剣盾 ミロカロス 育成論。 ミロカロス育成論 : 物理型ダイマックス枯らし用ミロカロス|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ダブル】ミロカロスの育成論と対策【ポケモン剣盾】

剣盾 ミロカロス 育成論

まえがき はじめまして、甘夏です。 今作から育成論をあげていけたらと思い投稿しました。 未熟ですがよろしくお願いします。 H HP A 攻撃 B 防御 C 特攻 D 特防 S 素早さ と略させていただきます。 努力値は、個体値がAのみ考慮せず、それ以外は すべて31で計算しています 採用理由について 剣盾シーズン1時点において、ドリュウズとバンギラスの使用率が個人的に目立っている気がしたので採用してます。 あとは愛です。 持ち物 かえんだま 今作の入手率の低さは重々理解しているつもりですが、どくどくだまでは、H管理に支障が出てしまうという問題点があるので、かえんだま一択です。 技構成について じこさいせい• かえんだま込みで考慮したものを前に、抜きを後ろで[ ]をつけて表記します。 バンギラス A252• 基本的にドリュウズ、バンギラス、ミミッキュ、ドラパルト(物理)を意識しているので、後投げが望ましいです。 (*既にじゃくてんほけんを発動させてしまっていた場合、及びつるぎのまいを舞われてしまった場合、かえんだまなしには受けきることが出来ない為、安易に投げることが出来ません。 指摘されましたので訂正致します。 トゲキッスやヒートロトムなどの特殊アタッカーには役目が持ちづらいのでバックでカバーしてあげる形がいいと思います。 注意他の受けポケモンとの明確化 残念ながら、アーマーガアに勝る点があるか、と聞かれてもくろいきりで能力変化をリセットできる点としかいえず、ならヌオーでいいじゃないか、と言われればもうその通りとしかいえないといった所ではあります。 ただ確実にいえることは、選出の際に受け役であると確定される可能性は高くはないという点です。 ドヒドイデやサニーゴ、ナットレイとの比較においても同様のことしかいえません。 アタッカーとして機能できる可能性を十分に秘めている、ここで相手の卓を増やせれば嬉しいかと思う次第です。 あとがき 発投稿ではありますが、最後までありがとうございました。 アドバイスやこうした方がいいといったことがありましたら教えてください。 またダイホロウでBダウンする点にも触れられてないのも気になります。 対面と後出しの立ち回り方について記載してもらえると、読み手としてもう少しイメージが持てると思います。 修正致します。 更に、物理のダイマックス枯らしや物理ATへの受け出しにしてもアーマーガアで事足りてしまう上に火炎玉が遅効性+HPを削り続けるって扱いにくすぎませんか? ステロや砂ダメに火炎玉等があればすぐに疲弊してしまうし、ダイマックス技の追加効果で受けることが難しくなるのに更にHPを削るポケモンとなると受け出しで戦うのは厳しすぎないかと感じました。 ダイマックス枯らしにしても、耐久に振ったミミッキュならば ・皮受け ・先制身代わりor等倍ダイマックス技耐え ギャラやキッスのダイジェットを耐える調整が同時に可能 て回復実で回復後に後攻身代わり ・3ターン目にトリルやら呪いやらじゃれなど できっちり枯らし切ってから起点作ったり削ったりしながら、サイクル戦すらこなせてしまうんですよ。 こういった化け物やアーマーガアとかいう厨ポケが物理に役割を持ちながらも他の役割も兼ねられるので、このミロカロスは役割が狭く採用しにくいです。 勝ち気なら威嚇やダイマックス技の能力ダウンで火力が大幅に上がるため、持ち物も合わせれば凄まじい火力になると思いますよ。 アーマーガアで事足りてしまうからこいつをアタッカーとした方がいい。 ごもっともです。 しかし、積んだ状態を維持させて裏で切り返すことよりも1回リセットさせて戦いやすくするっていう方が自分に合っていたっていうだけです。 たまさんのいうアタッカーで採用した方が強いのは重々承知していますし、役割が少ないというのもご指摘通り理解できています。 ダイマックスを使わずかつ能力上昇を消せ、相手のダイマックスも枯らす... ということを考えた自分なりの答えであったという話です。 厨ポケの枠を1つ削ってまで採用することはない、間違いありません。 自分の勉強不足に至ります。 ・欠伸ループに強い点 ・水と氷の範囲の広さ ・ヒヒダルマ受けとしての性能の高さ ・ミラーコートによって見れる範囲が広い点 H244D60でC特化眼鏡FCロトムの10万ボルトを最大乱数以外耐え 93. 剣盾からレート戦に潜り始めた初心者です。 私もフォーク元のかえんだま型ミロカロスを参考にして自分なりに組んで使っています。 初めてのコメントなのでマナー違反等があったら教えていただけると幸いです。 本育成ではあまり触れられていませんが、ミラーコートの有用性について少し。 主にロトム対面に対してなのですが、多くの場合で相手が初手ロトムという場面が多く、こちらもミロカロスを初手出す事で、ロトムのほうでんor10万ボルトを誘うことができ、その後のミラーコートで確実に落とせるという場面が多く、ロトムが重い私のパーティで大いに活躍してくれています。 C特化眼鏡ロトムではギリギリまで削られてしまいそこで役割終了となってしまう場面も多いですが、性格補正がなかったりすると2匹目で立て直せる機会を得る事も出来ます。 同じように水対面でのフリーズドライも同様に狩れる場合が多かったです。 次に剣の舞ミミッキュに関してなのですが、如何に相手の剣の舞を読んでくろいきりを打つか、という駆け引きになっている状況は否定できません。 後出しでも受けることは出来ないので、取り敢えずの策としてミロカロスは後出しではなく初手出しをしてやけど状態になり耐久を上げるという事が無難であるように思えました。 今回の育成論のダイマックス潰しというコンセプトからは外れますが、相手に熱湯による火傷が入れば剣舞弱点保険も多少受けることができ、特殊相手もミラーコートで返り討ちと、上記対象ポケ以外にも多くのポケモンを受けられるポテンシャルを持っていると思います。 拙い文になってしまい失礼しました。 とても参考になりました!ありがとうございます。 返すのが遅くなってしまい申し訳ありません。 ミラーコートの有能さは重々理解はしているつもりです。 ただ、今回はロトムよりもバンギラスやミミッキュを重く見ているからと回答させていただきます。 理由としましては、ミラーコートを積んで特殊ポケに対して役が持てるようにするのもアリではありますが、欲張ってどっちつかずを嫌ったからです。 特殊に対してミラーコートを打つのであれば最初から「かちき」にして運用が正当であるのではないかという考えの下で、ミラーコートは不採用としています。

次の

ミロカロスの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

剣盾 ミロカロス 育成論

ミロカロスの基本情報 タイプ・特性 タイプ みずタイプ 特性 ふしぎなうろこ 状態異常の時、防御が1. 「かえんだま」を持たせることでやけどの状態異常が発生し、特性の恩恵を受けることができます。 また、やけど以外の状態異常になることを防ぐ役割もあります。 現環境には物理アタッカーが多いので、物理技を受けつつじこさいせいで回復し、相手を突破していくのが基本の立ち回りになります。 ミロカロスのねっとうで相手をやけどさせれば物理アタッカーに対してさらに大きなアドバンテージをとることができます。 やけどを付与することができるので物理アタッカーに有効です。 じこさいせい 確定技 HPを回復することができます。 耐久型なので必須の技です。 くろいきり 確定技 積み技をリセットできるので起点作りのポケモンを無力化できます。 ミラーコート 選択技 受けたダメージを2倍にして返す技で耐久型と相性がいいです。 なみのり 選択技 タイプ一致技です。 ねっとうよりも威力が高いので必要に応じて覚えさせましょう。 ミロカロスの弱点・対策 ちょすいやよびみずがおすすめ ミロカロスは役割上攻撃技が豊富ではないため、ちょすいやよびみずといった水技を吸収できる特性が苦手です。 ほとんど有効打がないのでヌオーなどのポケモンを活用して対策していきましょう。 弱点を突こう 基本的なことになりますが、ミロカロスは物理や特殊の両方に耐性を持つため、攻撃側はなかなかダメージを与えることができません。 弱点を突くことが重要になってくるので、でんき技やくさ技を中心に攻めていきましょう。

次の

【ポケモン剣盾】ミロカロスの育成論と対策

剣盾 ミロカロス 育成論

どうも、しんま13です。 ポケモン剣盾を始めてからというものの、いろんなポケモンゲーム実況者の動画を見ている自分です。 ポケモン実況者の中で特に好きなのがバンビーさん。 ランクバトルで最高1位を獲得した本物の実力者です。 そんなバンビーさんが動画で「理論上最強ミロカロス」というのも紹介していたので、面白そうだったので僕も真似して育成してみました。 ミロカロスのスペック(種族値やとくせいなど) まずはミロカロスのスペックを見ていきましょう。 ミロカロスの種族値 HP 95 攻撃 60 防御 79 特防 125 特攻 100 素早さ 81 ・タイプ 水 ・とくせい ふしぎなうろこ、かちき ・ゆめとくせい メロメロボディ 合計種族値は540と高く、特防が125もあるので受けが強いポケモンと言えます。 レベルアップで催眠術やとぐろをまくなど優秀な補助技も多数覚える上に、特攻種族値が100もあるのでやれることが多い子ですね。 そして何より見た目が美しい!(重要) 【ミロカロスの育成論】バンビーさん作「理論上最強のからぶり保険型」 ・努力値 H244、A116、B100、D4、S44 ・性格 いじっぱり ・特性 ふしぎなうろこ ・持ち物 からぶり保険 ・技 催眠術、たきのぼり、自己再生、とぐろをまく ・能力実数値 H201、A104、B100、C108、D146、S107 【バンビーさんの紹介動画】 からぶり保険型ミロカロスの使い方 ぱっと見この努力値の振り方と技構成で何をやるのかわからないと思いますが、このからぶり保険型のミロカロスは文字通り「からぶり保険」がキーとなります。 戦い方は以下の通り。 催眠術の低い命中率に焦点を当てて、からぶり保険というアイテムで素早さを2段階上げてあとは催眠ととぐろをまくの連打で全抜きを狙っていくという戦い方。 もちろん2回連続で催眠術が外れたり、1発目から催眠術が命中してしまうことも多々ありますが、それでも十分強いと思います。 バンビーさんは動画の中で説明していませんでしたが、素早さに努力値を44振っている理由は、おそらく最速ドラパルト抜きを意識してのことだと思います。 (最速ドラパルトは素早さが213、からぶり保険が発動した際のミロカロスの素早さは214) 実際にからぶり保険型ミロカロスをランクバトルで使ってみての感想 このからぶり保険型ミロカロスは不確定要素が多いので、自分が思い描いていたゲームプラン通りに事が進行することは少なかったです。 というのも前述した通り、最初から催眠術が決まってしまいからぶり保険が発動しないこともあるし、それはまだましな話で、一番最悪なのが2連続で催眠術が外れて何もできないまま死ぬというパターンです。 理想の動きとしては、 初手で催眠術を外してからぶり保険を発動させSを2段階上昇、2回目の催眠術を当ててひたすらとぐろをまいて、たきのぼりで全抜きを狙う、 なのですが、この理想通りにいくことは本当に少ない・・・! 催眠術が連続で3回外れて何もできずに倒された時はマジでSwitchを破壊しそうになりました(苦笑) とぐろをまくを最低でも3回くらいは積まないとミロカロスの火力がなさすぎて、なかなか相手を倒せないというのも欠点の一つ。 理想通りの動きができれば相手に何もさせないまま全抜きできますが、とにかく不確定要素が多いので、かなりの上級者向けの型と言えるでしょう。 自分はこのミロカロスを最大限生かすために、初手はカバルドンやエルフーンで起点を作ってからミロカロスを出すようにしています。 カバルドンの場合はあくびからのステルスロックで相手をあくびループに入れてじわじわ削っていき、カバルドンが倒れたタイミングでミロカロス召喚という流れ。 エルフーンの場合は、すりかえでこうこうのしっぽを相手に押し付け余裕があれば光の壁を張っておきみやげ退場してミロカロス召喚。 参考記事: 何にせよこのミロカロスを使うのであれば、不確定要素を受け入れた上で戦う必要があるので、めちゃくちゃ扱いが難しいということを頭に入れておいてください。 からぶり保険型ミロカロスの弱点 このミロカロスの弱点としては、 ・ラムのみを持っている相手 ・ヌオーやドヒドイデなど能力上昇をリセットしてくる相手 ・ウオッシュロトムなどの水タイプ 以上が上げられます。 ラムのみを持っている相手だと催眠術が一回スカされ、ヌオーやドヒドイデなどにくろいきりで能力上昇をリセットされたらこっちの勝ち筋が完璧に消えます。 タイプ相性的にもウオッシュロトムは最大の天敵です。 まあ一番最大の弱点は「不確定要素が強すぎる」という点でしょう。 使いこなせば最強の型なので、ちゃんと使いこなせるようにポケモンバトルの腕を上げていきたいと思う所存です。 ではでは。 以上、【ポケモン剣盾】バンビーさん作「理論上最強ミロカロス」を育成してみた【ソードシールド】.

次の