観てた男目線の感想 ここからは視聴者としての意見になります。 男側の意見として、率直な感想を書いていきます。 正直な男の気持ち?バチェラーの気持ちに共感する箇所 男としても最初はひどいと感じた 12話の序盤、水田さんと1カ月で別れ、岩間さんと付き合っていると聞いた印象としては、ひどいと感じました。 水田さんの立場を考えると、世界中に配信されている番組の中で選んでおきながら、すぐに別れるというのは男らしくないというか、身勝手ですもんね。 ただ、バチェラーも言っているように、包み隠さず全てを話した正直さには男としてはすごいなと感じました。 20名の初めて会う女性と、少しずつしか話せず最後に決断するって正直めちゃくちゃ難しいと思います(笑) 結婚に本気なほど悩む気持ちはわかる シーズン3のバチェラーである友永さんは、前作のシーズン1や2のバチェラーに比べ、結婚に対する気持ちが一番強いと感じました。 おそらく、ツアーに臨む本気度が高かったと思われます。 結婚は人生を決めるような大きな決断なので、フランスでのローズセレモニーで二人の女性を天秤にかけたときに非常に悩んだと思われます。 どちらの女性と今後人生を歩んでいくかで、生活や仕事にも大きく違いが出てきます。 結婚に本気な男性ほど、最後の決断は悩みますし、その決断が正しかったかを考え直すことも日々あると思います。 行動自体は良いとは思いませんでしたが、 長くずるずる中途半端な気持ちで付き合うよりも、 決断が早いのはみんなのためだと思います。 前日に「好きかわからない」と言われて気持ちがブレたのはわかる フランスのローズセレモニー前日に、岩間恵さんから「恋愛感情があるのかわからない」と告げられたバチェラー。 おそらく、この言葉を聞いていなければ、ローズセレモニーでは岩間さんにバラを渡していたかもしれません。 今田耕司さんも言っていましたが、両想いではない状況で、自分の気持ちを押し切るのには、今後結婚を考えている相手に対しては躊躇してしまいます。 水田さんのようにシンプルに「好きです」と言われた方が、バチェラーとしても決断がしやすかったでしょう。 こちらが強く想っていたとしても、相手が離れていく場合、決断を踏み切れなかった状況や気持ちはわかります。 前日に「わからない」とか「恋愛感情じゃない」とか言われると決断しきれず迷ってしまいますよね。 そこで気持ちを抑えて選択肢から消えるということはありますよ。 これでバチェラーから別れたら男として最悪【今後に期待】 画像出典: 全体的に男側の意見としては、バチェラーの気持ちがわかるという人が多いのではないでしょうか。 たしかに、終わり方は企画とづれていますし、すんなりいかない気持ちが残りますが、最終的に素直な結末だったと思います。 しかし、女性を振り回した分、最終的に選んだ岩間さんとはやはり結婚まで至ってほしいですね。 岩間さんから振られる分は仕方ありませんが、バチェラーから別れるようなことがあると、最悪ですね(笑) そうなると男らしくないですし、ただの恋愛相手を探していただけという感がぬぐえません(笑) 視聴者としては、お二人が結婚のゴールに至ることを期待しています。

次の

【バチェラー3】エピソード7を見た感想 〜もはや事後です〜

バチェラー・ジャパン3感想

ここ最近気分が冴えませんが、さんからの温かいお気遣いと旦那とビデオチャットを長くすることで少し元気になりました。 いつも優しいknoriさん。 影からそっと見守ってくれている気がして嬉しい。 knoriさんのような女性になりたいです。 Amzonプライム独占配信の「バチェラー・ジャパン」シーズン3第4話の感想です。 バチェラーは女性たちの顔と名前が一致し始め、数人個性が出てきた4話あたりからだんだん面白くなってくるんだよね。 舞台は引き続きグアム! 第3話までブドウ娘の岩間恵さんがバチェラー友永に最も近い位置にあったと思われましたが、大きく展開が動き始めます。 それでは第4話の感想です。 【バチェラージャパン】シーズン3第4話の感想 まずはグループデートからです。 グループデート(ゴーカート) 7人の女性とゴーカート。 「競争心を見てみたい」というようなことを言っていた気がするけど、競争心てあんまり嫁を選ぶ基準には関係ないような気もする。 旦那と交際しているときにゲーセンに行ってドライビングゲームで競争したことあるけれど、毎回私が勝ってしまうので 旦那の目が赤く潤んでいました。 生まれて一度も泣いたことがないと豪語していたくせに、 女に運転ゲームで負けて泣くのか、お前は? 悪いね、ドライビングゲームは昔から負けたことないんだ俺。 高校の時から男の子たち込みでやってもほぼ勝つんだ俺。 たぶん、男性脳で秀でている空間認知能力てのが割とあるんだと思うや。 地図読むのとか超得意だし。 そんな可哀想な旦那をからかったのは言うまでもありません。 私はS気質なのかなぁ。 ゴーカートデートに肩を大きく出したチューブトップを着た田尻夏樹さん。 岩間恵さんから「ゴーカートなのに何その色気?」のように責められます。 バチェラー友永に一番近いところにいた岩間さん、この第4話くらいから馬脚を露し始めました。 岩間さん 田尻さんは笑顔が可愛いのだけれどボディタッチが激しく、何より息子さんがいることをバチェラー友永にも誰にも話していないので、私はあまり好きではありません。 でも 岩間さんに自分の着物にケチをつけられる謂れはないと思います。 そもそもバチェラーは一人の男性をゲットするための仁義なき戦いですから、居合わせた女性たちは友人でもなんでもないし、持てるものは使うのが当然じゃないですか。 モデルの田尻さんは身体が綺麗なんだから肩だって胸だって出しゃあいいんですよ、出しゃあ!! お前だってご対面で葡萄ジャム出してきたじゃねえか! 「ご対面なのに何ぶどうジャム食わしてんの?」 て話になるじゃんか。 まぁ、さすがにゴーカートに水着着てきたらTPOへの常識を疑いたくはなりますが、たかだかチューブトップでゴチャゴチャ言ってんじゃねえーーー。 まぁ、それだけ岩間さんが焦ってきているということになりますけどね。 私的には一番嫌いなタイプの女性かもしれません。 そんなゴーカートデートで素敵だぁ~と思ったのは、やっぱりシーズン3きっての美女、野原遥さん。 女性でも惚れ惚れしちゃいますね。 今のところ、野原さん、元ホステスのあゆみさん、22歳のマリアさんが私の推しメンです。 野原さんはセクシーでもあるので、外国人男性にすごくモテると思いますよ。 むしろバチェラー友永じゃ勿体ない気がするぐらい。 私はすごく好きだなぁ。 でも日本人男性だとビビって気後れしてしまう可能性があるかも。 たぶん、うちの旦那だったら野原さんかマリアさんを選ぶと思います。 野原さんは外見だけじゃなくて中身も良さそうなんですよね。 いつも冷静で落ち着いているし、話も知的で論理的なので頭の良さを感じるし、岩間さんみたいに他の人の批判ばかりしていないので、超レベル高いと思いませんか。 バチェラー友永は精神的に強いタイプが好きと言っていたので、野原さんはピッタリな気がするなぁ。 前エピソードで酔いがまわってきたっぽいバチェラー友永にシャンパンの代わりにジンジャーエールを渡したのは岩間さんではなく、あゆみさんということが判明しました。 ええええっ! そうだったのか・・・あゆみさんが。 さすがは元ホステス。 気遣いのレベルが半端ない。 てっきり岩間さんだと思ったのに。 でもなんで岩間さんが渡してたんだろう。 まぁ岩間さんも黙っとけば分からなかったかもしれないけど、正直に言ったので、策士ではないんだなと思いましたけど、バチェラー友永としては複雑ですよね。 こういうとき、やっぱり、あゆみさんへの評価が爆上がりしちゃうのかな? ゴーカートで1位をとり、2ショットでバチェラー友永と車で帰る権利をゲットした田尻夏樹さん。 車中では自分のことを話せず、女性たちのグループ行動の話だけに終始してしまいました。 それよりバチェラー友永が田尻さんとはボディタッチだけでベタベタしているのが良くない兆候ですね。 それもこれも田尻さんがボディタッチしまくって安く売ってしまったせいです。 これは女性としては真似してはいけないケースですね。 田尻さん 私はもともと人と触れ合うのが好きじゃないので田尻さんのように振る舞うのはやっぱりできないなー。 旦那のことはずっと触ってますけどね。 なんか気持ちよくて。 あとたまに、旦那にヤキモチを焼かせようかなーというときに他の男性の腕に触れたりということはありますよ、さん!!でも基本的に自分からアピールするのは苦手なので、ほとんどしないです。 たまもりさんはどうですか? でもボディタッチは普段やらない人のほうが効きますよね。 うちの旦那なんかある時 「お前の口から男の名前が出てくるのが許せないんだよ!」とか言ってましたよ。 田尻さんのように普段からボディタッチしてしまうと、男性は「他の男にもするのでは」という不安がよぎってしまい、自分の伴侶として考えられなくなってしまうのだと思います。 なんでもペニスの形というのは他の男の精子を掻き出すためにあの形になっているらしいので、女性を自分のものだけにしたいという心理は、自分の遺伝子を残そうとする男性の本能なのでしょう。 リンク 2ショットデート(夜の水族館) お次は2ショットデート、お相手は22歳のマリアさんです。 ここにきて物静かで控えめだったマリアさんが真打ちとして登場してきましたね。 私に似て可愛いし。 指輪のジェスチャーも可愛いじゃないですか。 このジェスチャーは人を選ぶので、私がやったら気持ち悪いと思われるに違いないですが、マリアさんがやったら可愛いですね。 G似かもしれないマリアさん マリアさんは結構いいところまで行きそうですね。 性格も良さそうだし。 あとは気が強くなれるかどうか。 頑張れマリアさん。 2オン1デート(池?) そして本日最後のデートは、非情なる2オン1デートです。 2オン1デートとは、2人の女性と同時にデートをし(つまり3人で)、そのうち1人はバラを受け取ることができますが、もう1人はそこで退場になってしまうという酷なデートです。 これはバチェラーのほうも選ぶのが難しいですよね。 だいたい、どっちでもいい(合格させても落選させてもいい)ような女性を選ぶしかなくなるじゃん。 そんな2オン1デートに選ばれたのは、金髪DJ中川さんとフランスの出身校が同じの金子さんです。 DJ中川とカネゴン まぁ妥当な選択ですかね。 2人にお弁当を作らせてピクニックデートです。 そこには数メートルの高さの小さな池がありまして、「その池に飛び込め」と無茶をいうバチェラー。 けっこうな高さだし、なんか汚ねえ。 何いってんだバチェラー友永。 それでもDJ中川はバチェラー友永への熱い思いを証明するために飛び込みます。 見直しました。 カネゴンは無理で、そーっと下に降りて入るだけでした。 まぁ、これが原因とは思わないけれど、結局カネゴンが落とされました。 思うに多分落とされた理由は、カネゴンが暗くて重いからだと思うわ。 最初の「初対面じゃないんです、運命なんです」とかいうフランスクイズも「はっ?」だったし、一人で色々空想膨らましているようで私はちょっと怖さを感じたのよね。 将来の話をした時もなんか暗かったし。 将来の伴侶を見つけるにあたって、もちろん話をすることは大事なんだけど、たぶん人間てそういうことを直接的に話すより、アクティビティなどで時間を一緒に過ごすことによって確信するんだと思うんだよね。 「こういう生活を送りたい」という話をするより、一緒に楽しい時間を過ごす方が将来像を描きやすいというか。 たとえば「料理は得意なので、料理はしっかり作っていきたいし、子どもにとっても食事は大事だと思ってる」というより、実際にご飯を作って食べさせたり、一緒にクッキングを楽しむほうが良いわけです。 私は旦那と交際し始めて2週間くらいの頃に「料理できる?」て聞かれて、「うん、まぁ普通だけどね」と答えたら「じゃあ今日作ってもらえる?」と言われ「え?今日?運別にいいよ」と答えたら「じゃあスーパー行こう」と言われてスーパーに連れて行かれましたよ。 簡単に作れるものなんだろうと思って、肉じゃがとアサリのバター焼きを作りました。 たまたま旦那がシーフード好きだったこともあって、アサリのバター焼きをものすごい勢いで食べていて、翌日私が 冬眠から目覚めたら鍋いっぱいにあった肉じゃがが消えていました。 「あれ?肉じゃがどうした?」と聞いたら「全部、食っちまった」と言っててビックリした。 知らないうちに結婚することになっていたけれど、今思うと彼は最初から結婚を考えていたのだと後になって思いました。 カクテルパーティ カクテルパーティでの女性たちのドレスが可愛かったなー。 特に野原遥さん。 超ー綺麗やな~。 強そうで非の打ち所がない野原さんが、金子さんが落とされて退場していったことで辛くなってしまい、涙を流す姿に 私胸キュン。 このギャップがいいんだよなぁ…。 それから岩間さん。 相当焦っているようで、キスミー、プリーズみたいなこと言いだす。 それは焦り過ぎだろ。 やきもち焼いてたけど、これは戦略的にマイナスだよね。 むしろバチェラー友永はきっと「え?こんな子だったの?」て思っちゃうんじゃないかなぁ。 それから田尻さん。 バチェラー友永、よく女性を見ていますね。 ちょっと感心しましたよ。 田尻さんが躊躇したり答えをはぐらかすように見えるのは、やっぱり息子がいるという事実を隠していることが影を落としているためだと思う。 それもあって、何か聞かれた時に一瞬考えてしまうのは理解できるなー。 しかし男性としてはこの2つの不安を抱いたままでは選ぶことはできないでしょうね。 落とされたのは誰? 落とされたのはこの2人。 岩城ありささんと城田夏奈さん こいつバチェラー友永のこと多分殴るだろうなーと思ってたたら、本当に殴った岩城さん。 しかもボディーブロー。 期待を裏切らない展開です。 毎回思うけど、番組は殴るのをやめさせたほうがいんじゃないですか? 男性が女性にやったら大変な騒ぎでしょこれ? 「バチェラレット」を企画しているようですが、落とされた男性が女性殴ったら大変ですよ。 だけど女性は力が弱いから殴っても許されるというのはダブスタだし、アメリカだと暴行罪ですよ。 いちど旦那が女性に殴られて反射的に殴り返してしまった時がありましたが、警察がきたとき警察は旦那に「起訴しますか?」と聞かれましたよ。 旦那の行動は正当防衛に当たると判断されたわけです。 というわけで、やはりこの人が残るだろうなーという人が残ってきた感じで、今のところ順当な流れですね。 私の推しメンは、野原遥さん、あゆみさん、マリアちゃんの3人だな。 岩間さんはけっこう面倒くさくてヤキモチ焼きなので選ばない方がいいかもしれないと個人的には思いました。 ヤキモチのせいで他の女性の悪口ばかり言ってるし。 oclife.

次の